吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Richie_Beirach

【Disc Review】“Natural Selection” (Jun.1988) Quest

“Natural Selection” (Jun.1988) Quest
Dave Liebman (Soprano Sax) Richie Beirach (Piano) Ron McClure (Bass) Billy Hart (Drums)

Natural Selection
Quest
Evidence
クエスト
リッチー・バイラーク
デイブ・リーブマン 


 Dave Liebman、Richie Beirachのバンド、Quest、スタンダード集“N.Y. Nites: Standards” (Mar.1988)の三か月後の録音。
 こちらはオリジナル曲集。
 クールな質感はそのままに、穏やかで淡い色合いの演奏集。
 難解だったり極度に激しかったりする演奏は本アルバムにはありません。
 このバンドのいつものパターン通り各人が持ち寄った楽曲ですが、似たような色合いの楽曲が並びます。
 美しいピアノの音と漂うようなソプラノサックスの絡み合い。
とても緩やかでフワフワしたような時間が続きます。
 かといって抽象的ではなくあくまであわくて穏やかな音の流れ。
 さらに時折のハイテンションな音が全体を引き締める感じ。
 フュージョン色もほとんどなく、あくまでジャズ。
 いい感じにコンテポラリージャズな音。
 が、悲しいかな、親しみやすいメロディが・・・
 何曲かそれさえあれば名盤になっていたようにも思います。
 環境音楽としては、あるいはフリージャズとしては輪郭が明解すぎて、普通のジャズとして聞くには曖昧すぎて・・・
 このバンドの特有のクールな色合いに加えて、淡くて暖かな音。
 そんな微妙なバランスの音。
 それがちょうどいいんじゃない、と言われればその通りかもしれません。
 心地いいもんね。




posted by H.A.


【Disc Review】“N.Y. Nites: Standards” (Mar.1988) Quest

“N.Y. Nites: Standards” (Mar.1988) Quest
Dave Liebman (Soprano, Tenor Sax) Richie Beirach (Piano) Ron McClure (Bass) Billy Hart (Drums)

DSC_0161
クエスト
NECアベニュー
1989-04-21

 Dave Liebman、Richie Beirachのバンドのスタンダード集。
 “Quest” (1981)からメンバーも変更され、間に何作か挟んで、満を持した?スタンダード演奏。
 思わず避けてしまいそうになるような聞き古した楽曲が並びますが、これが素晴らしい出来。
 元々演奏力は一線を越えた人たちのバンドなので、素敵なメロディ、コードの曲を自然体で演奏するだけで凄いものが出来てしまいそうなのですが、まさにそんなアルバム。
 Billy Hartが叩きまくり、クールなウォーキングベースが全体を引き締め、ピアノはガンガンゴンゴン、サックスは切れまくり。
 クールでハイテンションなジャズ演奏がとても馴染みやすく仕上がっています。
 気難し気なオリジナル曲よりもこちらの方がこのバンドのカッコよさがかえってよく見えてくるようにも思います。
 Ivan Linsの“The Island”なんてベタベタなメロディが、知的にクールに聞こえてきます。
 “You Don't Know What Love Is”然り、“You and the Night and the Music”然り。
 あまり軽妙になりすぎると違和感が無きにしも非ずですが、それはご愛敬。
 ま、アーティストとしてはもっとクリエイティブなことをやりたいのでしょうが、聞く方としてはこのくらいの方が・・・

※近年のステージから。


posted by H.A.


【Disc Review】“Water Lillies, Richie Beirach Plays Musical Portraits of Claude Monet” (1987) Richard Beirach

“Water Lillies, Richie Beirach Plays Musical Portraits of Claude Monet” (1987) Richard Beirach
Richard Beirach (piano)

DSC_0159

 Richie Beirachのピアノソロによるバラード集、“Ballads” (1986)、“Ballads 2” (1987)次ぐ日本制作による第三弾。
 本作はスタンダード、過去のオリジナル曲の再演はなく、モネの「睡蓮」にインスパイヤされたオリジナル演奏集。
 フリーインプロビゼーションによるものも多いのかもしれません。
 冒頭はなるほど「睡蓮」を想い起こさせる淡くて美しいメロディ。
 固定的なメロディやテーマがあるわけではなく、ビート感も流れも違う美しいフレーズが、次々とは現れては消えていくような演奏。
 強弱さまざまな風が吹いてくるような、さなさざ波が揺れるような、光がゆらめくような、微妙な起伏。
 時折の流れるような高音の高速フレーズが心地よい風のよう。
 確かに輝く水面と風とさざ波に揺れる睡蓮の情景のような演奏。
 このままいくかと思いきや、その後は抽象度の高い演奏が続きます。
 激しい演奏、うるさい演奏はなく、あくまで穏やかな表情ですが、甘いメロディはありません。
 さながら、陽光が降り注ぐ冒頭曲の景色から、曇り空、小雨、冷たい風・・・ってな感じ。 
 先の移り変わりを予想することができない自然を音で表現するとこうなる・・・
 耳あたりのよいメロディなど所詮は人工のモノ・・・
 決して具体を写実的に表現するのではなく、印象を感じたままに表現するのが・・・云々・・・・・・ 
 ・・・とか言われると、確かにそうなのかもしれません。
 そんな音です。
 が、凡人からすると、二曲に一曲、いや三曲に一曲でいいので、冒頭曲のような明解なメロディがあると、あるいは陽光が差すような音の流れがあると、一気に世紀の名作に・・・
 ってな感じになるかどうかはわかりませんが、とにもかくにも、美しいピアノが終始漂う、クリエイティブな作品ではあります。


※別の演奏から


posted by H.A.


【Disc Review】“Ballads” (1986)、“Ballads 2” (1987) Richard Beirach

“Ballads” (1986)、“Ballads 2” (1987) Richard Beirach
Richard Beirach (piano)
 
バラッド(期間生産限定盤)
リッチー・バイラーク
SMJ
2015-11-11

バラッドII(期間生産限定盤)
リッチー・バイラーク
SMJ
2015-11-11






 Richie Beirachのピアノソロによるバラード集、日本制作。
 “Elm”、”Sunday Song”といった人気オリジナル曲に加えて、ジャズスタンダード。
 少しとんがった印象もあるさすがのECM作品“Hubris” (1977)に対して、オーソドックスなジャズの面持ちの本作。
 それでもオリジナル曲はもちろん、”My Foolish Heart”,”On Green Dolphin Street”、 “Over The Rainbow”,”My Funny Valentine”といった演奏しつくされた楽曲が、微かにタメを含んで揺れるビート、少し沈みがちに漂うような深みのある演奏。
 美しくも重厚な音使いはそのままに、瑞々しくも寂寥感の漂う音。
 聞き飽きたメロディから滲み出す新たな空気感。
 ECMでは微妙に明るく感じたアメリカンな質感がなぜか薄くなり、ヨーロッパ的なムードも強いアメリカンスタンダードの演奏。
 間々に挟まれたオリジナル曲の少々の毒気。
 それらが甘さ、当たり前さに陥らない、いい具合のバランサー。
 一作、二作ともに同質の名演。
 やはりハードボイルド。

 


posted by H.A.


【Disc Review】“Quest” (1981) Quest

“Quest” (1981) Quest
Dave Liebman (Soprano Sax, Alto flute) Richie Beirach (Piano) George Mraz (Bass) Al Foster (Drums)
 
クエスト
クエスト
リッチー・バイラーク
デイブ・リーブマン 


 Dave Liebman、Richie Beirachが作ったクールでハイテンションなジャズバンド。
 最初に聞いた印象はECMっぽいバンドなあ・・・
 この二人とECMの因縁は知りませんでした。
 ECMっぽくもある知的でクールな音だと思うのですが、これをやろうとしてManfred Eicherさんに却下されたのかな?
 グングン前に進むベースとビシバシドラム。
 Al FosterはMiles Davisが長期休養から復帰する時期と重なりますが、カッコいいジャズドラムを叩いています。
 Milesバンドのファンクの演奏では、オープンなハイハットをバシャバシャ叩くスタイルでしたが、本作ではJack DeJohnette?と間違えてしまいそうなフレキシブルで激しい「ジャズ」ドラマーぶり。
 終盤の”Napanoch”なんて最初から最後まで、ピアノソロの後ろに回ってもドラムソロ状態。
 こちらの方が似合っていると思うけどなあ。
 そんなハイテンションなジャズビートを背景にして、モーダルで激しいインプロビゼーションを展開するフロントの二人。
 どちらもブチ切れたような激しい演奏が続きますが、それでも全体のムードはどことなくクール。
 このクールな色合いを醸し出しているのはRichie Beirachの硬質なピアノでしょうか。たぶん。
 このバンドが演奏すると聞き飽きたはずのスタンダードナンバーまでが、新しく聞こえてきます。
 さらに透明度の高い美しい音。
 本作のスタンダード曲は”Softly, As in a Morning Sunrise”のみ、他はオリジナルですが、当時は相当新鮮な感じだったのでしょう。
 もし、ECMで制作していたら、もっと美しく、緊張感が高く、タイトな作品になったのかな?
 ここまでジャズっぽくはならなかったのでしょうねえ・・・
 以降、断続的にバンドは続きますが、このメンバーでのアルバムは本作のみ。
 なかなかうまく行きません。

 
 

posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ