吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

alto_sax

【Disc Review】“Out There” (Aug.1960) Eric Dolphy

“Out There” (Aug.1960) Eric Dolphy

Eric Dolphy (flute, bass clarinet, alto saxophone, clarinet)
Ron Carter (bass, cello) George Duvivier (bass) Roy Haynes (drums)

Out There
Eric Dolphy エリックドルフィー
Original Jazz Classi
1989-12-12


 Eric Dolphyの第二作。
 不思議感120%のモダンジャズ。
 4か月前に制作した前作“Outward Bound” (Apl.1960)は普通にモダンジャズな形でしたが、ここではそれを壊しに行っているように思います。
 異次元空間からやってきましたあ・・・ってな感じ十分な音。
 コードを縛るピアノは外して空間を広げて、これでやっと爆発的な演奏が収まりそうな空間ができたかも・・・
 でも、まだ4ビートを刻むウォーキングベースとドラムが邪魔かなあ・・・
 ってな感じで、リズムの二人はキッチリジャズを演奏していますが、Eric Dolphyはもちろん、Ron Carterはぶっ飛び気味。
 このアルバムはぶっ飛んでますが、ここから先しばらくは“Olé Coltrane” (May.1961)、“Live! at the Village Vanguard” (Nov.1961)などのJohn Coltraneとの共演も含めて、少し時計の針を戻したようなオーソドックな色が強いジャズ。
 時代が進み、Tony Williams その他、多くのアーティストがぶっ飛んだ演奏を始めてやっと“Out To Lunch” (1964)にたどり着いた・・・ってな感じでしょうか。
 ジャケットはなんだかよくわからないChirico風の不思議な絵。
 そのままの音。
 他者を寄せ付けない爆発的な演奏力もさることながら、モダンジャズ離れした本作と“Out To Lunch” (1964)がEric Dolphyの真骨頂、なのでしょう。
 それを引き継いだのは果たして・・・?
 ちょっと違うか・・・
 ヨーロッパ系にいたような気もするのだけも、思い出せないなあ・・・?




posted by H.A.


【Disc Review】“Outward Bound” (Apl.1960) Eric Dolphy

“Outward Bound” (Apl.1960) Eric Dolphy

Eric Dolphy (flute, bass clarinet, alto saxophone)
Freddie Hubbard (trumpet) Jaki Byard (piano) George Tucker (bass) Roy Haynes (drums)

Outward Bound
Eric Dolphy
Ojc
1991-07-01


 Thelonious Monkに次いで、同じく歪む時空の音を奏でるEric Dolphy、デビュー作。
 若くして亡くなったクリエイティブなアーティスト、時間が短すぎて全部やり切れてはなかったんだろうなあ・・・ってな印象。
 亡くなる少し前の“Out To Lunch” (1964)、“Point of Departure”(1964) Andrew Hillなどが凄まじい演奏。
 亡くなった1964年以降にフリージャズ、フュージョン、その他諸々新しい動きが盛り上がったのでしょうから、この人がいればもっと凄いことになっていたんだろうなあ・・・と思います。
 本作はその時代よりも少し前、ジャズとブルースが中心の作品。
 全編アコースティック4ビート、スタンダード曲も入っていますが、それでもなんだか変わっています。
 先行していた?Ornette Coleman的といえばそうなのかもしれないけども、もう少しオーソドックス寄り。
 加えて爆発的なサックス他の演奏力。
 サポートメンバーは名手揃いですが、Eric Dolphyの音が鳴ると空気感が一変するようにも感じます。
 トランペットが先導する“On Green Dolphin Street”などはその典型。
 天才Freddie Hubbardがキッチリテーマを出し、流麗なソロを展開しますが、その間のバスクラリネットのソロはなんだか別世界。
 後の強烈さこそまだないにせよ、ソロが始まると、あるいはテーマを吹くだけでも急に緊張感が高くなるように感じます。
 他のメンバーが平和なモダンジャズな演奏だけに好対照。
 ちょっと変わったオリジナル曲も含めて全編そんな感じ。
 Freddie Hubbardが対抗しよう?としている感じの場面もありますが、ナチュラルにブチ切れ気味のソロを展開するEric Dolphyにはかないませんかねえ・・・
 由緒正しき形式のバース交換の場面、ブルースの演奏などもそんな感じ。
 普通にジャズをやってみようと思っているのだけども、無意識に枠組みから外れてしまいますぅ・・・って感じ。
 後のスタジオ録音アルバムでは枠組み自体を壊してしまえ・・・ってな感じのものもありますが、ライブでの録音などは、オーソドックスなフォーマットとそれに納まりきらないサックス、その不思議なアンバランス。
 やはりこの頃から全く普通ではない音使い。
 それをキッチリと収める形ができたのは“Out To Lunch” (1964)?
 そこでもまだ未完だった感じもするなあ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Unloved” (2017) Maciej Obara Quartet

“Unloved” (2017) Maciej Obara Quartet
Maciej Obara (alto sax)
Dominik Wania (piano) Ole Morten Vågan (double bass) Gard Nilssen (drums)

Unloved
Maciej -Quartet- Obara
Ecm Records
2017-11-10


 ポーランドのサックス奏者Maciej ObaraのECMでの第一作。たぶん。
 静かで美しいジャズバラードを中心としたアルバム。
 Charles LoydeのECM名作諸作を想い起こすような音。
 サックスは、サブトーンがしっかり効きながらも艶のある極めて美しい音、ゆったりとした吹きっぷり。
 アルトがテナーのように聞こえます。
 冒頭からECMの定番、今にも止まりそうなルバートでのスローバラード。
 周囲の景色がゆっくりと溶けていくような音。
 そんな演奏が何曲か。
 ビートが定まっても、繊細に鳴るシンバルとピアノの高音がペースを作る静かな演奏。
 長くはありませんがアップテンポの場面では、バンドが一体となった強烈な疾走感。
 Maciej Obaraのサックス、ブチ切れたり妙な音使いはせず、上品で硬軟織り交ぜた素晴らしい表現力。
 さらにピアニストDominik Waniaは漂うような音から疾走まで、一聴してタダモノではないことが分かるスーパーピアニストの片鱗。
 いかにもヨーロピアン、いかにもECMな素晴らしい演奏。
 ドラムとベースもフリーと強烈なグルーヴを使い分けつつ、縦横無尽の素晴らしいサポート。
 このピアノトリオのメンバーも遠からずECM御用達の人になるのでしょう。
 オリジナル中心の楽曲は、いかにもポーランドジャズな少々沈痛系の哀し気なメロディ、ECMでありがちな抽象的なそれではありません。
 ビートもなんだかんだで4ビートが中心、ECMには珍しく、いかにもジャズ。
 さらに、高い透明度とたっぷりのエコーが加わった、こちらはECM的な素晴らしい録音。
 ピアノもサックスもベースもドラムも、極めて上品な最高に心地よい音。
 20世紀型ジャズ、20世紀型ECMといえばそうなのかもしれませんが、極めて上質なジャズサックスカルテット。
 普通のジャズファンも大喜びの名作でしょう。




posted by H.A.


【Disc Review】“Lyrics” (2001) Henryk Miskiewicz & Simple Acoustic Trio

“Lyrics” (2001) Henryk Miskiewicz & Simple Acoustic Trio
Henryk Miskiewicz (Alto Saxophone, Soprano Saxophone, Bass Clarinet)
Marcin Wasilewski (piano) Slawomir Kurkiewicz (bass) Michal Miskiewicz (drums)



 ポーランドのベテランサックス奏者Henryk Miskiewicz、同胞の当時の若手ピアノトリオSimple Acoustic Trioとの共演作。
 哀愁の漂うワンホーンジャズカルテット。
 ポーランド系、どうもKomeda、Tomasz Stankoのイメージが強くて、沈痛な感じがあるのですが、本作は明るくて上品な感じ。
 哀愁系の楽曲揃いですが、カラッとしていてアメリカンな感じすらあります。
 サックスは少々歪んだ音ながらスムースな音使い、少々の激情系。 オーソドックスながら表現力は抜群でエキサイティングな演奏。
 “Upojenie” (2002) Anna Maria Jopek, Pat Methenyにも参加していて、ポーランドではファーストコールな管楽器奏者なのでしょう。
 音使いからするとフュージョン系の人かもしれません。
 Simple Acoustic Trioも本作ではオーソドックスなジャズピアノトリオに徹しています。
 フィーチャーされるスペースも大きいのですが、楽曲との関係もあるのでしょうが、なぜかオーソドックスな演奏。
 それでも単なる伴奏者ではなく、只者ではない感が漂っています。
 終始とても落ち着いた演奏。
 おそらくリーダーとは親子ほどの年齢差があるのでしょうが、一番やんちゃに聞こえるのはリーダー。
 楽曲はリーダーの作品中心、他にMaria Schneider、ソプラノサックスとピアノのDuoでの”Thema From Spartakus”などはシンプルながら絶品。
 ジャンピーなナンバーから切なげなバラードまで、わかりやすい哀愁のメロディの連続。
 ヨーロピアンコンテンポラリージャズ的、あるいはECM的な妖しさはありません。
 Simple Acoustic Trioな音楽ではなく、Henryk Miskiewiczのオーソドックスなコンテンポラリー系ジャズ作品、哀愁系として楽しむのが吉。




posted by H.A.

【Disc Review】“Voce E Eu” (2000) Phil Woods, Barbara Casini

“Voce E Eu” (2000) Phil Woods, Barbara Casini
Phil Woods (sax) Barbara Casini (vocal)
Stefano Bollani (piano)

VOCE E EU-FEATURING STEFANO BOLLANI
PHIL WOODS&BARBARA CASINI
PHILOLOGY
バーバラ・カッシーニ  フィル・ウッズ


 大御所Phil Woods、ボーカリストBarbara Casiniとのボサノバアルバム。
 どうもPhil Woods in Italyってなシリーズがあるようで、そのChapter 2。
 相棒はイタリア系ブラジル人かブラジル系イタリア人なのかわかりませんが、イタリア在住のボーカリストBarbara Casiniと、こんな企画にはまり役のイタリアンStefano Bollani。
 Barbara Casini は”Vento” (1999) Barbara Casini, Enrico Rava、“Vira Vida”(2003) Nicola Stilo / Toninho Hortaといったアルバムがある人。
 イタリアでジャズの人がボサノバをやるときにはファーストコールなボーカリストなのでしょう。
 確かにいかにもボサノバチックな柔らか、かつ華やかなvoice。
 オシャレです。
 後追いで聞いた“Outro Lado” (1990)のハイテンション加減には仰天しましたが、ここではこの時期の諸作同様、優し気で穏やか、典型的なブラジリアンな歌い方。
 雰囲気はもちろん、歌唱力、表現力ともに抜群です。
 Stefano Bollaniは説明無用・・・かもしれませんが、BossaNova大好きなようでそんな作品も多いのですが、ちょっと変わったBossaNovaピアノ。
 本作ではドラムもベースもいませんので、ビート作りもバッキングもやり放題。
 あっちに行ったりこっちに行ったり、伸びたり縮んだり、遅くなったり速くなったり、意外な方向に音を飛ばしてみたり。
 ボサノバ特有の柔らかさはあるものの、線が細くて鋭い音。
 ジャズの時を含めて、この人のピアノにはいつもそんな色合いを感じます。
 楽曲はどこかで聞いたことのある代表曲揃い。
 Antônio Carlos Jobim, Ary Barroso, Carlos Lyra, Baden Powell, Caetano Veloso・・・。
 Phil Woodsはいつもながらの王道ジャズサックス。
 変わったピアノが背景を作って、オシャレなvoiceと渋いサックス。
 ピアノの不思議さ加減がいいアクセントになったオシャレで素敵なボサノバアルバム。
 アメリカ系のボサノバよりも柔らかい感じがするのは気のせいでしょうか?
 私の好みはこちらです。
 もちろん本場ブラジルがいいのですが、イタリア系はオシャレで、洗練されていて、繊細で。
 本作もその通りのアルバムです。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Complete 1960 Jazz Cellar Session” (1960,1961) Ben Webster, Johnny Hodges

“The Complete 1960 Jazz Cellar Session” (1960,1961) Ben Webster, Johnny Hodges
Ben Webster (tenor sax) Johnny Hodges (alto sax)
1960:
Lou Levy (piano) Herb Ellis (guitar) Wilfred Middlebrooks (bass) Gus Johnson (drums)
1961: 
Ray Nance (trumpet) Lawrence Brown (trombone) Emil Richards (vibraphone) Russ Freeman (piano) Joe Mondragon (bass) Mel Lewis (drums)

Complete 1960 Jazz Cellar Session
Ben Webster & Johnny Hodges
Ais
ベン ウエブスター
ジョニー ホッジス
 


 好きなサックスは?と聞かれると、David Murray、Ben Webster、Archie Shepp、Ike Quebec、Johnny Hodges+Paul Desmondと答えます。
 たくさん名前を挙げるのが面倒くさい時は、Ben Webster、Johnny Hodgesの二人。
 共通点は音がいいこと・・・ぐらいですかね。
 テナーは太くて激しい音、アルトは優雅な音が好み。
 脈略があるのかないのかわからないけども、この二十年ほど変わっていないなあ・・・
 その二人の共演盤。
 もちろんエリントンのビッグバンドではたくさん共演はあるのでしょうが、この二人だけのホーンが聞けるのはこれだけナノでしょうかね?
 どこにでもありそうなオールドテイストのジャズ。
 いかにも西海岸な感じの少し軽めのリズム隊。
 それでもこの二人が吹くと急に重厚感と脂気が出てくる感じ。 
 黒々した太い音とサブトーンのBen Webster、艶々した音と優雅なムードのJohnny Hodges。
 どちらもとろけそうな音。
 回転している店では絶対出てこない、脂がたっぷり乗った極上の大トロと中トロ。
 ちょっと生臭いぐらいの方が通に受けるんでしょうね。
 エリントンさんが惹かれたのがよくわかります。




posted by H.A.

【Disc Review】“Somethin Else” (1958) Cannonball Adderley

“Somethin Else” (1958) Cannonball Adderley
Cannonball Adderley (alto saxophone)
Miles Davis (trumpet) Hank Jones (piano) Sam Jones (bass) Art Blakey (drums)

Somethin' Else (Rudy Van Gelder Edition)
Blue Note Records

キャノンボール アダレイ 
マイルス デイビス

 天才マイルス・デイビス。
 この世紀の名作は「モダンジャズ」の教科書。
 スタンダードチューンに素敵な処理を施し、少しだけひねったオリジナル曲を入れ、さらにブルースを入れる。
 その配分はその時々で考えるとしても、それぞれが高いレベルでできていなければ、いい「モダンジャズ」にはなりません。
 バックビートとウォーキングでビートを固め、出しゃばらない音でコードを決めて、ホーンで前面に出るサウンドを作る。
 ホーンが複数いる場合は、きちんとハーモニーを固め、それぞれの個性が際立つように演奏しなければなりません。
 そんなアルバム、まさにクインテットでの「モダンジャズ」の教科書。
 また、リーダーの個性で音楽のムードが決まります。
 派手な演奏が得意な人であればそれなりに、端正な演奏が得意な人であればそれなりの音楽になります。
 全体を貫く端正なムードの所以はもちろんMilesの存在。
 CannonballでもArt Blakeyでもありません。
 Miles Davis、彼がいなければこんなアルバムにはなりません。
 よってMiles Davisのアルバムであることに異論がある人は少ないのでしょう。

 でもCannonball だけの“Dancing In The Dark”はカッコいいし、”枯葉”のアルトサックスソロも最高ですね。 




posted by H.A.

【Disc Review】“Pursuance” (1996) Kenny Garrett

“Pursuance” (1996) Kenny Garrett
Kenny Garrett (Alto Saxophone)
Rodney Whitaker (Bass) Brian Blade (Drums) Pat Metheny (Guitar)



 元Milesバンドのサックス奏者Kenny Garrett、Pat Methenyを迎えてのJohn Coltraneトリビュート。
 繋がりそうで繋がらない気がする不思議な取り合わせ。
 もちろんColtraneはジャズの人誰にとっても神様なのでしょうから、やりたい企画ではあるのでしょう。
 Kenny Garrett、サックスの演奏は激しくとも、音楽的にはあまり過激なことはしないイメージがありましたが、本作も基本的にアコースティックな4ビートジャズ。
 音のイメージはJackie McLeanに近いのでしょうかね。
 激烈系Coltraneの色合いが入るのは”Lonnie’s Lament”での短時間のみ。
 緊張感高い系のColtraneの曲に乗って、これでもかこれでもかと吹きまくりますが、あくまでオーソドックス。
 Pat Methenyもクリーントーンでのジャズギターが中心。
 少々暴れ気味なのは、ギターシンセサイザーでの”Lonnie’s Lament”+α、ピカソギターでの”After the Rain”だけ。
 といったところで、意外にもオーソドックスなジャズの色合いが強い作品。
 最後のオリジナル曲に少々の毒気。
 でも少々だなあ・・・ このくらいの加減がいいのかな?




posted by H.A.

【Disc Review】“Song X” (1985) Pat Metheny, Ornette Coleman

“Song X” (1985) Pat Metheny, Ornette Coleman
Pat Metheny (guitar, guitar synthesizer) Ornette Coleman (alto saxophone, violin)
Charlie Haden (acoustic bass) Jack DeJohnette (drums) Denardo Coleman (drums, percussion)

Song X
Pat Metheny
Nonesuch
オーネット コールマン
パット メセニー

 Pat Metheny、Ornette Colemanとの共演作。
 ECM 最終作“First Circle” (1984)の後。
 デビュー当時からOrnette Colemanへの憧れは明白でしたので、ECMの縛りが無くなったらやりたかった企画なのでしょう。
 過激なフリージャズが印象に残る作品。
 激烈系の演奏は、さすがにここまでノイジーだと頭の中をかき回されるようで、ちょっと引いてしまいますが、すごい演奏であることは確か。
 Jack DeJohnetteが叩き出す激しいビート、マシンガンのようなベースを背景にした超弩級のエネルギーの放出は、聞き方を変えれば心地いいんだろうなあ・・・とは想像はできます。 私はいまだに慣れませんが・・・
 激烈系の数曲以外は、文字通り自由に飛び回るようなサックスとギターがカッコいいのですがねえ。
 ともあれ、お気に入りはそんな激烈な演奏の中にポツンと置かれた絶品のスローバラードの"Kathelin Gray"。
 最初から最後までリズムが定まらないルバートっぽい演奏。
 もの悲しく美しいメロディ、コードの上で、サックスとギターのフワフワと漂いながらの絡み合いが最高にカッコいい。
 Pat Metheny、ルバートっぽい演奏はしないので貴重。これだけではないかなあ。
 問題作だと思いますが、"Kathelin Gray"一曲で買いです。




posted by H.A.

【Disc Review】“Winter Moon” (1980) Art Pepper

“Winter Moon” (1980) Art Pepper
Art Pepper (Alto Sax, Clarinet)
Cecil McBee (Bass) Carl Burnett (Drums) Howard Roberts (Guitar) Stanley Cowell (Piano) & Strings

Winter Moon
Art Pepper
アート ペッパー



 Art Pepper、クールで辛口なWith Strings。
 この頃のArt Pepperはハードボイルド。
 優雅なスタンダード曲を多く入れつつも、自作曲がクール。しかもそれがカッコいい。
 インプロビゼーションは辛口、少々激情系。
 ストリングス含めたアレンジは少々過剰なドラマチック系。
 優雅なはずのスタンダードも陰のある質感に。
 まるでマフィア映画のサントラみたい。
 甘さを排除した、クールでハードボイルドなWith Strings。




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ