吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

guitar

【Disc Review】“Blue” (1986) Terje Rypdal & the Chasers

“Blue” (1986) Terje Rypdal & the Chasers
Terje Rypdal (Electric Guitar, Keyboards)
Bjørn Kjellemyr (Acoustic Bass, Electric Bass) Audun Kleive (Drums, Percussion)

Blue
Terje Rypdal
Ecm Records
1994-10-25



 ノルウェーのギタリストTerje Rypdal、ギタートリオでのアルバム。
 トリオとなると名作“Terje Rypdal/Miroslav Vitous/Jack DeJohnette” (1978)、“To Be Continued” (1981)のハードなジャズな感じを期待してしまうのですが、本作はロック、あるいはフュージョン寄り。
 ノルウェーのベーシスト、ドラマーはジャズの人の様ですが、ビート感はヘビーなフュージョンテイスト。
 フレットレスエレキベース、チョッパーも多用するエレキベースに、パタパタしたドラム。
 ギンギンのディストーションにズルズルグチョグチョのギターはついJimi Hendrixを思い出してしまうハードなファンクロックなギタートリオってな感じの演奏もあります。
 もちろんそればかりではなく、ウッドベースが入ってジャズっぽくしっとりとした演奏、その他、ロッカバラード風だったり、4ビートなWeather Report風フュージョンだったり、幅のある音作り。
 ギターはいつも通りに十分に過激、激烈ですが、背景の整ったビート感からの印象は、少し過激なジャズフュージョン。
 Jaco Pastrius&Peter Erskinそっくりなベース&ドラムがあったり、ストリングスっぽい背景づくり中心に使われるシンセサイザーがあったりで、1980年代フュージョンっぽくて、懐かしい感じもします。
 ズルズルグチョグチョなハードなアバンギャルドロック、あるいはフリージャズってな面持ちはありません。
 ますますもってECM的ではないのですが、この時期、“Night” (1984) John Abercrombieなど、こんな感じのフュージョン作品もいくつかありましたかね。
 整った1980年代的フュージョンサウンドを背景にした、ズルズルグチョグチョでハードなギンギンギターのバランス、あるいはアンバランスが絶妙で希少、と言われればその通り。
 Weather Report全盛期は“8:30”(1979)とすれば少し前かあ・・・




 posted by H.A.


【Disc Review】“Odyssey” (1975) Terje Rypdal

“Odyssey” (1975) Terje Rypdal
Terje Rypdal (Guitar, Synthesizer, Soprano Saxophone)
Brynjulf Blix (Organ) Sveinung Hovensjø (Bass) Svein Christiansen (Drums) Torbjørn Sunde (Trombone)

オデッセイ
テリエ・リピダル
ポリドール
1999-09-15


 ノルウェーのギタリストTerje Rypdal、若き日のECM作品。
 ディストーションの効いたロックなギターは苦手な立場としては、積極的には聞いてこなかったのですが、ECMを聞いていると避けては通れない人。
 ここまでで取り上げただけでも、以下のような作品にサポートで入っていて、その他諸々、結果的にはそこそこたくさん聞いているようです。

  ”Afric Pepperbird” (Sep.1970) Jan Garbarek Quartet
  “Sart” (Apl.1971) 
  “Terje Rypdal/Miroslav Vitous/Jack DeJohnette” (1978) 
  “To Be Continued” (1981) Terje Rypdal / Miroslav Vitous / Jack DeJohnette
  “The Sea” (1994) Ketil Bjørnstad
  “The Sea II” (Dec.1996) Ketil Bjørnstad
  “Litania - The Music of Krzysztof Komeda” (1997) Tomasz Stanko
  “Karta” (1999) Markus Stockhausen

 ディストーション、チョーキング、トレモロアームを駆使して、過剰なほどにドラマチックな音は、慣れてしまえば結構いけるというか、素晴らしい演奏があります。
 本作もそんな一作。
 冒頭からフリービートのルバートでのバラードが続きます。
 オルガンの響きとディストーションがかかった泣きのギンギンギターが、それでいてジャジーな空気は"Caravanserai" (Feb-May.1972) Santanaを想い起こします。
 そんな漂うような演奏が、一曲目だけでなく二曲目の冒頭まで5分以上続き、三曲目などは十数分間ずーっとそれ。
 アルバム全体では半分ぐらいがそんな感じ。
 とてもドラマチック。
 これはカッコいい。
 ファンクなビートが入り、シンセサイザーが乗ってきても、ジャジーなムードは消えません。
 ハードロック、プログレッシブロックからというよりは、エレクトリックMilesからの流れを汲むイメージのファンクジャズ。
 一つのリズム、コードのパターンをひたすら繰り返すリズム隊の上を、縦横無尽に駆け巡るギターとトロンボーン。
 シンセサイザーが出る場面が少ないこともあり、スペーシー、文字通り宇宙的な感じがあり、ギターは紛うことなきロックギターなのですが、ビート感はロックロックしてはおらず、ジャジーな空気感が流れています。
 もちろんアコースティック4ビートな感じはゼロだし、ギターからは全くジャズは感じません。
 ジャズファンよりもロックファン、プログレッシブロックファンへの受けの方がいいのでしょうけども、ありそうでなかなかない感じは、いかにもECMというか、さすがECMというか・・・
 リーダーのギター以外は結構しっとり系なんですがね・・・
 だからカッコいいのか。




 posted by H.A.


【Disc Review】“Carlos Aguirre Grupo (Roje)” (2004) Carlos Aguirre Grupo

“Carlos Aguirre Grupo (Roje)” (2004) Carlos Aguirre Grupo
Carlos Aguirre (voice, guitar, piano, percussion) 
Silvina López (guitar, voice) Jorge Martí (guitar) Fernando Silva (bass) Silvia Gomez (percussion) 
Sebastian Macchi (piano) Notalia Damadian, Jorgelina Barbiero, Silvia Salomone (voice) and others
 


 アルゼンチン、現代フォルクローレのカリスマなのでしょう、Carlos Aguirreの2004年作。
 いずれ劣らぬ名作“Carlos Aguirre Grupo (Crema)” (2000)、“Carlos Aguirre Grupo (Violeta)” (2008)の間の作品。
 もちろんこちらも「ホッとする」、そんな音楽、癒しの大名作。
 水彩画のような淡い世界。
 三作の空気感は同じですが、その中ではこのアルバムが一番シンプルでナチュラル、スッキリ系かもしれません。
 私的な好みとしては、ジャズ的なノリが弱い音をついつい避けてしまうのですが、この人は別。
 近年のアルゼンチンの人でもQuique SinesiAndrés Beeuwsaertあたりは、きっとジャズを演奏していた人なんだろうなあ、といったニュアンスがあるように思うのですが、この人はそれがあまり強くありません。
 もちろんブラジル系とは違うし、タンゴ色もないし、クラシック的といえばそうかもしれないけども、それもそれほど強くはありません。
 文字通りの現代フォルクローレなのでしょうが、それにしては極めて洗練されているし、ポップス的といえばそうなのかもしれませんが何か違うし、極めて現代的な音なのだと思うのだけど、ノスタルジックな感じもするし・・・
 ・・・ってな感じでそれらが全部融合された微妙で繊細な音。
 ビート感がどうとか、インプロビゼーションがどうとかを超越した何かがあるように思います。
 その要因がメロディなのか、コードなのか、個々の楽器の音、アンサンブルなのか、あるいは声なのかはよくわかりません。
 それらを全部合わせて出来上がる穏やかな寂寥感なのでしょうかね? 
 パーカッションは色付け程度で、基本的にはギターとピアノ、ベースが繰り出す優しいビート。
 メロディは折り紙付きの淡い色合いの穏やかな動き。
 全編を漂う哀感、センチメンタリズム。
 寂寥感ってほど寂しくはない、やはり南米系、郷愁感ってな言葉がピッタリきます。
 ちょっと寂し気なボーカルと要所で入る女声コーラスの完璧なアンサンブル。
 瑞々しいギターを中心に、ときおりのピキピキピキーンといった透明度の美しいピアノ。
 なんとなくヨーロピアンにも近い上品な感じですが、キツさは微塵もない優しい音。
 全曲名曲揃いですが、最後に納められた"vidala que ronda”なんて、アルバムの締めはこれしかないというか、とても前向きな感じて、人生の最後を締めくくってもいいような?、そんなムード。どこかで聞いたソウルバラードのようだったりもして。
 寂し気なようでとても爽やか。
 春、新緑の季節になるとこの手の一連の作品が聞きたくなります。
 春は暑苦しい系や深刻系ジャズよりこっちの方がいいなあ。
 そんな音です。
 もう十年以上前の録音ですが、いまだに全く古くないエバーグリーンな一作。
 でも例によって廃盤かあ・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“João Bosco 40 nos Depois” (1996) João Bosco

“João Bosco 40 nos Depois” (1996) João Bosco
Joao Bosco (voice, guitar)
Nelson Faria, Ricardo Silveira (guitar) Jorge Helder, Joao Baptista (bass) Kiko Freitas (drums) Armando Marsal (percussion)
Guest : Cristovao Bastos, Chico Buarque, Joao Donato, Milton Nascimento, Roberta Sa, Toninho Horta, Trio Medeira Brazil
 
40 Anos Depois
Joao Bosco
Imports
2013-04-30
ジョアン ボスコ

 ブラジルの大御所シンガーソングライターJoao Bosco、豪華ゲストを迎えての活動40周年記念作品。
 素朴でアコースティックなボサノバ~サンバ~MPBではなく、AOR(死語?)的、フュージョン的な洗練された音。
 冒頭からMilton Nascimentoが歌声とToninho Hortaのエレキギター。
 これは名前だけでも楽園ミュージックですが、想像されるまんまの音。
 過剰に作りこまれた感じではなく、あくまでナチュラルで上品な洗練。
 そこそこジャジーな感じですが、アメリカンな感じはなくて、柔らかくて浮遊感の強い現代的ブラジリアンな音。
 要所でエレキギターを奏でるToninho Horta, Nelson Faria, Ricardo Silveiraがとてもいい感じ。
三人ともクリーントーンで、洗練された系の現代的ブラジリアンフュージョンのカッコよさ全開。
 さらにはTrio Medeira Brazilとのトラディショナルサンバやら、その界隈の姫Roberta Saとのデュエット、ギター弾き語りのボサノバ、ブラジリアンバラードなどなど・・・
切れ目なく素晴らしい演奏が続きます。
 オリジナル曲を中心として、ジャズなアレンジのJobimナンバー”Fotografia”など、どれも素晴らしい楽曲、完璧なアレンジ、素晴らしい演奏揃い。
 ゲストは豪華なのですが、音の作りは全体的に薄めで、シンプルなようで複雑な個々の楽器の動きがよく見通せ、さらに中心となるボイスとの絡み方が絶妙。
 さり気ない歌い方がカッコいいボーカリストJoao Boscoも最高です。
 締めは大御所Chico Buarque自らによるクールなボッサ・・・
 大御所メンバー寄せ集めた過去楽曲集と侮ること勿れ、全曲、名曲、名演の大名作。
 ベストテイクはToninho Horta入り、強烈な浮遊感、郷愁感の二曲かな?これは単に私の好みでしょう・・・
  “Ao Vivo 100ª Apresentação” (1983) が代表作なのでしょうが、そちらは凄みが全面に出た作品。
 こちらは聞きやすさと洗練が前面に出ているともに、古今東西?のさまざまなブラジリアンミュージックのカッコよさがギュッと詰まった作品。
 ボッサに限ることのない、ブラジリアンミュージック入門編になる、かな?




posted by H.A.

【Disc Review】“Ao Vivo 100ª Apresentação” (1983) João Bosco

“Ao Vivo 100ª Apresentação” (1983) João Bosco
Joao Bosco (voice, guitar)
 
Ao Vivo: 100 Apresentacao
JOAO BOSCO
Universal Brazil
1983-01-01
ジョアン ボスコ

 ブラジルの大御所シンガーソングライターJoao Bosco、ギター弾き語りでのソロライブアルバム。
 ギターの弾き語りといえば神様Joao Gilbertのしっとり、まったりとしたイメージが強いのかもしれませんが、この人は元気いっぱい。
 ギターをジャカジャカかき鳴らし、ボイスもウイスパーではなく、ソウルフル。
 優雅で上品というよりも、エネルギッシュ。
 Elis Reginaへ楽曲提供して人気に、なんてことですが、確かにそんなムード。
 ボサノバは静かでエレガントなJoao Gilbertのスタイルがスタンダードなのでしょうが、広くブラジル音楽、サンバあるいはMPBでとらえれば、こちらのスタイルの方がオーソドックスなのでしょう。
 根底に高速なビートが流れていながらも変幻自在のギター。
 ジャズ系とは違うブラジリアングルーヴ、突っ走っているようでピタッと尺の中に収まる心地よさ。
 ボーカルもまた然り。
 あっちこっちに跳んで行っているようで収まるところに納まります。
 天才のみがなせる技、ってな感じ。
 冒頭すぐの「ブラジルの水彩画」を除けばすべてオリジナル曲。
 ボッサ、サンバその他含めて、名曲、代表曲のオンパレードなのでしょうが、いい意味で曲が何とか・・・が気にならない圧倒的な演奏力。
 ギター一本の弾き語りながら退屈さゼロ、CD一枚スルッと聞けてしまいます。
 最後はElis Reginaの人気曲「酔っ払いと綱渡り芸人」。
 あざとい締めといえばそうなんだけど、カッコいいので仕方ありませんね。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ