吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Wolfert_Brederode

【Disc Review】“Black Ice” (2015) Wolfert Brederode Trio

“Black Ice” (2015) Wolfert Brederode Trio
Wolfert Brederode (piano)
Gulli Gudmundsson (double bass) Jasper van Hulten (drums)

Black Ice
Wolfert Trio Brederode
Imports
ヴォルフェルト ブレデローデ


 オランダのピアニストWolfert BrederodeのECM第三弾。
 スイス~オランダのボーカリストSusanne Abbuehlのサポート諸作ではクラリネットまたはフリューゲルホーン入り、リーダー作ではクラリネット入りのレギュラーバンドでしたが、本作はピアノトリオ。
 ベース、ドラムともに交代。
 冒頭はいかにもECM、今にも止まりそうで止まらない、フワフワと漂うルバートでのスローバラード。
 “This Is the Day” (2014) Giovanni Guidi、“January” (2008) Marcin Wasilewskiなどなどなど、ECMの若手の間でも冒頭に持ってくるのが定番になりましたかね。
 ベテランでも全編それの”Storyteller” (2003) Marilyn Crispellなんて名作もありました。
 本作ではドラマチックな展開ながら、ガツンとは来ません。
 穏やかでしっとりとしていて、とても繊細。
 無音の瞬間に低く響くシンバルの音がカッコいい演奏。
 以降はビートが効いた演奏となりますが、全体眺めて、前作“Post Scriptum” (2010)までとは少し異なる質感。
 現代的なビート感は変わっていないと思うだけども、少しテンションを落としてきた感じ。
 寂寥感の強さはそのままに、不思議な感じのメロディも含めて淡い色合い。メンバー変更の影響も大きいのでしょうかね。
 元々強烈に弾くタイプではなかったのですが、管が抜けてピアノが前面に出るのは当然としても、それでも穏やかな色合い。
 やんちゃなわけでも、突っ走るわけでもなく、フワフワと漂うわけでもなく、それらを少しずつ合わせたような感じ。
 前二作で目立っていた、シンプルなリフを繰り返しながら背景を変えていく、ミニマル?的な展開はなく、オーソドックスにテーマ~インプロビゼーション。
 総じていえば、輪郭が明確な律儀な感じのピアノ、でも、なんだか不思議系。
 これまではモノトーンなり、ネイビーなりの明確な色だったように思いますが、本作では少々淡い色合い。
 最近のECMってこの手の淡い色合いが増えてきたなあ・・・?




posted by H.A.

【Disc Review】“Post Scriptum” (2010) Wolfert Brederode

“Post Scriptum” (2010) Wolfert Brederode
Wolfert Brederode (piano)
Claudio Puntin (clarinets) Mats Eilertsen (bass) Samuel Rohrer (drums)

Post Scriptum
Wolfert Quartet Brederode
Imports
2011-07-26
ヴォルフェルト ブレデローデ




 オランダの若手のピアニストWolfert BrederodeのECM第二弾、最近作。
 前作“Currents” (2006)では抑え気味だったインプロビゼーションのスペースが増え、ジャズ度が増してきました。
 楽曲も同様、普通のジャズアルバムとして聞いてもおかしくない質感。
 とはいえ、相変わらず不思議感はてんこ盛り。
 前作と同様に、ピアノが同じリフを繰り返しつつ、リズムとクラリネットが変化をつけていく構成、あるいはピアノとクラリネットを入れ替えた構成も何曲か。
 リズムの取り方もベテラン陣にはない新しい感覚。
 美しく妖しい不思議な音使いのピアノと、静かなグルーブ感のドラムがカッコいいのは相変わらず。
 インプロスペースがはっきりした分、クラリネットの凄さも明確に。
 クールな質感ながら、フレージング、スピード感、抑揚ともに一級品。
 全体を貫くクールな緊張感、静かなグルーブ感、浮遊感、あくまで上品な昂揚感。
 美しく妖しい楽曲と、これも美しく妖しいインプロビゼーション。
 新しい感覚の音の流れ。
 見えてくるのは東欧あたりの深い森。
 やはり”Something Strange, but Comfortable”。 


 

posted by H.A.

【Disc Review】“Currents” (2006) Wolfert Brederode

“Currents” (2006) Wolfert Brederode
Wolfert Brederode (piano)
Claudio Puntin (clarinets) Mats Eilertsen (bass) Samuel Rohrer (drums)

Currents (Ocrd)
Wolfert Brederode
Ecm Records
2008-08-19
ヴォルフェルト ブレデローデ



 ボーカリストSusanne Abbuehlのサイドで只者では無い感が漂う演奏をしていたオランダ?の若手、ジャズとしては新感覚?のピアニスト。
 何が新しいか、象徴的なのは一曲目。
 ピアノは、妖しげ悲しげなリフをひたすら繰り返すのみ。
 ドラム、ベースが微妙な変化を加えつつ静かにグルーブを作り、クラリネットが主旋律とインプロビゼーションっぽい音を乗せるのですが、ピアノはあくまでリフのみ。
 それでもものすごい緊張感。
 静謐な昂揚感、さらに浮遊感。
 ミニマル・ミュージック(よく知りませんが・・・)とは少し違うのでしょう。
 かつてのMilesのNefertittiが似た手法ではあるのでしょうが、質感は違う。
 グルーブと昂揚感は同様ですが、本アルバムはあくまでクールな質感。
 徹底しているのは一曲目だけですが、基本的にはそんな感じで最後まで。
 シンプルな曲にインプロビゼーションはあくまで控えめ、一歩間違えば単調な演奏になりそうですが、なぜか一曲ごとの起承転結が明確に感じられ心地よい。
 この感じは何なのだろう?
 まさに”Something Strange, but Comfortable”。


※ピアノとドラムのDUOですが質感は同じ。

posted by H.A.

【Disc Review】“The Gift” (2012) Susanne Abbuehl

“The Gift” (2012) Susanne Abbuehl
Susanne Abbuehl (voice)
Matthieu Michel (flugelhorn) Wolfert Brederode (piano,etc) Olavi Louhivuori (drums)

The Gift
Universal Music LLC
2013-05-10
スザンヌ アビュール

 スイス~オランダのボーカリストSusanne Abbuehl 、最近作。
 前作、前々作に続いて静謐な音。
 クラリネットがフリューゲルホーンに変わったことでよりジャズっぽくなった感もあります。
 でも全曲彼女のオリジナル曲になった分、また、ドラムの登場場面が少ない分、フォーキーな感じがより強くなったようにも・・・
 が、音の質感を決めていたと思われるピアニストWolfert Brederodeはそのまま。
 結果、相変わらずの彼女流、静かに語る夜の静寂(しじま)ジャズ。
 ピアノは相変わらず美しく怪しい。
 フリューゲルは寂寥感の塊。
 雰囲気はジャケットの絵の通り、秋から冬の夜、もちろん静寂(しじま)。


※編成は違いますが、彼女の音にはエコーが効いたフリューゲルが合いますねえ。


posted by H.A.

【Disc Review】"Compass" (2004) Susanne Abbuehl

”Compass” (2004) Susanne Abbuehl
Susanne Abbuehl (voice)
Wolfert Brederode (piano) Christof May (clarinets) Lucas Niggli (drums) Michel Portal (clarinet)

Compass
Susanne Abbuehl
Ecm Records
2006-06-06
スザンヌ アビュール

 スイス~オランダのボーカリストSusanne Abbuehl 、ECMでの二作目。
 前作に続く静音ボーカル。
 一曲目、妖しげなバス・クラリネット、これも妖しげだけど美しいピアノが漂うような音使い。
 リズムが定まっているような、そうでもないような。
 ルバート的な浮遊感の強い音、寄せては返す波のようなピアノの上に、語るようなボイス。
 静かなのだけどドラマチック。
 相変わらずピアノがカッコいい。
 Steve Kuhnを丸くしたような感じ?派手なソロは無いのだけども只者では無い感。
 ジャズと呼ぶには静的過ぎるのかもしれないけども、妖しく美しい音楽。
 夜の静寂(しじま)ジャズ。



posted by H.A.

【Disc Review】“April” (2000) Susanne Abbuehl

“April” (2000) Susanne Abbuehl
Susanne Abbuehl (voice)
Wolfert Brederode (piano, etc) Christof May (clarinets) Samuel Rohrer (drums)

April
Susanne Abbuehl
Ecm Import
2002-03-26
スザンヌ アビュール



 スイス?オランダ?のボーカリストSusanne Abbuehl。
 出自やキャリアはよく分りません。
 素直な声質、語るような歌唱はポップス系の人なのかもしれませんが、静かで怪しげ、美しいヨーロピアンジャズサウンド。
 ほぼ全曲ゆったりとしたバラード。
 同レーベルの大御所Norma Winston的ではあるものの、同様の深遠さ、妖しさはあるものの、もう少しポップで現代的、サラリとしたイメージ。
 オリジナル曲に加えてCarla Bleyナンバーから'Round Midnightまでカバーもいくつか。
 全てが彼女流の静謐な世界。
 サポートの御三方も秀逸、Wolfert Brederodeの妖しげで美しいピアノ、控え目ながら的確に反応しつつ、あくまで静かなビートを出すドラム、盛り上げ役ではなく逆に静謐さを際立たせるクラリネット。
 Milesの'Round Midnightは都会的で少々ヤクザな真夜中だけど、こちらは人里離れた教会的な静謐な真夜中。
 林の暗がりから大きなシカっぽい動物がじっとこちらを見ている感じの絵。
 ジャケットは銀河っぽいですが、雰囲気は少し寒い夜の静寂(しじま)。
 冬の晴れた夜空の音と言えばその通り。





posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ