吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

oud

【Disc Review】“Blue Maqams” (2017) Anouar Brahem

“Blue Maqams” (2017) Anouar Brahem
Anouar Brahem (oud)
Django Bates (piano) Dave Holland (bass) Jack De Johnette (drums)

Blue Maqams
Anouar Brahem
Ecm Records
2017-10-13


 チュニジアのウード奏者Anouar Brahem、ジャズのメンバーとの共演。
 ここまでピアニストFrançois Couturierを中心としたフランス系かアラブ系の人との共演が多く、アメリカンなジャズの人だけとは“Thimar” (1998)以来でしょうか?
 過激なイギリス人ピアニストDjango BatesエレクトリックMilesのリズム隊。
 普通に考えると、ぶっ飛んだ激しい系のピアノトリオ。
 確かにジャズなビート感の演奏が多くなってはいますが、あくまでAnouar Brahemの静かで穏やかな寂寥の世界。
 淡々と刻まれるビートに、美しいピアノの響き。
 それを背景に、ゆったりと、訥々と、語るように奏でられるウード。
 ベース、ドラムは、あの時代のジャズのように強烈にフロント陣を煽ることはしません。
 強力な推進力ながら、あくまで抑制的な静かなビート、穏やかなグルーヴ。
 それでも時間が進むにつれ、徐々にテンションは上がっていきます。
 そのジャズ的な高揚感とともに静かに熱を帯びていくウード。
 寂寥感、やるせなく哀し気なムードはそのままですが、いつもとは違う感覚の音の流れ。
 Django Batesはいつもイメージとは異なる、音数、音量を抑えた音使い。
 たっぷりのエコーに、零れ落ちるような、儚げな、ECMな音。
 フレーズの端々に感じられる静かな凄み。
 長い時間ではありませんが、ピアノトリオの場面は恐ろしいほどに美しく、静かで流麗なジャズ。
 物悲しいメロディをベースにしたウードとのDuoの場面は、漂うような空白の多い時間。
 その他、ウードのソロ、ドラムとのDuoなど多彩な構成。
 北アフリカ~地中海沿岸~アラブの色合いに加えて、北海側ヨーロッパ、あるいはアメリカ大陸までが混ざり合う音。
 ゆっくりと周囲の景色が変わっていくような音の流れ、寂寥感はいつものこの人の作品通り。
 さらに上質、上品なジャズ的な洗練が加わった音。
 Anouar Brahemにとってもチェンジオブペース。
 一番ジャズなAnouar Brahemはこのアルバムでしょう。
 一聴、普通なようで、何度か聞いているとジワジワ来るなあ・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Conte De L'Incroyable Amour” (1991) Anouar Brahem

“Conte De L'Incroyable Amour” (1991) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
Kudsi Erguner (Ney)

Conte De L'Incroyable Amour
Anouar Brahem
Ecm Records
2000-04-11


 チュニジアのウード奏者Anouar Brahem、“Barzakh” (1990)に続くECMでの第二作。
 本作もウードのソロ演奏を中心、楽曲によって木管楽器、パーカションが加わります。
 静謐で幽玄な音。
 静かでゆったりとした楽曲が多い分、前作よりも寂しさ、哀しさが強いかもしれません。
 冒頭から静かな空間に響く、エコーがたっぷりと効いた木管楽器の音。
 寂寥の世界。
 途中から入るウードの音がより哀し気に聞こえます。
 とても温かな音だと思いますが、なぜか感じる寂寥感、孤独感、やるせなさ。
 強烈な人間臭ささ。
 感情を吐露するわけでも爆発させるわけでもなく、抑制しつつも、内面の心情がにじみ出てきているような雰囲気。
 それがアラブ、あるいはチュニジアの空気感なのかどうかはわかりません。
 その複雑な感情表現を含めて、非日常的なトリップミュージック。
 この後、ECMではジャズ系の人脈とのセッション、Jan Garbarekとの共作“Madar” (1992)を経て、フランス人脈の“Khomsa” (1994)へと続いていきます。
 それら洗練されたヨーロピアンの音とフュージョンする前、生のチュニジア、Anouar Brahemの音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Barzakh” (1990) Anouar Brahem

“Barzakh” (1990) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
Bechir Selmi (Violin) Lassad Hosni (Percussion)

 チュニジアのウード奏者Anouar BrahemのECMでの第一作
 ウードのソロ演奏を中心として、半数ほどの楽曲でバイオリン、パーカションが加わります。
 悲し気なメロディ。
 やるせなく、どこか悟ったような哀し気な音。
 インド、スペイン、その他が混ざり合うような、アラブ~中東の空気感。
 テンポを落とすとなぜか日本の子守歌、童謡、あるいは演歌にも通じる音の流れ、弦の響きは琴のようにも聞こえます。
 どこか繋がっているのでしょう。
 高速なフレーズもどこか哀しく寂し気。
 遠くから聞こえてくるようなパーカッションと、クラシックのように優雅ではなく、複雑な情念がこもったようなバイオリンの響き。
 ノスタルジックというよりも、確かに「悠久」といった言葉が似合いそうな音でしょう。
 人肌な温かさと、それでいてなぜか孤独な空気感。
 ヨーロッパとアジア、北アフリカ、また、過去と現代を繋ぐ音。
 それがなぜ、こんなに寂しく響くのでしょう・・・?




posted by H.A.

【Disc Review】“The Astounding Eyes of Rita” (2009) Anouar Brahem

“The Astounding Eyes of Rita” (2009) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
Khaled Yassine (Darbouka, Bendir) Klaus Gesing (Bass Clarinet) Bjorn Meyer (Bass)

The Astounding Eyes of Rita by Anouar Brahem (2009-10-06)
Anouar Brahem
ECM Records
アヌアル・ブラヒム


 チュニジア出身のウード奏者Anouar Brahem、“Le Voyage de Sahar” (2006)に続く作品。
 メンバーがすべて入れ変わったカルテット。
 クラリネットのKlaus Gesingはドイツ出身、後に“Stories Yet To Tell” (2010) などでNorma Winstoneと活動を共にしている人。
 ベースのBjorn Meyerは名前からするとスウェーデン人でしょうか。
 パーカッションは同胞なのでしょう。
 管楽器が入った作品では“Thimar” (1998)、“Astrakan Café” (2000)がありますが、いずれとも違う質感。
 ビートの効いた前者、幻想的でアラブ色の強い後者の中間。
 さらに、“Le Voyage de Sahar” (2006)のようにメロディとビートが明確になり、加えて、明るく前向きになったイメージ。
 諸々の要素を合わせながら、徐々に変化し、わかり易くなってきているように感じます。
 ジャズ~ロック的なエレキベースが作り出す現代的なグルーヴと、妖しくジャズ的なバスクラリネット。
 楽曲のメロディライン、ウードの音使いはいつも通りなのかもしれませんが、全体を眺めれば現代的西洋的な音のイメージの比重が高め。
 コンテンポラリージャズな場面もさらに広がっています。
 もちろんアラブ的あるいは北アフリカ的エキゾチシズムはそのまま。
 全体のイメージも静謐なまま。
 もの悲しく淡々としたメロディが綿々と続くこともそのまま。
 思い出したように出てくるハミングのような低い声がそそる哀愁もそのまま。
 が、常にうつむいている感じではなく、前向きな音。
 この人の音はいつもどこかにトリップさせてくれる音。
 ここまでの諸作は危なそうな所への旅程のイメージでしたが、本作は安全な感じ。
 楽し気とまでは言わないまでも、とても快適なトリップのように思います。
 これまた悠久の音、現代版。
 普通のジャズファンでもこのアルバムならいけるのでは?
 どうだろ?




posted by H.A.

【Disc Review】“Le Voyage de Sahar” (2006) Anouar Brahem

“Le Voyage de Sahar” (2006) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
François Couturier (Piano) Jean-Louis Matinier (Accordion)

Le Voyage De Sahar
Universal Music LLC
アヌアル・ブラヒム


 チュニジアのウード奏者Anouar Brahem、“Le Voyage de Sahar” (2001)に続くトリオ作品。
 メンバーも同じフランス勢。
 タイトルは「サハールの旅」。
 サハールが人名なのか地名なのかはわかりません。
 いずれにしても何かしらの旅をイメージした組曲ではあるのでしょう。
 いつもながらに綿々と淡々と続く悲し気なメロディ。
 全編陰鬱ではないのですが、基本的には沈んだムード。
 どこか遠いところへ向けた、いわく付きの旅程、そんなイメージ。
 前作に比べると楽曲のメロディの芯が明確で、躍動感もあるように感じます。
 バンドとしての音の作りもまとまってきた印象。
 郷愁感溢れるアコーディオン、寂寥感漂うウード、気品溢れるピアノ。
 それらが複雑にフレキシブルに絡み合うスタイルは前作と同様ですが、よりスッキリしてきているように感じます。
 前作はアンサンブルと集団即興的な演奏が印象に残りましたが、本作では背景を作る役目とフロントに出る役割の分担が明確な場面が増えたイメージ。
 ウードはもちろん、ピアノ、アコーディオンのインプロビゼーションのスペースも多め。
 善し悪しは好みでしょうが、本作の方がジャズ的な色合いが強いように感じます。
 もちろん全編アラブ的なエスニックテイストなのですが、ヨーロピアン・コンテンポラリー・ジャズな場面もしばしば。
 その分、この人の諸作の中でも馴染みやすい作品かもしれません。
 全編に漂う寂寥感。
 穏やかで淡々としているけども、憂いに満ちた悲し気な旅。
 そんな音です。




posted by H.A.

【Disc Review】“Le Pas du Chat Noir” (2001) Anouar Brahem

“Le Pas du Chat Noir” (2001) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
François Couturier (Piano) Jean-Louis Matinier (Accordion)

Le Pas Du Chat Noir
Universal Music LLC
アヌアル・ブラヒム


 チュニジア出身のウード奏者Anouar Brahem、フランス勢とのトリオ作品。
 “Khomsa” (1994)もフランス人脈中心、さまざまな編成での演奏でしたが、本作はシンプルにトリオで全編一貫性のある音作り。
 全編Anouar Brahemのオリジナル曲。
 ゆっくりしたビート、全編エキゾチシズムと憂いが流れるメロディ。
 乾いていて訥々としていて寂寥感の強いウード、零れ落ちるような繊細なピアノ、彩を加える郷愁感の漂うアコーディオンの絡み合い。
 いつものAnouar Brahemのエキゾチシズム溢れる音ですが、ピアノの響きが現代西洋に引き戻しているイメージ。
 アラブ系だけでのトリオ作“Astrakan Café” (2000)は聞き慣れない非日常のイメージが強い音でしたが、本作はほどほどの非日常感。
 もちろんそれでも非日常な空気、十分です。
 “Khomsa” (1994)にも参加していたピアノのFrançois Couturierはジャズの人のようですが、音のイメージは後の“Nostalghia” (2005)などと同様にクラシックテイスト。
 ビートが抑えられた穏やかな音使い。
 とても美しい音色、上品。
 ちょっとしたフレージングだけでも、只者ではない感が漂っています。
 本作では録音もクラシック的、明度が抑えられ、遠くから聞こえるような音。
 それが遥か遠くを眺めるような質感に繋がっているようにも感じます。
 三者が絡み合うアンサンブル。
 入れ代わり立ち代わりで背景を作り、主旋律を奏で、カウンターを当てるスタイル。
 個々のインプロビゼーションの時間は長くありませんが、三者三様の素晴らしいインプロビゼーション。
 全て穏やかでゆったりとしたビート。
 漂うように揺れるテンポ。
 全て哀感が溢れる音。
 どこか懐かし気な空気。
 現代の空気に慣れ切っている人にとって、何か忘れてしまったものを思い出させるような音の流れ。
 それでも十分に現代的で今の生活の中に溶け込む、違和感のないバランスの取れたアルバムです。
 さながら悠久の音、現代版、といった面持ちでしょう。
 タイトルは「黒猫の歩み」。
 んー、わかるような、わからないような・・・
 ゆったりとしていて、妖し気で、気品があって、少々悲し気。
 それでも決して暗くはなく、穏やかな空気。
 そんな音。
 いいタイトルなのかもしれませんね。




posted by H.A.

【Disc Review】“Astrakan Café” (2000) Anouar Brahem

“Astrakan Café” (2000) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
Barbaros Erköse (Clarinet) Lassad Hosni (Bendir, Darbouka)

Astrakan café (1)
Universal Music LLC
アヌアル・ブラヒム


 チュニジア出身のウード奏者Anouar Brahem、同胞のパーカッション、トルコのクラリネット奏者、中近東系~北アフリカ勢でのトリオ。
 幻想的な音。
 アラブ色はもとより時折激しさも加わるクラリネット。
 低い音で淡々とビートを出すパーカッション。
 どこか瞑想的、宗教的なムードも漂うイントロダクション。
 ウードが入ってきていつもの寂寥感あふれるAnouar Brahemの世界。
 沈んだムードを低く響くパーカッションが助長します。
 うねるようなクラリネットが動き出すとビート感も上がり、どこかと遠いところに連れていかれそうな空気・・・
 ウードが入ってきてクールダウン・・・
 その繰り返し。
 楽器の編成が近いモノであっても、やはりヨーロッパ系のメンバーとの共演作とはムードが異なります。
 その違和感、エキゾチシズムの根っこが、メロディなのか、コードなのか、ビートなのか、よくはわかりません。
 おそらくその全て。
 そして、とても穏やかで静謐ながら、淡い悲しみが漂うような非日常的な空気感。
 ヨーロッパ系と共演する音は仮の姿であり、これがアラブ、あるいは北アフリカの本来の音なのでしょうか?
 それがチュニジアなのかどうかは分かりませんが、どこか知らないところへトリップさせてくれる音であるのは間違いありません。




posted by H.A.

【Disc Review】“Thimar” (1998) Anouar Brahem

“Thimar” (1998) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
Dave Holland (Bass Double) John Surman (Bass Clarinet, Soprano Sax)

Thimar
Anouar Brahem
Ecm Records
アヌアル・ブラヒム


 

 チュニジア出身のウード奏者Anouar Brahem、凄いメンバーでのトリオ作品。
 静謐でゆったりとした印象のAnouar Brahem に対して、Milesバンド上がりの強烈なグルーヴのベースと、フリー~激烈なイメージが強いサックス。
 普通これは思いつかないような組み合わせ。
 楽曲はAnouar Brahemのアラブ風、寂寥感の強いメロディ。
 これが意外にもピッタリした音。
 静かな音楽に静かな躍動感を加えるDave Holland。
 “Khomsa” (1994)では西洋的ビート感とアラブ的ビート感が別々に混在しているように感じましたが、本作ではそれらが混ぜ合わされ、融け合ったイメージ。
 人数比ではありませんが、幾分ジャズ寄りでしょう。
 この種のゆったりとした沈んだビート、北欧の名手Anders Jorminだとそのままイメージが合いそうなのですが、本作のDave Hollandも沈んだイメージに呼応しながらの素晴らしいグルーヴ。 
 John Surmanもアラブ的な音階を多用。
 考えて見れば、フリー的な作品を通じてこの種の音使いも得意で、それを見越してのオファーだったのかもしれません。
 いずれにしても、全体のムードを損なうことなく、重厚さと彩を加える素晴らしいサポート。
 それらを背景にして、切ない旋律を自在に奏でるウードの切ない音。
 低く躍動するベースと乾いたウードの響きの絡み合いは、なんとも言えないカッコよさ。
 決して派手ではないし、表面的な興奮もない音だけども、胸に迫る音。
 アラブ的北アフリカ的なエキゾチックな音ですが、ジャズ的ビート感も効いています。
 作りたかった音が西洋とアラブが融合だとすれば、その通りのイメージ。
 静謐ながら芳醇な音の絡み合い。
 無国籍な質感が新しいコンテンポラリーミュージック。
 ECMの真骨頂、ですね。




posted by H.A.

【Disc Review】“Khomsa” (1994) Anouar Brahem

“Khomsa” (1994) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
François Couturier (Piano, Synthesizer) Palle Danielsson (Double Bass) Jon Christensen (Drums) Richard Galliano (Accordion) Jean-Marc Larché (Soprano Sax) Bechir Selmi (Violin)

Khomsa
Universal Music LLC
1995-01-30
アヌアル・ブラヒム

 チュニジア出身のウード奏者Anouar Brahem、ECM作品。
 フランス在住なのでしょう。 フランス人脈との作品が多く、本作もピアノ、アコーディオン、サックスはフランス人。
 ベース、ドラムはスウェーデン人のECMハウスリズム隊、バイオリンは名前からしてアラブ系でしょうか。
 多国籍、ごった煮の音楽。
 Khomsaとはチュニジアの魔除けのようで、確かに敬虔なムードの音のようにも思います。
 おそらく何らかのストーリー性をもった組曲なのだと思います。
 楽曲ごとに編成が変わって、ソロ演奏もいくつか。
 いきなりRichard Gallianoのソロから始まり、次はOudのソロ。
 三曲目でやっとビートが入って静謐なフリージャズのムード。
 以降、短い時間に区切った、さまざまな組み合わせでインプロビゼーション的な演奏、いくつかのメロディアスな楽曲が続きます。
 楽曲はAnouar Brahemの作品中心、全編淡い色合い、穏やかでゆったりとしたビート、静謐。
 アラブ系音楽、スケールが西洋系とは違うのでしょう。
 ウードはギターよりも乾いて尖った音色。
 当然チューニングも異なるのでしょう。
 非日常的なムードが続きます。
 地中海の対岸、スパニッシュ香りがする演奏、いかにもなヨーロピアンコンテンポラリーな演奏も何曲か。
 Richard GallianoがECMで録音したのは本作だけだと思いますが、さすがの存在感。
 全編に出てくるわけではありませんし、もちろんお洒落で軽快系ではなく、フリージャズ、エスニック寄り。
 全く違うタイプと思っていたDino Saluzziに似たムードに聞こえるのはECMならではなのでしょう。
 後半の"Des Rayons et des Ombres"、このバンドのベースとドラムとのトリオでの高速な4ビートがもの凄くかっこいい。
 ECMでたくさん制作すればいいのにね。
 さておき、メインはOudとアコーディオンの奏でる切ない調べ。
 ときおりの静かなグルーヴ。
 終始漂う哀愁と寂寥感。
 どこか悟りを開いたような穏やかな空気。
 ヨーロッパ系、ブラジル系とはまた違う寂寥感、郷愁感。
 断片的で非日常的で、取っつきにくい音なのかもしれません。特に前半。
 中盤以降、その間々に美しいメロディ、素晴らしい演奏がちりばめられています。
 慣れてくると他にはなかなかない、この人ならではのとても心地よい音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Madar” (1992) Jan Garbarek, Anouar Brahem

“Madar” (1992) Jan Garbarek, Anouar Brahem
Jan Garbarek (soprano, tenor sax) Anouar Brahem (oud)
Ustad Shaukat Hussain (table)

Madar
Jan Garbarek
Ecm Records
ヤン ガルバレク
アヌアル ブラヒム

 Jan Garbarek、チュニジア出身のウード奏者Anouar Brahemとの共演作。
 タブラのUstad Shaukat Hussainはインドの人。
 “I Took Up the Runes”(Aug.1990) “Twelve Moons” (1992) の間、北欧民族系のテイストを取り入れた佳作を連発する充実期の録音。
 Anouar BrahemはすでにECMで何作かを制作済み、次作がフランス人脈との“Khomsa” (1994)。
 楽曲がAnouar Brahem中心、おそらく彼を前面に出そうとする作品なのでしょう。
 想像通りに不思議なエスニックテイスト全開、インド~中近東のイメージが錯綜する無国籍な感じ。
 乾いていてもの悲しい音色のウードと、淡々としたタブラの相性は抜群。
 お国、地域は違うのでしょうが、何かしらの共通点、ルーツが同じところにあるのかもしれません。
 速いビートであっても激することない淡々とした音の流れ。
 その中に立ち上がるJan Garbarekの激情サックス。
 ビート感と音量が上がり、バンド全体も激情の世界へ。
 テンションは上がり、ウードも高速なフレーズを展開しますが、訥々とした音色が発する寂寥感は消えません。
 Jan Garbarek、Anouar Brahem二名のフリーインプロビゼーションでもその色合いは同じ。
 激情をぶちまけるような激しいサックスと、それに呼応しながらも訥々とした音、しかし流麗なウード。
 感情を吐露するJan Garbarekを諭す聖人Anouar Brahem・・・なんて構図に見えなくもありません。
 終始流れる哀感と寂寥感。
 宗教的なメッセージがあるのかどうかは分かりませんが、どこか陶酔感を誘う瞑想的な音。
 いやはやなんともクリエイティブ。
 これまたECMの真骨頂。




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ