吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Tango

【Disc Review】“The New Tango” (Jul.1988) Astor Piazzolla with Gary Burton

“The New Tango” (Jul.1988) Astor Piazzolla with Gary Burton
Astor Piazzolla (Bandoneón) Gary Burton (Vibraphone)
Horacio Malvicino (Guitar) Pablo Ziegler (Piano) Hector Console (Bass) Fernando Suárez Paz (Violin)

THE NEW TANGO
ASTOR PIAZZOLLA
WEA
2004-06-01
ゲイリー バートン
アストル ピアソラ


 Astor PiazzollaのバンドにGary Burtonが客演したモントルーフェスティバル、ライブ録音。
 “Tango: Zero Hour” (May.1986) Astor Piazzollaの二か月後のステージ。
 Piazzollaが逝去した後にトリビュート作品“Astor Piazzolla Reunion: A Tango Excursion” (1996)、“Libertango: The Music of Astor Piazzolla” (1999)が制作されますが、こちらは本家本元との共演。
 編成は同じ、演奏者も御大を除けば同じ、アレンジも大きくは変わらないかもしれないけども、なんだか雰囲気が違います。
 軽快なイメージのGary Burton の作品に対して、こちらはAstor Piazzolla の世界。
 ズーンと沈んでいくというか、漆黒というか、緊張感が全く違うというか。
 Gary Burtonが前面に出る時間が長い分、Astor Piazzollaはあまり前に出ず、後ろにドカッと構えている印象ですが、ピリピリした空気を感じます。
 Gary Burtonの音は相変わらずなようで、これまたピリピリした感じがするのは気のせいでしょうか?
 もっと浮遊感が強く華やかなになってもよさそうなヴィブラフォンが、Piazzollaバンドの空気にすっかり取り込まれてしまったようにも聞こえます。
 何というAstor Piazzollaの求心力。
 この微妙な組み合わせ、微妙なバランスは、貴重な記録なんだろうなあ、と思います。
 Gary BurtonがPiazzollaを演奏する、といったイメージに近いのは現代的で軽快な上掲の二作でしょう。
 このアルバムはもっと別の何か。
 あくまでAstor Piazzollaの世界。
 とてもカッコいいと思います。 




posted by H.A.


【Disc Review】“Summit - Reunion Cumbre” (1974) Gerry Mulligan/Astor Piazzolla

“Summit - Reunion Cumbre” (1974) Gerry Mulligan/Astor Piazzolla
Astor Piazzolla (bandoneon) Gerry Mulligan (baritone saxophone)
Angel 'Pocho' Gatti (piano, Fender Rhodes, organ) Tullio De Piscopo (drums, percussion) Giuseppe Prestipino (electric bass) Alberto Baldan, Gianni Ziloli (marimba) Filippo Daccò, Bruno De Filippi (electric guitar)
Umberto Benedetti Michelangelo (violin) Renato Riccio (viola) Enio Miori (cello)
 
Summit
Mulligan
Ans Records
1990-10-25


 Astor PiazzollaとGerry Mulliganの共演作。
 どうもイメージが合わない二人を誰がどう考えて引き合わせたのかはわかりませんが、とにもかくにもイタリアでの録音。
 当時のPiazzollaバンドにGerry Mulliganが客演した形ではないのでしょう。アルゼンチンに加えて、イタリアっぽい名前も入っていおり、バンドの出自ついてはよくわかりません。
 当の御大Piazzollaもイタリア系でしたかね。
 楽曲はすべてPiazzollaナンバー。
 全編通じてPiazzollaのメロディではあるのですが、背景でエレピ、エレキベースが鳴っていたり、ストリングスのアンサンブルが絡んだり、ドラムがキッチリビートを出していたりで、Piazzollaバンドとはかなり違った質感。
 ちょっと古め、1970年代の映画のサントラ的なムード。
 優しくゆったりしたバリトンサックスは、哀感の強いPiazzollaのメロディにこの上なくピッタリきます。
 バリバリではなくフワフワとした音と、悲しく切ないメロディの対照がいい感じのバランス。
 が、その音が太い分、バンドネオンの音が細く聞こえてしまうのはいたしかたないところでしょうか。
 サックスが背景に回っているであろう場面も、前面に出て聞こえてしまいます。
 インタープレーの場面も微妙なバランス。
 さらに、ロックなビート、ポップスっぽいアレンジの場面もしばしば。
 ってな感じで、Astor Piazzollaの諸作、あるいはGerry Mulligan諸作の雰囲気とは少々異なる質感。
 タンゴ、ジャズに慣れていない人にはこんな感じの方が馴染みやすいのかな・・・?
 変わらないのは素晴らしいメロディ。 
 気が付いていませんでしたが、イタリア的な哀愁も混ざっているんでしょうかね。
 バリトンサックス、電気楽器、ロックビート、ストリングス・・・・何にでも合ってしまいそうな哀愁と緊張感。
 が、なんだかんだでドラムが入っていないPiazzollaキンテートのスタイルが一番落ち着きますかね?




 posted by H.A.

【Disc Review】“Desperate Dance” (2015) Pablo Ziegler, Quique Sinesi

“Desperate Dance” (2015) Pablo Ziegler, Quique Sinesi 
Pablo Ziegler (Piano) Quique Sinesi (Guitar) 
Walter Castro (Bandoneon)
 
Desperate Dance
Pablo Ziegler
Yellowbird
2015-09-04
パブロ ジーグラー
キケ シネシ


 Astor PiazzollaバンドのピアニストPablo Ziegler のトリオ作品。
 前作?“Bajo Cero” (2003)と同じメンバー、10数年ぶりのアルバムのようです。
 そちらと変わらない穏やかなタンゴ的ジャズ、ジャズ的タンゴ。
 明るくて軽やか、Piazzollaの音楽の緊張感、深刻さ、激しさを薄めた感じはそのままですが、前作よりも少しタンゴ色が強いかもしれません。
 Pablo Ziegler のオリジナル曲を中心に、Piazzolla二曲、Quique Sinesiが二曲。
 Quique Sinesiの曲までタンゴっぽくて、そちらに振ろうとしたというか、むしろ前作の方がカラフルで変わった色合いなのかもしれません。
 なぜか”Mahavishnu Tango”なんてJohn McLaughlinの曲までありますが・・・
 タンゴの色合いが強くなると薄味のPiazzollaってなイメージも強くなっていますかね。
 Piazzolla的タンゴを演奏しても、Gary Burton諸作にしろ、Pablo Ziegler諸作にしろ、 Astor Piazzollaがいないと、重厚さ、緊迫感が薄らぎ、全く違う音になってしまいます。
 ま、それがいいのかもしれません。
 共通するのは哀愁が漂うセンチメンタルなメロディ。
 ビート感、音の流れはタンゴ的なのですが、インプロビゼーションが始まるとPablo Ziegler、Quique Sinesiともにジャズなムード。
 軽くて穏やかな色合いのバンドネオンも合わせて、とても軽快で快適。
 前作と同様、とてもオシャレです。
 ジャケットの素晴らしいポートレートは、少々夜なタンゴっぽい感じですが、音は明るくてさわやか。
 今の季節、昼下がりあたりにピッタリの音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Avantgarde Buenos Aires” (2012) Quique Sinesi, Mono Hurtado, Walther Castro, Facundo Barreyra

“Avantgarde Buenos Aires” (2012) Quique Sinesi, Mono Hurtado, Walther Castro, Facundo Barreyra
Quique Sinesi (guitar) Mono Hurtado (bass) Walther Castro (bandoneon) Facundo Barreyra (drums)

Avantgarde Buenos Aires
Avantgarde Buenos Aires
Acqua Records
2012-10-30
アヴァンギャルド・ブエノス・アイレス 
キケ シネシ
 




 アルゼンチンのバンドによる現代タンゴ。
 Quique Sinesi、Walther Castroは Pablo Zieglerのバンドの人。
 他のメンバーも一線級の人たちなのでしょう。
 現代のアルゼンチン音楽らしく、フォルクローレの香りも含めて、とても優しくて穏やか、美しい音楽。
 名前はAvantgarde、前衛的な演奏も何曲かあり、それを目指しているのかもしれませんが、美しいメロディの楽曲が多く、全体的には優し気で上品な演奏が印象に残ります。
 ジャズファンからしてうれしいのが、常にゆるーくスウィングしていること。
 タンゴの場合、ともすればリズムがきつかったり、全くバックビートが効いていなかったりすることがままあるのですが、このバンドは違います。
 ベース、ドラムがジャズの人のようなノリとグルーヴ、それもヒタヒタと迫ってくる系。
 フロントのギター、バンドネオンともにいい感じのビート感。
 繊細なアンサンブルはもとより、インプロビゼーションのスペース、インタープレーがたっぷり。
 “Cité de la Musique” (1996) Dino Saluzziあたりを想い起しますが、もっとサラリとした質感、素直でポップなイメージ。
 楽曲は各メンバーのオリジナルにAstor Piazzolla一曲。
 郷愁感の漂うメロディアスな曲が多く、何曲かのアバンギャルドもなぜか違和感なく流れの中に収まっています。不思議です。
 とても透明度が高くて瑞々しい音。
 ECM的ではなくて、もっと明度が高い音ですが、派手ではなく、いいバランスの心地よさ。
 タンゴはリズムがねえ・・・とお思いのジャズファンの人、あるいは、ECMは好きだけどもう少し明るいモノもお求めの人は、一度お試しを。




posted by H.A.

【Disc Review】“Bajo Cero” (2003) Pablo Ziegler, Quique Sinesi, Walter Castro

“Bajo Cero” (2003) Pablo Ziegler, Quique Sinesi, Walter Castro
Pablo Ziegler (Piano) Quique Sinesi (Guitar)
Walter Castro (Bandoneon)

Bajo Cero
Pablo Ziegler
Zoho Music
パブロ シーグレル
キケ シネシ


 Astor Piazzollaバンドのピアニスト、Duo、Trioでのタンゴ的ジャズ、ジャズ的タンゴ。
 おそらく元々ジャズの人なのでしょうから、ジャズファンとしてもいい感じで聞けるピアニスト。
 ブルージーなアメリカンともクラシック色の強いヨーロピアンとも違う独特の色合いのピアニスト。
 クラシック~ジャズ~タンゴを徹底的に弾いてきた事を感じさせる音使い。
 Piazzollaバンドでのカッコよさは言わずもがな、ジャズの経験を通じて自然なバックビートが効いているのでしょうね。
 ギターとバンドネオンは新世代の人たち。
 Quique Sinesiのフレージングはジャズっぽい感じもそこかしこに。
 ビート感もジャズ度が強いのかもしれません。
 さらにとても瑞々しい音色と音使い。
 バンドネオンはシャンソンの香りすらも漂う明るい色合いの音使い。
 全体を眺めればもちろんタンゴなのですが、ジャズ的な感じだったり、シャンソン風味が漂っていたり。
 とても優雅。
 オリジナル曲に加えてAstor Piazzolla曲、その他。
 求道的あるいは漆黒のイメージのAstor Piazzollaに対して、Pablo Zieglerの音楽はカラフルで明るいイメージ。
 深刻系で湿度の高いPiazzolla曲も、このバンドではあっけらかんとカラッとしたイメージ。
 Piazzollaのカッコよさは絶対的だと思いますが、明るいこのバンドもいい感じ。




posted by H.A.

【Disc Review】”tipas y tipos – en vivo en café vinilo”(2012)Diego Schissi Quinteto

”tipas y tipos – en vivo en café vinilo”(2012)Diego Schissi Quinteto
Diego Shissi (piano)
Juan Pablo Navarro (bass) Santiago Segret (bandoneon) Ismael Grossman (guitar) Guillermo Rubino (violin) Juan Quinteto, Andrés Beeuwsaert, Mariano Cantero, Mora Martínez (voice) Paula Pomeraniec (cello) Ricardo Bugallo (viola) Tomás Barrionuevo (violin)

ディエゴ スキッシ

 アルゼンチンのピアニスト、自身のバンド+αでの現代的タンゴ。
 ジャズに食傷してブラジル系を探していると何故か引っかかるアルゼンチン音楽、これもそんな一枚。
 分類すればタンゴなのでしょうが、現代的フォルクローレの香りもそこそこ。
 明らかにそれらしい優しげな音・・・とか思っていると、ミナスっぽくなったり、Egberto Gismontiっぽかったり・・・やはりAstor Piazzollaピアソラっぽかったり・・・現代的南米フュージョン。
 ストリングスを交えた複雑な構成の楽曲群。でも難解ではないし、重々しくもない。それがいかにも現代的。
 寂寥感、さまざまな要素が絡み合う複雑さ。
 それでもそのすべてを包み込む優しさ、穏やかさ、大らかさ・・・。
 計算しつくされたアレンジ、穏やかなグルーヴ。
 ピアノ、バンドネオン、ギターの決して長くはないソロ演奏のドキッとするような美しさ。
 現代の若手による現代のタンゴは、いろんな色合いの音が混ざり合うとても優しい音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Tango: Zero Hour” (1986)  Astor Piazzolla

“Tango: Zero Hour” (1986)  Astor Piazzolla
Astor Piazzolla (bandneon)
Fernando Suarez Paz(Violin) Hector Console(Bass) Horacio Malvicino(Guitar) Pablo Ziegler(Piano)
 
Tango: Zero Hour
Astor Piazzolla
Nonesuch
1998-09-08
アストル ピアソラ





 モダンタンゴの雄、Astor Piazzolla。
 当方、基本的にはジャズ~ボッサファン。
 タンゴやフラメンコなどもいくらかは聞いてみましたが、愛聴盤はあまりありません。
 固い質感のリズム、大仰でエキセントリックに聞こえる曲調に抵抗感が無きしもあらず。
 が、さすがにピアソラさんの素晴らしさについては他言ありません。
 このアルバムはアメリカのレーベルAmerican Clave(Kip Hanrahanプロデュース)から。
 だからかどうかはわからないけど、私が知る限り、他のアルバムと比べて全体の質感はクール。
 録音の質感も含めて、ひんやりとした感じ。
 あのECMに近い感じもするけども、あそこまでは温度感は低くはない。
 結果、ジメッとしたこの季節の夜に聞くと心地よい。
 北風が吹く感じの冷たさではなく、エアコンがキリッと効いた感じ、あるいはひんやりした地下室の感じ、ですかね・・・
 クールで透明感が高い分、背筋に冷たい物が走るというか、ながら聞きを許さない緊張感があるというか。
 それも何とも言えず心地よい。
 曲と演奏は言わずもがなの名曲、名演揃い。
 ドラマチックな哀愁曲がてんこ盛り。
 このアルバムではMilonga del Angel、Mumuki辺りが白眉でしょうか?
 哀愁の塊のようなメロディをバンドネオン、バイオリンといったこれも哀愁の塊のような音色で演奏されるとこれはもう・・・
 さらにグルーブは強いし、さらりとした哀愁~ベタベタのタメ~超弩級の疾走感、あざといまでの昂揚感・・・
 等々、変幻自在。
 ピアノ、ギター、ベースといった馴染みが深い楽器もいい感じでフィーチャーされ、ジャズファンからしてもありがたい限り。
 この盤がジャズファンには一番馴染むのでしょうかね。
 哀愁の塊のようなメロディ、哀愁~絶望と激情~狂気が錯綜するような演奏、完璧なアンサンブル。
 言わずもがなの凄い音楽、凄いバンド、凄いアルバムだなあ。

 

posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ