吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

piano

【Disc Review】“Solo: Improvisations for Expanded Piano” (1998) Lyle Mays

“Solo: Improvisations for Expanded Piano” (1998) Lyle Mays

Lyle Mays (Piano, etc.)

Solo Improvisations for Expanded Piano
Lyle Mays
Warner Bros / Wea
2000-06-12


 Lyle Maysのリーダー作、第四弾、完全なソロ作品。
 Pat Metheny Groupとしては"Imaginary Day” (1997)と”Speaking of Now” (2001)の間の制作。
 ピアノのソロ演奏を中心として、ときおりシンセサイザーなどのサポートが入る形態。
 ビートを定めず、次々とフレーズを紡いでいくような音の流れ。
 とても静かで幻想的な時間。
 フリーなインプロビゼーションなのかもしれませんし、あらかじめ楽曲が用意されていたのかもしれません。
 ジャズっぽさはなく、ポップス、フォーク、ロックの色合いもありません。
 クラシックに一番近いのでしょうが、情景描写のような音楽。
 “Let Me Count the Ways”のようなとてつもなく甘いメロディ、あるいは淡く美しい音の流れから、厳しい表情を見せつつも、最後の”Long Life”は幻想的なとても美しいバラード。
 ゆったりとした不規則な音の流れは寄せては返す波のようにも聞こえるし、静かで温度、湿度の低い空気感はジャケットのような夜空を眺めているような感じかもしれません。
 非現実の世界へのトリップミュージックのようにも聞こえます。
 行き着く先はWichitaなのか、Alaskaなのか、それとも宇宙なのか・・・
 いずれにしても幻想的な場所。
 他のリーダー作はさておき、本作はECM的な音。
 私的にはこれが一番好きなLyle Maysのアルバム。
 2018年初現在、しばらく音信が途絶えていますが、ECMでリーダー作を作らないでしょうかねえ・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Fictionary” (1992) Lyle Mays

“Fictionary” (1992) Lyle Mays

Lyle Mays (Piano)
Marc Johnson (Bass) Jack DeJohnette (Drums)

Fictionary
Lyle Mays
Geffen Records
1993-03-16


 Lyle Maysのリーダー作、第三弾。
 “The Road to You” (1991)で南米路線が終わり、“We Live Here” (1995)までの間の制作。
 ここまでとは打って変わって、アコースティックなジャズピアノトリオ作品。
 冒頭、アイドルなのであろうBill Evans縁のメンバーとあの"Waltz for Debby” (1961) Bill Evansの冒頭を想わせるバラード、その名も”Bill Evans”からスタート。
 ほんの少しだけ遅れ気味に置かれる静かなピアノと、ブラシの音がとても繊細で、あの空気感がたっぷり。
 以降、アップテンポな演奏が多く、トリオが一体となって畳みかけてきます。
 ブルージーではなくクラシックの色合いも強いヨーロッパ的なような、やはりアメリカ的なような、微妙なバランス。
 Pat Metheny Groupではピアノを弾きまくる場面は少ないのですが、本作は全編それ。
 フュージョン色はなく、全編もろジャズなのですが、Pat Metheny Group風の音の流れも少々あり、もしそのリズム隊この二人だったら・・・なんて妄想も楽しめる・・・かな?
 三人とも凄まじい演奏力。
 攻めまくりのピアノと、ちょっとJackさん、叩きすぎなのでは?
 カッコいいけど。
 Lyle Maysのジャズピアノを浴びるように聞くことが出来る貴重な一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Street Dreams” (1988) Lyle Mays

“Street Dreams” (1988) Lyle Mays

Lyle Mays (Piano, Keyboards)
Bill Frisell (Guitar) Marc Johnson, Steve Rodby (Bass) Peter Erskine, Steve Gadd, Steve Jordan (Drums) Glen Velez, Vicki Randle (Percussion)
Dave Taylor (Bass Trombone) Bob Malach, Bob Mintzer (Tenor Saxophone, Flute) Chris Seiter, Dave Bargeron, Keith O'Quinn (Trombone) Laurie Frink, Randy Brecker, Bob Millikan (Trumpet) Emilia Barros (Voice) Vicki Randle (Vocoder) and strings

Street Dreams (Reis)
Lyle Mays
Warner Bros / Wea
1998-12-15


 Lyle Maysのリーダー作、第二弾。
 名作“Still Life (Talking) ” (1987)、これも名作”Letter from Home” (1989)の間での制作。
 前作“Lyle Mays” (1985)はPat Metheny Groupに近いサウンドでしたが、本作は少々面持ちが異なります。
 前半は、よりアメリカンフュージョンに近い色合い。
 ドラム、サックスを中心として、その系の人が多いからなのか、もっとわかりやすい音楽にしたかったのか、その時代のサウンドなのか、とにもかくにも明るいフュージョンサウンド。
 少々デジタル臭もするキッチリしたビートに、豪華でこれまたキッチリとしたホーンのアンサンブル。
 Pat Metheny人脈では珍しいブルージーなジャズの雰囲気の演奏もあったりして・・・
 といってもファンキーでもキメキメのフュージョンでもスムースジャズでもない、淡くて柔らかな雰囲気はLyle Maysの音楽。
 ピアノトリオとBill Frisellで演奏されるフワフワした”August”や、幻想的な”Before You Go”なんてとてもいい感じ。
 後半は組曲。
 エスニック色、あるいはオーケストラも交えながら、幻想と躍動、強烈なインプロビゼーションが交錯するとてもドラマチックな構成の力作。
 などなど含めて、いろんなテイストがてんこ盛り。
 それら合わせて後の”We Live Here” (1995)、さらに”Imaginary Day” (1997)、”The Way Up” (2003,2004)のような大作路線につながっていくのでしょうね。
 時期的にはちょっと遠いか・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Lyle Mays” (1985) Lyle Mays

“Lyle Mays” (1985) Lyle Mays

Lyle Mays (piano, synthesizer, autoharp)
Bill Frisell (guitar) Marc Johnson (acoustic bass) Alejandro N. Acuña (drums) Nana Vasconcelos (percussion) Billy Drewes (alto, soprano sax)







 現代のアルゼンチン、ブラジル勢からリスペクトされているのであろう、Pat Metheny Group、Lyle Maysのリーダー作。
 “Cruces” (2012) Andrés Beeuwsaert、”As Estacoes Na Cantareira” (2015) André Mehmariなどで、さり気なくカバーされていたり、近い空気感の場面がしばしば登場します。

 Pat Metheny共同名義で“As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls”(Sep.1980)がありましたが、単独では第一作目。
 ECM最終作 ”First Circle” (1984)とGeffen移籍第一作 “Still Life (Talking) ” (1987)との間の時期。
 ECMでの録音は、Pat Metheny関連と“Home” (1979) Steve Swallow、“Later That Evening” (1982) Eberhard Weberぐらいでしょうか?
 そちら系の人たちとリーダー作品を制作していると面白かったのでしょうが、なかなかうまくいきません。
 本参加のBill Frisellも“Rambler” (1984)を制作の後、ECMから移籍した時期と思われ、そういう時代だったのでしょう。
 柔らかなビート感、あの柔らかなシンセサイザー、リリカルなピアノの音の流れは、Pat Metheny Groupのサウンド。
 複雑に展開するドラマチックな構成もこれまたPat Metheny Groupと同様。
 さらに、柔らかなサウンド、明快なようでどことなく幻想的な空気感も含めて、やはりPat Metheny Groupサウンドは、Lyle Maysサウンドでもあるのでしょう。
 それはさておき、本作、”Mirror of the Heart”のような、ただただ美しいピアノソロでの演奏や、電子楽器とアコースティックな演奏、ジャズとロック、クラシック、エスニックまでが交錯する、幻想的な情景描写のような組曲”Alaskan Suite”などの独自路線もたっぷり。
 そして、最後に収められたバラード”Close to Home”のこの上もない美しさ。
 とてもドラマチックです。
 Pat Methenyの単独リーダー諸作からすると、Groupの作品の色合いはLyle Maysの色合いが強かったのだろうなあ・・・と勝手に思っているのですが、本作を聞くとやはりそうだったような、そうでもなかったような・・・?




posted by H.A.


【Disc Review】“Paino Pampa” (2016) Sebastian Benassi

“Paino Pampa” (2016) Sebastian Benassi 


Sebastian Benassi (piano)




 アルゼンチンのピアニストSebastian Benassiのソロピアノ作品。

 クラシックとフォルクローレ、ジャズが入り混じる、とても静かな演奏集。

 ヨーロピアンなムードも漂うクラシックな空気感に、ジャジーな演奏も交えながら進む静かな音の流れ。

 各曲二分+αの短い演奏、全17曲。

 ゆったりとしたテンポで奏でられる美しく、少々センチメンタルメロディは、南米曲とオリジナル曲、いずれも美しく優しいメロディ。

 冒頭から今にも止まりそうなスローテンポでの優雅な演奏。

 続くは南米ジャズなこれまた優雅な音~優しいメロディの漂うようなワルツ。

 とてもエレガントなクラシックな演奏、優雅な奇数拍子のフォルクローレな演奏、揺れながら迫ってくるような南米ジャズな演奏、端正なジャズバラードな演奏、いずれもとても静かで上品な演奏が続きます。

 ワンコーラス+αが奏でられるだけで、次々と景色が遷り変わっていくような展開。

 アップテンポは数曲のみ。

 ビート、躍動感は抑えて、ただただ漂うような美しいピアノの音。

 どこか柔らかでのどかなムード、懐かしい空気が漂うのは、南米のメロディ、アルゼンチンのピアニストならではでしょうか。

 “The Köln Concert” (Jan.1975) Keith Jarrettとも、“Caminos” (2006) Carlos Aguirreとも、“Ernesto Nazareth Ouro Sobre Azul” (2014) Andre Mehmariとも、おそらくはクラシックとも違うピアノミュージック。

 急がない、飛び跳ねない音の動きは、まったりとした時間には最高のBGM。

 もちろん上品で上質、心地よさ最高。





posted by H.A.


【Disc Review】“Pompeya” (2015) Mati Mormandi

“Pompeya” (2015) Mati Mormandi


Mati Mormandi (piano, voice)

【輸入盤】Pompeya [ Matias Mormandi ]

 アルゼンチンの男性シンガーソングライターMati Mormandiのタンゴなのか、スパニッシュなのか、フォルクローレなのか・・・なんともカテゴライズできないアルバム。
 Carlos AguirreのレーベルShagrada Medraから。
 全編ピアノの弾き語り。
 現代フォルクローレ、いろんな色合いがあるのですが、この人は力強い系。
 躍動感のある強いタッチのピアノと堂々とした歌。
 スパニッシュ~フラメンコってな感じもないのですが、タンゴの色合いは強めに混ざっている様に感じるし、あるいはフランス、イタリア辺りな感じもします。
 クラシック、舞台音楽とかの雰囲気もあるかもしれません。
 そんな南米とヨーロッパが混ざり合うような、フォルクローレだけでなく諸々の音楽が混ざり合うような不思議なムード。
 詩の朗読から始まり、思いつめたようなバラード、口笛の楽し気なような哀し気なような音の流れ、その他諸々、一人芝居を見ているよう。
 言葉が分からないのが何とも・・・
 Shagrada Medraでは異色な作品でしょうかね?
 それとも似た感じの作品も知らないところにたくさんあるのかな?
 ヨーロッパの香りが残る古き良きアルゼンチン、そのマニアックな側面・・・ってな感じの一作。


 


posted by H.A.


【Disc Review】“Genealogia” (2013) Trio Gallo-Mendez-Pilar

“Genealogia” (2013) Trio Gallo-Mendez-Pilar


Ramiro Gallo (violin) Ernesto Mendez (guitar) Andres Pilar (piano)



 現代フォルクローレのインツルメンタルトリオ。
 Carlos AguirreのレーベルShagrada Medraから。
 フォルクローレな編成ですが、全体のムードはスパニッシュ~イタリアン~南フランス~タンゴ。
 Diego Schissiあたりにも通じる、フォルクローレな空気感も強い現代のタンゴというか、タンゴの香りが強い現代フォルクローレというか。
 スパニッシュなギターに、転げまわるピアノ、跳びまわるバイオリン。
 現代フォルクローレとすると少々情熱的。
 悲し気なメロディは激情を発する・・・とまではいかずとも、情緒表現が直接的。
 強めのビートにメリハリのある音の流れ。
 計算しつくされているであろう複雑に変化するアンサンブル。
 三者が絡み合いながら激しくアップダウンする演奏を中心として、今にも止まりそうなスローテンポのとても悲しい表情のバラードまで、いろんな色合いが揃っています。
 なぜかイタリアや南フランスな感じもするのは気のせいでしょうか?
 アルゼンチンはスペインからの影響が強い、と思っていましたが、実は地中海系全てが繋がっていたのでしょうかね?
 そんなそこはかとないことを考えてしまう、ブエノスアイレス~アンデス、あるいは南米~南ヨーロッパを繋ぐような一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Sol y Luna” (2013) Lilián Saba, Marcelo Chiodi

“Sol y Luna” (2013) Lilián Saba, Marcelo Chiodi


Lilián Saba (piano) Marcelo Chiodi (flute, quena, soprano sax)
Juan Falú, Carlos Moscardini, Jorge Jewsbury, Roberto Calvo, Néstor Gómez, Juan Carlos Maddío (guitar)
Quique Ferrari, Ricardo Cánepa (contrabass) Matías González (bass) Horacio López (drums) Rubén Lobo, "Colo" Belmonte, Facundo Guevara (percussion)
Rubén "Mono" Izarrualde (flute) Néstor Tomassini (clarinet)
Liliana Herrero (vocal)

Sol Y Luna
Lilian Saba / Marcelo Chiodi
Shagrada Medra
2014-05-30


 アルゼンチンの女性ピアニストLilián Saba、管楽器奏者Marcelo Chiodi の現代フォルクローレ~アルゼンチンジャズ作品。
 Carlos AguirreのレーベルShagrada Medraから。
 ボーカル曲はゲストの一曲のみでインツルメンタルがメイン。
 とても穏やかなアンサンブル。
 二人の静かで穏やかな演奏にいろいろなゲストが彩りを加えていくスタイル、
 Carlos Aguirreほど切ない系ではなく、あっさりとしたセンチメンタリズム。
 二人のオリジナル曲その他の楽曲のメロディ自体はセンチメンタルなのですが、ピアノも管楽器も端正で素直、あっさりとした印象。
 木管の柔らかな響きと、クラシック、ジャズ、ポップスが入り混じる上品で穏やかな癖のないピアノの音の流れ。
 ベタつかない哀愁感が、ほどよい感じでジャジーな空気感を醸し出しています。
 スローな漂うような演奏を中心に、アップテンポも織り交ぜながら、インプロビゼーションのスペースもたっぷり。
 ドカーンとくるエキサイティング場面はありませんが、サラサラと流れていくような、爽やかで瑞々しい音の流れ。
 少し懐かし気な優しい音。
 ジャジーな現代フォルクローレ、あるいはフォルクローレ的ジャズの典型。
 部屋の空気が浄化され、湿度が少し下がるような・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Lucas Nikotian, Sebastian Macchi” (2013) Lucas Nikotian / Sebastian Macchi

“Lucas Nikotian, Sebastian Macchi” (2013) Lucas Nikotian / Sebastian Macchi

Lucas Nikotian, Sebastian Macchi (piano)


Lucas Nikotian – Sebastian Macchi
Lucas Nikotian
bar buenos aires
2013-09-26






 アルゼンチンの二人のピアニストによるDuo作品。
 ジャズ、クラシック、現代フォルクローレが交錯するピアノミュージック。
 “Luz de agua” (2005) のSebastian Macchiはもちろん、 Lucas Nikotianもレーベル主宰のCarlos Aguirreの影響が強いのでしょう。
 クラシックの色合い、ヨーロッパの空気感も漂うピアノ。
 躍動感の強い演奏が多いのですが、うるさくなることも音がぶつかることもなく、音楽は穏やかに進んでいきます。
 Carlos Aguirre、あるいはブラジルのAndre Mehmariを想い起こすような二人のピアノ。
 タメを効かせて置かれていく音がセンチメンタルでもあり、繊細でもあり・・・
 このレーベル系の音楽、本拠地の立地も含めて川沿いミュージック?と呼ばれることがあるそうですが、本作もまさにそんな音。
 ゆっくりと静かに流れたり、淀んでみたり、飛び跳ねてみたり、速く激しく流れたり・・・さまざまな表情。
 楽曲を概ね分け合った二人のオリジナル曲は、表情は違えど穏やかで優し気なムードは変わりません。
 どこまでも続いていきそうな音楽ですが、最後は虫の音のようなSEと囁きボイス、シンセサイザーも絡めつつのPat Metheny、あるいはLyle Mays風に静かに、しかもドラマチックに幕。
 なるほど、そこにも繋がっているのか・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Las Mananas El Sol Nuestra Casa” (2010) Javier Albin

“Las Mananas El Sol Nuestra Casa” (2010) Javier Albin


Javier Albin (piano)
Leonel Iglesias (guitar) Leandro Drago (keyboard)
Juan Huici (bass) Santiago Varela (percussion, drums) Juan Pablo Francisconi (percussion)
Paula Taboadela (cello) Juan Kiss (clarinette) Marcela Passadore (voice) Ana Archetti (voice, udú, accordion) Guadalupe Abero (voice)

【輸入盤】Las Mananas El Sol Nuestra Casa (Digi) [ Javier Albin ]
【輸入盤】Las Mananas El Sol Nuestra Casa (Digi) [ Javier Albin ]


 アルゼンチンのピアニストJavier Albinのフォルクローレなジャズ。
 Carlos AguirreのレーベルShagrada Medraから。
 これぞアルゼンチンのフォルクローレ的ジャズの代表作、ってな感じの名作。
 一聴では穏やか系のヨーロピアンピアノジャズの色合い。
 とても優しくてセンチメンタル、儚げな音。
 静かで穏やかなピアノトリオを中心として、ギターやチェロ、木管楽器、女性ボイスが代わる代わる重なっていきます。
 まさに細い糸で綾を織り込んでいくような繊細な音の流れ。
 Carlos Aguirreの諸作よりもよりジャズ的、サラリとしたイメージ、彼の影響が強いSebastian Macchi諸作をよりスムースにした感じでしょうか。
 いい意味で線の細い音の流れ。
 大半を占めるオリジナル曲もそんなメロディ。
 洗練され過ぎないナチュラルさ、ベタつかないセンチメンタリズムとさり気ない郷愁感。
 メインのピアノ、フロントに出る楽器、ボイスはもちろん、ほんの少しだけ使われる電子音、遠くで鳴っているようなパーカッション、細かく移り変わっていくような構成、凝ったビートにさり気ないStop and Go・・・
 その他諸々、完璧に計算しつくされたアレンジ。
 それら含めてとても前向きな音の流れ、全体を包み込むような柔らかな浮遊感。
 とても静かでさり気ない音楽なのですが、思わず耳を傾けてしまう、そんな音。
 名作です。


 


posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ