吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

oud

【Disc Review】“Blue Maqams” (2017) Anouar Brahem

“Blue Maqams” (2017) Anouar Brahem
Anouar Brahem (oud)
Django Bates (piano) Dave Holland (bass) Jack De Johnette (drums)

Blue Maqams
Anouar Brahem
Ecm Records
2017-10-13


 チュニジアのウード奏者Anouar Brahem、ジャズのメンバーとの共演。
 ここまでピアニストFrançois Couturierを中心としたフランス系かアラブ系の人との共演が多く、アメリカンなジャズの人だけとは“Thimar” (1998)以来でしょうか?
 過激なイギリス人ピアニストDjango BatesエレクトリックMilesのリズム隊。
 普通に考えると、ぶっ飛んだ激しい系のピアノトリオ。
 確かにジャズなビート感の演奏が多くなってはいますが、あくまでAnouar Brahemの静かで穏やかな寂寥の世界。
 淡々と刻まれるビートに、美しいピアノの響き。
 それを背景に、ゆったりと、訥々と、語るように奏でられるウード。
 ベース、ドラムは、あの時代のジャズのように強烈にフロント陣を煽ることはしません。
 強力な推進力ながら、あくまで抑制的な静かなビート、穏やかなグルーヴ。
 それでも時間が進むにつれ、徐々にテンションは上がっていきます。
 そのジャズ的な高揚感とともに静かに熱を帯びていくウード。
 寂寥感、やるせなく哀し気なムードはそのままですが、いつもとは違う感覚の音の流れ。
 Django Batesはいつもイメージとは異なる、音数、音量を抑えた音使い。
 たっぷりのエコーに、零れ落ちるような、儚げな、ECMな音。
 フレーズの端々に感じられる静かな凄み。
 長い時間ではありませんが、ピアノトリオの場面は恐ろしいほどに美しく、静かで流麗なジャズ。
 物悲しいメロディをベースにしたウードとのDuoの場面は、漂うような空白の多い時間。
 その他、ウードのソロ、ドラムとのDuoなど多彩な構成。
 北アフリカ~地中海沿岸~アラブの色合いに加えて、北海側ヨーロッパ、あるいはアメリカ大陸までが混ざり合う音。
 ゆっくりと周囲の景色が変わっていくような音の流れ、寂寥感はいつものこの人の作品通り。
 さらに上質、上品なジャズ的な洗練が加わった音。
 Anouar Brahemにとってもチェンジオブペース。
 一番ジャズなAnouar Brahemはこのアルバムでしょう。
 一聴、普通なようで、何度か聞いているとジワジワ来るなあ・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Conte De L'Incroyable Amour” (1991) Anouar Brahem

“Conte De L'Incroyable Amour” (1991) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
Kudsi Erguner (Ney)

Conte De L'Incroyable Amour
Anouar Brahem
Ecm Records
2000-04-11


 チュニジアのウード奏者Anouar Brahem、“Barzakh” (1990)に続くECMでの第二作。
 本作もウードのソロ演奏を中心、楽曲によって木管楽器、パーカションが加わります。
 静謐で幽玄な音。
 静かでゆったりとした楽曲が多い分、前作よりも寂しさ、哀しさが強いかもしれません。
 冒頭から静かな空間に響く、エコーがたっぷりと効いた木管楽器の音。
 寂寥の世界。
 途中から入るウードの音がより哀し気に聞こえます。
 とても温かな音だと思いますが、なぜか感じる寂寥感、孤独感、やるせなさ。
 強烈な人間臭ささ。
 感情を吐露するわけでも爆発させるわけでもなく、抑制しつつも、内面の心情がにじみ出てきているような雰囲気。
 それがアラブ、あるいはチュニジアの空気感なのかどうかはわかりません。
 その複雑な感情表現を含めて、非日常的なトリップミュージック。
 この後、ECMではジャズ系の人脈とのセッション、Jan Garbarekとの共作“Madar” (1992)を経て、フランス人脈の“Khomsa” (1994)へと続いていきます。
 それら洗練されたヨーロピアンの音とフュージョンする前、生のチュニジア、Anouar Brahemの音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Barzakh” (1990) Anouar Brahem

“Barzakh” (1990) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
Bechir Selmi (Violin) Lassad Hosni (Percussion)

 チュニジアのウード奏者Anouar BrahemのECMでの第一作
 ウードのソロ演奏を中心として、半数ほどの楽曲でバイオリン、パーカションが加わります。
 悲し気なメロディ。
 やるせなく、どこか悟ったような哀し気な音。
 インド、スペイン、その他が混ざり合うような、アラブ~中東の空気感。
 テンポを落とすとなぜか日本の子守歌、童謡、あるいは演歌にも通じる音の流れ、弦の響きは琴のようにも聞こえます。
 どこか繋がっているのでしょう。
 高速なフレーズもどこか哀しく寂し気。
 遠くから聞こえてくるようなパーカッションと、クラシックのように優雅ではなく、複雑な情念がこもったようなバイオリンの響き。
 ノスタルジックというよりも、確かに「悠久」といった言葉が似合いそうな音でしょう。
 人肌な温かさと、それでいてなぜか孤独な空気感。
 ヨーロッパとアジア、北アフリカ、また、過去と現代を繋ぐ音。
 それがなぜ、こんなに寂しく響くのでしょう・・・?




posted by H.A.

【Disc Review】“The Astounding Eyes of Rita” (2009) Anouar Brahem

“The Astounding Eyes of Rita” (2009) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
Khaled Yassine (Darbouka, Bendir) Klaus Gesing (Bass Clarinet) Bjorn Meyer (Bass)

The Astounding Eyes of Rita by Anouar Brahem (2009-10-06)
Anouar Brahem
ECM Records
アヌアル・ブラヒム


 チュニジア出身のウード奏者Anouar Brahem、“Le Voyage de Sahar” (2006)に続く作品。
 メンバーがすべて入れ変わったカルテット。
 クラリネットのKlaus Gesingはドイツ出身、後に“Stories Yet To Tell” (2010) などでNorma Winstoneと活動を共にしている人。
 ベースのBjorn Meyerは名前からするとスウェーデン人でしょうか。
 パーカッションは同胞なのでしょう。
 管楽器が入った作品では“Thimar” (1998)、“Astrakan Café” (2000)がありますが、いずれとも違う質感。
 ビートの効いた前者、幻想的でアラブ色の強い後者の中間。
 さらに、“Le Voyage de Sahar” (2006)のようにメロディとビートが明確になり、加えて、明るく前向きになったイメージ。
 諸々の要素を合わせながら、徐々に変化し、わかり易くなってきているように感じます。
 ジャズ~ロック的なエレキベースが作り出す現代的なグルーヴと、妖しくジャズ的なバスクラリネット。
 楽曲のメロディライン、ウードの音使いはいつも通りなのかもしれませんが、全体を眺めれば現代的西洋的な音のイメージの比重が高め。
 コンテンポラリージャズな場面もさらに広がっています。
 もちろんアラブ的あるいは北アフリカ的エキゾチシズムはそのまま。
 全体のイメージも静謐なまま。
 もの悲しく淡々としたメロディが綿々と続くこともそのまま。
 思い出したように出てくるハミングのような低い声がそそる哀愁もそのまま。
 が、常にうつむいている感じではなく、前向きな音。
 この人の音はいつもどこかにトリップさせてくれる音。
 ここまでの諸作は危なそうな所への旅程のイメージでしたが、本作は安全な感じ。
 楽し気とまでは言わないまでも、とても快適なトリップのように思います。
 これまた悠久の音、現代版。
 普通のジャズファンでもこのアルバムならいけるのでは?
 どうだろ?




posted by H.A.

【Disc Review】“Le Voyage de Sahar” (2006) Anouar Brahem

“Le Voyage de Sahar” (2006) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
François Couturier (Piano) Jean-Louis Matinier (Accordion)

Le Voyage De Sahar
Universal Music LLC
アヌアル・ブラヒム


 チュニジアのウード奏者Anouar Brahem、“Le Voyage de Sahar” (2001)に続くトリオ作品。
 メンバーも同じフランス勢。
 タイトルは「サハールの旅」。
 サハールが人名なのか地名なのかはわかりません。
 いずれにしても何かしらの旅をイメージした組曲ではあるのでしょう。
 いつもながらに綿々と淡々と続く悲し気なメロディ。
 全編陰鬱ではないのですが、基本的には沈んだムード。
 どこか遠いところへ向けた、いわく付きの旅程、そんなイメージ。
 前作に比べると楽曲のメロディの芯が明確で、躍動感もあるように感じます。
 バンドとしての音の作りもまとまってきた印象。
 郷愁感溢れるアコーディオン、寂寥感漂うウード、気品溢れるピアノ。
 それらが複雑にフレキシブルに絡み合うスタイルは前作と同様ですが、よりスッキリしてきているように感じます。
 前作はアンサンブルと集団即興的な演奏が印象に残りましたが、本作では背景を作る役目とフロントに出る役割の分担が明確な場面が増えたイメージ。
 ウードはもちろん、ピアノ、アコーディオンのインプロビゼーションのスペースも多め。
 善し悪しは好みでしょうが、本作の方がジャズ的な色合いが強いように感じます。
 もちろん全編アラブ的なエスニックテイストなのですが、ヨーロピアン・コンテンポラリー・ジャズな場面もしばしば。
 その分、この人の諸作の中でも馴染みやすい作品かもしれません。
 全編に漂う寂寥感。
 穏やかで淡々としているけども、憂いに満ちた悲し気な旅。
 そんな音です。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ