吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

alto_sax

【Disc Review】“Lyrics” (2001) Henryk Miskiewicz & Simple Acoustic Trio

“Lyrics” (2001) Henryk Miskiewicz & Simple Acoustic Trio
Henryk Miskiewicz (Alto Saxophone, Soprano Saxophone, Bass Clarinet)
Marcin Wasilewski (piano) Slawomir Kurkiewicz (bass) Michal Miskiewicz (drums)



 ポーランドのベテランサックス奏者Henryk Miskiewicz、同胞の当時の若手ピアノトリオSimple Acoustic Trioとの共演作。
 哀愁の漂うワンホーンジャズカルテット。
 ポーランド系、どうもKomeda、Tomasz Stankoのイメージが強くて、沈痛な感じがあるのですが、本作は明るくて上品な感じ。
 哀愁系の楽曲揃いですが、カラッとしていてアメリカンな感じすらあります。
 サックスは少々歪んだ音ながらスムースな音使い、少々の激情系。 オーソドックスながら表現力は抜群でエキサイティングな演奏。
 “Upojenie” (2002) Anna Maria Jopek, Pat Methenyにも参加していて、ポーランドではファーストコールな管楽器奏者なのでしょう。
 音使いからするとフュージョン系の人かもしれません。
 Simple Acoustic Trioも本作ではオーソドックスなジャズピアノトリオに徹しています。
 フィーチャーされるスペースも大きいのですが、楽曲との関係もあるのでしょうが、なぜかオーソドックスな演奏。
 それでも単なる伴奏者ではなく、只者ではない感が漂っています。
 終始とても落ち着いた演奏。
 おそらくリーダーとは親子ほどの年齢差があるのでしょうが、一番やんちゃに聞こえるのはリーダー。
 楽曲はリーダーの作品中心、他にMaria Schneider、ソプラノサックスとピアノのDuoでの”Thema From Spartakus”などはシンプルながら絶品。
 ジャンピーなナンバーから切なげなバラードまで、わかりやすい哀愁のメロディの連続。
 ヨーロピアンコンテンポラリージャズ的、あるいはECM的な妖しさはありません。
 Simple Acoustic Trioな音楽ではなく、Henryk Miskiewiczのオーソドックスなコンテンポラリー系ジャズ作品、哀愁系として楽しむのが吉。




posted by H.A.

【Disc Review】“Voce E Eu” (2000) Phil Woods, Barbara Casini

“Voce E Eu” (2000) Phil Woods, Barbara Casini
Phil Woods (sax) Barbara Casini (vocal)
Stefano Bollani (piano)

VOCE E EU-FEATURING STEFANO BOLLANI
PHIL WOODS&BARBARA CASINI
PHILOLOGY
バーバラ・カッシーニ  フィル・ウッズ


 大御所Phil Woods、ボーカリストBarbara Casiniとのボサノバアルバム。
 どうもPhil Woods in Italyってなシリーズがあるようで、そのChapter 2。
 相棒はイタリア系ブラジル人かブラジル系イタリア人なのかわかりませんが、イタリア在住のボーカリストBarbara Casiniと、こんな企画にはまり役のイタリアンStefano Bollani。
 Barbara Casini は”Vento” (1999) Barbara Casini, Enrico Rava、“Vira Vida”(2003) Nicola Stilo / Toninho Hortaといったアルバムがある人。
 イタリアでジャズの人がボサノバをやるときにはファーストコールなボーカリストなのでしょう。
 確かにいかにもボサノバチックな柔らか、かつ華やかなvoice。
 オシャレです。
 後追いで聞いた“Outro Lado” (1990)のハイテンション加減には仰天しましたが、ここではこの時期の諸作同様、優し気で穏やか、典型的なブラジリアンな歌い方。
 雰囲気はもちろん、歌唱力、表現力ともに抜群です。
 Stefano Bollaniは説明無用・・・かもしれませんが、BossaNova大好きなようでそんな作品も多いのですが、ちょっと変わったBossaNovaピアノ。
 本作ではドラムもベースもいませんので、ビート作りもバッキングもやり放題。
 あっちに行ったりこっちに行ったり、伸びたり縮んだり、遅くなったり速くなったり、意外な方向に音を飛ばしてみたり。
 ボサノバ特有の柔らかさはあるものの、線が細くて鋭い音。
 ジャズの時を含めて、この人のピアノにはいつもそんな色合いを感じます。
 楽曲はどこかで聞いたことのある代表曲揃い。
 Antônio Carlos Jobim, Ary Barroso, Carlos Lyra, Baden Powell, Caetano Veloso・・・。
 Phil Woodsはいつもながらの王道ジャズサックス。
 変わったピアノが背景を作って、オシャレなvoiceと渋いサックス。
 ピアノの不思議さ加減がいいアクセントになったオシャレで素敵なボサノバアルバム。
 アメリカ系のボサノバよりも柔らかい感じがするのは気のせいでしょうか?
 私の好みはこちらです。
 もちろん本場ブラジルがいいのですが、イタリア系はオシャレで、洗練されていて、繊細で。
 本作もその通りのアルバムです。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Complete 1960 Jazz Cellar Session” (1960,1961) Ben Webster, Johnny Hodges

“The Complete 1960 Jazz Cellar Session” (1960,1961) Ben Webster, Johnny Hodges
Ben Webster (tenor sax) Johnny Hodges (alto sax)
1960:
Lou Levy (piano) Herb Ellis (guitar) Wilfred Middlebrooks (bass) Gus Johnson (drums)
1961: 
Ray Nance (trumpet) Lawrence Brown (trombone) Emil Richards (vibraphone) Russ Freeman (piano) Joe Mondragon (bass) Mel Lewis (drums)

Complete 1960 Jazz Cellar Session
Ben Webster & Johnny Hodges
Ais
ベン ウエブスター
ジョニー ホッジス
 


 好きなサックスは?と聞かれると、David Murray、Ben Webster、Archie Shepp、Ike Quebec、Johnny Hodges+Paul Desmondと答えます。
 たくさん名前を挙げるのが面倒くさい時は、Ben Webster、Johnny Hodgesの二人。
 共通点は音がいいこと・・・ぐらいですかね。
 テナーは太くて激しい音、アルトは優雅な音が好み。
 脈略があるのかないのかわからないけども、この二十年ほど変わっていないなあ・・・
 その二人の共演盤。
 もちろんエリントンのビッグバンドではたくさん共演はあるのでしょうが、この二人だけのホーンが聞けるのはこれだけナノでしょうかね?
 どこにでもありそうなオールドテイストのジャズ。
 いかにも西海岸な感じの少し軽めのリズム隊。
 それでもこの二人が吹くと急に重厚感と脂気が出てくる感じ。 
 黒々した太い音とサブトーンのBen Webster、艶々した音と優雅なムードのJohnny Hodges。
 どちらもとろけそうな音。
 回転している店では絶対出てこない、脂がたっぷり乗った極上の大トロと中トロ。
 ちょっと生臭いぐらいの方が通に受けるんでしょうね。
 エリントンさんが惹かれたのがよくわかります。




posted by H.A.

【Disc Review】“Somethin Else” (1958) Cannonball Adderley

“Somethin Else” (1958) Cannonball Adderley
Cannonball Adderley (alto saxophone)
Miles Davis (trumpet) Hank Jones (piano) Sam Jones (bass) Art Blakey (drums)

Somethin' Else (Rudy Van Gelder Edition)
Blue Note Records

キャノンボール アダレイ 
マイルス デイビス

 天才マイルス・デイビス。
 この世紀の名作は「モダンジャズ」の教科書。
 スタンダードチューンに素敵な処理を施し、少しだけひねったオリジナル曲を入れ、さらにブルースを入れる。
 その配分はその時々で考えるとしても、それぞれが高いレベルでできていなければ、いい「モダンジャズ」にはなりません。
 バックビートとウォーキングでビートを固め、出しゃばらない音でコードを決めて、ホーンで前面に出るサウンドを作る。
 ホーンが複数いる場合は、きちんとハーモニーを固め、それぞれの個性が際立つように演奏しなければなりません。
 そんなアルバム、まさにクインテットでの「モダンジャズ」の教科書。
 また、リーダーの個性で音楽のムードが決まります。
 派手な演奏が得意な人であればそれなりに、端正な演奏が得意な人であればそれなりの音楽になります。
 全体を貫く端正なムードの所以はもちろんMilesの存在。
 CannonballでもArt Blakeyでもありません。
 Miles Davis、彼がいなければこんなアルバムにはなりません。
 よってMiles Davisのアルバムであることに異論がある人は少ないのでしょう。

 でもCannonball だけの“Dancing In The Dark”はカッコいいし、”枯葉”のアルトサックスソロも最高ですね。 




posted by H.A.

【Disc Review】“Pursuance” (1996) Kenny Garrett

“Pursuance” (1996) Kenny Garrett
Kenny Garrett (Alto Saxophone)
Rodney Whitaker (Bass) Brian Blade (Drums) Pat Metheny (Guitar)



 元Milesバンドのサックス奏者Kenny Garrett、Pat Methenyを迎えてのJohn Coltraneトリビュート。
 繋がりそうで繋がらない気がする不思議な取り合わせ。
 もちろんColtraneはジャズの人誰にとっても神様なのでしょうから、やりたい企画ではあるのでしょう。
 Kenny Garrett、サックスの演奏は激しくとも、音楽的にはあまり過激なことはしないイメージがありましたが、本作も基本的にアコースティックな4ビートジャズ。
 音のイメージはJackie McLeanに近いのでしょうかね。
 激烈系Coltraneの色合いが入るのは”Lonnie’s Lament”での短時間のみ。
 緊張感高い系のColtraneの曲に乗って、これでもかこれでもかと吹きまくりますが、あくまでオーソドックス。
 Pat Methenyもクリーントーンでのジャズギターが中心。
 少々暴れ気味なのは、ギターシンセサイザーでの”Lonnie’s Lament”+α、ピカソギターでの”After the Rain”だけ。
 といったところで、意外にもオーソドックスなジャズの色合いが強い作品。
 最後のオリジナル曲に少々の毒気。
 でも少々だなあ・・・ このくらいの加減がいいのかな?




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ