吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Rock

【Disc Review】“Paris, Texas” (1985) Ry Cooder

“Paris, Texas” (1985) Ry Cooder
Ry Cooder, David Lindley, Jim Dickinson (Performer)



 Ry Cooderの映画音楽。
 もちろん全編で例のスライドギターが鳴っているのですが、いつもの諸作とはイメージが異なります。
 とても静かでゆったりとした音の流れ。
 寂し気で悲し気な音。
 スぺクタルでも、深刻な悲劇でもなさそうな、極めて日常的な何気ないやるせなさ。
 そんな空気感を醸し出す、遠くで響いているような、ギター+αの余白の多い、薄い音、少ない音数の空間。
 ソロ、少人数での演奏が中心ゆえの、定まるような定まらないような、漂うような音の流れ。
 いつもよりシンプルな構成の楽曲、コードの繰り返しゆえの穏やかな高揚感と陶酔感。
 ルーズでレイドバックして聞こえるはずのスライドギターが、寂し気に幻想的に弾きます。
 極めて何気ないのだけども、なぜか別世界へのトリップミュージック。
 とても素敵な音楽です。

 このアルバムがECM的だ、と強弁するつもりはありませんが、とても静かな“Silent Light” (2016) Dominic Millerを聞いてこのアルバム、その他Ry Cooder諸作をなぜか思い出してしまいました。
 きっとどこか繋がっているんでしょうね・・・?




posted by H.A.




【Disc Review】“Bop Till You Drop” (1979) Ry Cooder

“Bop Till You Drop” (1979) Ry Cooder
Ry Cooder (guitars, mandolin, vocals)
Ronnie Barron (organ, guitar, keyboards) Patrick Henderson (organ, keyboards) David Lindley (guitar, mandolin) Tim Drummond (bass) Milt Holland (percussion, drums) Jim Keltner (drums)
Bill Johnson, Herman E. Johnson, Jimmy Adams, Cliff Givens, Chaka Khan, Bobby King, Randy Lorenzo, George "Biggie" McFadden, Simon Pico Payne, Greg Prestopino (vocals)

Bop till you drop
Ry Cooder
Import
2000-01-01


 Ry Cooder、大名作“Paradise and Lunch” (1974)、“Chicken Skin Music” (1976)、“Jazz” (1978)に続くヒットアルバム。
 ポップス~AORなRy Cooder。
 ・・・っても、音が小綺麗に整理され、洗練され、上記の作品のルーズでレイドバックしたムードが薄くなっただけなのだと思うのですが、空気感が全く違って聞こえます。
 お洒落なTV-CMで使われて、大人気だったように記憶していますが、そんな音。
 ここまでの作品の埃っぽさが一掃され、あのギターも、何のことはないお兄さんが口ずさんでいるようなボーカルもシャープに響きます。
 もちろんアレンジも、楽器、コーラスのアンサンブルも完璧。
 透明度の高い録音、個々の楽器やボイスの粒立ちも完璧。
 何か特別なものが無くなってしまったようにも感じるのですが、そんなことはオヤジのたわごと。
 ジャケットのように、カウボーイスタイルからスーツに着替えたRy Cooder。
 とてもとてもいい感じのポップス~アメリカンロックポップス。
 “Lonesome CarBoy”ってな、音にピッタリなネーミングのカーオーディオのCMで流れていたと思っていたのだけども、それは別のアルバムからのようですね。
 いずれにしても、とても懐かしい素敵な音。




posted by H.A.

【Disc Review】“Showtime” (1977) Ry Cooder

“Showtime” (1977) Ry Cooder
Ry Cooder (guitars, voice)
Jesse Ponce (bajo sexton) Flaco Jiménez (Accordion) Henry Ojeda (bass) Isaac Garcia (drums)
Frank Villareal (alto sax) Terry Evans, Eldrige King, Bobby King (voice)

ショー・タイム(ライヴ)<紙ジャケット仕様>
ライ・クーダー
WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M)
2007-08-08


 Ry Cooder、大名作の二作“Chicken Skin Music”(1976)と“Jazz” (1978)の間のライブ録音。
 “Paradise and Lunch” (1974)、“Chicken Skin Music” (1976)的な音と、それまでのアルバムをミックスしたような、テックス・メックスとサザンロックが交錯するステージ。
 カントリーとソウルとブルースとニューオリンズファンクとメキシコ音楽、その他諸々がフュージョンする音。
 ライブということもあり、“Paradise and Lunch” (1974)のように、神がかった感じでいろんな楽器、何本ものギターが複雑に絡み合う感じではないのですが、その分シンプルでスッキリ。
 ギタートリオとボーカル、コーラスを中心として、アコーディオンやサックスその他が加わるシンプルな音作りは、諸作とはまた別種の優雅でのどかな音。
 まわりになーんにもないハイウエイにポツンとあるバーで、ワイワイやってるようなお気楽で楽し気な空気感。
 ちょっと前のアメリカ映画によく出てきた雰囲気ですねえ。
 元気で、明るくて、楽し気で、ゆるくて、少々の哀感。
 こりゃ気持ちいいや。




posted by H.A.


【Disc Review】“Paradise and Lunch” (1974) Ry Cooder

“Paradise and Lunch” (1974) Ry Cooder
Ry Cooder (guitars, mandolin, vocals)
Ronnie Barron (piano, organ) Russ Titelman, Chris Ethridge (electric bass) Red Callender, John Duke (bass) Milt Holland (drums, percussion) Jim Keltner (drums)
Plas Johnson (alto sax) Oscar Brashear (cornet)
Bobby King, Gene Mumford, Bill Johnson, George McCurn, Walter Cook, Richard Jones, Russ Titelman, Karl Russell (voices)
Earl Hines (piano)

Paradise and Lunch
Ry Cooder
Mobile Fidelity
2017-03-24


 夏の終わったころに聞きたくなる音、Ry Cooderの大傑作。
 アメリカンロックのベストアルバムは"No Reason to Cry" (1975, 1976) Eric Claptonだと勝手に思っているのですが、もっとアメリカ南部な感じなのはこちら。
 ま、Ericさんはイギリスの人ですし・・・
 ストレートなアメリカンロック色が強かったここまでの作品に対して、本作、あるいはこの前の”Boomer's Story” (1972)あたりから音が変わってきているようにように思います。
 ロックというよりも、ブルース、ソウル、ニューオリンズファンク、カントリー、アメリカ南部とメキシコが混ざり合う、いわゆるテックス・メックス、レイドバックしまくった音。
 音の密度と音圧が下がった感じで、ディストーションが掛かったギターもあまり出てきません。
 アメリカオンリーから、その周辺国の音へと広がっていく端緒でしょうか?
 ゆるーいようで完璧な組み立て。
 前後左右、いろんなところからいろんなギターやコーラスが飛び出してくる、とても素敵な音作り。
 小さな音で聞いているとサラリと流れてしまうのかもしれないけども、大きな音、あるいはヘッドホンで聞くと、気持ちよさ最高。
 計算づくでやったのか、自然体でこうなってしまうのか、完璧なアンサンブル。
 ジャズピアノやサックスなども入り乱れてジャジーなムードも醸し出しつつ、あの時代の大らかでのんびりしたアメリカ南部な空気感が最初から最後まで。
 ちょっとした埃っぽさも、それがいい感じですねえ。
 Eric ClaptonLittle FeatThe BandThe Allman Brothers Bandも神様のような人たちだけど、こんな感じのゆるくて心地よい演奏は少なかったと思うなあ・・・
 まさにParadise。
 次も大傑作“Chicken Skin Music” (1976)。
 この期のRy Cooderは最高。




posted by H.A.


【Disc Review】“Amigos” (1976) Santana

“Amigos” (1976) Santana
Carlos Santana (guitars, background vocals, percussion, congas, juror)
Tom Coster (acoustic piano, Rhodes electric piano, Hammond organ, Moog synthesizer, ARP Pro Soloist, ARP Odyssey, ARP String Ensemble, Honner Clavinet D6, background vocals) David Brown (bass) Leon "Ndugu" Chancler (drums, timbales, Remo roto-tams, percussion, congas, background vocals) Armando Peraza (congas, bongos, background vocals) Greg Walker (vocals)
Ivory Stone, Julia Tillman Waters, Maxine Willard Waters (background vocals)
 
Amigos
Santana
Sbme Special Mkts.
サンタナ


 Santanaのジャジーなラテンロックシリーズ最終作・・・かどうかはわかりませんが、このあたりまでがジャズに慣れた耳でも普通に心地よい作品でしょうか。
 あるいはTom Costerとのコンビネーションが確立、ポップチャートも視野に入ってきた、といった感じ?
 ”哀愁のヨーロッパ”が入っているゆえに、そのイメージが強いのですが、全体的には洗練されたラテンフュージョン。
 洗練され過ぎて妖しげなムードが薄くなってきた感じもしますが、“Bitches Brew” (Aug19-21,1969) Miles Davisの時代は、既に今は昔。
 “Head Hunters” (Sep.1973) Herbie Hancockも3年前。
 ポップも混ざったフュージョン全盛期、Weather Report も”Black Market” (1976) ~“Heavy Weather” (1977)の時代。
 冒頭からノリノリのラテンロック。
 唸るギターに明るくキャッチーなメロディは、それはそれでいいのだけども、4:30過ぎてから、マイナーコードに変わってテンポアップした数分続くアウトロがカッコいい。
 哀愁漂うメロディ、激しいパーカッションとスリリングスシンセサイザーを背景にしたギター、シンセサイザーソロ。
 最高にドラマチック。
 さらにはオルガンの響きがカッコいいラテンフュージョンに、“Head Hunters”的ファンクフュージョンにソウルのボーカルを乗せたようなキャッチーなノリ。
 LPレコードB面に移るとフラメンコ~キューバンな感じに、洗練されたAOR風なボーカル曲を経て、やっと登場、”哀愁のヨーロッパ”。
 ま、これはね・・・アルバムの中では浮いているような気もするなあ・・・
 最後は“Head Hunters”的ファンクフュージョンに処理した、ソウル曲でハッピーに締め。
 この時代になるとHerbie Hancockの影響力が絶大だったのかなあ・・・?
 ポップで洗練されたラテンフュージョンのSantana作品。
 もう40年前の作品だけども古くなっていないと思います。私は。
 この先のアルバムもよかったと思うのだけども・・・




posted by H.A.  



Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ