吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

clarinet

【Disc Review】“In Cerca Di Cibo” (1999) Gianluigi Trovesi, Gianni Coscia

“In Cerca Di Cibo” (1999) Gianluigi Trovesi, Gianni Coscia
Gianluigi Trovesi (Piccolo, Alto, Bass Clarinet) Gianni Coscia (Accordion)
 
In Cerca Di Cibo
Gianluigi Trovesi
Ecm Import
2000-07-25
ジャンルイージ・トロヴェシ 

 イタリアのクラリネット奏者Gianluigi Trovesi、同じくイタリアのアコーディオン奏者Gianni CosciaのDuo作品。
 近年では“Birdwatching” (2015) Anat Fortで素晴らしい客演、リーダー作も“Vaghissimo Ritratto” (2007) Gianluigi Trovesiなどなど、たくさんのアルバムがありますが、これがECMでの初制作でしょうか?
 ECMの管楽器奏者に多い艶のある張り詰めた音、さらに強いクラシックの香り。
本作はイタリアの作曲家Fiorenzo Carpiの映画音楽?を中心とした作品。
 それをアコーディオンとのDuoで演奏するのだから、オシャレで上品、哀愁が漂う音になること受け合い。
 冒頭から低くストリングスのように響くアコーディオンの音を背景にして、朗々と奏でられる物悲し気なワルツ。
 クラシカルでノスタルジックなムードの穏やかな演奏が続きます。
 一曲一曲がコンパクトに納められ、次々と情景が移ろっていくような作り。
 ジャズ的なグルーヴや興奮、強烈なインプロビゼーションの場面はわずかですが、暖かで緩やかな時間が流れていきます。
  “New Cinema Paradiso”の寂寥感まではいきませんが、コミカルな楽曲含めて、小粋な演奏が続きます。
 明るい方のイタリアンテイスト、フレンチとも共通する色合い。
 のほほんとした感じ。
 ECMとしては異色な作品なのでしょう。
 明るく暖かな音はレーベルカラーとは全く違います。
 21世紀になってからはこんな作品もちょこちょこありましたかね。
 平和な昼下がりのECMな音。
 ジャケットもそんな感じですね。

 


posted by H.A.




【Disc Review】“Soltando Amarras” (1998) Quique Sinesi, Marcelo Moguilevsky

“Soltando Amarras” (1998) Quique Sinesi, Marcelo Moguilevsky
Quique Sinesi (guitar, etc.) Marcelo Moguilevsky (reeds, voice, etc.)
Calros Aruirre (paino)

Soltando Amarras
Quique Sinesi
Espa Music
キケ・シネシ、マルセロ・モギレブスキー


 現代フォルクローレのギタリスト、Quique Sinesi、リード奏者とのDuo作品。
 “Danza Sin Fin” (1998)と同時期の録音、質感も同じ。
 これまた優雅で郷愁感が滲み出る名曲、名演奏揃い。
 冒頭曲こそハイテンション、ハイスピード、聞き慣れない笛が前面に出ますが、以降は穏やかで優しいメロディ、優雅な演奏が続きます。
 Marcelo Moguilevskyはクラリネット、ソプラノサックスを中心に、フルート、ボイスまでまで様々な楽器を駆使した演奏。
 この人もジャズの経験がある人なのでしょうかね。
 いい感じのグルーヴ、どの楽器にしても素晴らしい表現力、抑揚感。 
 Quique Sinesiのギターはソロ作品と同様の瑞々しさ。
 ギターソロではなくMarcelo Moguilevsky が背景を作ってくれる分、Quique Sinesiのシングルトーンのギターソロもたっぷり。
 ジャズ、スパニッシュ、その他が混ざり合ったような質感。
 スローテンポのタメとアップテンポでの強烈な疾走感、そのバランス、組み合わせががなんとも優雅でカッコいい。
 グルーヴに乗ったカッコいいインタープレーの場面もしばしば。
 Calros Aruirreは一曲のみの提供、客演ですが、これまた素晴らしい内容。
 ジャズファン目線で見たフォルクローレ、違和感があるとすれば、ビートが弱いこと、インプロビゼーションのスペースが小さいことがその要因なのでしょう。
 本アルバムはインプロビゼーションたっぷり、全編通じて穏やかなスウィング。
 優雅なビート感に慣れてしまえば、こちらの方が心地よかったりします。
 純粋にギターを聞きたいならば、あるいは静謐を求めるのであれば“Danza Sin Fin” (1998)の方が良いかもしれません。
 こちらのアルバムには、同様の質感に加えて、上品な高揚感、興奮もあります。
 どちらが良いかはお好み次第、というか、その日の気分で決めればよいのでしょう。
 どちらも同じぐらいに上質、周囲の空気が浄化されるような素晴らしい音楽です。




posted by H.A.

【Disc Review】“Miramari” (2008) Andre Mehmari, Gabriele Mirabassi

“Miramari” (2008) Andre Mehmari, Gabriele Mirabassi
André Mehmari (Piano, Pandeiro) Gabriele Mirabassi (Clarinet)
Ricardo Mosca (Drums) Ze Alexandre Carvalho (Double Bass)

Miramari
Andre Mehmari
EGEA ‎

アンドレ メーマリ 
ガブリエル ミラバッシ


 ブラジルのピアニストAndre Mehemari、イタリアのクラリネット奏者Gabriele Mirabassiとのとても優雅なDuo+α。
 Andre Mehemariとイタリアは何か縁があるのでしょうかね。
 ”Cinema Paradiso”の好演もあるし、特に初期のふわりとしたムード、哀愁と暖かさが交錯する空気感は、その映画と同じムード。
 エレガントでノスタルジックな香りが漂うこのアルバムもそんな雰囲気。
 インプロビゼーションの場面はありますが、各曲とも短め、楽曲のテーマ、アンサンブル中心の演奏。
 全体のムードはクラシック~室内楽な感じ。
 いつもの穏やかな哀愁が漂うオリジナル曲中心。
 エレガントなワルツから始まり、ブラジル曲なども挟みながら、終始穏やかな音。
 スローでは微妙なタメが聞いた優雅なピアノ。クラシックの香り。
 こぼれ落ちるような繊細な音使い。テンポが上がると強烈な疾走感。
 クラリネットの人の情報は持っていませんが、クラシック寄りのジャズの人なのでしょうかね。
 これまた終始上品に、スムースで穏やかな音。
 サンパウロの自宅スタジオでの録音のようですが、ローマ、ナポリあたりの陽光が見えるのは気のせいでしょうかね。
 明るく晴れた穏やかな日のBGMにピッタリ、そんな音楽。




posted by H.A.

【Disc Review】“Somewhere Called Home” (1986) Norma Winstone

“Somewhere Called Home” (1986) Norma Winstone
Norma Winstone (voice)
John Taylor (piano) Tony Coe (clarinet, tenor saxophone)

ノーマ ウインストン


 冬に合う音。
 厳しい冬ではなく、優しい冬に似合う音。
 ゆっくりと漂うように、静かに零れ落ちるピアノの音と、乾いたvoice。
 まどろむ空間に覚醒を促すクラリネットの響き。
 三者の複雑で有機的、かつ自然な絡み合い。
 極めて上質な、落ち着いた時間、空間。




posted by H.A.

【Disc Review】”Real Time” (1994) Eddie Daniels

”Real Time” (1994) Eddie Daniels
Eddie Daniels (clarinet, tenor sax)
Chuck Loeb (guitar) Ned Mann (bass) Adam Nussbaum (drum)

Real Time
Chesky Records
1994-08-29
エディ ダニエルズ

 Anat Cohenで思い出したクラリネットのEddie Daniels、シンプルなジャズ・アルバム。
 クラリネット、音色がやさしいし、何となくノスタルジックな感じで、とてもいい感じ。
 でもそんな雰囲気がいいのか悪いのか、最近のジャズでは希少。
 さすがにスイング時代のものは録音の古さ含めてそれを聞くつもりで聞かないといけないし、最近だと前掲のAnat Cohen、あるいはECMレーベル系で出てきても、リラックスして聞けるタイプの音は少ないかも。
 で、この人の登場。
 さすがにジャズ系の第一人者だけあって、とても上手くて気持ちよく聞ける音。
 優しげなだけでなくて芯がある音、自然でかつメリハリの利いたフレージングがいい感じ。
 このアルバムでは半分ぐらいテナーサックスも吹いていますが、全部クラリネットで吹いてもらいたいぐらい。  フュージョン系の作品も多いのかもしれませんが、このアルバムはジャズ。
 バックはシンプルなギタートリオ、ベースはウッドベース、4ビート中心。
 ところが、ギターがChuck Loebなだけにそこそこのフュージョン臭。
 実はこれがいい感じ。
 Chuck Loeb、近年はメジャーなバンドFour Playとかに参加して人気なのでしょうが、このころから本当にキレイな音。
 音のキレイさだけだとこの人の右に出る人はいないのでは?
 ソリッドギターっぽいシャープな音色、透明感の強いクリーントーン、リバーブかディレイかコーラスが少々強めでスペーシー。
 Pat Methenyをさらに透明にしてスムースにした感じ。
 このアルバムはそんなギターの音の空間に包み込まれるような心地よさ。なかなか素直なジャズはやらない人なので、その意味でも貴重なアルバム。
 ということで、最高の音色を出すお二人が、交互に音を出してくれるお気に入りのアルバム。
 スムース・ジャズと言ってしまうと別のジャンルの音楽になってしまうのでしょうが、まさにそんな音。

※こちらは純ジャズ。ノスタルジックでいい感じ。

posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ