吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Samba

【Disc Review】“Verde Que Te Quero Rosa” (1977) Cartola

“Verde Que Te Quero Rosa” (1977) Cartola 

Cartola (Vocals)
Horondino José da Silva, Meira, Hélio Capucci (Guitar) Radamés Gnattali (Piano) Nelson Cavaquinho (Cavaquinho) Dininho (Electric Bass) Vidal (Acoustic Bass)
Wilson das Neves (Drums) Elizeu, Gilberto D'Ávila, Jorge Silva, Luna, Marçal (Percussion) Antenor Marques Filho (Surdo)
Altamiro Carrilho (Flute) Abel Ferreira (Soprano Sax, Clarinet) Nelsinho (Trombone) Joab (Choir) Aizik Geller (Strings)



 サンバ界の重鎮Cartolaの1977年作。
 これまた“Cartola” (1974)、“Cartola” (1976)と同じく、名曲、名演揃いの名作。
 ピアノが聞こえたり、ストリングスが鳴ったり、ジャジーなソプラノサックスが前面に出たり、編曲のバリエーションが増えているのかもしれません。
 そんな音を従えたとてもロマンチックなバラードなどもありますが、それさえ優雅なサンバの中に溶け込んでしまい、例の金太郎飴サウンド、怒涛の名曲、名演集。
 ゆるーくて、渋くて、クール。
 楽しげなような、哀しげなような、懐かしげなような。
 全編Saudadeの塊。
 若造や小娘ではなく、酸いも甘いも噛み締めたオヤジが演るから、とりわけ優雅でカッコいいんだろうなあ。
 さて、この種の大ベテランのカッコいい音を聞くと、つい“Buena Vista Social Club” (1996)を想い出してしまいます。
 そのハワイ版が“The Gabby Pahinui Hawaiian Band ” (1975) ならば、ブラジル版がこれ・・・ってなことはなく、もちろんRyさんは無関係。
 でも、どれもがとてもエレガント。




posted by H.A.


【Disc Review】“Cartola” (1974)、“Cartola” (1976) Cartola

“Cartola” (1974)、“Cartola” (1976) Cartola 

Cartola (Vocals)
Horondino José da Silva, Meira (Guitar) Canhoto (Cavaquinho) Jorginho (Pandeiro) Elton Medeiros (Percussion) Nelsinho (Trombone) and others

Disfarca E Chora (Dig)
Cartola
Emd Int'l
2007-12-18




O Mundo E Um Moinho
Cartola カルトーラ
Emi
2005-12-16


 サンバ界の重鎮Cartolaの1974、1976年作。
 世はロックの時代、Milton Nascimentoに代表されるような新世代MPBが席巻していた時期なのでしょう。
 が、本作、そんなことはお構いなしのネイティブなアコースティックサンバ。
 にも拘わらず、今の耳でも古さを感じない名曲群、名演群。
 エレピもエレキベースもエレキギターはもちろん、ピアノすらも聞こえてこない編成。
 ギターとカバキーニョ、その他の弦楽器とパーカッション、若干の管の彩り。
 決して派手ではない、穏やかなサンバ。
 一拍三拍のバスドラム(的な音)が鳴り続け、かき鳴らされる弦楽器の中、いいタイミングで聞こえてくるクィーカーが気持ちいいいなあ。
 そんな賑やかなようで抑制された音を背景に、サラサラと流れていくようなさりげない歌。
 これはカッコいい。
 オリジナル曲はこれまたとてもさりげない感じですが、LPレコード二枚分、全て名曲。
 全編明るくて、でもどこか哀愁が漂うメロディがこれでもかこれでもかと続きます。
 どこを切っても金太郎飴なのですが、これが全く飽きません。
 こんな感じが正調Saudadeなんでしょうかね?
 それとも当時は相当モダンだったのかな?
 とにもかくにも、カッコいい。




posted by H.A.


【Disc Review】“Giro” (2019) Roberta Sá

“Giro” (2019) Roberta Sá

Roberta Sá (voice)
Gilberto Gil, Bem Gil (guitar) Alberto Continentino (bass) Domenico Lancellotti (drums, percussion)
Danilo Andrade (keyboards) Pedro Miranda (pandeiro, voice) Lsutrnco Vasconcellos (vibraphone) Mestrinho (accordion)
Marlon Sette (trombone) Diogo Gomes (tumpet) Raul Mascarenhas (tenor sax, flute) Zé Carlos “Bigorna” (alto sax, flute) Jorge Continentino (flute) Milton Guedes (flute, gaita) Diogo Gomes (flugelhorn) Joana Queiroz (clatinet, clarone) 
Nicolas Krassik, Pedro Mibielli, Glauco Fernandes (violin) Daniel Albuquergue (viola) Lura Ranevsky (cello)
Jorge Ben Jor, Alfredo Del-Penho, João Cavalcanti (voice) and others



 現代サンバの女王なのでしょう、Roberta Sáの最新作。
 MPB界現代最高の女性ボーカリスト・・・ってもそんな人がゴロゴロしているのが困ったものなのですが・・・らしい、豪華絢爛、かといって過剰にならないバランス、洗練の極みの一作。
 本作はGilberto Gilの楽曲を中心として、本人に加えてJorge Ben Jorといった大御所をゲストに迎え、サンバ、ボサノバを現代風に味付けした音。
 プロデューサーはGilberto Gilさんの息子さんのようです。
 柔らかでしなやかなグルーヴを作るギターとパーカションを中心としたコンボに、ホーンのアンサンブル、ストリングスカルテット、アコーディオン、その他諸々があの手この手の彩りを加える構成。
 オーソドックスなサウンドのようで、一曲ごとに編成とアレンジのテイストを変えた凝りまくった作り。
 ここまでの諸作のようなネイティブなサンバ色は薄目、現代的なMPBの王道ど真ん中、その見本市のような音。
 そんな音の中を泳ぐ、透明度の高の美しいシルキーヴォイス、完璧な歌。
 全部ひっくるめて、Maria Ritaさんの“Amor e Música” (2018) あたりと同じく、大物感たっぷり、余裕のサウンド。
 が、どことなく懐かしい感じがするのは、Gilberto Gilのメロディゆえなのでしょうかねえ。
 洗練されていて今風なようで、何となく古き良き時代のノスタルジーも醸し出す、そんな一作。




posted by H.A.



【Disc Review】“Mundo Melhor” (1976) Beth Carvalho

“Mundo Melhor” (1976) Beth Carvalho

Beth Carvalho (vocal) and others

すばらしき世界(期間生産限定盤)
ベッチ・カルヴァーリョ
SMJ
2016-07-06


 Beth Carvalhoの1976年作。
 “Canto Por Um Novo” (1973) , “Pandeiro E Viola” (1975), “Prá Seu Govêrno” (1975)に続くアコースティックサンバ。
 このあたりのアルバム、区別がつきません。
 が、マンネリなんて言葉は微塵も思い浮かばない、どれもがキャッチ―な楽曲とカッコいい演奏が揃った完璧なアルバム。
 歓喜と哀愁、光と影、希望と失望が微妙に交錯するような、そしてそれら全てを包み込んでしまうようなメロディ、演奏、歌。
 カバキーニョとクィーカーが鳴り響き、大人数での合唱で盛り上がる、それでいて全くうるさくない洗練された音。
 とても前向きになっていけるような、そんな空気感。
 とてもカッコいい堂々たるジャケットのお写真、そのイメージ通りの音。




posted by H.A.


【Disc Review】“Prá Seu Govêrno” (1975) Beth Carvalho

“Prá Seu Govêrno” (1975) Beth Carvalho

Beth Carvalho (vocal) and others

プラ・セウ・ゴヴェルノ(期間限定価格盤)
ベッチ・カルヴァーリョ
SOLID/TAPECAR
2018-06-06


 Beth Carvalhoの1975年作。
 同年の“Pandeiro E Viola” (1975)、“Canto Por Um Novo” (1973)、さらには“Mundo Melhor” (1976)と同様の伝統的サンバ。
 どこを切り取っても金太郎飴なカッコいいサンバ。
 こうなると曲の好みで選んでいくしかないのでしょうが、うーん?
 ま、どの作品を選んでも哀愁と前向きさが交錯するいい曲ばかりなので・・・
 パーカッションとギター、カバキーニョの素朴な響きと、大人数のコーラス。
 大人数でサビの合唱を繰り返すことで陶酔感を誘うあの音の流れ。
 さらに管楽器やマリンバなども交えつつのカラフルな音。
 電気な音が入らない中での洗練。
 とてもエレガント。




posted by H.A.


【Disc Review】“Pandeiro E Viola” (1975) Beth Carvalho

“Pandeiro E Viola” (1975) Beth Carvalho

Beth Carvalho (vocal) and others

パンデイロ・エ・ヴィオラ(期間限定価格盤)
ベッチ・カルヴァーリョ
SOLID/TAPECAR
2018-06-06


 Beth Carvalhoの1975年作。
 本作も“Canto Por Um Novo” (1973)と同様の伝統的サンバ。
 同時期のElis Reginaさんは、ジャズやソウルやロック、ポップス、さらにはクラシック的な色合いも混ざって、新しいサウンドを作ろうとしている感じが強かったり、アルバムごとに色合いが違ったりするのですが、この期おBethさんはお構いなしの王道サンバ。
 初リーダー作?“Andança” (1969)では時代の音が取り込まれていますが、“Canto Por Um Novo” (1973)以降はとにかくひたすらサンバが続きます。
 一部でエレキベースやストリングスが入り、モダンな雰囲気も醸し出しつつも、弦楽器とパーカッションが鳴り響くアコースティックなサンバ。
 低音でベースラインを出すギターに、チャキチャキと高音でカッティングされるカバキーニョ(バンドリン?)のアンサンブル、ウキキキキュキュキュってなクイーカの音の心地よさ。
 山奥な感じもするし、やはりリオ辺りの海岸な感じもするし。
 哀感たっぷりのメロディと、笑顔が見えてくるような堂々とした歌のいいパランス。
 これも最高です。




posted by H.A.


【Disc Review】“Canto Por Um Novo” (1973) Beth Carvalho

“Canto Por Um Novo” (1973) Beth Carvalho

Beth Carvalho (vocal) and others

カント・ポル・ウン・ノヴォ・ヂア(期間限定価格盤)
ベッチ・カルヴァーリョ
SOLID/TAPECAR
2018-06-06


 Beth Carvalhoの1973年作。
 伝統的なアコースティックサンバ。
 ギターとパーカッションの柔らかなビートを中心として、カバキーニョなどの弦楽器と柔らかな管楽器のアンサンブル、そしてコーラス、ときおりのストリングス。
 ジャズ度、ロック度、欧米ポップス度はありません。
 ピアノの出番さえも限られた、シンプルでナチュラル、うるさくない音。
 それがなぜかリッチな質感。
 ハスキーでな堂々たるヴォイスの力なのか、サンバ自体の持つ力なのか。
 哀愁たっぷりながらもなぜか前向きな感じがする、いかにもサンバなSaudadeたっぷりなメロディ。
 みんなでワイワイしながら合唱して、嫌な事や深刻な事は忘れてしまいましょう・・・ってなノリ。
 伝統的なサンバの演奏スタイルを踏襲しているのだと思いますが、今の耳で聞いても決して古くありません。
 このあたりの音が現在に至るまでの現代サンバの原型になっているのでしょうねえ。
 これまた心地よさ、最高。




posted by H.A.

【Disc Review】“Andança” (1969) Beth Carvalho

“Andança” (1969) Beth Carvalho

Beth Carvalho (vocal) 
Som Três: César Camargo Mariano (piano) Sabá (bass) Antonio Pinheiro (drums) Golden Boys, Milton Nascimento (voice) and others

Andanca
Beth Carvalho
EMI Brazil
2009-02-01


 サンバの女王Beth Carvalhoの1969年、堂々たるデビュー作。
 César Camargo Mariano 率いるピアノトリオSom Trêsを中心として、エレキギター、あるいはオーケストラ、コーラスを取り込んだモダンな音。
 洗練されたアレンジ、太くハスキーな声でゆったりと歌われる、新旧織り交ぜたブラジル曲たち。
 大排気量の車がゆっくりと走っているような余裕。
 元気いっぱいから沈痛まで多彩なイメージのElis Reginaさんとはまた違ったカッコよさ、余裕しゃくしゃく、どっしり構えた感じのBethさん。
 しっとりと湿っているようにも、やはりサラリとしているようにも感じるし、優しさ温かさとクールネスが同居しているようにも感じます。
 新しい時代のブラジリアンポップスのようにも聞こえるし、やはりサンバそのもののようにも聞こえます。
 そんな絶妙なバランスのカッコよさ。
 堂々としたブラジリアンポップス、心地よさ最高。
 本作はもちろん、この人のアルバムはどれも名作なのでしょう。




posted by H.A.


【Disc Review】”Muito Na Onda” (1967) Conjunto 3D

”Muito Na Onda” (1967) Conjunto 3D

Antonio Adolfo (Keyboards) Hélio Delmiro (Guitar) Gusmão (bass) Nelsinho (drums)
Rubens Bassini, Jorginho Arena (Percussion)
Eduardo Conde, Beth Carvalho (Vocal) and others

ムイント・ナ・オンダ
コンジュント3D
EMIミュージック・ジャパン
2002-08-28





 ブラジルのグループConjunto 3Dの唯一のアルバム、Sergio Mendes的ブラジリアンポップス。
 Elis Reginaバンドの名ピアニストAntonio Adolfoを中心としたピアノトリオにギター、パーカッションのジャズサンバなオーソドックな編成。
 半数ほどで前面に出るヴォーカルの中心は、後のサンバの女王Beth Carvalhoのハスキーヴォイス。
 メンツからして気合いを入れてシリアスな・・・ってな感じではなくて、のほほんとしたポップなサウンド。
 “When The Saints Go Marching In”から始まり, “Watermellon Man”, “男と女”, ”I've Got You Under My Skin~Night And Day”といった欧米のヒット曲をブラジル曲の間に織り込みつつ、ソフトな男女コーラスを配していく、この期の定番の構成。
 柔らかで温かな音がゆるゆると流れていきます。
 ピアノがコロコロと心地よく転がっていきますが、後のElis Reginaバンドのように叩きまくられる場面はありません。
 またBeth Carvalhoさんの作品からすれば、後の伝統的サンバな“Canto Por Um Novo” (1973)はもとより、モダンな“Andança” (1969)とも全く違った質感のポップス。 
 あの”Herb Alpert Presents Sergio Mendes & Brasil '66”の引力がそれほどまでも大きかったのか?・・・そのあたりは詳しい方にお任せするとして、ジャケットのポートレートのまんまの、緩やかで楽し気な音に浸るとしましょう。




posted by H.A.


【Disc Review】“Partir” (2015) Fabiana Cozza

“Partir” (2015) Fabiana Cozza
Fabiana Cozza (voice)
Swami Jr. (7strings guitar) Jurandir Santana (guitar) Marcelo Mariano (bass) Douglas Alonso (drums) Felipe Roseno (percussion) 
André Mehmari (piano) and others

パルチール(PARTIR)
ファビアーナ・コッツァ
ALMA BRASILEIRA
2015-09-16


 ブラジルのサンビスタ(サンバを歌う人)Fabiana Cozzaの現代サンバ。
 正直、リーダーについての詳しい情報はもっておらず、André Mehmariの参加に惹かれて聞いた作品。
 当のAndré Mehmariの参加は一曲のみでアレレ・・・?
 さておき、ソウルフル&しっとり系の歌が映える、ナチュラル系、しっとり系のサンバアルバム。
 ギター、ベースとパーカッションが背景を作り、エレキギター、カバキーニョ系の弦楽器が彩りを加える構成。
 うるさくなく、あくまで上品で静かな音。
 エレキギターがちょっと変わっていて、クリーントーンながら少し前のクリエイティブ系ロックな感じで、新しいんだか、古いんだか、いい感じの不思議感のアクセントになっています。
 カバキーニョっぽくエレキギターを弾いているのかな?
 そんな音を背景にして、堂々としたしっとりボイス。
 楽曲はおそらく伝統曲が中心なのだと思いますが、現代の人も混ざっているのでしょう。
 さり気なく、Gisele_De_Santiなんて名前もあり、それはいかにもそんな感じの現代的でポップなしっとり系なので、同姓同名ではないのでしょう・・・?
 そんなちょっとノスタルジックないいムードと、現代の香りが交錯する構成。
 André Mehmariの参加曲はサンバではなく、フォーキーなバラード。
 ついついぶっ飛んだサンバを期待してしまうのですが、そちらは全編それの“Três no Samba” (2016) Eliane Faria, André Mehmari, Gordinho do Surdoで聞くとしましょう。
 いつもの零れ落ちるようなピアノ。
 控え目な演奏ですが、上品にぶっ飛んでいます。
 ともあれ、他はいい感じの現代サンバ、しっとり系。
 陽気で楽し気なようで、ほのかな哀愁が漂う、本場のサンバ、共通の空気感。
 Mehmariさんの事は忘れて、それを楽しみましょう。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ