吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Ron_Carter

【Disc Review】“Telephone” (1984) Ron Carter, Jim Hall

“Telephone” (1984) Ron Carter, Jim Hall

Jim Hall (guitar) Ron Carter (bass)

Telephone
Ron Carter
Concord Records
1990-10-25


 Ron CarterとJim HallのDuo、ライブ録音。
 ライブ録音の“Alone Together” (1972)、“Live at Village West” (1982)の続編。
 二人のオリジナル曲が半分にジャズスタンダードが半分の構成、それらと同様。
 但し、会場がライブハウスから大会場になり、グラスの触れ合う音も聞こえてきません。
 その空気感のせいか、音のイメージも少し変わった感じ。
 沈んだ感じがなくなり、元気いっぱい動きまくっている印象。
 あの"Alone Together"までがスウィンギーでアグレッシブな感じに様変わり。
 ライブハウスとは違って大観衆、曲が終わるごとにやんややんやの大歓声なのだから、ま、そんな感じになるのもむべなるかな。
 ベースがブンブンうなりながらグングン前に進んで、ギターもマッチョな感じ。
 あの消え入るような儚く繊細な音の動きは色んな場面であるのですが、音の勢い、空気感に飲み込まれて、さてどうでしょう。
 “Alone Together” (1972)、“Live at Village West” (1982)、本作と、歳月が進むにつれ、アグレッシブに変わってきている感じでしょうかね。
 とかなんとか、そんな子細なことは横に置いて、会場にいるつもりになって、達人たちのノリノリの名人芸を堪能するのが吉。




posted by H.A.


【Disc Review】“Live at Village West” (1982) Ron Carter, Jim Hall

“Live at Village West” (1982) Ron Carter, Jim Hall

Jim Hall (guitar) Ron Carter (bass)

Live at Village West
Ron Carter
Concord Records
1992-10-16


 Ron CarterとJim HallのDuo、ライブ録音。
 “Alone Together” (1972)の続編。
 10年ほど空いているようですが、ジャズスタンダードを中心としていくつかオリジナル曲の構成、空気感も同じ。
 “Circles” (1981)と同じくConcord Jazzからですが、ギターの音は“Alone Together” (1972)に近いイメージ、軽くエフェクティングされたような“Circles”に対して、少々堅め、鉄線弾いてます系に戻った感じ。
 また、コードストロークでバッキングする場面が増え、ま、それもお好み次第。
 静かで少し沈んだムードはまだまだ続いています。
 お約束?の“St. Thomas”までもがおとなしい感じになってしまうのもご愛敬。
 ジャズスタンダードもさることながら、中盤のオリジナル曲、バラード“New Waltz”、南米風、あるいはPat Metheny風の”Down from Antigua”がカッコいい。
 もちろん要所々にあの消え入るような繊細な音が散りばめられています。
 沈んだところから一気に駆け上がり、そして高い所でくるりと回って消えてゆく瞬間の儚いこと、カッコいいこと。
 それが気になりだすと、逆に普通のテーマ演奏までが別のモノののように聞こえてきます。
 本ステージもそんな音がてんこ盛り。




posted by H.A.



【Disc Review】“Alone Together” (1972) Jim Hall, Ron Carter

“Alone Together” (1972) Jim Hall, Ron Carter

Jim Hall (guitar) Ron Carter (bass)

Alone Together
Jim Hall / Ron Carter
Ojc
1991-07-01


 名手たちのDuo、ライブ録音。
 居並ぶ有名スタンダードにオリジナル曲を少々。
 ギターのコードワークのアドリブで攻めた“St. Thomas”からスタート。
 とてもリラックスしたムード。
 が、 “Alone Together”のメロディがベースで奏でられた後のギターソロで目が覚めます。
 決して長くはないインプロビゼーションながら、静かな空間に消え入っっていくような繊細で美しいギター。
 とても儚い音。
 聞き流していると印象に残らないかもしれない奥ゆかしさ。
 艶やかなクリーントーンのギターが紡ぐとても美しい綾。
 もののあはれ・・・、なんて言葉が頭をよぎる音。
 それが気になってしまうと、他にもどこかにあるんじゃない、とギターに留意して聞くと、何のことはありません。
 全編それ。
 その美しさに気が付いてしまうと、何気なく奏でられたような “Prelude to a Kiss”, “Autumn Leaves”などの旋律が何か特別なモノに聞こえてきます。
 オーソドックスな演奏、“Undercurrent”(1963)のような強烈なインタープレーの場面は少なく、強い音もない、地味な印象のアルバムなのでしょう。
 が、繊細な美しさが病みつきになるかも、の演奏集。




posted by H.A.



Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ