吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

vocal

【Disc Review】“Clareia” (2017) Sabrina Malheiros

“Clareia” (2017) Sabrina Malheiros
Sabrina Malheiros (Vocals, Guitar)
Zé Carlos Santos (Acoustic Guitar) Kiko Continentino (Electric Piano, Synthesizer)
Alex Malheiros (Bass, Backing Vocals) Ian Moreira, Jakaré (Percussion)
Daniel Maunick (Programming, Synthesizer)
Marcelo Martins (Flutes), Leo Gandelman (Sax, Flute)

Clareia
Far Out Recordings
2017-07-28


 ブラジルのボーカリストSabrina Malheirosの最新作。
 バンドのメンバーはAzymuthの父上Alex Malheirosを含めて、十数年前のデビュー作“Equilibria” (2005)とほぼ同じ。
 プロデューサーも同じくIncognitoのファミリーのDaniel Maunick。
 ってな感じで、こちらも変わらないブラジリアンIncognitoなダンサブル・ブラジリアンファンク。
 冒頭から1980年代にタイムスリップしたかのような、ブリティッシュファンク、あるいはAORな音。
 チョッパーベースにタイトなドラム、フルートの涼し気な響きにクールな歌声、ギターのカッティングに少々懐かし気なシンセサイザーの音。
 “New Morning” (2008)に比べると、サウンドはよりシンプルになり、デビューアルバム“Equilibria” (2005)に戻ったようにも感じます。
 そちらよりもデジタルっぽさは薄くなりましたが、デビュー時十数年から基本的なサウンドは変わりません。
 少々悲し気でキャッチーなメロディもそのまま。
一度聞いただけで頭に残るほどの強烈な美メロはないにせよ、捨て曲なしの名曲揃いなことも、どのアルバムも共通。
 ちょっとビートを落としてルーズな音作りにすると、郷愁感が強くなって、もっと今風のブラジルっぽく浮遊感の強い音になるのかもしれませんが、ま、このタイトな感じがこの人の色合いなのでしょう。
 Incognitoもさることながら、“Night-Birds” (1982) Shakatak を想い起こしてしまうのは、ブリティッシュファンクの色合いゆえ。
 ま、あちらもブラジルの香りもあったので通じる音になるのは必然なのですかね。
 ってな感じで、あの時代のオシャレでバブリーな懐かしいような空気感。
 この時代、希少・・・なのかな?




posted by H.A.


【Disc Review】“New Morning” (2008) Sabrina Malheiros

“New Morning” (2008) Sabrina Malheiros
Sabrina Malheiros (Vocals)
José Roberto Bertrami (Organ, Piano, Synthesizer) Fernando Moraes (Clavier, Clavinet, Fender Rhodes, Organ, Piano, Synthesizer) Zé Carlos (Guitar)
Alex Malheiros (Bass, Guitar, Vocals) Saulo Bezerra De Melo (Bass)
Paulo Braga, Ivan Conti (Drums) João Hermeto, Zero (Percussion)
Idriss Boudrioua (Alto Sax) Paulo Guimarães (Flute, Piccolo) Eduardo Neves, Fernando Neves (Flute, Sax) Jessé Sadoc (Trumpet) Vittor Santos (Trombone)
Leticia Dias, Valéria Lobão, Márcio Lott (Vocals)
Arthur Verocai (Guitar, Tenor Sax) 
Daniel Maunick (Programming, Sound Effects, Synthesizer)
and Strings

ニュー・モーニング
サブリナ・マリェイロス
ビクターエンタテインメント
2008-06-25


 ブラジルのボーカリストSabrina Malheirosのセカンド?アルバム。
 MPBの重鎮Arthur Verocaiも参加していますが、先の“Equilibria” (2005)と同様にプロデューサーはIncognitoのファミリーのDaniel Maunick。
 ブラジル的Incognitoサウンドというか、イタリアンなクラブジャズサウンドボッサというか・・・
 基本的には前作と同じテイストですが、少人数で作ったのであろう前作に比べるとデジタルっぽさが薄くなり、シンセサイザーではない本物のストリングス、ホーンなども加わりゴージャスな音作り。
 よりクールなのは前作かもしれませんが、いかにも気合入ってます、な音作り。
 リーダーのボイスは、サラリとナチュラルに歌うスタイルが板についてきたようにも感じます。
 ガッチリ作りこまれたアレンジ、厚めでゴージャスなバックサウンドと、サラリとクールな歌の好対照。
 楽曲は本人に加えて、父上Alex Malheiros、Arthur Verocai、などのオリジナルを中心として、Carole Kingの”It's Too Late”など。
 本作も前作に引き続きそこはかとない哀愁が漂うキャッチーなメロディ揃い。
 前作に引き続き、捨て曲なしのカッコいいメロディ、アレンジの楽曲が並びます。
 私的にはもっと薄くて軽いサウンドの方が好みなのですが、こちらの方が一般受けはするのでしょうかね?
 オシャレで、ポップでダンサブル。
 おまけにゴージャスなブラジリアンファンクな一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Equilibria” (2005) Sabrina Malheiros

“Equilibria” (2005) Sabrina Malheiros
Sabrina Malheiros (Vocals)
Zé Carlos Santos, Jean-Paul "Bluey" Maunick (Guitar) Kiko Continentino (Piano, Electric Piano, Organ) Alex Malheiros (Bass, Guitar, Keyboard, Backing Vocals) Chico Batera (Drums, Percussion) and others

Equilibria
Sabrina Malheiros
Far Out UK
2005-08-02


 ブラジルのボーカリストSabrina Malheirosのデビュー作。
 あのブラジリアンフュージョンバンドAzymuthのベーシストの娘さん。
 ボイスは、ウイスパー系ではない透明度の高い可憐系。
 お父上も参加してAzymuthサウンドか?と思いきや、少々空気感は異なります。
 エレピよりもギターが前面に出ることもあるのですが、ビート感が少々堅め、懐かしい感じのフュージョンサウンドと現代的なクラブ系ボッサがフュージョンした音。
 クレジットを見てみると、レーベルはイギリスのFar Out Recordings、プロデューサーはあのIncognitoのJean-Paul 'Bluey' Maunickのお子さんDaniel Maunick。
 なるほど・・・な1980~90年代ブリティッシュファンク~フュージョンな感じも混ざった音。
 メンバーはブラジル系中心で、ビートはボサノバ中心ですが、ブラジルなのかイギリスなのかイタリアなのかよくわかりません。
 とにもかくにもオシャレでスタイリッシュ、カッチリした感じのビート感強めのボサノバサウンド。
 ちょっと前のクラブあたりで流行ったような感じがありあり。
 さらにいかにも"Bluey"なギター(もちろん本人)のカッティングと、最近あまり効かなくなった感じのシンセの響きが要所にフィーチャーされます。
 そんなポップでオシャレな感じ。
 楽曲は本人に加えて、父上Alex Malheiros、Daniel Maunickなどのオリジナル曲中心。
 これまた都会的で洗練されたオシャレな感じの楽曲が揃っています。
 さすがの完成度とポピュラリティ。
 ときおりの少々のデジタル臭はご愛敬。
 クールでキャッチーなブラジリアンファンク~ポップス。
 ・・・最近はあまり聞かれなくなったサウンドではあるのかな?




posted by H.A.

【Disc Review】“I Concentrate On You” (2013) Elvira Nikolaisen, Mathias Eick

“I Concentrate On You” (2013) Elvira Nikolaisen, Mathias Eick
Elvira Nikolaisen (voice) Mathias Eick (trumpet, voice, piano, vibraphone)
Andreas Ulvo (celesta, harpsichord, piano) Gard Nilssen (drums, percussion) Ola Kvernberg (bass-violin, viola, violin)

I Concentrate on You
Elvira Nikolaisen & Matias Eick
Imports
2013-11-25


 ノルウェーのボーカリストとトランペットの共同リーダー作。
 Mathias Eickは寂寥感の塊のような音を出す、近年のECMの代表的なトランぺッター。
 近年の北欧ジャズの親分?Lars Danielssonとも最近作“Liberetto III” (2017)に至るまで共演が続いています。
 Elvira Nikolaisenはおそらくポップス畑の人でしょう。
 ハスっぱなキャンディボイス・・・ってな表現が適当かどうかはわかりませんが、そんな声。
 あるいは蠱惑的ってな表現がいいのでしょうか?
 とにもかくにも個性的、魅力的なボイス。
 スウェーデンのLisa Ekdahlなんて名前を想い出してしまうのですが、知っている人は少数なのだろうなあ・・・
 お題目はアルバムタイトル通りにジャズスタンダード集。
 が、アレンジはポップステイスト。
 バンド編成ではなく、ピアノを中心とした静かな演奏含めて、フォーキーなオーガニックポップスってな面持ち。
 冒頭から“What's New”,”I Concentrate on You”, ”Don't Smoke in Bed”とベタなスタンダードが並びますが、歌が出てきてしばらくして、あれか・・っと思うようなひねり具合。
 それでもとても自然に心地よくアレンジされています。
 さらに素直でナチュラルなようで、オブリガードなどで聞こえるマニアックな楽器の響きが何ともいいムード。
 Mathias Eickのトランペットは相変わらずの寂寥感の塊ですが、登場場面は少な目。
 プロデューサーに徹しているのでしょうが、考えてみれば彼のリーダー作もこんな感じのフォーキーなテイストでしたね。
 ジャケットは完全にECMテイスト、冒頭の出だしもECMっぽいピアノ、そんな場面も少なくないのですが、なんだかんだでポップでフォーキー。
 この感じあたりが現代ノルウェーの自然なサウンドなのでしょうかね。
 Elvira Nikolaisenのアルバム、次はECMで制作しないかな?
 名作が出来そうな予感。




posted by H.A.

【Disc Review】“Corpo de Baile” (2014) Monica Salmaso

“Corpo de Baile” (2014) Monica Salmaso
Monica Salmaso (voice) 
Nelson Ayres (piano, acordeon) Paulo Aragão (guitar) Neymar Dias (viola  caipira, bass)
Teco Cardoso (sax, fluete) Nailor Proveta (clarinete) 
Quarteto de Cordas Carlos Gomes, formado por Cláudio Cruz, Adonhiran Reis (violin) Gabriel Marin (viola) Alceu Reis (cello) and others

Corpo De Baile
Monica Salmaso
Imports
2014-08-19


 ブラジル、サンパウロのボーカリストMonica SalmasoのGuinga作品集。
 現時点では最新作?、Guinga本人との共演作“Porto Da Madama” (2015) の少し前の制作でしょうか。
 ハスキーな声で沈み込むように歌うクラシカルなボイスと、妖し気なほどにムーディでセンチメンタル、さらに少々厭世的、幻想的にも聞こえるGuingaのメロディとの組み合わせ。
 サポートは少人数のコンボにストリングス。
 想像通りの静謐で優雅、少々妖し気な音。
 ここまでくるとMPBと分類してしまうのことに違和感があるかもしれないクラシカルな音の流れ。
 ストリングスがサポートの主役、フルート、クラリネットもクラシックのそれのように聞こえてきます。
 Guingaさん本人のギターとボイスだとどこか遠い所に連れていかれそうになる感じですが、このアレンジ、ボイスだとほどよく現世に踏みとどまっている感じでしょうか。
 それでも時折さり気なくつま弾かれる普通のギターの音が、なぜか別の時空から聞こえてくるようにも感じられるのは、Guingaさんのメロディゆえ、あるいはMonica Salmasoのボイスゆえでしょうか?
 メロディ、ボイス、バンド、ストリングスが一体となって醸し出す強烈な浮遊感。
 何気なく流していると、どこの国のいつの時代なのか、意識が曖昧になってくる、ほどほどの非現実感。
 現代のヒーリングミュージック、あるいは新手のトリップミュージック・・・になるかな?




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ