吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

guitar

【Disc Review】“Flores de la Noche” (2017) Silvia Salomonem, Alfonso Bekes

“Flores de la Noche” (2017) Silvia Salomonem, Alfonso Bekes

Silvia Salomonem (voice) Alfonso Bekes (guitar)
Carlos “Negro” Aguirre (accordion, flute) Celina Federik (arpa, keyboard) Patricia Hein (cello) Luis Medina, Cristian Ávalos (guitar) Daniel Maza (bass) Lucas Solari (drums) Gonzalo Díaz (percussión) Maru Figueroa (voice)



 アルゼンチンのギタリストAlfonso BekesとボーカリストSilvia SalomonemのDuoアルバム。
 Shagrada Medraの最新作。
 Duoでの演奏を中心として、楽曲ごとに少人数の鍵盤、チェロ、木管が入れ替わりに加わる現代フォルクローレ、Shagrada Medraの定番サウンド。
 サラサラと水が流れるようなアルペジオに優し気な歌、ときおりの風のような弦、管楽器。
 ボーカルは透明度の高い声の可憐系、とても素直な声と歌。
 ゆったりと漂うようなフォーキーなバラードを中心として、アップテンポなファンク調、エレキギターを交えてちょっと強めの音でのフォークロック調などがアクセント。
 シンプルなようでいろんな音、色合いが複雑に絡み合いながら進む音。
 二人のオリジナル中心の楽曲は、少々のセンチメンタリズムが漂うナチュラルな郷愁感系。
 時折Carlos Aguirreの必殺技、ギターのユニゾンとコーラスワークの断片をちりばめながら、素朴に過ぎず洗練され過ぎない、絶妙のバランス。
 定番の現代フォルクローレ、そのフォーキーで優しい系。
 今の季節にはピッタリの音、でしょう。




posted by H.A.

【Disc Review】"PAZ” (2002,2015,2016) Guillermo Rizzotto Trio

"PAZ” (2002,2015,2016) Guillermo Rizzotto Trio

Guillermo Rizzotto (electric guitar)
Paco Weht (bass) Salvador Toscano (drums) 
Natsuko Sugao (trumpet) Carme Canela (voice)



 アルゼンチンのギタリストGuillermo Rizzottoのトリオでの作品。
 “Solo guitarra” (2005,2011)など、ガットギターでクラシック混じりの現代フォルクローレ・・・ってなイメージが強いのですが、本作はすべてエレキギターでのフュージョンミュージック。
 ボーカル曲は一曲のみで、基本的にはシンプルな編成、ジャズっぽい軽快なドラムにちょっと重めなエレキベースのギタートリオ。
 ギターはクリーントーンが中心ではあるものの、たくさんの場面でエフェクターを使い、歪んだ音、チョーキングの場面もそこそこ。
 Pat Metheny的ではなく、フォーク~カントリー的+ディレイの場面はBill Frisell的であったり、プログロッシブロックな場面もありますが、全体的には素直な感じでしょうか。
 ガットギター諸作同様の浮遊感、ゆったりした感じはいかにも南米的でもあるし、今の人風でもあるし。
 そこはかとなく漂う現実から遊離したような幻想的な感じもこの人の音の色合い。
 が、ビートがしっかり効いている分、ガットギター諸作の沈んだ感じは薄く、明るい色合い、躍動も強い音。
 楽曲もフォークロック調でポップなメロディ。
 ま、ロック、ポップスを聞いて育った今の世代の音なのでしょう。
 いろんな要素が入り混じるオーソドックスなようで不思議なテイスト。
 ガットギターの諸作とはまた違った印象なのですが、どこかのほほんとした穏やかな感じ、素朴な感じは同じですかね?
 ジャズでもロックでもフォルクローレでもない、ちょっとだけ不思議感が漂うフォークロックなフュージョンミュージック。


 

posted by H.A.

【Disc Review】“El sentido del paisaje” (2013) Guillermo Rizzotto

“El sentido del paisaje” (2013) Guillermo Rizzotto

Guillermo Rizzotto (guitar)

El sentido del paisaje (Solo guitarra II)
Guillermo Rizzotto
Rip Curl Recordings
2013-04-18


 アルゼンチンのギタリストGuillermo Rizzottoのソロギター作品。
 “Solo guitarra” (2005,2011)、Duo作品“El paso del tiempo” (2009)と同じく穏やかで柔らかなガットギター。
 それら二作と比べると少しアップテンポ、躍動感が強い場面が増え、メロディの哀感が強くなったようにも感じますが、基本的な質感は同じ。
 少し沈んだ感じで淡々と紡がれる穏やかなメロディ。
 都会のカフェやバーな感じではなく、草原な音の流れ。
 全編センチメンタルですが、情熱や激情を表出する場面はありません。
 フォルクローレなナチュラルで優しい質感のところどころにスパニッシュな空気が流れるのは、アルゼンチンの空気感なのでしょう。
 これが都会のカフェやバーで流れているとカッコいいんだろうなあ・・・
 湿度が低くて爽やかで広々とした空間へのトリップミュージック。
 もちろん少々センチメンタルなサウダージ付き。




posted by H.A.

【Disc Review】“El paso del tiempo” (2009) Guillermo Rizzotto, Pablo Gimenez

“El paso del tiempo” (2009) Guillermo Rizzotto, Pablo Gimenez

Guillermo Rizzotto (guitar) Pablo Gimenez (wind instruments)
Roberto Kuczer (trumpet) Juan Pablo Rodriguez (percussion)

El paso del tiempo
Guillermo Rizzotto
Rip Curl Recordings
2013-07-28


 アルゼンチンのギタリストとの管楽器奏者のDuo作品。
 “Solo guitarra” (2005,2011) Guillermo Rizzottoに続くアルバムなのだと思います。
 同様に優し気なメロディ、とても静かで穏やかな音。
 瑞々しいギターにフルートを中心とした柔らかな管の響き。
 ギター自体がとても柔らかな質感なのですが、さらにフルートを中心とした木管楽器がさらに柔らかな色合い。
 アルゼンチン~フォルクローレの定番の構成は”Soltando Amarras” (1998) Quique Sinesi, Marcelo Moguilevskyってな名作を想い起こしますが、全く違う質感。
 シャキッとした質感、ハイテンションなそちらに対して、とても淡い色合い。
 終始ゆったりとしたテンポ、少し沈んだ空気感は幻想的ですらあります。
 二人のオリジナル曲はGuillermo Rizzottoのいつもの淡くて優しい淡い系、少し哀感高めなメロディを中心として、クラシカルで南米山奥系の色合いもあるPablo Gimenezのメロディ。
 南米らしいナチュラル感、郷愁感たっぷり。
 Guillermo Rizzottoの音楽は爽やかで湿度感の低い落ち着いた朝なイメージなのですが、本作はちょっと湿り気の強いしっとり系。
 森の朝靄とか、ちょっと曇った昼下がりのBGMに合うんだろうなあ・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Solo guitarra” (2005,2011) Guillermo Rizzotto

“Solo guitarra” (2005,2011) Guillermo Rizzotto

Guillermo Rizzotto (guitar)

Solo guitarra
Guillermo Rizzotto
Rip Curl Recordings
2012-05-16


 アルゼンチンのギタリストGuillermo Rizzottoのソロギターアルバム。
 ブラジル、アルゼンチン、その他南米系だけでもこの種のガットギターでのソロ演奏作品はたくさんあるのでしょう。
 ECM慣れしていると、どうも1970年代のRalph TownerやEgberto Gismontiの緊張感が強い音をイメージしてしまうのですが、本作はもっと優しくてメロディアス、キャッチーな音。
 フォルクローレ系の人なのか、クラシックに寄っているのか、あるいはジャズの人なのかはよくわかりません。
 基本的には南米フォーキーですが、クラシカルでもあり、ジャズ的でもある微妙なバランスの演奏。
 あくまで漂うようなビート感と静かで穏やかでセンチメンタルな音の流れ。
 少し悲しげだけども湿度は低くてあくまで爽やか。
 今のような春、あるいはもう少し先の初夏のような音。
 部屋の空気の清涼剤。




posted by H.A.

【Disc Review】“Algo Asi” (2011) Mario Yaniquini

“Algo Asi” (2011) Mario Yaniquini 

Mario Yaniquini (guitar)

Algo Asi [CD] Mario Yaniquini 2012-01-29

 アルゼンチンのギタリストMario Yaniquiniのソロギター作品。
 クラシックの人なのだと思います。
 Carlos Aguirreを数曲、同じくアルゼンチンのMarcelo Coronel、Carlos Moscardiniの楽曲を取り上げた演奏集。
 Shagrada Medraからではありませんが、同レーベルの“Sones Meridionales” (2009,2010) Pablo Ascuaと同様に、南米の香りが漂うクラシックギター。
 もちろん楽曲が現代のフォルクローレ、ポップス、タンゴ系なので、南米的なのでしょうが、ギターの音も柔らか。
 あのCarlos Aguirreの感傷的なメロディが、柔らかな音のガットギターで淡々と奏でられていく・・・
 それだけ。
 他の作曲家の楽曲も同様に、郷愁感が漂う優しいメロディ。
 流れていると部屋の湿度が下がり、空気が浄化されていく・・・系の音。
 心地よさ最高。




posted by H.A.


【Disc Review】"Creciente'' (2016) Claudio Bolzani

"Creciente'' (2016) Claudio Bolzani


Claudio Bolzani (guitar, voice, mandolin, electronics)
Sebastian Macchi (piano, keyboard, percussion, voice) Carlos Aguirre (piano, keyboard, accordion, flute, voice) Bernardo Aguirre (guitar, percussion) Juan Quintero (guitar, voice) Fernando Silva (bass) Gonzalo Diaz (percussion, voice, aerofonos) Luis Barbiero (flute, voice) Leandro Drago (electronics) Daniela Leste (voice)



 アルゼンチンのギタリスト&ボーカリストClaudio Bolzaniのリーダー作。
 とても静かな現代フォルクローレ。
 リーダーは名作“Luz de agua: Canciones”(2005)、”Luz de agua: Otras canciones”(2015) Sebastian Macchi, Claudio Bolzani, Fernando Silvaのメンバー。
 洗練された現代のフォルクローレ、Carlos Aguirreの路線に一番近そうな音が上記の二作、その三人のメンバーのように思います。
 盟友Fernando Silvaの“Miro por la ventana” (2013)は少々元気系、フュージョン寄りでしたが、本作はアコースティックで繊細、とても静かな音。
 上掲の作品の中でも一番穏やかで静謐かもしれません。
 繊細なギターに、半数ほどの楽曲ではあの少しささくれた儚げなボイス。
 少人数の限られた音数で、全編、静かで繊細な音の流れ。
 ピアノとギターに、ベース、つつましやかなパーカッション、フルートにアコーディオン、水の音、ほんの少しの電子音・・・
 とても静かですが、ジワジワとくるドラマチックな音の流れ。
 一時期のPat Metheny Groupを想い起こす場面もいくらか。
 Carlos Aguirreナンバーで始まり、Sebastian Macchi、現代タンゴの Diego Schissi、オリジナル、さらにはRalph TownerEgberto GismontiといったECM系の人たちの名前も並びます。
 彼ら作るサウンド、どこかで繋がっているのでしょう。
 前半のCarlos Aguirre的な音もさることながら、中盤、Sebastian Macchiの”Corazon”あたりから、最後のRalph Townerの”Green and Golden”まで、静かな凄みが漂う音の流れのカッコいいこと。
 全編通じて少し沈んだ感じが醸し出す、この人独特のクールネス、ハードボイルドネス。
 名作です。

※こちらは“Luz de agua”バンド。


posted by H.A.


【Disc Review】“Matriz del agua” (2015) Martín Neri

“Matriz del agua” (2015) Martín Neri


Martín Neri (guitar, voice)
Carlos Aguirre (piano, accordion, keyboard, flute) Claudio Bolzani (guitar, voice) Julio Ramírez (accordión) Fernando Silva (bass, cello) Luciano Ruggieri (drums) Facundo Guevara, José Piccioni (percussion) Agustina Schreider (violin)
Juan Quintero: (Arranging strings):
Luis Ciliberti, Mariana Alarcón (violín) Marcelo Ajubita (viola) Adriana Bonaudi (cello)

【送料無料】 Martin Neri / Matriz Del Agua 輸入盤 【CD】
【送料無料】 Martin Neri / Matriz Del Agua 輸入盤 【CD】

 アルゼンチンのシンガーソングライター~ギタリストMartín Neriの現代フォルクローレ。
 とても静かでセンチメンタルな音。
 Carlos Aguirreが何曲かに参加し、ギターとボイスにチェロ、バイオリン、アコーディオン、ピアノなどが絡み、鳥や水の音のSEがコラージュされ・・・といったこの界隈ではオーソドックスな構成なのですが、彼の作品を含めて他のアーティストとは雰囲気が異なります。
 多くがスローテンポで少し沈んだ感じ。
 少しダークな質感で、緊張感、哀感も高め。
 ギターは繊細・・・というよりも、意外なところで途切れ途切れになるぶっきらぼうな感じ。
 寂寥感の強いしゃがれ気味の声で熱唱するボーカルはこの界隈では珍しいタイプ。
 ざっくりとした・・・といった語感が合いそうな音作り。
 音数が少なく間の多いゆったりとした音の流れの中に置かれていく哀しげな声。
 が、メロディがキャッチーでオシャレ、寂寥感は強くて沈んだ感じなのだけどもなぜか明るいムード・・・このアンバランス・・・
 何が何だかわからないバランスなのですが、これがカッコいい。
 大人の男の哀愁とか、そんな感じ。
 オシャレなバーにはあまり似合わないのかもしれないけども、うらぶれた街角とか、誰もいない寂しげな河岸とかにはピッタリの音。
 川沿いミュージック、男の哀愁版。
 アルゼンチン、川沿いのTom Waits・・・ってのも違うか・・・
 哀愁漂う現代フォルクローレ。
 名作です。




posted by H.A.


【Disc Review】“Genealogia” (2013) Trio Gallo-Mendez-Pilar

“Genealogia” (2013) Trio Gallo-Mendez-Pilar


Ramiro Gallo (violin) Ernesto Mendez (guitar) Andres Pilar (piano)



 現代フォルクローレのインツルメンタルトリオ。
 Carlos AguirreのレーベルShagrada Medraから。
 フォルクローレな編成ですが、全体のムードはスパニッシュ~イタリアン~南フランス~タンゴ。
 Diego Schissiあたりにも通じる、フォルクローレな空気感も強い現代のタンゴというか、タンゴの香りが強い現代フォルクローレというか。
 スパニッシュなギターに、転げまわるピアノ、跳びまわるバイオリン。
 現代フォルクローレとすると少々情熱的。
 悲し気なメロディは激情を発する・・・とまではいかずとも、情緒表現が直接的。
 強めのビートにメリハリのある音の流れ。
 計算しつくされているであろう複雑に変化するアンサンブル。
 三者が絡み合いながら激しくアップダウンする演奏を中心として、今にも止まりそうなスローテンポのとても悲しい表情のバラードまで、いろんな色合いが揃っています。
 なぜかイタリアや南フランスな感じもするのは気のせいでしょうか?
 アルゼンチンはスペインからの影響が強い、と思っていましたが、実は地中海系全てが繋がっていたのでしょうかね?
 そんなそこはかとないことを考えてしまう、ブエノスアイレス~アンデス、あるいは南米~南ヨーロッパを繋ぐような一作。




posted by H.A.


【Disc Review】 “Lo Mejor de Cada Casa” (2013) Martin Sosa

“Lo Mejor de Cada Casa” (2013) Martin Sosa


Martin Sosa (guitar, piano, voice)
Luis Medlina, Marcelo Stenta (guitar)
Cristian Bortoli, Jorge Fandermole, Yusa, Willy Gonzalez, Mariano Ferrando (bass)
Maximiliano Moaglianese, Maiano Sosa, Juancho Perone (percussion) 
Jaun Carlos Baglietti (voice)
Martias Marcipar (clarinet, sax) Lina Goldsack, Elina Goldsack (flute) 
Ana Sune, Pamela Cuello, Jorge Fandermole, Natalia Perez, Silvia Calcagno, Analia Garcetti, Mauro Bertotti, Chany Suarez, Adrian Abonizio (voice) and others

 アルゼンチンのシンガーソングライターMartin Sosaの現代フォルクローレ。
 Carlos AguirreのレーベルShagrada Medraから。
 アコースティックな楽器が優し気に響き、朗々歌う男声。
 フォーキーな色合いで、躍動感は少々強め。
 オリジナル中心のメロディはCarlos Aguirreほどは湿っぽくはなく、元気で明るい印象でしょう。
 ギターとパーカッションが絡み合う、エスニックで静かなサウンド。
 穏やかなビートとフォーキーで明るいメロディ。
 アルペジオ、例のCarlos Aguirre的ユニゾン、シングルトーン、その他諸々が交錯するギターのアンサンブルが全体のサウンドをしっかり作り、フルートやらクラリネットやらコーラスやらが優し気に彩りを加えていきます。
 明るくて淡々とした音の流れに、ほのかに漂うセンチメンタリズム。
 複数のギターでのアンサンブル、ユニゾンでのオブリガード、コーラスはあのCarlos Aguirreの世界。
 パーカッションとコーラスだけのアカペラ的な楽曲も何曲かあります。
 Carlos Aguirre的でありながらも明るい系、素朴な感じでフォーク寄り。
 十二分に洗練されていていろんな仕掛けがありますが、都会的ではなくあくまで自然体。
 オシャレになりそうでなり切らないところが、なんとも寛げます。
 とてもナチュラルなサウンドが心地よい一作。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ