吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Mats_Eilertsen

【Disc Review】“And Then Comes The Night” (2018) Mats Eilertsen

“And Then Comes The Night” (2018) Mats Eilertsen

Mats Eilertsen (bass)
Harmen Fraanje (paino) Thomas Strønen (drums)



 現代ECMのファーストコールベーシストのひとり、ノルウェーのMats Eilertsen、ECMでのリーダー作第二弾。
 編成はシンプルなピアノトリオ、前作”Rubicon” (2015)よりも淡く漂うような色合いが強くなった繊細で静かな音。
 ピアノは引き続き美しく繊細な音を奏でるオランダのHarmen Fraanje、ドラムはECM御用達、ノルウェーのフリー系Thomas Strønenに交代。
 いかにも近年のECM的なルバートでのスローバラードを中心とした、静かで淡い色合いの音。
 ベース、ピアノ、ドラム、三者三様の自由なビート。
 ゆったりと散りばめられていく美しい音。
 Keith Jarrettをより繊細にしたような静かなピアノ、変幻自在に動くこれまた繊細なドラム、音の流れ全体を下から支えるベース。
 余白の多い空間。
 自由な動きが拡散していくようで発散はせず、各人の波動は常に同期が取れているような、絶妙なアンサンブル。
 その静かで淡い音の流れの中から、ときおり表出するセンチメンタルなメロディ。
 そんな繊細なインタープレーが織り成す綾。
 夢うつつの時間、全身の力が抜けていくような音の流れが続きます。
 哀しげながら絶望でも激情でもない、穏やかな空気感、
 根底に流れているのはヨーロッパのSaudadeなのでしょうか。
 どこか遠いところへ誘う、静かなトリップミュージック。




posted by H.A.



【Disc Review】“Rica” (2001) Parish

“Rica” (2001) Parish
Thomas Stronen (Percussion) Mats Eilertsen (bass) Bobo stenson (Piano) Fredrik ljungkvisk (sax, clarinette) 

Rica
Parish
Imports
2008-05-06


  ノルウェーのドラマー、ベーシスト、スウェーデンのピアニスト、サックスの北欧混成バンド、ライブ録音。
 Bobo Stensonはもとより、今やECM御用達の面々、同じ編成でECM作品“Parish” (2004) Thomas Stronenがありますが、本作はそれよりも少々前、オランダのレーベルから、少々普通のジャズ寄りの演奏。
 編成こそオーソドックスなサックスカルテット、インプロビゼーションのスペースはたっぷりありますが、サックスが前面に出るわけでなく、アンサンブルが中心。
 いかにもな北欧的コンテンポラリージャズの音かもしれません。
 誰がリーダーといったわけではないのでしょうが、さすがに歳の功、静かな空間に響くとても美しいBobo Stensonのピアノが映える音作り。
 抽象的でフリーな演奏も少々混ざりつつもその場面は多くはありません。
 Charlie Haden風のベースソロから始まり、タイトル”Mon Cherry”からすればDon CherryかOrnette Colemanトリビュート、”Lonely Woman”な感じからスタート。
 Bobo Stenson絡みの“Dona Nostra” (1993) Don Cherryなんて名作を想像してしまいますが、もう少しジャズ寄りでしょう。
 さらにはSam Riversなんて通好みの人の楽曲。
 これまたちょっとひねくれていながらもジャジーな演奏。
 その他含めて全編淡い色合い、静かで思索的な展開が続きます。
 後のECM作品“Parish” (2004) Thomas Stronenほど抽象度は高くなく、"Rubicon" (2015) Mats Eilertsenのように郷愁感が前面に出るわけではありません。
 やはり大御所Bobo Stensonのとんがったジャズの色合いが強いのでしょうかね?
 Bobo Stensonとしては“Live At Visiones” (1997) Lars DanielssonでLars Danielsson、Dave Liebmanとのコラボが終了し、ECMで“Serenity” (1999)などのトリオ諸作を作っている時期。
 何かしら新しい音を探している時期だったのかもしれません。
 が、最後はBill Evansの“Very Early”、17分を超えるフワフワと漂うような美しいジャズ演奏。
 やはりBobo Stensonかあ・・・?

※後の“Parish” (2004) Thomas Stronenから、唯一ジャズっぽい演奏。


 posted by H.A.


【Disc Review】“Rubicon” (2015) Mats Eilertsen

Rubicon (2015) Mats Eilertsen
Mats Eilertsen (double bass)
Harmen Fraanje (piano, Fender Rhodes) Thomas Dahl (guitar) Rob Waring (vibraphone, marimba) Olavi Louhivuori (drums)
Eirik Hegdal (clarinet, bass clarinet, soprano, baritone sax) Trygve Seim (soprano, tenor sax)
 
MATS EILERTSEN ENSEMBL
RUBICON
ECM
2016-07-29
マッツ・アイラーツェン

 ノルウェーのベーシストMats Eilertsen のECMリーダー作。
 同じくノルウェーのTord Gustavsenバンドの人、また“Sideways” (2006) Jacob Young、“Post Scriptum” (2010) Wolfert Brederodeなど、ノルウェー系でなくともよく見かける人で、現代のECMのハウスベーシストの一人。
 近年のノルウェー代表?、ECMのハウスサックス奏者?、21世紀のJan Garbarek?、Trygve Seimもお約束のように参加しています。
 ドラムのOlavi Louhivuoriは“Dark Eyes”(2009)Tomasz Stanko, “The Gift” (2012) Susanne Abbuehlに参加していた若手。
 他のメンバーは初めて見る名前です。
 バンドの人数は多いのですが、静謐な音。
 いかにもノルウェー、いかにも近年のECM的な淡くて優しく、少々妖しい音。
 全曲Mats Eilertsenの寂寥感の漂うオリジナル曲、淡い色合いのメロディ。
 Tord Gustavsenほど沈痛ではなく、寂寥感はそのままに、淡くて穏やかな音。
 スローテンポが中心ですが、ビート感は複雑でいかにも現代的。
 全編を通じた穏やかで柔らかなグルーヴ。 
 シンプルでスッキリとしているようで凝ったアンサンブル。 
 ミディアムテンポの強めの変拍子の後ろで、サックスがゆったりとした音を出すことでビート感が穏やかに・・・なんて感じ。
 いろんな楽器が前面に出たり背景に下がったりしながらのアンサンブルで、全体の質感が穏やかで静謐な表情、いい意味で気怠い雰囲気、あるいはクールに仕上がっているように思います。
 ピアノのHarmen Fraanjeが繊細で素晴らしい音。
 オランダ出身、リーダーと同じく40歳前後の中堅のようですが、ECMではこれが初めての録音のようです。
 線が細めの美しい音、派手ではないけどドライブ感がある音使い。
 スケールアウトを多用する感じですが、それでも美しいフレージング。
 近いうちにECMからリーダー作が出るのではないかな?
 ギターのThomas Dahlも同世代、ノルウェー出身。
 鋭いようで艶やかな音、ジャズ的フレーズとロック的なフレーズが交錯するいかにも現代的なギター、ECMのJakob Broをもう少しロック寄りにした感じでしょうか。
 多くの場面で前面に出るわけではありませんが、とてもいい感じ、この人もそのうちに・・・?
 他のメンバーもそれぞれに素晴らしい演奏。
 リーダーのベースも含めて誰が前面に出るわけでなく、繊細なアンサンブルを全員で構築しています。
 一聴地味なようで、繰り返し聞けば聞くほど味が出てくる感じの音。
 BGMで流れていても邪魔にならず、上質な空気感ができる音。
 それでいて現代的なクリエイティブが詰め込まれていそうな音。
 これまた現代の北欧的な音、現代のECMの音。
 とてもさりげなくて、とても素敵な一作です。
 
 


posted by H.A.



Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ