吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Sonny_Rollins

【Disc Review】“What's New?” (1962) Sonny Rollins

“What's New?” (1962) Sonny Rollins

Sonny Rollins (tenor saxophone)
Jim Hall (guitar) Bob Cranshaw (bass) Ben Riley (drums) Dennis Charles, Frank Charles, Willie Rodriguez, Candido (percussion)

WHAT'S NEW?
SONNY ROLLINS
RCAVI
2016-07-22


 ラテンなSonny Rollins。
 冒頭の”If Ever I Would Leave You”のカッコいいこと。
 ブロードウェーの粋なメロディと、陽気なビートに乗ってどこまでも続いていきそうな怒涛のインプロビゼーション。
 コンパクトにまとまった“Saxophone Colossus” (1956)の”St. Thomas”に対して、たっぷり十数分。
 テーマが終わって、先発の涼し気なギターの音でクールダウンしたら、前後左右に揺れながら少しリズムの芯を外したように置かれていく、少しひしゃげた黒々とした音がこれでもかこれでもかと続きます。
 至福の時間。
 後続もラテンなジャズのオンパレード。
 パーカッションとのDuoになっても、コーラスが入っても、変わらないテナーサックスの動き。
 何をやってもハードボイルド。




posted by H.A.


【Disc Review】“The Bridge” (1962) Sonny Rollins

“The Bridge” (1962) Sonny Rollins

Sonny Rollins (tenor saxophone)
Jim Hall (guitar) Bob Cranshaw (bass) Ben Riley (drums)

The Bridge
Sonny Rollins
Imports
2014-09-30


 Sonny Rollinsのギタートリオとの共演。
 不調で何とか、ブルックリン橋の下でどうとか、ようやく脱して何とか、ややこしい時期。
 確かに“Sonny Rollins, Vol. 1” (1956)や“Saxophone Colossus” (1956)あたりと比べるとおしとやかでしょうか。
 が、それゆえにピアノよりも線の細いギターとの相性がとてもいい感じ。
 訥々とした今にも止まりそうなスローバラード“God Bless the Child”、 "Where Are You?"がとても繊細でカッコいい。
 スピードが上がると、例のモースル信号も連発しつつのノリノリの吹きまくり。
 それでもブリブリグリグリな感じではなくて、上品で流麗なJim Hallのギターにスムースに繋がるいいバランス。
 もちろんあの少し歪んだような音と、汲めども尽きぬ泉のような音の流れは、上掲の歴史的な名演のまま。
 少々沈んだ感じのSonny Rollinsもカッコいいなあ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Sonny Rollins, Vol. 2” (1957) Sonny Rollins

“Sonny Rollins, Vol. 2” (1957) Sonny Rollins

Sonny Rollins (tenor saxophone)
Horace Silver, Thelonious Monk (piano) Paul Chambers (bass) Art Blakey (drums)
J. J. Johnson (trombone)

ソニー・ロリンズ Vol.2
ソニー・ロリンズ
ユニバーサル ミュージック
2016-12-14


 Sonny RollinsのBlue Note第二弾。
 This is 50’sなSonny Rollins。
 幕開けはひたすら景気のいい音が鳴り続けるイケイケジャズ。
 突撃あるのみのサックスに、トロンボーン、ピアノ。
 ンチャンチャのハイハットに、おめでたいことこの上ないドラムロール。
 必死にペースをキープしウォーキングするベース。
 間にThelonious Monkのブルージーですっとぼけた感じでクールダウンしつつ、ベタベタ、綿々としたバラードで締め。
 終始鳴り響く少しひしゃげたようなぶっといテナー。
 飛び散る汗と真っ黒けな音。
 愉快痛快。




posted by H.A.


【Disc Review】“Sonny Rollins, Vol. 1” (1956) Sonny Rollins

“Sonny Rollins, Vol. 1” (1956) Sonny Rollins

Sonny Rollins (tenor saxophone)
Wynton Kelly (piano) Gene Ramey (double bass) Max Roach (drums)
Donald Byrd (trumpet)

Volume 1
Sonny Rollins
Blue Note Records
2003-07-18


 Sonny Rollins、Blue Noteでの第一集。
 あの時代のモダンジャズ、ハードバップの典型的な音。
 アコースティック4ビートといかにもブラックアメリカンらしく堂々と鳴るホーン。
 ベタつかないクールでブルージーな空気感。
 冒頭の”Decision”なんてまさにそんな音。
 いかにもBlue Note、これこそBlue Noteな、ミディアムテンポ、マイナーコードのブルージーな音。
 “Cool Struttin'” (1958) Sonny Clarkよりも、こちらの方が先。 
 キャッチーな“Saxophone Colossus” (1956)よりも、こちらの方がザラついた感じがして、それがクールでハードボイルド。
 ちょっとヤクザなメロディに、ぶっとく黒々としたテナーサックスのゆったりとした吹きっぷり。
 どの曲でも元曲のテーマやコードの流れがキッチリ聞こえてくるフレーズが次から次へと湧き出してきます。
 だから逆にモード、フリーとは相性がよくないんじゃない?とか勝手に思ったり、思わなかったり・・・
 とにもかくにも、Sonny RollinsのBlue Noteなハードバップは最高。




posted by H.A.


【Disc Review】“Saxophone Colossus” (1956) Sonny Rollins

“Saxophone Colossus” (1956) Sonny Rollins
Sonny Rollins (Tenor Saxophone)
Doug Watkins (Bass) Max Roach (Drums) Tommy Flanagan (Piano)

ソニー ロリンズ

 「モダンジャズ」の最高峰。
 ランキングNo.1、東の筆頭横綱はこのアルバムで決まりでしょう。
 もちろん異論もあるでしょう。人それぞれ。
 でも「モダンジャズ」に必要な要素が全部揃い、かつ無駄なものが一切無いのがこのアルバム。
 贅肉をそぎ落とし、絞り込まれたものの凄み、美しさ。
 にぎやかだけどロマンチックでもあり、リラックスもできるけども、ハードボイルド。

 まずドラムがなければ「モダンジャズ」は始まりません。
 ハイハットが”ンチャンチャ”と鳴ってビートを作り、自在にアクセントを入れる、これがないとスイングしません。
 でもそれだけだと足踏み状態。
 歩くように音を出さないとビートが前に進みません。
 余分な音は邪魔ですから、4拍ずつの音だけをコードに合わせて入れましょう。
 さて、揺れながら前に進むビートができました。
 次はメロディ。ついでにコードも出してもらいましょう。
 ギター?ちょっと辛気臭いなあ・・・。もうちょっと華やかなヤツ。電気が無くても聞こえるヤツ。
 ピアノですね。コロコロ転がるような音が入ると華やかでいいなあ。
 でもこれでだけだとちょっと単調ですね。ずっとピアノの音ばかりだとね。周りがうるさいと聞こえないし。
 フォーンを入れましょう。
 酒場で流す「モダンジャズ」なんだから男臭くないと。もちろん夜っぽいやつね。
 トランペット?華やかだけど線が細い・・・アルトサックス?女性っぽいし・・・クラリネット?優しすぎるし古臭いなあ・・・。
 ここは、テナー・サクソフォーンしかないでしょう。それもぶっとい音のやつ。「モダンジャズ」はハードボイルドでないとね。
 他? お金もないし、音合わせるの面倒だからこれでOK。
 最初は景気づけに元気のいいやつね。あと、アップテンポばかりだとチークタイムできないからバラード混ぜてね。一曲だけでいいから、グッとくるやつね。後は適当にやっといて・・・・・・。

 さて、そんなアルバムは?・・・・・・ほら、やっぱりこれですね。
(あの懐かしい片岡義男風帰納法にて。)




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ