吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Samba

【Disc Review】“Três no Samba” (2016) Eliane Faria, André Mehmari, Gordinho do Surdo

“Três no Samba” (2016) Eliane Faria, André Mehmari, Gordinho do Surdo
André Mehmari (Piano) Eliane Faria (Voice) Gordinho do Surdo (Surdo)

Tres No Samba
Andre Mehmari
Imports
2017-03-03


 ブラジルのスーパーピアニストAndré Mehmariのとても穏やかなサンバアルバム。
 ボーカルとパーカッションのトリオ。
 少々クラシックに寄せ気味のピアノに、低い音で静かにビートを刻むスルド。
 その上を踊るボイス。
 ウイスパー系、可憐系ではなく、ちょっと貫禄ある系の落ち着いたしっとり系の声、決して大きな声は出さないブラジル系特有の優しく穏やかな歌。
 サンバ系の伝統曲、スタンダード曲が並んでいるのだと思います。
 どこかで聞いたことがある、誰かが歌っていたメロディばかりなのだけども、思い出せない・・・
 もちろんサンバ特有の明るいようで切ないような、いわゆるサウダージ、郷愁感・・・
 そんな感じで普通の現代サンバ作品と思いきや、普通でないのは、ピアノの動きゆえ。
 この編成であれば、本来は器楽を背景にしてボーカルが踊るはずなのですが、踊り、跳ねまわり、突っ走るのはピアノ。
 スタートはクラシカルな上品なムード、ビートが乗ってくるとジャズなグルーヴが加わり、突っ走り、転げまわるような凄まじい動き。
 バラードでは一転、たっぷりとタメが効いた伸び縮みするビート。
 歌の後ろのオブリガードだけでも普通ではない感たっぷりなのですが、さらにインプロビゼーションのスペースもたっぷり。
 遠いところに飛んで行ってしまいそうになるピアノを大地に引き留めようとしているようなスルド。
 ボーカルさえもそんな役回りを演じているように聞こえます。
 初期~“Veredas” (2005-2008オムニバス)あたりまでのピアノには丸みを感じましたが、この頃は鋭さが際立ちます。
 そんなアグレッシブなピアノを暖かく見守るようなスルドとボイス。
 これしかないようなバランスなのかもしれません
 全体を眺めれば静かで穏やかで優しい音。
 優しく、かつプログレッシブな、とても素敵な現代サンバ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Verde Amarelo Negro Anil” (2014) Nilze Carvalho

“Verde Amarelo Negro Anil” (2014) Nilze Carvalho
Nilze Carvalho (Vocal, Guitar, Cavaquinho)
Ze Luis Maia (bass) Hdson Santos, Edu Krieger (guitar) Pc Castilho (flute) Diogo Zangado (drums) Fabiano Salek, Thiaguinho Da Serrinha, Luiz Augusto, Marcos Basilio (percussion)

ニルジ カルヴァーリョ

 現代サンバの女性ボーカルNilze Carvalho。
 近年ではMaria Rita、Roberta Sa、Ana Costaに加えて、この人あたりが人気の人なのでしょうかね。
 他にもたくさんいい人がいそうですが、またボチボチと。
 上記の3人、順にネイティブなサンバの色が強くなるイメージですが、本作のNilze Carvalho、さらにネイティブなサンバに近い感じ。
 本作、ナチュラルなアコースティック・サンバの怒涛のような連続。
 他の人のアルバムの場合、電気的な音やら、ポップス風味の曲やらを挟みながらチェンジ・オブ・ペースを図っていて、それが今の流儀かなとも思っていたのですが、このアルバムは徹底しています。
 いかにもなサンバ、サンバ、サンバ、サンバ、サンバ、・・・。
 早めのテンポが中心。一曲終わったと思ったら、すぐ次へ・・・。
 楽曲のイメージはいつもと同じ形容句、
 明るいけど哀愁があって、途中で気の利いた展開があって、最後はちょっと哀愁が漂うサビのリフレインで大合唱の高揚感・・・。
 その徹底した繰り返し。
 それもすべての曲がカッコいいメロディ、カッコいい演奏。
 楽曲の出自はわかりませんが、これどこかで聞いたことあるよなあ・・・と思わせる、ちょっと懐かしい感じもするキャッチーなメロディばかり。
 声はブラジル定番、落ち着いて優し気。
 ポルトガル語の柔らかな響き。 怒鳴ったり声を張り上げたりしない、ボサノバ系と同じくブラジル定番の優雅な歌。
 カバキーニョの軽やかな響きと、うるさくないけどノリノリのパーカッション群。
 クイーカー(エレクトリックMilesバンドでAirto Moreiraが擦っていたやつですね)がい感じで響いてます。
 これ、凄いアルバム。





posted by H.A.

【Disc Review】“Pelos Caminhos Do Som” (2015) Ana Costa

“Pelos Caminhos Do Som” (2015) Ana Costa
Ana Costa (vocal) and others

アナ コスタ

 現代サンバのAna Costa、最新アルバム、ライブ録音。
 Maria Rita、Roberta Saよりもナチュラル・テイストなボーカリスト。
 スタジオ録音を聞く限りでは素朴な感じを売りにしているんだろうと思っていましたが、ライブではポップス寄りな感じに聞こえます。エレキベースの音が目立つからでしょうかね。
 スタジオ録音のベースレスの素朴な感じがいいんですけどね。それだとコンサート会場では少し寂しくなるのか・・・。
 いずれにしても大盛り上がりのライブ。
 いかにもなブラジルの伝統的な大衆音楽というと怒られるのかもしれないけども、まさにそんな感じ。
 みんな楽しそう。
 終盤に向かって盛り上がる構成。この辺りはジャズやロックのステージと同様。
 サンバでいいのが、加えて陶酔感を誘うサビのリフレインがあること。
 ノリのいいリズムを背景にして、シンプルでちょっと悲しげなメロディをみんなで大合唱。
 これでみんな憂さを忘れられるんだろうなあ。
 ポルトガル語が全くわからないのがとても悲しい。
 わからないからよかったりもするんでしょうが・・・。




posted by H.A.

【Disc Review】“Hoje E O Melhor Lugar” (2012) Ana Costa

“Hoje E O Melhor Lugar” (2012) Ana Costa
Ana Costa (vocal, guitar) and others

アナ コスタ

 現代サンバの女性ボーカルAna Costa、第三作。
 これはジャケットのままの音。
 サンバに関わる人のことを「サンビスタ」と呼ぶらしい。
 とてもそれらしいカッコいい言葉の響き。
 SUNとSAMBAは全く日本人的な混同だけど、あまりにもピッタリなジャケットと音。
 本作もカヴァキーニョの素朴な響きが先導するナチュラルで明るいサウンド。
 前二作よりもさらにネイティブなサンバっぽい色合いが強いかな。
 例によって中盤にエレキベースとか鍵盤楽器などが入って現代的ポップス風味が強い曲もありますが、本作ではわずか。
 それにしても毎度毎度のカッコいいキャッチーな曲揃い。
 明るく前向きながら哀愁があって、さらに不思議な浮遊感と高揚感のあるメロディライン。
 作者もバラバラのようだけども不思議な統一感。
 そして定番、各曲の最後の合唱による不思議な陶酔感。
 何かサンバ独特の曲の作り方、音符のつなぎ方の暗黙のルールがあるんでしょうね。
 本作、今までに増してその「様式」が徹底、これでもかこれでもかと続く素朴な質感の高揚感。
 にぎやかなようで決してうるさくはないのが、これまたいいところ。
 とてもナチュラル、とても幸せな音楽。




posted by H.A.

【Disc Review】“Novos Alvos” (2009) Ana Costa

“Novos Alvos” (2009) Ana Costa
Ana Costa (vocal, guitar) and others

Novos Alvos
Ana Costa
Rip Curl Recordings
2009-05-22
アナ コスタ

 現代サンバの女性ボーカルAna Costa、第二作。
 素朴さと洗練がいい感じでバランスした音。
 ネイティブなサンバから現代ポップス風味、ボッサ風味まで、さまざまな音。
 素直な感じの構成のデビュー作に対して、本作はいきなりノリノリの大合唱。本人も表面には出てきません。
 ベースレス、カバキーニョ?とパーカッションと声だけ。これがプリミティブな感じでカッコいい。
 新機軸か?と思いきや、後続はデビュー作を踏襲、電気楽器やホーンも入る洗練された現代サンバと伝統的なイメージが交錯する構成。
 最後はパーカッションと声だけ、プリミティブな感じの大合唱で締め。
 ほどほどポップなのだけども行き過ぎていないし、古いようで今風。
 電気楽器が混ざってもあくまでアコースティックな質感。
 自然で優しげな声とギター、パーカッション、ホーンが入ったりしても決してうるさくはならない。
 ボッサよりも少々元気で華やか。
 でももちろんブラジル音楽特有の柔らかさ、そこはかとない哀愁感。
 内にこもる印象のボッサに比べて、エネルギーが外に出てくる感じ。でもなぜか哀愁感。
 その微妙で複雑な加減が何ともいえず心地いい。
 聞いているとなぜか前向き。
 「まあいろいろあるけど難しいこと考えないで気楽にいきましょう・・・」そんな感じの音。
 疲れた時の清涼剤。
 サンバ独特のサビのリフレインは効くなあ。





posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ