吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Rock

【Disc Review】“Paris, Texas” (1985) Ry Cooder

“Paris, Texas” (1985) Ry Cooder
Ry Cooder, David Lindley, Jim Dickinson (Performer)



 Ry Cooderの映画音楽。
 もちろん全編で例のスライドギターが鳴っているのですが、いつもの諸作とはイメージが異なります。
 とても静かでゆったりとした音の流れ。
 寂し気で悲し気な音。
 スぺクタルでも、深刻な悲劇でもなさそうな、極めて日常的な何気ないやるせなさ。
 そんな空気感を醸し出す、遠くで響いているような、ギター+αの余白の多い、薄い音、少ない音数の空間。
 ソロ、少人数での演奏が中心ゆえの、定まるような定まらないような、漂うような音の流れ。
 いつもよりシンプルな構成の楽曲、コードの繰り返しゆえの穏やかな高揚感と陶酔感。
 ルーズでレイドバックして聞こえるはずのスライドギターが、寂し気に幻想的に弾きます。
 極めて何気ないのだけども、なぜか別世界へのトリップミュージック。
 とても素敵な音楽です。

 このアルバムがECM的だ、と強弁するつもりはありませんが、とても静かな“Silent Light” (2016) Dominic Millerを聞いてこのアルバム、その他Ry Cooder諸作をなぜか思い出してしまいました。
 きっとどこか繋がっているんでしょうね・・・?




posted by H.A.




【Disc Review】“Bop Till You Drop” (1979) Ry Cooder

“Bop Till You Drop” (1979) Ry Cooder
Ry Cooder (guitars, mandolin, vocals)
Ronnie Barron (organ, guitar, keyboards) Patrick Henderson (organ, keyboards) David Lindley (guitar, mandolin) Tim Drummond (bass) Milt Holland (percussion, drums) Jim Keltner (drums)
Bill Johnson, Herman E. Johnson, Jimmy Adams, Cliff Givens, Chaka Khan, Bobby King, Randy Lorenzo, George "Biggie" McFadden, Simon Pico Payne, Greg Prestopino (vocals)

Bop till you drop
Ry Cooder
Import
2000-01-01


 Ry Cooder、大名作“Paradise and Lunch” (1974)、“Chicken Skin Music” (1976)、“Jazz” (1978)に続くヒットアルバム。
 ポップス~AORなRy Cooder。
 ・・・っても、音が小綺麗に整理され、洗練され、上記の作品のルーズでレイドバックしたムードが薄くなっただけなのだと思うのですが、空気感が全く違って聞こえます。
 お洒落なTV-CMで使われて、大人気だったように記憶していますが、そんな音。
 ここまでの作品の埃っぽさが一掃され、あのギターも、何のことはないお兄さんが口ずさんでいるようなボーカルもシャープに響きます。
 もちろんアレンジも、楽器、コーラスのアンサンブルも完璧。
 透明度の高い録音、個々の楽器やボイスの粒立ちも完璧。
 何か特別なものが無くなってしまったようにも感じるのですが、そんなことはオヤジのたわごと。
 ジャケットのように、カウボーイスタイルからスーツに着替えたRy Cooder。
 とてもとてもいい感じのポップス~アメリカンロックポップス。
 “Lonesome CarBoy”ってな、音にピッタリなネーミングのカーオーディオのCMで流れていたと思っていたのだけども、それは別のアルバムからのようですね。
 いずれにしても、とても懐かしい素敵な音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Showtime” (1977) Ry Cooder

“Showtime” (1977) Ry Cooder
Ry Cooder (guitars, voice)
Jesse Ponce (bajo sexton) Flaco Jiménez (Accordion) Henry Ojeda (bass) Isaac Garcia (drums)
Frank Villareal (alto sax) Terry Evans, Eldrige King, Bobby King (voice)

ショー・タイム(ライヴ)<紙ジャケット仕様>
ライ・クーダー
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
2007-08-08


 Ry Cooder、大名作の二作“Chicken Skin Music”(1976)と“Jazz” (1978)の間のライブ録音。
 “Paradise and Lunch” (1974)、“Chicken Skin Music” (1976)的な音と、それまでのアルバムをミックスしたような、テックス・メックスとサザンロックが交錯するステージ。
 カントリーとソウルとブルースとニューオリンズファンクとメキシコ音楽、その他諸々がフュージョンする音。
 ライブということもあり、“Paradise and Lunch” (1974)のように、神がかった感じでいろんな楽器、何本ものギターが複雑に絡み合う感じではないのですが、その分シンプルでスッキリ。
 ギタートリオとボーカル、コーラスを中心として、アコーディオンやサックスその他が加わるシンプルな音作りは、諸作とはまた別種の優雅でのどかな音。
 まわりになーんにもないハイウエイにポツンとあるバーで、ワイワイやってるようなお気楽で楽し気な空気感。
 ちょっと前のアメリカ映画によく出てきた雰囲気ですねえ。
 元気で、明るくて、楽し気で、ゆるくて、少々の哀感。
 こりゃ気持ちいいや。




posted by H.A.


【Disc Review】“Paradise and Lunch” (1974) Ry Cooder

“Paradise and Lunch” (1974) Ry Cooder
Ry Cooder (guitars, mandolin, vocals)
Ronnie Barron (piano, organ) Russ Titelman, Chris Ethridge (electric bass) Red Callender, John Duke (bass) Milt Holland (drums, percussion) Jim Keltner (drums)
Plas Johnson (alto sax) Oscar Brashear (cornet)
Bobby King, Gene Mumford, Bill Johnson, George McCurn, Walter Cook, Richard Jones, Russ Titelman, Karl Russell (voices)
Earl Hines (piano)

Paradise and Lunch
Ry Cooder
Mobile Fidelity
2017-03-24


 夏の終わったころに聞きたくなる音、Ry Cooderの大傑作。
 アメリカンロックのベストアルバムは"No Reason to Cry" (1975, 1976) Eric Claptonだと勝手に思っているのですが、もっとアメリカ南部な感じなのはこちら。
 ま、Ericさんはイギリスの人ですし・・・
 ストレートなアメリカンロック色が強かったここまでの作品に対して、本作、あるいはこの前の”Boomer's Story” (1972)あたりから音が変わってきているようにように思います。
 ロックというよりも、ブルース、ソウル、ニューオリンズファンク、カントリー、アメリカ南部とメキシコが混ざり合う、いわゆるテックス・メックス、レイドバックしまくった音。
 音の密度と音圧が下がった感じで、ディストーションが掛かったギターもあまり出てきません。
 アメリカオンリーから、その周辺国の音へと広がっていく端緒でしょうか?
 ゆるーいようで完璧な組み立て。
 前後左右、いろんなところからいろんなギターやコーラスが飛び出してくる、とても素敵な音作り。
 小さな音で聞いているとサラリと流れてしまうのかもしれないけども、大きな音、あるいはヘッドホンで聞くと、気持ちよさ最高。
 計算づくでやったのか、自然体でこうなってしまうのか、完璧なアンサンブル。
 ジャズピアノやサックスなども入り乱れてジャジーなムードも醸し出しつつ、あの時代の大らかでのんびりしたアメリカ南部な空気感が最初から最後まで。
 ちょっとした埃っぽさも、それがいい感じですねえ。
 Eric ClaptonLittle FeatThe BandThe Allman Brothers Bandも神様のような人たちだけど、こんな感じのゆるくて心地よい演奏は少なかったと思うなあ・・・
 まさにParadise。
 次も大傑作“Chicken Skin Music” (1976)。
 この期のRy Cooderは最高。




posted by H.A.


【Disc Review】“Amigos” (1976) Santana

“Amigos” (1976) Santana
Carlos Santana (guitars, background vocals, percussion, congas, juror)
Tom Coster (acoustic piano, Rhodes electric piano, Hammond organ, Moog synthesizer, ARP Pro Soloist, ARP Odyssey, ARP String Ensemble, Honner Clavinet D6, background vocals) David Brown (bass) Leon "Ndugu" Chancler (drums, timbales, Remo roto-tams, percussion, congas, background vocals) Armando Peraza (congas, bongos, background vocals) Greg Walker (vocals)
Ivory Stone, Julia Tillman Waters, Maxine Willard Waters (background vocals)
 
Amigos
Santana
Sbme Special Mkts.
サンタナ


 Santanaのジャジーなラテンロックシリーズ最終作・・・かどうかはわかりませんが、このあたりまでがジャズに慣れた耳でも普通に心地よい作品でしょうか。
 あるいはTom Costerとのコンビネーションが確立、ポップチャートも視野に入ってきた、といった感じ?
 ”哀愁のヨーロッパ”が入っているゆえに、そのイメージが強いのですが、全体的には洗練されたラテンフュージョン。
 洗練され過ぎて妖しげなムードが薄くなってきた感じもしますが、“Bitches Brew” (Aug19-21,1969) Miles Davisの時代は、既に今は昔。
 “Head Hunters” (Sep.1973) Herbie Hancockも3年前。
 ポップも混ざったフュージョン全盛期、Weather Report も”Black Market” (1976) ~“Heavy Weather” (1977)の時代。
 冒頭からノリノリのラテンロック。
 唸るギターに明るくキャッチーなメロディは、それはそれでいいのだけども、4:30過ぎてから、マイナーコードに変わってテンポアップした数分続くアウトロがカッコいい。
 哀愁漂うメロディ、激しいパーカッションとスリリングスシンセサイザーを背景にしたギター、シンセサイザーソロ。
 最高にドラマチック。
 さらにはオルガンの響きがカッコいいラテンフュージョンに、“Head Hunters”的ファンクフュージョンにソウルのボーカルを乗せたようなキャッチーなノリ。
 LPレコードB面に移るとフラメンコ~キューバンな感じに、洗練されたAOR風なボーカル曲を経て、やっと登場、”哀愁のヨーロッパ”。
 ま、これはね・・・アルバムの中では浮いているような気もするなあ・・・
 最後は“Head Hunters”的ファンクフュージョンに処理した、ソウル曲でハッピーに締め。
 この時代になるとHerbie Hancockの影響力が絶大だったのかなあ・・・?
 ポップで洗練されたラテンフュージョンのSantana作品。
 もう40年前の作品だけども古くなっていないと思います。私は。
 この先のアルバムもよかったと思うのだけども・・・




posted by H.A.  



【Disc Review】“Borboletta” (1974) Santana

“Borboletta” (1974) Santana
Carlos Santana (guitar, percussion, vocals)
Tom Coster (piano, organ, electric piano, Moog synthesizer) Stanley Clarke, David Brown (bass) Michael Shrieve, Leon "Ndugu" Chancler (drums)
Leon Patillo (vocals, piano, electric piano, organ) Flora Purim (vocals) Jules Broussard (soprano, tenor sax) Airto Moreira (drums, percussion, vocals) Armando Peraza (percussion, soprano sax) José Areas (timbales, congas) Michael Carpenter (echoplex)
 
Borboletta
Santana
Sbme Special Mkts.
サンタナ


 Santanaのジャジーなロックシリーズ、スタジオ録音での第三弾。
 ポップで洗練された前作“Welcome” (Jun.1973)のムードを引き継ぎつつも、シリアスで妖し気なムードも強く、"Caravanserai" (Feb-May.1972)を洗練し、聞きやすくした感じでしょうか。
 Tom Costerのエレピが映えるフュージョン的なサウンド。
 ドラムにLeon "Ndugu" Chanclerが初参加。
 Miles Davisバンドには“The 1971 Berlin Concert”(Nov.6.1971)周辺のライブ、後のWeather Reportにも“Tale Spinnin'” (1975)で客演した人。
 Airto Moreira、Stanley Clarkeも客演していていて、エレクトリックMiles派閥のサポートが入ったサウンド。
 ファンク色の濃いジャズというか、ジャズ色の濃いファンクというか、軽快でファンキーなビートがメインで、エレピとオルガンが作る背景含めて、ロック、ポップな色合いは強くないようにも思います。
 ジャズ系の同時期、同時期だと“Butterfly Dreams” (Dec.1973) Flora Purim、“Mysterious Traveller” (1974) Weather Reportから決して遠くない雰囲気かもしれません。
 半数を占めるボーカル曲はソウル~ポップなレアグルーヴな感じですが、インスト曲は"Caravanserai" (Feb-May.1972)から続く強烈な疾走感とグルーヴのカッコいいラテンフュージョン。
 アルバム終盤、ブラジル曲、Dorival Caymmiの"Promise of a Fisherman"を中心としたメドレーが白眉でしょうかね。
 Weather Reportに匹敵するようなファンクフュージョン、ラテン度強。
 最後はAirtoの妖しげなバーカッションと、誰かわからないエスニックでこれまた妖しげなボイスで締め。
 このあたりのアルバムは、どれもラテンロックの範疇にとどめておくのはとてももったいない名作揃い。
 とてもカッコいいジャズフュージョンアルバム。

 


posted by H.A.  

【Disc Review】“Lotus” (Jul.1973) Santana

“Lotus” (Jul.1973) Santana
Carlos Santana (guitar, percussion)
Tom Coster, Richard Kermode (organ, electric piano, Latin percussion)
Doug Rauch (bass) Michael Shrieve (drums)
Leon Thomas (vocals, maracas, percussion) Armando Peraza (congas, bongos, percussion) José "Chepito" Areas (timbales, congas, Latin percussion)
 
LOTUS
SANTANA
COLUM
サンタナ


 “Welcome” (Jun.1973)録音直後の来日、大阪公演でのライブ録音。
 "Caravanserai" (Feb-May.1972)からはキーボードのGregg Rolie、ギターのNeal Schon、ウッドベースのTom Rutleyが抜け、“Welcome”のコアメンバーでの演奏。
 近作"Caravanserai"、“Welcome”からそれぞれ二、三曲づつ、キャッチーな人気曲が揃う”Abraxas” (1970)からの選曲が多くなっていますが、さらに新曲が三分の一ぐらい。
 新旧織り交ぜバランスが取れたベストアルバム的な選曲。
 ジャジーな"Caravanserai"よりもラテンロック~ラテンフュージョンの色合いが強いのですが、“Dark Magus”(Mar.1974) Miles Davis的なエレクトリックMilesを想わせる場面もしばしば。
 元はJimi HendrixかSlyなのかもしれませんが、同じようなところをみていたのでしょう。
 ホントの瞑想から、瞑想的なオルガンが響く"Going Home"でイントロダクションが終わると、エレクトリックMiles的なファンクナンバーから、"Caravanserai" (Feb-May.1972)のハイライト、長尺でハイテンションなラテンフュージョン"Every Step of the Way"。
 さらにはラテンロックな人気曲"Black Magic Woman"、"Oye Como Va"、まだ発表されていないであろう“Welcome”からベストチューンと思われる"Yours Is The Light"、などなど、普通に考えて奇をてらわない、あるいは実験的な要素は少ない、ここまでのショーケースのような構成。
 後半は少し沈んだ瞑想的なムードのファンクでスタート。
 徐々に激情に遷移~ドラムソロなどを経て、ピークは”Abraxas” (1970)からハイテンションな"Incident at Neshabur"~人気曲の"Samba Pa Ti"あたりでしょうか。
 最後は高速サンバ〜キューバンな感じのラテンロックで陶酔感を誘いつつドカーンと盛り上がって締め。
 エンターテイメントとしてもオーソドックスにうまく構成されたステージ。
 ファンは大満足の構成でしょうが、このライブこの選曲が彼のベストなイメージだとすれば、"Caravanserai" (Feb-May.1972)のジャジーで沈んだイメージは本筋ではなく、それまでのラテンロック、ファンキーなロックの路線、インプロビゼーション色を強めてラテンファンクフュージョンぐらいまでが本筋なのでしょう。
 であれば、“Welcome”以降の明るい路線も納得、"Caravanserai"が特別なアルバムだったと考えるのが妥当なのでしょうね。
 ウッドベースを使っていたのはあのアルバムだけ?だもんね。
 全体通じてロック色はそこそこ強く、人気曲はキャッチーでポップ。
 ジャズの香りはほとんどないのですが、ファンキーでカッコいい一味も二味も違うラテンロック~ラテンフュージョンであることは間違いありません。




posted by H.A.  


【Disc Review】“Welcome” (Jun.1973) Santana

“Welcome” (Jun.1973) Santana
Carlos Santana (electric, acoustic guitar, bass, kalimba, percussion, vocals)
Tom Coster (organ, electric piano, acoustic piano, marimba, percussion) Richard Kermode (organ, mellotron, electric piano, acoustic piano, marimba, shekere, percussion) Douglas Rauch (bass) Michael Shrieve (drums) José "Chepito" Areas, Armando Peraza (percussion) Leon Thomas (vocals, whistling) 
Wendy Haas, Flora Purim (vocals)
John McLaughlin, Douglas Rodriguez (guitar) Joe Farrell, Bob Yance, Mel Martin (flute) Tony Smith (drums) Jules Broussard (soprano sax)
 
Welcome
Santana
Sbme Special Mkts.
サンタナ


 Santana、"Caravanserai" (Feb-May.1972)に続くジャズ的フュージョン的アルバム。
 が、前作"Caravanserai" (Feb-May.1972)と比べるとかなりムードが異なります。
 キーボードのGregg Rolie が抜けて、Tom Coster中心になったことも大きいのでしょう。
 タイトルはJohn Coltraneの曲。
 カバーもしていて、冒頭はAlice Coltraneのアレンジによる重厚なオルガン、荘厳で宗教的なムードからスタート。
 これは濃いかな?と思いきや、全体的にはかなりポップで洗練されたムード。
 続くギターとエレピの絡み合うイントロはジャジーですが、キャッチーなボーカル曲。
 タイトルは同時期の激しいギターアルバム“Love Devotion Surrender” (Nov.1972) Carlos Santana / Mahavishnu John McLaughlinと同じですが、その印象とは違うあの時代っぽい柔らかなメロディ。
 少々サイケな香りも残しつつ、ボーカル曲もロックというよりもソフトなソウルな感じ。
 さらには、明るくて軽やかなフュージョン曲、AORっぽいボーカル曲へと続きます。
 ボーカル曲はヒットチャート上位に入ってもおかしくないようなキャッチーさ。
 いわゆるレアグルーヴ揃い。
 LPレコードA面最後、Flora Purimのスキャットが映える "Yours Is The Light"などはドラマチックでカッコいいジャズファンクフュージョン、ラテン混ざり。
 Weather ReportやFlora Purimのリーダー作よりもカッコいいんじゃない・・・かどうかはわかりませんが、そんな演奏よさ。
 LPレコードB面に移るとインストバンドが全面に出ます。
 前半のサックスはカッコいいし、終盤はJohn McLaughlin も加わって"Caravanserai"のような強烈な疾走感とハイテンションなジャズフュージョン、ラテン入り。
 最後のJohn Coltraneナンバー“Welcome”は、オリジナルと同様にルバートでのスローバラード。
 二台のピアノとギターが織りなすドラマチックで前向きなエンディング。
 Coltrane云々はさておいて、明るくて柔らかなラテンフュージョンアルバムとして最高だと思うのだけども、前後周辺の凄いアルバムに紛れてしまうのかな?
 ロックファンからすると激しさやギターソロが少なめで、物足らないのかな?
 全然マニアックではない、ラテンジャズフュージョン、一部ボーカル入りの名アルバム。




posted by H.A.  


【Disc Review】“Love Devotion Surrender” (Oct.1972,Mar.1973) Carlos Santana/John McLaughlin

“Love Devotion Surrender” (Oct.1972,Mar.1973) Carlos Santana/John McLaughlin
Mahavishnu John McLaughlin (guitar, piano) Carlos Santana (guitar)
Mahalakshmi Eve McLaughlin (piano)
Larry Young (piano, organ) Jan Hammer (Hammond organ, drums, percussion)
Doug Rauch (bass) Billy Cobham, Don Alias, Mike Shrieve (drums, percussion) Mingo Lewis (percussion) Armando Peraza (congas, percussion, vocals)
 
Love Devotion Surrender
Carlos Santana & John Mclaughlin
Mobile Fidelity
サンタナ ジョン・マクラフリン


 Santana、ジャジーな作品が続く中でのJohn McLaughlinとの双頭リーダー作、John Conltraneトリビュート。
 もしJohn Coltraneが長生きしていたらこの二人との共演はあったのだろうし、エレクトリックMilesバンドにSantanaが入ったら、とか想像してしまう作品、メンバーですが、そんな音とはちょっと違うように思います。
 素直にMahavishnu Orchestraとこの期のSantanaを合わせたような音。
 John Coltraneのカバー二曲に他三曲。
 ギターはロックな感じのハードな演奏中心ですが、オルガンの響き、激しいドラム、ファンクなベースを含めてジャジーなムード。
 後に“Afro Blue” (Jun.1993) The Lonnie Smith Trio、John Abercrombieといったアルバムがあり、同様に激しいのですが、そちらよりは落ち着いたムードかもしれません。そうでもないか・・・?
 それにしても凄まじい二人のギター。
 ファットな音で泣きのフレーズ、やたらに長い音、フィードバックも多用するSantanaに対して、カミソリのように鋭く神経質、サディスティックなJohn McLaughlin。
 ジャケットの二人は穏やかに寄り添っていますが、ギターソロはお互いにこれでもかこれでもかの激しい演奏の連続。
 ルバートでのバラードなど、瞑想的な雰囲気はあるのですが、激しく饒舌なギターの音を聞いているとそんな気分にはなりません・・・よね?。
 LPレコードB面に移って激しいパーカッション、強烈な疾走感の長尺ラテンフュージョンから、最後はギターとピアノの穏やかな”Meditation”で締め。
 いやはやなんとも凄いギターアルバムです。

 


posted by H.A.  


【Disc Review】“Carlos Santana & Buddy Miles! Live!” (Jun.1972) Carlos Santana & Buddy Miles

“Carlos Santana & Buddy Miles! Live!” (Jun.1972) Carlos Santana & Buddy Miles
Buddy Miles (vocals, drums, percussion, congas) Carlos Santana (guitar, vocals)
Neal Schon (guitar) Bob Hogins (organ, electric piano) Ron Johnson (bass) Greg Errico (drums)
Richard Clark, Coke Escovedo (drums, percussion) Mike Carabello, Mingo Lewis, Victor Pantoja (percussion) 
Hadley Caliman (flute, saxophone) Luis Gasca (trumpet)
 
 Santana、ハワイでのライブ録音。
 スタジオで取り直した再現ライブといった情報もあります。
 確かに拍手、歓声が不自然に入っていますが、まあ演奏がカッコいいのでよしとしましょう。
 Buddy MilesはJimi Hendrix “Band of Gypsys” (1970)のドラマーで、Miles Davisがバンドに誘っていたとの話もある人。
 元はジャズドラマー?純粋ファンク?いずれにしてもヘビーではなく軽快なビート。
 オルガンとパーカッションが唸るラテンロックフュージョン~ソウル。
 直前に録音された"Caravanserai" (Feb-May.1972)ほどジャズ的ではなく、ロック、ソウルのイメージが強い演奏。
 "Caravanserai"以前のSantana的でもあるし、“Band of Gypsys”的でもあるし、Sly & Family Stone的でもあるし、”Live Evil” (Feb.Jun,Dec.19,1970)、”Dark Magus”(Mar.1974) Miles Davis的でもあるし、そんな音。
 8ビート、16ビートが入り混じる“On The Corner” (Jun.1972) Miles Davis的な場面もあります。
 結局このあたりが1960年代からのロック、ソウル、ポップスが寄せ集まった当時のフュージョンミュージックで、そのジャズサイドからの旗手がMiles Davis、ロックサイドからはJimi Hendrix、ブラックミュージックサイドからはSly Stone。
 Santanaはそれらを取り込みつつ、ラテンな色合いを前面に出したというか、それら含めて相互に影響し合っていた、といったところなのでしょう。
 LPレコードA面は激烈なギターバトルからスタート。
 Santanaバンドではソロは取らせてもらえなかった、後の人気バンドJourneyのNeal SchonがスッキリしたJimi Hendrix風のカッコいいソロ。
 ポップでソウルなボーカル曲をはさみながら、ハイテンションな演奏の連続。
 B面は長尺な一曲、インプロビゼーションを中心としたラテン・ジャズ・ロック・ソウル・フュージョン。
 妙な仕掛けなしの凄まじい演奏。
 もしここにMiles Davisが入っていたら超名盤として・・・
 この期のSantanaの作品を聞くたびにそう思ってしまう私は、きっとジャズの人なのでしょう。
 もちろんMilesがいなくても名作です。

 


posted by H.A.  


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ