吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

World

【Disc Review】“Resonante” (2011) Luis Chavez Chavez

“Resonante” (2011) Luis Chavez Chavez

Luis Chávez Chávez (guitar)
Antonio Restucci (mandolin) Fernando Silva (cello, bass) Luciano Cuviello (drums) José Luis Viggiano (perccusión)
Carlos Aguirre (accordion) Sebastián Macchi (piano, Rhose) Juan Falú (guitar) Luis Barbiero (flute)
Ramiro Gallo (violin) Francisco Lo Vuolo (piano) Eugenio Zeppa (clarinet, claron) Leandro Drago (keyboard) Nahuel Ramallo, Gonzalo Díaz (perccusión)

 

 チリのギタリストLuis Chávez Chávezによる現代フォルクローレ・・・ではなさそうで、南米ジャズとも違って・・・何と申しましょうか・・・まあ、クラシック系・・・
 とにもかくにも、静かでメロディアスながら不思議感たっぷり。
 強い寂寥感と静けさに凄味すら漂う作品。
 Carlos AguirreSebastian Macchi , Fernando Silvaなどの有名どころを含めて、たくさんの人が参加していますが、基本的にはギターと楽曲ごとに入れ替わる少人数のサポートで進む、少し沈んだ感じの音。
 冒頭はギターとチェロが漂いながら絡み合う、静かながらハイテンション、哀し気なコンテンポラリージャズ風。
 続くは優雅で流麗なCarlos AguirreのアコーディオンとのDuo、切なげなSebastian Macchi, Fernando Silvaとのトリオ、寂しげなギターDuoのワルツ、穏やかな木管との絡み、Astor Piazzola的なバイオリンが唸るタンゴな演奏、などなど、さまざまな編成、さまざまな表情の演奏が続きます。
 いずれもキャッチーなメロディ、とても優雅な演奏なのですが、沈んだムードの音の流れ。
 そんな流れをそのまま引き継いで、後半は組曲”Rayuela”。
 そのタイトル曲、わずか三分半のワルツが凄い。
 今にも止まりそうなスローテンポ、遅れ気味に美しいメロディを置いていくギター、つつましやかにカウンターをあてるチェロと、これまた聞こえないほどにつつましやかなエレピと電子音。
 それだけ。
 それだけで数十作分の価値がありそうな素晴らしい演奏。
 これは鳥肌もの・・・
 クラシカル、ノスタルジックなようで、先端的。
 名作です。




posted by H.A.


【Disc Review】“Templanza” (2010-2012) Francesca Ancarola

“Templanza” (2010-2012) Francesca Ancarola


Francesca Ancarola (voice, guitar)
Carlos Aguirre (keyboards, piano) Federico Dannemann, Simón Schriever (guitar) Antonio Restucci (guitar, mandolim) Rodrigo Galarce (bass) Carlos Cortés (drums, percussion) Oscar Arce (percussion) Claudio Rubio (sax) Christián Gutierrez (cello)
Teco Cardoso (sax) Léa Freire (flute) Andrés Beeuwsaert (keyboards) Fernando Demarco (bass) Edu Ribeiro (drums) and others



 チリの女性ボーカリストFrancesca Ancarolaの現代フォルクローレ、あるいは南米ポップス。

 Carlos AguirreのレーベルShagrada Medraから。
 少々アバンギャルド風味、ロック風味もあった前作“Lonquen” (2010)から毒気が抜けて、アコースティックな現代フォルクローレの色合いが強くなった感じでしょうか。
 全体のサウンドを含めて華やか系、ボーカルも少々強い系でありつつも、明るく穏やかな方向に振れたイメージ。
 ジャジーですがポップス度も高め。
 オリジナル曲中心、全てキャッチーなメロディ揃い。
 1980年代のAORやブリティッシュソウルのムードでしょうかね?
 ・・・と思っていたら、マンドリンやらガットギターやらチェロやらが鳴り出して、やはりアルゼンチンと共通する音の流れ。
 ブラジル、サンパウロ系とも繋がっているようで、タイトル曲はゲストで参加している“Arraial” (2017) Vento em Madeira のLéa Freireのセンチメンタルなメロディ。
 確かにAndre Mehmariあたりとも繋がる空気感です。
 それとCarlos Aguirreの雰囲気、さらにスパニッシュテイストを混ぜて、ポップス方向に振った感じ。
 ジャケットのムードと同様に、少々ダークな“Lonquen” (2010)に対して、明るくオシャレなムードの本作。
 ・・・などなど含めて、全編前向きで爽やか、それでいてセンチメンタル、郷愁感たっぷり。
 とても素敵なジャジー南米ポップス、華やか系。
 これは名作。





posted by H.A.


【Disc Review】“Lonquen” (2010) Francesca Ancarola

“Lonquen” (2010) Francesca Ancarola

Francesca Ancarola (voice, guitar)
Federico Dannemannv (guitar, cuatro) Juan Antonio Sanchez (guitar) Antonio Restucci (guitar, mandolim) Carlos Aguirre (keyboards, piano) Rodrigo Galarce (bass) Daniel Rodriguez (percussion, drums) Elizabeth Morris, Jose Seves (Cajones)

Lonquén - Tributo A Victor Jara
Francesca Ancarola
M & M
2015-12-27


 チリの女性ボーカリストFrancesca Ancarolaのエスニックでジャジーなフォークロック、あるいは南米ポップス。
 Carlos AguirreとDuoで静かな子守歌集“Arrullos” (2008)を制作した人。

 が、本作は強烈なパーカッションを含めてビートが強く、ボーカルもシャウト気味。

 アフリカンなパーカッションに、ウッドベースが弾むファンクなビートに、ロックなギター。
 ジャズファンクっぽくもあり、ロックっぽくもあり、複雑な展開、シャウトするボイス含めて、そこそこアヴァンギャルドな感じ。
 このレーベルとしては異色な質感かもしれません。
 そんな演奏が目立ちつつも、いかにもフォルクローレな優し気な曲、あるいは悲し気な曲も何曲か。
 Carlos Aguirreが入る曲は、あの零れ落ちるような繊細なピアノが生える音作りなのですが、アフリカンなパーカッションが響くエスニックなファンクの方が印象に残ります。
 ってな感じでいろんな色合いが交錯する少々強めの音には少々面食らうのかもしれません。
 この感じの方が現代的だし、少々硬派な感じをお求めの向きにはこの方がよいのかもしれません。
 ジャジーで少々アヴァンギャルド、少々ダークなムード、現代的で先進的な南米サウンド。
 そんな感じのポップス。
 もちろん上質です。


 


posted by H.A.


【Disc Review】“Songs of an Other” (2007) Savina Yannatou, Primavera En Salonico

“Songs of an Other” (2007) Savina Yannatou, Primavera En Salonico
Savina Yannatou (Voice)
Kostas Theodorou, Michalis Siganidis (Double Bass) Kostas Vomvolos (Kanun, Accordion) Harris Lambrakis (Ney) Yannis Alexandris (Oud, Guitar) Kostas Theodorou (Percussion) Kyariakos Gouventas (Violin, Viola)

Songs of an Other (Ocrd)
Savina Yannatou
Ecm Records
2008-09-09


 ギリシャの女性ボーカリストSavina Yannatouの地中海エスニック~クラシックな音楽。
 正直、ギリシャ、地中海のエスニックな音がどんな音なのか、いつの時代の音楽をイメージしたのかはよくわかりません。
 また、Savina Yannatou自身がクラシックの人なのか、伝統音楽の人なのか、はたまたジャズ、ポップ畑の人なのか、あるいはこの音楽がギリシャ的なのかどうかもわかりません。
 “Siwan” (2007,2008),“Nahnou Houm” (2017) Jon Balke、"Arco Iris" (2010) Amina Alaouiなどの北アフリカ色、あるいはアラブ~中近東が混ざり合うような少々妖しげで悲しげな音の流れ。
 ギリシャといえばエーゲ海の陽光のイメージをしてしまうのですが、地理的にはトルコ~アラブ、あるいはアフリカ、そしてヨーロッパの結節点。
 実際はいろんな要素が入り混じる複雑な空気感の地域なのかもしれません。
 それらのエスニックな空気感にヨーロッパ的な優雅でクラシカルな空気感、宗教的な敬虔な空気感が加わった音。
 楽曲を見ると、ギリシャ、イタリアに加えて、セルビア、アルメニア、ブルガリア、カザフスタンなどの伝統曲。
 エスニックで耳慣れない弦と木管、アフリカンなパーカッションの響きと朗々としながらも悲しげな女性ボイスの絡み合い。
 静かながらハイテンションで非日常的なメロディと演奏。
 ときおりの演劇的なアヴァンギャルドなボイスパフォーマンスは、Maria Joao、Iva Bittováあたりを想い起こします。
 敬虔で少々深刻なムードは宗教的な意味合いもありそうですが、それらが祈祷、祝祭、儀式、その他、何の音楽なのかはわかりません。
 ちょっと怖いような、哀しいような、それでいて懐かしいような・・・
 いずれにしても現代日本の日常の中では感じることができない空気感。
 きっと古代~中世の地中海~北アフリカ~中近東のムードなのでしょう。
 強烈な非日常感を味わえるトリップミュージック。




posted by H.A.

【Disc Review】"Arco Iris" (2010) Amina Alaoui

"Arco Iris" (2010) Amina Alaoui
Amina Alaoui (Vocals, Percussion)
José Luis Montón (Guitar) Eduardo Miranda (Mandolin) Sofiane Negra (Oud) Idriss Agnel (Percussion) Saïfallah Ben Abderrazak (Violin)

Arco Iris
Amina Alaoui
Ecm Records
2011-06-28


 モロッコの女性ボーカリストAmina Alaouiの北アフリカ~南スペイン~アラブなエスニックミュージック。
 ノルウェーの名ピアニストJon Balkeと“Siwan” (2009)を制作した人。
 少し低音に振れた、朗々としながらも、ミステリアスなボイス。
 おそらくは伝統曲なのであろう、聞き慣れないアラブな音階、物悲しいメロディ。
 北アフリカなのか、スペインなのか、ポルトガルなのか、あるいは中近東なのか、どこなのかはわかりません。
 冒頭のアカペラからどこか遠い場所、遠い時代にトリップするような非日常的な空気感。
 “Siwan” (2009)と同様に弦の中心の背景なのですが、大きな違いはスパニッシュJosé Luis Montónのギターが大きなスペースを占めること。
 ECM独特のリバーブと透明感。
 断言はできないけども、私が知る限り、ECMのアコースティックギター系では本作が一番美しい音かもしれません。
 さらにマンドリン、ウード、バイオリンが絡み合う天上のようなサウンド。
 少ない音数の弦が絡み合う空間の中に漂うミステリアスなボイス。
 ドキッとするような美しさと緊張感。
 ジャケットの素晴らしいポートレートは、モロッコの海? 
 対岸はスペインの地中海、あるいはポルトガル、はたまた遠くキューバ~アメリカ大陸を望む大西洋なのかもしれません。
 が、そのイメージの陽光はなく、少し曇った哀し気な海。
 そんな音。
 ECMのエスニック・トリップ・ミュージック、北アフリカ版。


 

posted by H.A.


【Disc Review】“Blue Maqams” (2017) Anouar Brahem

“Blue Maqams” (2017) Anouar Brahem
Anouar Brahem (oud)
Django Bates (piano) Dave Holland (bass) Jack De Johnette (drums)

Blue Maqams
Anouar Brahem
Ecm Records
2017-10-13


 チュニジアのウード奏者Anouar Brahem、ジャズのメンバーとの共演。
 ここまでピアニストFrançois Couturierを中心としたフランス系かアラブ系の人との共演が多く、アメリカンなジャズの人だけとは“Thimar” (1998)以来でしょうか?
 過激なイギリス人ピアニストDjango BatesエレクトリックMilesのリズム隊。
 普通に考えると、ぶっ飛んだ激しい系のピアノトリオ。
 確かにジャズなビート感の演奏が多くなってはいますが、あくまでAnouar Brahemの静かで穏やかな寂寥の世界。
 淡々と刻まれるビートに、美しいピアノの響き。
 それを背景に、ゆったりと、訥々と、語るように奏でられるウード。
 ベース、ドラムは、あの時代のジャズのように強烈にフロント陣を煽ることはしません。
 強力な推進力ながら、あくまで抑制的な静かなビート、穏やかなグルーヴ。
 それでも時間が進むにつれ、徐々にテンションは上がっていきます。
 そのジャズ的な高揚感とともに静かに熱を帯びていくウード。
 寂寥感、やるせなく哀し気なムードはそのままですが、いつもとは違う感覚の音の流れ。
 Django Batesはいつもイメージとは異なる、音数、音量を抑えた音使い。
 たっぷりのエコーに、零れ落ちるような、儚げな、ECMな音。
 フレーズの端々に感じられる静かな凄み。
 長い時間ではありませんが、ピアノトリオの場面は恐ろしいほどに美しく、静かで流麗なジャズ。
 物悲しいメロディをベースにしたウードとのDuoの場面は、漂うような空白の多い時間。
 その他、ウードのソロ、ドラムとのDuoなど多彩な構成。
 北アフリカ~地中海沿岸~アラブの色合いに加えて、北海側ヨーロッパ、あるいはアメリカ大陸までが混ざり合う音。
 ゆっくりと周囲の景色が変わっていくような音の流れ、寂寥感はいつものこの人の作品通り。
 さらに上質、上品なジャズ的な洗練が加わった音。
 Anouar Brahemにとってもチェンジオブペース。
 一番ジャズなAnouar Brahemはこのアルバムでしょう。
 一聴、普通なようで、何度か聞いているとジワジワ来るなあ・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Conte De L'Incroyable Amour” (1991) Anouar Brahem

“Conte De L'Incroyable Amour” (1991) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
Kudsi Erguner (Ney)

Conte De L'Incroyable Amour
Anouar Brahem
Ecm Records
2000-04-11


 チュニジアのウード奏者Anouar Brahem、“Barzakh” (1990)に続くECMでの第二作。
 本作もウードのソロ演奏を中心、楽曲によって木管楽器、パーカションが加わります。
 静謐で幽玄な音。
 静かでゆったりとした楽曲が多い分、前作よりも寂しさ、哀しさが強いかもしれません。
 冒頭から静かな空間に響く、エコーがたっぷりと効いた木管楽器の音。
 寂寥の世界。
 途中から入るウードの音がより哀し気に聞こえます。
 とても温かな音だと思いますが、なぜか感じる寂寥感、孤独感、やるせなさ。
 強烈な人間臭ささ。
 感情を吐露するわけでも爆発させるわけでもなく、抑制しつつも、内面の心情がにじみ出てきているような雰囲気。
 それがアラブ、あるいはチュニジアの空気感なのかどうかはわかりません。
 その複雑な感情表現を含めて、非日常的なトリップミュージック。
 この後、ECMではジャズ系の人脈とのセッション、Jan Garbarekとの共作“Madar” (1992)を経て、フランス人脈の“Khomsa” (1994)へと続いていきます。
 それら洗練されたヨーロピアンの音とフュージョンする前、生のチュニジア、Anouar Brahemの音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Barzakh” (1990) Anouar Brahem

“Barzakh” (1990) Anouar Brahem
Anouar Brahem (Oud)
Bechir Selmi (Violin) Lassad Hosni (Percussion)

 チュニジアのウード奏者Anouar BrahemのECMでの第一作
 ウードのソロ演奏を中心として、半数ほどの楽曲でバイオリン、パーカションが加わります。
 悲し気なメロディ。
 やるせなく、どこか悟ったような哀し気な音。
 インド、スペイン、その他が混ざり合うような、アラブ~中東の空気感。
 テンポを落とすとなぜか日本の子守歌、童謡、あるいは演歌にも通じる音の流れ、弦の響きは琴のようにも聞こえます。
 どこか繋がっているのでしょう。
 高速なフレーズもどこか哀しく寂し気。
 遠くから聞こえてくるようなパーカッションと、クラシックのように優雅ではなく、複雑な情念がこもったようなバイオリンの響き。
 ノスタルジックというよりも、確かに「悠久」といった言葉が似合いそうな音でしょう。
 人肌な温かさと、それでいてなぜか孤独な空気感。
 ヨーロッパとアジア、北アフリカ、また、過去と現代を繋ぐ音。
 それがなぜ、こんなに寂しく響くのでしょう・・・?




posted by H.A.

【Disc Review】“Inland Sea” (2014-2016) Stephan Micus

“Inland Sea” (2014-2016) Stephan Micus
Stephan Micus (Lute, Nyckelharpa, Zither, Shakuhachi, Guitar, Guimbri, Voice)

MICUS, STEPHAN
STEPHAN MICUS
INLAND SEA
2017-06-16


 ドイツのマルチインスツルメンタリストStephan Micusの2017年時点での最近作。
 もちろんいつもと同じ、無国籍、ノンジャンルな、とても静かで穏やかな音。
 “East of the Night” (1985)、“Ocean” (1986)あたりは幽玄さが前面に出ていましたが、作品が進むにつれ音の輪郭がシャープに具体的に変わってきているように感じ。
 が、本作は幽玄な方向に戻ったような印象。
 おそらく、柔らかな弦の古楽器?中心だからでしょう。
 終始漂うような音の流れ。
 Zither, Lute, Nyckelharpaなど、遠い所、遠い時空から響いてくるようなさまざまな音が奏でる悲し気なメロディ。
 間に定番の尺八、ボイスをはさみながら進む、憂いを含んだ幻想的な音。
 “East of the Night” (1985)と近いムードのとても素晴らしいジャケット。
 そちらは全二曲の大作ですが、そのムードはそのままに、楽曲をコンパクトにまとめていったような印象。
 楽曲ごとに景色、空気感が変化していきます。
 どこの、あるいはいつの”内海”の描写なのかはわかりません。
 世界のどこか、いつの時代かの情景を集めたコラージュのようなアルバム。
 現代の都会の喧騒や慌ただしさから完全に隔離された音。
 とても静かで穏やかな気持ちに・・・なるかな?





 Stephan Micus作品群。
 たくさんは聞けていませんが、私が知る限りはどれも静謐なトリップミュージック。
 新しいほど楽器、音の流れのバリエーションが増えていると思いますが、私的な好みはシンプルな“East of the Night” (1985)、“Ocean” (1986)あたり。
 忘れたころに聞きたくなる、気持ちの清涼剤になる素晴らしい音。
 無国籍なエスニック感、さまざまな要素がフュージョンする音、空間が多い静謐な音など、これぞジャズ、クラシックではないECMの典型的な音、ってな感じでしょうね。

“Archaic Concerts” (1976)
“Implosions” (1977)
“Koan” (1977)
“Behind Eleven Deserts” (1978)
“Till the End of Time” (1978)
“Wings over Water” (1981)
“Listen to the Rain” (1983)
East of the Night” (1985)
Ocean” (1986)
“Twilight Fields” (1987)
“The Music of Stones” (1989)
“Darkness and Light” (1990)
Athos” (1994)
“The Garden of Mirrors” (1997)
Desert Poems” (2001)
Towards the Wind” (2002)
“Life” (2004)
“On the Wing” (2006)
“Snow” (2008)
“Bold as Light” (2010)
“Panagia” (2013)
“Nomad Songs” (2015)
Inland Sea” (2014-2016)


posted by H.A.


【Disc Review】“Towards the Wind” (1999-2001) Stephan Micus

“Towards the Wind” (1999-2001) Stephan Micus
Stephan Micus (Duduk, Kalimba, 3 Steel-String, 14-String Guitars, Guitar, Shakuhachi, Talking Drum, Strings, Voice)

Towards the Wind
Stephan Micus
Ecm Import
2002-08-06


 ドイツのマルチインスツルメンタリストStephan Micusのとても静かな無国籍ワールドミュージック。
 本作の主役は尺八とギターに加えて、DudukとKalimbaでしょうか。
 冒頭からバリトンサックスを柔らかく、丸くしたような音がとても美しいDudukで奏でられるセンチメンタルなメロディ。
 アジアなのか、中近東なのか、はたまた日本なのか・・・
 ・・・と思っていると、次はKalimbaのソロ。
 アフリカってよりも、やはりアジアな感じでしょうか。
 そんなDudukとKalimbaのソロ演奏の間にいつもの尺八とギターが絡み合う構成。
 Kalimbaのソロからスタートして、雅な雰囲気のビートとメロディを、アジア~中近東なDudukが奏でる・・・ってな感じで、なんだかよくわからない究極のフュージョンミュージック。
 珍しくアップビートのギターのストロークと尺八のインプロビゼーションが絡む勇壮系の演奏なども。
 あるいは、終盤に収めれらたギターのストロークにボーカルが載ってくるフォーキーなバラードは、あの時代のPat Methenyグループのムード、南米の山奥の空気感。
 そんなこんなで、アジアなのか、アフリカなのか、中近東なのか、南米なのか、日本の里山なのか、わからないトリップミュージック。
 初期の作品“East of the Night” (1985)などと比べると幻想的なムードは薄くなってきているのかもしれませんが、穏やかで優し気、懐かし気な空気感は同様。
 全編エスニックなのですが、なぜか西欧的に洗練された感じがするのは、ヨーロピアンの出す音ゆえでしょうか?
 その不思議なバランスがこの人の音の特色であり、魅力なのでしょう。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ