吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

bass

【Disc Review】“Casa” (2016-2017) Clara Presta, Federico Seimandi

“Casa” (2016-2017) Clara Presta, Federico Seimandi

Clara Presta (piano, voice) Federico Seimandi (bass)
Juan Pablo Theaux (timpe, guitar) Lisandro Mansilla (sax) Rodrigo Carazo, Guadalupe Gómez (voice)

Casa
Independiente
2018-02-05


 アルゼンチンの男女Duoの現代フォルクローレ。
 フォーキーで優しい、でも不思議感たっぷりな現代の音。
 ピアノとボーカルの女性とベースを中心として、楽曲によって少人数のゲストが加わる編成。
 音楽自体は静かなバラードを中心としたオーソドックスなテイスト。
 クラシック、ジャズ、フォルクローレ、少々のタンゴの香りがするポップス風味。
 ピアノもベースも奇をてらった感じでも派手な感じでもありません。
 むしろ訥々した感じ、少人数での南米ミュージックゆえの柔らかな浮遊感。
 さらに諸々ひねったような不思議感。
 シンプルなようで凝ったアレンジなのだと思います。
 全編に哀感が漂っていますが、激甘センチメンタルではない淡くてクールな感じ、複雑な動きのオリジナル曲は、いかにも現代の若者のメロディ。
 そんな音を背景にした、とても繊細で美しい声。
 ブラジルNo.1の超美声Gisele De Santiを薄めにしたような感じでしょうか?
 透明度高い可憐系、さらさらと流れながら、上に上がると自然に裏返る、ふわりとした心地よい声。
 素晴らしい歌なのですが、なぜか前面に出る感じではなく、ピアノ、ベース、ゲストのギター、サックスと対等にアンサンブルの一部として溶け込んでいるさり気ないイメージ。
 全編に漂うどこか懐かし気な空気感は、もちろん南米Saudade。
 などなど含めて、近年の現代フォルクローレの色合いが揃ったようなサウンド、優しい系。




posted by H.A.

【Disc Review】“Tangofied” (2012) Torben Westergaard, Diego Schissi

“Tangofied” (2012) Torben Westergaard, Diego Schissi

Torben Westergaard (bass) Diego Schissi (piano) 
Guillermo Rubino (violin) Paula Pomeraniec (cello) Santiago Segret (bandoneón) Ismael Grossman (acoustic guitar)

 デンマークのベーシストTorben WestergaardとアルゼンチンのピアニストDiego Schissi双頭リーダーバンドの現代タンゴ。
 Astor Piazzollaキンテートと同様の編成+チェロ。
 Astor Piazzollaの色合いが強く感じられますが、もう少し軽めで不思議感たっぷり。
 硬めのビート感に硬質なピアノ、とても哀し気な音色のバイオリンに、漂うバンドネオン、クールなギター、それらに重厚な背景を作りカウンターを当てるチェロ、そして不思議なエレキベース。
 計算されたアンサンブル、各人が代わる代わる前面に立ち、うねりを作りながら次々と変化していく背景のアンサンブルはいかにもタンゴですが、そんな中でエレキベースがファンクに跳ねる感じ。
 ピアノを中心とした全体のパキパキ感とベースの不思議な跳ね具合、さらに他の楽器の浮遊感の組み合わせがなんとも新しい感じ。
 リーダー陣のピアノとベースが後ろに下がる時間は強い浮遊感、とても優雅でクラシカルなムード。
 二人が戻るとピキピキパキパキしながら跳ねる感じの不思議な空気感。
 少々硬めの質感ながら、インプロビゼーションの場面では疾走系のジャズになるDiego Schissiのピアノがとてもいい感じ。
 一聴バラバラな感じが、なぜか自然に収まっていく感じがこれまた不思議。
 楽曲はAstor Piazzolla風もふんだんに取り入れた、哀愁、郷愁たっぷり、ドラマチックな構成。
 が、彼ほどの深刻感、沈痛感はなく、甘からず辛からず、そして曖昧過ぎない淡い色合いが中心。
 さらにどこかすっとぼけたような明るさがある不思議なテイスト。
 ベタつかないクールで乾いた質感もいかにも現代の音、そんなタンゴ。
 とても不思議な感じですが、とても素敵だと思います。




posted by H.A.


【Disc Review】“Partners” (1989) Paul Bley, Gary Peacock

“Partners” (1989) Paul Bley, Gary Peacock

Paul Bley (piano) Gary Peacock (bass) 


Partner
Paul Bley
Sunny Side
2003-07-29


 Paul Bley, Gary PeacockのDuo作品。
 イタリアSoul Note、あるいはドイツECMからではなく、フランスのOwlレーベルから。
 同じくDuo、Soul Noteの“Mindset” (1992)と同様に、Duo、各々のソロを概ね三分の一ずつ。
 構成は似ているものの、そちらと比べると激しく動く音。
 Gary Peacockはどちらも激しい演奏ですが、こちらはPaul Bleyも激しい演奏。
 この人にしては珍しくしっかりと空間が埋まったRichie BeirachSteve Kuhnのようなピアノ。
 二人あわせてKeith Jarrett Standardsな場面もしばしば。
 いつものたっぷりのタメを効かせた美しいバラード演奏も何曲かあります。
 理不尽なまでのスケールアウトもいつも通りなのだと思いますが、音数が多い分、それが目立ちません。
 録音もなんだかきらびやか。
 太い音で音量も大きいベースと、たっぷりのエコーが効いた高音が強い派手な音のピアノ。
 ECMの音に慣れてしまった耳には新鮮に聞こえます。
 が、こちらの方が普通なのかな?
 クールでアーティスチックなPaul Bleyではなく、Gary Peacockの名人芸と、その熱に合わせるような何でも弾けるジャズピアニストPaul Bley。
 ま、普通のジャズピアノではないのですが・・・
 やはり名人は何をやってもカッコいい。




posted by H.A.


【Disc Review】“Paul Bley with Gary Peacock” (1963, 1968) Paul Bley

“Paul Bley with Gary Peacock” (1963, 1968) Paul Bley

Paul Bley (Piano) Gary Peacock (Bass) 
Paul Motian, Billy Elgart (Drums)

Paul Bley With Gary Peacock
Paul Bley
Ecm Import
2000-08-15


 Paul MotianGary Peacockを中心とした、あの時代の少し変わったジャズ。
 ECMの制作ですが、録音は別の時代なのだと思います。
 Paul Motian 参加のピアノトリオの聖典“Waltz for Debby” (1961)、そしてGary Peacockも参加した”Trio '64” (1964) Bill Evansから遠くない時期の録音。
 ベースはScott LaFaroを想わせるような激しい動き。
 普通のジャズのようで、モダンジャズとは何か異質な美しさを散りばめながら、さらに微妙にズレていくようなピアノ。
 二人の動きを意識していないようにも聞こえる、淡々と静かにビートを刻むクールなドラム。
 アコースティック4ビートのモダンジャズですが、なんだか変わっています。
 美しいようでザラついていて、変なようでやはり美しい不思議なバランスは、後のKeith Jarrettのバンドにつながっていくような音。
 Ornette Coleman二曲にPaul Bley二曲、因縁のAnnette Peacock二曲にその他何曲か。
 フリーな場面は多くはありませんが、何か三者が微妙にズレていくような、不思議なバランス。
 普通なようで何か違う、稀代のスタイリストお三方のクリエイティビティとクールネス。
 1960年代と1970年代、モダンジャズとフリージャズ、さらに後のジャズを繋ぐような一作。

※近い時期の演奏から。


posted by H.A.

【Disc Review】“Miro por la ventana” (2013) Fernando Silva

“Miro por la ventana” (2013) Fernando Silva


Fernando Silva (bass, guitar, voice)
Carlos Aguirre (piano, keyboard, accordion, flute voice) Sebastian Macchi (piano, voice)
Marian Ruggieri (piano, celesta) Andres Beeuwsaert (piano, electric piano, synthesizer) Claudio Bolzani (guitar, voice) Nico Ibarburu, Luis Chavez Chavez (guitar)
Gonzalo Diaz (percussion) Eugenio Zeppa (bass clarinet, clarinet) Juampi di Leone (flute) Guadalupe Abero (voice) etc.

Miro por la ventana 〜 窓の外を眺めて
Fernando Silva
bar buenos aires
2014-04-10



 アルゼンチン、現代フォルクローレのベーシストFernando Silvaのリーダー作。
 Carlos AguirreAndrés BeeuwsaertAca Seca Trioなど、アルゼンチンの現代フォルクローレ、フォルクローレ的ジャズ諸作の数多くに参加する人。
 名作“Luz de agua” (2005)、”Luz de agua: Otras canciones” (2015) のメンバー。
 本作はそれらの諸作よりも少々ジャズフュージョンの方に振れたサウンド。
 リーダーのオリジナル曲に加えてCarlos Aguirre二曲。

 何曲かの歌ものは、漂うようなビートに瑞々しいギターと舞い落ちるようなピアノ、儚げなボイス、コーラス、そしてフレットレスベースが映える、あのCarlos Aguirreの世界。
 あるいは、少々ジャズに寄ったAndres Beeuwsaert的世界、きっちりとしたビートのロックな色合い、はたまたJaco Pastrius的なベース、ファンクなベースのジャズフュージョンな演奏、いわゆるアルゼンチン音響派的な不思議な電子音、生活音などが交錯する場面もちらほら・・・
 などなど、この界隈のさまざまな色合いがてんこ盛り。

 Carlos Aguirre的、“Luz de agua” (2005)的センチメンタリズム、繊細さはほどほどに、躍動感が前面に出たサウンド。

 オーソドックスな現代フォルクローレ、アルゼンチン・ジャズフュージョンの中に納まろうとしない、あるいはそこから飛び出そうとするムードが充満しています。
 アヴァンギャルドとまではいかずとも、攻めた感じ十分。
 さて、最後に数十秒の空白を作ったうえで収められた、過激なシークレットトラックは本気か遊びか?
 ・・・などなど含めて、今のアルゼンチンのいろんなサウンドが詰め込まれた一作。


 


posted by H.A.


【Disc Review】“Reflejos” (1997-2011) Daniel Nakamurakare

“Reflejos” (1997-2011) Daniel Nakamurakare

Daniel Nakamurakare (bass)
Edgardo Acuña (guitar) Adrián Fernández Fazio, Marcelo Macri (piano) Ricardo Fiorio, Lautaro Greco, Pablo Mainetti (bandoneon) Pablo Agri, Juan Roqué Alsina (violin) Pablo Rodríguez (percussion)




 おそらくアルゼンチン在住日系人による、現代タンゴ。
 Carlos AguirreのレーベルShagrada Medraから。
 少々重めのビート感、悲壮感も漂うようなメロディラインは、Astor Piazzolla的なイメージ。

 ってな感じでこのレーベルの現代フォルクローレのイメージとは雰囲気が異なります。
 さらに、ヨーロッパ系コンテンポラリージャズ的でもあるし、プログレッシブロック的にも聞こえます。
 Astor Piazzolla所縁のフォーマット。
 バイオリン、バンドネオン、ピアノが代わる代わる奏でる物悲しく深刻系のメロディとドラマチックな構成。
 音、ビートが上下左右に伸び縮みするバンドネオンと、激情を表出するバイオリン。
 そこまでは極めてAstor Piazzolla的なのですが、後方で、あるいはときおり前面に出るエレキベースのうねりが現代的。
 アンダーグラウンド的な妖しさもありながら、鬱屈した感じがしないのも微妙なバランス。
 むしろクールな質感、淡々とした哀感。
 それまた現代の音ならではなのかもしれません。
 フォルクローレとはまた違うアルゼンチン。
 クールな現代タンゴ。


 


posted by H.A.

【Disc Review】“Re-Enter” (1990) Masqualero

“Re-Enter” (1990) Masqualero
Arild Andersen (bass)
Tore Brunborg (saxophones) Nils Petter Molvaer (trumpet) Jon Christensen (drums)

Re-Enter
Masqualero
Ecm Records
2001-02-27


 ノルウェーのスーパーアーティストを集めたバンドMasqualeroの最終作?。
 美しいピアノのJon Balkeが参加していた“Bande a Part” (1986)、ピアノがクリエイティブ系ギターに交代した“Aero” (1988)から、和声楽器を排した本作。
 Ornette Coleman所縁のピアノレス二管のフォーマット。
 編成から想像される自由度の高い激しい音。
 甘さを排した不思議感、クールネス全開の北欧的フリー混じりジャズ。
美しいJon Balkeのピアノが加わった方が、より上品になってECMっぽいのかもしれないけども、激しい系をやるならばこの編成の方がいいのかもしれません。
 自由に叩きまくるドラムと、強烈なグルーヴを作る激情ベース。
 クールに寂寥感の塊のような音を出すNils Petter Molvaerも、このバンドではあるいはこの期では激情を交えつつのバリバリ系。
 Tore BrunborgはJohn Coltrane、同胞のJan Garbarekスタイルの重い情念ほとばしり系サックス。
 哀しげな表情、ノルウェーの民族音楽が混ざった感じながら、愛想が無い楽曲はこの系の音楽のお約束。
 緊張感と切迫感、激しい叫びのような音の塊。
 Ornette Coleman的であり、バンド名所縁の1960年代Miles Davis的でもあり、1970年代ECM的でもあり。
 1990年代、ECMでは同編成の“Old and New Dreams” (1979)から十年。
 ドロドロとした1960~70年代フリージャズの復活とみるか、次の新しい音を目指した試行とみるか。
 いずれにしても穏やかな21世紀になってからは、なかなか聞けないハイテンションな音ではあります。

※少し前の演奏から。


posted by H.A.


【Disc Review】“Em Casa Com Luiz Eça” (2017) Igor Eça

“Em Casa Com Luiz Eça” (2017) Igor Eça
Igor Eça (bass, guitar, voice)
Toninho Horta (guitar, voice) Itamar Assiere (piano) Jurim Moreira, Ricardo Cota (drums)
Dori Caymmi, Edu Lobo, Zé Renato (voice) Mauro Senise (flute, sax) 

Em Casa Com Luiz Eca
Igor Eca
Imports
2017-04-21


 ブラジル、ジャズサンバトリオTamba TrioのピアニストLuiz Eçaへのトリビュートアルバム。
 リーダーは明記されていませんが、息子さんのIgor Eçaが仕切ったのでしょうかね?
 楽曲はLuiz Eçaの作品を中心とした、オーソドックスなジャズサンバ。
 バンドはピアノトリオ+ギター+木管を中心とした、これまた由緒正しいオーソドックスなブラジリアン・ジャズフュージョン編成、一部ボーカル入り。
 そのギターがToninho Horta
 ガットギターはもちろん、丸い音のエレキギターもたっぷり。
 さらにボーカルはそのToninho Hortaに加えて、Dori Caymmi, Edu Loboの豪華ゲスト陣。
 ま、想像通りの平和で楽し気な音。
 普通・・・といえばその通りなのですが、Toninho Hortaのギターがたっぷり聞ければ文句なし。
 やはりこのあたりのサウンドは、気楽に安心して聞けるなあ・・・


※別のバンドから。


posted by H.A.

【Disc Review】“Liberetto III” (2017) Lars Danielsson

“Liberetto III” (2017) Lars Danielsson
Lars Danielsson (double bass, cello, piano, wah-wah cello, guembri)
Grégory Privat (piano) John Parricelli (guitars) Magnus Öström (drums, percussion)
Arve Henriksen (trumpet, voice) Mathias Eick (trumpet) Björn Bohlin (english horn, oboe d'amore) Dominic Miller (acoustic guitar) Hussam Aliwat (oud)

LIBERETTO III
V/A
ACT
2017-05-26


 北欧ジャズの大御所Lars DanielssonのLiberettoシリーズ第三弾。
 “Liberetto” (2012)、“Liberetto II” (2014) と変わらない、哀愁短編小説集のような、悲し気でメロディアス、ドラマチックな楽曲。上品、上質なヨーロピアンコンテンポラリージャズ。
 今回のピアニストはカリブのGrégory Privat
 この人のバンドのピアニスト、古くはBobo Stenson、その他以下などの強烈な面々。
  “Libera Me” (2004) Carsten Dahl
  “Pasodoble” (2006,2007), “Tarantella” (2009) Leszek Mozdzer
  “Liberetto” (2012)、“Liberetto II” (2014) Tigran Hamasyan
 よくもまあ、私的な好みの人ばかり連れてくるというか、何と申しましょうか。
 凄まじいテクニック、疾走感もさることながら、それぞれ個性は違えど、Larsさんの頭の中で鳴っている少々沈痛気味の哀愁のメロディに合いそうな人をチョイスしているんでしょうね。たぶん。
 であれば、私の好みに合うのは偶然ではなく必然なのでしょう。たぶん。
 上記の三人のピアニストに比べて、強烈な個性は譲りますが、その分、上品でスッキリした感じ。
 自身のリーダー作“Ki Koté”(2011)、“Tales of Cyparis” (2013)などでは、強烈な疾走感に加えて、カリブ~南米系特有の浮遊感が加わる素晴らしい演奏でしたが、本作でも要所で軽快に突っ走っています。
 さておき、本作も全編哀愁が漂う切ないメロディに圧倒的なバンドの演奏力。
 ピアノトリオ+ギターをベースとして、曲ごとにホーン他のゲストが入る構成。
 ゲストはこの人のアルバムではお馴染みの寂寥感の塊のような音のノルウェー人トランペッター二人に、その他エキゾチック系の楽器などなどなど。
 楽曲ごとに前面にフィーチャーされる人が変わっていきますが、美メロ、美コードをベースに長尺にインプロビゼーションする・・・というよりは、凝った構成とアンサンブルが中心になってきた感じでしょうか?
 クラシック系、アラブ系、スペイン系、ディストーションが効いたギターがうなるロック、ボッサのバラード、いかにもなヨーロピアンピアノジャズ前向き系、沈痛系、尺八のような響きのトランペットの寂寥系、疾走系・・・その他諸々。
 諸々のテイストが混在しているのですが、ここまでの諸作に比べて、全体の演奏がカッチリ、スッキリしている分、また、インプロビゼーションが前面に出る場面が少なく感じられる分、ポップに聞こえるかもしれません。
 そのあたりで好みがわかれるのかな?
 いずれにしてもメロディはあの昭和的?な哀感が漂うLars Danielssonワールド。
  北欧哀愁短編小説ジャズは健在です。





 Lars Danielson諸作、私が知る限り。
 他にもたくさんの参加作品があるのでしょう。
 現在のACTのシリーズとその前の作品の間で期間が空いています。
 オリジナル曲の作風がその間で変わっているのが面白いところ。
 くどいまでの美メロはそれまでの親分Lars Janssonの影響が強かったりするのかな?
 いずれにしても現代の北欧ジャズの親分、その最右翼の一人、ですかね。

Time Unit” (1984)
"New Hands" (1986)
"Tiá Diá" (1987) with Alex Acuña
  "The Eternal Now" (1987) Lars Jansson
"Nightlight" (1990) with Alex Acuña
"Poems" (1991)
  "A Window Towards Being" (1991) Lars Jansson
"Fresh Enough" (1992)
"Far North" (1994)
"Continuation" (1994)
"European Voices" (1995)
  "Invisible Friends” (1995) Lars Jansson
  ”The Time We Have” (1996) Lars Jansson
  "Our Standards" (1996) Joey Calderazzo
"Origo" (1997)
"Live At Visiones" (1997)
  ”Hope” (1999) Lars Jansson
  "Witnessing" (2002) Lars Jansson

Libera Me” (2004)
The Time” (2005) Leszek Mozdzer, Lars Danielson, Zohar Fresco
“Live” (2005,2006) Możdżer, Danielsson, Fresco
Melange Bleu” (2006) Lars Danielsson
Salzau Music On The Water” (2006) Danielsson, Dell , Landgren
Between Us & The Light” (2006) Możdżer, Danielsson, Fresco
  "Notes From The Heart" (2006) Ulf Wakenius
Pasodoble” (2006,2007)
  "Love Is Real" (2008) Ulf Wakenius
  "Voyage" (2008) Youn Sun Nah
Tarantella” (2009)
  "Same Girl" (2010) Youn Sun Nah
  "Arabesque" (2011) ‎with Cæcilie Norby
  "Vagabond" (2012) Ulf Wakenius
Liberetto” (2012)
  "Lento" (2012) Youn Sun Nah
Polska” (2013) Możdżer, Danielsson, Fresco
Liberetto II” (2014)
  "Just The Two Of Us" (2015) ‎with Cæcilie Norby  
Jazz at Berlin Philharmonic III” (2015) Leszek Możdżer
  "Sun Blowing" (2016) with Marius Neset, Morten Lund
Liberetto III” (2017)

posted by H.A.

【Disc Review】“Melange Bleu” (2006) Lars Danielsson

“Melange Bleu” (2006) Lars Danielsson
Lars Danielsson (cello, acoustic bass, Fender bass, piano, Fender Rhodes)
Bugge Wesseltoft (piano) Eivind Aarset (guitar) Gustaf Ljunggren (steel guitar, syntheziser) Jon Christensen (drums, percussion) Anders Engen (drums)
Jan Bang (samples, livesampling) Pål ''Strangefruit'' Nyhus (vinyl channeling) Vytas & Mario Basanov (beats & samples) Xavier Desandre Navarre (percussion)
Nils Petter Molvaer (trumpet) Cæcilie Norby (voices)
Copenhagen Concert Orchestra

Melange Bleu
Lars Danielsson
Act
2006-10-24


 Lars Danielsson の静かでクールなフューチャージャズ的作品。
 メンバーには“Libera Me” (2004)にも参加していたノルウェーのNils Petter Molvaer人脈の面々の名前。
 Nils Petter Molvaerの諸作ほど暗くて激しい場面があるわけはありませんが、いかにもそれらしいビート、展開もしばしば。
 が、全体の音の流れはあくまで静謐です。
 Bugge Wesseltoftの色合いが最も強く出ているのかもしれませんが、いずれにしてもノルウェー系のクリエイティブ系ジャズ、あるいはラウンジ系ミュージックの色合い。
 そんな電子音を含めたクールで淡々とした色合いと、Lars Danielssonの昭和的?哀愁ジャズのフュージョンミュージック。
 悲し気なメロディとクールで電子的なビートを背景にして、寂寥感の塊のようなトランペットやら、美しいピアノやら、チェロやら・・・
 私が知る限りのLars Danielsson諸作ではほとんどなかった無機質な感じが強く、とてもクール。
 ちょっと聞いただけでは彼の作品とは思わないかもしれません。
 ひんやりとした質感と淡々と進むリズム、少々のデジタル臭~人工感。
 彼の作品としては異色で、ジャズ的な色合いも薄いのですが、とても心地よい音。
 ジャズジャズした他の作品よりもポップに聞こえるかもしれません。
 この作品のピアノはノルウェーのBugge Wesseltoft
 近作の若手ピアニストのように突っ走ることはありませんが、電気楽器の使い方を含めて、とてもクールでかつ悲し気な表情。
 Lars Danielssonバンドのピアニスト、古くはスウェーデンの大御所Bobo Stenson、先の“Libera Me” (2004) ではデンマークのCarsten Dahl
 さらに本作と並行して、あるいはこの後、ポーランドのLeszek Możdżerとのコラボレーション“The Time” (2005)、“Between Us & The Light” (2006)、”Pasodoble” (2006,2007)、“Tarantella” (2009)・・・・ ‎が始まり、次いでアルメニアのTigran Hamasyanを迎えて“Liberetto” (2012)、“Liberetto II” (2014)、最近作の“Liberetto III” (2017)ではフランス領カリブ系のGrégory Privatと、凄いピアニストが並びます。
 どの人もスーパーピアニスト、本作含めて、どれも名作です。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ