吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

piano

【Disc Review】”Human” (2020) Shai Maestro

”Human” (2020) Shai Maestro

Shai Maestro (paino)
Jorge Roeder (bass) Ofri Nehemya (drums)
Philip Dizack (trumpet)

Human
Shai Maestro
ECM
2021-01-29


 イスラエルのピアニストShai Maestro、ECMレコードでの第二作。
 前作“The Dream Thief” (2018)のトリオにアメリカントランペッターが加わるオーソドックスなワンホーンカルテット編成。
 前作と同様、とても繊細でメロディアスなコンテンポラリージャズ。
 浮遊と疾走の交錯。
 軽快で明るい色合いのピアノはMarcin Wasilewski的。
 紗が掛かったような音のトランペットが加わり、ECMでのTomasz Stanko諸作、それらから深刻さ気難しさを排除し明るくしたようなイメージ。
 さりげなく流れるフォーキーな空気感がKeith Jarrettっぽい感じがしないでもない。
 が、複雑ながらも軽快で浮遊感たっぷりなビート感がとても現代的。
 ECMでのお約束、漂うようなフリービート、ルバートでのスローバラードがちりばめられ、アップテンポになってもあくまで抑制的。
 とても上品。
 そんな中に、終盤に向けてテンションとスピードを上げていく超絶疾走が何曲か。
 とてもドラマチック。
 徹底的に熱くなっているようで、埃っぽさや脂っこさはなし。
 痛快、爽快。
 前作と同様、ジャズスタンダードを一曲収めるのはこの人の流儀なのでしょうか、本作では”In a Sentimental Mood”。
 複雑怪奇に変化したビート、メロディも、これまた極めて今風なジャズ。
 全編に流れるほのかな哀感、懐かしい感じ、ほんの少しの違和感はイスラエルなエキゾチシズムでしょうか。
 全部合わせて今風Saudade。
 複雑にしてさまざまな表情。
 が、気難しさなし、あくまでメロディアスでノーブルなコンテンポラリージャズ。
 名演。


 

posted by H.A.



【Disc Review】“Lontano” (2019) Anja Lechner, François Couturier

“Lontano” (2019) Anja Lechner, François Couturier

Anja Lechner (Cello) François Couturier (Piano)

Lontano
ECM Records
2020-10-16


 ドイツのチェロ奏者Anja LechnerとフランスのピアニストFrançois CouturierのDuo。
 “Nostalghia” (2005)などTarkovsky Quartetでの共演が続くコンビ。
 Duoでは“Moderato Cantablie” (2013)以来でしょうか。
 そちら、Anja Lechner の前作にあたるギターとのDuo“Franz Schubert: Die Nacht” (2018)はクラシックのECM New Seriesからでしたが、本作はECM Recordsから。
 クラシカルな色合いで静かに高音を敷き詰めていく美しいピアノ、それと絡み合うクールながらまろやかなチェロ。
 二人のオリジナル曲を中心にフランス、アルゼンチン、グルジア、さらにチュニジアのAnouar Brahem曲の再演など、多国籍、無国籍な楽曲群。
 いずれもセンチメンタルな表情。
 特に印象に残るのは序盤に収められたフォルクローレ?曲。
 二人の美しい音で奏でられていく南米的な哀愁、それも、穏やかでほのかに哀しいSaudade系ではなく、図らずとも涙腺が緩む胸締め付けられる系。
 哀感の強弱は付きつつも、それをピークとして、全編を包み込む哀し気な表情。
 とてもメロディアス。
 派手なインプロビゼーションはなく、深層を覗き込むような怖さ、現代音楽的な気難しさもありません。
 クールで淡々とした印象。
 が、とても哀しく美しいメロディと静かな抑揚、ジワジワくる系。
 François Couturier, Tarkovskyな不思議感、迷宮感よりも、ストレートな哀感が勝る本作。
 とてもセンチメンタル。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Budapest Concert” (2016) Keith Jarrett

“Budapest Concert” (2016) Keith Jarrett

Keith Jarrett (Piano)

Budapest Concert
Keith Jarett
ECM
2020-10-30


 Keith Jarrett、2016年のソロピアノ、ハンガリーでのステージ、2020年発表。
 昨年リリースされた“Munich 2016” (2016)と同時期、少し前の演奏。
 そちらと同様、重いムード、現代音楽的、あるいはCecil Taylor的な抽象的な衣を纏った疾走からスタートします。
 激しく長尺な導入の後は、音量とスピードを落としたバラードな展開。
 メロディが見えそうで見えない流れの中で終わり、戸惑うように間を空けた拍手。
 さらに静かで抽象的なPart3、重く激しいPart4と、暗闇の中を手探りで進むような、重苦しい音の動きが続きます。
 が、Part5、一転して静かなバラード、ここからメロディが明確になり、少し軽いムードに変わります。
 軽快に転げまわるPart6、フォーキーでメロディアスなPart7。
 湧き出てくる音、タメにタメて置かれていく哀しいメロディ、あの“La Scala” (1995)のピークを想い起こす、美しいPart8。
 この流れの中で大団円か、と思いきや、再び抽象的な音の流れに突入。
 Part9、10、軽快に始まりつつも次第に激しさを増し、重いビート、不穏な和音が鳴り響く中での疾走。
 そんな重苦しい時間を経て、本編の締め的なPart11、静かな祈り系・フォーク系・クラシック系が入り混じる美しいバラード。
 ようやく救われたようなムードでこの日のドラマは幕。
 そしてAfter Hours的にブルース、スタンダード二曲。
 “Rio” (Apl.2011)あたりからの2010年代型、同時期の“Munich 2016” (2016)も類似する展開。
 が、別のイメージのストーリー。
 “Munich 2016” のジャケットは青空でしたが、こちらは夜明け、あるいは黄昏。
 さて、夜明けなのか黄昏なのか、どうでしょう。
 聞く人それぞれで感じましょ。


 

〇:ソロ、除くクラシック ●:Standards

 “Life Between the Exit Signs" (May.1967)
〇“Restoration Ruin"(Mar.1968)
 “Somewhere Before" (Aug.1968)
 “Gary Burton & Keith Jarrett" (Jul.1970) 
 “Ruta and Daitya" (May.1971)
 “The Mourning of a Star" (Jul.Aug.1971)
 “Birth" (Jul.1971)
 “El Juicio (The Judgement)" (Jul.1971)

〇"Facing You" (Nov.1971)
 "Expectations" (Apl.1972)
 "Hamburg '72" (Jun.1972)
 “Conception Vessel” (Nov.1972) Paul Motian
 "Fort Yawuh" (Feb.1973)
 "In the Light" (Feb.1973)
〇”Solo Concerts:Bremen/Lausanne” (Mar.Jul.1973)
 “Treasure Island” (Feb.1974)
 “Belonging” (Apl.1974)
 “Luminessence” (Apl.1974) 
 “Death and the Flower” (Oct.1974)
 “Back Hand” (Oct.1974)  
〇“The Köln Concert” (Jan.1975)
 “Solo Performance, New York ‘75” (Feb.13.1975)
 "Gnu High" (Jun.1975) Kenny Wheeler
 “Arbour Zena” (Oct.1975)
 “Mysteries” (Dec.1975)  
 “Shades” (???.1975) 
 “Closeness” (Mar.1976) Charlie Haden
 “The Survivor's Suite” (Apl.1976)
〇“Staircase” (May.1976) 
 “Eyes of the Heart” (May.1976) 
 “Hymns/Spheres” (???.1976)
 “Byablue” (Oct.1976)
 “Bop-Be” (Oct.1976)
〇“Sun Bear Concerts” (Nov.1976)
 “Ritual” (Jun.1977)
 “Tales Of Another” (Feb.1977) Gary Peacock
 “My Song" (Oct.-Nov.1977)
 “Sleeper” (Apl,16-17.1979)
 “Personal Mountains” (Apl,16-17.1979)
 “Nude Ants:Live At The Village Vanguard” (May,1979)

 "Invocations/The Moth and the Flame" (1979,1980)
 "G.I. Gurdjieff: Sacred Hymns" (Mar.1980)
 "The Celestial Hawk" (Mar.1980)
Concerts:Bregenz” (May.1981)
〇”Concerts:Munchen” (Jun.1981)
●“Standards, Vol. 1” (Jan.1983)
●“Standards, Vol. 2” (Jan.1983)
●“Changes” (Jan.1983)
 "Arvo Part: Tabula Rasa" (Oct.1983,1984,1977) 
 "Spirits" (May-Jul.1985)
●"Standards Live" (Jul.1985)
 “Barber/Bartók” (1984-85)
●"Still Live" (Jul.1986)
 "Book of Ways" (Jul.1986)
 "No End" (Jul.1986)
 "Well-Tempered Clavier I" (Feb.1987)
〇"Dark Intervals" (Apl.1987)
●“Changeless” (Oct.1987)
 “J.S. Bach: Das Wohltemperierte Klavier, Buch I” (1987)
〇”Paris Concert” (Oct.1988)
 “Lou Harrison: Piano Concerto” (1988)
●”Standards in Norway” (Oct.1989)
●“Tribute” (Oct.1989)
 “Hovhaness, Alan: Piano Concerto:Lousadzek (Coming Of Light) ” (1989)
 “J.S. Bach: Goldberg Variations” (1989)
●“The Cure” (Apl.1990)
 “J.S. Bach: Das Wohltemperierte Klavier, Buch II” (1990)
 “G.F. Handel: Recorder Sonatas with Harpsichord Obbligato.” (1990)
〇“Vienna Concert” (Sep.1991)
●“Bye Bye Blackbird” (Oct.1991)
 “J.S. Bach: The French Suites” (1991)
 “J.S. Bach: 3 Sonaten für Viola da Gamba und Cembalo” (1991)
 “At the Deer Head Inn” (Sep.1992)
 “J. S. Bach: 3 Sonatas with Harpsichord Obbligato. 3 Sonatas with Basso Continuo” (1992)
 “Peggy Glanville Hicks: Etruscan Concerto” (1992)
 “Dmitri Shostakovich: 24 Preludes and Fugues op.87” (1992)
 “Bridge of Light" (Mar.1993)
 “G.F. Handel: Suites For Keyboard” (1993)
●“At the Blue Note” (Jun.1994)
 “W.A. Mozart: Piano Concertos, Masonic Funeral Music, Symphony In G Minor” (1994)
〇“La Scala” (Feb.1995)
●“Tokyo '96” (Mar.1996)
〇“A Multitude of Angels” (Oct.1996)
 “W.A. Mozart: Piano Concertos, Adagio And Fugue” (1996)

〇“The Melody At Night, With You” (1998)
●"After The Fall" (Nov.1998)
●“Whisper Not” (Jul.1999)
●“Inside Out” (Jul.2000)
●“Always Let Me Go” (Apl.2001)
●“Yesterdays” (Apl.30.24.2001)
●“My Foolish Heart” (Jul.22.2001)
●“The Out-of-Towners” (Jul.28.2001)
●“Up for It” (Jul.2002)
〇“Radiance” (Oct.2002)
〇“The Carnegie Hall Concert” (Sep.2005)
 ”Jasmine” (2007)
 “Last Dance” (2007)
〇“Testament” (Oct.2008)
●“Somewhere” (May.2009)
〇“Rio” (Apl.2011)
〇“Creation” (2014)
〇“Budapest Concert” (2016)
〇“Munich 2016” (2016)

posted by H.A.


【Disc Review】“The Call Within” (2020) Tigran Hamasyan

“The Call Within” (2020) Tigran Hamasyan

Tigran Hamasyan (Piano, Voice, Synthesizer, etc.)
Evan Marien (Bass) Arthur Hnatek (Drums) 
Tosin Abasi (Guitar) Areni Agbabian (Voice) Artyom Manukyan (Cello) Varduhi Art School Children’s Choir (chorus)

Call Within
Hamasyan, Tigran
Nonesuch
2020-08-28


 Tigran Hamasyan、2020年作。
 ECMレコードでの静かな作品Nonsuchでのピアノソロなどの作品が続いていましたが、再びハードでハイテンションなワールドミュージック的・変拍子・プログレッシブロック・ジャズ。
 この色合いは“Mockroot” (2014)以来でしょうか。
 ピアノトリオをベースに楽曲ごとにゲストが加わる構成。
 激情をほとばしらせるようなハードでヘビーなビート。
 ここまでくると変拍子というよりも、楽曲の動きに合わせて動いていくビートアンサンブル。
 疾走と突然のストップ、緩急の目まぐるしい展開。
 変幻自在。
 ときおりのデジタルなビートと電子音も加えつつ、その中で響くクラシカルなピアノ。
 そんな音の流れの中、そこかしこに散りばめられる緩急交えた妖しいヴォイス。
 祈祷系なのか太古の声系なのか、はたまた未来からの声なのか何なのか、とにもかくにも現世では聞こえてこないような音。
 とても幻想的。
 が、まどろめるような時間はほんのわずか、強烈に覚醒を促す音。
 度々現れるトゲトゲした変拍子でのハードなリフの繰り返しが誘う、脳みそ掻き回される系の危ない陶酔感・・・
 とてもドラマチック。
 あの軽やかに疾走するジャズピアノインプロビゼーションの場面はありません。
 それにこだわる方の考えが古いのでしょう。
 これまたジャズ、ロック、クラシック、民族音楽の枠などどこ吹く風の新しい音。
 それにしてもごっつい音楽。




posted by H.A.


【Disc Review】“Triptych” (2020) Tatiana Parra + Vardan Ovsepian

“Triptych” (2020) Tatiana Parra + Vardan Ovsepian

Tatiana Parra (voice) Vardan Ovsepian (piano)

Triptych
Vardan Ovsepian
2020-02-29


 ブラジルの女性ボーカリストとアルメニアルーツのピアニストのDuo。
 “Lighthouse” (2014)、“Hand In Hand” (2016)に続く三作目(たぶん)。
 それらと同じくフラジリアンな柔らかさとアルメニアンな硬質さが交錯しつつ、両者の幻想が入り混じる、複雑な質感のハイテンションDuo。
 柔らかで透明度の高いヴォイスとカミソリように鋭利なピアノ。
 国籍不明、不思議感たっぷり、悲しみを湛えたような表情のメロディ。
 おそらくは事前に計算尽くでキッチリと譜面に落とされたのであろう、複雑で予測不可能な音の動き。
 激しくアップダウンする強烈なユニゾンから浮遊へ、ヴォイスが引くと疾走を始めるピアノ。
 変幻自在。
 二人だけの静かな音ながら、ながら聞きを許さない緊張感。
 さりげなく挟まれたMichel Legrandの哀愁曲のメロディも解体されたような、そのままの形で全体の中に溶け込んでしまったような。
 ここまでの諸作と同様の質感ですが、作品が進むにつれて様々な要素が整理され、すっきりとまとまったようにも感じます。
 これ見よがしなところのない静かな演奏です。
 が、クラシックのノーブルさと完成度、ジャズのグルーヴと興奮、MPBのポップネスが入り混じる、それらのどれでもない新しさ、ってな感じ。
 ジャンルも国籍も時代も不明な現代の音。
 いつの時代も音は動いているなあ・・・などと、当たり前のことをいつも思ってしまうこの二人のDuo。




posted by H.A.


【Disc Review】“Arctic Riff” (2019) Marcin Wasilewski Trio with Joe Lovano

“Arctic Riff” (2019) Marcin Wasilewski Trio with Joe Lovano

Marcin Wasilewski (Piano)
Slawomir Kurkiewicz (Double Bass) Michal Miskiewicz (Drums)
Joe Lovano (Tenor Saxophone)

Arctic Riff
Marcin Wasilewski Trio with Joe Lovano
ECM
2020-05-29


 ポーランドのピアニストMarcin Wasilewski、サックス入りカルテット。
 “Live” (2016)で区切りを付けてきっと変わるのだろう、と思いきや、同じく長年のSimple Acoustic Trioに、近年ECMレコードでの作品が続いている大御所Joe Lovanoのサックス。
 Marcin Wasilewskiの柔らかく穏やかな色合いに、ジャズ色たっぷりのテナーサックス。
 冒頭はECMレコードのお約束、ルバートでのスローバラード。
 柔らかなピアノの音の中を漂うサックス、リズムを縛らないベース、ドラム。
 強烈な浮遊感。
 そんな演奏が三曲ほど続いた後にようやくビートが定まりますが、浮遊感は消えません。
 フワフワとした時間の中をときおり軽快に疾走する美しいピアノのシングルトーン。
 丸みを帯びたこの人ならではの音。
 さらにほどよいサブトーンが効いたハードボイルドなテナーサックス。
 中盤を過ぎると静かなフリーやら、オーソドックスなコンテンポラリージャズな疾走チューンやら。
 音数が増えても高速に展開しても決して大きな音にはならず、たっぷりの余白。
 柔らかさ軽快さはそのまま。
 深刻には陥らない、明るいムードの音の流れ。
 オシャレって言ってしまうと違和感があるのかもしれませんが、ほどよい軽さの洗練。
 とても心地よい時間。
 名前のまま、奇を衒ったところのない、強い刺激もない、さりげない演奏です。
 が、名演、名作。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Promontoire” (2019) Benjamin Moussay

“Promontoire” (2019) Benjamin Moussay

Benjamin Moussay (Piano)

Promontoire
Benjamin Moussay
ECM
2020-05-29


 フランスのピアニストBenjamin Moussayのソロピアノ作品、ECMレコードから。
 ECMではLouis Sclavisの作品に参加している人。
 クラシックに寄った静かなソロピアノ。
 メロディアスで淡く静かな音、近年のECM作品に多いスタイル。
 但し、トゲはなし。
 Keith JarrettChick Corea諸作のように煌びやかではなく、Jon Balkeあたりのように妖しくもありません。
 同じくフランスだからかどうか、François Couturierあたりの不思議感の強い空気が流れていて、それをわかりやすくした感じでしょうか。
 終始ゆったりした音の流れ。
 内省的、耽美的、とても穏やか。
 遠くから聞こえてくるようなクラシカルな美しいピアノの音。
 明るいムードで始まり、徐々に不安げな様相に展開していく音の流れ。
 甘くはなく、かといって辛くもなく、難解でもありません。
 静かに淡々と流れていく美しい音。
 ときおりの美しいメロディに覚醒しつつも、その時間は長くはなく、また淡い時間が流れていきます。
 内面から響いてくる静かで穏やかな音に浸りましょ、ってな感じでしょうか。
 落ち着いた美しいピアノ作品。


 

posted by H.A.

【Disc Review】“Discourses” (2019) Jon Balke

“Discourses” (2019) Jon Balke

Jon Balke (Piano, Sound Processing)

Discourses
Jon Balke
ECM
2020-05-15


 ノルウェーのピアニストJon Balkeのソロ作品。
 先端系、フリー系も多い近年のノルウェージャズの親分のひとりなのでしょう。
 本作は、未来的先端系ファンクジャズでも、コンボ~ビッグバンドでの疾走するジャズでも、中近東~地中海エスニックでもない、“Book of Velocities” (2007) あたりと同じ雰囲気、クラシカルな色合いを纏ったピアノの独奏。
 フリーなインプロビゼーション集なのかあらかじめ準備された楽曲なのかはわかりませんが、短く刻まれる演奏集、全16編。
 少し沈んだムード。
 緩急、内省的な感じと外に向かう感じが交錯しつつ、あくまで静かに流れていく音。
 Keith Jarrettほど激しくはなく、Paul Bleyほど甘美でも感傷的でも尖った感じでもない、クールな質感。
 抽象的なフレーズが多いわけではないのだけど、揺れ動くビートもあわせて、どこに向かうのか判然といない不思議な音の流れ。
 そんな音の動きの中から見え隠れする美しいメロディの断片。
 ときおり控えめな電子音なども交えつつ、何かが見てきそうで、やはり抽象的で、いつの間にか終わる音。
 そんな演奏が続きます。
 甘くはならず、かといって不可解でもなく、戯れのような軽さはなく、かといって深層を覗き込むような怖さもなし。
 そんな微妙なバランスが結構聞き易かったりします。
 ベタつかない美しさがクールな一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Caoimhín Ó Raghallaigh & Thomas Bartlett” (2019) Caoimhín Ó Raghallaigh, Thomas Bartlett

“Caoimhín Ó Raghallaigh & Thomas Bartlett” (2019) Caoimhín Ó Raghallaigh, Thomas Bartlett

Caoimhín Ó Raghallaigh (Hardingfele) Thomas Bartlett (Piano)

Caoimhin O Raghallaigh..
Caoimhin O Raghallaigh &
Real World
2019-11-22



 アイルランドのフィドル奏者Caoimhín Ó RaghallaighとアメリカのピアニストThomas BartlettのDuo作品。
 アイリッシュ~ケルトミュージックなのか、ニューエイジミュージック(死語?)なのか、ポストクラシカルなのか、コンテンポラリージャズでいいのかよくわかりませんが、そんな感じの静かで穏やか、美しい音。
 ジャズっぽさはなくクラシック寄り、近年のECMレコードにありそうな感じでもありますが、もっと優しい雰囲気。
 少し遠くで鳴っているようなクラシック寄りの音で、ゆったりと置かれていくピアノ、寄り添うような物悲しいフィドルの擦過音との繊細な絡み合い。
 穏やかな起伏を伴いながら揺れるビート。
 たっぷりの余白。
 日常の法則を無視するかのように揺れ、ゆったりと流れていく時間。
 終始明るい感じながらも、ほのかなセンチメンタリズムが漂うメロディ、リフ。
 ときおりビートを崩し漂いながら、また元のゆったりとしたテンポへ。
 その繰り返し。
 ときおりいかにもケルティッシュな躍動感も表出しますが、その時間は長くはなく、気がつけばまた穏やかな表情。
 緩やかな風のようでもあるし、穏やかな波のようでもあるし。
 この種の音楽、繊細なガラス細工のような質感が多いのですが、本作はもっと柔らかくしなやか。
 さわると壊れるのではなく、緩やかに形が変わっていきそうな、そんな感じ。
 どこか遠くを眺めるような懐かしい感じは、これまたSaudadeな音。
 とても心穏やか、安らぎます。




posted by H.A.

【Disc Review】“Black Orpheus” (2012) Masabumi Kikuchi

“Black Orpheus” (2012) Masabumi Kikuchi

Masabumi Kikuchi (piano)

Black Orpheus
Masabumi Kikuchi
Ecm Records
2016-05-20

 菊地雅章氏、2012年のソロピアノ、東京でのライブ録音、ECMレコードから。
 おそらく遺作。
 とても静かで穏やか、繊細な音。
 幽玄の方が語感が合うのかもしれません、
 超スローテンポ、淡い色合い、漂うような音の動き。
 定まりそうで定まらないビート。
 メロディの核が見えそうで見えない、見えそうになると崩れていく、そんな流れの繰り返し。
 淡く緩やかな音の流れは、中盤に収められた“Black Orpheus”のテーマに向けて収斂していき、その後また崩れていく、そんな感じにも聞こえるステージ構成。
 予定していた展開なのかもしれませんし、偶然そうなったのかもしれません。
 いずれにしても、とても繊細な綾がゆったりと紡がれていくような時間。
 ソロゆえか“Sunrize” (2009)よりもさらに繊細。
 外国とは一線を画する日本的なモノを感じます。
 その静謐な緊張感の中に没頭するもよし、サラサラと流れてゆく心地よい音を聞き流すもよし。
 本邦のスタイリストが奏でる、スタイリッシュな静けさ。

※別のアルバムから。


posted by H.A.



Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ