吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Milton_Nascimento

【Disc Review】“Native Dancer” (1974) Wayne Shorter with Milton Nascimento

“Native Dancer” (1974) Wayne Shorter with Milton Nascimento
Wayne Shorter (soprano, tenor sax) Milton Nascimento (Guitar, Vocals)
David Amaro (Guitar) Jay Graydon (Guitar) Herbie Hancock (Piano, Keyboards) Wagner Tiso (Organ, Piano) Dave McDaniel (Bass) Roberto Silva (drums) Airto Moreira (percussion)

ネイティヴ・ダンサー
ウェイン・ショーター
SMJ



 Wayne Shorter、久々のリーダー作。
 Milton Nascimentoとの共演。
 リーダー作としては“Odyssey of Iska” (Aug.1970)以来、Weather Reportでは“Mysterious Traveller” (1974), “Tale Spinnin'”(1975)あたりと近い時期。
 リーダー作でボサノバ曲はいくつか取り上げていましたし、“Moto Grosso Feio” (Apl.Aug.1970)ではMilton Nascimentoの名曲“Vera Cruz”を収録。 そちらはちょっとびっくりのヘビーさ。
 Weather Reportとしてもこれからラテン混じり、楽園テイストに移行しようとしていた時期でもあるのでしょう。
 本作は、かつてのリーダー作やこの頃までのWeather Report諸作からは想像できない、あくまで明るいブラジリアンフュージョンアルバム。
 当時流行っていたフュージョン、盟友Herbie Hancockの影響も大きいのでしょう。
 なお、同時期のMilesはハードな“Dark Magus” (Mar.1974)。 完全に別の道へ。
 半数はMilton Nascimentoの名曲揃い。
 ブラジル的な郷愁感が漂う、現代的なメロディの素敵な曲ばかり。
 Wayne Shorterの楽曲も不思議さが薄くなり、何だか明るくなってすっかりイメージチェンジ。
 そのメロディ、コードを最大限に生かした現代的なアレンジ。
 幻想的なエレピの響きがとてもいい感じ。
 ソプラノ中心のサックスも落ち着いたインプロビゼーション、裏表を使い分けたこれまた幻想的な歌声。
 天使の歌声と呼ばれた裏声から始まり、最後のHerbie Hancock作、ルバートでのバラードに至るまで、最高の演奏。
 とても楽園チックな音です。
 ここからこの後のWeather Reportに移植していったのかな?と思う展開もしばしば。
 ジャズっぽさはあまりありません。
 Wayne Shorterの諸作としても極めて異色、Weather Report色もありません。
 ジャズファン、フュージョンファン、Weather Reportファン、ブラジル音楽ファン、ポップスファンのいずれからも距離を置かれそうな微妙な位置の音なのかもしれません。
 でもそれらがいい感じでフュージョンしたとても素敵な音楽。
 私はその混ざり具合が心地よくて大好きです。
 結局、Milton Nascimentoのアルバムとしてもこれが一番好みだったりして・・・
 なんだかんだいってもジャズっぽいんだろうなあ。





posted by H.A.

【Disc Review】"Tamarear" (2015) Milton Nascimento

"Tamarear" (2015) Milton Nascimento
Milton Nascimento (voice, guitar)
Dudu Lima (bass) Ricardo Itaborahy (piano) Leandro Sato (percussion) Stanley Jordan (guitar)

ミルトン ナシメント

 あのブラジリアンミュージックの大御所Milton Nascimentoの新譜。
 元祖ミナスサウンド?まだまだお元気なようです。
 シンプルなピアノトリオ+αとの共演。
 愁いを含んだカッコいい曲と、カッコいいピアノトリオ、クリーントーンのギター、そしてかつて天使?と呼ばれた声。
 メロウ(mellow:芳醇(ほうじゆん)な)なんて忘れかけてた言葉を思い出してしまいました。
 Soft & Mellow、この音楽のためにあるような言葉・・・、ってなのは大げさですが、Brazilianの哀愁のメロディ、ご本人含めたその最高峰が描く楽曲は最高だし、静かにスムースにグルーヴするバンドサウンドはいまや希少。
 ピアノ、ベースのインプロビゼーションは一級品だし、ゲストのギターはあのStanley Jordan。
 この人の音楽には、ロックっぽい音や、きらびやかでゴージャズな編成より、こんな感じのシンプルでアコースティックな音が合うと思うなあ。
 とても幸せなSoft & Mellowな音楽。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ