吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

piano

【Disc Review】“Ra” (2018) André Mehmari, Bernardo Maranhão, Alexandre Andrés

“Ra” (2018) André Mehmari, Bernardo Maranhão, Alexandre Andrés

André Mehmari (piano, voice, etc.) Alexandre Andrés (flute, guitar, voice, percussion, etc.) Bernardo Maranhão (voice)
Neymar Dias (viola caipira) Artur Andres (marimba, vidro) Guastavo Amaral (bass) Adriano Goyata (drums) Daniel Guedes (percussion) Maria Joao (voice)



 ブラジルのピアニストAndré Mehmariと盟友のマルチ楽器奏者Alexandre Andrés、さらに詩人?Bernardo Maranhãoを冠した、ブラジリアンポップス、ジャズ~クラシック寄りなアルバム。
 André Mehmari、Alexandre Andrésの二人でベースのサウンドを作り、楽曲ごとにゲストが彩りを加える構成。
 ジャズでもクラシックでもない不思議感たっぷりのポップス。
 ヴォーカルを中心とした構成、コミカルにも聞こえる質感、凝りまくったポップなサウンドは、“Macaxeira Fields” (2012) Alexandre Andresの続編なイメージが強いかもしれません。
 フワフワした質感はそのままに、よりハイテンションにしたようなサウンド。
 あの凄まじいまでの疾走感、ぶっ飛んだピアノがたっぷりフィーチャーされ、ギターとヴォイスに管が加わり、シンセサイザーが飛び交う・・・ってな感じの摩訶不思議サウンド。
 二人で分け合った楽曲は、明るいけどもどこかひねくっているというか、なんだか変わっています。
 アレンジも強烈なピアノが動いている割には妙にポップで、シンプルなようで分厚く複雑。
 ともあれ主役はお二人の柔らかな歌声。
 ハードさと浮遊感が入り混じるサウンドに優し気な歌。
 あのMaria Joaoの魔女なヴォイスなどなど混ざりつつ、不思議な感じというか、珍味というか、何と申しましょうか・・・
 それら含めて、とてもポップな演奏が並びます。
 攻めた感じの新感覚MPB。




posted by H.A.


【Disc Review】“Na Esquina do Clube com o Sol na Cabeça” (2018) André Mehmari Trio

“Na Esquina do Clube com o Sol na Cabeça” (2018) André Mehmari Trio

André Mehmari (piano, synths, órgãn, accordion, sopros)
Neymar Dias (bass) Sérgio Reze (drums, gongos, melódicos)

Na Esquina Do Clube Com O Sol Na Cabeca
Andre Mehmari アンドレメーマリ
Estudio Monteverdi
2019-06-26


 ブラジルのピアニストAndré Mehmariのトリオ作品、“Clube Da Esquina” (1972), “Clube Da Esquina 2” (1978)Milton Nascimento & Lô Borgesへのトリビュート作品、2018年版。
 ソロピアノでの“MPBaby Clube Da Esquina” (2008) André Mehmariから10年、静かでクラシカルな2008年版に対して、本作はジャズ、あるいはジャズフュージョン。
 ジャズ~ファンクのグルーヴたっぷりのベース、ドラムに、あの突っ走り飛び跳ねまくり、明後日の方向に飛んで行くぶっ飛んだピアノ。
 シンセサイザー、オルガン、その他がオーバーダビングされ、分厚いフュージョンサウンドの場面、ときおりのアバンギャルドに、電子音を混ぜつつのスペーシーな音、激しい場面もそこかしこ。
 さらに近年のクラシカルでノーブルな色合いも混ざりつつ、ハイテンションでドラマチックな演奏が並びます。
 本編と同じく“Tudo Que Você Podia Ser”、ファンクなビートのピアノトリオと電子音の絡み合いで幕を開け、続くはドラマチックな“Clube da Esquina No. 1”、 激しくアバンギャルドな場面を含めて目まぐるしい展開の“Clube da Esquina No. 2~Cravo É Canela”。
 そこまでだけでもごちそうさまな凄い演奏。
 少々クールダウン、と思いきや、気がつけばまた新手のぶっ飛んだ演奏・・・などなど、怒涛の演奏。
 あれよあれよと景色は変わり、最後はクラシカルなソロピアノの演奏で締め。
 あのフォークロックな名曲の数々が全く様変わりして、あるいは別のイメージのドラマに作り変えられ、次々と流れていきます。
 さながら”Clube Da Esquina組曲”現代フュージョン版、ってな面持ち。
 とても激しく、とてもドラマチック。




posted by H.A.


【Disc Review】“MPBaby Clube Da Esquina” (2008) André Mehmari

“MPBaby Clube Da Esquina” (2008) André Mehmari

André Mehmari (piano)

Mpbaby-Clube Da Esquina
Andre Mehmari
Mcd World Music
2008-09-02


 ブラジルのピアニストAndré Mehmari、ソロピアノでの“Clube Da Esquina” (1972), “Clube Da Esquina 2” (1978)Milton Nascimento & Lô Borgesへのトリビュート作品、2008年版。
 子ども向けのDVD?テレビ番組?の企画と思しきアルバム。
 フォーク・ロックな元作に対して、本作はクラシカル。
 元作のメロディはそのままに、ザラつきが徹底的に磨かれ、この上なくスムースに仕上がった音。
 突っ走り、飛び跳ねる方の彼の音はありません。
 あくまで優しく穏やかに丁寧に置かれていく、美しいピアノの音。
 ほどほどのタメとほどほどのリバーブ。
 とてもさり気ない演奏のようで、端々に見え隠れする名人芸。
 とても上品です。
 子守歌としては少しラウドなのかもしれません。
 が、全編、気持ちのささくれを収めてくれるような穏やかな音の流れ。
 何も予定がない休日の午前にこれほど合う音は少ないかも。




posted by H.A.


【Disc Review】“Clube Da Esquina 2” (1978) Milton Nascimento

“Clube Da Esquina 2” (1978) Milton Nascimento 

Milton Nascimento (Voice, Percussion, Piano, Organ) 
Lô Borges (Voice, Guitar, Percussion) Toninho Horta (Guitar, Bass, Drums, Piano) Nelson Angelo (Guitar, Voice, Percussion) Beto Guedes, Danilo Caymmi, Joyce, Natan Marques, Paulo Jobim, Tavinho Moura (Guitar) Pipo Spera (Charango) Flávio Venturini, Wagner Tiso (Electric Piano, Piano, Organ) Francis Hime (Piano) João Donato (Piano, Trombone) Novelli (Bass, Organ, Percussion) Fernando Sizão (Acoustic Bass) Telo Borges (Bass) Beto Guedes, Mamão, Tutti Moreno (Drums) Nenê, Zé Eduardo (Drums, Percussion) Dudu Portes, Fernando Sizão, Pedro Dos Santos (Percussion)
Botelho (Clarinet) Copinha, Danilo Caymmi, Jayme Araújo, Jorginho, Mauro Senise, Meirelles, Paulo Jobim (Flute) Braz (Oboe) Edson Maciel (Trombone) Svab, Marcio Montarroyos, Toninho (Trumpet) Maurício Einhorn (Bagpipes) César Camargo Mariano, José Roberto Bertrami (Harp)
Alceu Reis, Ana Revos, Henrique Drach, Jacques Morelenbaum, Marcio Mallard, Peter Dauelsberg, Watson Clis (Cello) Crispin Del Cistia (Viola) Beto Guedes (Mandolin)
Cristina Buarque, Olivia Hime, Telma Costa, Beto Guedes, Boca Livre, Chico Buarque, Elis Regina, Flávio Venturini, Luiz Gonzaga Júnior, Vermelho, Kiko (Voice)
& Azimuth, Grupo Tacuabé, O Povo

Clube Da Esquina 2
Milton Nascimento
EMI Import
1995-02-07


 MPBの聖典“Clube Da Esquina” (1972)の続編。
 時代は進み、“Native Dancer” (1974) を経て“Milton” (1976) の近くですが、前作の色合いはそのまま。
 フォーク、ロックとブラジリアンミュージックが混ざり合う、1970年代MPB、この期のMilton Nascimentoサウンド。
 ビッグネームを含めて、どこかで見たことあるよなあ、な名前がズラリと並び、さらにどこかで誰かが演ってたようなあ・・・ってな名曲、定番曲が並びます。
 ほのかな哀愁を含んだメロディ、かき鳴らされるギターにコーラス、ストリングス。
 明確なボッサやサンバなビートではなく、イギリスなのか、アメリカなのか、やはりブラジルなのか、あるいは、教会なのか、山奥なのか、海岸なのか・・・よくわからなくなる、いろんな要素てんこ盛り、ごった煮のフュージョンミュージック。
 ベースはBeatles的なフォークロック、バンドの中心は当時のレギュラーメンバーなのだと思いますが、楽曲ごとにいろんな人がいろんな音、声を出すゴージャスな構成。
 あの時代の感じが醸し出すノスタルジー。
 が、パーカッションのエスニック感と不思議感、ボーカルとコーラスワーク、ギターの浮遊感、そしてドラマチックさ・・・、などなど含めて特別な音。
 もちろん今作も聖典なのでしょう。




posted by H.A.


【Disc Review】“La musica del agua” (2019) Carlos Aguirre

“La musica del agua” (2019) Carlos Aguirre

Carlos Aguirre (piano, vocal)



 現代フォルクローレのリーダーの一人Carlos Aguirreの2019年最新作。
 全編歌物、ピアノの弾き語り。
 リーダー作は“Calma” (2017) Carlos Aguirre Trío以来でしょうか。
 コンテンポラリージャズなそちらに対して、本作は濃厚な現代フォルクローレ色。
 テーマは『水の音楽』。
 楽曲は自身のオリジナルではなく、おそらくは南米の先人たち、Shakrada Medraで名前を見受ける仲間たちの作品。
 ここまでのリーダー諸作と少し印象が異なるのは、それが大きいのかもしれません。
 バラード中心、少しずつ各曲の表情は異なります。
 もちろん、いずれもフォルクローレの香りたっぷり、優しく少し悲し気なメロディ。
 それらが丁寧に綴られていきます。
 “Carlos Aguirre Grupo (Crema)” (2000)の華やかなアレンジ、強烈なセンチメンタリズム、“Carlos Aguirre Grupo (Violeta)” (2008)の激しさ、ドラマチックさはありません。
 全編に漂うほのかなセンチメンタリズム、やるせなさ、遠いところを眺めているようなムード。
 が、悲痛さはありません。
 Saudade。
 そんな空気感の中、優しいメロディが穏やかに奏でられ、歌われ、流れていきます。
 脚色や演出を取り除いた生のアルゼンチンSaudadeは、こんな感じの音なのでしょうね。


※少し前の演奏から


posted by H.A.



【Disc Review】“Natural Ingredients” (1980) Richard Tee

“Natural Ingredients” (1980) Richard Tee 

Richard Tee (Keyboards, Vocals)
Eric Gale (Guitar, Bass) Matthew Bragg (Bass) Steve Gadd (Drums) Ralph MacDonald (Percussion)
Hugh McCracken (Harmonica) Tom Scott (Saxophone) Barry Rogers, Jon Faddis, Randy Brecker, Seldon Powell, Tom Scott (Horns) Lani Groves, Richard Tee, Ullanda McCullough, Valerie Simpson (Vocals) and Strings

ナチュラル・イングレディエンツ
リチャード・ティー
ビクターエンタテインメント
2002-08-21


 ソウルなピアニストRichard Teeのリーダー作。
 Stuff諸作はもちろん、あの時代のソウルやら、AORやら、“Winelight” (1980) Grover Washington Jr.やら、いろんなところで彼の音は聞こえているのですが、アルバム一枚全編そのまま、あの幸せな音が鳴り続ける一作。
 1970年代のソフトなソウルから洗練されたフュージョンミュージックへの移行、あるいはAORなんて言葉が定着した時期でしょうか。
 Stuffの渋さやら淡々としたところやらが薄くなって、全編ハッピーでおシャレなサウンド。
 フワフワとしたフェイザーたっぷり、たぷんたぷんなローズの音にくるまれた空間の中で鳴る訥々とした胸キュンギター、渋いボーカル、その他諸々のくすぐり合い。
 心地よさ最高。
 アコースティックピアノになると叩きまくれる鍵盤、ノリノリのグルーヴ。
 さらにご本人のボーカルは、ちょっとしたきっかけさえあれば、シンガーとしても大成したんじゃない?と思うぐらい、カッコよかったのですが・・・泣。
 フュージョン、ソフトソウル、AORの隠れ名作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Brazilian Rhyme” (1999) Satoru Shionoya

“Brazilian Rhyme” (1999) Satoru Shionoya

Satoru Shionoya (Piano)
Jonathan Maron (Bass) Satoshi Tomiie (Keyboards, Drum Programming)
Dan Levine (Trombone) Ken Fradley (Trumpet) Paul Shapiro (Tenor Sax)
Harumi Tsuyuzaki (Vocals) Danny Madden, Stephanie James (Backing Vocals)

BRAZILIAN RHYME
塩谷哲
ファンハウス
1999-07-07


 ジャズピアニスト塩谷哲氏の”Brazilian Rhyme”。
 もちろんEarth, Wind & Fireのアレ、”パラッパッパ・パッパッパ”。
 これはレアなのでしょうか?人気作なのでしょうか?
 さておき、ミニアルバムのCDではいろんなアレンジ、ミックスの”パラッパッパ・パッパッパ”5連発。
 これはたまりません。
 さらに、間々に挿まれる、ジャズな疾走ピアノがこれまたカッコいい。
 これはホントにたまりません。




posted by H.A.



【Disc Review】“Danse” (2017) Colin Vallon & Patrice Moret & Julian Sartorius

“Danse” (2017) Colin Vallon & Patrice Moret & Julian Sartorius

Colin Vallon (piano) Patrice Moret (double-bass) Julian Sartorius (drums)

Danse
Colin -Trio- Vallon
Ecm Records
2017-01-27


 スイスのColin Vallon率いるピアノトリオ、ECMでの第三作。
 前作“Le Vent” (2014)と同様、不思議感たっぷりのコンテンポラリージャズ。
 音のイメージは少しずつ変化しています。
 クラシカルな色合いはそのまま、ミニマルな感じは抑えられ、より繊細になったイメージ。
 かといってオーソドックスなジャズに近づいたわけでもなく、アバンギャルドでもない、何とも不思議な音。
 シンプルなようで複雑なビート。
 三者三様、ピアノの右手と左手さえも違うビートを出しているような、それでいて拡散することなくピッタリと収まっていく、摩訶不思議なサウンド。
 沈んだムードのメロディ、リフは決してキャッチーではありませんが、難解でも沈痛でもありません。
 乾いた音、静かで繊細なドラム、揺らぎつつもペースを作るベース、そして美しいピアノ。
 硬質なリフで同じところを徘徊しているようで、気がつけば崩れ落ちるような儚い音、疾走を伴ったスムースな音、あるいはジャズなインタープレー、フリーなインプロビゼーション・・・、変幻自在、予測できない音の流れ。
 どれもが計算された演奏のようにも、即興のようにも聞こえます。
 アルバム全体の一貫したムード、どのカテゴリにも寄らない独特の構成、複雑ながらスッキリとまとまった質感は、前作まででやろうとしてきたことが完成したようにも思えます。
 とにもかくにも、美しい音で編み上げられる、とても繊細な音絵巻。
 これが21世紀型ジャズの新しい形、と言われれば納得の一作。




posted by H.A.

【Disc Review】“Le Vent” (2014) Colin Vallon & Patrice Moret & Julian Sartorius

“Le Vent” (2014) Colin Vallon & Patrice Moret & Julian Sartorius

Colin Vallon (piano) Patrice Moret (double-bass) Julian Sartorius (drums)

Le Vent
Colin Trio Vallon
Ecm Records
2014-03-18


 スイスのColin Vallon率いるピアノトリオ、ECMでの第二作。
 前作“Rruga” (2011)からドラマーが交代しましたが、そちらと同様、ミニマルな感じも強い不思議系ヨーロピアンジャズ。
 繊細さはそのまま、本作は少々ダークなムード。
 重めのビート、徘徊するようなフレーズの繰り返し、徐々にテンションと音量を上げていくバンド。
 かといって、完全にミニマル的でもなく、目まぐるしく形を変え、また、インプロビゼーションを交えつつ、微妙に、ときに大胆に景色は変化していきます。
 そんなハイテンションな演奏の合間にちりばめられらた不思議なバラード。
 響きを殺したピアノが琴のように聞こえる場面、日本的なメロディもちらほら。
 冒頭曲の“Juuichi”は十一のことなのでしょうし、Nik Bärtschさんと同じく、スイスのミニマル系の人は日本的なストイシズムがお好みなのでしょうかね?
 また、前作のそこはかとない哀しさが、沈痛、あるいは祈りにも似たムードに変わってきた感じにも聞こえます。
 ときに激しく、ときにアバンギャルド、ドラマチックながら、あくまでクールで上品。
 オーソドックスなジャズではない、ミニマルジャズでもない、先端変拍子ジャズでもない、アヴァンギャルドでもなく、クラシカルでもない。
 その他含めた諸々が不思議に混ざり合う、新感覚なピアノトリオ。




posted by H.A.



【Disc Review】“Rruga” (2011) Colin Vallon & Patrice Moret & Samuel Rohrer

“Rruga” (2011) Colin Vallon & Patrice Moret & Samuel Rohrer

Colin Vallon (piano) Patrice Moret (double-bass) Samuel Rohrer (drums)

Rruga
Colin Trio Vallon
Ecm Records
2011-05-10


 スイスのピアニストColin Vallon率いるトリオ、ECMでの第一作。
 テーマ~ソロといったオーソドックスなジャズではなく、アンサンブル中心、同じフレーズを繰り返しつつ抑揚をつけていくミニマルなスタイルを取り込んだ演奏。
 同じくスイスのNik Bärtschのようにパキーンとした、あるいはファンクな感じではなく、繊細でジャズに寄った色合い。
 複雑なビート感、タメを効かせて哀しげで妖しいメロディを奏でつつ、明後日の方向に動いていくピアノ。
 もちろんその美しさはECMならではの折り紙付き。
 複雑に自由にビートを繰り出しつつ徐々にテンションを上げていくドラム。
 堅実に背後を支えるベース。
 そんな三者が絡み合いつつ、静謐から高揚、疾走、美しいメロディからアバンギャルド、さまざまな綾を織りなしながら変化していく音。
 繊細、それでいてハイテンション。
 いわゆるソロの場面もあるのですが、それよりもバンドの三者が一体となってグルーヴし、浮き、沈み、突っ走っていくイメージが強く印象に残ります。
 オーソドックスなジャズになりそうでならない、アバンギャルドに行きそうで行かない、エスニックになりそうでならない、凶悪・沈痛になりそうでならない、意外な方向に動いていく音。
 変幻自在の21世紀型ジャズは、静かで繊細、そしてエキサイティング。




posted by H.A.



Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ