吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

drum

【Disc Review】“Time Is A Blind Guide” (2015) Thomas Strønen

“Time Is A Blind Guide” (2015) Thomas Strønen
Thomas Strønen (drums, percussion)
Kit Downes (piano) Håkon Aase (violin) Ole Morten Vågan (double bass) Lucy Railton (cello) Siv Øyunn Kjenstad, Steinar Mossige (percussion)

Time Is a Blind Guide
Thomas Stronen
Imports
2015-10-30


 ノルウェーのドラマーThomas Strønen、ストリングス入りのコンテンポラリージャズ。
 先の“Parish” (2004)から、間にサックスとのDuoユニット”Food”の作品が何作かありますが、リーダー作としては十年以上間を空けた久々のアルバム。
 それらの作品からすれば、現代のヨーロピアンフリージャズ御用達のドラマーのイメージ、実際その通りなのかもしれませんが、本作は自作の楽曲を中心としたメロディアスな演奏も沢山収められています。
 妖し気なムードはここまでの諸作そのままに、メロディ、展開が明確な楽曲が目立つ分、わかりやすく、フリージャズ色は薄くなっています。
 むしろ穏やかで優しい音楽。
 変則な編成ですが、ピアノトリオにチェロとバイオリンがフロントのクインテット+パーカッションと見えなくもありません。 
 フリーな場面はほどほど、不協和音もほどほど、半数以上は明確なメロディのあるフリーではない演奏。
 冒頭は意外にも「定常」なビート、美しいピアノと強い緊張感のストリングスが交錯するハイテンションなジャズ。
 Jack Dejohnetteを想わせるヒタヒタと迫りくるグルーヴ、美しいピアノ、緊張感含めて1970年代のECM戻ってきたようなムードもあります。
 もちろん全体を眺めればリーダーのパーカッションは、基本的には繊細かつ変幻自在ないつもの色合い。
 冒頭曲などの一部を除けば、なかなか定常なビートは出しません。
 バンドのビートが定まってもパーカッションだけがフリー、なんて場面もちらほら。
 ま、リーダーだもんね。好きに表現してもらいましょう。
 ストリングスはオーソドックスなアンサンブルではなく、妖しく緊張感を醸し出す系。
 バイオリンが胡弓に聞こえてしまう不思議感。 
 フリーなパーカッションとあわせて、崩れそうで崩れない、危うくスリリングな場面もしばしば。
 そこから徐々にビートが定まっていき、中盤から疾走する”I Don't Wait For Anyone”など、最高にカッコいい。
 なぜかPat Metheny&Lyle Mays風の雰囲気だったり・・・
 ECMの定番ルバートでのスローバラードもあり、ストリングスを絡めて妖しさ倍増。
 初めて聞くイギリス人ピアニストKit Downesのパキパキした美しい音、フレージングもいい感じです。
 全曲オリジナル曲、キッチリしたメロディの曲は、ノルウェーの人らしく郷愁感を誘う懐かし気なメロディがいくつも。
 やはりノルウェーの人に染み込んでいるメロディはそんな感じなのでしょう。
 なぜか日本の民謡、童謡にも通じるメロディ。
 やはり、全体通じて、ここまでの作品とはかなり印象が異なります。
 フリーな演奏が散りばめられた、優しくメロディアスなジャズ。
 懐かしさ、安らぎと、想像力を搔き立てる抽象性、先が読めないスリルとのバランス。
 このバランスは希少、とても素敵だと思います。



  

posted by H.A.

【Disc Review】“Parish” (2004) Thomas Stronen

“Parish” (2004) Thomas Stronen
Thomas Stronen (Percussion) 
Bobo stenson (Piano) Fredrik ljungkvisk (sax, clarinette) Mats Eilertsen (bass)

Parish (Slip)
Thomas Stronen
Ecm Records
2006-03-14





 ノルウェーのドラマーThomas Stronenのリーダー作。
 “Rica” (2001) Parishと同じメンバー、北欧コンテンポラリージャズカルテットですが、そちらのOrnette Coleman色、Bobo Stenson色、あるいはMats Eilertsen色に対して、本作はかなり印象が異なります。
 集団でのインプロビゼーションを中心とした静音フリージャズな作品。
 素直なカルテット、あるいはトリオでの演奏はなく、パーカッションを中心として、メンバーが入れ替わり立ち替わりしながら展開していくスタイル。
 “Rica” (2001)の淡い色合い、静かな音の流れはそのままに、定常なビート、聞き慣れたメロディ的な要素がなくなり、抽象度が高く、先の読めない展開が中心。
 ECM移籍第一作は往々にしてフリーインプロビゼーション中心になるケースが見受けられますが、変幻自在のパーカッショニストThomas Stronen のそれとして見るのであれば、いかにもな色合いなのでしょう。
 いきなり応用編からぶつけられる感じで、聞く側からすればなかなか取っつきにくいことも否めないのですが、そのアーティストの色合いを洗い出すにはいい方法なのかもしれません。
 結果としては、ECMならではの静かで硬質でひんやりとした音、先の展開予測不可能、変幻自在の北欧ジャズ。
 全体をリードするなかなか定常なビートを出さないパーカッションに美しいピアノ、静かながらクダを巻く系のサックスが絡み合いつつ流れていく時間。
 多くが不思議系、出口の見えない迷宮系。
 が、キツイ感じのフリージャズではありません。
 Bobo Stensonのピアノが相変わらず美しい。
 さらに、中盤以降に納められた何曲かのリーダーのオリジナル曲は、哀愁が漂うハードボイルドなメロディ。
 強烈な浮遊感が心地よいルバート的なスローバラードもあります。
 それらをCD前半にもってくるともっと人気作になるんじゃないかなあ・・・とか思ったりもしますが・・・
 そんなアクセントを含めて、淡い感じが心地よいととらえるか、あるいは先の読めないスリリングさがカッコいいととらえるか、はたまた抽象的にすぎてよくわからんととらえるか・・・
 ま、人それぞれかと。
 私的にはさすがにECMの音、静かで美しい音の流れが心地いいし、さらにその中から突然に現れる、ECMのお約束?の全編ルバートでのスローバラードなんてカッコいいなあ、と思います。
 静かな非日常感が心地よい一作、但し、応用編かな?
 この先、サックスとのDuoバンド"Food"の作品が何作か、リーダー作はしばらく先の“Time Is A Blind Guide” (2015) 。
 そちらはメンバーがガラッと変わって、音も変わって、わかりやすい感じです。
 やはりECMへの移籍後は、第二作ぐらいから落ち着いてくるのかな・・・?




 posted by H.A.


【Disc Review】“To Be Continued” (1981) Terje Rypdal / Miroslav Vitous / Jack DeJohnette

“To Be Continued” (1981) Terje Rypdal / Miroslav Vitous / Jack DeJohnette
Terje Rypdal (Electric Guitar, Flute) Miroslav Vitous (Acoustic Bass, Electric Bass, Piano) Jack DeJohnette (Drums, Voice)

To Be Continued
Terje Rypdal
Ecm Import
ミロスラフ・ビトウス
テリエ・リピダル  
ジャック・ディジョネット



 凄まじい“Terje Rypdal/MiroslavVitous/Jack DeJohnette” (1978)の続編。
 同じメンバー、普通の「ギタートリオ」なのですが、そう書くと違和感のある凄まじいバンド。
 前作と同様の質感ですが、穏やかな音と過激な音が交錯するメリハリの強い展開。
 スペーシーなシンセサイザーを背景として、ベースとギターが自由に暴れ、ドラムがひたすらビートを出すスタイルは同様。
 フリーで激しい演奏ながら、なぜか静謐なムードも同様。
 が、前作のような全編が音の洪水・・・ではなくて、間がある演奏、激烈ロック~ファンク、4ビート、激烈系フリージャズ、など曲ごとに変わる表情。
 心なしかTerje Rypdalが少々抑え目で、Miroslav Vitousの激しい音が目立つようにも感じます。
 ともあれ、Jack DeJohnetteは本作でも静かにヒタヒタと叩きまくり。
 この人にしかできないと思うドラミング。
 派手で激烈な演奏がある分、かえって前作よりも過激なイメージが強いのかもしれません。
 が、曲別に見れば、カッコいいジャズ、カッコいいファンク、妙にセンチメンタルなメロディなどなど、バラエティに富んだ激烈系コンテンポラリージャズ。
 本作もとてもカッコいいのですが、to be continuedはなく、このバンドはこれが最後。
 ECMでよくある二作でバンド変更の流れですが、少々残念な気もします。
 あるいは、この種の激烈系な音楽が流行らなくなったのかもしれません・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Terje Rypdal/Miroslav Vitous/Jack DeJohnette” (1978) Terje Rypdal, Miroslav Vitous, Jack DeJohnette

“Terje Rypdal/Miroslav Vitous/Jack DeJohnette” (1978) Terje Rypdal, Miroslav Vitous, Jack DeJohnette
Terje Rypdal (Guitar, Guitar Synthesizer, Organ) Miroslav Vitous (Double Bass, Electric Piano) Jack DeJohnette (Drums)

Rypdal/vitous/dejohnette
Terje &miroslav V Rypdal
Ecm
ミロスラフ・ビトウス
テリエ・リピダル  
ジャック・ディジョネット

 凄いメンツのギタートリオ。
 ギターがプログレッシブロック系Terje Rypdal。
 強烈な推進力のベースとドラムMiroslav Vitous、Jack DeJohnette。
 これは格闘技になるしかなさそうですが、その通りの演奏。
 同年にJack DeJohnette参加、激しい系の名作ギタートリオ“Batik” (Jan.1978) Ralph Townerがありますが、全く違う音楽ながら、それに近いハイテンション。
 激しい演奏なのですが、なぜか静謐な凄み。
 誰がリーダーかは分かりません。
 楽曲からすればTerje Rypdalかもしれませんが、三者が一体となったような凄み。
 冒頭からヒタヒタと迫ってくるようなビート、妖しいアルコに電子音、ズルズルグチョグチョギター。
 三者三様に好き勝手にやっているようで一体となって押し寄せてくるような緊迫感。
 大きな音を出すわけではなく、静かに淡々とビートを刻み続けるドラムの凄み。
 続くビートの定まらない妖しげなバラードになっても緊迫感、高揚感は消えません。
 ドラマチックなアルコ、時には激しいピチカートのベースに、あちこちに飛びまくる歪んだギター、スペーシーな背景を作るシンセサイザーと静かにビートを刻み続けるドラム。
 これだけで十分、おなかいっぱいですが、まだまだこれでもかこれでもかと続きます。
 楽曲はありますが、インプロビゼーション中心の抽象的な音楽です。
 展開は全く読めません。
 大きな音を出すわけではありません。
 抽象的で難しい音楽かもしれませんが、それでここまで違和感なくスルッと聞けてしまうモノは希少。
 フリーなようでうるさくない、軽快なビートが大きいのでしょう。
 Jack DeJohnetteでなければこの演奏は無理でしょう。
 “First Meeting” (1979) Miroslav VitousのJon Christensenと比べると違いは明白。
 “Batik” (Jan.1978) Ralph Townerや“1969Miles”(1969) Miles Davis以上の名演かもしれません。
 フリージャズも歪んだギターも苦手ですが、これはいけます。
 同じメンバーでもこの演奏をもう一度再現しようとしても難しいのでは?
 そんなことも思わせる、凄いメンバーでの凄い演奏集。




posted by H.A.


【Disc Review】“Indestructible” (Apl.May.1964) Art Blakey & The Jazz Messengers

“Indestructible” (Apl.May.1964) Art Blakey & The Jazz Messengers
Art Blakey (drums)
Lee Morgan (trumpet) Curtis Fuller (trombone) Wayne Shorter (tenor saxophone) Cedar Walton (piano) Reggie Workman (bass)

Indestructible
Art Blakey
Blue Note Records
アート ブレイキ


 Art Blakey & The Jazz Messengers、これがBlue Noteでの最終アルバムなのでしょうか?
 Wayne ShorterとArt Blakeyの共演はまだ別レーベルで続くようですが、“Miles in Berlin” (Sep.1964)まで残り半年。
 また、Blue Noteでの最初のリーダー作“Night Dreamer” (Apl.1964)と同時期のセッション。 
 Freddie Hubbard が抜けてLee Morganが復帰。
 凄まじい“Free for All” (Feb.1964)からわずか二か月後の録音。
 Riversideからの”Kyoto” (Feb.20.1964)が間にあるようです。
 少し落ち着いた感じですが、まだまだ熱にうなされたような激しい演奏が続きます。
 やはりドラムが凄い。
 端正で平和だった1950年代のスタイルから少しずつ変えてきて、前作で激烈系、手数多い系、あるいはポリリズム系に舵を切った、といったイメージでしょうか。
 ま、元々アフロ系ポリリズム志向だったのでしょうし、諸々の試行しながら、自然にジャズとフュージョンできるようになった、ってな感じなのかもしれません。
 冒頭からCurtis Fullerのモーダルな激しい系、勇ましい系が二曲続いて、Lee Morganのアフリカン?ファンキー系。
 この後、Freddie Hubbard とトランペット二人が入った作品がいくつかあったと思います。
 Lee Morganの方が線が細め、要所のタメがヤクザな感じでジャズっぽいのかな?
 続くCedar Waltonのカッコいいバラード"When Love is New”。
 Wayne Shorter、Lee Morganのさりげないカッコいいソロ。
 最後はいかにもWayne Shorter、いかにもJazz Messengersの勇ましい系で締め。
 やっぱりこちらが普通のジャズですね。
 “Free for All” (Feb.1964)は凄いアルバムですが、こちらは楽に聞ける端正なジャズ作品。
 でもやはりちょっと激しいか・・・

 また、近々Wayne Shorterのリーダー作、Wayne入りMilesのシリーズを。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ