吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Phil_Woods

【Disc Review】“Voce E Eu” (2000) Phil Woods, Barbara Casini

“Voce E Eu” (2000) Phil Woods, Barbara Casini
Phil Woods (sax) Barbara Casini (vocal)
Stefano Bollani (piano)

VOCE E EU-FEATURING STEFANO BOLLANI
PHIL WOODS&BARBARA CASINI
PHILOLOGY
バーバラ・カッシーニ  フィル・ウッズ


 大御所Phil Woods、ボーカリストBarbara Casiniとのボサノバアルバム。
 どうもPhil Woods in Italyってなシリーズがあるようで、そのChapter 2。
 相棒はイタリア系ブラジル人かブラジル系イタリア人なのかわかりませんが、イタリア在住のボーカリストBarbara Casiniと、こんな企画にはまり役のイタリアンStefano Bollani。
 Barbara Casini は”Vento” (1999) Barbara Casini, Enrico Rava、“Vira Vida”(2003) Nicola Stilo / Toninho Hortaといったアルバムがある人。
 イタリアでジャズの人がボサノバをやるときにはファーストコールなボーカリストなのでしょう。
 確かにいかにもボサノバチックな柔らか、かつ華やかなvoice。
 オシャレです。
 後追いで聞いた“Outro Lado” (1990)のハイテンション加減には仰天しましたが、ここではこの時期の諸作同様、優し気で穏やか、典型的なブラジリアンな歌い方。
 雰囲気はもちろん、歌唱力、表現力ともに抜群です。
 Stefano Bollaniは説明無用・・・かもしれませんが、BossaNova大好きなようでそんな作品も多いのですが、ちょっと変わったBossaNovaピアノ。
 本作ではドラムもベースもいませんので、ビート作りもバッキングもやり放題。
 あっちに行ったりこっちに行ったり、伸びたり縮んだり、遅くなったり速くなったり、意外な方向に音を飛ばしてみたり。
 ボサノバ特有の柔らかさはあるものの、線が細くて鋭い音。
 ジャズの時を含めて、この人のピアノにはいつもそんな色合いを感じます。
 楽曲はどこかで聞いたことのある代表曲揃い。
 Antônio Carlos Jobim, Ary Barroso, Carlos Lyra, Baden Powell, Caetano Veloso・・・。
 Phil Woodsはいつもながらの王道ジャズサックス。
 変わったピアノが背景を作って、オシャレなvoiceと渋いサックス。
 ピアノの不思議さ加減がいいアクセントになったオシャレで素敵なボサノバアルバム。
 アメリカ系のボサノバよりも柔らかい感じがするのは気のせいでしょうか?
 私の好みはこちらです。
 もちろん本場ブラジルがいいのですが、イタリア系はオシャレで、洗練されていて、繊細で。
 本作もその通りのアルバムです。




posted by H.A.

【Disc Review】“A Generation Ago Today” (1967) Kenny Burrell

“A Generation Ago Today” (1967) Kenny Burrell

Kenny Burrell (guitar)
Mike Mainieri (vibes) Richard Wyands (piano) Ron Carter (bass) Grady Tate (drums)
Phil Woods (alto saxophone) 



 モダンジャズのKenny Burrell。
 不思議なぐらい熱くならない人。
 ブルージーなフレーズに粘りはありますが、コテコテにはならない。
 あくまでクールな質感。
 本作、ギタートリオを中心にサックスやビブラフォンを交えながら、スタンダード曲を淡々と演奏しているだけなのですが、それがクールな感じで何ともカッコいい。
 穏やかなジャズギターを聞きたいとき、思い浮かぶのはKenny Burrell、さて人気盤”Midnight Blue” (1963)とこれとどちらを聞こうかと思うとき、なぜか必ずこちらを選んでしまいます。
 いずれもクールながら、おそらくこちらの方がよりサラッとした感じがするから。
 しっとり感、湿度はあちらが上。
 そんなこんなで疲れた日のBGMにピッタリ。
 ”Midnight Blue”は文字通り真夜中に合いますが、こちらは早い時間からいける。
 さりげなくて何のことはなさそうなのだけども、あの時代の穏やかで洒落たジャズのカッコいいところが詰まった一枚。



posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ