吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Paul_Motian

【Disc Review】“Not Far From Here” (2019) Julia Hülsmann

“Not Far From Here” (2019) Julia Hülsmann

Julia Hülsmann (Piano)
Marc Muellbauer (Double Bass), Heinrich Köbberling (Drums)
Uli Kempendorff (Tenor Saxophone)

Not Far from Here
Hulsmann, Julia -Quartet-
Ecm
2019-11-01


 ドイツのピアニストJulia Hülsmann、2019年作。
 レギュラーなのであろうトリオにサックスを迎えたカルテット編成。
 本作もこの人らしい質感の落ち着いたコンテンポラリージャズ。
 いかにも現代のヨーロピアンジャズ、明るい系。
 オーソドックスにスッキリと聞こえながらも凝りまくったアレンジ、展開。
 ときおり混沌に突っ込むか・・・、あるいは漂い続けるか・・・、沈痛系か・・・、と思わせながらも、そうはなりません。
 サックスも同じような動き、神経質な音の流れ、あるいは激情系か、と思わせながら、あくまで上品にまとまっていきます。
 いかにも近年のECMレコードのサックスらしい、艶やかで美しい音。
 いつもながらに美しいピアノの音との絡みがこれまた美しい。
 天井が高い空間で鳴っているような極上のリバーブが効いた美しい録音。
 楽曲、演奏を含めてダークさはなし、明度高め。
 いかにも女性らしい、あるいはかつてのECMらしくない優しい音ですが、繊細というよりは骨太な感じでしょうか。
 いろんな新たな仕掛けや奇をてらった作品も多い中(そうゆうのを好んで探しているのではありますが・・・)、スッキリとしたヨーロピアンジャズらしいジャズ。
 とても安心して聞ける一作、ってな感じがよろしいのでは。




posted by H.A.


【Disc Review】“Psalm” (1982) Paul Motian

“Psalm” (1982) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Bill Frisell (electric guitar) Ed Schuller (bass)
Joe Lovano (tenor sax) Billy Drewes (tenor, alto sax)

Psalm
ECM Records
2000-11-16


 Paul Motian、1982年作。
 前作“Le Voyage” (1979)からまたまた全メンバーを交代し、本作は二管サックスクインテット。
 ここでBill FrisellJoe Lovanoが参加し、後々まで続くトリオのメンバーが揃います。
 例のスペーシーなギターの音が聞こえると、とても幻想的、あのトリオな音。
 ドロドロとしたジャズな感じに未来感も加わりつつの尖端サウンド。
 物悲しさはそのまま、全編ルバートのスローバラードの時間もたっぷり。
 ロックなビートもディストーションなギターもたっぷり。
 かといって、1980年代流行りのスッキリ系ゴージャズ系のフュージョンになる由もなく、妖しくダーク、過激で複雑怪奇なジャズ。
 強烈な緊張感、沈痛さも強まって、少々ヘビー。
 怖いかも・・・と思っていると、例の能天気なカントリーっぽいギターが聞こえてきたり、もう何が何だか・・・
 桃源郷か、はたまた地獄の一丁目か、この世ではないどこかを彷徨っている感たっぷりのトリップミュージック。
 この後、本作のメンバーを絞り定番トリオ、ECMでは“It Should've Happened a Long Time Ago” (Jul.1984)、へと続いていきます。

※後の演奏から
 

posted by H.A.


【Disc Review】“Dance” (1977) Paul Motian

“Dance” (1977) Paul Motian

Paul Motian (drums, percussion)
David Izenzon (bass)
Charles Brackeen (soprano, tenor sax)

Dance
Motian, Paul
Ecm Import
2008-11-18


 Paul Motian、”Conception Vessel” (1973)、“Tribute” (1974)に続くECMレコードでの第三作。
 前作から全メンバーが交代したピアノレスサックストリオ編成。
 Ornette Coleman所縁のドラマーに、知る人ぞ知るフリー系サックス。
 ダークなトーンと物悲しい空気感はそのまま。
 ベースの重心が上がって、サックスがソプラノ中心になった分、少し軽くなった感じですが、妖しさはそのまま、フリー度高め。
 音量も下がった分、クールさも助長された感じもします。
 常時前面に出てクダを巻きつつ、ときおり狂気と激情を発するサックス、例の漂うビート、明後日の方に向かって進んでいるようにも聞こえるリズム隊。
 陰鬱、沈痛とまではいかずとも、ただ事ではない空気感たっぷり。
 そんな強い緊張感の中、ちょっとすっよぼけたような演奏もありますが、これまた後々まで続くこの人の色合い。
 全部あわせて、フリー度高めのクールなジャズ。
 これまたハードボイルド。

※次のバンドの演奏から。
 

posted by H.A.


【Disc Review】“Tribute” (1974) Paul Motian

“Tribute” (1974) Paul Motian

Paul Motian (drums, percussion)
Sam Brown (acoustic, electric guitars) Paul Metzke (electric guitar) Charlie Haden (bass)
Carlos Ward (alto sax)

Tribute
ECM Records
1993-11-01


 Paul Motian、”Conception Vessel” (1973)に続くリーダーでの第二作、ECMレコードでの制作。
 Charlie Hadenと二人のギターに、楽曲によってサックスが加わる編成。
 ECM、あるいは後のPaul Motian Trioのお約束、とても静かで妖しい、全編ルバートでのスローバラードがてんこもり。
 物悲しい音を奏でるギターに沈み込むベース、その中を漂う刃物のように鋭いサックス。
 そして、ときにパコーン、ポコーン、チーン・・・、ときにバシャバシャ・・・、ビートを出しているのか出していないのか、何なのかよくわからないドラム。
 それがカッコいい。
 あの“Death and the Flower” (1974) と同時期、音楽の色合いは違いますが、当のKeith Jarrettが加わればあのバンドになりそうなメンバーになんだから、カッコよくて当たり前。
 それと雰囲気が違うのは、終始前面に出るギターとクールな質感、後のTrioと違った感じがするのは、サイケと寂寥の間を行き来するギターと下の方で激しく蠢くベースゆえでしょうか。
 “Liberation Music Orchestra” (1969) Charlie Hadenに近い感じがしないでもないですが、もっとクール。
 全編を通じたダークなトーンもあわせて、とてもハードボイルドな妖しいジャズ。
 あまり話題にならないアルバムなのかもしれませんが、紛うことなき名演、名作。

※近い時期、近いメンバーでの演奏から。雰囲気は違いますが・・・


posted by H.A.


【Disc Review】“When Will The Blues Leave” (1999) Paul Bley, Gary Peacock, Paul Motian

“When Will The Blues Leave” (1999) Paul Bley, Gary Peacock, Paul Motian

Paul Bley (piano) Gary Peacock (double bass) Paul Motian (drums)

When Will the Blues Leave
Paul Bley
Ecm
2019-05-31


 マスターたちのピアノトリオ、未発表ライブ音源、2019年発表。
 鬼のような“Not Two, Not One”(1998)制作後のステージ。
 そちらとは少々違って、ダークネスとアバンギャルドな色合いはほどほどに抑制されたジャズ。
 楽曲はPaul Bleyを中心に、Gary Peacock、Ornette Coleman、ジャズスタンダードなど。
 冒頭は意外にも明るい色合い、Ornette Colemanが見え隠れする、ぶっ飛んだフリーが入り混じるジャズ。
 自由です。
 オモチャ箱をひっくり返したような音の洪水、それでいてグチャグチャな感じはなく、スッキリとまとまった、さすがの名人芸。
 続くはPaul Bleyのトレードマーク、全編ルバートでの美バラード。
 タメにタメにタメて置かれていく美しい音、センチメンタルなメロディ。
 感傷を纏いながら突然崩れていく儚さと狂気。
 そのピアノどう合わせるのか思案のベースとドラム、危ういバランスの美しさ。
 同様の演奏は、上掲アルバムから”Dialogue Amour”、さらにソロピアノの演奏も。
 どこかで聞いた超美メロの断片が、まるで記憶を想い起こすように現れ、そして崩れていきます。
 「耽美」ってな言葉が一番似合う、いかにもPaul Bleyさんの音。
 そんな感傷と自由が変幻自在に交錯するピアノに、動きまくるベース、虚空に響くシンバル。
 ぶっ飛びながらもスッキリしたアヴァンギャルドとベタベタの感傷が交錯、錯綜するステージ。
 同じく超名人たちのKeith Jarrett Standardsよりも明暗、動静の落差、変化が大きく、その分ぶっ飛んだ感じがするのかもしれません。
 未発表だった理由はジャズな成分が少々強めなことぐらい?・・・ってなのも変ですが、普通にジャズとして「も」聞ける名演奏集。
 なお、お三方のうち、既に二人が鬼籍に入ってしまっているのが何とも・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Notes” (1987) Paul Bley, Paul Motian

“Notes” (1987) Paul Bley, Paul Motian

Paul Bley (piano) Paul Motian (drums)

Notes
Paul Bley
Soul Note Records
2007-10-30


 Paul Bley、Paul MotianのDuo作品。
 ECMではなく、イタリアのSoul Noteレーベルから。
 同レーベルでジャケットも似ている“Mindset”(1992) Gary Peacock, Paul Bleyと類似する企画。
 本作のご両人、どちらもモダンジャズの名手ながら、耽美的、離散的な演奏を得意とする稀代のスタイリスト。
 その通りの静かで穏やか、ほんの少し抽象的な演奏。
 二人ともECMではないレーベルの場合、普通にジャズの演奏も多いのですが、本作は極めてECM的な静謐で妖しいサウンド。
 多くが今にも止まりそうなスローバラード。
 たっぷりのタメを効かせて置かれていくピアノの音。
 突然のスケールアウト、突然の疾走、突然の鎮静、突然のスウィング、ブルース・・・いつものPaul Bleyワールド。
 それに呼応するように、時に無視するように刻まれる静かなビート。
 静かだけども落ち着かない、絶妙のアンバランスの妖しく危ない音楽。
 繊細で美しいバラードの連続に、ときおりのOrnette Coleman風フリージャズ。
 最後に収められた唯一のジャズスタンダード、“Diane” (1985) Chet Baker & Paul Bley のタイトル曲は、絶品の美しさ。
 Paul Bley、Paul Motianの演奏するバラードはいつもそう。
 さすが、稀代のスタイリストの創る音。
 名作だと思います。

※“Diane” (1985) Chet Baker & Paul Bleyから。


posted by H.A.


【Disc Review】“The Windmills of Your Mind” (2010) Paul Motian

“The Windmills of Your Mind” (2010) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Bill Frisell (electric guitar) Thomas Morgan (bass)
Petra Haden (vocals)

The Windmills of Your Mind
Paul Motian
Winter & Winter
2011-08-09


 Paul Motian、これがリーダー作としては最終アルバムになるのでしょう。
 静かなジャズスタンダードのバラード集。
 盟友Bill Frisellが再び参加し、“Small Town” (2016)など彼と近年までも共演する静かな名ベーシストThomas Morganとのギタートリオに、ボーカルは“Petra Haden & Bill Frisell” (2003)でBill Frisellと共演していたCharlie Hadenの娘さん。
 楽曲は演奏しつくされたスタンダード。
 "Tennessee Waltz"、"The Windmills of Your Mind"、"Let's Face the Music and Dance"、"Lover Man"・・・
 少し枯れた感じの寂寥感の強い演奏。
 普通に演奏される当たり前のジャズスタンダードのメロディも、Paul MotianとBill Frisellのコンビだと強い浮遊感の不思議な音。
 そこに静かなグルーヴを出す希少なベース、かわいらしい系の女性ボイス。
 少しダルな感じが、とても力が抜けて心地よいジャズ。
 Bill Evans, Keith Jarrett、そしてECMを支えた芸術的なドラマーPaul Motian、2011年逝去。




posted by H.A.



【Disc Review】“Lost in a Dream” (2009) Paul Motian

“Lost in a Dream” (2009) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Chris Potter (tenor saxophone) Jason Moran (piano)

Lost in a Dream (Ocrd)
Paul Motian
Ecm Records
2010-03-09


 Paul Motian、ECMでのリーダー作としては最終作になるのでしょう。
 旬なアーティストを従えてホームグラウンドであろうVillage Vanguardでのライブ録音。
 メンバーは変わりましたが、少人数での限られた音数、ベースレスゆえ、またPaul Motian の音楽ならではの強烈な浮遊感はあります。
 が、“Time and Time Again” (2006)などとは少々異なる輪郭が明確なサウンド。
 Bill Frisellの漂うようなギターではない、しっかりとした地面のようなピアノ。
 サックスもよりシャープでメカニカル、今風になったイメージ。
 楽曲はあの漂うようなバラードを中心として、Ornette Coleman風フリージャズなど、ここまでのバンドと大きくは変わりませんが、新しい編成、新しいトリオで新しいサウンドを作ろうとしていたのでしょう。
 強い浮遊感を維持しつつ、オーソドックスなジャズっぽさを強くして、それとは逆に現代的なサックス、ピアノのサウンドを取り入れて、漂う、あるいは激烈なフリーだけでなく、軽快に疾走する時間を増やして・・・
 が、残された時間は長くなく・・・
 リーダー作としては遺作にあたるのであろう“The Windmills of Your Mind” (2010) へと続きます。

※別のバンドから。


posted by H.A.


【Disc Review】“Time and Time Again” (2006) Paul Motian

“Time and Time Again” (2006) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Joe Lovano (tenor saxophone) Bill Frisell (electric guitar)

Time & Time Again (Slip)
Paul Motian
Ecm Records
2007-04-03





 Paul Motian, Joe Lovano, Bill Frisellのトリオ、そのおそらく最終作。
 ECMでは“It Should've Happened a Long Time Ago” (1984)、“I Have the Room Above Her” (2004)に続く三作目。
 基本的には前作と同じテイスト、オリジナル曲を中心に、ジャズスタンダード、Monkナンバーを一曲ずつといった構成も同じ。
 少々印象が違うのは、アップテンポでハードな場面が減少し、淡いメロディのゆっくりとしたフワフワとした時間が続きます。
 ルバートでのバラード演奏集。
 夢と現を行き来するような不思議感、本作は夢の時間がさらに長くなったようなイメージ。
 幽玄。
 そんな不思議な時間の中で、フロントの二人を無視するかのようにひたすら刻み続けられる乾いたビート・・・
 このバンドにPaul Bleyのピアノが加わっているともっと過激で甘美なバンドだったのかもしれないし、Marilyn Crispellだともっと情熱的になっていたのでしょう。
 あるいはAnders Jorminのベースが加わると、もっと安定感のあるサウンドになっていたのでしょう。
 が、この極上の不安定感とクールネスは消え失せ、全く別の音楽になってしまうのでしょう。
 やはり唯一無二の素敵なバンド。




posted by H.A.


【Disc Review】“Garden of Eden” (2004) Paul Motian

“Garden of Eden” (2004) Paul Motian

Paul Motian (drums)
Chris Cheek (tenor saxophone, alto saxophone) Tony Malaby (tenor saxophone) Jakob Bro, Steve Cardenas, Ben Monder (guitar) Jerome Harris (bass)

Garden of Eden
Paul Motian
Ecm Records
2006-01-24





 Paul Motian、クレジットはされていませんが、ピアノレス、複数のギターとホーンの構成、ジャズ曲の選択などからすれば“Paul Motian and the Electric Bebop Band” (1992)の流れを汲むプロジェクトなのでしょう。
 その唯一のECMでの作品。
 若手の先端系のギターとサックスのアンサンブルが絡み合いながらジャズ曲を奏でていく構成。
 カバー曲では“Pithecanthropus Erectus”, “Goodbye Pork Pie Hat”のCharles Mingusの代表曲にMonk, Charlie Parkerなどなど、およそECMとはイメージが合わないジャズチューン。
 ドロドロゴツゴツとしたあの時代のブラックアメリカンのメロディがクールな演奏で綴られていきます。
 半数以上のオリジナル曲はフリービートでのスローバラードやら、Ornette Coleman的フリージャズなど、あのアバンギャルド系のPaul Motianの色合い。
 “Paul Motian and the Electric Bebop Band” (1992)のオーソドックスなジャズっぽさからは遠い、クールで強烈な浮遊感のECM的な音。
 フロントに立つ複数のサックス、複数のギターが微妙にズレながら、あるいはコール&レスポンスしながら積み上げられていゆく音。
 ベースは概ねビートをキープしていますが、ドラムはフリーな演奏が中心。
 明後日の方向に向いてシンバルが舞い、音楽の流れを無視するようにアクセントが入り、フロントが揺れている時に逆に定常なビートを刻むドラム。
 Paul Motian, Joe Lovano, Bill Frisellトリオのスタイルをエレクトリックビバップバンドでも、というか、この期のPaul Motianのスタイルというか・・・
 どんな編成であれ、クールでハードボイルド、強烈な浮遊感のPaul Motianサウンド。
 このバンド、徐々に色合いが変わってきたのだとは思いますが、やはりECMの方が似合っているように思います。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ