吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

trumpet

【Disc Review】“Eros” (2016) Omar Sosa, Paolo Fresu

“Eros” (2016) Omar Sosa, Paolo Fresu 

Omar Sosa (piano, keyboards, percussion, vocals, programming) Paolo Fresu (trumpet, flugelhorn, multi-effects, percussion)
Natacha Atlas (voice) Jaques Morelenbaum (cello) 
Anton Berovski, Sonia Peana (violin) Nico Ciricugno (viola) Piero Salvatori (cello)

Eros
Omar Sosa
Ota Records
2016-10-14


 キューバのピアニストOmar Sosa、イタリアのトランペッターPaolo Fresuの双頭リーダー作。
 “Alma” (2012) Paolo Fresu, Omar Sosaに続く二作目。
 前作と同様にブラジルのJaques Morelenbaum、さらにベルギーのボーカリストがフィーチャーされ、ストリングスカルテットがサポートに入ります。
 かつてのキューバンジャズファンクの闘士、スタイリッシュジャズのイタリアンが奏でる、穏やかで優しい音。
 前作に比べて、強烈な浮遊感が全体を覆います。
 キューバ、アフリカ、南米、ヨーロッパの色合いが混ざったどこか懐かしいメロディ、時間の流れが遅くなったようなゆったりした音の動き。
 夢の中を漂うような電子音、ピアノを背景にした、訥々としたミュートトランペットの動きがまどろみを誘い、オープンホーンでの流麗な動きが現実に引き戻す、そんな時間が続きます。
 ビートが定まっても止まない浮遊感。
 さらにチェロ、ストリングスが揺らぎを加え、幻想的な女性ヴォイスが交錯する、白日夢のような時間。
 遠い所を眺めるような、遠い所から聞こえてくるような、どこか懐かしい音。
 静かで優しい、そしてセンチメンタルな時間。
 大人の子守歌。




posted by H.A.


【Disc Review】“Live In Bologna 1985” (Apl.1985), “Strollin'” (Jun.1985) Chet Baker

“Live In Bologna 1985” (Apl.1985), “Strollin'” (Jun.1985) Chet Baker

Chet Baker (trumpet, vocals)
Philip Catherine (electric guitar) Jean-Louis Rassinfosse (double bass)


ストローリン
チェット・ベイカー
SOLID/ENJA
2018-05-23


 Chet Baker、この期の定番の編成の一つ、ギターとベースのトリオでのライブ録音。
 ギターがジャストジャズなDoug Raneyからロックも混ざるPhilip Catherineに、ベーシストも交代。
 イタリア、ドイツでの近い時期のステージを収めた二作。
 少し躍動感が強い“Live In Bologna 1985” (Apl.1985)、ひたすら沈み込むような“Strollin'” (Jun.1985)。
 “Diane” (1985) Chet Baker & Paul Bley と同年、1980年代、静謐なChet Baker。
 どちらのステージも水を打ったように静かな空間。
 その中を静かに流れていくジャズ。
 徐々に熱を帯びていく攻撃的なギターとベースにクールなトランペット。
 ときおりのファンクなビートやエフェクティングされたギターも交えながら演奏は進みます。
 スピードが上がっても、ラテンになっても、バックのテンションが上がっても、トランペットはあくまでクール。
 トランペットが後ろに引くとフュージョンの香りも漂うギター、ベースの怒涛のようなDuo。
 が、トランペットが戻ると端正で流麗なジャズ。
 懐かしいものが脳裏をよぎる瞬間。
 American_man in EuropeのAmerican Saudadeな音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Day Break” (1979) Chet Baker

“Day Break” (1979) Chet Baker

Chet Baker (trumpet, vocals)
Doug Raney (guitar) Niels-Henning Ørsted Pedersen (bass)

デイブレイク Daybreak
チェット・ベイカー・トリオ Chet Baker Trio
THINK! REOCRDS
2017-09-20


 Chet Baker、ドラムレスのトリオでのライブ録音。
 1970年代の終わり、デンマーク。
 静かに淡々と進む音。
 音の張りがどうとか、音程がなんとか、などなど、いろんなご意見はあるのでしょう。
 が、テーマソングのごとき端正なハードパップ"For Minors Only"、CTI時代の代表的な哀愁曲"You Can't Go Home Again"の長尺な演奏が聞ければそれで充分。
 私的Chet Bakerの二曲。
 ヨーロッパに場を移しての再演も、これまたクールで、ハードボイルドで、センチメンタル。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“You Can't Go Home Again”, “The Best Thing For You” (1977) Chet Baker

“You Can't Go Home Again”, “The Best Thing For You” (1977) Chet Baker

Chet Baker (trumpet)
Don Sebesky, Kenny Barron (electric piano) Richie Beirach (electric piano, clavinet) John Scofield (guitar) Gene Bertoncini (acoustic guitar) Ron Carter (bass) Alphonso Johnson (electric bass) Tony Williams (drums) Ralph MacDonald, Arto Tuncboyaciyan (percussion)
Hubert Laws (flute, bass flute, piccolo) Paul Desmond (alto sax) Michael Brecker (tenor sax) John Campo (bassoon) and String

ユー・キャント・ゴー・ホーム・アゲイン(紙ジャケット仕様)
チェット・ベイカー
ユニバーサル ミュージック クラシック
2005-12-14

The Best Thing for You
Chet Baker
I.M.S Records


 Chet Baker、フュージョン寄りのセッションから二作。
 人気作“She Was Too Good to Me” (1974)の続編的作品。
 現在は未発表音源を加えて二作を混ぜてしまったCDも流通しているようです。
 ジャズとファンクが交錯する強いビートとフワフワしたエレピが全体のイメージを作り、ビッグネームなメンバーがソロを奏で、ストリングスが彩りを加える豪華な編成。
 スタンダードを含めてキャッチーな楽曲が揃っていますが、出色はセッションを仕切ったのであろうDon Sebesky のベタベタにセンチメンタルな“You Can't Go Home Again”、似合っているかどうかはさておき怒涛のラテン”El Morro”、Richie Beirachの激しいファンクフュージョン"Out Of Our Hands"でしょうか?
 激しくハイテンションなバンドと、周りに合わせつつもクールなトランペット。
 1970年代フュージョン、ファンク色が強くなってきて、熱とクールネスが交錯する特別な音。
 過激さとちょっと甘酸っぱい感じの懐かしさのアンバランス、それが何ともいい感じ。
 このあたりのおいしそうな所だけを聞きたい時には“Together” (1974-1977) Chet Baker & Paul Desmondなんてとても素晴らしいオムニバスがあります。




posted by H.A.


【Disc Review】“She Was Too Good to Me” (1974) Chet Baker

“She Was Too Good to Me” (1974) Chet Baker

Chet Baker (Trumpet, Vocals)
Bob James (Piano, Keyboard) Milt Jackson, David Friedman (Vibes) Ron Carter (Bass) Steve Gadd, Jack DeJohnette (Drums)
Paul Desmond (Alto Saxophone) Romeo Penque (clarinet) Hubert Laws, George Marge (Flutes) and orchestra

She Was Too Good to Me
Chet Baker
Masterworks
2010-10-05


 Chet Baker、言わずと知れた名作、人気作。
 1970年代CTI、フュージョン~ポップスも混ざり合う音。
 エレピのクールでフワフワした響き、攻撃的でパタパタ、シャカシャカしたドラム、間延びしたようなエレキっぽいウッドベース。
 全部合わせて1970年代のジャズ。
 そんな音を背景にした、クールなトランペット、フルート、激甘アルトサックスの絡み合い。
 さらにときおりの甘いボイスにロマンチックなオーケストラ・・・
 とても優雅。
 心地よさ最高。




posted by H.A.


【Disc Review】“Playboys” (1956) Chet Baker & Art Pepper

“Playboys” (1956) Chet Baker & Art Pepper

Chet Baker (trumpet) Art Pepper (alto saxophone)
Carl Perkins (piano) Curtis Counce (bass) Larance Marable (drums)
Phil Urso (tenor saxophone)

Playboys
Chet Baker & Art Pepper
Ais
2012-05-22


 1950年代ウエストコーストジャズの名作。
 東海岸とは違う軽快さ。
 さらさらと淡々と流れていく音。
 Blue Noteな名曲“For Minors Only”他、紛うことなきハードバップな演奏が何か違うモノのように聞こえてきます。
 ひたすら端正で流麗なトランペットと揺らぐアルトサックス。
 飛び散る汗や熱狂とは違うクールネス。
 あの時代の”粋”の塊のような音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Ravensburg” (2017) Mathias Eick

“Ravensburg” (2017) Mathias Eick

Mathias Eick (trumpet, voice) 
Andreas Ulvo (piano) Audun Erlien (bass) Torstein Lofthus (drums) Helge Andreas Norbakken (drums, percussion) Håkon Aase (violin)

RAVENSBURG
MATHIAS EICK
ECM
2018-03-02


 ノルウェーのトランペッターMathias Eickのコンテンポラリージャズ。
 すっかり現代ECMの代表トランペッターになったようで、コンスタントに制作しています。
 前作”Midwest” (2014)と同様、オーソドックスなトランペットカルテットにバイオリンが加わる編成ですが、メンバーは大幅に変わっています。
 本作もこの人の色合い、寂寥感の強いジャズですが、少々明るいイメージだった前作に対して、本作はダークで哀感強め。
 しっとりしたジャズだけど、アコースティック4ビートな場面は少なく、現代的な複雑で乾いたビートを刻むドラムと、控え目に淡々と音を置くエレキベース。
 ピアノは前作に参加した大御所Jon Blakeではありませんが、“Skala” (2010)などに参加していたいかにも北欧系、繊細で美しい音の人。
 さらに狂気を秘めたようなバイオリンと、時にスキャット、そして主役のサブトーンたっぷり、寂寥感の塊のような音のトランペット。
 バイオリンはThomas Stronenの“Time Is A Blind Guide” (2015)、“Lucus” (2017)に参加していた人。
 派手に前面に出てくる場面は多くないのですが、トランペットとの揺らぐような絡み合いがとてもカッコいい。
 楽曲はもちろんこの人の描く、哀感、寂寥感の強いメロディ。
 ノルウェーのトラディショナルな空気感と、ロックやフォーク、その他諸々の要素が混ざり合う現代の音。
 静かに淡々と進みつつも、漂い揺らぎながらじわじわと迫ってくるような音の流れは、穏やかながらとてもドラマチック。
 近年のECMの定番、淡くて穏やかでエスニック、そして揺らぎのあるコンテンポラリージャズ。
 どことなく寂しげで懐かしげな空気感は、Nordic Saudade。
 ダークで沈んだ質感だけども、なぜか和みます。




posted by H.A.


【Disc Review】“A Long Time Ago” (1997,1998) Kenny Wheeler

“A Long Time Ago” (1997,1998) Kenny Wheeler

Kenny Wheeler (Flugelhorn)
John Parricelli (Guitar) John Taylor (Piano)
Derek Watkins, Henry Lowther, Ian Hamer, John Barclay (trumpet) Mark Nightingale, Pete Beachill, Richard Edwards (Trombone) Dave Stewart, Sarah Williams (Bass Trombone)

Long Time Ago
Kenny Wheeler
Ecm Import
1999-10-19


 Kenny Wheelerのラージアンサンブルでのコンテンポラリージャズ。
 たくさんの作品を制作していた時期のようで、ECMでは”Angel Song” (1996)に続く作品。
 盟友John Taylorにギターを加えたトリオに、大人数のブラスアンサンブル。
 ドラムとベースの参加はなく、いわゆるビッグバンドのジャズとは異なります。
 フロントに立つのはフリューゲルホーン、ピアノ、ギターのみ。
 そのトリオのみの静かな場面も多く、ブラスのアンサンブルが彩りを付けていく形。
 冒頭のタイトル曲は30分を超える組曲。
 いつものちょっと悲し気で勇壮なメロディに、柔らかい音のブラスのアンサンブルから、フリューゲルホーンとギターとピアノの静かなジャズへ。
 それらが交錯する構成。
 鋭く美しいピアノに、現代的ながらあくまでジャズなギター。
 低音楽器を中心とした重厚で格調高いブラスアンサンブル。
 ドラムとベースがいない分、不思議な質感で淡々と進む音。
 ギター、ピアノが後ろに下がった場面では、よりクラシック的に聞こえます。
 現世の日常とは違う、中世のヨーロッパ的な、静かだけども不思議な重厚感。
 Kenny Wheelerらしく勇壮で高貴、上品、大人、そして静かなジャズ。

※別のアルバムから。


posted by H.A.

【Disc Review】“Diane” (1985) Chet Baker & Paul Bley

“Diane” (1985) Chet Baker & Paul Bley

Chet Baker (Trumpet, Vocal) Paul Bley (piano)

Diane
Chet Baker
SteepleChase
1994-05-24


 Chet Baker, Paul Bley、二人の大御所のDuo作品、デンマークのSteepleChaseから。
 お二人、近い世代のようですが、ECMのPaul BleyからはChet Bakerとの共演は想像できません。
 さらに超妖しい“Fragments” (1986)に近い時期の録音。
 が、絶妙な相性、全くオーソドックスな静かなジャズ。
 スタンダードのスローバラード中心。
 ピアノはタメにタメてタメまくりながらスケールアウトした音を置いていくPaul Bleyではなく、オーソドックスに美しくジャズを弾くPaul Bley。
 晩年に近づきつつある時期のChet Bakerですが、クールなトランペットは往年のイメージのまま、一曲のみのボーカルも格別のクールネス。
 速いフレーズをバリバリと吹くことはありませんが、丁寧に置かれていく音、端々の抑揚は、やはり稀代のスタイリスト。
 淡々と美しいメロディが流れていく静謐な時間・・・
 美しく端正な晩年のChet BakerとジャズなPaul Bley。
 全くオーソドックスで極めて静かなジャズから漂う凄み。
 さすが、稀代のスタイリストたち。




posted by H.A.


【Disc Review】“Cross My Palm With Silver” (2016) Avishai Cohen

“Cross My Palm With Silver” (2016) Avishai Cohen
Avishai Cohen (trumpet)
Yonathan Avishai (piano) Barak Mori (double bass) Nasheet Waits (drums)



 イスラエルのスーパートランペッターAvishai Cohen、“Into The Silence” (2015)に続くECM第二弾。
 オーソドックスなワンホーンカルテットでのコンテンポラリージャズ。
 メンバーは前作からサックスが抜け、ベーシストが交代。
 前作は近年のECMっぽい抑制されたコンテンポラリージャズでしたが、本作も同じ。
 静かで淡々とした語り口。
 10分を超える長尺な演奏を冒頭と中間に配して、間を短い演奏で繋ぐ構成。
 5曲、全体で40分に満たない収録時間は、今日的には短く、かつてのLP時代のA面B面に分けてそれぞれを完結させていく構成に見えなくもありません。
 冒頭は10分を超える"Will I Die, Miss? Will I Die?"なんて意味深なタイトル。
 確かにそんな感じの静かな緊迫感の演奏。
 ピアノを中心とした静かで雅な感じのイントロに導かれ、徐々にテンションを上げ、次々と景色が変わっていくような音の流れ。
 スパニッシュなようなジャパニーズなような、もちろんイスラエルなのでしょうが、漂うほのかなエキゾチシズム。
 インプロビゼーションのスペースもしっかりとられて、徐々に高揚していくトランペット。
 が、激情には至らず、トランペットもピアノもバンドも、あくまでクールでスムースな音。
 続くは全編ルバートでのスローバラード。
 “The Trumpet Player” (2001)でJohn Coltraneの”Dear Lord”をカバーしていましたがありましたが、そのビートをフリーにして、妖し気にしたような演奏。
 漂うように、時に激情を発しながら流れていく淡い時間。
 ECMのお約束ですが、この人の色合いはハードボイルドです。
 さらに続く曲もこれまたフリービート、ピアノレスでのスローバラード。
 漂うような妖しげな演奏が続きます。
 後半(?)に移って、もう一つのピークであろう長尺曲”Shoot Me in the Leg”でようやくバンドのテンションが上がります。
 前奏のピアノの漂うような音から、ビートが入ると、トランペットが全開。
 時折激しい音を交えながら、あるいはドラムに激しく煽られながらテンションを上げていきます。
 が、さまざまな音の流れの変化を経ながらも、スムースな音の流れは変わりません。
 締めの”50 Years and Counting”も同様の色合い。
 テンションの高い演奏で緊張感も強いのですが、あくまでスムース。
 サラリとしていてスルスルと流れていく音。
 ECM的な音作りながら少し戸惑い気味にも聞こえた前作“Into The Silence” (2015)に比べると、スッキリとまとまった印象でしょうか。
 全編通じてスムースで、トゲや毒は直接的には見えてこないのですが、どこか浮世離れしたムード。
 ついつい“The Trumpet Player” (2001)の激しいバンドサウンドに乗ったスーパージャズトランペッターAvishai Cohenに期待してしまうのですが、スムースにまとめていくのがこのひとの近作のスタイル。
 作品の色合いに幅のある人だと思うのですが、ここまでの諸作のさまざまな色合いと、近年のECMの色合いがほどよい感じでフュージョンしたような感じ。
 Avishai CohenもManfred Eicherさんもいい感じのバランスを見つけたのかもしれません。
 ・・・にしても、アルバムにしても楽曲にしても、タイトルが意味深だなあ・・・




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ