吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

tenor_sax

【Disc Review】“Celebration” (2003) Sam Rivers

“Celebration” (2003) Sam Rivers
Sam Rivers (Tenor, Soprano Sax, Flute, Piano)
Doug Mathews (Bass, Violin, Bass Clarinet) Anthony Cole (Drums, Tenor Sax, Piano)

Celebration: Live at the Jazz Bakery in La
Sam Rivers
Rhombus Records
2004-03-23


 21世紀のSam Rivers、トリオでのライブ。
 ピアノレスでのサックストリオがベースですが、各人楽器を持ち替えながらの演奏。
 基本は1960年代からのフリー混じりのジャズ。
 マシンガンのように音を出し続けながら、あるいはファンキーに弾みながらビートをキープするベースに自由に動き回るドラム。
 もろもろ混ざって、疾走し、伸び縮みする変幻自在のリズム。
 そんなビートを背景に、ソプラノ、テナー、フルートを持ち替えながらこれでもかこれでもかと吹きまくり。
 強烈な疾走感、あるいは飛翔感。
 あのOrnette Colemanのスタイルですねえ・・・
 あるいは複数の管楽器でのコレクティブインプロビゼーション、ソロピアノも、ピアノトリオ(ものすごく上手い!)での演奏を交えながらのさまざまな表情。
 楽曲に愛想がないのはこの種の音楽のお約束ですが、ま、その方が自由度がより高くなるのでしょう。
 また、極めて自由なあの時代のフリージャズ的な音ながら、ドロドロとした感じではなく、どこかしらカラッとしているのもこの人の音楽の色合い。
 全編通じてすさまじい演奏力。
 衰えや枯れたムードなど、微塵もなし。
 よくも悪くもBlue Noteの“Dimensions & Extensions” (1967)の頃と変わりません。
 懐かしいやら、カッコいいやら・・・

※1970年代の映像から。


posted by H.A.


【Disc Review】“Shakill's II” (1993) David Murray

“Shakill's II” (1993) David Murray
David Murray (tenor saxophone)
Don Pullen (organ) Bill White (guitar) J.T. Lewis (drums)

 David Murrayのオルガンファンクジャズ、“Shakill's Warrior” (1991)に続く第二弾。
 ってもDon Pullenだけ残って他のメンバーは交代。
 音の感じはさらにスッキリ、洗練された感じでしょうか。
 前作ほどポップではありませんが、むしろスムースな印象。
 グルーヴィーなビートに、テナーもオルガンも激しいインプロビゼーションながら、とても洗練されています。
 どブルースもなんだかスムース。
 昭和歌謡な哀愁曲(これがカッコいい!)も交えつつの少々のポップネス。
 っても当時の流行りの軟弱系スムースジャズ(私はそれも好物なのですが・・・)とは完全に一線を画した硬派なジャズ。
 さらに録音が素晴らしくキレイ。
 ビロードのように艶のあるオルガンの音が敷かれた上を、転げまわり跳びはねるこれまた艶々と黒光りするようなテナーと、いいタイミングでバシッとくるスネアドラム・・・
 いつものフリーキーな音使いも大人な余裕とハードボイルドなカッコよさ。
 こりゃ気持ちいいや。




posted by H.A.


【Disc Review】“Shakill's Warrior” (1991) David Murray

“Shakill's Warrior” (1991) David Murray
David Murray (tenor saxophone)
Don Pullen (organ) Stanley Franks (guitar) Andrew Cyrille (drums)

 David Murrayのオルガンファンクジャズ。
 Don Pullenは名作エスニックジャズ“Kele Mou Bana” (1991)、Kip Hanrahanの“Tenderness” (1988-1990)、”Exotica” (1993)への参加と近い時期。
 David MurrayもKip Hanrahan諸作に参加していた人。
 ってもKip Hanrahanっぽくもエスニックっぽくもない、コテコテのジャズファンク。
 ジャケットやタイトルはとても怖いのですが、同じくDon Pullenとギターが参加した“Children” (1985)よりもロックっぽくはなく、スッキリした?コテコテ・・・というよりも、むしろ現代的なポップなジャズ。
 冒頭のブルースは1960年代Blue Noteの香りも濃厚な感じですが、ポップでキャッチ―なメロディの楽曲がたくさん。
 Don Pullen の"Song From The Old Country"、"At The Cafe Central"、"Milano Strut"は、他のバージョンでも有名な哀愁曲。 
 David Murrayの勇ましいタイトルの"Shakill's Warrior"も明るくて爽やかなフュージョン系。
 ってな感じで、メンバーやタイトルからすれば少し拍子抜けするかもしれないポップなジャズ。
 ま、サックスやオルガンは十分に激しいのですが・・・
 1990年代、モダンジャズはもとより、キメキメフュージョンの時代も終わり、激烈系がすっかり影を潜めてしまったのであろう時代のジャズ。
 洗練されていそうでトゲやザラツキを隠せない、かつての闘士のジャズ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Children” (1985) David Murray

“Children” (1985) David Murray
David Murray (tenor saxophone, bass clarinet)
James Blood Ulmer (guitar) Don Pullen (piano) Lonnie Plaxico (bass) Marvin "Smitty" Smith (drums, percussion)

 現代の歪む時空の人、David Murrayの激熱ファンクジャズ。
 ガシャガシャギターにゴンゴンピアノ。
 ブンブンベースに叩きまくりドラム。
 James Blood UlmerにDon Pullen。
 よくもまあこんな暑苦しいメンツが集まったものです。
 そんな音を背景にした、とってもヤクザで艶々真っ黒けなブヒョブヒョテナー。
 こりゃ気持ちいいや。




posted by H.A.


【Disc Review】“Capricorn Rising” (1975) Don Pullen, Sam Rivers

“Capricorn Rising” (1975) Don Pullen, Sam Rivers
Don Pullen (Piano) Sam Rivers (Tenor Saxophone, Soprano Saxophone, Flute)
Alex Blake (Bass) Bobby Battle (Drums, Tambourine)

Capricorn Rising
Don Pullen
Black Saint
2017-01-20


 Sam Rivers、Don Pullenとの共同リーダー作品。
 ど激しい系のフリージャズ。
 時代感はわからないのだけども、“Agharta”、“Pangaea”(Feb.1.1975) Miles Davisに近い時期。
 激しい系のフリージャズの時代は終っていた時期のようにも想像するのだけども、これでもかこれでもかの激しい系。
 これは熱い。
 あるいは暑苦しい。
 Sam Rivers、Don Pullenともに、あっけらかんと演奏するようなイメージもあるのだけども、この音は重くて熱い。
 血と汗が噴き出るような凄まじい音の洪水。
 全4曲、B面の二曲は明るいラテンな感じですが、それも激しい。
 全編疾走し続け。
 疲労度も120%。
 それでも、聞き終わるとなぜかスカッと爽やか・・・かな・・・?
 とにもかくにも体育会系な音。
 とても激しくて、男臭くてカッコいい音楽。
 夏には聞きたくないけどね・・・




posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ