吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Sebastian_Macchi

【Disc Review】“Aguasilabas” (2019) Sebastian Macchi Trio

“Aguasilabas” (2019) Sebastian Macchi Trio

Sebastián Macchi (voice, piano, rodhes, guitar)
Carlos Aguirre (fretless bass, voice) Gonzalo Díaz (drums, percusion, glockenspiel, voice)

AGUASILABAS
SEBASTIAN MACCHI TRIO
bar buenos aires
2019-09-27


 アルゼンチンのシンガーソングライター、あるいはピアニストSebastián Macchiの現代フォルクローレ。
 Carlos Aguirre のレーベルShagradamedraから。
 オーソドックスなピアノトリオ編成を中心にボーカルを載せた歌物中心、Carlos Aguirreがベースを担当。
 ゆったりとしたテンポ、フワフワとしたフォルクローレベースのビートに、優しく哀し気なメロディ、繊細な音使い。
 CD一枚、全13曲、全編それ。
 とても繊細なCarlos Aguirreの音楽を、さらに繊細にしたような音。
 零れ落ちるような美しいピアノと儚げな声。
 疾走する場面はなく、強い浮遊感を纏いつつ、淡々と音楽は進みます。
 河沿いミュージックなんて言葉があるようですが、確かに水が流れていくような、ときおり川面がきらめいているような、木漏れ日のような音。
 景色は緩やかに移ろっていきます。
 少しビートが上がっても、その強いビートを包み込むようなこれまた繊細な歌声。
 全曲少し哀し気な表情のキャッチーなメロディ。
 いろんな構成、いろんなメロディが揃っていて、楽曲ごとに表情は異なるのですが、どこを切り取ってもセンチメンタルにならざるを得ない音の動き。
 それでいて沈痛さや深い哀しみとは距離のある、淡いセンチメンタリズム、どこか懐かしい空気感。
 あくまで前向きな音。
 本家本元、南米のSaudade、その現代の音。
 名作“Luz de agua” (2005)に並ぶ名作。




posted by H.A.

【Disc Review】“Lucas Nikotian, Sebastian Macchi” (2013) Lucas Nikotian / Sebastian Macchi

“Lucas Nikotian, Sebastian Macchi” (2013) Lucas Nikotian / Sebastian Macchi

Lucas Nikotian, Sebastian Macchi (piano)


Lucas Nikotian – Sebastian Macchi
Lucas Nikotian
bar buenos aires
2013-09-26






 アルゼンチンの二人のピアニストによるDuo作品。
 ジャズ、クラシック、現代フォルクローレが交錯するピアノミュージック。
 “Luz de agua” (2005) のSebastian Macchiはもちろん、 Lucas Nikotianもレーベル主宰のCarlos Aguirreの影響が強いのでしょう。
 クラシックの色合い、ヨーロッパの空気感も漂うピアノ。
 躍動感の強い演奏が多いのですが、うるさくなることも音がぶつかることもなく、音楽は穏やかに進んでいきます。
 Carlos Aguirre、あるいはブラジルのAndre Mehmariを想い起こすような二人のピアノ。
 タメを効かせて置かれていく音がセンチメンタルでもあり、繊細でもあり・・・
 このレーベル系の音楽、本拠地の立地も含めて川沿いミュージック?と呼ばれることがあるそうですが、本作もまさにそんな音。
 ゆっくりと静かに流れたり、淀んでみたり、飛び跳ねてみたり、速く激しく流れたり・・・さまざまな表情。
 楽曲を概ね分け合った二人のオリジナル曲は、表情は違えど穏やかで優し気なムードは変わりません。
 どこまでも続いていきそうな音楽ですが、最後は虫の音のようなSEと囁きボイス、シンセサイザーも絡めつつのPat Metheny、あるいはLyle Mays風に静かに、しかもドラマチックに幕。
 なるほど、そこにも繋がっているのか・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Piano Solito” (2016) Sebastian Macchi

“Piano Solito” (2016) Sebastian Macchi
Sebastian Macchi (piano)

Piano solito
Sebastian Macchi
Shagrada Medra / bar buenos aires
2016-11-30

 
 アルゼンチンのピアニストSebastian Macchiのソロピアノ作品。
 ここまでのバンド作品“Luz de agua: Poemas de Juan L.Ortiz- Canciones” (2005), “Luz de agua: Otras canciones” (2015) Sebastian Macchi, Claudio Bolzani, Fernando Silva、それらの名作とは少し印象が異なります。
 とても静かな音ですが、ビートが整ったキリっとした音。
 揺らぐ時間というよりも、静かで端正、淡い色合いのピアノミュージック
 やはり師匠Carlos Aguirreのピアノソロ作品“Caminos” (2006) に近いものを感じます。
 ジャズともクラシックともフォルクローレとも違う質感、それらの断片が交錯しながら積み上げられていく音。
 その意味では“Tokyo Solo” (2013) Andre Mehmariあたりにも近いのですが、もっと静かで淡々とした音。
 しばしばタメの入るCarlos AguirreAndre Mehmariのピアノに対して、スッキリとまとまった端正でクールなピアノ。
 過度に感情を表出するのではなく、静かに淡々と音を紡いでいくイメージ。
 もちろん楽曲はあの美しいSebastian Macchiのメロディ、センチメンタルな音の流れ。
 どこか懐かし気な南米アーティスト特有の空気感。
 派手さ、刺激がない分、穏やかな時間。
 静かで穏やかで優しい人なのでしょう。
 最初から最後まで、そんなピアノミュージック。




posted by H.A.



【Disc Review】“Luz de agua: Otras canciones” (2015) Sebastian Macchi, Claudio Bolzani, Fernando Silva

“Luz de agua: Otras canciones” (2015) Sebastian Macchi, Claudio Bolzani, Fernando Silva
Sebastian Macchi (piano, voice) Claudio Bolzani (guitar, voice) Fernando Silva (bass)
Negro Aguirre (percusión)

Luz de agua : Otras canciones
Sebastián Macchi
bar buenos aires
2015-06-28



 アルゼンチン、現代フォルクローレのトリオ、名作“Luz de agua: Poemas de Juan L. Ortiz - Canciones” (2005)の続編。
 本作のテーマも「光と水」、アルゼンチンの詩人Juan L. Ortizの作品の楽曲化。
 前作と同様にSebastian Macchiのメロディが中心ですが、他のメンバーのメロディも何曲か。
 前作と比べると、テンポが上がって、明るくポップ度が高い、Aca Seca Trioっぽい演奏も目立ちます。
 ・・・と思っていたらそのメンバーも参加していましたね。
 ともあれ、鳥のさえずり、子どもの声などがコラージュされる全体の空気感は10年前の前作と同様。
 全体を支配するのはSebastian Macchiの繊細なメロディとピアノ、Claudio Bolzaniの儚げな声。
 より儚く繊細なのは前作かもしれませんが、全編スローだった前作と比べると、アップテンポなビート、わずかながらに使われる電子音を含めて、音のイメージのバリエーションが増え、次々と周囲の景色が変わっていくような展開。
 凝ったアレンジ、コーラスワークの場面も増え、より洗練された感じがします。
 完璧なアンサンブルと、端々に聞こえるピアノ、ギターのオブリガードの美しい事。
 前作が早朝のような音だったとすれば、本作は午前。
 ちょっと温度感が上がって、諸々の営みが動き出したイメージの空気感。
 静謐な揺らぎの前作、躍動感が加わった本作、どちらがいいかはお好み次第。




posted by H.A.


【Disc Review】“Luz de agua: Poemas de Juan L. Ortiz - Canciones” (2005) Sebastian Macchi, Claudio Bolzani, Fernando Silva

“Luz de agua: Poemas de Juan L. Ortiz - Canciones” (2005) Sebastian Macchi, Claudio Bolzani, Fernando Silva 
Sebastian Macchi (piano, voice) Claudio Bolzani (guitar, voice) Fernando Silva (bass, cello, berimbau)
Carlos Aguirre (guitar, percussion) Leandro Drago (keyboard) Jose Luiz Viggiano (percussion)

Luz de agua : Poemas de Juan L. Ortiz - Canciones
Sebastián Macchi - Claudio Bolzani - Fernando Silva
bar buenos aires
2016-01-31


 アルゼンチン、現代フォルクローレのトリオのとても優しい音楽。
 ゲストで参加もしているCarlos Aguirreのレーベルから。
 名作“Carlos Aguirre Grupo (Roje)” (2004)、“Carlos Aguirre Grupo (Violeta)” (2008)の間の制作。
 楽曲、ピアノ、ボイス、コーラスの使い方、その他諸々、Carlos Aguirreの世界。
 本作のテーマは「光と水」。
 アルゼンチンの詩人Juan L. Ortizの作品にSebastian Macchiがメロディを付けた楽曲集。
 いかにもな企画といえばその通りなのですが、企画負け一切なしの素晴らしい音。
 とてもとても繊細な「光と水」の印象そのまま。
 全編漂うようなゆったりとしたテンポと、瑞々しく静謐な空気感。
 Sebastian Macchiの零れ落ちるようなピアノを中心としたサウンドに、Claudio Bolzaniの儚げなボイス。
 Sebastian Macchiのメロディ、ピアノはCarlos Aguirreに近しい感じですが、ボイスはもっと線が細くて儚げ。
 端々の細かなメロディ、音の動きがさり気なく悲し気で美しくて・・・
 静かに穏やかに流れるサウンドは、柔らかに注ぐ光、穏やかに流れる水、柔らかに吹く風・・・って書いてしまうと少女趣味(死語?)のように思えて恥ずかしいのだけども、本当にそうなのだから仕方ありません。
 内省的、耽美的なんて言葉を聞くと、いまだにBill Evansかヨーロッパ系のジャズを想い起こしてしまうのですが、21世紀型の内省的、耽美的な音は、南米発のこの系の音かもなあ・・・と思ったりします。
 悲痛だったり陰鬱だったりする感じではなく、あくまで淡々とした感じ、爽やかでクールな、さり気ない美しさと哀感。
 そんなとても繊細な音です。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ