吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Miroslav_Vitous

【Disc Review】“Remembering Weather Report” (2006, 2007) Miroslav Vitous

“Remembering Weather Report” (2006, 2007) Miroslav Vitous
Miroslav Vitous (Double Bass)
Gerald Cleaver (Drums) Michel Portal (Bass Clarinet) Gary Campbell (Tenor Saxophone) Franco Ambrosetti (Trumpet)

Remembering Weather Report
Miroslav Vitous
ECM
ミロスラフ・ビトウス


 Miroslav Vitous、Weather Reportトリビュート(?)。
 今回もメンバーは大幅に入れ替え。
 トランペットのFranco Ambrosettiスイスの人、Thierry Langらとの”Live at the Dolder Grand Hôtel Zurich” (2000) The Winners といった作品もあるMilesチックな人。
 ドラムのGerald Cleaverは”Wislawa” (2012) Tomasz Stanko New York Quartetのメンバー。
 さらにベテランMichel Portalのクラリネット、若手?のサックス。 キーボードレス。
 さらにはOrnette Colemanの”Lonely Woman”が入ってみたり、何がどういう意図なのかはよくわかりません。
 これまた私にとっては謎の多い作品。
 冒頭はWayne Shorter、”Nefertiti”をモチーフにしたフリージャズから、”Lonely Woman”ベースのフリージャズへ。
 その他“When Dvorák Meets Miles”なんてすごいタイトルの曲もあります。
 激しいベースとドラムのフリーなビートの上で、サックス、トランペットが絡み合う構成。 
 全体的には静音系のフリージャズ。
 最後はMilesの"All Blues"変形のフリージャズで締め。
 やはり前作”Universal Syncopations II” (2004, 2005)の方がWeather Report的なイメージで、そちらがトリビュート作だったらわかりやすいのだけど・・・
 またMiles所縁のメンバーを集めた前々作“Universal Syncopations” (2003)とはどの作品も繋がってこないし・・・
 ?????
 考えれば考えるほど謎は深まるばかり・・・
 んー、Weather Report総帥Joe Zawinulが亡くなったのが2007/9か・・・




posted by H.A.

【Disc Review】”Universal Syncopations II” (2004, 2005) Miroslav Vitous

”Universal Syncopations II” (2004, 2005) Miroslav Vitous
Miroslav Vitous (Double Bass, Singing Bowls)
Adam Nussbaum, Gerald Cleaver (Drums) Daniele Di Bonaventura (Bandoneon) Bob Mintzer (Tenor Sax, Bass Clarinet) Bob Malach, Gary Campbell (Tenor, Soprano Sax) Randy Brecker (Trumpet) Vesna Vaško-Cáceres (Voice) and chorus, orchestra

Universal Syncopations II (Ocrd)
Miroslav Vitous
Ecm Records
ミロスラフ・ビトウス


 Miroslav Vitous、タイトルからすれば“Universal Syncopations” (2003)の続編なのでしょう。
 が、メンバーは総入れ替え、和声楽器なし。
 基本的にはメンバーが入れ代わりつつのホーン入りコンボ+オーケストラ。
 冒頭はオーケストラとコーラス(+シンセサイザー?)を交えたWeather Reportっぽいビート、展開の演奏。
 ・・・にしても肉声のSEなど、ちょっと変わっています。
 続いてはオーケストラ(+シンセサイザー?)のスペーシーな音とフリージャズっぽいインプロビゼーションの絡み。
 などなど、なんだか初期のWeather Reportを想い起すような音。
 もちろん彼が音作りの一部を担っていたのだろうし、その幻想的な部分が増幅されたイメージ。
 Miroslav VitousとしてはWeather Reportをこんな感じにしたかったのかも・・・?
 それとも長年やりたかったオーケストラを交えた組曲、大作を形にしてみたのかもしれません。
 ・・・なんてのも、こちら側の勝手な想像。
 全体的にはソプラノサックスが印象に残りますが、その他、バンドネオンの淡いメロディやら、哀愁漂うトランペットやら。
 確かに妖しくも全編もの悲しく、ドラマチックな構成。
 最後はとても穏やかなオーケストラ、低く漂うコーラスとピチカートとの絡みで締め。
 不思議な一作です。
 それにしても、前作“Universal Syncopations” (2003)との関係性は見えてきません。
 次はなぜかWeather Reportっぽくない、“Remembering Weather Report” (2006, 2007)へと続きます。
 このあたりの作品、私にとっては謎です。


※音源がないので懐かしいWeather Reportの映像。


posted by H.A.

【Disc Review】“Universal Syncopations” (2003) Miroslav Vitous

“Universal Syncopations” (2003) Miroslav Vitous
Miroslav Vitous (Double Bass)
Jack DeJohnette (Drums) John McLaughlin (Guitar) Chick Corea (Piano) Jan Garbarek (Soprano, Tenor Sax) Isaac Smith (Trombone) Wayne Bergeron (Trumpet) Valerie Ponomarev (Trumpet, Flugelhorn)

Universal Syncopations
Miroslav Vitous
ECM
ミロスラフ・ビトウス


 Miroslav Vitous、久々のECM、ベテランスーパーミュージシャンを迎えた作品。
 メンツを見るとどうしても”Bitches Brew” (1969)、同時期の“Infinite Search” (Nov.1969)、あるいは激しい“Miroslav Vitous Group” (1980)あたりの音を想像してしまうのですが、全く違います。
 ピアノトリオ+ギター+サックスのクインテット全員が揃う曲はなく、ベースとドラムに各人が加わるトリオ、あるいはカルテットが中心。
 Jan Garbarek+ドラム+ベースのトリオ演奏が一番多いでしょうか。
 ホーン陣はアンサンブルでの参加のみ。
 なんとも説明しづらい不思議なジャズ。
 楽曲は穏やかな雰囲気の不思議系だし、各人のインプロビゼーションは、各人のイメージ通りなのだけども、全体の音はかつてとは全く異なります。
 時代も変わっているので当たり前と言えばそうなのですが、何がどう変わったのか、それこそ不思議です。
 Chick Coreaのかつての狂気は消え失せ、John McLaughlinにはまだちょっと残っている感じもありますが、まずまず落ち着いています。
 Jan GarbarekはECMでの共演作“StAR”(1991)ほど穏やかではありませんが、1970年代のような切羽詰まったような緊迫感でもありません。
 Jack DeJohnetteはヒタヒタと叩いていますが、なぜかかつての緊張感のあるビートではありません。
 ・・・といった感じでかつての演奏を知る立場としてはなんとも形容しがたい演奏集。
 最後は“StAR”(1991)を想わせる穏やかで美しいサックストリオで幕。
 録音時点は彼らが世に出た1960年代末から30余年。
 全体のムードは穏やか、端々から聞こえる各人の演奏はさりげなくても名人芸。 
 緊張感の塊のようなサックス、きらびやかなピアノ、若干の狂気を秘めた怒涛のようなギター。 
 そしてかつてと変わらない推進力のベースとドラムのスーパーコンビ。 
 その年輪を味わいますかね・・・
 さらに問題作?”Universal Syncopations II” (2004, 2005)へ続きます。





posted by H.A.

【Disc Review】“Journey's End” (1982) Miroslav Vitous

“Journey's End” (1982) Miroslav Vitous
Miroslav Vitous (Bass)
John Taylor (Piano) John Surman (Soprano, Baritone Sax, Bass Clarinet) Jon Christensen (Drums)

Journey's End
Miroslav Vitous
Ecm Import
ミロスラフ・ビトウス


 Miroslav Vitousサックスカルテット、三作目。
 ピアニストがKenny KirklandからJohn Taylorに交代。
 全二作とは少々異なる面持ち。
 激しい演奏はなく楽曲も明確ですが、なぜか不思議感が強くて複雑な音楽。
 John Surmanの楽曲が半数を占めることが大きいのかもしれません。
 旋回するようなシンプルかつ不思議なラインのリフを繰り返すスタイル。
 彼が前面に出る場面が多いようにも感じます
 さらに鋭く美しいピアノ。
 明るさ元気さは前任者の方があるのでしょうが、妖しさ、鋭さはこちらが上。
 前面に出る場面は多くはないのですが、強烈な存在感のピアノ。
 激しかったりフリーだったりする場面がないのに、妖しさ不思議感が強いのは、彼の色合いも強いのかもしれません。
 Miroslav Vitousも相変わらずの推進力ですが、本作も後ろに引いた感じでしょうか。
 これが普通のジャズバンドのバランスではありますが。
 ドカーンと力で押し切る場面もなくなり、全編を漂うさりげない緊張感。
 最後にJohn Taylorが前面に出る不思議で静かな演奏。
 結果的にはMiroslav Vitousの作品というよりも、John Surman、John Taylorの色合いが強い作品かもしれません。
 次に向けた準備だったのかもしれませんが、次のECMでの録音はソロでの“Emergence” (1985)、さらに10年後、とても穏やかな”StAR” (1991) Jan Garbarek。
 エレクトリックマイルス的な激烈でシリアスな音が流行らなくなったのもこの時代なのかもしれません。
 ロック混じりの激烈ジャズの“Infinite Search” (Nov.1969)でスタートし、”Weather Report”(1971)を経て、それが終わった本作、あるいは“To Be Continued” (1981) Terje Rypdal / Miroslav Vitous / Jack DeJohnette・・・
 といった見方も出来なくはないか・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Miroslav Vitous Group” (1980) Miroslav Vitous Group

“Miroslav Vitous Group” (1980) Miroslav Vitous Group
Miroslav Vitous (Bass)
Kenny Kirkland (Piano) John Surman (Soprano, Baritone Sax, Bass Clarinet) Jon Christensen (Drums)

Miroslav Vitous Group
Miroslav Vitous Group
Ecm Records
ミロスラフ・ビトウス


 Miroslav VitousのECMでのサックスカルテット第二弾。
 “First Meeting” (1979)と同メンバー。
 インタープレー中心の前作に対して、各人のソロスペースが明確になった構成。
 逆に楽曲の抽象度、フリージャズ的な色合いは強くなった印象。
 結果的には、Kenny Kirkland、John Surman含めた強烈なインプロビゼーションがたっぷりと聞けます。
 アップテンポでのKenny Kirklandは、まんまWynton Marsalisバンドでの強烈な疾走感のKenny Kirkland。
 これは微笑ましいというか、なんというか。
 それでもECMの真骨頂、ルバートでのバラードでは強烈な浮遊感の素晴らしいピアノ。
 そういえば、後のBranford Marsalisのバンドではそんな演奏もありました。
 その他フリージャズや激しい系、妖しい系もありますが、どんな曲でも自らがバンドを引っ張るような素晴らしい演奏。
 ダークな色合いの他のメンバーに対する、美しく明るい色合いのピアノ。
 大御所に十分伍して、絶妙なバランスを作っています。
 まだWynton Marsalisと合流する前だと思いますが、やはりこの頃から稀代の天才の雰囲気十分。
 前作では穏やかだったJohn Surmanは、本作では少々激しめ。
 得意の激しい旋回フレーズもちらほら。
 Miroslav Vitous少々後ろに引き気味でしょうか。
 もちろん後ろ回っても強烈な牽引力、推進力は全開。
 前作よりは明るさは無くなりましたが、その分ハイテンションで強烈な演奏。
 この心地よい激しさを出せるバンドは希少。
 この時期のMiroslav Vitousサックスカルテット三作、どれかを選ぶならば、この作品。私は。
 ECMの同じメンバーは二作までの流れに従ってかどうだか、次作“Journey's End” (1982)ではピアニストが交代。
 明るいのをお求めの場合は“First Meeting” (1979)、ハイテンションならば本作、妖しいのがよければ次作“Journey's End” (1982)、といったところ。

 なおこの先、1980年代からECMの作品は淡いものが増えていくように思います。
 気のせいかもしれませんし、録音がアナログからデジタルに移行していったことも影響しているのかもしれません。
 やはり、1970年代ハイテンションコンテポラリ―ジャズ、最後の砦、ってな表現が当たっているような気もするなあ・・・
 最後ってのは大げさで、他にもいくつか砦があったかな・・・?


※別のバンドですが・・・


posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ