吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

World

【Disc Review】“Traces” (2015) Camila Meza

“Traces” (2015) Camila Meza

Camila Meza (voice, electric & acoustic guitar)

Shai Maestro (piano, rhodes, wurlitzer, mellotron, pump organ, ampli-celeste) Matt Penman (bass) Kendrick Scott (drums) 

Bashiri Johnson (percussion) Jody Redhage (cello) Sachal Vasandani (voice)
 

Traces
Camila Meza
Sunnyside
2016-02-26


 チリのボーカル&ギタリストのジャジーポップス?、コンテンポラリージャズボーカル?。

 おそらくジャズ畑の人だと思うのですが、このアルバムはSSW(シンガー・ソング・ライター)なんて呼び方が今風でピッタリとくるのかもしれません。

 ガットギターで弾き語る女性はたくさんいるのでしょうが、この人の主力はエレキギター。

 それもクリーントーンのジャジーなギター。

 さらに柔らかいビート感と浮遊感のあるサウンドは、典型的なカッコいいブラジリアンフュージョンな音。

 ま、南米フュージョンの方が適当な形容なのでしょう。

 基本的にはピアノトリオとギターのカルテットに自身のボーカルが乗ってくる形なのですが、このピアノトリオが凄い。

 今をときめくニューヨークコンテンポラリージャズのファーストコールの面々。

 さりげなく軽やかなビートのようで、縦横無尽にスネアがパシパシ入るKendrick Scottのドラム、ちょっとした音がタダモノではない感十分のShai Maestroのピアノ。

 穏やかで上品、柔らかなグルーヴ。

 そんな音を背景にしたボーカルは透明度が高い可憐系。

 ジャズボーカルというよりもポップス然としてはいますが、ナチュラルな感じは多くの人に受けるタイプでしょう。

 ボーカルvsギターの配分は7:3ってところでしょうか。

 そんなバランスで忘れたころに登場する?エレキギターがカッコいい。

 艶のあるクリーントーンですが、Pat MethenyでもToninho Hortaでもなく、もっとジャズ寄り。

 が、ブルージー成分は少なくて、考え抜かれたと思われるメロディアスなフレージング。

 巧拙が気にならない個性的なギター。

 さらに、あのGeorge Benson風スキャットが並走します。

 これはカッコいい。

 楽曲はオリジナルに加えて、チリのスタンダード?にDjavanなどなど。

 これもポップス然としていますが、コンテンポラリージャズな感じがするのはバンドの演奏力ゆえでしょう。

 柔らかくて爽やかでノリがよくてポップなうえに、ハイレベルにジャジー。

 とにもかくにも気持ちいい音。

 今の季節にピッタリ。





 posted by H.A.

【Disc Review】“Village Life” (1984) Herbie Hancock, Foday Musa Suso

“Village Life” (1984) Herbie Hancock, Foday Musa Suso

Herbie Hancock (Synthesizer, Drum Programming) Foday Musa Suso (Kora, Talking Drum)
 
Village Life
Hancock/Suso
Columbia
ハービー ハンコック


 Herbie Hancock、番外編。
 アフリカの弦楽器「コラ」奏者とのDuo作品。東京録音。
 素晴らしい楽園ミュージック。
 端正で上品なシンセサイザー、エレピと、素朴で優雅なハープのような「コラ」の響きがベストマッチング。
 このアイデアはHerbie Hancockなのか、プロデューサーにクレジットのあるBill Laswellなのか、CBS/Sonyのスタッフなのかはわかりませんが、相性は抜群です。
 Foday Musa Susoが出す音に対して、Herbie Hancockがインプロビゼーションを載せていくスタイルなのでしょうか?
 Herbie Hancockはエレピを中心にかなりアグレッシブに弾いているように思うのですが、柔らかな音とコラの素朴な響きが穏やかに中和していく感じ。 
 ジャズフュージョンに振れるでもなく、ワールドミュージックに振れるでもなく、ちょうどいい感じのバランス。
 マニアックな感じはなく、むしろオシャレ。
 どの曲も淡い感じで穏やか、メロディアスで優雅。
 アフリカの密林やサバンナではなく、海岸線の篝火のムード。
 その意味ではリゾートっぽい音ではあるのですが、素朴な感じがたっぷりが残っていて、ホテルのラウンジっぽさ、作り物臭さはありません。
 これでジャズ曲、ポップスなどをやってしまうと、この微妙なバランスが瓦解してしまうのでしょう。
 一期一会のスーパーセッション。
 極楽気分の素敵な音。
 隠れた大名作です。 




posted by H.A.  

【Disc Review】“Spain Forever”(2016)Michel Camilo,Tomatito

“Spain Forever” (2016) Michel Camilo,Tomatito 
Michel Camilo (Piano)Tomatito (Guitar)
 
SPAIN FOREVER
MICHEL & TOM CAMILO
EMARR
2016-10-07
ミッシェル・カミロ
トマティート


 ラテンジャズピアニストMichel Camiloと現代スパニッシュギタリストの第一人者TomatitoのDuo作品、“Spain”(2000)、“Spain Again” (2006)に次ぐ第三弾。
 Duoで三作目にもなればマンネリにも陥りそうですが、本作は「なんだこれは?!」の凄い選曲。
 Egberto Gismonti ”水とワイン”から始まり、Chelie Haden “Our Spanish Love Song”、Astor Paizzolla “Oblivion”、 Erik Satie ”Gnossiennes No.1”、“Cinema Paradiso”・・・
 まるで私の好みを知っているような・・・わけはないので、哀愁、郷愁感、寂寥感、さらにエキゾチシズムが溢れる古今東西の名曲を選ぶとこうなる、といった見本のようメロディが並びます。
 終盤に収められたMichel Camiloの短いオリジナル曲も寂寥感の塊のようなメロディ。
 いつも通りにエキゾチシズムの塊のようで、その実、洗練された都会的な音作り。
 二人揃って瑞々しく、この上もなく美しい音もここまでと同様です。
 冒頭から哀愁の塊のようなメロディと流麗なピアノ。
 これでもかこれでもかと続く名バラードの連続。
 これだけ並ぶと、楽曲自体のメロディが強すぎて、一歩間違うと歌の無い歌謡曲にもなりそうですが、端々で急加速するスパニッシュなギターがそうはさせません。
 ピアノも同様にタメと疾走が交錯する音使い。
 躍動感は全二作よりは抑え気味かもしれません。
 その分落ち着いたムード。
 強いビートが出るのは最後のChick Corea ”Armando's Rhumba”のみ。
 ガンガンゴンゴン行く曲が2,3曲あっても・・・、あるいは一曲全編ルバートで・・・とか思ったりもしますが、贅沢はいえません。
 さてこのシリーズの三作、一番カッコいいのはどれか?
 楽曲だけなら本作、演奏含めると一番柔らかな感じがする“Spain Again” (2006)が私的な好みかな?
 いずれも名作だと思います。



 
 posted by H.A.

【Disc Review】“Spain”(2000)Michel Camilo,Tomatito

“Spain”(2000)Michel Camilo,Tomatito 
Michel Camilo(Piano)Tomatito(Guitar)
 
Spain
Michel Camilo
Polygram Records
ミッシェル・カミロ
トマティート


 ドミニカ出身のラテンジャズピアニストMichel Camiloと本場の現代フラメンコギタリストTomatitoのDuo作品、第一弾。
 美しい音と抜群のテクニックのピアニストと現代スパニッシュギターの第一人者が、お互いの得意なラテン風味の曲を持ち寄って演奏するのだから悪いわけがありません。
 どちらも激しい情熱的な演奏が身上ですが、ラテン特有の泥臭さや汗臭さを感じさせない、美しい音、洗練された音使いも共通点。
 本作も何の奇をてらうことのない、二人のキャラクター直球そのままの演奏ですが、洗練されたいかにも現代的なスパニッシュ〜ラテンな音作り。
 Duoゆえに伸び縮みし、揺れ動くビート感。
 インタープレーもバッチリで、スローでは揃ってタメを効かせた漂うような音、アップテンポでは強烈な加速、疾走感での並走。
 それでいて透明度の高い、瑞々しく美しい音。
 冒頭の“Aranjuez”〜”Spain”からそんな演奏が並びます。
 さすがにこの曲は聞き飽きましたが、さすがの哀愁の塊、スリルの塊のような演奏。
 続くもベタベタのラテン曲”Bésame Mucho”もごちそうさまな曲ですが、全編ルバートでのスローバラードとして処理していて、一味違うカッコよさ。
 その他、Michel Camiloのバラードや、Tomatitoの現代フラメンコ曲など、名メロディ、名演奏が並びます。
 ここまでうまくて美しい音が出せるのならば、フリーや混沌を織り交ぜてもカッコよくなりそうですが、激しい音を出してもそうはならないのがこの二人のスタイルなのでしょう。
 また、これにドラムやベースが入るとさらにエキサイティングになるのでしょうが、この美しい世界は壊れてしまうのかもしれません。
 そんな絶妙なバランス。
 バイオリン、あるいはバンドネオンが入ると、もっと凄まじい哀愁と強烈な浮遊感の世界になりそうですが・・・
 終盤に収められたTomatito作の現代フラメンコ曲“La Vacilona”〜 タンゴ曲”Aire de Tango”の哀愁と疾走感のカッコいいこと。
 “Paseo de los Castanos” (2007) Tomatitoに、相方にGeorge Bensonを迎えたバージョンがありますが、そちらも凄まじい疾走感の演奏、さらにバイオリン入りの哀愁の塊のような演奏です。
 さておき、本作、全編通じて名曲、名演揃いの名作でしょう。
 同じく名作の第二弾“Spain Again” (2006)、最新作第三弾“Spain Forever”(2016)へと続きます。




 posted by H.A.

【Disc Review】“Buena Vista Social Club” (1996) Buena Vista Social Club, Ry Cooder

“Buena Vista Social Club” (1996) Buena Vista Social Club, Ry Cooder
Luis Barzaga (chorus vocals) Joachim Cooder (drums, percussion) Ry Cooder (guitars) Julio Alberto Fernández (vocals, maracas) Ibrahim Ferrer (vocals) Carlos González (bongos, cowbell) Juan de Marcos González (tres, guiro, chorus vocals) Rubén González (piano) Manuel ‘Puntillita’ Licea (vocals) Orlando ‘Cachaíto’ López (bass) Manuel ‘Guajiro’ Mirabal (trumpet) Eliades Ochoa (guitar, vocals) Omara Portuondo (vocals) Salvador Repilado (bass) Compay Segundo (guitar, vocals) Benito Suárez Magana (guitar) Barbarito Torres (laoud) Alberto ‘Virgilio’ Valdés (maracas, coro) Lazaro Vila (congas)

Buena Vista Social Club
Ry Cooder
Nonesuch
ブエナビスタ ソシアルクラブ


 大ヒットしたキューバンミュージック。
 とても優雅な世界。
 1940年代あたりで時間が止まったような世界。
 ジャケット写真のクラシックカーのような優雅さ。
 もちろん年月は経ていてもバリバリの現役。
 世界は時代と共に変化したかもしれないけども、このアルバムの音は昔のまま。
 しかも長い時間の経過がつけた皺が加わった深い音。
 いいことばかりでは無かったことを包み隠すようなグルーヴィーなビート、時折の熱狂。
 にじみ出る哀感。
 仕掛け人はRy Cooder。
 “Chicken Skin Music” (1976)、“Jazz” (1978)の延長線上ではないけども、古き良き世界を、現代の音で表現したという意味では同じ。
 が、先の二作はその古き良き時代を再現、あるいはそのエッセンスで作ったものかもしれないけども、こちらは21世紀直前、現代の「ホンモノ」。
 神々しいまでの存在感。
 Gonzalo RubalcabaやIrakere、Arturo Sandovalなどアメリカに渡ったCubaの人の音と比べると、ビート感は共通するものの、全く違う印象の音。
 洗練されているとともにアグレッシブな印象の渡米勢に対して、こちらは長閑なようで、平和なようで、楽しげなようで、全体を漂う哀感。
 演奏している人は無意識、打算無しにやってるのでしょうが、そこはかとなく漂う凄み。
 それが数十年の年輪であり、彼らが経てきた生活そのもの、外界に侵されていない純粋さ、なのかも。
 その中にさりげなく溶け込んでしまうRy Cooderも凄い人だなあ。
 Louis ArmstrongやBix Beiderbeckeが別世界で生きていて、今の時代に突然現れたらこんな感じのジャズなのでしょうかね。
 本作はもちろん、“Ibrahim Ferrer” (1999)、“Chanchullo” (1997-2000) Rubén González、その他含めて関連作品すべてがそんな音です。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ