吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Wayne_Shorter

【Disc Review】“The All Seeing Eye” (Oct.1965) Wayne Shorter

“The All Seeing Eye” (Oct.1965) Wayne Shorter
Wayne Shorter (tenor saxophone)
Herbie Hancock (piano) Ron Carter (bass) Joe Chambers (drums)
Freddie Hubbard (trumpet, flugelhorn) Grachan Moncur III (trombone) James Spaulding (alto saxophone) Alan Shorter (flugelhorn)

The All Seeing Eye
Wayne Shorter
Blue Note Records
ウエイン ショーター


 Wayne Shorter、大規模コンボでのモーダルなハイテンションジャズ。
 本作からも三人が参加している“Miles Smiles” (Oct.1965) Miles Davisと同月の録音。
 大編成ですが、ひんやりとした質感。
 クールでモーダル、当時のMilesのバンドにも雰囲気が似てきていると思います。
 いわゆる新主流派的な音。
 “E.S.P.” (Jun.1965) Miles Davisから数ヵ月、Wane Shorterとしてもその音を自分なりに咀嚼できたのでしょうか。
 ”Maiden Voyage” (Mar.1965) Herbie Hancock、”Happenings” (Feb.1966) Bobby Hutchersonが同時期。
 それら全てに参加しているHerbie Hancockのこの時期のジャズに対する影響力の大きさが推察されます。
 ナタのようなMcCoy Tynerに対して、カミソリのようにシャープなHerbie Hancockのピアノが本作の準主役のようにも思います。
 クールで上品でモーダルで妖しい「新主流派的」とはHerbie Hancockだった、と言われても納得してしまいそうな流れ。
 おっと“Out To Lunch” (1964) Eric DolphyにHerbie Hancockは参加していませんでしたね・・・
 Herbie Hancock, Ron Carter, Joe Chambers or Tony Willians, Bobby Huchersonのうち、二人以上が揃うとそれっぽい音になるんでしょうかね。 たぶん。
 さらに本作では少々のみですが、フリー掛かった演奏が登場。
 Wayne Shorterの作品では初めてでは?
 不思議系ながら伝統的スタイルを崩さなかった人だけに大転換なように思います。
 以降、“Super Nova” (Aug.Sep.1969)までその手の演奏はないのですが・・・
 それら含めてJazz Messenger的なムードが消え去った作品。
 淡々としたビートを刻むベースにクールなピアノ、静かに煽るドラム。
 時折ビートを変え、伸び縮みするようなリズム。
 それらのリズム隊を背景にしたハイテンションなホーン陣。
 テナーもトランペットもアルトも火の出るような凄まじいソロ、
 さらにフロント陣のテンションの変化に合わせて、フレキシブルに対応するリズム隊。
 個別を見ていくと、やはり当時のMiles Davis黄金のクインテット的な音の作り方ですね。
 同じようなメンバーだから同然ですか。
 全体のムードは全く異り、Milesバンドのクールでさりげない凄みに対して、本作は少々大仰ですが、新主流派の名演、激しい系。
 クールで、ハードボイルドで、エキサイティング。




posted by H.A.

【Disc Review】“Et Cetera” (Jun.1965) Wayne Shorter

“Et Cetera” (Jun.1965) Wayne Shorter
Wayne Shorter (tenor saxphone)
Herbie Hancock (piano) Cecil McBee (bass) Joe Chambers (drums)

Etcetera
Wayne Shorter
Blue Note Records
ウエイン ショーター


 Wayne Shorter、カルテットでの演奏。

 “E.S.P.” (Jun.1965) Miles Davisと同月の録音。

 これもしばらくお蔵に入っていた作品。
 前作“The Soothsayer” (Mar.1965)が最高の演奏にも関わらずお蔵に入ったのは、McCoy Tynerゆえの少々重い印象、少し前のColtraneっぽさかも、と推察しましたが、これもお蔵となるとよくわかりません。
 本作は新主流派的妖しさが出て、モダンジャズ、ハードバップっぽさが薄くなった演奏。
 確かに楽曲に愛想がないし、まだ試行している印象が無きにしも非ずだけども、悪くない演奏でしょう。
 Herbie Hancockのピアノはクールでリリカル。
 Wayne Shorterのサックスもクールでハードボイルド。
 どことなく力の抜けたサックス。
 後の“Adam's Apple” (Feb.1966)にも感じられた不思議な醒めたムード。
 そのあたりも試行錯誤なのかもしれません。
 また、Coltrane的な重いイメージの曲を線が細いHerbie Hancockが弾くと違和感があったりするのかもしれません。
 私は悪くないと思うのですが・・・
 とかなんとか、推察するのも詮無いこと。
 モダンジャズからMiles的何か、あるいはColtrane的何かに移行しつつ、諸々の要素を取捨選択している過程なのでしょう。
 たぶん。
 そんな過渡期の一作。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Soothsayer” (Mar.1965) Wayne Shorter

“The Soothsayer” (Mar.1965) Wayne Shorter
Wayne Shorter (tenor saxophone)
McCoy Tyner (piano) Ron Carter (bass) Tony Williams (drums)
Freddie Hubbard (trumpet) James Spaulding (alto saxophone) 

Soothsayer
Wayne Shorter
Blue Note Records
ウエイン ショーター


 Wayne Shorter、これはしばらくお蔵に入っていた作品なのでしょう。
 前々作“JuJu” (Aug.1964)に近いムード。
 発表しなかった理由はよくわかりません。
 あるとすれば普通にジャズだから?
 確かにドラムがArt BlakeyだとJazz Messengersになりそう・・・
 前作“Speak No Evil”(Dec.1964)とはピアノとドラムを入れ替ええた形。
 MilesのバンドとColtraneのバンドのリズム隊のメンバーをとっかえひっかえして、どの組み合わせが一番いいか、試しているよう。
 本作はベースとドラムがMilesバンドですが、ピアノがMcCoy Tyner。
 おそらくその結果、前作“Speak No Evil”(Dec.1964)と比べると少々重い印象。
 Coltraneっぽくも聞こえます。
 それを嫌って、あるいはここまでの作品の流れに合わないのでお蔵に入れたのかな・・・?
 それはさておき、楽曲は端正でいい感じのモノ揃い、各人のソロも絶好調。
 トラペット、テナー、ピアノの名人の皆様方の切れ味もさることながら、James Spauldingのアルトが非常にカッコいい。
 Cannonball系のエネルギッシュなタイプ、少々歪み気味の音で、リズムへのノリ、フレージング共に抜群のカッコよさ。
 ビッグネームのバンドメンバーと比べても、勝るとも劣らないカッコいい演奏揃い。
 リーダー作も探してみましたが、私が知る限りはWayne作への客演が一番よいのかな?
 全体を眺めれば、アップテンポあり、バラードあり、端正でモーダル、ハイテンションでハードボイルドなカッコいいジャズ。
 新主流派っぽくクールな感じでは無く、少々熱め。
 ホント、なんでお蔵入りだったんだろう?




posted by H.A.

【Disc Review】“Speak No Evil” (Dec.1964) Wayne Shorter

“Speak No Evil” (Dec.1964) Wayne Shorter
Wayne Shorter (tenor saxophone)
Herbie Hancock (piano) Ron Carter (double bass) Elvin Jones (drums)
Freddie Hubbard (trumpet)

Speak No Evil
Wayne Shorter
EMI
ウエイン ショーター


 Wayne Shorter、これが一番の人気作なのでしょう。
 E.S.P.” (Jan.1965) Miles Davisの直前の録音。
 ドラマーとトランペッター以外は同じメンバー。
 黒魔術とかオカルトとか神秘的と言われることが多いのでしょうが、タイトルを除けば、オーソドックスで落ち着いたジャズだと思います。
 Elvin Jonesはそのままですが、他のメンバーは交代。
 Coltraneの色合いもずいぶん薄くなりました。
 ピアノがMcCoy Tynerではなく、Herbie Hancockであることが、全体のスッキリとした印象に繋がっているように思います。
 この人がピアノを弾くと過激な内容でも端正でクールに聞こえます。
 この期のMilesのお眼鏡にかなったのはそんなところなのかもしれません。
 “Night Dreamer” (Apl.1964) 、“JuJu” (Aug.1964)よりも温度感は低めでしょう。
 それでもそれらに近い雰囲気はあるのですが、“E.S.P.”とは違います。
 さらに温度感を低くしてクールにしたのが“E.S.P.”、といったイメージでしょうか。
 新主流派(懐かしい!)的な色合いが加わったともいえるのでしょうが、本作にはまだハードバップのムード、モダンジャズ的な熱が強く漂っています。
 Art Blakeyと一緒にやっていても違和感がなさそうな曲もちらほら。
 それでも甘さを排したハードボイルドなWayne Shorterのムード。
 Milesは次の世界を目指して動き出しますが、Wayne Shorterはまだモダンジャズの流儀を色濃く残す作品。
 結局その色合いは“Super Nova” (Aug.Sep.1969)の直前まで続いているようにも思います。
 クールなポストモダンジャズな一作、モダンジャズ寄り。
 新主流派までもう少し、といったところ。




posted by H.A.

【Disc Review】“JuJu” (Aug.1964) Wayne Shorter

“JuJu” (Aug.1964) Wayne Shorter
Wayne Shorter (tenor saxophone)
McCoy Tyner (piano) Reggie Workman (bass) Elvin Jones (drums)

Juju [12 inch Analog]
Wayne Shorter
Blue Note Records
ウエイン ショーター


 Wayne Shorter、Milesバンドへの合流“Miles in Berlin” (Sep.1964)直前の作品。
 “Night Dreamer” (Apl.1964)のバンドからトランペットが抜けてワンホーンカルテット。
 黒魔術がどうのとか言われていたように思いますが、そんなムードは感じません。
 モーダルなハイテンションジャズ。
 人気曲の”Yes or No”などは爽やかさすら感じます。
 トランペットが抜けた分サックスのスペースが広がっていますが、そこはお好みでしょう。
 前作と大きな違いは感じません。
 いかにもColtraneなムードのリズム隊を背景にして、ハードボイルドなサックス。
 ここでも、伝統的なジャズのスタイルは崩れていません。
 というか、この先しばらく崩しません。
 途中で激しい曲があったり、モーダルな新主流派的なムードはありますが、伝統的スタイル、アコースティック4ビートを捨てるのは“Super Nova” (Aug.Sep.1969)からでしょう。
 冒頭のタイトル曲こそ激烈一歩手前の激しさですが、以降の楽曲、演奏はむしろ落ち着いた印象。
 Milesのバンドにいくぞ、ってな感じのムードもなく、そこではやりそうもないルーズな感じのバラードなども、あくまでWayne流のハードボイルドな感じで処理しています。
 楽曲もモーダルなモノよりも、AメロからBメロへの展開がカッコいい、モダンジャズ伝統のスタイルが目立ちます。
 それでも普通の人とは少し違う、力の抜けたような妖しさ。
 それが特別なのでしょう。
 そこそこオーソドックス、ハイテンションで少々の苦味。
 ハードボイルドなジャズ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Night Dreamer” (Apl.1964) Wayne Shorter

“Night Dreamer” (Apl.1964) Wayne Shorter
Wayne Shorter (tenor saxophone)
McCoy Tyner (piano) Reggie Workman (bass) Elvin Jones (drums)
Lee Morgan (trumpet) 

Night Dreamer
Wayne Shorter
Blue Note Records
ウエイン ショーター


 Wayne ShorterのBlueNote第一作。
 遅れてきたジャズマニアとしては、この人を初めて聞いたのはWeather Report。
 それもJaco Pastoriusの時期。
 正直、第一印象なし。
 その後VSOP、Miles、本作のようなリーダー作、Art Blakeyと遡って聞いた人。
 何がすごいのかよくわからないのだけども、なんだかすごそう、私にとってはそんな人。
 ホントにすごいと確信したのは発掘盤、激烈な"1969Miles”(Jul.25,1969)聞いてから。
 “Free for All” (Feb.1964) Art Blakeyの激烈な演奏を早く聞いているとまた印象が違ったのでしょう。
 “Bitches Brew” (1969)ではあまり目立たないし、”Miles At Fillmore”(Apl.11.1970)には参加していなかったもんね。

 さて本作は、Art Blakeyの激烈な名作“Free for All” (Feb.1964)、Blue Noteでの最後のセッション“Indestructible” (Apl.May.1964)と前後する時期の録音。
 Coltraneバンドからの二人は、あの超名作“Crescent” (Apl.Jun.1964)、“A Love Supreme” (Dec.1964) John Coltraneと同時期。
 ちなみに”Four & More” (Feb.1964)、”Miles in Tokyo” (Jly.1964)Miles Davisとも同時期、Wayneが合流する“Miles in Berlin” (Sep.1964)の五ヶ月前。
 そんな神々しい時期、神々しい面々でのセッション。
 が、端的に言えば、割と普通のモード掛かったジャズ。
 Art Blakey的とは言わないけども、“Free for All”、あるいは“A Love Supreme”のような凄まじさはない、少々モーダルで、少々アグレッシブなモダンジャズ。
 リズム隊が彼らですので、全体のムードはモーダルなColtraneっぽい音、この時期のMcCoy Tyner、Elvin Jones独特の音ですが、全体の印象は少々異なります。
 よりモダンジャズ寄りでしょう。
 諸々の意味でジャズのフォーマットを破壊しようとしていたわけではないんだなあ、と思わせる音作り。
 もちろん個々の演奏は個性的な名人芸だし、Wayneの書く曲、吹くサックスは少々不思議系、先の読みづらい展開。
 感じられるのは、甘いメロディや分かりやすさを排除したようなクールでハードボイルドな色合い。
 と書いてしまうとやはりColtraneと同じになってしまいそうですが、全体の質感はWayneの方がオーソドックなフォーマットながら、サックスは不思議系。
 気品や真摯さが印象に残るColtraneに対して、なんだか変わっているなあ・・・がWayneの印象。
 決して難解ではない分かりにくさ・・・、といった矛盾のある質感。
 伝統を守りつつも俗ではない、そのあたりがこの人の新しさであり、カッコよさなのかもしれません。
 Art BlakeyやMilesが彼の何を評価していたのも、圧倒的な演奏力に加えてそこなのかなあ、と思います。
 それにしてもアップテンポのガンガンゴンゴンもさることながら、バラードでのMcCoy Tynerはカッコいいなあ。
 Wayneのテナーも何かしら孤独を感じるハードボイルドネス。
 やっぱりこの人たちはスタイリスト。
 カッコいいです。



Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ