吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

guitar

【Disc Review】“Avenida Atlântica” (2017) Guinga + Quarteto Carlos Gomes

“Avenida Atlântica” (2017) Guinga + Quarteto Carlos Gomes
Guinga (guitar, voice)
Quarteto Carlos Gomes:
Claudio Cruz, Adonhiran Reis (violin) Gabriel Marin (Viola) Alceu Reis (cello)




 ブラジルのベテランギタリスト&ボーカリストGuingaのストリングスカルテットとの共演作品。
 直近のピアノとのDuo作品“Intimidade” (2017) Guinga, Stefania Talliniのような静謐でムーディーなバラード集を期待してしまうのですが、少々面持ちは異なります。
 基本的には本作もバラード集、漂うような音ではありながら、少しハイテンションなストリングスカルテットが前面に出るイメージ。
 折り重なるストリングスの音の合間からのぞくような、漂うギターとあの激渋スキャットボイス。
 楽曲はいつもの沈痛で悲し気なメロディのオリジナル曲。
 とても優美ながら、悲し気でセンチメンタル。
 ストリングスの色合い、静かなギターと囁くような哀し気なボイスも含めて、21世紀とは思えないようなノスタルジックな雰囲気。
 まるで1940年代のストリングス入りジャズボーカル、あるいは、フランスあたりのモノクロームな映画のサントラのよう。
 さらにとても素敵なジャケットのアートワーク。
 やはりこのチョイ悪風オヤジのアルバムはオシャレです。




posted by H.A.


【Disc Review】“All the Dreams” (2016) Sara Serpa / André Matos

“All the Dreams” (2016) Sara Serpa / André Matos
Sara Serpa (voice, piano, Fender Rhodes) André Matos (guitar, electric bass, percussion)
Pete Rende (synthesizer) Billy Mintz (drums, percussion)

【送料無料】 Sara Serpa / Andra Matos / All The Dreams 輸入盤 【CD】【送料無料】 Sara Serpa / Andra Matos / All The Dreams 輸入盤 【CD】


 ポルトガルの女性ボーカリストSara Serpaと、おそらく彼女のパートナーであろうギタリストAndré Matosのジャジー、あるいはフォーキー、南米の現代フォルクローレ的な色合いのポップス。

 ジャズな編成でのコンテンポラリージャズな“Praia” (2008)でも共演していたお二人ですが、本作ではDuo+αの演奏を中心にもっと穏やかで静かな音作り。
 4ビート的でも先端ジャズ的でもなく、あくまでフォーキー。
 但し、電子音、Bill Frisell的不思議系ギターなど含めて、少々先端的、現代的な新しい感じ。
 Sara Serpaの楽曲はやはりメカニカルな感じですが、本作で中心となるAndré Matosのメロディはどこか懐かし気でフォーキーです。
 っても十分に複雑で不思議系で先端的なのですが・・・
 たっぷりなエコーが効いた儚げなボイスに漂うようなギター。
 ブラジル感もたっぷり漂いつつの、無国籍、ノンジャンルな質感。
 爽やかなようで少々スモーキーで湿り気のある空気感は、まるで朝靄のよう。
 とても心地よいフワフワした時間。





posted by H.A.


【Disc Review】“Three For Three” (2016) Mike Moreno

“Three For Three” (2016) Mike Moreno
Mike Moreno (Guitar)
Doug Weiss (Bass) Kendrick Scott (Drums)

Three for Three
Mike Moreno
Criss Cross
2017-10-20


 現代の歪む時空系の人Mike Morenoの最近作、歪まない爽やかなジャズ。
 オーソドックッスなギタートリオ編成、Criss Crossレーベルから。
 前作はひねったコンテンポラリージャズの"Lotus" (2015)。
 それら別のレーベルの作品は不思議感たっぷりですが、本作はレーベルカラーもあるのでしょう、ジャズスタンダード、オーソドックスなジャズに馴染みのある曲が並びます。
 同レーベルの"Third Wish" (2008)、"First In Mind" (2011)からピアノを除いた感じ。
 クリーントーンながらちょっとファットで張り詰めた感じの艶々した音もいつも通り。
 オーソドックスなのですが、この人、このメンバーなので、今風感はたっぷり。
 普通の4ビートのようで、実際にそれが多いのだけども、あっちに行ったりこっちに行ったり、なんだかちょっと変わったスリリングな展開。
 Wayne Shorterから始まり、Charlie Parker、ブラジル曲その他、渋めの選曲。
 有名どころでは、スウィンギーに処理した“You Must Believe in Spring”、現代風な複雑なビートの”April in Paris”、その他諸々。
 モダンジャズとすれば、いかにも今風で少々トリッキーだし、先端的コンテンポラリージャズが好きな向きには普通に過ぎるのかな?
 そんな感じが、いかにもCriss Crossといえばその通り。
 いずれにしても、この人のギターが奏でるジャズは最高。
 この人のホームグラウンドであろう先端系コンテンポラリージャズなアルバムがカッコいいのですが、モダンジャズをほとんど聞かなくなった立場としては、たまにはこんなアルバムも逆に新鮮だったり・・・
 奇を衒い過ぎず、普通になり過ぎず、ちょうどいいバランスのように思います。


※別のバンドでの演奏から。


posted by H.A.


【Disc Review】“Vento Sul” (2017) Luis Leite

“Vento Sul” (2017) Luis Leite
Luis Leite (guitar)
Erika Ribeiro (piano) Fred Ferreira (guitar) Marcelo Caldi (acordion) Ivo Senra (Fender Rhodes) Peter Herbert (bass) Diego Zangado, Felipe Continentino (drums) Luis Ribeiro (percussion)
Wolfgang Puschnig (flute) Giuliano Rosas (clarinette) Sergio Krakowski (adufo) Elisa Monteiro (viola) Márcio Sanchez (violin,viola) Tatiana Parra, Lívia Nestrovski (voice)

 Vento Sul [CD]Luis Leite

 ブラジルのギタリストLuis Leiteのブラジリアンジャズフュージョン。
 Andre Mehmari系の知る人ぞ知る名作“Naissance” (2012) François Morin、あるいはアルゼンチンのQuique Sinesi諸作を想い起こすアルバム。
 リオデジャネイロの若手なのだと思いますが、ミナス的であり、フォルクローレ的な優しく繊細なサウンド。
 Tatiana Parraの参加が目を引き、確かにそんな表情もありますが、彼女の諸作よりももっと穏やかでポップなテイスト。
 ピアノとギターの美しいDuoで始まり、Tatiana Parraのテクニカルなスキャット、この種の音楽の定番クラリネット、アコーディオン、さらにはストリングスとの絡み合い、などなど。
 女性ピアニストErika Ribeiro も、Andre Mehmariのエキセントリックな部分を削ってヨーロピアンジャズのテイストを混ぜたような素晴らしいピアノ。
 速いテンポになるとあの一時期のPat Methenyのようなヒタヒタと迫ってくるようなビート。
 さらにはあの?Wolfgang Puschnig?のフルートを交えたコンテンポラリージャズカルテット、などなど。
 全曲違った編成、ムードも異なるのですが、なぜか一貫した質感。
 リーダーが派手にギターを弾きまくるわけではありませんが、素晴らしいバランスのサウンド。
 全曲オリジナル曲、少々哀し気なような懐かし気なような、それでいて前向きな、サウダージな表情のメロディ揃い。
 最後は弦が奏でるとても切ない音の流れで幕・・・
 近年の南米ジャズ系音楽のカッコいい所が詰まったような傑作。
 “Naissance” (2012) François Morin、あるいはAndre MehmariCarlos Aguirre諸作に並ぶような・・・は大袈裟でしょうか?
 こういうのがあるから、ブラジル~南米音楽探しはやめられまへん。




posted by H.A.

【Disc Review】“Wear My Love” (2009) David T. Walker

“Wear My Love” (2009) David T. Walker
David T.Walker (Guitar)
Leon Ndugu Chancler (Drums, Percussion) Clarence McDonald (Piano, Synthesizer) Byron Miller (Bass) Barbara Morrison (Voice)

Wear My Love
Universal Music LLC
2009-11-18


 David T.Walkerのクリスマスアルバム。
 一番好きなギタリスト。
 全体のサウンドは、ちょっとキッチリし過ぎてポップに過ぎるフュージョンかな?
 でもまあ、この人のギターが鳴ればどうでもいいや。
 ソフトでメロウなクリスマスサウンドに映える激渋ギター。
 これ、最高。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ