吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

guitar

【Disc Review】 “Small Town” (2016) Bill Frisell, Thomas Morgan

“Small Town” (2016) Bill Frisell, Thomas Morgan
Bill Frisell (guitar) Thomas Morgan (double bass)

Small Town
Bill Frisell/Thomas Morgan
Ecm
2017-05-26


 大御所カリスマギタリストBill Frisell、ベースとのDuo作品。
 あのニューヨークVillage Vanguardでのライブ録音。
 相手方は、スローテンポでも静かで上品なグルーヴを出す、新世代のAnders Jorminと期待する、現代ECMのハウスベーシストの一人、Thomas Morgan。
 期待通りの静謐で幻想的な音。
 冒頭はPaul Motianナンバー。
 フワフワと空間を漂うクリーントーンのギターと、静かに寄り添うように反応しながら穏やかなグルーヴを作るベース。
 ロック、カントリーっぽい得意のフレーズを駆使しながら、無重力空間を泳ぐようなギター。
 続く4ビートジャズに移ってもそんなイメージは変わりません。
 さらにはルバートでのスローバラード。
 ドラムやピアノがいない分、ビートが揺れ動き、伸び縮みするような非現実的な空気から、気がつけばビートが定まり、表出する穏やかなセンチメンタリズム。
 あるいは、これまたお得意のカントリー、あるいはマカロニウエスタンなフレーバー、アメリカンな郷愁感・・・
 さすがにこの人なので、強烈な浮遊感を含めてひねりは効いていますが、かつてのようにズギューン、グシャーンとはきません。
 あくまで静かで穏やか、淡々とした上品な音が続きます。
 近年のECMのギターアルバム、“Streams” (2015) Jakob Bro、“Amorphae” (2010,2013) Ben Monderなどにも通じる音。
 もちろん元祖はBill Frisellでしょうが、それらの若手の作品よりも音楽は明解です。
 締めは007ナンバーで笑い声と共に幕。
 さすが、お茶目なカリスマBill Frisell。
 さすが、Village Vanguard、4ビートでジャズな演奏もありますが、とてもあの猥雑な空間でのライブ録音とは思えない、全編通じた静謐と透明感、穏やかな空気感。
 さすが、Bill Frisell, Thomas Morganというか、ECMというか。




posted by H.A.


【Disc Review】“Lookout for Hope” (Mar.1987) Bill Frisell

“Lookout for Hope” (Mar.1987) Bill Frisell
Bill Frisell (electric, acoustic guitars, banjo)
Kermit Driscoll (bass) Joey Baron (drums)
Hank Roberts (cello and voice)

Lookout for Hope: Touchstones Series (Dig)
Bill Band Frisell
Ecm Records
2008-08-26


 カリスマ大御所ギタリストBill Frisellの人気?作。
 近年のクリエイティブ系のギタリストの多くの人が、この人から影響を受けているように感じますが、そのサウンドのショーケースのようなアルバム。
 私的にはさかのぼって聞いた人で、“On Broadway Volume 1” (1988) Paul Motianで初めて聞いた時は幻想的な音を出す人。
 本作と同時期の録音の“Second Sight” (Mar.1987) Marc Johnsonなどのカントリーテイストであれれ?
 “Molde Concert” (1981) Arild Andersenのギンギンのロックテイストであれっれれ?ってな感じ。
 それらの多様な色合いがギュッと詰まっているのがこの作品。
 基本的にはギタートリオ+チェロのシンプルな編成なのですが、とてもそんな風には聞こえない複雑な音。
 冒頭曲はヘビーなハードロック風。
 ディストーションを掛けたズルズルギターと、これまた超クリエイティブ系のチェリストHank Robertsとのハードな絡み合いがなんとも不思議でクリエイティブ。
 と思っていたら、いきなりレゲエのビートと、スラックキー風ののどかな空気感。
 曲者Hank Robertsもそれにつられてか平和に弾いているのが何とも微笑ましい。
 さらにはKing Crimson風のリフ、アメリカンあるいはメキシカンなフォーク風、Monk ナンバーもカントリー風、変拍子ファンクフュージョン、フリージャズ・・・その他諸々、なんでもありの凄いサウンドの連続。
 とてもクリエイティブで新しい音ばかりで、現代に至るまでのカリスマなのもよくわかります。
 が、決して難解意味不明な部分はなく、全編通じた明るい空気感はアメリカンゆえでしょうか?
 ECMっぽくもありません。
 Manfred Eicherさんも手を焼いたんじゃないのかな?
 ECMでのリーダー作はしばらく途絶えます。
 が、本年“Small Town” (2016) Bill Frisell, Thomas MorganをECMで制作。
 まだまだお元気です。




posted by H.A.


【Disc Review】“Saudades" (2004) Trio Beyond

“Saudades" (2004) Trio Beyond
Jack DeJohnette (drums) Larry Goldings (organ) John Scofield (guitar)

Saudades
Trio Beyond
Ecm Records
2006-06-06


 Tony Williams Life Timeへのオマージュバンドのライブ録音、ECMから。
 Tony Williams、Larry Young、John McLaughlinの楽曲にジャズスタンダード、ブルースその他諸々。
 が、あまりLife Timeっぽくはありません。
 ま、ギターがJohn McLaughlinとは全く違うタイプなので当然ですか。
 ハードなジャズファンクが中心ですが、John Scofieldの色合いが強いブルージーな音。
 オルガンは今日的な感じだし、Tony Williamsと比べて聞いてみると、意外にもヘビーなJack DeJohnette
 ロックなジャズのLife Timeのイメージに対して、ブルージーなジャズの空気が全体を流れています。
 冒頭はJoe Hendersonのジャズブルース。
 叩きまくるJack DeJohnetteを背景にして、例のウネウネとしたブルージーなジャズギターの怒涛のソロ。
 続くフリービートなLarry Goldingsのバラードは、ECMっぽく幻想的な音を狙った・・・わけではないのでしょう?
 続くタイトル曲は三人の共作、あるいはインプロビゼーションでのファンキーなビート。
 ハイハットの鳴りが“On The Corner”(Jun.1972) Miles Davisっぽい気もするのですが、きっと気のせいでしょう・・・
 John Scofieldのギターが前面に出るとやはりブルージーさが前面に出ます。
 どちらが過激かはさておき、スムースに音が並ぶJohn McLaughlinに対して、引っかかりながらうねるようなJohn Scofield。
 中締めに置かれた激烈なLife Time ナンバー“Spectrum”での暴れ方も、オリジナルよりも過激です。
 その他、強烈に疾走する“Seven Steps to Heaven”, 漂うバラード“I Fall in Love Too Easily”も演奏されていて、所縁の深いMiles Davis、あるいはJohn Coltraneの”Big Nick”も含めて、広くジャズジャイアンツへのオマージュの意味合いもあるのでしょうかね。
 オリジナルの平和なジャズとは全く違う激しい演奏は、Life Time的といえばそうかもしれません。
 などなどを経ながら、締めはLife Timeのオープニングテーマの激烈曲”Emergency”。
 もちろんエネルギー全開のテーマ。
 その後、4ビートに遷移しますが、叩きまくるJack DeJohnette はもちろん、John ScofieldもLarry Goldingsもブチ切れたインプロビゼーションから、激烈なリフのリフレイン~ドラムソロで幕。
 オリジナルアルバムを引っ張り出してきて久々に聞いてみましたが、激烈さは同じですが、意外にもオリジナルの方がスムースかもしれません。
 そんなこんなで、最後は1970年代初頭に戻ったような激烈なエネルギー放出型ジャズ。
 あれ?、これ、21世紀に入ったECM制作だったよねえ・・・?


 

 posted by H.A.


【Disc Review】“Up and Coming” (2016) John Abercrombie

“Up and Coming” (2016) John Abercrombie
John Abercrombie (guitar)
Marc Copland (piano) Drew Gress (bass) Joey Baron (drums)

Up and Coming
John Abercrombie
Ecm Records
2017-01-13


 John Abercrombie、オーソドックスな編成でのギターカルテット作品。
 “39 Steps” (2013)と同じメンバー、同じくオーソドックスな色合いの強いジャズ作品ではありますが、さらに幽玄な感じが増した感じでしょう。
 シャキッとしたジャズバンドに、どこか遠い所から聞こえてくるような、空間に漂い、気がつけば消え入りそうになるようなギター。
 1970年代からのグニョグニョウネウネした過激な演奏は“The Third Quartet”(Jun.2006)あたりが最後でしょうか?
 以降、フリーな演奏は多々あれど、枯れた味わいも含めて穏やかなムード。
 過激なMark Feldmanとの最後の共演作“Wait Till You See Her”(2008)も過激さが薄らぎ、淡くて穏やかな音。
 さらに近作はオーソドックスな雰囲気のジャズ中心、本作もそんな一作。
 ソリッドギター?の固めで細めの音、エフェクティングもほとんど使っていない感じでしょう。
 1970-80年代もジャズスタンダードを演奏することはありましたが、音作り、フレージング含めて殺気立った雰囲気がありましたが、この期はとても静かで穏やか。
 Marc Coplandと楽曲を分け合い、淡々としたジャズが続きます。
 他の人とちょっと違うのが、ギターが前面に出る場面の沈んだ空気感。
 奇をてらったところがあるわけではないのに、なんだか不思議です。
 ギターが引いてピアノトリオになると、急に空気が軽く明るくなるのも不思議なバランス。
 ピリピリしていたかつての殺気が別の何かに変わったものの、あの緊張感は残っている、ってな感じでしょうか。
 冒頭のルバートでのスローバラードを含めて、“39 Steps” (2013)に比べると、漂うような音の流れの場面が多く、現在のとても静かなJohn Abercrombieの音が映える演奏が続きます。
 終盤に納められたあの“Nardis”も、幽玄で枯れたムードの不思議な味わい。
 ここでのギターも沈んでいます。
 かつての音とは全く印象は異なりますが、やはり御歳おいくつになっても不思議感たっぷり、普通には収まらない御大の特別な音、でしょう。





(Mar, 1974) “Timeless”  
(Mar, 1975) “Gateway” 
(Mar, 1975) “Cloud Dance” Collin Walcott 
(Jun, 1975) “The Pilgrim and the Stars” Enrico Rava 
(Feb, 1976) “Untitled” “Pictures” Jack DeJohnette 
(May, 1976) “Sargasso Sea” with Ralph Towner 
(Aug, 1976) ”The Plot” Enrico Rava 
(Feb, 1977) “Grazing Dreams” Collin Walcott 
(May, 1977) “New Rags” Jack DeJohnette 
(July, 1977) “Gateway 2” 
(July, 1977) “Deer Wan”  
(Nov, 1977) “Characters”  
(Jun, 1978) “New Directions” Jack DeJohnette 
(Dec, 1978) “Arcade” 
(Jun, 1979) “New Directions in Europe” Jack DeJohnette 
(Nov, 1979) “John Abercrombie Quartet” 
(Nov, 1980) “M” 
(Dec, 1980) “Eventyr” Jan Garbarek 
(1981)    “Five Years Later” with Ralph Towner
     :
(1984)    “Night” 
(1985)    “Current Events” 
(1987)    “Getting There” 
(1988)    “John Abercrombie / Marc Johnson / Peter Erskine
(1989)    “Animato” 
     :
(1990)   “Music For Large & Small Ensembles” Kenny Wheeler" 
(Feb.1990) “The Widow In The Window” Kenny Wheeler
     :
(Jun.1992) “While We're Young” 
(Nov.1992) “November” 
(Apl.1993) “Farewell” 
(Jun.1993) “Afro Blue” The Lonnie Smith Trio 
(Jul.1993)  “Speak of the Devil” 
(Mar.1994) ”Purple Haze”、”Foxy Lady” The Lonnie Smith Trio
(Dec.1994) “Homecoming” Gateway 
(Dec.1995) “In The Moment” Gateway 
(1996)   “Tactics” 
(Sep.1998) “Open Land” 
(May.1998) “Voice in the Night” Charles Lloyd 
(Oct.1998) “The Hudson Project” John Abercrombie/ Peter Erskine/ Bob Mintzer/ John Patitucci ‎
(Dec.1999) “The Water is Wide”, “Hyperion With Higgins” Charles Lloyd 
(Dec.2000) “Cat 'N' Mouse” 
(2002)   “Lift Every Voice” Charles Lloyd 
(2003)   “Class Trip” 
(Mar.2006) “Structures” 
(Jun.2006) “The Third Quartet” 
(Sep.2007) “Brewster's Rooster” John Surman 
(2008)   “Wait Till You See Her” 
(2011)   “Within a Song” 
(2013)   “39 Steps
(2016)   “Up and Coming”  


 posted by H.A.

【Disc Review】“My Foolish Heart” (2016) Ralph Towner

“My Foolish Heart” (2016) Ralph Towner
Ralph Towner (guitar)

My Foolish Heart
Ralph Towner
Ecm Records
2017-02-03


 Ralph Towner、久々のソロギターアルバム。
 もはや説明無用。
 部屋の湿度が下がる音。
 この季節の必須アイテム。


 ってな感じで十分なのかもしれませんが・・・
 近年では”Chiaroscuro”(Oct.2008) with Paolo Fresu、”Travel Guide” (2013) with Wolfgang Muthspiel, Slava Grigoryanと共演作が続いていて、ソロでは”Time Line” (Sep.2005)以来、十年振りでしょうか?
 時間は経ちましたが、それらと同じ質感の穏やかで柔らかいガットギターの音の流れ。
 “Solstice” (Dec.1974)、”Batik” (1978)あたりから聞いた第一印象は、キッつい音の人。
 1970年代ECM独特の音質、ハイテンションな空気感も手伝って、氷のような低い温度感、触ると切れてしましそうな人、ってな感じ。
 後にその前の”Diary” (Apl.1973) などを聞くと、元々はそんな音の人ではなくて、キッつい音は1970年代のECMマジックだったのね・・・と思い直した次第。
 先入観を捨てて聞くと、同時期の人気作”Sargasso Sea” (May.1976) with John Abercrombieなども穏やかに聞こえてくるのが不思議なものです。
 1980年代以降の諸作は柔らかい音の流れ。
 瑞々しさはそのままに、丸く穏やかになった音。
 特に近作は遠い所を眺めるような、あるいは、静かに動く走馬灯のような音の流れ。
 タイトル曲からイメージされるようにBill Evansがアイドルのようで、1970年代の作品から所縁の楽曲をコンスタントに取り上げています。
 本作もそんな上品で理知的、さらに穏やかで優しい音。
 この人のギターが流れると、部屋の湿度が下がって少し涼しくなるように感じます。
 内省的、耽美的なようで、その実、キリッとしていて湿っぽくなく、スッキリした音。
 極めて明瞭な音なのに、現実とはちょっと乖離しているような、どこか懐かしい遠い所から流れてきているような音。
 特に近年のソロギター作”Ana” (Mar.1996)、”Anthem”(Feb.2000)、”Time Line” (Sep.2005)その傾向が顕著でしょう。
 本作もそんな音、タイトル曲を除いて全てオリジナル曲、淡くて懐かし気なメロディ。
 タイトル曲もさることながら、とてもさりげないのだけども、とてもとてもセンチメンタルなオリジナル曲”I'll Sing to You”なんて最高。
 全編を支配する穏やかなセンチメンタリズム。
 漂うような音の流れと、アップテンポが交錯しつつ、前者が相対的に多い分、近作の中では本作が一番淡くて穏やかな色合いかもしれません。
 ま、どれも金太郎飴のような作品群なのですが。
 ジャケットのポートレートは明るい印象のカラー写真。
 闇と光が交錯するようなミッドナイトブルーと、明るく透明なエメラルドグリーンが対象的な水面。
 そんな音でしょう。
 上部が1970年代の諸作、下部が1980年代以降~現代、ってなのは考えすぎでしょうね、きっと。





(1972)     ”Trios / Solos” Ralph Towner / Glen Moore 
(Apl.1973)    ”Diary” 
(Jul.1974)    ”Matchbook” with Gary Burton 
(Dec.1974)   ”Solstice” 
(May.1976)   ”Sargasso Sea” with John Abercrombie 
(Dec.1976)   ”Dis” Jan Garbarek 
(Feb.1977)   ”Solstice/Sound and Shadows” 
(Jul.1977)    “Deer Wan” Kenny Wheeler 
(Nov.1977)    ”Sol Do Meio Dia” Egberto Gismonti 
(Jan.1978)    ”Batik” 
(Jul.1979)    “Old Friends, New Friends” 
(Oct.1979)    ”Solo Concert” 
(1980)     “Départ”  Azimuth 
(Mar.1981)    ”Five Years Later” with John Abercrombie 
(Dec.1982)    ”Blue Sun” 
(May.1985)    ”Slide Show” with Gary Burton 
(Jan-Dec.1988) ”City of Eyes” 
(1991,1992)   ”Open Letter” 
(1988,1991,1992) “If You Look Far Enough”  Arild Andersen
(May.1993)   ”Oracle” with Gary Peacock 
(May.1995)   ”Lost and Found” 
(Oct.Nov.1995) "Fabula" Maria João 
(Dec.1995)   ”A Closer View” with Gary Peacock 
(Mar.1996)   ”Ana” 
(1997)     “If Summer Had Its Ghosts” with Bill Bruford & Eddie Gomez
(Feb.2000)   ”Anthem” 
(Sep.2005)   ”Time Line” 
(2008)     “From a Dream” with Slava Grigoryan and Wolfgang Muthspiel 
(Oct.2008)   ”Chiaroscuro” with Paolo Fresu 
(2013)     ”Travel Guide” with Wolfgang Muthspiel, Slava Grigoryan
(2016)     “My Foolish Heart” 


posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ