吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

alto_sax

【Disc Review】“Virgin Beauty” (1988) Ornette Coleman with Prime Time

“Virgin Beauty” (1988) Ornette Coleman with Prime Time

Ornette Coleman (saxophone, trumpet, violin)
Charles Ellerbie, Jerry Garcia, Bern Nix (guitar) Albert MacDowell (double bass) Chris Walker (bass) Denardo Coleman (drums, keyboards, percussion) Calvin Weston (drums)

ヴァージン・ビューティー
オーネット・コールマン・アンド・プライム・タイム
SMJ
2013-10-09


 Ornette Coleman、1980年代のファンクフュージョン。
 基本的な色合いは、“Dancing in Your Head” (1973-1975)あたりに同じくエスニック風味も散りばめられたファンク。
 但し、演奏はコンパクトにまとめられ、変化もたっぷり、さまざまな表情。
 いつものリフ一発、後は怒涛のインプロビゼーション・・・な感じも少なくはないのですが、長尺にはならずベース、ギター(Jerry Garcia!)その他諸々の音がカラフルな彩りを加えていきます。
 素っ頓狂なテーマもいつも通りながら、現代的でポップな感じ。
 ベースがブンブン唸りながらファンクなグルーヴを作り、ドラムがパタパタ、サイケなギターがシャカシャカ、キュインキュイン。
 ファンキーでスッキリしたビート、この期では解散していたのであろうWeather Reportあたりのムードも含めて、当時のディスコで聞こえていても違和感はなかったかもしれません。
 そんな中で軽やかに鳴るサックス。
 1960年代の4ビートとはムードが変わりましたが、コードもストーリー展開も我関せぬような、但しビートは定常のOrnette Colemanサウンド。
 音色も明後日の方向に動く自由自在なフレージングも、かつてのままなのでしょう。
 でも、とても明るくて楽し気。
 ジャケットはちょっと怖いですが、中身はポップ。
 そんなOrnette Coleman。




posted by H.A.

【Disc Review】“Dancing in Your Head” (1973-1975) Ornette Coleman

“Dancing in Your Head” (1973-1975) Ornette Coleman

Ornette Coleman (alto saxophone)
Bern Nix, Charlie Ellerbee (guitar) Rudy McDaniel (Bass) Shannon Jackson (drums)
Robert Palmer (clarinet) and Master Musicians of Jajouka

ダンシング・イン・ユア・ヘッド
オーネット・コールマン
ユニバーサル ミュージック クラシック
2003-11-21


 Ornette Coleman、1970年代のファンクフュージョン。
 かつての子分たちは近い時期“Old and New Dreams” (Oct.1976)でアコースティックにジャズしていますが、さすがの親分、もっともっとぶっ飛んでいます。
 お祭りビートのドタバタドラムとファンクに弾むエレキベース、サイケな色のギター。
 そんな音を背景にして吹きまくられるアルトサックス。
 “Theme from a Symphony”と題された合計25分を超える長尺な演奏、リフ一発、後はほぼ全編、前面に立つのはアルトサックス。
 ベースが寄り添うようにさまざまなパターンを繰り出し、ドラムも大胆に変化を付けていくものの、例の明後日の方向に動いていく予想不可能なインプロビゼーションがひたすらひたすら続いていきます。
 背景が4ビートからファンクに変わっても、アルトサックスの動きは変わりません。
 現れては消えていく過去の楽曲の断片なども振り撒きながら、テンションを上げてブチ切れ気味の激しい音の局面もしばしば。
 かといって無軌道な混沌に陥ることなない、調性の中での激しい系、予測不可能系。
 さらに最後に収められたのは、モロッコ?民族音楽の管のチームと激しい演奏。
 これまたアルトサックス吹きまくり。
 これでもかこれでもかと続く、怒涛のような演奏。
 ひたすら続くビート、1960年代の4ビートだとモヤっとした感じもありましたが、パキーンとしたエスニックなファンクビートだと陶酔効果もたっぷり。
 タイトル通り、頭の中を引っ掻き回されたい時があれば、是非どうぞ。
 とても激しいのですが、グチャラグチャラではないので無事生還できると思います。
 たぶん。




posted by H.A.


【Disc Review】“At the Golden Circle Stockholm Vol.1,2.” (1965) Ornette Coleman

“At the Golden Circle Stockholm Vol.1,2.” (1965) Ornette Coleman

Ornette Coleman (alto saxophone, violin, trumpet)
David Izenzon (double bass) Charles Moffett (drums)

ゴールデン・サークルのオーネット・コールマン Vol.1(紙ジャケット仕様)


 Ornette Coleman、トリオでの北欧ライブ録音、Blue Noteから。
 テーマ一発、後は怒涛のアルトサックス吹きまくり。
 他の管楽器がいない分、ずーっとOrnetteさんが鳴りっぱなし。
 個々のフレーズはさておき、繋がり、展開が全く読めないアルトサックス。
 こっちで吹いていたと思うと、次の瞬間は別の場所。
 流れ出したかな、と思うと突然舞い上がり、あるいは潜り込むような音の動き。
 ワルツになっても、スピードを抑えても、バラードになってもその動きは変わりません。
 Vol.2に移って、バイオリン、トランペットに持ち換えると、激情系フリージャズな場面もありますが、その間、ひたすら淡々とビートを刻み続けるドラムとベース。
 テンションが上がりそうになると音量とテンションを上げるものの、次の瞬間には肩透かしされ、別の流れに、なんて場面もちらほら。
 そんな感じがいかにもOrnette Colemanな音の絡み合い、不思議な駆け引き?インタープレー?がひたすらひたすら続くステージ。
 甘さ無しのクールネス、ハードボイルドネス。
 疾走と浮遊、激情と鎮静、変幻自在な音楽。
 ビートを除いた束縛から解放された自由なOrnette Colemanてんこ盛り。




posted by H.A.


【Disc Review】“Ornette!” (1961) Ornette Coleman

“Ornette!” (1961) Ornette Coleman

Ornette Coleman (alto saxophone) 
Scott LaFaro (bass) Ed Blackwell (drums)
Don Cherry (pocket trumpet)

Ornette
Ornette Coleman
Atlantic / Wea
2003-11-03


 Ornette Coleman、1961年のピアノレスカルテット。
 “The Shape of Jazz to Come” (1959)と同じ編成ですが色合いは異なります。
 クールでハードボイルド、沈んだイメージのそちらに対して、明るく躍動感の強い音。
 “Free Jazz” (1960)の左チャンネルのメンバーを中心に、ドラマーだけ右チャンネルの人。
 素っ頓狂なテーマ一発、後は怒涛のインプロビゼーション。
 Scott LaFaroが激しく上下し続ける中、順次ソロのオーダーが回り、これでもかこれでもかとインプロビゼーションが続きます。
 定常なビートが続きますが、なぜか落ち着かないムード。
 例によって普通のフレーズを吹いているようで、何故かあちこちに飛びまくる印象のサックスの動きは予測不可能。
 トランペットもまた同じ。
 ビートを維持しながらも、その自在な変化に対応するドラムとベース。
 が、次の瞬間、サックス、トランペットは明後日の方向に飛んでいきます。
 ハードバップはもとより、モードとも違う、確かに“フリー”なジャズ、明るい系。




posted by H.A.


【Disc Review】“Free Jazz: A Collective Improvisation” (1960) Ornette Coleman

“Free Jazz: A Collective Improvisation” (1960) Ornette Coleman

Ornette Coleman (alto saxophone) Don Cherry (pocket trumpet) Scott LaFaro (bass) Billy Higgins (drums)
Eric Dolphy (bass clarinet) Freddie Hubbard (trumpet) Charlie Haden (bass) Ed Blackwell (drums)



 Ornette Coleman、世紀の問題作。
 ピアノレス二管カルテット二隊での同時演奏、全一曲。
 大人数、二つのバンドが同時に音を出しているが故の混沌感はありますが、バラバラに演奏している訳ではなく、テーマを含めて要所でしっかりと合奏し、リズム隊は定常な4ビートを刻み続けます。
 モダンジャズの王道スタイル、オーダーに従って一人がフロントに立ち、徐々に他のメンバーが音を加えていく展開。
 それも無秩序ではなく、ソロ奏者の音に合わせるように他のメンバーのインプロビゼーションが加わっていきます。
 このスタイルを踏襲した“Ascension” (1965) John Coltraneは絶叫系も交錯しますが、本作はあくまで調性を維持したジャズな音。
 そんな中でベースが激しく動き続け、Eric Dolphyが爆発し、Ornette Colemanは明後日の方向に飛んでいきます。
 混沌の場面はわずか、むしろ淡々と音楽は進んでいきます。
 ソロのオーダーが順次廻り、終盤はScott LaFaroとCharlie Hadenの長尺なバトルを経て、ドラム二人のソロからテーマで幕、といった律儀な流れ。
 全部合わせて、自由な即興演奏というよりはキチンと構成された音楽。
 4ビートを二つのバンドで同時に進行させた上で、ソリストのオーダーは決めておいて、そこにコレクティブインプロビゼーションを加えていこう、ってな感じでしょうか。
 フロントに立つ人に留意して聞いていくと、違和感のないジャズに聞こえなくもないのですが、さてどうでしょう。
 いずれにしても強烈なチャレンジ、いろんな意味でぶっ飛んでいます。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Shape of Jazz to Come” (1959) Ornette Coleman

“The Shape of Jazz to Come” (1959) Ornette Coleman

Ornette Coleman (alto saxophone)
Charlie Haden (bass) Billy Higgins (drums) 
Don Cherry (cornet)



 Ornette Coleman、やはりこれが代表作になるのでしょうか。
 冒頭”Lonely Woman”。
 静かに高速に刻まれるシンバルと下の方で蠢くベース。
 哀しいメロディを奏でつつ、明後日の方向に飛んでいくサックスとトランペットのアンサンブル。
 ピアノレスゆえのクールさ、ハードボイルドネス。
 何かがヒタヒタと迫ってくるような緊張感。
 曲が移って高速なビートになっても、あの素っ頓狂なメロディがでてきても緊張感は消えません。
 静かに細かなビートを刻み続けるドラムとベースが作る空間を舞うサックス、トランペット。
 オーソドックスな展開を無視したかのような、あちこちに跳びまわるインプロビゼーション。
 崩れそうで崩れない、不思議な不安定感と安定感。
 全員がたっぷりの音数を出しながらも、なぜか静謐な空気感。
 バラードでもアップテンポでもミディアムでも、静かな、でも強い緊張感。
 それが最初から最後まで。
 フリージャズ云々、というのは少々イメージが異なります。
 クールでハイドボイルド、静謐な緊張感、そしてぶっ飛んだジャズ。
 諸作の中でも特別な音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Something Else!!!!” (1958) Ornette Coleman

“Something Else!!!!” (1958) Ornette Coleman

Ornette Coleman (alto saxophone)
Walter Norris (piano) Don Payne (double bass) Billy Higgins (drums)
Don Cherry (cornet)

Something Else [12 inch Analog]
Ornette Coleman
Imports
2015-06-12


 Ornette Coleman、1958年、おそらくデビュー作。
 ピアノが入ったオーソドックスな二管クインテット。
 時代は“Kind of Blue” (1959) Miles Davisの少し前、”Milestones” (1958), “Soultrane” (1958) John Coltraneあたり、まだまだ平和なモダンジャズの世。
 本作も然り。
 難解さや不穏なムードなどは全くなく、むしろCharlie Parker的な少し前時代な感じ、あるいは軽快な西海岸的ジャズな感じ。
 が、そこはかとなく漂うなんだかよじれたムード。
 素っ頓狂にも聞こえるメロディ、ときおり出現する伸び縮みするビート、ぶっ飛び気味のアルトサックス。
 調性の中に留まりながらも、どこか遠くに飛んでいってしまいそうなフレージング。
 が、他のメンバーは平和で長閑、モダンジャズな演奏。
 テーマに戻るとちょっと不思議な、でも普通のジャズ。
 普通なようで違和感の塊。
 その根幹は、あちこちに飛びまくる普通ではない流れのメロディと、起承転結を含めたオーソドックスな展開を無視したようなインプロビゼーションなのでしょうか?
 それが新しいアプローチで、多くアーティストを惹きつけていったのでしょうか?
 ともあれ、ハードバップはもとよりモードともまた違った新しい感覚のジャズ、確かに自由、Something Else。




posted by H.A.

【Disc Review】“Pure Desmond” (1974) Paul Desmond

“Pure Desmond” (1974) Paul Desmond

Paul Desmond (alto saxophone)
Ed Bickert (guitar) Ron Carter (bass) Connie Kay (drums)

Pure Desmond
Paul Desmond
Sony Jazz
2003-09-15


 Paul Desmond、久々のギタートリオとの共演集。
 ギターはJim Hallではなくて、彼よりも少し粘りのあるフレージングのEd Bickert。
 かつてと同様にクールに刻まれるビートに優し気なアルトサックス。
 次々と演奏されるジャズスタンダード。
 が、時代は1970年代、録音を含めて少し質感は異なります。
 ベースが弾みながらぐんぐんとハンドを引っ張り、少し太くなったギターの音。
 アルトも少しきらびやかになり、その上でリバーブが増えた感じでしょうか。
 シンプルな1950-60年代型のモダンジャズの音からゴージャズなオーケストラ入りフュージョンを経て、落ち着いた1970年代型ジャズな音。
 これはこれでまた別の味わい。
 それでもやはり、アルトの音は全身が弛緩していくような素敵な響き。
 Paul Desmondに外れなし。




posted by H.A.


【Disc Review】“Skylark” (1973) Paul Desmond

“Skylark” (1973) Paul Desmond

Paul Desmond (alto saxophone)
Bob James (piano, electric piano) Gábor Szabó, Gene Bertoncini (guitar) George Ricci (cello) Ron Carter (bass) Jack DeJohnette (drums) Ralph MacDonald (percussion)

Skylark
Paul Desmond
Epic Europe
2003-10-28


 Paul Desmond、ジャズフュージョン寄りのコンボ作品。
 エレピの音が浮遊感を加え、エレキっぽいウッドベースがグルーヴを作り、ハイテンションなジャズドラム、ちょっとソウル、サイケが混ざるエレキギター。
 全部合わせて1970年代の音。
 何も変わらないのがアルトサックス。
 ベースがぐんぐん前に進もうが、ドラムが煽り立てようが、あくまでクールで優しい音。
 あるいは静々とガットギターで”禁じられた遊び”が奏でられようが、アルトが鳴ればあの時代のジャズ。
 さらにバックが煽れば1960年代のモードを経た1970年代のジャズフュージョンのハイテンションな音。
 エレクトリックMilesの影響がここまでも・・・なんて野暮ことが頭をよぎる場面も・・・
 “She Was Too Good to Me” (1974) Chet Bakerとも同じ時代かあ・・・
 背景の音は変われど、Chet BakerさんもここでのPaul Desmondも何も変わらないクールネス。
 大御大Milesさんとはまた違ったハードボイルドネスがカッコいいなあ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Bridge over Troubled Water” (1969) Paul Desmond

“Bridge over Troubled Water” (1969) Paul Desmond

Paul Desmond (alto saxophone)
Herbie Hancock (electric piano) Gene Bertoncini, Sam Brown (guitar) Ron Carter (double bass) Jerry Jemmott (Fender bass) Airto Moreira, Bill Lavorgna, João Palma (drums) and Orchestra

明日に架ける橋(紙ジャケット仕様)
ポール・デスモンド
ユニバーサル ミュージック クラシック
2005-12-14


 Paul Desmond、エレキサウンドを前に出したポップなジャズフュージョンな一作、Simon & Garfunkelの楽曲集。
 “Summertime” (1968)に続くアルバム、ボサノバの“From the Hot Afternoon” (1969)と同年の制作。
 企画自体はなんだかなあ・・・と思ってしまいますが、楽曲は折り紙付きの名曲揃いだし、気鋭のジャズメンを集め、豪華なホーンにストリングス。
 "El Condor Pasa" で幕を開け、"Mrs. Robinson","Scarborough Fair"を挿みつつ、 涙々の"Bridge over Troubled Water"で締める、絵にかいたようにコマーシャリズムに溢れた構成。
 それでも、Milesバンドを脱した頃であろうHerbie Hancockのエレピが浮遊感を醸し出し、Ron Carter含めたモダンジャズをはみ出した手練れな演奏のジャズにボサノバ。
 その上に乗ってくる、いつもながらにクールなアルト。
 1970年代の一歩手前、時代の波に乗ろうとするポップで洗練されたなサウンドと、優しく頑固なアルトサックス。
 ポップ寄りなサウンドですが、これはこれで結構かと。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ