吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

vocal

【Disc Review】“Dois em Pessoa volume II” (2017) Renato Motha, Patricia Lobato

“Dois em Pessoa volume II” (2017) Renato Motha, Patricia Lobato

Renato Motha (guitar, voice, wind instruments, bass, drums, percussion, etc.) Patricia Lobato (voice, ganzá, triangle, tamborim)
Tiago Costa (piano) Bruno Conde (guitar) and strings



 ブラジルの男女Duoによるとても穏やかなMPB。
 名作”Dois Em Pessoa” (2003)と同様、ポルトガルの詩人Fernando Pessoaの作品にメロディを付けた楽曲集、第二弾。
 もちろんそちらと同質、Duo+αの少人数の演奏なので、さらに静かで穏やかな音。
 ガットギターの漂うような音とシルキーな男女なボイスの絡み合い。
 Joao Gilberto流儀ながらそれを何倍も優しくしたような男声と天使のような女声。
 少し沈みつつも前向きな、いつものこの二人の音。
 二枚組、全26曲のオリジナル曲。
 まあ、よくもここまでたくさんキャッチーなメロディが出てくるなあ・・・
 さらに多くの場面で鳴っているTiago Costaのピアノがとても素晴らしい。
 派手なインプロビゼーションこそありませんが、漂うような舞い落ちるような音。
 一部ではECMっぽい空気感の場面もあるのですが、そこまでひねくれてはなくて、Carlos AguirreAndre Mehmariをもっと静かに繊細にオーソドックスにしたような音使い。
 あるいは、神様Antonio Carlos Jobimを意識したのかなあ・・・ってなボサノバ王道の音の流れもそこかしこに。
 おまけにときおり聞こえるストリングスの響きが優雅の極めつけ。
 先の同企画”Dois Em Pessoa” (2003)よりもこっちの方が緩い感じ、よりサラサラとした感じですかね?
 それが最高。
 気がつけば、ふにゃー・・・としてしまうような心地よい脱力感。
 このコンビの作品は全て楽園ミュージック。




 posted by H.A.

【Disc Review】“Amor e Música” (2018) Maria Rita

“Amor e Música” (2018) Maria Rita

Maria Rita (voice)
Rannieri Oliveira (piano) Fred Camacho (cavaco, banjo) Leanfro Pereira (guitar) Alberto Continentino (bass) Wallace Santos (drums) Jorge Quininho, Adilson Didao (percussion)
Diogo Gomes (flugelhorn, trumpet)

Amor E Musica
Maria Rita マリアヒタ
Universal
2018-02-09


 今やMPB界の大御所なのでしょう、Maria Ritaの最新作。
 スタジオ録音の作品は“Coração a Batucar” (2014)以来でしょうか?
 基本的にはそれと同様、期待と全くズレない安心安定の明るい系現代サンバ。
 電気系の楽器の登場場面は少なく、カバキーニョ、クイーカーなどの響きが強いナチュラルで伝統的なサンバっぽい作り。
 が、とても洗練されたいかにもポップでキャッチーで現代的なバンド。
 さりげなく音を重ねるトランペットが厚すぎず薄すぎないゴージャスさを醸し出す絶妙なパランス。
 そんな背景の中を自由に動く、ちょっとハスキーな声、サラリと流れていく自然な歌。
 シンプルでオーソドックスなようで、ちょっと聞いただけで彼女の音楽とわかる、さりげないようで強烈な個性。
 ここまでくると名人芸。
 母上のElis Reginaとは似てないんだろうなあ・・・といつも思うのですが、とにもかくにもいかにもMaria Ritaで完璧な現代サンバワールドが出来上がっています。
 なぜが本作では楽曲以外にはクレジットがない夫君?Davi Moraesのキャッチーな楽曲を中心として、全編にさりげない哀愁を漂わせながらもハイテンション、さりげなく陶酔を誘ういかにもサンバな楽曲揃い。
 キャッチーな楽曲に過不足なくスッキリとコンパクトにまとまった構成と完璧な演奏に完璧な歌。
 さすがの完成度のエンターテインメント。
 こりゃ気持ちいいや。


 

posted by H.A.



【Disc Review】“O Samba Em Mim: Ao Vivo Na Lapa” (2016) Rita Maria

“O Samba Em Mim: Ao Vivo Na Lapa” (2016) Rita Maria

Maria Rita (voice)
Davi Moraes (guitar) Rannieri Oliveira (keyboard) Marcelo Linhares (drums) Marcelinho Moreira, Andre Siqueira (percussion)

O Samba Em Mim: Ao Vivo Na Lapa
Rita Maria
Imports
2016-06-24


 現代MPBの女王Maria Ritaのライバルバム。
 直近のアルバム“Coração a Batucar” (2014)からの楽曲を中心として、ここまでのキャリアのベストな選曲なのでしょう。
 ピアノトリオに夫君のカバキーニョなカッティングのギターとパーカションの過不足のないシンプル編成。
 アコースティックサンバ、ソウルフル、あるいはポップなMPB、その他諸々、ノリノリの元気いっぱいサンバサウンド。
 スタジオ録音諸作では少し沈んだクールな感じがカッコいいのですが、ライブではノリノリのエンターテイナー。
 サンバのライブらしく最初から最後まで聴衆が一体となった大合唱。
 ポルトガル語が全くわからないのが悲しい限り。
 ま、踊るなんとかに見る何とか・・・・は、古今東西、共通なのでしょう。
 このカッコよさを満喫するには、CDよりもDVD、それよりもライブ会場に行くべきなのでしょうねえ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Segundo” (2005) Maria Rita

“Segundo” (2005) Maria Rita

Maria Rita (Vocals)
Tiago Costa (Piano) Sylvinho Mazzucca (Acoustic Bass) Cuca Teixeira, Marco da Costa (Drums) Da Lua (Percussion) Cuca Teixeira (Surdo)

Segundo
Maria Rita
Warner Music Latina
2005-10-03


 Maria Ritaの第二作。
 豪華でいろんな編成、いろんな色合いの楽曲が入り混じる前作“Maria Rita” ‎(2003)に対して、ピアノトリオを中心としたシンプルな編成での抑制された音。
 全体の空気感はコンテンポラリージャズ。
 しっとりとした音の流れのジャジーで静かなMPB。
 そんなサウンドの中をときに漂うように、時にソウルフルなブラジル定番、少しスモーキーで優しげな声。
 少し沈んだ感じがとてもクール。
 力が入りそうな音の流れの場面についても、するりと抜けていくような力まない歌。
 そんな場面や静かな場面はもちろん、シャウトな場面もなぜかうるさくない、暑苦しくない特別な歌。
 ファンクな今風のビートも織り交ぜつつ、ときおり登場するエレピの音がとてもカッコいい。
 楽曲も少々沈み気味、しっとり系のサウダージなカッコいいメロディ揃い。
 元気で明るいサウンドもいいのですが、彼女の声、歌にはこちらの少々ミステリアスなサウンドの方が似合っているようにも思います。
 名作です。
 さらに名作のアコースティックサンバ作品“Samba Meu” (2007)、現代的なブラジリアンポップス作品“Elo” (2011)へと続きます。 




posted by H.A.


【Disc Review】“Maria Rita” ‎(2003) Maria Rita

“Maria Rita” ‎(2003) Maria Rita

Maria Rita (Vocals)
Tiago Costa (Piano, Accordion, Electric Piano, Organ) Tom Capone (Banjo, Violin, Percussion) Fábio Sá (Bass) Marco da Costa (Drums, Percussion)
Marcus Teixeira, Eduardo Pereira, Jairo Diniz (Guitar) Léo Leobons, Da Lua (Percussion) Bocato (Trombone) and strings

MARIA RITA
MARIA RITA
WMI
2016-09-16


 アルゼンチンに続いてブラジル、南米系が続きます。
 現代MPBの女王Maria Ritaのデビューアルバム。
 さすがElis Reginaの娘さん、デビュー作から完璧なサウンドに完璧な歌。
 母上よりもスモーキーでしっとり系に振れた声。
 この時点で御歳おいくつだったのかは知りませんが、すでに完成されていて貫禄十分。
 上手さはもちろん、表現力も独特の雰囲気も、後々の作品と全く変わらないようにも思います。
 バックバンドの方がElis Reginaサウンドを意識していたようにも思える、それらしいソウル~ジャズ~サンバが入り混じるポップな音。
 なんとなくノスタルジックにも聞こえます。
 母上の音楽と同様にドカーンときそうな場面もそこかしこにあるのですが、娘さんの方はなぜかサラリと流れていきます。
 やっぱり似てないなあ・・・
 かどうかはさておき、そのサラリとした感じ、少しスモーキーな感じがクールな感じでカッコいい。
 とにもかくにも、満を持したゴージャスでいろんな色合いのサウンドにキャッチーな楽曲。
 それをさり気なくかわしてしまうような、サラリとした歌。
 母上とは質感は違えど、さすが天才スーパースターのDNAというか、なんというか・・・
 ブラジルの女性ボーカリスト、凄い人がたくさんいるのですが、ライブでの立ち振る舞いのカッコよさ、カリスマ性含めて、やはり21世紀のElis Reginaはこの人なのでしょうねえ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Flores de la Noche” (2017) Silvia Salomonem, Alfonso Bekes

“Flores de la Noche” (2017) Silvia Salomonem, Alfonso Bekes

Silvia Salomonem (voice) Alfonso Bekes (guitar)
Carlos “Negro” Aguirre (accordion, flute) Celina Federik (arpa, keyboard) Patricia Hein (cello) Luis Medina, Cristian Ávalos (guitar) Daniel Maza (bass) Lucas Solari (drums) Gonzalo Díaz (percussión) Maru Figueroa (voice)



 アルゼンチンのギタリストAlfonso BekesとボーカリストSilvia SalomonemのDuoアルバム。
 Shagrada Medraの最新作。
 Duoでの演奏を中心として、楽曲ごとに少人数の鍵盤、チェロ、木管が入れ替わりに加わる現代フォルクローレ、Shagrada Medraの定番サウンド。
 サラサラと水が流れるようなアルペジオに優し気な歌、ときおりの風のような弦、管楽器。
 ボーカルは透明度の高い声の可憐系、とても素直な声と歌。
 ゆったりと漂うようなフォーキーなバラードを中心として、アップテンポなファンク調、エレキギターを交えてちょっと強めの音でのフォークロック調などがアクセント。
 シンプルなようでいろんな音、色合いが複雑に絡み合いながら進む音。
 二人のオリジナル中心の楽曲は、少々のセンチメンタリズムが漂うナチュラルな郷愁感系。
 時折Carlos Aguirreの必殺技、ギターのユニゾンとコーラスワークの断片をちりばめながら、素朴に過ぎず洗練され過ぎない、絶妙のバランス。
 定番の現代フォルクローレ、そのフォーキーで優しい系。
 今の季節にはピッタリの音、でしょう。




posted by H.A.

【Disc Review】“Corochire” (2010) Cacilia Pahl

“Corochire” (2010) Cacilia Pahl

Cecilia Pahl (voice)
Matias Arriazu (guitar) Sebastian Macchi (piano) Juan Nuñez (bandoneon) Guto Wirtti (contrabass) Mariano Tiki Cantero (percussion) 
Santiago Cuchi Martínez (violin) Rodrigo Roco González Jacob (viola) María Paula Leiva (cello)

Corochiré
Los Años Luz Discos
2010-08-20


 アルゼンチンのボーカリストCecilia Pahl の現代フォルクローレ、あるいはアルゼンチンポップス。
 Shagrada Medraからではなく、アルゼンチンの別レーベルから。
 後の作品“Litoraneo” (2014)とメンバーが近く、同様の質感の明るく穏やかで優しい音。
 そちらよりも少し素朴かもしれません。
 単に楽器編成の違いなのかもしれませんし、時間の経過なのかもしれませんし、レーベル、プロデュースの色合いなのかもしれませんし、気のせいなのかもしれません。
 いずれにしても素朴で少し土の香りがするような、温かで自然な音。
 明るくてラテンな陽気さはあるものの、少々しっとり系。
 柔らかで温かな南米ボイスで伸び伸びとした歌にアコースティックなバンド。
 ギターとピアノが静かにシングルトーンを絡ませ、バンドネオンやストリングスが穏やかな彩りを添える現代フォルクローレ定番の音。
 春らしくて気持ちいなあ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Vals de Papel” (2017) Luis Barbiero

“Vals de Papel” (2017) Luis Barbiero


Luis Barbiero (voice)

Sebastián Macchi (piano, keyboard) Carlos Auirre (piano, accordion, bass) Martin Sued (accordion) Mauricio Guastavino, Juan Pabla Perez, Cacho Hussein, Silvia Lopez (guitar) Damián Ortiz (mandolin) Joe Troop (violin, banjo) Fernando Silva (bass) Gonzalo Díaz (drums, percussion) Pedro Guastavino (pandeiro) Mauricio Bernal (marimba) Horacio Lopez, Nahuel Ramayo (percussion)

Eugenio Zappa (claninet) Ruben Carughi (trombone) Juan de Dios Puerta Bernabe (tuba) Cintia Bertolino (voice) and strings

Vals de Papel
Elefante en la Habitación!
2017-11-28


 アルゼンチンのフルート奏者Luis Barbieroのボーカル作品。

 前作にあたるのであろう“Música Argentina de Cámara” (2015)からはクラシックな人だと思っていましたが、本作はいろんな要素が入り混じるアルゼンチンポップス。

 リーダーのボイスは艶やかで優しげ、伸びやか。

 少しノスタルジックな香りも漂う南米テイスト。

 冒頭、ボッサ風ビートのギターで始まりますが、エレピとマリンバ、ピアノが絡み合う不思議な音から始まります。

 続くはいかにも現代フォルクローレ、美しいピアノとCarlos Aguirre的なギターのアンサンブルを背景として、女性とデュエットする歌うスローなワルツ。

 さらにはパーカッシブでキューバっぽいラテンポップス、ピアノのみを背景にした濃密系のバラード、アコーディオンに先導されるセンチメンタルなワルツ、巻き舌のスペイン語がマシンガンのように発せられるアップテンポ・・・

 などなど、これでもかこれでもかといろんな南米的な空気感がてんこもり。

 目くるめくように変わっていくようで、なぜか雰囲気は同じ。

 とても穏やかで少々ノスタルジック。

 さりげないようで楽曲、演奏ともに極めて上品で上質。

 楽曲ごとに変わる少人数の編成、アンサンブルを含めて、徹底的に練り上げられているのであろうことがうかがえる音作り。

 前作と編成が全く異なるため、印象のギャップが大きいのですが、実は音の流れ自体は同じなのかもしれません。

 現代フォルクローレとは片付けてしまえない、いろんな南米が詰まったような一作。

 ひょっとしたら大名作なのかもしれません。





posted by H.A.


【Disc Review】"Creciente'' (2016) Claudio Bolzani

"Creciente'' (2016) Claudio Bolzani


Claudio Bolzani (guitar, voice, mandolin, electronics)
Sebastian Macchi (piano, keyboard, percussion, voice) Carlos Aguirre (piano, keyboard, accordion, flute, voice) Bernardo Aguirre (guitar, percussion) Juan Quintero (guitar, voice) Fernando Silva (bass) Gonzalo Diaz (percussion, voice, aerofonos) Luis Barbiero (flute, voice) Leandro Drago (electronics) Daniela Leste (voice)



 アルゼンチンのギタリスト&ボーカリストClaudio Bolzaniのリーダー作。
 とても静かな現代フォルクローレ。
 リーダーは名作“Luz de agua: Canciones”(2005)、”Luz de agua: Otras canciones”(2015) Sebastian Macchi, Claudio Bolzani, Fernando Silvaのメンバー。
 洗練された現代のフォルクローレ、Carlos Aguirreの路線に一番近そうな音が上記の二作、その三人のメンバーのように思います。
 盟友Fernando Silvaの“Miro por la ventana” (2013)は少々元気系、フュージョン寄りでしたが、本作はアコースティックで繊細、とても静かな音。
 上掲の作品の中でも一番穏やかで静謐かもしれません。
 繊細なギターに、半数ほどの楽曲ではあの少しささくれた儚げなボイス。
 少人数の限られた音数で、全編、静かで繊細な音の流れ。
 ピアノとギターに、ベース、つつましやかなパーカッション、フルートにアコーディオン、水の音、ほんの少しの電子音・・・
 とても静かですが、ジワジワとくるドラマチックな音の流れ。
 一時期のPat Metheny Groupを想い起こす場面もいくらか。
 Carlos Aguirreナンバーで始まり、Sebastian Macchi、現代タンゴの Diego Schissi、オリジナル、さらにはRalph TownerEgberto GismontiといったECM系の人たちの名前も並びます。
 彼ら作るサウンド、どこかで繋がっているのでしょう。
 前半のCarlos Aguirre的な音もさることながら、中盤、Sebastian Macchiの”Corazon”あたりから、最後のRalph Townerの”Green and Golden”まで、静かな凄みが漂う音の流れのカッコいいこと。
 全編通じて少し沈んだ感じが醸し出す、この人独特のクールネス、ハードボイルドネス。
 名作です。

※こちらは“Luz de agua”バンド。


posted by H.A.


【Disc Review】“Pompeya” (2015) Mati Mormandi

“Pompeya” (2015) Mati Mormandi


Mati Mormandi (piano, voice)

【輸入盤】Pompeya [ Matias Mormandi ]

 アルゼンチンの男性シンガーソングライターMati Mormandiのタンゴなのか、スパニッシュなのか、フォルクローレなのか・・・なんともカテゴライズできないアルバム。
 Carlos AguirreのレーベルShagrada Medraから。
 全編ピアノの弾き語り。
 現代フォルクローレ、いろんな色合いがあるのですが、この人は力強い系。
 躍動感のある強いタッチのピアノと堂々とした歌。
 スパニッシュ~フラメンコってな感じもないのですが、タンゴの色合いは強めに混ざっている様に感じるし、あるいはフランス、イタリア辺りな感じもします。
 クラシック、舞台音楽とかの雰囲気もあるかもしれません。
 そんな南米とヨーロッパが混ざり合うような、フォルクローレだけでなく諸々の音楽が混ざり合うような不思議なムード。
 詩の朗読から始まり、思いつめたようなバラード、口笛の楽し気なような哀し気なような音の流れ、その他諸々、一人芝居を見ているよう。
 言葉が分からないのが何とも・・・
 Shagrada Medraでは異色な作品でしょうかね?
 それとも似た感じの作品も知らないところにたくさんあるのかな?
 ヨーロッパの香りが残る古き良きアルゼンチン、そのマニアックな側面・・・ってな感じの一作。


 


posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ