吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Modern_Jazz

【Disc Review】“Celebration” (2003) Sam Rivers

“Celebration” (2003) Sam Rivers
Sam Rivers (Tenor, Soprano Sax, Flute, Piano)
Doug Mathews (Bass, Violin, Bass Clarinet) Anthony Cole (Drums, Tenor Sax, Piano)

Celebration: Live at the Jazz Bakery in La
Sam Rivers
Rhombus Records
2004-03-23


 21世紀のSam Rivers、トリオでのライブ。
 ピアノレスでのサックストリオがベースですが、各人楽器を持ち替えながらの演奏。
 基本は1960年代からのフリー混じりのジャズ。
 マシンガンのように音を出し続けながら、あるいはファンキーに弾みながらビートをキープするベースに自由に動き回るドラム。
 もろもろ混ざって、疾走し、伸び縮みする変幻自在のリズム。
 そんなビートを背景に、ソプラノ、テナー、フルートを持ち替えながらこれでもかこれでもかと吹きまくり。
 強烈な疾走感、あるいは飛翔感。
 あのOrnette Colemanのスタイルですねえ・・・
 あるいは複数の管楽器でのコレクティブインプロビゼーション、ソロピアノも、ピアノトリオ(ものすごく上手い!)での演奏を交えながらのさまざまな表情。
 楽曲に愛想がないのはこの種の音楽のお約束ですが、ま、その方が自由度がより高くなるのでしょう。
 また、極めて自由なあの時代のフリージャズ的な音ながら、ドロドロとした感じではなく、どこかしらカラッとしているのもこの人の音楽の色合い。
 全編通じてすさまじい演奏力。
 衰えや枯れたムードなど、微塵もなし。
 よくも悪くもBlue Noteの“Dimensions & Extensions” (1967)の頃と変わりません。
 懐かしいやら、カッコいいやら・・・

※1970年代の映像から。


posted by H.A.


【Disc Review】“Shakill's II” (1993) David Murray

“Shakill's II” (1993) David Murray
David Murray (tenor saxophone)
Don Pullen (organ) Bill White (guitar) J.T. Lewis (drums)

 David Murrayのオルガンファンクジャズ、“Shakill's Warrior” (1991)に続く第二弾。
 ってもDon Pullenだけ残って他のメンバーは交代。
 音の感じはさらにスッキリ、洗練された感じでしょうか。
 前作ほどポップではありませんが、むしろスムースな印象。
 グルーヴィーなビートに、テナーもオルガンも激しいインプロビゼーションながら、とても洗練されています。
 どブルースもなんだかスムース。
 昭和歌謡な哀愁曲(これがカッコいい!)も交えつつの少々のポップネス。
 っても当時の流行りの軟弱系スムースジャズ(私はそれも好物なのですが・・・)とは完全に一線を画した硬派なジャズ。
 さらに録音が素晴らしくキレイ。
 ビロードのように艶のあるオルガンの音が敷かれた上を、転げまわり跳びはねるこれまた艶々と黒光りするようなテナーと、いいタイミングでバシッとくるスネアドラム・・・
 いつものフリーキーな音使いも大人な余裕とハードボイルドなカッコよさ。
 こりゃ気持ちいいや。




posted by H.A.


【Disc Review】“Kele Mou Bana” (1991) Don Pullen & The African Brazilian Connection

“Kele Mou Bana” (1991) Don Pullen & The African Brazilian Connection
Don Pullen (Piano)
Nilson Matta (Bass) Guilherme Franco (Berimbau, Percussion, Timba, Timbales) Mor Thiam (Chimes, Djembe, Rainstick, Sound Effects, Vocals) Keith Pullen, Tameka Pullen (Vocals) Carlos Ward (Bass, Alto Sax)

Kele Mou Bana
Don Pullen
Blue Note Records
1992-02-25

 
 Don Pullen、Blue Noteでの名作エスニックジャズ。
 バンド名通りにAfrican & Brazilian。
 1970~80年代のフリージャズ、ハードなジャズを経た、少々ポップなエスニックなジャズ。
 歴史的にはアフリカ、ブラジル、ヨーロッパ、北アメリカの結節点がキューバだろうし、同じ時期に共演しているKip Hanrahanの影響もあったのでしょうかね?
 とにもかくにもアフリカンなパーカッションとサンバ混じりビート。
 キャッチ―なメロディ。
 それでいて硬派なジャズ。
 まずまずおとなしく始まりますが、音楽が進み、興が乗ってくると徐々に正体を露わにし、気がつけばド激しい系。
 グーの手でグリグリグリグリ、鍵盤をいたぶりまくり。
 まー、激しいやらカッコいいやら。
 Kip Hanrahan諸作を含めて、あまりフリーにはいかないこのくらいのDon Pullenがいいなあ。
 フリーな作品の中にもそんな楽曲がさり気なく置かれていましたが、この期の作品はそれを集めたアルバム揃い。
 とてもわかりやすくて、それでいて十二分にマニアックでカッコいい、エスニックジャズ。
 20年以上経った今聞いても大名作だと思うのだけど、世評はどうなのでしょう・・・?




posted by H.A.


【Disc Review】“Dimensions & Extensions” (1967) Sam Rivers

“Dimensions & Extensions” (1967) Sam Rivers
Sam Rivers (Tenor, Soprano Sax, Flute)
Cecil McBee (Bass) Steve Ellington (Drums)
James Spaulding (Alto Saxophone, Flute) Julian Priester (Trombone) Donald Byrd (Trumpet)



 Sam Riversの激しい系モダンジャズ。
 ホーンのアンサンブルや勇ましい系のアコースティック4ビートは“Free for All” (Feb.1964) Art Blakey & The Jazz Messengersなどな感じではあるのですが、ピアノレスがクールな質感、リーダーのサックスはブチ切れ系。
 “Free for All”のWayne Shorterのような激しい音。
 序盤はそんな感じでまだまだ平和ですが、中盤、LPレコードではA面の最後から、激しさを増してきます。
 激しいビートの中、ブチ切れ系のホーン陣の暴力的なブロー。
 “Out To Lunch” (1964) Eric Dolphyから三年、“Ascension” (Jun.28.1965) John Coltraneから二年、あるいは“Bitches Brew”(Aug.19-21,1969) Miles Davisに先んじること二年の激しい系エネルギー放出型ジャズ、フリー寄り。
 LPレコードB面に移ってもその熱は冷めず、激しい演奏が続きます。
 激烈ながら、妙に深刻だったり陰鬱だったりしないのが、この人の音楽。
 どこかあっけらかんとしていて、なんだかんだでジャズしています。
 モダンジャズなようなフリージャズなような微妙なバランスの音楽。
 壊れそうで壊れない、危ういバランスの激しさ、美しさ。
 そんな時代の狭間の音。




posted by H.A.


【Disc Review】“A New Conception” ‎(1966) Sam Rivers

“A New Conception” ‎(1966) Sam Rivers
Sam Rivers (Tenor, Soprano Sax, Flute)
Hal Galper (Piano) Herbie Lewis (Bass) Steve Ellington (Drums)

ア・ニュー・コンセプション
サム・リヴァース
ユニバーサルミュージック
2014-01-22


 歪む時空の人から、何となくSam Rivers。
 私にとってはEric Dolphyを聞くとなぜか思い出してしまう人。
 フリーに行きそうで行き切らない危ないバランスが共通するのでしょうかね。
 本作はBlue Noteでのモダンジャズ。
 Miles Davisとは“Miles in Tokyo” (Jul.1964)一作のみ。
 ECMで制作するも、“Contrasts” (1979)一作のみ。
 他にもビッグネームとの共演も少なくないのだと思うのだけども、なかなか続かない不思議な人。
 なんででしょうね?
 あくまで私見ですが、John ColtraneSony Rollinsが混ざったような、希少な最高のテナーサックスだと思うのですが・・・
 せめてJoe Hendersonと同じぐらいの人気があってもね・・・

 ともあれ、本作はオーソドックスで平和なモダンジャズ。
 時代は“Out To Lunch” (1964) Eric Dolphyから進んでいますが、あくまで本作はモダンジャズ。
 ガンガンゴンゴン系のピアノトリオをバックに、スタンダード曲を艶のある音でブリブリと吹きまるテナー。
 平和なだけでなくて、突っ走り、グルグルウネウネとどこまでも続いていくようなフレージング。
 今の季節にはちょうどいい感じの暑苦しさ。
 こりゃ気持ちいいや。





 さらに、音に合っているかどうかはさておき、とても素敵なジャケット。
 全くの余談ですが、私が大好きなBlue Noteのジャケットは本作含めて以下。
 好みが一貫してますね・・・

ア・ニュー・コンセプション
サム・リヴァース
ユニバーサルミュージック
2014-01-22

イージー・ウォーカー+2
スタンリー・タレンタイン
ユニバーサルミュージック
2014-01-22

レッテム・ロール
ジョン・パットン
EMIミュージック・ジャパン
1997-09-26






posted by H.A.


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ