吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Monica_Salmaso

【Disc Review】“Caipira” (2017) Mônica Salmaso

“Caipira” (2017) Mônica Salmaso
Mônica Salmaso (Voice)
André Mehmari (piano) Neymar Dias (viola caipira, bass) Toninho Ferragutti (accordion, voice) Teco Cardoso (flutes) Nailor Proveta (clarinette, tenor sax) Robertinho Silva (percussion) Sergio Santos (voice, guitar) Rolando Bldrin (voice)

Caipira
Biscoito Fino
2017-08-21


 ブラジルのボーカリストMônica Salmasoの最新作。
 とても静かで優雅、強い浮遊感。
 とてもわかりやすいのだけども、アートな雰囲気のMPB。
 “Corpo de Baile” (2014)から新作がない、と思っていましたが、出てました・・・
 そちらはストリングス入り、個性の強いGuinga曲集でしたが、本作は少人数の編成でのインティメイトな音作りのオーソドックスなブラジル曲集。
 新旧のしっとり系の楽曲を、ゆったりと静かにフワフワした音を出すバンドと、静かに穏やかに漂うミステリアスなスモーキーボイス。
 お洒落なボッサや元気なサンバはありませんが、ブラジリアンフォルクローレ的な音、ミナス的な音、バイーア的な音、ショーロ的な音、クラシックな音、その他諸々がフュージョンする音。
 旧くからの盟友André Mehmariが三曲に参加し、うち一曲はSergio Santosとのトリオでのバラード。
 名前から想像されるような最高の音。
 その他全体でも彼らの作品の空気感にも近いのですが、もっと穏やかで、山奥っぽいブラジリアンネイティブな音。
 背景を作る音の主役はアコーディオンとギター(ヴィオラ?10弦のヤツ?)でしょうか。
 ドラムレスで強い浮遊感の優雅な音は、前作のようにストリングスが入るとさらに優雅になるのでしょうが、空白の多い空間にときおり管楽器が音を出すスタイルは、素朴でかつ優雅。
 ビートが上がってもその優雅さ、穏やかさはそのまま。
 いろんな楽器が入れ代わり立ち代わり出てくるスタイルは、シンプルでさり気ないようで計算しつくされた音作りなのでしょう。
 もちろんメロディは終始郷愁感が漂うブラジリアンな音の流れ。
 いつもながらにどこか遠いところ、遠い時代に連れて行ってくれるトリップミュージック。
 素朴なようで洗練の極み・・・
 ・・・てな感じで、いつも通りの形容になってしまうのですが、高尚に過ぎずほどほどポップなバランスは、諸作の中でも本作が一番和むかもしれません。
 ジャケットはシルクでもベルベットでもないストローのハットに、色調を落とした微妙なカラーのポートレート。
 今年の私的ジャケット大賞はこれ。たぶん。
 中身もナチュラルで優雅で、アンティークなようで新しい、そんな音。





 リーダー作、並びに参加作。私が知る限り。
 ハズレなしの名作揃いですが、最近の静かで穏やかな作品も素晴らしいのですが、初期も名作揃い。
 ジャズな“Nem 1 ai”、ポップな“Iaiá”もいいなあ。
 さて、どれがベストか?・・・判断不可ですかねえ・・・

 “Afro-sambas” (1995) with Paulo Bellinati
Trampolim” (1998)
Voadeira” (1999)
Nem 1 ai” (2000)
 “Lachrimae” (2003) Andre Mehmari 
Iaiá” (2004)
“Noites de Gala, ao vivo” (2008)
 “De Arvores E Valsas” (2008) Andre Mehmari 
 “Veja o Som (See the Sound)” (2009-2010) Jovino Santos Neto 
 “Canteiro” (2010, 2011) André Mehmari 
 “Orillania” (2012) Carlos Aguirre 
Corpo de Baile” (2014)
 “Porto Da Madama” (2015) Guinga 
Caipira” (2017)

posted by H.A.

【Disc Review】“Corpo de Baile” (2014) Monica Salmaso

“Corpo de Baile” (2014) Monica Salmaso
Monica Salmaso (voice) 
Nelson Ayres (piano, acordeon) Paulo Aragão (guitar) Neymar Dias (viola  caipira, bass)
Teco Cardoso (sax, fluete) Nailor Proveta (clarinete) 
Quarteto de Cordas Carlos Gomes, formado por Cláudio Cruz, Adonhiran Reis (violin) Gabriel Marin (viola) Alceu Reis (cello) and others

Corpo De Baile
Monica Salmaso
Imports
2014-08-19


 ブラジル、サンパウロのボーカリストMonica SalmasoのGuinga作品集。
 現時点では最新作?、Guinga本人との共演作“Porto Da Madama” (2015) の少し前の制作でしょうか。
 ハスキーな声で沈み込むように歌うクラシカルなボイスと、妖し気なほどにムーディでセンチメンタル、さらに少々厭世的、幻想的にも聞こえるGuingaのメロディとの組み合わせ。
 サポートは少人数のコンボにストリングス。
 想像通りの静謐で優雅、少々妖し気な音。
 ここまでくるとMPBと分類してしまうのことに違和感があるかもしれないクラシカルな音の流れ。
 ストリングスがサポートの主役、フルート、クラリネットもクラシックのそれのように聞こえてきます。
 Guingaさん本人のギターとボイスだとどこか遠い所に連れていかれそうになる感じですが、このアレンジ、ボイスだとほどよく現世に踏みとどまっている感じでしょうか。
 それでも時折さり気なくつま弾かれる普通のギターの音が、なぜか別の時空から聞こえてくるようにも感じられるのは、Guingaさんのメロディゆえ、あるいはMonica Salmasoのボイスゆえでしょうか?
 メロディ、ボイス、バンド、ストリングスが一体となって醸し出す強烈な浮遊感。
 何気なく流していると、どこの国のいつの時代なのか、意識が曖昧になってくる、ほどほどの非現実感。
 現代のヒーリングミュージック、あるいは新手のトリップミュージック・・・になるかな?




posted by H.A.

【Disc Review】“Alma Lirica Brasileira” (2011) Monica Salmaso

“Alma Lirica Brasileira” (2011) Monica Salmaso
Monica Salmaso (voice) 
Nelson Ayres (piano) Teco Cardoso (flute, sax)

Alma Lirica Brasileira
Monica Salmaso
BISCOITO FINO
2011-06-10


 ブラジルのボーカリストMonica Salmasoのしっとり系MPB、2011年作。
 ベース、ドラムを排して、ピアノと管楽器のみのサポートでのバラード集。
 ボッサ、サンバではなく、ミナス~フォルクローレ、さらにクラシックの空気感も強い、静かで上品な作品。
 もともと沈みがちなハスキーな低音ボイスの人、内省的というよりも、それを通り越したような神秘的な声。
 バンドは少し前の作品“Noites de Gala - Samba Na Rua” (2006)と同様、”Pau Brasil”なるバンド?ムーブメント?のメンバーの二人。
 静かで上品、Andre Mehmariを想わせるクラシカルなピアノに、彩を加える優しい管の音。
 それらを背景に慈しむようなボイスが漂います。
 穏やかで静謐、ゆったりと流れる時間。
 ヒーリングミュージック、なんて言葉はあまり聞かなくなったけれども、まさにそんな音。
 楽曲はブラジルの伝統曲に、Jobimをはじめとした大御所たちのメロディが中心。
 但し、有名どころの曲を選んででいるわけではないし、空気感も単なるカバーとは異なります。
 かといって奇をてらったことをしているわけでもなく、なんだか不思議です。
 全編を通じてどこか懐かし気な空気感が立ち込めていて、ジャケットなどの作りも含めてクラシカルなのですが、決して古い感じではなく、なぜか現代的・・・なのか、どうなのか不思議な質感。
 ネオ・クラシカル・ブラジリアン・・・なんて言葉があるとすれば、それがぴったりとくるムード。
 さらに、見えてくる景色は広大な大地か、ゆったり流れる大河か、静かで穏やかな海のようでもあるし、さり気なく流れるせせらぎのようでもあるし・・・
 サンパウロにはたくさんの若手のクリエイティブな人たちが集まっているようで、すでに大御所?のAndre Mehmariはもとより、女性ボーカリストもDani Gurgel, Tatiana Parraなどがカッコいい音をたくさん作っています。
 その二人は元気系でスキャットを中心に飛び跳ねるタイプですが、この人はあくまでもしっとり系。
 幻想的で神秘的なムードは巫女さんみたいですね。
 現代ブラジル最高の女性ボーカリストとして、Gisele De SantiRosa Passosをツートップと書いたような気がするけれども、この人も加えてスリートップとしますかね?
 ボッサではない、静謐で奥深いブラジル、代表作・・・かな?




posted by H.A.

【Disc Review】“Noites de Gala - Samba Na Rua” (2006) Mônica Salmaso

“Noites de Gala - Samba Na Rua” (2006) Mônica Salmaso
Mônica Salmaso (Voice)
Paulo Bellinati (Guitar, Cavaquinho) Rodolfo Stroeter (Bass) Ricardo Mosca (Drums, Percussion) Nelson Ayres (Piano) Teco Cardoso (Saxophone, Flute)

Noites De Gala Samba Na Rua
Monica Salmaso
Imports
モニカ サルマーゾ


 ブラジルのボーカリストMônica Salmaso、Chico Buarque集。
 ブラジルネイティブな“Trampolim” (1998)、フォルクローレ的~ノスタルジック風味な“Voadeira” (1999)、Andre Mehmariらとのジャズ色が強い”nem 1 ai” (2000) などの作品がありますが、本作は現代的、オーソドックスなアコースティックMPBの音作り。
 バンドはピアノトリオ+ギター+リード。
 サウンド自体は混じりけなしのコンテンポラリージャズっぽい面持ち。
 もちろん奇をてらうことのないオーソドックスな音。
 決して派手さはないけども、端正で上品なグルーヴ。
 ブラジルのジャズバンドはどこか、おそらくビート感が欧米系とは違う感じで、決して厚すぎたり、過剰に、あるいは過激になりすぎたりしない音。
 シンプルにブラジル系の曲を演奏するだけで、カッコいいコンテンポラリージャズになってしまいます。
 “Live at Mojo Club” (1995) Joyce然り、“Agora” (2010) Dani Gurgel 然り、その他カッコいい作品が多数。
 本作も、その典型、しっとり版。
 そんな音を背景にして、少々ハスキーでこちらもしっとりとした沈み気味のvoice。
 抜群の安定感。
 この沈んだ感じが、他のMPB作品と一線を画すカッコよさ。
 アップテンポであっても決して熱くならない優雅で落ち着いた歌。
 こちらもそれだけで、歌いつくされたブラジリアンスタンダードが何か新しく聞こえてしまいます。
 そんな大人なMPB。





posted by H.A.

【Disc Review】“Ia Ia” (2004) Monica Salmaso

“Ia Ia” (2004) Monica Salmaso
Monica Salmaso (voice)
Maurício Carrilho (guitar) Paulo Bellinati (guitar) Pedro Amorim (Bandolim) Luciana Rabello (Cavaquinho) Webster Santos (guitar, Cavaquinho)
Benjamim Taubkin, André Mehmari (Piano) Toninho Ferragutti (accordion) Rodolfo Stroeter (bass)
Robertinho Silva, Ari Colares, Caito Marcondes (percussion) Jorginho do Pandeiro, Pedro Amorim (Pandeiro) Celsinho Silva, Gordinho (Tamborim) Luiz Afonso, Nivaldo Orsi (Clarones) Celsinho Silva (Reco-reco) Gordinho (Surdo) Paulino (Prato e faca) 
Teco Cardoso (flute, Baritone Sax) Nailor "Proveta" Azevedo (Clarinette, alto sax)
Luca Raele, Edmilson Nery, Sergio Burgani, Nailor "Proveta" Azevedo (Clarinette)
Marcelo Bernardes (flute) Iura Ranevsky, Lui Coimbra (cello)
Analimar, Ana Costa, Jurema de Cândia (voice)

Lala
Monica Salmaso
Imports
2016-04-15


 ブラジル、サンパウロのボーカリストMonica Salmasoのポップス寄りの作品。
 っても元々ポップスの人なのでしょうから妙な表現なのですが、とても優雅で上品、静謐なMPB。
 おそらく同世代の当時の若手であろうたくさんのメンバーが参加していますが、楽曲ごとにメンバーを変え、あくまで少人数の編成でとても静かな音。
 “nem 1 ai” (2000) Monica Salmaso 、“Lachrimae” (2003) Andre Mehmari など、この時期の共演が多い、同じくブラジルのスーパーピアニストAndré Mehmariも数曲で参加し、あの上品ながらぶっ飛んだピアノを弾いています。
 直球サンバな曲も何曲かありますが、そのイメージの喧騒からはほど遠く、ボサノバの洗練、優雅さとも異質な洗練と優雅さ。
 クラシカルな空気感はChoro的であるのかもしれませんが、それら、さらにフォルクローレ、その他諸々の要素をフュージョンした現代の新型MPB。
 シンプルなようで、おそらく計算しつくされているのであろう、全く過不足のない音の密度と流れ。
 ちょっと触ると壊れてしまいそうな繊細さは、この人の作品の色合い。
 伝統的な楽器の響きとクラシカルな空気感ながら、なぜか現代的。
 楽曲はブラジルの巨匠たちの作品群。
 ジャケットはこの人にしては珍しくフツー、中身もこの人の諸作の中では一番明るくてカジュアル、ポップな方でしょう。
 もっともっとポップス寄りに振ったサンバやボサノバの方が一般受けはするのかもしれませんが、あくまでブラジルの伝統的な音、~少々クラシカル、沈みがちな奥深い声。
 現代のヒーリングミュージックの筆頭、少々ポップス寄り・・・かな?

※この投稿は2017/08/20から移動しました。



posted by H.A.

【Disc Review】“nem 1 ai” (2000) Monica Salmaso

“nem 1 ai” (2000) Monica Salmaso
Monica Salmaso (Vocal)
Nailor Proveta (sax, clarinet) Andre Mehmari (piano etc.) Rodolfo Stroeter (bass) Tutty Moreno (drums) Toninho Ferragutti (acordion)

NEM 1 AI
MONICA SALMASO
DISCMEDI
モニカ サルマーゾ


 ブラジル、サンパウロのボーカリストMonica Salmaso、MPB作品。
 サポートはジャズコンボ。
 ドラムがJoyceの夫君Tutty Moreno。
 ピアノがAndre Mehmari。
 これはMPBというより、少々クラシックの色合い、フォルクローレの色合いも交錯するコンテンポラリージャズ。
 同時期、ボーカル抜きの同メンバーでジャズ作品“Forcas D'Alma” (1999) Tutty Morenoもあります。
 南米系しっとり系のジャズ~ポップスは、柔らかくて明るいECMといったイメージの作品が多いのですが、まさにそんな一作。
 バンド全体がふわふわと漂い、ゆらゆらと揺れる、強烈な浮遊感、とても優雅で柔らかなグルーヴ。
 その中を美しいボイスとピアノ、その他が駆け巡る・・・、そんな音楽。
 ボーカルはブラジル音楽定番、少しスモーキーな優しい声。
 クラシックの香りも漂わせつつ、フォルクローレな色合いも強い歌。
 彼女の作品、あるいはAndre Mehmariの作品はそんなテイストが多いのですが、リオのボッサ、サンバ系、ミナス系、バイーア系などに対して、サンパウロ系?なんてのがあるんでしょうかね? 
 ピアノのAndre Mehmariが言わずもがなの圧倒的な演奏。
 美しい音、端正なクラシックの香りを漂せつつ、強烈な浮遊感の音使い。
 ふわりと立ち上がって、静かに消えてゆく繊細なタッチ、スローではたっぷりのタメを効かせて、アップテンポでは強烈な疾走感、上品ながら意外性のある強烈なオブリガート、思い出したように現れる速いパッセージ・・・
 この頃のAndre Mehmariは本当に凄い。
 もちろん今も凄いのですが、この頃の方がジャズの色合いが強い感じ。ジャズ慣れしてしまった耳にはこの方が馴染みます。
 たくさんではありませんが、管楽器含めてエキサイティングなジャズ的インタープレーの場面もあります。
 これまた膨大なジャズの演奏の中でもなかなか聞けないような素晴らしい演奏。
 楽曲は柔らかくてメロディアスなブラジルの巨匠その他の曲のカバー中心。
 全く普通のアレンジなんだけど、出自が気にならないほどのオリジナリティ。
 不思議ですが、Andre Mehmariが絡む作品にはそんな演奏がたくさん。“Lachrimae” (2003)とかね。
 この作品、しばらくお蔵入りしていたらしいのですが、なんでだろ?
 ブラジル系のボーカルものでボッサではないもの、と言われると一押しするのはこれかな、と思う素晴らしいアルバムだと思います。
 ブラジル音楽ファンからは“Voadeira” (1999)あたりの方が好評なのかな?
 ジャズファンからすれば、こちらも大傑作。

※本投稿は2016/05/28から移動しました。



posted by H.A.

【Disc Review】“Voadeira” (1999) Monica Salmaso

“Voadeira” (1999) Monica Salmaso
Mônica Salmaso (Vocal)
Mario Gil, Marcos Suzano, Webster Santos, Paulo Bellinati (Guitar) Rodolfo Stroeter (Bass) Brnjamim Taubkin (Piano) Toninho Ferragutti (Accordion) Nailor “Proveta” Azevedo (Clarinete) Marcos Suzano (Percussion) and others

モニカ サルマーゾ

 ブラジルのボーカリストMonica Salmaso、MPB作品。
 ブラジリアンポップスと一括りにしてしまうには違和感のある、とてもしっとりとした優雅な音楽。
 ボッサ、ミナス、バイーア、フォルクローレなど、諸々の南米音楽の色合いが交錯する音使い。
 楽曲もブラジル各地、各ジャンルの巨匠の作品からチョイス。
 直接的なボッサ、サンバのビート感はなく、終始落ち着いたゆったりとしたテンポ。
 決して暗くはないのだけども、サンバような明るい雰囲気ではなく、ボッサのような洗練された雰囲気でもなく、素朴な質感、抑制されたムード。
 瑞々しいギターの音、美しいピアノの音、懐かしいアコーディオンの音、素朴なパーカッションの音・・・その他諸々、全て落ち着いた音使い。
 そんな音を背景にして、ブラジル定番、少しスモーキーで優し気な声。
 少し明度が低く、これまた落ち着いた声、優しい歌。
 これは癒されます。

※本投稿は2016/05/28から移動しました。



posted by H.A.

【Disc Review】“Trampolim” (1998) Monica Salmaso

“Trampolim” (1998) Monica Salmaso
Monica Salmaso (Vocals)
Bugge Wesseltoft (Piano, Keyboards) Lelo Nazario (Keyboards) Toninho Ferragutti (Accordion) Paulo Bellinati (Cavaquinho) Rodolfo Stroeter (Bass) Jose Eduardo Nazario (Drums) Nana Vasconcelos (Vocals, Percussion) Paulo Bellinati (Percussion) Teco Cardoso (Soprano Sax) Zezinho Pitoco(Percussion) Zezinho Pitoco (Caixa) Mario Gil (Viola) Paulo Bellinati (Viola)

Trampolim
Monica Salmaso
Blue Jackel Ent.
モニカ サルマーゾ


 ブラジル、サンパウロのボーカリストMonica Salmas、おそらくこれが最初のリーダー作なのでしょう。
 いきなりNana VasconcelosとのDuoによるプリミティブな音。
 と思っていたら、アコーディオンと妖しげなコーラス。
 楽し気なような妖し気なような不思議な音。
 Edu Loboの曲、ポップなメロディですが、山奥で響いていそうな神秘的な感じ。
 ネイティブなブラジルの音をイメージしたアレンジなのか、あるいは“Afro-Sambas” (1995)の流れを汲んでアフリカ系を入れたのか、いずれにしても不思議系です。
 そんな音が続きます。
 このアルバムは後追いで聞きましたが、後の優雅な作品のイメージでクラシックからポップスへ転向したように思っていましたが、どうやら違ったようです。
 これはカッコいい。
 楽曲は、ブラジル曲。
 半数は著名な作者の作品のカバーですが、他のブラジル土着の伝統曲と思われる楽曲含めて、普通のMPBとは違います。
 サンバやボッサっぽいリズムはほとんど出てきません。
 ボーカルは低いトーン。
 穏やかで柔らかなブラジルテイストでしっとりとした声、クラシック的な朗々とした歌唱法。
 プリミティブな印象だったり不思議だったりする背景と合わせて、なんだか幻想的、神秘的なムードです。
 この人、巫女さんみたいですね・・・
 ってのは違和感もありますが、なかなかいないそんなムード。
 これはクリエイティブな一作。
 一曲一曲を見ると少々妖しげですが、全体を眺めると難解さや深刻さ、暗さはありません。
 あくまで穏やかで柔らかなブラジルテイスト。
 少々神秘的。
 “Duas Vozes” (1984) Egberto Gismontiあたりをポップにわかり易く、さらに上品にしたムード。
 いきなりの大冒険のようにも感じますが、次はとても優雅な“Voadeira” (1999)、Andre Mehmari, Tutty Morenoとのジャズ色の強い”nem 1 ai” (2000)へと続きます。



【Disc Review】“Afro-Sambas” (1995) Paulo Bellinati, Monica Salmaso

“Afro-Sambas” (1995) Paulo Bellinati, Monica Salmaso
Paulo Bellinati (Guitar) Monica Salmaso (Vocal)
 
Afro-Sambas
Paulo Bellinati
Gsp Records
モニカ サルマーゾ


 ブラジルのギタリストとボーカリストのDuo。
 二人のみで"Os Afro-sambas"(1966) Baden Powell / Vínicius de Moraesをカバーした作品。
 サンパウロ系、クラシカルで上品なMonica Salmasはこれがデビュー作品なのでしょう。
 元々幻想的な色合いが強い"Os Afro-sambas"のカバーからキャリアがスタートしたのだとすればピッタリの色合い。
 少し低めの穏やかな声、しっとりたしたうえに朗々とした歌唱法。
 それ自体が幻想的、神秘的なムード。
 これははまり役でしょう。
 緊張感のあるメロディを緊張感のあるギター、穏やかなようでこれまた緊張感の強いvoice。
 それでも淡々とした静謐なムード。
 どこかで聞いたことのあるような、哀感、郷愁感漂う旋律が次々と流れていきます。
 Jobimの都会的に洗練されて洒落たムードではなく、アーシーでナチュラルな感じの哀感、郷愁感。
 激情は表出しないけども、どこか感情的なようで人臭いメロディ。
 緊張感と穏やかさの微妙なバランス、そのうえでの人臭い郷愁感が独特のムード。
 抜群の技巧、音数が多くて性急な印象のギター、それを引き戻しクールダウンするようなゆったりとしたvoiceとのバランスが絶妙だからこそ醸し出せるムードなのでしょう。
 メロディは同じですが、"Os Afro-sambas"(1966)との比較は野暮。
 こちらは清廉で瑞々しいジャケットのポートレートのイメージ通りの音。 
 躍動しているようで、とても落ち着く、素晴らしい音楽、素晴らしいvoice。
 忙しかった後のクールダウン、疲れた時の清涼剤としてもどうぞ。





posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ