吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Richard_Galliano

【Disc Review】“Libertango in Tokyo” (2011) Naoko Terai, Richard Galliano

“Libertango in Tokyo” (2011) Naoko Terai, Richard Galliano
Naoko Terai (violin) Richard Galliano (accordion, bandneon) 
Stephane Logerot (bass) Orchestra Camerata Ducale

リベルタンゴ・イン・トーキョー
寺井尚子
EMIミュージックジャパン
2011-12-21


 寺井尚子、Richard GallianoのPiazzollaトリビュート、Tokyo Jazzでのライブ録音。
 ベースを加えたトリオを中心としてストリングスがサポートする形。
 企画だけ見ると、あるいは“Libertango”なんてタイトルを見ると、ちょっと引いてしまう感もあるのですが、これがエキサイティングでカッコいい演奏。
 冒頭の“Libertango”から激しい演奏。
 この曲、私的には食傷気味で無意識に避けてしまうのですが、このバージョンはカッコいい。
 フロントのお二人のスムース&強烈な疾走感、ジェットコースターのような演奏。
 基本的には打楽器、ピアノがいないトリオの演奏に、ストリングスが彩りを加えるぐらいのバランスですが、強烈です。
 激情系のバイオリンがフロントに立ち、背後で強烈なグルーヴを作り、時に突っ走るRichard Galliano。
 激しい展開、ブチ切れ気味の流れにしばしばなりつつも、あくまでスムース。
 気がついていませんでしたが、お二人、似たタイプなのかもしれません。
 トゲや毒が少ないのも共通点でしょうか。 
 ビート感を含めて相性バッチリでしょう。
 トリオのみ強烈な疾走感、エキサイティングな場面もしばしば。
 トリオだけで全部やってしまってもよかったんじゃない、と思ったり、思わなかったり。
 Piazzolla三曲に他はRichard Gallianoのオリジナル中心。
 タンゴ風のRichard Gallianoのオリジナル曲になると、ストリングスも全開。
 哀感、緊張感、その他諸々Piazzolla風ではあるものの、いかにもフレンチっぽい、明るくてオシャレな感じもちらほら。
 またジャズ的なインプロビゼーションのスペースがたっぷり。
 二人ともキッチリとした起承転結に強烈な疾走感のソロ、さらに終盤はブチ切れ気味の激しさと興奮。
 もちろん重厚なイメージのPiazzollaバンドよりも軽快です。
 それら、ジャズでもタンゴでもない空気感あたりで好みがわかれるのかもしれませんが、バランスのとれた素晴らしい演奏だと思います。
 締めはタンゴの定番”La Cumparsita”に、ストリングスが映える名曲”Oblivion”。
 完成度の高い演奏に加えて、エンターテイメントとしてもキッチリまとまっています。
 お二人とも人気があり過ぎて、あるいはポップな演奏が出来てしまうだけに、マニアな人々からは距離を置かれる感じもあるのですが、素晴らしいアーティスト、演奏だと思います。
 ジャズからタンゴへ入っていくにはちょうどいい入口なのかもしれません。
 数えきれないぐらいにあるのであろうPiazzollaトリビュート作品、私が知っているのはごく一部だけですが、このアルバム、お気に入りの最右翼、かな?




posted by H.A.

【Disc Review】“Mare Nostrum II” (2014) Richard Galliano, Paolo Fresu, Jan Lundgren

“Mare Nostrum II” (2014) Richard Galliano, Paolo Fresu, Jan Lundgren
Paolo Fresu (trumpet, fluegelhorn) Richard Galliano (accordion, bandoneon, accordina) Jan Lundgren (piano)

Mare Nostrum Ii
Fresu/galliano/lundg
Act
2016-02-26
リシャール ガリアーノ 
ヤン ラングレン 
パオロ フレス


 ヨーロピアンによるトリオ、“Mare Nostrum” (2007)の続編。
 静かで穏やかなバラード集。
 各メンバーのオリジナル曲が等分+α。
 三者三様の楽曲、演奏なのですが、全曲、全員穏やかで優しい音。
 Paolo Fresuがちょっとクール、Jan Lundgrenがちょっとセンチメンタル、Richard Gallianoがちょっと華やか、ってな感じでしょうか。
 いずれも端正で淡い色合い。
 前作からさらにマイルド、優しくなった印象。
 スタイリッシュさはそのままに、少しテンションを落とした感じ。
 メロディも淡いイメージのものが多いかな。
 ちょっと懐かしい感じもする、ブラジル系とはちょっと違う郷愁感。
 最近のPaolo Fresuが作る音楽はそんな感じの音が多いでしょうかね。 同時期の録音のECM作“In maggiore” (2014)にも近い感じ。
 そちらはモノクローム、夜。
 本作はパステル、昼下がり。
 暖かさは同様。
 ちらほらと、ゆったりと、花が舞い落ちるような浮遊感。
 うららかな春、あるいは昼下がりの音。
 といった感じで、これからの季節にピッタリのアルバム。




posted by H.A.

【Disc Review】“Folies Douces” (1995) Ivan Paduar

“Folies Douces” (1995) Ivan Paduart
Ivan Paduart (piano)
Richard Galliano (bandoneon,accordion) Philippe Aerts (bass) Bruno Castellucci (drums) Chris Joris (percussions) Patrick Deltenre (guitar)
 
Folies Douces
Ivan Paduart
Igloo Records
2015-10-02
イヴァン パドゥア 





 ベルギーのピアニストIvan Paduart、Richard Gallianoをゲストに迎えた小洒落たジャズ。
 20年前の録音、近年の再発のようですが、決して古い音ではありません。もちろんヨーロッパテイストなのだけども、第一印象はフレンチ。明るくてオシャレ、ちょっとだけ哀愁感、そして郷愁感。
 冒頭曲の大御所Richard Gallianoの印象が強いのでしょうかね。
 彼が前面に出ると音楽が動き出すというか、加速度が増すというか。何やってもカッコいい人なのですが、私的な好みは、この手のノリのあるジャズの演奏。
 ノリのいいタイム感とちょっとタメたかと思えば、突然走り出す音の置き方、うねりがなんともいい感じ。バラード系だとそのうねりが何とも言えない郷愁感を醸し出し、またドラマチック。
 リーダーは正統派Bill Evans系。
 強烈さやこれ見よがしな派手さはないのだけども、微妙にタメが効いた音使いが繊細な感でいい感じ。しっとりとしているけども前向き系のヨーロッパジャズの王道の音。内省的、耽美的系だとは思いますが、南欧の人らしく暗くはならない。ジメッとするのではなくカラッとした質感。
 ピアノトリオでの演奏もありますが、ゲストが入っている曲に比べると、急に音楽が落ち着いて、安定的で美しいピアノミュージック。
 バラードでは後ろ髪を引かれるような音の置き方。ゆったりとしたワルツなどが一番合いそう。でも、単に美しいだけでなく、ミディアムテンポ~アップの曲では、ノリが良くて手数が多い系のドラムが攻撃的で、ぐんぐん前へ進む。
 数曲だけ参加しているギタリストPatrick Deltenreも今風のGeorge Bensonといった感じでもの凄くカッコいい。もっと入っていればよかったのですが惜しい・・・
 圧倒的な曲こそありませんが、佳曲揃い、美曲揃い。どの曲も演奏力が相まってドラマチックでカッコいい。
 という事で、一曲一曲、音の表情が変わり、諸々のテイストの音が楽しめる、明るくて前向き系ヨーロッパジャズ、そのショーケースのような素敵なアルバム。



posted by H.A.

【Disc Review】 “Mare Nostrum” (2007) Paolo Fresu、Richard Galliano、Jan Lundgren

“Mare Nostrum” (2007) Paolo Fresu、Richard Galliano、Jan Lundgren
Paolo Fresu(tp.flh.)Richard Galliano(accordion,bandneon)Jan Lundgren(p.)

リシャール ガリアーノ
ヤン ラングレン
パオロ フレス


 トランペット、アコーディオン、ピアノの編成でのトリオ。
 さしづめヨーロピアンオールスターといったメンバーで、期待通りのイタリアのようなフランスのような北欧のようなオシャレで優しい音楽が展開されます。
 Paolo Fresuのトラペット、フリューゲルはいつになくマイルド。
 Richard Gallianoのアコーディオンはタンゴ系を演る時の激しさとは異なり、フランス映画のサントラの雰囲気。
 Jan Lundgrenのピアノがつつましやかに上品にサポート。
 ゆったりとしたテンポのキレイな曲が多く、有名どころではシャンソンのI wish you loveなども。各人のアドリブもふんだんに盛り込まれていますが、曲の中に溶け込み、うるさくありません。
 ジャケットはクールですが、音楽のムードは暖か。穏やかに優しく流れていきます。
 都会の喧騒やデジタルな21世紀であることを忘れ、上品でノスタルジックな気分に浸れます。



posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ