吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Modern_Jazz

【Disc Review】“Road Song” (1968) Wes Montgomery

“Road Song” (1968) Wes Montgomery

Wes Montgomery (guitar)
Herbie Hancock (piano) Hank Jones (harpsichord, piano) Richard Davis (bass) Grady Tate, Ed Shaughnessy (drums) Ray Barretto, Jack Jennings (percussion) and Horns, Strings

ロード・ソング
ウェス・モンゴメリー
ユニバーサル ミュージック
2018-03-14


 Wes Montgomery、CTIからのジャズポップス。
 Creed TaylorのプロデュースにDon Sebeskyのアレンジ。
 いわゆるアドリブのパートが抑えられ、各曲がコンパクトにまとめられた演奏。
 ホテルのラウンジなどにピッタリきそうな上品で豪華なホーンとストリングス。
 ここまでくるとジャズってよりもポップスインスツルメンタル。
 新旧織り交ぜたヒットソング、"Greensleeves"、"Fly Me to the Moon"、"Yesterday"、"Scarborough Fair"・・・。
 あざといとかベタなんてのを通り越して清々しい。
 そんな中でカッコいいのが、冒頭のオリジナル曲、"Road Song"。
 とてもクールでハードボイルド。
 さらにカッコいいジャケットのポートレート。
 これを眺めながら聞いていると、冒頭曲はもちろん、どのポップチューンもどこか遠い所へ連れて行ってくれそうな感じがしてきます。
 1960年代終りのオシャレな一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Tequila” (1966) Wes Montgomery

“Tequila” (1966) Wes Montgomery

Wes Montgomery (guitar)
Ron Carter (bass) Grady Tate (drums) Ray Barretto (conga) George Devens (vibraphone) and Strings

テキーラ
ウェス・モンゴメリー
ユニバーサル ミュージック
2018-03-14


 Wes Montgomery、ポップジャズの入り口辺り。
 Creed Taylorプロデュース、アレンジはClaus Ogerman、Verveから。
 柔らかなオクターブ奏法で奏でられるヒットチューンのメロディ。
 とてもさり気なくて優雅なストリングス、涼し気なヴィブラフォン。
 が、ここでの主役はあくまでギター。
 インプロビゼーションのスペースがたっぷりとられ、ストリングスはあくまで背景の彩り。
 ポップなテーマに怯まず聞き進めると、後はちょっと沈んだムード、ブルージーさもそこかしこ、Wesさんの世界。
 過渡期なのでしょうが、たっぷりのジャズの香りとポップス化しようとする試行が入り混じりつつも、なんだかんだでジャズの勝ち。
 結果、ジャズに優雅さが加わりとてもいい感じ。
 過渡期な感じも含めて、とてもカッコいい隠れ?名作だと思うのだけどなあ・・・
 それにしても何ともカッコいいジャケット。
 これ見よがしなような、さり気ないような。
 ライムの香りが漂ってくるような。
 音の方もそんな感じですね。




posted by H.A.

【Disc Review】“Smokin' at the Half Note” (1965) Wes Montgomery

“Smokin' at the Half Note” (1965) Wes Montgomery

Wes Montgomery (guitar)
Wynton Kelly (piano) Paul Chambers (double bass) Jimmy Cobb (drums)

Smokin' at the Half Note
Wynton Trio Kelly & West Montgomery
Apo
2013-11-12


 Wes Montgomery、言わずと知れた名作ライブ+α。
 サポートは"Kind of Blue" (1959) Miles Davis所縁、傑作"The Incredible Jazz Guitar” (1960)のピアノトリオ。
 この頃Milesさんはメンバーを一新してしばらく、“Plugged Nickel”(Jul.1965)辺り、遠い所に行きかけている時期。
 Wesさんもポップス混じりにそろそろ行こうかな、ってな時期なのでしょうが、こちらは掛け値なしの正々堂々、王道モダンジャズ。
 テーマ一発、シングルトーンからオクターブ、そしてコードかき鳴らしの怒涛のギターソロ。
 ピアノに選手交代してもこれでもかこれでもかと続くブルース、シングルトーンの転げまくるソロ。
 そしてモダンジャズの王道ベースのコンパクトなソロ。
 そんな”No Blues”でぶっ飛んで、”If You Could See Me Now”で落ち着いて、そこからはスタジオ録音。
 ライブの空気感はそのままに、バウンドするブルース、名曲”Four On Six”の再演で突っ走り、”What's New”で静かに幕。
 CDではLPレコード別盤のライブ音源が追加。
 こちらは少し落ち着いた印象ですが、名手たちの手練れたジャズな演奏は変わりません。
 気合一発、ギミックなし。
 あの時代のニューヨークの日常。




posted by H.A.


【Disc Review】“Movin' Wes” (1964) Wes Montgomery

“Movin' Wes” (1964) Wes Montgomery

Wes Montgomery (guitar)
Bobby Scott (piano) Bob Cranshaw (bass) Grady Tate (drums) Willie Bobo (percussion)
Ernie Royal, Clark Terry, Snooky Young (trumpet) Jimmy Cleveland, Urbie Green, Quentin Jackson, Chauncey Welsch (trombone) Don Butterfield, Harvey Phillips (tuba) Jerome Richardson (flute, saxophone, woodwinds)

Movin' Wes
Wes Montgomery ウェスモンゴメリー
Verve
1992-08-04


 Wes Montgomery、ビッグバンド作品。
 ピアノトリオ、パーカッションに大編成のホーン陣。
 バンドの編成は変則で、アレンジもオーソドックスではないのだと思いますが、後のポップジャズではなく、ラテンやワルツも含めて、あくまでジャズ。
 突き刺さるような、あるいは強烈なドライブ感を引き出すド派手なホーンが鳴り響き、コンパクトにまとめられた演奏。
 そんな中で、テーマからインプロビゼーションまで、ギターがずーっと鳴りまくり、弾きまくり。
 大音量のホーンはあくまで彩り、ギター以外の楽器が前面に出る場面はありません。
 圧倒的な存在感で突っ走っています。
 ま、何となくそろそろオーソドックスなモダンジャズは・・・な感、無きにしもあらずではありますが、まだまだ、4ビートたっぷり、ジャズの塊のようなギターたっぷり。
 突っ走るバンドとギター、その大編成版。
 気分爽快、カッコいいジャズ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Boss Guitar” (Apl.1963)、“Portrait of Wes” (Oct.1963)、 “Guitar on the Go” (1959,Oct.Nov.1963) Wes Montgomery

“Boss Guitar” (Apl.1963)、“Portrait of Wes” (Oct.1963)、 “Guitar on the Go” (1959,Oct.Nov.1963) Wes Montgomery

Wes Montgomery (guitar)
Melvin Rhyne (organ) Jimmy Cobb, George Brown, Paul Parker (drums)

Boss Guitar
Wes Montgomery
Ojc
1991-07-01

Portrait of Wes
Wes Montgomery
Ojc
1991-07-01

Guitar on the Go
Wes Montgomery
Ojc
1991-07-01


 Wes Montgomery、オルガン入りトリオの三作、1963年の三セッション+α。
 “The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery” (1960)、“Full House” (1962)の名作二作を経た時期。 
 背景がオーソドックスなピアノトリオでなくオルガンとドラムになると、ビートの角が取れてよりスムースな感じに聞こえてきます。
 前に進む勢いの強いWesさんの音楽が、グルーヴはそのまま、滑るように前に進むイメージ、あわせて涼し気なオルガンの音が温度、湿度を下げる感じ。
 ギターの音とあわせて、とてもクール。
 “Boss Guitar” (Apl.1963) はちょっと攻めた感じ、“Besame Mucho”なんて曲を含めて一番の人気作なのでしょう。
 “Portrait of Wes” (Oct.1963)は“Freddie The Freeloader”、“Moanin'”などのカバーがありそうであまりないジャズ曲を含めて、明るくスッキリまとまった感じ。
 “Guitar on the Go” (1959,Oct.Nov.1963)は地味な選曲、残り物かも?の一番オーソドックスなジャズ演奏が集まっている感じ。
 が、一番好みは“Guitar on the Go”だったりします。
 シンプルだし、聞き飽きたはずの楽曲”The Way You Look Tonight”が絶品だもんね。
 いずれ劣らぬ涼し気なオルガントリオ、三作。




posted by H.A.



【Disc Review】“Full House” (1962) Wes Montgomery

“Full House” (1962) Wes Montgomery

Wes Montgomery (guitar)
Wynton Kelly (piano) Paul Chambers (bass) Jimmy Cobb (drums)
Johnny Griffin (tenor sax)

Full House [12 inch Analog]
Wes Montgomery
Fantasy
2014-07-15


 Wes Montgomery、言わずと知れた名作ライブ。
 "Kind of Blue" (1959) Miles DavisのピアノトリオとJohnny Griffinを従えたステージ。
 冒頭曲“Full House”。
 “Cool Struttin'”と並ぶThis is HardBopなテーマ。
 シンプルでちょっとヤクザでブルージーで黒々としていて、クール。
 他アルバムの"Four on Six"然り、“Road Song”然り。
 そんなテーマに、ミディアムテンポで前へ前へと進むバンド。
 ジワジワとテンションを上げつつもあくまでクールなギター、グルグルとクダを巻く真っ黒けのテナーサックス、コロコロと転げまわり飛び跳ねるピアノ。
 熱くなってあっちの世界に行ってしまいそうそうで、コードの変化を明確に意識した、あるいは意識せずともコードに乗ってしまう、とてもスムースなインプロビゼーション。
 モダンジャズ~ハードバップのカッコよさが全部詰まったような演奏。
 ソロギターでのバラードでクールダウンした後は、最後まで突っ走るバンド。
 それでいて少々沈んだダークなムード。
 カッコいいなあ。




posted by H.A.


【Disc Review】“SO Much Guitar!” (1961) Wes Montgomery

“SO Much Guitar!” (1961) Wes Montgomery

Wes Montgomery (guitar)
Hank Jones (piano) Ron Carter (bass) Lex Humphries (drums) Ray Barretto (conga)

ソー・マッチ・ギター!
ウェス・モンゴメリー
ユニバーサル ミュージック クラシック
2007-10-17


 Wes Montgomery、1961年作。
 名手たちのピアノトリオにコンガ。
 ゴリゴリのジャズな名作“The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery” (1960) と“Full House” (1962)に挟まれて肩身が狭そうですが、これまたカッコいいジャズ。
 コンガが入る分、ちょっとヤクザな感じがして、それがとてもいい感じ。
 お気楽な感じもするビート、それを締めるかのような端正なピアノとときおり意外な動きをするベース、さすがのお二人。
 そんな感じの軽快なビートに乗って突っ走るギター。
 止まりません。
 バラードになれば綿々としたフレーズを奏でるギターに美しいピアノ。
 ここに“Four On Six”、”Full House”、“Road Song”ぐらいのキャッチーな曲があれば一気に名盤の仲間入り、かどうかはわかりませんが、そんな名演集。
 同じくコンガがカッコいい“Midnight Blue” (1963) Kenny Burrellの一年前かあ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery” (1960) Wes Montgomery

“The Incredible Jazz Guitar of Wes Montgomery” (1960) Wes Montgomery

Wes Montgomery (guitar)
Tommy Flanagan (piano) Percy Heath (bass) Albert Heath (drums)



 Wes Montgomery、言わずと知れた大名作。
 オーソドックスなピアノトリオを従えた王道ジャズギターカルテット。
 にぎやかな管が入らない分、少し沈んだムード、クリーントーンのエレキギターの音が醸し出すクールな質感。
 心地よくバウンドするピアノトリオを背景にして突っ走るギター。
 アップテンポの疾走から始まって、ブルースにバラード、そして必殺“Four On Six”。
 少し沈んだムードの中、グングン前へ前へと進むバンド。
 決して愛想があるわけではないシンプルなメロディ、カッコいいブレーク。
 おもむろにシングルトーンから始まり、オクターヴ、コードとテンションを上げていくギターのインプロビゼーション。
 穏やかに始まりつつも突っ走る、でもあくまで上品なピアノ。
 ロマンチックでメロディアスではなく、クールでハードボイルド。
 カッコいいなあ。
 さて、この曲ぐらいカッコいいジャズ曲は他にどのくらいあるのでしょう。
 “Full House”?“Road Song”?
 ん?全部Wesさんじゃん。
 図らずともそんなことを思ってしまう名作、名演。




posted by H.A.


【Disc Review】“The Wes Montgomery Trio” (1959) Wes Montgomery

“The Wes Montgomery Trio” (1959) Wes Montgomery

Wes Montgomery (guitar)
Melvin Rhyne (organ) Paul Parker (drums)



 Wes Montgomery、オルガントリオでの初期作品。
 居並ぶジャズスタンダードの有名曲。
 冒頭"'Round Midnight"、最後までスローテンポ、バンドの音量を落としたまま、ギターの音だけが飛び出してくるようなバランス。
 そのギターも熱くなることのないゆったりとしたインプロビゼーション。
 たっぷりの余白がかえって迫力を助長する鬼気迫る演奏。
 "Yesterdays"でスピードが上がってもそのイメージは変わりません。
 ギターとブラシのDuoの様な面持ち。
 その金属的な音が軽いリバーヴともに広い空間に広がって、魔訶不思議な心地よさ。
 単にオルガンの音数と音量を抑えた演奏と録音の具合云々・・・なのかもしれませんが、それがカッコいい。
 "The End of a Love Affair”に移ってオルガンの音量が上がり、ようやく普通のオルガントリオのバランスに・・・、いや、やはりギターの音が大きい?
 小さな音で地の底から響いてくるようなオルガンのベースラインがなんだか怖い。
 そんな感じの不安定なバランスの録音、淡泊にも聞こえる演奏がクールネスを助長し、凄みを醸し出しているようにも思います。
 嘘みたいですが、ホントに。
 狙ったのかどうか、真相はいかに?




posted by H.A.



【Disc Review】“Things Have Got to Change” (1971) Archie Shepp

“Things Have Got to Change” (1971) Archie Shepp 

Archie Shepp (tenor, soprano sax)
Dave Burrell (electric piano) Billy Butler, David Spinozza (guitar) Roland Wilson (electric bass) Beaver Harris (drums) Ollie Anderson, Hetty "Bunchy" Fox, Calo Scott, Juma Sultan (percussion)
James Spaulding (alto sax, piccolo) Roy Burrows, Ted Daniel (trumpet) Charles Greenlee, Grachan Moncur III (trombone) Howard Johnson (baritone sax)
Joe Lee Wilson, Anita Branham, Claudette Brown, Barbara Parsons, Ernestina Parsons, Jody Shayne, Anita Shepp, Johnny Shepp, Sharon Shepp (vocals)

変転の時
アーチー・シェップ
ユニバーサル ミュージック クラシック
2001-12-21


 Archie Shepp、1970年代初頭のぶっ飛んだファンクジャズ、というよりもアバンギャルドソウル、あるいはこの種もスピリチュアルジャズになるのでしょうか。
 さておき、冒頭のアカペラコーラスからおどろおどろしい感十分、ビートは徐々に強くなり、気がつけば分厚いホーンのアンサンブルとヴォイスの饗宴。
 LPレコード片面全一曲18分強、ひたすら一つのリフ。
 端正な4ビートなんてのは今は昔、重く激しいビートに魂の叫び系のヴォイス。
 強いメッセージが込められた、ただ事ではない緊張感。
 裏返して、短く優しいエレピの音とサックスのDuo、オアシス的なインタールドは束の間、さらにド激しい長尺ファンク。
 リフ一発、怒涛のパーカッションの中、狂気を纏ったバイオリン、ピッコロ、そしてコーラスがたっぷりフィーチャーされるアフロなファンク。
 陶酔感ってな言葉は生易しい、クラクラしてくる音の洪水。
 もちろんあの強烈なサックスがたっぷりフィーチャーされているのですが、周りの激しさに呑み込まれ、何処に行ったんでしょう・・・?ってな具合の激しさが最後まで続きます。
 怖いまでに押し寄せてくる音の洪水は、聞いてるだけでヘロヘロ、汗ダラダラ・・・
 このムードを引きずりつつ、洗練されたド激しいソウル"Attica Blues" (1972)へと続きます。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ