吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

accordion

【Disc Review】“La Misteriosa Musica Della Regina Loana” (2018) Gianluigi Trovesi, Gianni Coscia

“La Misteriosa Musica Della Regina Loana” (2018) Gianluigi Trovesi, Gianni Coscia

Gianluigi Trovesi (piccolo clarinet, alto clarinet) Gianni Coscia (accordion)



 イタリアのクラリネット奏者Gianluigi Trovesiとアコーディオン奏者Gianni CosciaのDuo。
 “In Cerca Di Cibo” (1999)など何作かECMで制作しているコンビ。
 いかにもイタリアンな小粋なサウンド、本作はイタリア人小説家?へのトリビュート作品のようです。
 クラシカルなような、トラディショナルなような、ポップスなような、やはりジャズなような、いろんな色合いが混ざり合うヨーロピアンミュージック。
 優雅でクラシカルなオリジナル曲に、洒落た感じのイタリア曲、間々に挟まれたジャズスタンダード “Basin Street Blues”, “As Time Goes By”, “Moonlight Serenade”。
 それらが一分に満たないインタールードで繋がれながら、次々と流れていきます。
 緩やかに伸び縮みするビートとときおりの疾走。
 とても柔らかな木管とアコーディオンの少し靄が掛かったような音。
 とても暖かな空気感。
 全編を包み込むノスタルジー。
 その全てがとても優雅で小粋。
 ピアノとクラリネットだと“Vaghissimo Ritratto” (2007)や“Miramari” (2008) Andre Mehmari, Gabriele Mirabassiのように高貴な感じになりますが、アコーディオンだと優雅さはそのまま、少しくだけた庶民的な感じ。
 穏やかな昼下がりの広場、地中海の緩やかな光、そんな音。




posted by H.A.


【Disc Review】“In Cerca Di Cibo” (1999) Gianluigi Trovesi, Gianni Coscia

“In Cerca Di Cibo” (1999) Gianluigi Trovesi, Gianni Coscia
Gianluigi Trovesi (Piccolo, Alto, Bass Clarinet) Gianni Coscia (Accordion)
 
In Cerca Di Cibo
Gianluigi Trovesi
Ecm Import
2000-07-25
ジャンルイージ・トロヴェシ 

 イタリアのクラリネット奏者Gianluigi Trovesi、同じくイタリアのアコーディオン奏者Gianni CosciaのDuo作品。
 近年では“Birdwatching” (2015) Anat Fortで素晴らしい客演、リーダー作も“Vaghissimo Ritratto” (2007) Gianluigi Trovesiなどなど、たくさんのアルバムがありますが、これがECMでの初制作でしょうか?
 ECMの管楽器奏者に多い艶のある張り詰めた音、さらに強いクラシックの香り。
本作はイタリアの作曲家Fiorenzo Carpiの映画音楽?を中心とした作品。
 それをアコーディオンとのDuoで演奏するのだから、オシャレで上品、哀愁が漂う音になること受け合い。
 冒頭から低くストリングスのように響くアコーディオンの音を背景にして、朗々と奏でられる物悲し気なワルツ。
 クラシカルでノスタルジックなムードの穏やかな演奏が続きます。
 一曲一曲がコンパクトに納められ、次々と情景が移ろっていくような作り。
 ジャズ的なグルーヴや興奮、強烈なインプロビゼーションの場面はわずかですが、暖かで緩やかな時間が流れていきます。
  “New Cinema Paradiso”の寂寥感まではいきませんが、コミカルな楽曲含めて、小粋な演奏が続きます。
 明るい方のイタリアンテイスト、フレンチとも共通する色合い。
 のほほんとした感じ。
 ECMとしては異色な作品なのでしょう。
 明るく暖かな音はレーベルカラーとは全く違います。
 21世紀になってからはこんな作品もちょこちょこありましたかね。
 平和な昼下がりのECMな音。
 ジャケットもそんな感じですね。

 


posted by H.A.




【Disc Review】”Com o pé no forró” (2004) Toninho Horta

”Com o pé no forró” (2004) Toninho Horta
Toninho Horta (guitar, vocal)
Dminguinhos (accordion, vocal) abd others

トニーニョ オルタ

 Toninho Horta、少し変り種ですが、とても楽しげ、素敵なアルバム。
 “Forro”なるブラジル北東部の伝統舞踊リズムをベースにしたもののようです。
 詳細はわかりませんが、いつものToninho_Worldではなく、さらに明るくて素朴なテイスト。
 のどかなビート。
 サンバなども混ざった感じで、なんだか楽しそうなリズム、音使い。
 のほほんとしたアコーディオンが前面に出て、代わる代わるワイワイと歌うスタイル。
 曲は明るい流れのToninhoの作品。
 プリミティブなイメージに聞こえるかもしれませんが、確かにそんなテイストでありつつも、何故か洗練された質感。
 リズムは楽しげだけど落ち着いているし、ベースラインもしっかりしているし、サラリとストリングスが流れていたり、さりげないようで素晴らしいアレンジ。
 そして何よりも何よりも、そんな楽しげで洗練された音を背景に、Toninhoが全編であの丸っこい音のギターを弾きまくっていること。
 これ、すごくいいアルバム。
 最初から最後まで、楽しさ最高。




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ