吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

piano

【Disc Review】“Alba” (2015) Markus Stockhausen, Florian Weber

“Alba” (2015) Markus Stockhausen,  Florian Weber
Markus Stockhausen (trumpet, flugelhorn) Florian Weber (piano)

Alba
Markus Stockhausen
Ecm Records
2016-05-20


 ドイツのトランぺッターMarkus Stockhausen、同じくドイツのピアニストFlorian WeberとのDuo作品。
 もともとクラシックの人、ジャズ系を演奏する際は、エレクトロニクスを交えた近未来サウンド、トランペットはMiles Davisなクール系といったイメージでしたが、本作はアコースティックオンリーでの、静謐系コンテンポラリージャズ。
 それも静謐度高めのメロディアスな音の流れ。
 楽曲は概ね二人で分け合っていますが、いずれも穏やかで淡い色合いのしっとりしたメロディ揃い。
 現代音楽~フリージャズな作品は聞いていないのですが、“Karta” (1999)や“Electric Treasures” (2008)あたりのフューチャージャズ~激烈系のイメージが強くて、ここまで静かに淡々とメロディアスに演奏されてしまうと、面食らってしまうというか、何というか・・・
 クラシックの色も強い丁寧な音使いのピアノと、同様に丁寧に音を紡いでいくクールなトランペット。
 二人とも派手な音使いはありませんが、キリっとした、かつ落ち着いた演奏。
 リズム隊なしでビートの制約がないだけに、二人で自由に漂うような演奏が続きます。
 自由ですがフリージャズ色は全くなし。
 あくまでメロディアスで少々センチメンタル、時に牧歌的。
 もちろんインプロビゼーションを含めた演奏力は折り紙付き。
 このレーベルにありがちな夜な空気感、あるいは、暗さや深刻さもなく、毒気もありません。
 さらに、ベトつくような甘いメロディもなく、あくまで淡い色合い、穏やかで爽やか。
 昼でもなく、朝な音。
 一曲目のように全編ルバートのスローバラードばかりだったりすると、気持ちよくて二度寝してしまいそうですが、ほどよくキリっとしているし、長い演奏もないのが朝にはいい感じ。
 澄んだ空気が流れていくような、淡々とした音の流れ。
 平日の朝には穏やか過ぎるのかもしれませんが、休日の朝のBGMにすると、上品で上質な一日が始まるかも。たぶん。

※唯一?夜な曲。

【Disc Review】“Três no Samba” (2016) Eliane Faria, André Mehmari, Gordinho do Surdo

“Três no Samba” (2016) Eliane Faria, André Mehmari, Gordinho do Surdo
André Mehmari (Piano) Eliane Faria (Voice) Gordinho do Surdo (Surdo)

Tres No Samba
Andre Mehmari
Imports
2017-03-03


 ブラジルのスーパーピアニストAndré Mehmariのとても穏やかなサンバアルバム。
 ボーカルとパーカッションのトリオ。
 少々クラシックに寄せ気味のピアノに、低い音で静かにビートを刻むスルド。
 その上を踊るボイス。
 ウイスパー系、可憐系ではなく、ちょっと貫禄ある系の落ち着いたしっとり系の声、決して大きな声は出さないブラジル系特有の優しく穏やかな歌。
 サンバ系の伝統曲、スタンダード曲が並んでいるのだと思います。
 どこかで聞いたことがある、誰かが歌っていたメロディばかりなのだけども、思い出せない・・・
 もちろんサンバ特有の明るいようで切ないような、いわゆるサウダージ、郷愁感・・・
 そんな感じで普通の現代サンバ作品と思いきや、普通でないのは、ピアノの動きゆえ。
 この編成であれば、本来は器楽を背景にしてボーカルが踊るはずなのですが、踊り、跳ねまわり、突っ走るのはピアノ。
 スタートはクラシカルな上品なムード、ビートが乗ってくるとジャズなグルーヴが加わり、突っ走り、転げまわるような凄まじい動き。
 バラードでは一転、たっぷりとタメが効いた伸び縮みするビート。
 歌の後ろのオブリガードだけでも普通ではない感たっぷりなのですが、さらにインプロビゼーションのスペースもたっぷり。
 遠いところに飛んで行ってしまいそうになるピアノを大地に引き留めようとしているようなスルド。
 ボーカルさえもそんな役回りを演じているように聞こえます。
 初期~“Veredas” (2005-2008オムニバス)あたりまでのピアノには丸みを感じましたが、この頃は鋭さが際立ちます。
 そんなアグレッシブなピアノを暖かく見守るようなスルドとボイス。
 これしかないようなバランスなのかもしれません
 全体を眺めれば静かで穏やかで優しい音。
 優しく、かつプログレッシブな、とても素敵な現代サンバ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Statements” (2003, 2004) Batagraf

“Statements” (2003, 2004) Batagraf
Jon Balke (Keyboards, Percussion, Vocals)
Frode Nymo (Alto Saxophone) Kenneth Ekornes, Harald Skullerud, Helge Andreas Norbakken, Ingar Zach (Percussion) Arve Henriksen (Trumpet) Sidsel Endresen, Miki N'Doye (Recitation) Solveig Slettahjell, Jocelyn Sete Camara Silva, Jennifer Mykja Balke (Voice)



 ノルウェーのピアニストJon BalkeのバンドBatagrafの何とも不思議なアルバム。
 “Clouds In My Head” (1975) Arild AndersenなどからECMに参画している大ベテラン。
 ヨーロピアンらしいクラシックの香りと美しい音、さらに強烈な疾走感がカッコいいピアニスト。
 近年では同じく北欧の若手アーティストのサポート、“The Door” (2007)、“Midwest” (2014) Mathias Eickなどでもよく見かけます。
 バンドでの表現が好きなようで、以下のようないろんなバンドに参加、あるいは自ら作っています。
  Masqualero、“Bande a Part” (1986)  etc.
  Oslo 13、“Nonsentration” (1990)  etc.
  Magnetic North Orchestra、“Further” (1993), “Kyanos” (2001)  etc.  
 それらは十分にジャズな音だったのですが、本作はジャズからはみ出した不思議なバンド。
 詞の朗読なども絡めつつ、ナイジェリア?の「バタ」なる楽器?音楽?を中心とした音なのだと思います。
 メンバーはノルウェーの人が中心のようなのですが、音は完全に無国籍、ノンジャンル。
 アフリカ的なパーカションとフワフワしたエレクトリックピアノ、電子音、声、そしてジャジーながら狂気を秘めたサックスが交錯する不思議な世界。
 ムードとしてはフューチャージャズな感じもあるし、アコースティックなパーカッションがプリミティブな民族音楽的でもあるし。
 ジャズとか何とかのジャンル云々はもとより、一体ここはどこなのか、ヨーロッパなのかアフリカなのか、今なのか過去なのか未来なのか、さっぱりわからない空間。
 さらに、声とか口笛とかが醸し出す、現実なのか非現実なのかすら曖昧なムード。
 でも、あくまで静かで穏やか。
 そんな背景の中に、唐突にコラージュされる乾いた女性のボイス、泳ぐような乾いたサックスの響きがとてもクール。
 ときおり現れる電子音、穏やかで淡い感じは環境音楽的な感じなのだと思いますが、無機質な感じではなくて、あくまでアコースティックな響きが中心。
 ちょっと聞きではなんだこりゃ?
 が、マニアックなようで、エスニックなようで、慣れてしまえばわかりやすくて心地いい音。
 意味不明でも難解でもない、全編通じてとてもカッコいい静かなグルーヴ。
 サックスの動きがジャズっぽいのも、とても心地いいバランス。
 ボイスには、同胞Nils Petter Molværの作品に参加するSidsel Endresenがクレジットされているし、音量を上げ、ハードさ、深刻さを加えると、彼の音にも近い場面が多いのは、ノルウェーの空気感ゆえなのでしょうか?
 全編を漂う哀感、さらにちょっとしたところにオシャレな感じもあり、全く違う音なのですが、Kip Hanrahan を想起します、ってなのは飛躍しすぎなのでしょうかね?
 そちらはニューヨーク&キューバですが、こちらは北欧&アフリカ。 
 さながら静かでエスニックな環境音楽、現実と非現実が交錯するトリップミュージック。
 残念なのは、あの素晴らしいアコースティックピアノが聞けないこと。
 が、さすがに何をやってもタダモノではないクリエイティブなオヤジ。
 とてもカッコいい音、名作だと思います。



 
 posted by H.A.

【Disc Review】“Nuit Blanche” (2016) Tarkovsky Quartet

“Nuit Blanche” (2016) Tarkovsky Quartet
François Couturier (Piano)
Jean-Louis Matinier (Accordion) Anja Lechner (Cello) Jean-Marc Larché (Soprano Saxophone)

Nuit Blanche
Tarkovsky Quartet
Ecm Records
2017-02-17

 
 フランスのピアニストFrançois Couturier率いるカルテットのECM第三作。
 “Nostalghia-Song For Tarkovsky” (2005)、“Tarkovsky Quartet” (2011)と時間を空けて制作を続けています。
 基本的な質感は変わりません。
 クールな音の流れ、強いクラシック色、静謐で上品、全編ゆったりとしたテンポの寂寥感の強いメロディ。
 悲し気で深刻なようで、なぜか穏やかな音。
 作品が新しくなるにつれ、尖っていた部分が丸く穏やかになっているようにも感じます。
 Andrei Tarkovskyへのオマージュのコンセプトは変わっていないのだと思いますが、“Nostalghia-Song For Tarkovsky” (2005)の氷、あるいはカミソリのような冷たく鋭い質感は薄くなり、本作は牧歌的な空気すら感じる穏やかさ。
 “Tarkovsky Quartet” (2011)のようにメロディアスな演奏も多いのですが、淡い色合いで牧歌的。
 この人独特の不安感を煽るような音の流れ、沈痛さ、暗さが薄らぎ、非日常感もほどほど。
 ある意味、現実の世界に戻って来た音のように感じます。 
 さらにサックス、アコーディオンがフィーチャーされる場面が増え、ECMで制作を始める前、“Music for a While” (2001,2002)あたりのバランスが戻ってきた感じ、スケールアウトを多用していたピアノもオーソドックスな動きに納まってきた感じも、大きな変化なのかもしれません。
 奏でられるのは穏やかなメロディ、オーソドックスな音の流れのピアノと4者対等なアンサンブル。
 ピアノが前面に出るここまでのECM諸作とは少々面持ちが異なります。
 それも冷たさ、鋭さが抑えられ、マイルドになったと感じる理由かもしれません。 
 全17曲、半数程度を占める1~2分の短いインタルードのような曲、あるいはインプロビゼーションが散りばめられており、何かしらの物語があるのだろうと思います。
 タイトルは「眠れない夜」の意?
 決して深刻な感じではなく、気持ちは穏やかながら、なんとなくモヤモヤっとした空気感の夜であれば、ピッタリな音。
 なんだかんだで夢と現の狭間の非現実感。
 少し覚醒に比重が寄った感じ、・・・かもしれません。

 


posted by H.A.

【Disc Review】“Komitas/Gurdjieff/Mompou: Moderato Cantablie” (2013) Anja Lechner, Fracois Couturier

“Komitas/Gurdjieff/Mompou: Moderato Cantablie” (2013) Anja Lechner, Fracois Couturier
Anja Lechner (cello) Fracois Couturier (piano)
 


 ドイツのチェリストAnja Lechner、フランスのピアニストFrançois CouturierのDuo作品、本作はクラシック寄りのECM New Seriesレーベルから。
 お二人は“Nostalghia - Song For Tarkovsky” (2005)、“Tarkovsky Quartet” (2011)などで共演済。
 二人とも他のアーティストとの共演も多く、現代のECMのクラシック寄りの作品には御用達の人。
 この二人で、トルコのKomitas、アルメニアGurdjieff、スペイン?のMompouといった、思想家&音楽家?の楽曲を演奏したアルバム。
 企画から予想されるそのままの敬虔な音、静謐な空間に響くチェロとピアノの絡み合い。
 同じような企画、編成では“Chants, Hymns And Dances”(Dec.2003)Anja Lechner, Vassilis Tsabropoulos、あるいはチェロとピアノのDuoでは“The River” (Jun.1996) Ketil Bjørnstad, David Darlingなど、定番企画のひとつ。
 近い感じではあるのですが、わかりやすい楽曲、演奏が揃っています。
 Gurdjieff3曲、Komitas1曲、Mompou3曲にFracois Couturier3曲。
 どれもゆったりとしたテンポ、悲し気なメロディですが、“Chants, Hymns And Dances”(Dec.2003)と比べると、重々しさ深刻さが薄く、軽快なイメージ。
 楽曲の影響が大きいのでしょう。
 さらに、同じくクラシック色が強いヨーロピアンジャズピアニストでも、タメとグルーヴが効き、感情的なモノも前に出るVassilis Tsabropoulosに対して、あくまでクールで淡々としたFracois Couturierといった違いでしょうか。
 Gurdjieff、Komitasの楽曲は厳かな表情。
 対してMompouの楽曲は古典ながらなぜか現代のポピュラーミュージック的な印象。
 Keith Jarrettのソロピアノで出てきそう場面もちらほら。
 たっぷりとリバーブが効いた美しい音、少し線が細めな感じがクールなピアノが映える楽曲が並びます。
 無音、空白の空間の中、あるいは静かにチェロが鳴る空間の中、ピアノの高音が心地よく響きます。
 あるいは、わかりやすいメロディ、コードを背景にすると、頻繁にスケールアウトするフレーズの美しさが際立ちます。
 Anja Lechnerのチェロはいつもながらに表情豊か。
 前後上下左右、強弱長短、自在に伸び縮みする音と優しげな表情。
 Fracois Couturierの沈痛なメロディに乗った“Voyage"などは、今にも泣きだしそうな悲し気な音、昂ぶる感情が乗ったような素晴らしい演奏。
 などなど含めて、アルバムとしての統一感を保ちながらもさまざまな表情の楽曲。
 クラシックと静かなフリージャズな空気感が交錯する、かつ、わかりやすい、素晴らしい演奏が続きます。
 クラシカルで精神的で宗教的で・・・だけではない、ジャズの耳で聞いてもとても心地よく聞ける音。
 Anja Lechner、あるいはFracois Couturierの作品を聞くならば、意外にこのアルバムからがわかりやすくていいのかもしれません。
 俗な私が知る限り・・・




posted by H.A.

Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ