吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Weather_Report

【Disc Review】“Mysterious Traveller” (1974) Weather Report

Mysterious Traveller (1974) Weather Report

Josef Zawinul (Electric piano, piano, synthesizers, guitar, kalimba, organ, tamboura, clay drum, tack piano, melodica) Wayne Shorter (Soprano, tenor sax, tack piano)
Miroslav Vitouš (acoustic bass) Alphonso Johnson (Bass) Ishmael Wilburn, Skip Hadden (Drums) Dom Um Romão (Percussion, drums)
Ray Barretto, Meruga, Steve Little (Percussion) Don Ashworth (Ocarinas, woodwinds)
Isacoff (Tabla, finger cymbals) Edna Wright, Marti McCall, Jessica Smith, James Gilstrad, Billie Barnum (Vocal)
 
Mysterious Traveller
Weather Report
Sony
ウェザー・リポート


 Weather Report、第四弾。
 メインのベーシストがファンクプレーヤーのAlphonso Johnsonに交代。
 Miroslav Vitousの参加は一曲のみ。
 “Live in Tokyo” (1972)から共演が続いたドラマーEric Gravattも交代。
 MilesバンドのベースがRon CarterからDave Hollandに交代し、結局は根っからのファンクプレーヤーMichael Hendersonに、ドラマーがJack DeJohnetteからAl Fosterに変わっていく流れに似ています。
 かつての深刻系なムードは冒頭のイントロのみ、宇宙的、幻想的なムードもタイトル曲のイントロのみ。
 いずれもすぐに明るいムードの曲に展開します。
 軽快でファンキーなグルーヴを作るベース、ドラム、パーカッション。
 後のJaco Pastoriusがよく使うベースパターンも登場します。
 Miroslav Vitousの参加曲にしても、楽曲は明るいムードのファンク。
 1960年代ジャズ、初期Weather Report の深刻で気難し気な色合いはほとんど無くなりました。
 この期に大ヒットした“Head Hunters” (Sep.1973) Herbie Hancockを意識したかどうかは分からないし、似てもいないけども、モダンジャズはもとより、シリアスなムードのジャズは流行らないし、決してクールではない時代だったのでしょう。
 “Sweetnighter” (1973)で感じられた少々の不自然さも払拭。
 “Nubian Sundance”、“Cucumber Slumber”, “Mysterious Traveller”などなど、ほどよくタメの効いたファンキーでわかりやすい演奏が並びます。
 さりげなくてファンキーなミディアムテンポの“Cucumber Slumber”などは、Alphonso Johnsonのベースなくしてはこうはならないであろう、カッコいいファンク。
 さらにはこのバンドでは初めてのソプラノサックスとピアノほぼDuoでの静謐なバラード、かつてのような緊張感が漂う “Scarlet Woman”から、最後はシンセサイザーに導かれる、ささやくようなコーラス、エスニックで穏やかなJoe Zawinulの世界”Jungle Book”で締め。
 ファンクフュージョンのみならず、後々までの要素、世界観がしっかり収められています。
 それでも次作“Tale Spinnin'” (1975)に比べると少し雰囲気が違うのは、過渡期ゆえ、あるいはしばらく固定できないドラマーゆえでしょうか?
 さておき、次作、Weather Report流のファンクフュージョンが完成したと思しきアルバム、ファンキーで軽快で明るい“Tale Spinnin'” (1975)へと続きます。

 


posted by H.A.  


【Disc Review】“Sweetnighter” (1973) Weather Report

Sweetnighter (1973) Weather Report

Josef Zawinul (Electric piano, piano, synthesizers) Wayne Shorter (Saxophones)
Miroslav Vitous, Andrew White (Bass)
Herschel Dwellingham, Eric Gravatt (Drums) Andrew White (English Horn) Roller Toy, Israeli Jar, Muruga Booker (percussion) Dom Um Romão (Percussion, Wood Flute)
 
Sweetnighter
Weather Report
Sbme Special Mkts.
ウェザー・リポート


 Weather Report、第三弾。
 エレキベースの全面的な導入、ファンクフュージョン路線への移行が始まった作品。
 Miroslav Vitousもエレキベースを弾いていますが、半数はツインベース、Miroslav Vitousが参加していない曲もあり、“I Sing the Body Electric” (1972)のフリージャズ的な世界、あるいは”Weather Report” (Feb-Mar.1971)的な世界からも脱しようとしています。
 ボウイングを封じられ、ツインベースの曲についても、アコースティックベースは目立たず、Miroslav Vitousがエレキベースを弾く曲はスロー~ミディアムテンポ。
 Miroslav Vitousの適当な居場所があまりなくなっています。
 ドラムもツインの曲がいくつか、“Live in Tokyo” (1972)から共演するEric Gravattはアコースティックベース中心の曲のみ。
 二人とも、Joe Zawinul、Wayne Shorterの求める音に合わなくなっていたのでしょう。
 全体の質感も大きく変わって、深刻で暗い色合いが薄まり、ファンク~ポップな色合いが強くなりました。
 ワウを掛けたキーボードがギターのような響き、軽快なファンキーさを出そうとしていることがうかがえます。
 Andrew Whiteのエレキベースが前面に出る何曲かの曲では、後まで続くWeather Reportの音が始まっています。
 不自然にまでエレキベースの音量を大きくミキシングしている曲も何曲か。
 試行錯誤の途上ゆえか、ファンキーなグルーヴを前面に出そうとしたのかはわかりません。
 いずれにしてもエレキベースと軽快なドラムが目立つ16ビート的な軽快でファンキーな演奏が印象に残ります。
 前年にリリースされた“On The Corner” (Jun.1972) Miles Davisの影響だろう・・・とかいうとJoe Zawinulさんは真っ向否定するんだろうなあ。
 “Boogie Woogie Waltzのクラッピング”や“125th Street Congress”のドラムのパターンなどは“On The Corner”に似ているのだけども・・・
 そのビート感をどちらが作り出したのか、それとも単に時代の流行だったのか、実相はわかりませんが、とにもかくにも、軽快さも入り混じるファンキーなグルーヴ、新しいWeather Reportのスタート。
 最後の “Non-Stop Home”に毒気・・・かと思いきや、やはりこれも前向きな展開。
 高速なビートとゆったりとしたメロディを奏でるフロント陣が絡み合うカッコいい演奏。
 これもMilesバンドのどこかで聞いたなあ・・・?やはりWayne Shorterの曲か・・・
 などなど、Milesとの絡み含めて見えずらいこと、深読みを誘うことも多いのですが、カッコいい演奏ではあります。
 次作“Mysterious Traveller” (1974)からはAlphonso Johnsonが参加してより洗練されたファンク、“Tale Spinnin'” (1975) にLeon "Ndugu" Chancler が参加してより軽快に、“Black Market” (1976) ではJaco Pastoriusが参加、決定的な“Heavy Weather” (1977)・・・
 バンドの進化は止まらず、快進撃が始まります。
 ジャケットもすっかり明るくなりました。
 まだ曇り空ですが。

 


posted by H.A.  


【Disc Review】“I Sing the Body Electric” (1972) Weather Report

I Sing the Body Electric (1972) Weather Report

Josef Zawinul (Electric piano, piano, synthesizers) Wayne Shorter (Saxophones) Miroslav Vitouš (Bass) Eric Gravatt (Drums) Dom Um Romão (Percussion)
Andrew White (English horn) Hubert Laws, Jr. (Flute) Wilmer Wise (trumpets) Towner (12-string guitar)
Yolande Bavan, Joshie Armstrong, Chapman Roberts (Voice) Ralph 
 


 Weather Report、第二弾。
 “Bitches Brew” (Aug19-21,1969) Miles Davis的な音から抜け出そうと試行する時期の作品。
 ファンクジャズでもファンクフュージョンでもなく、幻想的なフリージャズ的な印象が強い音。
 冒頭から妖しいメロディと所々に配置されるコーラスがちょっと怖い感じ。
 そこを抜けてしまえば穏やかなフリージャズ~“In a Silent Way” (Feb.1969) Miles Davis系の音。
 シンシンと鳴り続けるシンバルと激しいウッドベースが絡み合うビートの上にちりばめられる、漂うようなゆったりとしたサックスとピアノ。
 とても幻想的なムードは、二曲目のRalph Townerのギターが鳴り出しても同じ。
 ギターとドラムが作るビートの上を抽象的なメロディのサックス、歪んだキーボードとベースが絡み合う摩訶不思議な世界。
 LPレコードA面はそんな音が続きます。
 ”Weather Report” (Feb-Mar.1971)の深刻なムードを保ちつつ、よりフリーなインプロビゼーション、インタープレーの割合が大きく、抽象度が高いイメージ。
 遠くで響いているようなスムースで穏やかなソプラノサックスの響きが映える空間ではあります。
 楽曲はJoe Zawinul、Wayne Shorter、Miroslav Vitousで分け合っていますが、三者ともに曖昧なメロディ。
 全体を眺めれば、メロディ、ビートの芯が曖昧、未来的で幻想的な色合いで、何がどこまで出来そうか模索中、といったところでしょうか。
 LPレコードB面は色合いが変わって、東京でライブ“Live in Tokyo” (1972)のダイジェスト版。
 キッチリ、べストな選曲でしょう。
 激しいビート、“Bitches Brew” (Aug19-21,1969) Miles Davisの影も強いファンクジャズ、エネルギー放出型ジャズ。
 ウッドベース、4ビートのイメージが強いのがこの期のWeather Reportの色合い。
 ラテンなビートで始まり、Milesバンドオープニングの定番”Directions”で締め。
 フリージャズが混ざる深刻なムード、強烈なグルーヴ、推進力に、激しいインプロビゼーション。
 “1969Miles” (Jul.25,1969) Miles Davisなどのような爆発的な激烈さまでにはいきませんが、カッコいい演奏揃い。
 さて、このカッコよさの根っこはJoe ZawinulなのかMiles Davisなのか?
 わかりません。

 


posted by H.A.  


【Disc Review】”Weather Report” (Feb-Mar.1971) Weather Report

Weather Report (Feb-Mar.1971) Weather Report

Joe Zawinul (Electric, acoustic piano) Wayne Shorter (Soprano sax) Miroslav Vitous (Electric, acoustic bass) Alphonse Mouzon (Drums, voice) Airto Moreira (Percussion)
Barbara Burton, Don Alias (Percussion)
 
Weather Report
Weather Report
Sbme Special Mkts.
ウェザー・リポート


 ジャズ・フュージョン最高峰のデビュー作。
 フュージョンバンドは星の数ほどあれど、このバンドが最高であると考える人は少なくないでしょう。私もその一人。
 冒頭の”Milky Way”からぶっ飛んでいます。
 シンセサイザーのようなスペーシーな音。
 コードが移り変わっていくだけの二分強。
 何だこりゃ?の世界ですが、時折のパーカッションが空間の妖しさを増した1:35ぐらい。
 ほんの一瞬のサックスの音。
 んー、これはちょっと凄い。
 怖いぐらいにアーティスティックな二分間。
 天の川の静かな動きと、一瞬の流星。 
 短からず長からずの素晴らしい幕開け。
 白い壁の部屋でこれをループにするだけで現代美術の展示会になりそうなスタイリッシュな音。
 もうこれで十分でしょ・・・ってな人はごくわずかかもしれませんが、ビートが入ると“Bitches Brew” (Aug19-21,1969) Miles Davisに近い音になります。
 ヒタヒタと迫ってくるビートに、ファンクなベースの“Bitches Brew”に対して、ゴリゴリのアバンギャルド系ジャズベースが唸り、エレピが作るフワフワとした空間をサックスが漂い、時に切り裂くイメージ。
 さらには、宇宙的なエレピの音に導かれる漂うようなバラード”Orange Lady”。
 MilesがJoe Zawinul 抜きで録音(<Nov.19.1969>、“Big Fun”収録)していますが、同じく幻想的なムードながら、こちらはスッキリ系、“In a Silent Way” (Feb.1969) Miles Davisのタイトル曲の牧歌的な世界。
 以降も幻想的な音、激しい音が交錯します。
 強烈なグルーヴ、時折の混沌を交えながら、誰かがフロントに出るといった感じでもなく、サックス、エレピ、ベースが絡み合うインタープレー中心の展開。
 そこは“Bitches Brew”的でもあるのですが、後のMilesバンドとの大きな違いは、4ビート、ジャズの空気感が色濃く残っている事でしょうか。
 ウッドベース中心であることも大きいけど、後のJacoの時代に至るまで、要所に4ビートが組み込まれていて、それが心地よさに繋がっているようにも感じます。
 気難しい感じもあるこの期のWeather Reportですが、本作でも後半、LPレコードB面では、淡いムードの優しい展開。
 エレピの美しく穏やかながら幻想的な音を背景にした、フワフワと漂うようなサックスとウッドベースの絡み合い。
 心地よいことこの上なし。”Waterfall”なんて最高です。
 “In a Silent Way” (Feb.1969) Miles Davisのタイトル曲から何歩も進んだ新しい音。
 さらに最後の4ビート曲のカッコいいこと。
 スーパーなバンドのスーパーな、まずはデビュー作。
 モダンジャズの人からすれば、何だこりゃ?かもしれません。
 苦手な人はLPレコードB面、CDでは4、5、6あたりから聞いて慣れたらA面に行きましょう。
 何度か聞いていると、こりゃ凄いや、あるいは気持ちいいなあ、に変わるはず。
 たぶん。




posted by H.A.  


【Disc Review】“Live in Tokyo” (1972) Weather Rport

“Live in Tokyo” (1972) Weather Report
Josef Zawinul (Electric piano, piano) Wayne Shorter (Saxophones) Miroslav Vitous (Bass) Eric Gravatt (Drums) Dom Um Romão (Percussion)

Live in Tokyo
Weather Report
Imports
2014-09-02
ウェザー リポート





 Weather Report、もう一枚のライブアルバム。
 前掲までのアルバムとは全く異なる質感の初期の作品。
 1969-70年ぐらいのエレクトリック・マイルス大好き人間としては、これもお気に入り。
 ちょっと硬質に感じるスタジオ録音作品に比べて、ライブではエネルギー放出型ジャズ。
 基本的にはシリアスでハードなジャズ、ダークで妖しいムード。
 リズムもさることながら、明確でキャッチーなメロディがないことが以降との明確な違いなのでしょう。
 でもエレクトリック・マイルス好きのジャズファンからすればこれがいいんじゃん、と思ってみたり。
 確かに中期以降のアルバムは明るいし、メロディが明確でポップだし、ノリは軽いし、聞きやすいのは確か。
 深刻系で強い緊張感、全く明るくないこのアルバムをニコニコしながら聞いてたらちょっと変だもんね。
 でもこの時代ならではのハードな雰囲気は魅力的だし、時代とともに生きたこのバンドの面白さはここが起点。
 Wayne Shorterに着目してみると、あのマイルスバンド最終期のようなとてつもない吹きっぷりは出てきません。
 ソプラノ中心ってこともありますが、このバンドのライブ、エネルギー放出型ジャズの色が強くとも、楽曲、編曲重視なんでしょう。
 気合と力で押し切る時代は終わっていたんでしょうね。
 音楽、そしてバンドは時代の変化とともに変化、進化していった、ということなのでしょう。
 このころMilesはロック、ファンク色を強め、Weatherは4ビートの香りを残しつつ、ファンク、ポップ色を取り込んでいく端緒。
 やはりJoe ZawinulはMilesに並ぶ稀代のスタイリスト、天才だなあ。




posted by H.A.

【Disc Review】“8:30” (1979) Weather Rport

“8:30” (1979) Weather Report
Joe Zawinul (Keyboards) Wayne Shorter (Saxophone) Jaco Pastorius (Bass) Peter Erskine (Drums)

8:30
ウェザー・リポート
SMJ


 さてWeather Reportの最高傑作大本命の本アルバム。全く異論はありません。
 前掲の未発表集”Live and Unreleased” (1975-1983) も素晴らしいのだけども、完成度からすると圧倒的にこれ。
 ライブ録音ならではの高揚感、ドライブ感を維持しつつ、あちこちを磨き上げ完璧な作品として仕上げました、って感、十分。
 “The Legendary Live Tapes 1978-1981”を聞くとなおさらその感。
 最高の演奏、ベストな選曲、スッキリとまとめられた音の組み立て。
 キャッチーな楽曲、凄いグルーヴ、疾走感、おまけに上品な質感。
 アナログD面のスタジオ録音ももちろんカッコいい。
 カッコいい曲、カッコいい演奏揃いなんだけども、前掲の二作品にある過激さとか、ブチ切れそうな熱気は薄くて、スッキリしすぎているのかなあ・・・と思ってしまうのは、ファンだけの悲しさかもしれません。
 最高のフュージョン・ミュージックに間違いなし。




posted by H.A.

【Disc Review】”Live and Unreleased” (1975-1983) Weather Rport

”Live and Unreleased” (1975-1983) Weather Report
Josef Zawinul (keyboards, Synthesizer, Piano) Wayne Shorter (saxophones) Jaco Pastorius, Alphonso Johnson, Victor Bailey (Bass) Chester Thompson, Omar Hakim, Peter Erskine (drums) Alex Acuña, Manolo Badrena, Jose Rossy, Bobby Thomas, Jr (percussion)

Live &amp; Unreleased
Weather Report
Imports
2015-10-02
ウェザーリポート

 Weather Report、2002年に世に出た未発表ライブ音源。
 プロデュースは大将Joe Zawinul。
 さすがにバンドとともに生きたリーダーだけあって、質感の異なる初期を除く時代を網羅しつつ、アルバムとしての一貫性も十分。オムニバスではなく、新作アルバムとして見ても違和感なし。音質も良好です。
 ミキシングで大幅に調整しているのかもしれませんが、全編通じて大きくはJacoの時代のイメージに寄せていってるように感じるのは気のせいかな?
 マニアックにはドラムとベースの変遷とそれによる変化を探る、ってな聞き方が面白いのかもしれないけども、それは他の人にお任せ。
 もちろんそれぞれ違うんだけども、私的には意外にもどの時代も近かったんだなあ、といった感想。
 丸くて柔らかいJacoの音が好みではあるのですが、どの時代も凄まじい推進力とグルーヴ。
 ポップすぎて、あるいはデジタル臭が強くて避けていた終盤Victor Baileyの時代もライブだと自然でカッコいいし、Alphonso Johnson時代の演奏を聞くとJacoは彼の出す音に近づこうとしていたのかも、と思ってみたり。
 「Jacoの時代ばかりがもてはやされているけど、Weatherは俺のバンドだし、いつもこうだよ・・・」
なんて大将の主張かもしれません。
 “8:30” (1979)に並ぶアルバム、と私は思っています。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Legendary Live Tapes 1978-1981” (1978-1981) Weather Report

“The Legendary Live Tapes 1978-1981” (1978-1981) Weather Report
Josef Zawinul (keyboards, Synthesizer, Piano) Wayne Shorter (saxophones) Jaco Pastorius (Bass) Peter Erskine (drums) Bobby Thomas, Jr (percussion)

The Legendary Live Tapes 1978
Weather Report
Sony Legacy
2015-11-20
ウェザーリポート

 Weather Report、いわゆる黄金期、Jaco Pastorius、Peter Erskineのリズム隊期の未発表ライブ集、CD4枚組。
 未発表音源はMiles Davisの一時期以外は聞いていないのだけども、まあこの時期のWeather Reportの音源なら、と思い聞いてみました。
 Milesの音源を聞いていると、Wayne ShorterはWeather Reportでもライブでは凄かったに違いない・・・なんてことも思いながら。
 さて本アルバム、さすがに公式版、単に記録では無く、作品としての工夫は諸々。
 長尺ながら同じ曲は二回出てこないし、曲順も考えながらコンパイルした跡はうかがえます。
 ”8:30”で始まり、Jacoの入った”Directions”で終わるなんてね。
 4時間のステージとみて聞けないことはない。ま、通して聞ける人は少ないと思いますが。
 音質はまあまあ。ベースとドラムはしっかり出ています。
 パソコンで小音量で流している分にはいいのですが、ピュアオーディオで聞くとバランスは微妙かも。特にサックスがねえ・・・あと、拍手とか歓声の扱い・・・その他諸々・・・悪い音ではないのでよしとしましょう。
 また、結局、MilesのライブのようなWayneの姿を見つけることはできませんでした。ま、時代も違うしね・・・。
 んなことはさておいて、それにしてもこのバンドは凄い。
 4ビートだろうが8ビートだろうがなんだろうが、グングン前に進む。
 これだけマニアックなようで、わかりやすくて、強烈に疾走し続けるバンドって他にあったかなあ・・・?
 思いつきません。
 ということで思うところは諸々ありますが、これだけ長時間、Weather Report黄金期を聞けるのは、幸せなことでしょう。 




posted by H.A.

【Disc Review】“Forecast: Tomorrow” (1971-1985) Weather Report

“Forecast: Tomorrow” (1971-1985) Weather Report
Joe Zawinul (Keyboards) Wayne Shorter (Saxophone) and more

Forecast: Tomorrow (Bookset)
Weather Report
Legacy Recordings
2014-09-16
ウェザー リポート




 Weather Reportのベスト盤。まあ、なんとも凄い4枚組。
 ジャズ、フュージョンの入門盤とはならないのだろうけども、1970年代から1980年代の空気感がびっしり詰まったアルバム。
 あまりベスト盤、オムニバス盤は好んで聞きません。
 たぶん曲ごとに雰囲気が変わることがスッキリしないから。
 でもこのバンド、この構成であれば文句はありません。
 一枚ごとに時代的に分れており、メンバー編成は多様ながら、それなりに統一感があるから。
 一枚目から順次に聞いていくと、バンドの進化、変化の過程が面白い。
 また、時代感の変化が面白いし懐かしい。
 1960年代ジャズの香りを残しつつ、混沌、アバンギャルド、新たなものを求めてごちゃごちゃしながら、強烈にエネルギーを放出する1970年代前半。
 妖しさとポップさを混ぜ合わせたような時代を経て、整理され、計算しつくされたような1970年代後半から、さらにはその色が強くなり、よきアナログ時代からデジタル時代への移行期、そして、カチッとまとまってしまった1980年代。
 そんな時代感が一枚ずつ、ぎっしり詰まっています。
 選曲は好みが分かれるのでしょうが、オリジナルアルバムでは結構入っていた実験的な演奏が省かれている感じなので、聞き易くていい感じ。そうでもない?
 それなりに濃いなあ・・・
 エレクトリック・マイルスの発展型、ちょっと難解さ、気難しさが残る一枚目がカッコよく思えれば、過激系、フリージャズ系にも入っていけるかな?
 ある意味、マニアへの登竜門かも。
 二枚目はちょっとこだわりの最高にカッコいいジャズ・フュージョン。
 三枚目はさらにポップ寄りになった、終盤はデジタル臭も出てくるフュージョン・ミュージック。
 好みはさまざまでしょうが、その日の気分でチョイスできる便利なセット。
 全部通して聞けば(とてもしんどくてできませんが・・・)一気に時代を駆け抜けるタイムスリップ、そんな感じ。
 それにしてもこのバンドのベースとドラムはどの時代も凄いなあ。
 どのメンツも強烈なノリ。
 初期のMiroslav Vitous, Alphonse Mouzon, Airto Moreiraの組み合わせは強烈にエネルギーを発散する爆発的なリズム、言わずもがなの黄金コンビJaco Pastorius, Peter Erskineは軽快でありながら凄まじいグルーブ、推進力。
 どれが好みか?やっぱりJacoの時代かなあ・・・アルバムではライブを除けば”Night Passage" (1980)。
 ファースト・アルバムや直後の東京のライブ盤も大好きなんですがね。
 なお、一枚はDVD、Jacoのいる絶頂期のライブ映像。こりゃスゲーや。
 当たり前だけど“8:30” (1979)と同等、ドラムの音の抜けがいいので、音源としてはこちらの方がいいかな?
 もし生で見ていたら生涯最高のライブだったかもしれんね。 



posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ