吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

paino

【Disc Review】“Nosso Brazil” (2019) Danilo Brito, André Mehmari

“Nosso Brazil” (2019) Danilo Brito, André Mehmari

Danilo Brito (bandolim) André Mehmari (piano)



 ブラジル、バンドリン奏者Danilo Brito、ピアニストAndré MehmariのDuo。
 クラシカルな色合い、ショーロの楽曲、作法に則った演奏集のようです。
 バンドリンとピアノのDuo、André Mehmariでは“Continuous Friendship” (2007),  “Gimontipascoal” (2009, 2010)、他にも“O Que Será” (2012) Stefano Bollani / Hamilton de Holandaなどもありますが、それらよりもさらにクラシカル。
 Ernesto Nazareth, Anacleto de Medeiros, Garotoなど、ブラジリアンの巨匠たちの楽曲にオリジナル曲を少々。
 ピアノの音が遠くから聞こえてくるようなクラシカルな音作り。
 必要以上には突っ走らない、転げまわらないクラシックモードのMehmariさん。
 相方のDanilo Brito、突っ走る感じではありません。
 さらさらと流れるような、優雅に漂うような音使い。
 穏やかに加速と減速、そしてときおりの停止を繰り返しながら、奏でられる優美なメロディ。
 極めて透明度の高い、それでいて少し靄がかかったようにも感じる優美な音。
 周囲の埃が無くなっていくような、湿度を下げるような、でも過度には乾燥しないほどよい湿り気。
 スピードを上げ、激しく高揚する場面もそこかしこにありますが、そんな場面もなぜか上品。
 とてもノーブルでエレガント、高貴で優雅・・・って同じ言葉が並びますが、そんな音。
 危なさや妖しさは微塵も感じないのですが、これまたトリップミュージック。
 たぶんショーロの時代、遠い昔からそうだったのでしょう。
 とても豊かな時間・・・ってなコピーは安くなってしまった感もありますが、こちらはホントに豊かで優美な音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Intermodulation” (1966) Bill Evans, Jim Hall

“Intermodulation” (1966) Bill Evans, Jim Hall

Bill Evans (piano) Jim Hall (guitar)

インターモデュレーション
ビル・エヴァンス&ジム・ホール
ユニバーサル ミュージック クラシック
2011-06-22


 カリスマたちのDuo、“Undercurrent” (1963)の続編。
 もちろん同様の色合い。
 が、少しだけその空気感が違うように聞こえます。
 おそらく、バックがフロントの動きを執拗には追わないから。
 意識したかどうかはさておき、バックに回った一人は音数を抑制し、定常な音楽を作ることを重視しているように聞こえます。
 その分、“Undercurrent”のような極端な緊張感ではなく、穏やかで安心して聴ける音の流れ。
 また、結果的に各人のインプロビゼーションの妙が映え、ギターの高音の消え入るような繊細な動きまでが明確に見えてくるように思います。
 いずれにしても、“Undercurrent”、本作ともに、ガラス細工のように繊細で儚い音。
 怖いまでの緊張感の“Undercurrent”に対して、角が取れて丸くなったような本作。
 いずれも不朽の名演。




posted by H.A.


【Disc Review】“The Dream Thief” (2018) Shai Maestro

“The Dream Thief” (2018) Shai Maestro

Shai Maestro (paino)
Jorge Roeder (bass) Ofri Nehemya (drums)

The Dream Thief
Shai Maestro Trio
Ecm
2018-09-28


 イスラエルのピアノニストShai MaestroのECMでの初リーダー作。
 抑制された繊細な音。
 冒頭はイスラエルのシンガーソングライターの楽曲のソロ演奏。
 今にも止まりそうなスピードで、揺れながら奏でられる、南米の楽曲のような郷愁感あふれるセンチメンタルなメロディ。
 以降のオリジナル曲、トリオでの演奏になってもその表情は同様。
 クラシックの香りが漂う明るく穏やかなメロディと、静かで複雑なビート。
 三者が織り成す複雑で繊細な優しい音。
 静かに細かく鳴り続けるシンバル、少しタメを効かせて置かれていく丸みを帯びて柔らかなピアノの音、ピッタリ寄り添うベース。
 何かが少しズレると崩れてしまうようなガラス細工のようなアンサンブル。
 が、スイッチが入ると一気に加速し疾走するバンド。
 そんな場面を要所に織り込みながら、淡い色合いの浮遊感の強い演奏が続きます。
 ”夢泥棒”ってなタイトルがピッタリはまる、そんな音。
 明るく優しい、何か少しだけ日常とズレた感じ。
 最後はオバマ前米国大統領の演説のサンプリング?との共演で幕。
 ECM籍第一作は淡い色合いになる、の法則はこの人には当てはまらなかったかな?
 明るくて優しい21世紀型ECMサウンド、とても繊細で少しだけひねった感じのピアノトリオ。




posted by H.A.




【Disc Review】“Pelagos” (2016) Stefano Battaglia

“Pelagos” (2016) Stefano Battaglia

Stefano Battaglia (piano)

Pelagos
Stefano Battaglia
Ecm Records
2017-10-20


 イタリアのピアニストStefano Battagliaのソロピアノ作品。
 前作、前々作はトリオでの“Songways” (2012)、“In the Morning” (2014)。
 特に後者ではKeith Jarrett Standards的なモノを追及しようとしていた印象もありますが、本作はソロピアノ。
 観客なしのコンサートホールでの録音、CD二枚の長尺な演奏。
 CD一枚目、重々しいムードのバラード演奏で始まりますが、本作もKeith Jarrett、特に知る人ぞ知る大名作“La Scala”(Feb.1995)あたりに繋がる音。
 中盤の“Migralia”はその一番美しい場面を取り出したような桃源郷サウンド。
 他にももがきながら、徘徊しながら、あるいは攻撃的な音を繰り返しながら方向を見出していこうとする、“La Scala”(Feb.1995)な展開が印象に残ります。
 クラシカルなバラードなども挟みつつ、最後は美しいスローバラード”Life”で中締め。
 CD二枚目は極端に音数を抑えた超スローテンポ、哀し気なメロディが今にも止まりそうなテンポで置かれていくこと七分強。
 続くは十分を超える、ひたすら空から音が零れ落ちてくるような静かで繊細なフリージャズ、少々アバンギャルドな演奏が並びます。
 何曲かのメロディアスなバラード演奏を挿みつつ、終盤は響きを殺したプリペアドピアノでの重々しいアバンギャルド、さらに静かで美しいバラードで幕。
 一枚目ほどKeith Jarrett色は強くありませんが、やはり何曲かにはその色を感じます。
 気のせいなのかもしれませんし、狙ったのかもしれません。
 全編通して少し重い世界に浸るもよし、美しい演奏だけ選んで聞くのもよし。
 アバンギャルドと美しさが交錯するStefano Battagliaのイメージそのままのアルバム。

※こちらは講座のプロモーション映像なのかな?


posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ