吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Wolfgang_Muthspiel

【Disc Review】“Rising Grace” (2016) Wolfgang Muthspiel

“Rising Grace” (2016) Wolfgang Muthspiel
Wolfgang Muthspiel (Guitar)
Brad Mehldau (Piano) Larry Grenadier (Double Bass) Brian Blade (Drums)
Ambrose Akinmusire (Trumpet)
 
Rising Grace
Wolfgang Muthspiel
Ecm Records
2016-10-28
ウォルフガング・ムースピール

 オーストリアのギタリストWolfgang Muthspiel、"Driftwood” (2014) に続くECMでのリーダー作、第二弾、最新作。
 コンテンポラリージャズ系の中では、Kurt Rosenwinkelよりは少しだけ上の年代、若手、中堅ではなく、すでにベテランになるのでしょう。
 前作はトリオでのフワフワした作品でしたが、本作はピアノとトランペットが加わります。
 ベースとドラムは前作と同じメンバーですが、もともとBrad Mehldau、あるいはJoshua Redman、Pat Methenyあたりと共通する人脈。
 Pat Methenyの作品では、ドラマー違いでのギターカルテット作品“Metheny/Mehldau Quartet” (Dec.2005)もありました。
 もちろんそれらとは全く質感の異なる、基本的には前作"Driftwood”と同様に淡くて穏やかな音。
 寂寥感、哀愁感はそのままに、ピアノが入っている分、全体の音の輪郭が明確になり、トランペットが寂寥感を増幅。
 トランペットの入り方、端正で上品な演奏も相まって、Lars Danielssonの“Liberetto” (2012)のようなムードも漂っています。
 そちらよりはビート、メロディが複雑で、淡く漂うような不思議系の音作り。
 ギターが前面に出るのではなく、ドラムとベースが後ろでしっかりとビートを作り、ギター、ピアノ、トランペットがインタープレーを展開する場面が目立ちます。
 冒頭から穏やかながら複雑なビートの上を、瑞々しいガットギター、美しいピアノ、寂寥感の強いトランペットの絡み合い。
 誰が前面に出るわけではなく、淡々とした美しい音の絡み合い。
 エコーがたっぷり聞いた美しいガットギターで導かれる次曲も同様。
 ギター、ピアノ、トランペットが短く代わる代わる前に出ながら、他の楽器がさまざまに反応しながら、淡々と音が流れていきます。
 三曲目でビートが強めになり、フロントの三人がソロスペースを分け合うオーソドックスな構成になりますが、穏やかで淡い空気は続きます。
 フォークロック調の優しいメロディとコードをべースに、美しくかつ強い疾走感のピアノとクギター、トランペット。
 誰も激しい音は使いません。 
 そんな穏やかな演奏、楽曲が続きます。
 エレキギターの使用も少なめ、あくまでクリーントーン。
 “Earth Mountain” (2008)あたりの作品ではキャッチーな楽曲が増えてきたように思っていたのですが、本作は全編通じて不思議系。
 ECM的といえば、そうなのかもしれません。
 終盤にECMの定番、ルバート中心のスローバラードもあります。
 静かなフリービートに漂うようなギター、はらはらと舞い落ちるような美しいピアノ。
 タイトルを見ると“Den Wheeler, Den Kenny”、近年逝去したKenny Wheelerへのトリビュート、とても静かで優しい音。
 この曲が私にとってはベストでしょう、今のところ・・・
 最後もガットギター、ピアノ、トランペットの静かで不思議な絡み合いで幕。
 抽象的ではないほどほど明解な音の流れ、淡い感じの明るいムードは、近年のECMの色合いでしょう。
 取り立ててメロディアスではないし複雑ですが、普通にカフェで流れていてもオッケーそうな上品で心地よい音。
 登場した当時のとんがったムードがなくなり、2000年以降の少々キャッチーな感じもなくなり、複雑な、それでも淡くて穏やかな音。
 一貫しているのは寂寥感。
 ECMのWolfgang Muthspielはこの色合いで行くのかな?




posted by H.A.

【Disc Review】“Drumfree” (2010) Wolfgang Muthspiel, Andy Scherrer, Larry Grenadier

“Drumfree” (2010) Wolfgang Muthspiel, Andy Scherrer, Larry Grenadier
Wolfgang Muthspiel (Guitar)
Larry Grenadier (Bass) Andy Scherrer (Saxophone)
 
Drumfree
Wolfgang Muthspiel
Imports
2011-04-12
ウォルフガング・ムースピール

 オーストリアのギタリストWolfgang Muthspiel、タイトル通りドラムレスのコンテンポラリージャズ作品。
 ドラムレス、ビートを落として漂うようなルバート的なスローバラード演奏もありますが、多くが定常なビート。
 テンポが上がると、さすがのLarry Grenadierのウッドベースのグルーヴがカッコいいのでですが、バラードが中心で穏やかな印象。
 かつてのこの人の色合いからすれば、もっと浮遊感が強いフリー混じりの演奏になってもよさそうですが、オーソドックスな色合いが強いコンテンポラリージャズ。
 エフェクティングのないオーソドックスなクリーントーンのエレキギターとRalph Townerのような瑞々しい音のガットギター。
 フレージング、音使いも心なしかオーソドックス。
 若かりし日の演奏に感じたJohn Scofield的なひねったブルース感は無くなりましたかね?
 楽曲も全曲オリジナルなのだと思いますが、落ち着いた色合い、ほのかな哀愁が漂う優しいメロディが並びます。
 連綿としたバラードもあったり、かつてのこの人の作品からは想像できない音作り。
 ベーシストはずっと一緒にやっているLarry Grenadierなので、こちらの方が無理の無い日常の音、今の音なのかもしれません。
 サックスもこれまたオーソドックス。
 毒気を期待すると拍子抜けしてしまいますが、落ち着いた室内楽的、現代的なジャズトリオとしては悪くないアルバム。
 すっかり大人になってしまいました。
 この路線がECM作品"Driftwood” (2014) 、最新作“Rising Grace” (2016)に続いているんでしょうね。




posted by H.A.  


【Disc Review】“Earth Mountain” (2008) Wolfgang Muthspiel 4tet

“Earth Mountain” (2008) Wolfgang Muthspiel 4tet
Wolfgang Muthspiel (guitars)
Jean-Paul Brodbeck (piano, synthesizer) Matthias Pichler (bass) Andreas Pichler (drums)
 
Earth Mountain
Material Records
2008-10-06
ウォルフガング・ムースピール

 オーストリアのギタリストWolfgang Muthspiel、ギターカルテットでのコンテンポラリージャズ作品。
 素直な編成で今風なコンテンポラリージャズ。
 かつては強かった毒気のようなものが薄まり、いろいろな質感の楽曲が混在している感じもなくなり、スッキリとまとまった構成。
 冒頭から新しい感じのファンキーチューン。
 ビートは複雑で乾いた感じ、これまた複雑でメカニカルな感じの楽曲と合わせて、現代ニューヨーク的な色合い。
 冒頭から新しい感じのファンキーチューン。
 ビートがいい感じの軽快さですが、メロディはこれどうなってんの?の複雑さ。
 が、そんな曲は冒頭のみで、哀愁が流れる馴染みやすい曲が多いし、ドラマチックな構成のアレンジが何曲も。
 こんなメロディを書くんだ・・・と意外な感じがするほどキャッチーな曲も何曲か。
 ギターは相変わらずのスムースさ。
 “Black & Blue” (1992)などのやんちゃな感じと比べると、この頃になるとエフェクティングは抑え気味でオーソドックスなスッキリとした演奏が中心。
 クリーントーンが多くなってきているようにも思いますが、まだまだ使われているディストーションも含めて相変わらずの美しい音と、流れるような音使い。
 もう少しバンド全体がドカーンとくるともっといいんだろうなあ・・・は、“Black & Blue” (1992)と同じ印象なので、それも含めてこの人の色合いなんでしょうね。
 サポートのピアノトリオもこれ見よがしに派手な感じではなく、アコースティックピアノ、ウッドベースを中心としていかにもジャズな落ち着いたサポート。
 といったところで、落ち着いた上品、上質なコンテンポラリージャズ作品。
 カッコいいです。




posted by H.A.  


【Disc Review】“Perspective” (1996) Wolfgang Muthspiel

“Perspective” (1996) Wolfgang Muthspiel
Wolfgang Muthspiel (Guitar, Violin)
Marc Johnson (Bass) Paul Motian (Drums) 
 
Perspective
Wolfgang Muthspiel
Amadeo
ウォルフガング・ムースピール

 オーストリアのギタリストWolfgang Muthspiel、自身でバイオリンも弾いたフリージャズも混ざる作品。
 これはカッコいい。
 特に前半はこのままECMから出ていてもおかしくない、クリエイティブでハイテンションなコンテンポラリージャズ。
 冒頭から10分を超えるハイテンションなインタープレー。
 Paul Motianの叩き出す浮遊感の強いフリーなビートと、背景を作るベースのアルコの上を漂う、もの悲しいメロディを奏でるバイオリン。
 さらにオーバーダビングされたバイオリンの優雅な音とディストーションを掛けたギターの激しい音が交錯する激しくもドラマチックな構成。
 中盤、ビートが落ちて幻想的な世界から、再度登場するバイオリンの奏でる悲し気なメロディ~そのまま静かにエンディング。
 これは凄い。
 ビートはフリーですが、決して難解ではないドラマチックな素晴らしい演奏。
 バイオリンの演奏も手練れていて、さすがクラシックの本場のオーストリアの人。
 この感じが続くか?と思いきや、そんな演奏は冒頭のみ。
 バイオリンの導入もあと二曲のみ。
 続くはガラッと変わって、Ralph Townerっぽい導入から始まる、瑞々しいガットギタートリオによる4ビート。
これまた10分超えのハイテンションな演奏。
 以降、カントリーっぽい明るい4ビートやら、スムースな速弾きギターが映えるコンテンポラリージャズ、はたまた穏やかだけどBill Frisell風不思議感満載のギタートリオ、などなど・・・
 楽曲ごとの質感に幅があるのが、いかにもこの人の作品の特徴ですね。
 バイオリンがフィーチャーされるハイテンションな演奏ではMarc Johnsonもアルコを多用して、何だかクリエイティブなコンテンポラリージャズ。
 最後は4ビート、あの “Nefertiti”の変奏ブルース。
 John Scofieldっぽいブルージーなタメの効いたジャズギタートリオで締め。
 一体この人は・・・?
 カッコいいけど。

※この作品の音源が無いのでガットギターでのソロでも・・・


posted by H.A.  


【Disc Review】“Loaded, Like New” (1995) Wolfgang Muthspiel

“Loaded, Like New” (1995) Wolfgang Muthspiel
Wolfgang Muthspiel (Electric, Acoustic Guitar, Guitar Synthesizer)
Tony Scherr (Electric, Acoustic Bass) Kenny Wollesen (Drums) Don Alias (Percussion)
 
ウォルフガング・ムースピール

 オーストリアのギタリストWolfgang Muthspiel、ギタートリオ+パーカッションでのアルバム。
 “Magic Labyrinth” (1995) Marc Johnson's Right Brain Patrolとほぼ同じ時期の録音でしょう。
 こちらも同様に一風変わったコンテンポラリージャズなギターアルバム。
 冒頭からヘビーで複雑なビート、強いディストーンが掛かったギターが唸る激しい演奏。
 歪んでいてもスムースで美しいギターと、ウネウネと動きまくるエレキベースがカッコいい。
 本作はこの線かと思っていたら、色合いはさまざま。
 スパニッシュ風のガットギターとパーカッションとのDuo、ファンキーなフュージョンチューン、平和な4ビートジャズまで、多種多彩な演奏。
 さらにBeatlesナンバーが二曲入っていて、そちらはクリーントーンのエレキギター、ガットギターで不思議系ながら穏やかなバラード演奏。
 また、ダークで緊張感の高い妖しい音、といったイメージを持っていましたが、冒頭曲を除けば明るい印象。
 アルバム、楽曲ともに幅のある人のようです。
 どれも決まっていてカッコいいのですが、慣れるまではあれれ?の連続。
 マニアックかというとそうでもなく、馴染みやすい演奏、ドラム、ベース、パーカッションを含めて素晴らしい演奏が揃っています。
 でも幅が広すぎるんだろうなあ・・・?
  “Black & Blue” (1992)ではJohn Scofield、Ralph Townerを合わせたようなギタリスト、と思っていましたが、それは一面に過ぎないようです。
 ガットギターは確かにRalph Townerっぽいのですが、エレキギターはジャズ、ロックその他諸々、John Scofield、Bill Frisellその他諸々が混ざり合う誰とも言えないオリジナリティ。
 ディストーションを使った張り詰めたような音使いなどは、この人が現在のコンテンポラリーギターのドンKurt Rosenwinkelに影響を与えたのでは?と勝手に思っています。
 そんなスムースで美しい、歪んだ音。
 音色もさることながら、表現力、テクニック共に凄いことは間違いありません。
 Kurt Rosenwinkelのデビュー作“East Coast Love Affair” (Jul.1996)がこのあたりでしょうか。
 この時点ではWolfgang Muthspielの方が進んでいたように思います。
 現代ギターは多士済々ですが、好みはさておき、Kurt Rosenwinkelに次ぐ、あるいは彼を凌ぐクリエーターはこの人・・・と勝手に思っているのですが、もう時間が経つなあ・・・
 近年の作品は穏やかになって・・・




posted by H.A.  


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ