吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Ralph_Towner

【Disc Review】“If You Look Far Enough” (1988,1991,1992) Arild Andersen, Ralph Towner, Nana Vasconcelos

“If You Look Far Enough” (1988,1991,1992) Arild Andersen
Arild Andersen (bass) Ralph Towner (guitars) Nana Vasconcelos (percussion, voice)
Audun Kleive (snare drum)

If You Look Far Enough
Arild Andersen
Ecm Import
アリルド アンデルセン 
ラルフ タウナー
ナナ バスコンセルス
 


 ECMオールスターでのトリオ+αでのセッション。
 編成は普通のギタートリオなのですが、このメンバーですので普通ではありません。
 Ralph Townerのトリオではハイテンションな名作”Batik” (1978)がありますが、全く違う質感。
 楽曲提供からするとリーダーはArild Andersenなのでしょう。
 Ralph Townerの出番は少なめ、ベースがリードし前面に出る場面、Arild Andersen、Nana VasconcelosのDuoでの演奏が印象に残ります。
 Arild Andersenのいつものド派手なベースが炸裂するハイテンションな演奏から、穏やかなスタンダード演奏まで多種多様。
 ブンブン唸るベースに瑞々しいギター、妖し気なパーカッションと幻想的なボイス。
 そういった演奏を想像してしまいますが、それは2-3曲。
 そちらは、サディスティックなまでに攻撃的なベースと、それに呼応するハイテンションなギター。
 何かの格闘技を見ているような演奏。
 淡々とビートを出し、時折奇声を挟むNanaさんがレフリー役。
 そんな演奏を間にはさみながら、半数以上は穏やかで幻想的な演奏。
 ゆったりとしたテンポと妖しげで抽象的なメロディ。
 ループを使ってシンセサイザー的な音を作っているベース。
 妖しげなビートを出し、奇声を上げるNanaさん。
 先の展開が予想できないフリーインプロビゼーション的な演奏が印象に残ります。
 ちょっと気の利いたメロディと演奏力で押し切ってしまえばそれだけで凄いグルーヴの凄いアルバムができていしまいそうですが、そうはしないクリエイティブな人達。
 凡人からは想像できない明後日の方向に向かって進んでいるように感じる部分も無きにしも非ず。
 さすがECM、Arild Andersen。




posted by H.A.

【Disc Review】“Northwest Passage” (Sep-Oct.1996) Oregon

“Northwest Passage” (Sep-Oct.1996) Oregon
Ralph Towner (classical guitar, keyboards, piano, 12-string guitar) Paul McCandless (soprano sax, english horn, sopranino sax, oboe, bass clarinet) Glen Moore (acoustic bass) Arto Tuncboyaciyan (vocals, drums, percussion, hand drums, triangle, shakers cymbals, hand held microphone)

Northwest Passage
Oregon
Intuition
オレゴン
ラルフ タウナー


 Ralph Towner 率いるOregonのフュージョン作品。
 パーカッションが”Right Brain Patrol” (1992) Marc Johnsonに参加していたトルコ出身Arto Tuncboyaciyanに変わっています。
 “45th Parallel” (1988)から十年弱、間に何作か挟んでいますが、さらにわかりやすく爽やかなジャズフュージョン。
 ここまで来ると“Vanguard Sessions” (1970-1979)と同じバンドとはとても思えない変貌ぶり。
 このポップさ、洗練は、来るところまで来てしまったなあ・・・ってな印象。
 アルバムのタイトルもそれっぽいなあ・・・
 Ralph Towner の近作では“Ana” (Mar.1996)。
 そちらは淡く穏やかな作品、Ralph Townerの書く曲のムードは同様。同じ曲のカバー演奏もあります。
 “Ana” (Mar.1996)もかつてのECMカラーからは外れた優しい音楽でしたが、こちらはさらに輪をかけたような・・・というよりも、全く別世界の端正なアメリカンフュージョンの音。
 スムースジャズの方が語感は合ってるかも・・・
 Paul McCandlessのソプラノサックスがすっかりオシャレなフュージョンっぽく聞こえます。
 Ralph TownerはすっかりEarl Klughに・・・
 ・・・ってなことはありませんが、徹底的に洗練された整った音作り。
 元々瑞々しい音のギターが、さらに磨かれ、艶が出て、エコーが効いて、部屋中に広がって、・・・作り込みすぎ一歩手前の絶妙な美しさ。
 スムースジャズが夜な感じな音が多いのに対して、本作は朝~昼。
 とても爽やかで健康的。
 インタールードに挟まれるArto Tuncboyaciyanがフィーチャーされるエスニック風味の妖し気な曲がチェンジオブペース。
 もちろん、音作り、管、ギター、ピアノのインプロビゼーションは、まがうことなきあのOregonのカッコよさ。
 とかなんとか、なんだかんだで完璧な内容、カッコいいアメリカンフュージョンアルバムです。
 普通のフュージョンバンド、スムースジャズとは一線と画す柔らかな音だしね。





 Ralph Towner、Oracleの作品をECM中心に。 
 1970年代はハイテンションで冷ややかなRalph Towner諸作。
 Oregonもハイテンションです。
 1980年代からECMに移籍したOregon含めてマイルドになり、1990年になる前からOregonはポップに、Ralph Townerは淡い色合いの作品が続きます。
 時代と共に変わってきているのは、時代の空気なのか、本人の志向なのか、プロデューサーの意図なのか?
 ざっと眺めてみて、かなり色合いに幅がありますが、どれもそれなりに楽しめます。
 Oregonのアルバムもびっくりするほどたくさんあるのですが、あまり聞けていますせん。
 流通も少ないのですが、気長に探してみますかね。

Ralph Towner
(1972)     ”Trios / Solos” Ralph Towner / Glen Moore 
(Apl.1973)    ”Diary” 
(Jul.1974)    ”Matchbook” with Gary Burton 
(Dec.1974)   ”Solstice” 
(May.1976)   ”Sargasso Sea” with John Abercrombie 
(Dec.1976)   ”Dis” Jan Garbarek 
(Feb.1977)   ”Solstice/Sound and Shadows” 
(Jul.1977)    “Deer Wan” Kenny Wheeler 
(Nov.1977)    ”Sol Do Meio Dia” Egberto Gismonti 
(Jan.1978)    ”Batik” 
(Jul.1979)    “Old Friends, New Friends” 
(Oct.1979)    ”Solo Concert” 
(1980)     “Départ”  Azimuth 
(Mar.1981)    ”Five Years Later” with John Abercrombie 
(Dec.1982)    ”Blue Sun” 
(May.1985)    ”Slide Show” with Gary Burton 
(Jan-Dec.1988) ”City of Eyes” 
(1991,1992)   ”Open Letter” 
(1988,1991,1992) “If You Look Far Enough”  Arild Andersen
(May.1993)   ”Oracle” with Gary Peacock 
(May.1995)   ”Lost and Found” 
(Oct.Nov.1995) "Fabula" Maria João 
(Dec.1995)   ”A Closer View” with Gary Peacock 
(Mar.1996)   ”Ana” 
(1997)     “If Summer Had Its Ghosts” with Bill Bruford & Eddie Gomez
(Feb.2000)   ”Anthem” 
(Sep.2005)   ”Time Line” 
(2008)     “From a Dream” with Slava Grigoryan and Wolfgang Muthspiel 
(Oct.2008)   ”Chiaroscuro” with Paolo Fresu 
(2013)     ”Travel Guide” with Wolfgang Muthspiel, Slava Grigoryan

Oregon
(1970) "Our First Record" 
(1972) "Music of Another Present Era" 
(1973) "Distant Hills" 
(1974) "Winter Light" 
(1975) "In Concert" 
(1976) "Together"
(1977) "Friends" 
(1978) "Violin"
(1978) "Out of the Woods" 
(1979) "Roots in the Sky" 
(1979) "Moon and Mind" 
(1970-1979) ”Best of the Vanguard Years
(1980) "In Performance" 
(1983) "Oregon
(1984) "Crossing
(1987) "Ecotopia
(1989) "45th Parallel
(1991) "Always, Never and Forever"
(1993) "Troika"
(1995) "Beyond Words"
(1998) "Music for a Midsummer Night's Dream" 
(2000) "In Moscow" with the Moscow Tchaikovsky Symphony Orchestra
(2002) "Live at Yoshi's" 
(2005) "Prime"n
(2007) "1000 Kilometers" 
(2010) "In Stride"
(2012) "Family Tree" 

posted by H.A.

【Disc Review】“45th Parallel” (1988) Oregon

“45th Parallel” (1988) Oregon
Glen Moore (Bass) Ralph Towner (classical guitar, 12 string guitar, piano, synthesizer) Paul McCandless (Piccolo, Soprano Saxophone, Oboe, English Horn, Bass Clarinet) Trilok Gurtu (Tabla, Drums, Percussion, Voice)

45th Parallel
Oregon
Sony
オレゴン
ラルフ タウナー


 Ralph Towner 率いるOregon、ECMから離脱しての第一弾。
 全体のイメージは前作“Ecotopia” (1987)と同様、明るくてわかりやすいコンテンポラリージャズ・・・、というよりもさらに一歩踏み出した爽やか系フュージョンの方がイメージは合いそうです。
 向かう方向はメインストリーム。
 ビート感も整って、1970年代ともECM諸作とも印象が違う作品。
 インドのTrilok Gurtuもそのままですが、エキゾチシズムは薄まり、ジャズな感じのドラム中心。
 これは気持ちを入れ替えて聞かないと・・・
 で、先入観を捨てて、あのOregonだと思わずに聞くと、これがカッコいいフュージョンミュージック。
 ビートは整っている上に強いグルーヴ。
 ギターとピアノはあのRalph Townerだし、Paul McCandlessの管も緩急を自在のカッコいいインプロビゼーションの連発。
 全盛期のWeather Reportほどキャッチーではないにしても、明るくて楽し気な、かつ変化に富んだ楽曲揃い。
 最後は、短くもこの上もなく美しいピアノソロで締め。
 このカッコよさを出すのは、あるいは完璧な演奏をこなすのは、他のバンドでは難しいんだろうなあ・・・
 そう思わせる完成度。
 気難し気なOregonではなく、わかりやすくて爽やかでカッコいいOregonの再スタート、といったところでしょう。
 あの1970年代Oregonの、強烈な緊張感とグルーヴで迫ってくるアグレッシブな音はなくなりました。
 また、1970年代ECMの氷のように冷たく鋭いRalph Townerのギターもなくなりました。
 それが時代の流れでもあったのでしょう。
 お世辞、思い入れ抜きで、いいフュージョン作品です。
 最初は面食らいましたがね・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Ecotopia” (1987) Oregon

“Ecotopia” (1987) Oregon
Paul McCandless (soprano saxophone, oboe, English horn, wind driven synthesizers) Glen Moore (bass) Ralph Towner (classical guitar, 12 string guitar, piano, synthesizer, drum machine) Trilok Gurtu (tabla, percussion)

Ecotopia: Touchstones Series (Dig)
Oregon
Ecm Records
オレゴン
ラルフ タウナー

 OregonのECM移籍第三弾、ECMでの最終作。
 逝去したCollin Walcottに変わって、インドのTrilok Gurtuが参加。
 “Song for Everyone” (Sep.1984) L. Shankarにも参加していたECMとも縁のある人。
 本場インドの人が加わったのにも関わらず、逆にタブラ、シタールなどの民族楽器が前面に出る場面が減少し、エスニック風味が薄くなっているかもしれません。
 アルバム全体としても、妖しさ、抽象的、幻想的な色合いが薄くなり、ほどほどオーソドックスなコンポラリージャズ。
 ポップとまではいわないけれども、明るくてわかりやすい音。
 楽曲もいつものメンバー持ち寄りではなく、Ralph Townerの作品中心、一貫性のある質感。
 少々のクラシックテイストが入るカッチリ構成された印象の楽曲。
 その上で響くこれまた少々クラシックの色合いもあるカッチリしたホーンの響き。
 Glen Mooreの曲だけWeather Report風4ビートの妖しいフュージョンだったりしますので、彼はそっちの方向に行きたかったのでしょうかね?
 いずれにしても、強いグルーヴのビートに乗って、ソプラノサックスはもちろん、ギター、ピアノのカッコいいインプロビゼーションの連続。
 締めにCollin Walcott作の幻想的な曲で故人へトリビュート。
 ジャケットは全くECM的ではありませんが、中身もそう。
 が、抜群の完成度の素晴らしい作品。
 この後、Oregonは他のレーベルに移籍。
 次作“45th Parallel” (1988)はさらに明るい色合いになっていますので、転換期だったのでしょう。
 またOregonとしてやりたいことがレーベルカラーに合わなくなっていたようにも推察されます。
 Ralph Towner は引き続きECMでOregon色も強い“City of Eyes” (Jan-Dec.1988)を制作、いまだに諸作を発表中。
 Paul McCandlessはリーダー作こそありませんが、“Endless Days” (2000) Eberhard Weberなどのセッションに参加。
 事の経緯は想像するしかありませんが、この後も質感は変われど良作を制作し続けていますので、いい別れだったのでしょう。




posted by H.A.

【Disc Review】”Crossing” (Oct.1984) Oregon

”Crossing” (Oct.1984) Oregon
Paul McCandless (soprano saxophone, oboe, bass clarinet, English horn) Glen Moore (bass, flute, piano) Ralph Towner (classical guitar, 12 string guitar, piano, synthesizer, cornet, percussion) Collin Walcott (tabla, sitar, percussion, bass drum, snare drum)

Crossing
Oregon
Ecm Records
オレゴン
ラルフ タウナー

 Ralph Towner率いるバンドOregonのECM移籍第二弾。
 インプロビゼーション色も強かった前作”Oregon” (Feb.1983)に対して本作は各人の楽曲中心の演奏。
 幻想的な色合いはそのままに抽象度は下がって、近未来的な曲、妖しげな曲、ジャズっぽい曲、フュージョンっぽい曲、ポップテイストな曲、集団即興的な曲、その他諸々、さまざまな色合いが交錯する構成。
 作曲者個々の色合いがそのまま曲ごとの印象の違いに繋がっているように思います。
 幻想的で少々妖しいCollin Walcott、それにクラシック色、ジャズ色が入るRalph Towner、Paul McCandless、少々ポップ、ジャズが入るGlen Moore、といったところでしょうか。
 楽曲ごとに表情が異なります。
 全体を眺めれば、静かで穏やかな空間の中に響く輪郭が明確な管楽器、ギターもさることながら、本作もリリカルなピアノの素晴らしさが際立ちます。
 時折の強いグルーヴはありますが、ECM期では“Vanguard Sessions” (1970-1979)のようにそれを強調することはなくなったように感じます。
 Ralph Townerの変化云々よりも、Glen Moore、Collin Walcottが強烈な音を出す場面が減っているのでしょうかね?
 結果的に穏やかな色合い。
 ECMでのOregonは三作。
 抽象度の高い前作”Oregon” (Feb.1983)、明るいコンテンポラリージャズの次作 “Ecotopia” (1987)。
 それらの間の本作はちょうどその中間の色合い。
 その意味でもOregonらしいバランスの取れた作品なのでしょう。
 なお、ECM初期からのアーティストCollin Walcottはこの作品の制作後に逝去。本作が遺作?であり、事実上の追悼作品。 
 Codona諸作をはじめとして、ECMの看板の一人だっただけに残念です。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ