吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

vocal

【Disc Review】“Aguasilabas” (2019) Sebastian Macchi Trio

“Aguasilabas” (2019) Sebastian Macchi Trio

Sebastián Macchi (voice, piano, rodhes, guitar)
Carlos Aguirre (fretless bass, voice) Gonzalo Díaz (drums, percusion, glockenspiel, voice)

AGUASILABAS
SEBASTIAN MACCHI TRIO
bar buenos aires
2019-09-27


 アルゼンチンのシンガーソングライター、あるいはピアニストSebastián Macchiの現代フォルクローレ。
 Carlos Aguirre のレーベルShagradamedraから。
 オーソドックスなピアノトリオ編成を中心にボーカルを載せた歌物中心、Carlos Aguirreがベースを担当。
 ゆったりとしたテンポ、フワフワとしたフォルクローレベースのビートに、優しく哀し気なメロディ、繊細な音使い。
 CD一枚、全13曲、全編それ。
 とても繊細なCarlos Aguirreの音楽を、さらに繊細にしたような音。
 零れ落ちるような美しいピアノと儚げな声。
 疾走する場面はなく、強い浮遊感を纏いつつ、淡々と音楽は進みます。
 河沿いミュージックなんて言葉があるようですが、確かに水が流れていくような、ときおり川面がきらめいているような、木漏れ日のような音。
 景色は緩やかに移ろっていきます。
 少しビートが上がっても、その強いビートを包み込むようなこれまた繊細な歌声。
 全曲少し哀し気な表情のキャッチーなメロディ。
 いろんな構成、いろんなメロディが揃っていて、楽曲ごとに表情は異なるのですが、どこを切り取ってもセンチメンタルにならざるを得ない音の動き。
 それでいて沈痛さや深い哀しみとは距離のある、淡いセンチメンタリズム、どこか懐かしい空気感。
 あくまで前向きな音。
 本家本元、南米のSaudade、その現代の音。
 名作“Luz de agua” (2005)に並ぶ名作。




posted by H.A.

【Disc Review】“Verde Que Te Quero Rosa” (1977) Cartola

“Verde Que Te Quero Rosa” (1977) Cartola 

Cartola (Vocals)
Horondino José da Silva, Meira, Hélio Capucci (Guitar) Radamés Gnattali (Piano) Nelson Cavaquinho (Cavaquinho) Dininho (Electric Bass) Vidal (Acoustic Bass)
Wilson das Neves (Drums) Elizeu, Gilberto D'Ávila, Jorge Silva, Luna, Marçal (Percussion) Antenor Marques Filho (Surdo)
Altamiro Carrilho (Flute) Abel Ferreira (Soprano Sax, Clarinet) Nelsinho (Trombone) Joab (Choir) Aizik Geller (Strings)



 サンバ界の重鎮Cartolaの1977年作。
 これまた“Cartola” (1974)、“Cartola” (1976)と同じく、名曲、名演揃いの名作。
 ピアノが聞こえたり、ストリングスが鳴ったり、ジャジーなソプラノサックスが前面に出たり、編曲のバリエーションが増えているのかもしれません。
 そんな音を従えたとてもロマンチックなバラードなどもありますが、それさえ優雅なサンバの中に溶け込んでしまい、例の金太郎飴サウンド、怒涛の名曲、名演集。
 ゆるーくて、渋くて、クール。
 楽しげなような、哀しげなような、懐かしげなような。
 全編Saudadeの塊。
 若造や小娘ではなく、酸いも甘いも噛み締めたオヤジが演るから、とりわけ優雅でカッコいいんだろうなあ。
 さて、この種の大ベテランのカッコいい音を聞くと、つい“Buena Vista Social Club” (1996)を想い出してしまいます。
 そのハワイ版が“The Gabby Pahinui Hawaiian Band ” (1975) ならば、ブラジル版がこれ・・・ってなことはなく、もちろんRyさんは無関係。
 でも、どれもがとてもエレガント。




posted by H.A.


【Disc Review】“Cartola” (1974)、“Cartola” (1976) Cartola

“Cartola” (1974)、“Cartola” (1976) Cartola 

Cartola (Vocals)
Horondino José da Silva, Meira (Guitar) Canhoto (Cavaquinho) Jorginho (Pandeiro) Elton Medeiros (Percussion) Nelsinho (Trombone) and others

Disfarca E Chora (Dig)
Cartola
Emd Int'l
2007-12-18




O Mundo E Um Moinho
Cartola カルトーラ
Emi
2005-12-16


 サンバ界の重鎮Cartolaの1974、1976年作。
 世はロックの時代、Milton Nascimentoに代表されるような新世代MPBが席巻していた時期なのでしょう。
 が、本作、そんなことはお構いなしのネイティブなアコースティックサンバ。
 にも拘わらず、今の耳でも古さを感じない名曲群、名演群。
 エレピもエレキベースもエレキギターはもちろん、ピアノすらも聞こえてこない編成。
 ギターとカバキーニョ、その他の弦楽器とパーカッション、若干の管の彩り。
 決して派手ではない、穏やかなサンバ。
 一拍三拍のバスドラム(的な音)が鳴り続け、かき鳴らされる弦楽器の中、いいタイミングで聞こえてくるクィーカーが気持ちいいいなあ。
 そんな賑やかなようで抑制された音を背景に、サラサラと流れていくようなさりげない歌。
 これはカッコいい。
 オリジナル曲はこれまたとてもさりげない感じですが、LPレコード二枚分、全て名曲。
 全編明るくて、でもどこか哀愁が漂うメロディがこれでもかこれでもかと続きます。
 どこを切っても金太郎飴なのですが、これが全く飽きません。
 こんな感じが正調Saudadeなんでしょうかね?
 それとも当時は相当モダンだったのかな?
 とにもかくにも、カッコいい。




posted by H.A.


【Disc Review】“São Bonitas As Canções” (2017) Sergio Santos

“São Bonitas As Canções” (2017) Sergio Santos

Sergio Santos (voice)
André Mehmari (Piano) Rodolfo Stroeter (Contrabass) Tutty Moreno (Drums)
Nailor Proveta (Alto、Soprano sax, Clarinet)



 ブラジルのシンガーソングライターSergio Santosの久々のアルバム。
 “Rimanceiro” (2013)以来、六年ぶりのようです。
 本作はジャジーなバラード集。
 サポートは“Dorival” (2017) Tutty Morenoのサックスカルテットそのまま。
 André Mehmariさん、クラシカルな演奏とジャズな演奏の二つの面持ちを使い分けているように思いますが、本作は後者が中心。
 動きまくり、突っ走っています。
 楽曲はリーダーのオリジナルではなく、巨匠たちのカバーが中心、また、楽器を持たずヴォーカルに専念。
 そのあたりの事情はさておき、パキーンとした音のジャズバンドを背景にした、シルキーな声、力の入らない柔らかな歌。
 あくまでバラード中心の抑制された音なのですが、背景で動きまくり、間奏になるとぶっ飛んでいくピアノ。
 そんなピアノを必死に現実に引き戻そうとしているようで、気がつけば音量とテンションを上げていくバンドと、あくまでしっとりた質感、抑制された歌。
 有名曲ではないものの居並ぶ名メロディ群と上質な演奏と歌は、ジャズバラードアルバムとして聞いても一級品。
 正調ジャジーMPBな一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Clube Da Esquina 2” (1978) Milton Nascimento

“Clube Da Esquina 2” (1978) Milton Nascimento 

Milton Nascimento (Voice, Percussion, Piano, Organ) 
Lô Borges (Voice, Guitar, Percussion) Toninho Horta (Guitar, Bass, Drums, Piano) Nelson Angelo (Guitar, Voice, Percussion) Beto Guedes, Danilo Caymmi, Joyce, Natan Marques, Paulo Jobim, Tavinho Moura (Guitar) Pipo Spera (Charango) Flávio Venturini, Wagner Tiso (Electric Piano, Piano, Organ) Francis Hime (Piano) João Donato (Piano, Trombone) Novelli (Bass, Organ, Percussion) Fernando Sizão (Acoustic Bass) Telo Borges (Bass) Beto Guedes, Mamão, Tutti Moreno (Drums) Nenê, Zé Eduardo (Drums, Percussion) Dudu Portes, Fernando Sizão, Pedro Dos Santos (Percussion)
Botelho (Clarinet) Copinha, Danilo Caymmi, Jayme Araújo, Jorginho, Mauro Senise, Meirelles, Paulo Jobim (Flute) Braz (Oboe) Edson Maciel (Trombone) Svab, Marcio Montarroyos, Toninho (Trumpet) Maurício Einhorn (Bagpipes) César Camargo Mariano, José Roberto Bertrami (Harp)
Alceu Reis, Ana Revos, Henrique Drach, Jacques Morelenbaum, Marcio Mallard, Peter Dauelsberg, Watson Clis (Cello) Crispin Del Cistia (Viola) Beto Guedes (Mandolin)
Cristina Buarque, Olivia Hime, Telma Costa, Beto Guedes, Boca Livre, Chico Buarque, Elis Regina, Flávio Venturini, Luiz Gonzaga Júnior, Vermelho, Kiko (Voice)
& Azimuth, Grupo Tacuabé, O Povo

Clube Da Esquina 2
Milton Nascimento
EMI Import
1995-02-07


 MPBの聖典“Clube Da Esquina” (1972)の続編。
 時代は進み、“Native Dancer” (1974) を経て“Milton” (1976) の近くですが、前作の色合いはそのまま。
 フォーク、ロックとブラジリアンミュージックが混ざり合う、1970年代MPB、この期のMilton Nascimentoサウンド。
 ビッグネームを含めて、どこかで見たことあるよなあ、な名前がズラリと並び、さらにどこかで誰かが演ってたようなあ・・・ってな名曲、定番曲が並びます。
 ほのかな哀愁を含んだメロディ、かき鳴らされるギターにコーラス、ストリングス。
 明確なボッサやサンバなビートではなく、イギリスなのか、アメリカなのか、やはりブラジルなのか、あるいは、教会なのか、山奥なのか、海岸なのか・・・よくわからなくなる、いろんな要素てんこ盛り、ごった煮のフュージョンミュージック。
 ベースはBeatles的なフォークロック、バンドの中心は当時のレギュラーメンバーなのだと思いますが、楽曲ごとにいろんな人がいろんな音、声を出すゴージャスな構成。
 あの時代の感じが醸し出すノスタルジー。
 が、パーカッションのエスニック感と不思議感、ボーカルとコーラスワーク、ギターの浮遊感、そしてドラマチックさ・・・、などなど含めて特別な音。
 もちろん今作も聖典なのでしょう。




posted by H.A.


【Disc Review】“Giro” (2019) Roberta Sá

“Giro” (2019) Roberta Sá

Roberta Sá (voice)
Gilberto Gil, Bem Gil (guitar) Alberto Continentino (bass) Domenico Lancellotti (drums, percussion)
Danilo Andrade (keyboards) Pedro Miranda (pandeiro, voice) Lsutrnco Vasconcellos (vibraphone) Mestrinho (accordion)
Marlon Sette (trombone) Diogo Gomes (tumpet) Raul Mascarenhas (tenor sax, flute) Zé Carlos “Bigorna” (alto sax, flute) Jorge Continentino (flute) Milton Guedes (flute, gaita) Diogo Gomes (flugelhorn) Joana Queiroz (clatinet, clarone) 
Nicolas Krassik, Pedro Mibielli, Glauco Fernandes (violin) Daniel Albuquergue (viola) Lura Ranevsky (cello)
Jorge Ben Jor, Alfredo Del-Penho, João Cavalcanti (voice) and others



 現代サンバの女王なのでしょう、Roberta Sáの最新作。
 MPB界現代最高の女性ボーカリスト・・・ってもそんな人がゴロゴロしているのが困ったものなのですが・・・らしい、豪華絢爛、かといって過剰にならないバランス、洗練の極みの一作。
 本作はGilberto Gilの楽曲を中心として、本人に加えてJorge Ben Jorといった大御所をゲストに迎え、サンバ、ボサノバを現代風に味付けした音。
 プロデューサーはGilberto Gilさんの息子さんのようです。
 柔らかでしなやかなグルーヴを作るギターとパーカションを中心としたコンボに、ホーンのアンサンブル、ストリングスカルテット、アコーディオン、その他諸々があの手この手の彩りを加える構成。
 オーソドックスなサウンドのようで、一曲ごとに編成とアレンジのテイストを変えた凝りまくった作り。
 ここまでの諸作のようなネイティブなサンバ色は薄目、現代的なMPBの王道ど真ん中、その見本市のような音。
 そんな音の中を泳ぐ、透明度の高の美しいシルキーヴォイス、完璧な歌。
 全部ひっくるめて、Maria Ritaさんの“Amor e Música” (2018) あたりと同じく、大物感たっぷり、余裕のサウンド。
 が、どことなく懐かしい感じがするのは、Gilberto Gilのメロディゆえなのでしょうかねえ。
 洗練されていて今風なようで、何となく古き良き時代のノスタルジーも醸し出す、そんな一作。




posted by H.A.



【Disc Review】“La musica del agua” (2019) Carlos Aguirre

“La musica del agua” (2019) Carlos Aguirre

Carlos Aguirre (piano, vocal)



 現代フォルクローレのリーダーの一人Carlos Aguirreの2019年最新作。
 全編歌物、ピアノの弾き語り。
 リーダー作は“Calma” (2017) Carlos Aguirre Trío以来でしょうか。
 コンテンポラリージャズなそちらに対して、本作は濃厚な現代フォルクローレ色。
 テーマは『水の音楽』。
 楽曲は自身のオリジナルではなく、おそらくは南米の先人たち、Shakrada Medraで名前を見受ける仲間たちの作品。
 ここまでのリーダー諸作と少し印象が異なるのは、それが大きいのかもしれません。
 バラード中心、少しずつ各曲の表情は異なります。
 もちろん、いずれもフォルクローレの香りたっぷり、優しく少し悲し気なメロディ。
 それらが丁寧に綴られていきます。
 “Carlos Aguirre Grupo (Crema)” (2000)の華やかなアレンジ、強烈なセンチメンタリズム、“Carlos Aguirre Grupo (Violeta)” (2008)の激しさ、ドラマチックさはありません。
 全編に漂うほのかなセンチメンタリズム、やるせなさ、遠いところを眺めているようなムード。
 が、悲痛さはありません。
 Saudade。
 そんな空気感の中、優しいメロディが穏やかに奏でられ、歌われ、流れていきます。
 脚色や演出を取り除いた生のアルゼンチンSaudadeは、こんな感じの音なのでしょうね。


※少し前の演奏から


posted by H.A.



【Disc Review】“Stingray” (1976) Joe Cocker

“Stingray” (1976) Joe Cocker

Joe Cocker (vocals)
Richard Tee (keyboards) Eric Gale, Cornell Dupree, Eric Clapton, Albert Lee (guitar) Gordon Edwards (bass) Steve Gadd (drums, percussion) Felix "Flaco" Falcon (congas) Sam Rivers (soprano sax) Lani Groves, Phylliss Lindsey, Maxine Willard Waters, Deniece Williams, Patti Austin, Brenda White, Bonnie Bramlett, Gwen Guthrie (vocals)

Stingray
Joe Cocker
MUSIC ON CD
2016-01-15


 ロッカーJoe CockerとStuffの共演作。
 全編沈んだムードで渋さ全開、激渋ソウル。
 Stuffの面々だけでなく、Eric Clapton, Patti Austin, なぜかSam Riversなどのビッグネームも並び、Bob Dylan, Leon Russellといった有名曲が採り上げられていますが、とにもかくにも鬼のように激渋。
 ゆったりとしたビートに肩の力が抜けた空気感、シャウトしないしゃがれ声。
 あのRichard Teeのふわふわしたエレピが鳴っていますが、なぜかハッピーな感じにはならず、どこかうらぶれたようなムード。
 バーの片隅で下を向いてブツブツブツ・・・ってな感じ。
 他の諸作はシャウトとゴージャスなサウンドでお化粧していて、こちらが本当の姿なのかもしれませんねえ。
 それがJoeさんのカッコよさといえばその通り。
 一聴ではビックリするぐらい地味なのですが、はまるとこれが心地よくて病みつき。
 しみるねえ・・・ってな静かなアメリカンな男の演歌。




posted by H.A.


【Disc Review】“All 'n All” (1977) Earth, Wind & Fire

“All 'n All” (1977) Earth, Wind & Fire

Maurice White (vocals, drums, kalimba) Verdine White (vocals, electric bass) Fred White, Ralph Johnson (drums) Philip Bailey (vocals, percussion, congas) Johnny Graham, Al McKay (guitar) Larry Dunn (piano, synthesizer)
Eduardo del Barrio, Skip Scarborough (piano) Paulinho Da Costa (percussion) Oscar Brashear, Chuck Findley, Michael Harris, Steve Madaio (trumpet) Don Myrick (alto, tenor, baritone sax) Andrew Woolfolk (tenor sax) Roger Bobo (tuba) George Bohanon, Garnett Brown, Louis Satterfield (trombone) Phil Ayling, Terry Harrington, Abe Most, Fred Jackson, Jr. (flute) and Horns, Strings, Others



 Earth, Wind & Fire、これまた聖典。
 どこを切っても名曲名演、その上での畏ろしいまでのポップネス。
 ソウルというか、ファンクというか、ポップスというか、ここまでくるとディスコってな感じが一番似合うのでしょうか?
 デジタルビート直前期だと思いますが、まだまだしなやかな人力ビート。
 ホーンが炸裂するノリノリ“Serpentine Fire”から始まって、ディスコ(クラブではありません)やらテレビやらラジオやらスーパーやらで毎日聞こえていた”Fantasy”やら“Jupiter”やらは、図らずとも天を仰いで両手をあげてしまいそうになるのをこらえつつ、横に置いておきましょう。
 落ち着いたバラード“Love's Holiday”に連なる “パラッパッパ、パッパッパ”、一分に満たないインタールード”Brazillian Rhyme” がカッコいい。
 そして終盤、クールなファンクフュージョン“Runnin'”からMilton Nascimentoの“Ponta de Areia”が少し聞こえた後に始まる、トドメの超バラード”Be Ever Wonderful”。
 “パ、パラッパ・・・”と唱えると、これはもう何かが降りてくるとしか考えられません。
 神々しい。




posted by H.A.


【Disc Review】“Songs in the Key of Life” (1974-1976) Stevie Wonder

“Songs in the Key of Life” (1974-1976) Stevie Wonder

Stevie Wonder (vocals, Clavinet, Fender Rhodes, synthesizer, piano, Keyboards, vocoder, drums, bass synth, percussions, harmonica)
Greg Phillinganes (keyboards) Herbie Hancock (Fender Rhodes, handclaps) Ronnie Foster (organ) Mike Sembello, Ben Bridges, Dean Parks, W. G. "Snuffy" Walden (guitar) George Benson (guitar, vocals) Nathan Watts (bass, handclaps) Raymond Pounds, Greg Brown (drums) Raymond Maldonado, Bobbye Hall, Larry "Nastyee" Latimer, Eddie "Bongo" Brown, Nathan Alford, Jr. (percussion) Carmello Hungria Garcia (timbales) Charles Brewer, Shirley Brewer, Renee Hardaway, Nelson Hayes, Marietta Waters, John Fischbach, Amale Mathews, Josette Valentino, Dave Hanson, Yolanda Simon (percussions)
Hank Redd (alto sax) Trevor Lawrence (tenor sax) Raymond Maldonado, Steve Madaio (trumpet) George Bohanon, Glen Ferris (trombone) Bobbi Humphrey (flute) Jim Horn (saxophone) Dorothy Ashby (harp) Peter "Sneaky Pete" Kleinow (steel guitar) Michael Gray, Josie James, Shirley Brewer, Artece May, Renee Hardaway, Minnie Riperton, Mary Lee Whitney, Deniece Williams, Syreeta Wright, Hare Krishna, West Angeles Church Choir, Linda Lawrence, Terri Hendricks, Sundray Tucker, Charity McCrary, Madelaine Jones, Susaye Green, Mary Lee Whitney, Carolyn Denis, Josie James (vocals)

Songs in the Key of Life
Stevie Wonder
Motown
2000-05-02


 Stevie Wonder、天下御免の聖典。
 “Kind of Blue” (1959) Miles Davisよりも、”Waltz for Debby” (1961) Bill Evansよりも、 “A Love Supreme” (1964) John Coltraneよりも、“The Köln Concert”(1975) Keith Jarrettよりもこっちの方がいいんじゃない、と言われると、そうかもしれないなあ・・・と逡巡してしまう鬼のようなアルバム。
 厳かにコーラスに彩られて始まる”Love's in Need of Love Today”から、間髪を入れず続く名曲たち~超弩級エバーグリーン”Sir Duke”で締める、とても気高いLPレコードA面。
 B面に移って、ノリノリの“I Wish”、メロディアスな”Knocks Me off My Feet”、グルーヴィーな”Summer Soft”に頬を緩めていると、最後はちょっとだけお仕置きモード・・・
 LPレコード二枚目は愛の塊“Isn't She Lovely”から始まり、シンセなベースに心臓を鷲掴みにされるようなバラード”Joy Inside My Tears”、ファンクな”Black Man”・・・
 裏返してハープの優しい響きにゆったりするのは束の間、締めは超ウルトラ強力、怒涛の”As”,  ”Another Star”の連発。
 その二曲だけでも集中して聞いてしまうと、もう血管切れそうというか、呼吸困難、頭クラクラ、気が遠くなりそうというか、何と申しましょうか。
 これはもう平伏すのみ。
 畏ろしいまでの完成度、畏ろしいほどポップ。
 あな畏ろしや。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ