吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Mathias_Eick

【Disc Review】“Ravensburg” (2017) Mathias Eick

“Ravensburg” (2017) Mathias Eick

Mathias Eick (trumpet, voice) 
Andreas Ulvo (piano) Audun Erlien (bass) Torstein Lofthus (drums) Helge Andreas Norbakken (drums, percussion) Håkon Aase (violin)

RAVENSBURG
MATHIAS EICK
ECM
2018-03-02


 ノルウェーのトランペッターMathias Eickのコンテンポラリージャズ。
 すっかり現代ECMの代表トランペッターになったようで、コンスタントに制作しています。
 前作”Midwest” (2014)と同様、オーソドックスなトランペットカルテットにバイオリンが加わる編成ですが、メンバーは大幅に変わっています。
 本作もこの人の色合い、寂寥感の強いジャズですが、少々明るいイメージだった前作に対して、本作はダークで哀感強め。
 しっとりしたジャズだけど、アコースティック4ビートな場面は少なく、現代的な複雑で乾いたビートを刻むドラムと、控え目に淡々と音を置くエレキベース。
 ピアノは前作に参加した大御所Jon Blakeではありませんが、“Skala” (2010)などに参加していたいかにも北欧系、繊細で美しい音の人。
 さらに狂気を秘めたようなバイオリンと、時にスキャット、そして主役のサブトーンたっぷり、寂寥感の塊のような音のトランペット。
 バイオリンはThomas Stronenの“Time Is A Blind Guide” (2015)、“Lucus” (2017)に参加していた人。
 派手に前面に出てくる場面は多くないのですが、トランペットとの揺らぐような絡み合いがとてもカッコいい。
 楽曲はもちろんこの人の描く、哀感、寂寥感の強いメロディ。
 ノルウェーのトラディショナルな空気感と、ロックやフォーク、その他諸々の要素が混ざり合う現代の音。
 静かに淡々と進みつつも、漂い揺らぎながらじわじわと迫ってくるような音の流れは、穏やかながらとてもドラマチック。
 近年のECMの定番、淡くて穏やかでエスニック、そして揺らぎのあるコンテンポラリージャズ。
 どことなく寂しげで懐かしげな空気感は、Nordic Saudade。
 ダークで沈んだ質感だけども、なぜか和みます。




posted by H.A.


【Disc Review】“I Concentrate On You” (2013) Elvira Nikolaisen, Mathias Eick

“I Concentrate On You” (2013) Elvira Nikolaisen, Mathias Eick
Elvira Nikolaisen (voice) Mathias Eick (trumpet, voice, piano, vibraphone)
Andreas Ulvo (celesta, harpsichord, piano) Gard Nilssen (drums, percussion) Ola Kvernberg (bass-violin, viola, violin)

I Concentrate on You
Elvira Nikolaisen & Matias Eick
Imports
2013-11-25


 ノルウェーのボーカリストとトランペットの共同リーダー作。
 Mathias Eickは寂寥感の塊のような音を出す、近年のECMの代表的なトランぺッター。
 近年の北欧ジャズの親分?Lars Danielssonとも最近作“Liberetto III” (2017)に至るまで共演が続いています。
 Elvira Nikolaisenはおそらくポップス畑の人でしょう。
 ハスっぱなキャンディボイス・・・ってな表現が適当かどうかはわかりませんが、そんな声。
 あるいは蠱惑的ってな表現がいいのでしょうか?
 とにもかくにも個性的、魅力的なボイス。
 スウェーデンのLisa Ekdahlなんて名前を想い出してしまうのですが、知っている人は少数なのだろうなあ・・・
 お題目はアルバムタイトル通りにジャズスタンダード集。
 が、アレンジはポップステイスト。
 バンド編成ではなく、ピアノを中心とした静かな演奏含めて、フォーキーなオーガニックポップスってな面持ち。
 冒頭から“What's New”,”I Concentrate on You”, ”Don't Smoke in Bed”とベタなスタンダードが並びますが、歌が出てきてしばらくして、あれか・・っと思うようなひねり具合。
 それでもとても自然に心地よくアレンジされています。
 さらに素直でナチュラルなようで、オブリガードなどで聞こえるマニアックな楽器の響きが何ともいいムード。
 Mathias Eickのトランペットは相変わらずの寂寥感の塊ですが、登場場面は少な目。
 プロデューサーに徹しているのでしょうが、考えてみれば彼のリーダー作もこんな感じのフォーキーなテイストでしたね。
 ジャケットは完全にECMテイスト、冒頭の出だしもECMっぽいピアノ、そんな場面も少なくないのですが、なんだかんだでポップでフォーキー。
 この感じあたりが現代ノルウェーの自然なサウンドなのでしょうかね。
 Elvira Nikolaisenのアルバム、次はECMで制作しないかな?
 名作が出来そうな予感。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Door” (2007) Mathias Eick

“The Door” (2007) Mathias Eick
Mathias Eick (Trumpet, Guitar, Vibraphone)
Audun Kleive (Drums, Percussion) Audun Erlien (Electric Bass, Guitar) Stian Carstensen (Pedal Steel Guitar) Jon Balke (Piano, Electric Piano)

Door (Ocrd)
Mathias Eick
Ecm Records
2008-08-19
マティアス アイク


 

 ノルウェーのトランぺッターMathias Eick、これが初リーダー作だったのでしょうか? 
 少なくともECMでは初リーダー作。
 Jacob Youngの“Evening Falls”(2002)、“Sideways” (2006)、でECMでは録音済み、大名作“Playground” (2007) Manu Katchéと同時期のセッションでしょう。
 同じくノルウェーの先輩Nils Petter Molvaerからの影響があるのかもしれませんが、同じようなサブトーンが多い寂寥感の塊のような音、フレージング。
 前掲のManu Katché の作品や“Tarantella”(2009) Lars Danielssonなど、サポートでもNils Petter Molvaerの後任で入ったり、その逆だったりしています。
 音楽的には先輩よりはかなり素直、エフェクティングも使いません。
 いかにも現代の若者らしく、ジャズ的リズムではなく、8ビートを中心とした現代的ビート感。
 それも素直で穏やかなビート。
 寂寥感が漂うオリジナル曲をクールに淡々と奏でていくスタイル。
 時折の高揚はありますが激情には至らず、あくまでクール。
 さらにピアノが素晴らしい。
 表に出る場面は少ないのですが、美しい音、さりげない加速感、不思議感・・・
 タダモノではない・・・と思っていたら大物Jon Balke。
 最新作“Midwest” (2014)も同じ役回りでしたね。
 全編通じて寂寥感が溢れる音なのですが、なぜが明るい。
 今にも泣きだしそうなトランペットと乾いたビートの対比。
 同じ寂寥でも、一世代前のLars Danielsson、Nils Petter Molvaerあたりだと、沈痛だったり過激だったりするのですが、この人の音楽にはそれがありません。
 じわじわと胸に迫るようなとても穏やかな寂寥感。
 淡くてクール。
 それでも数曲のルバートでのバラードは、胸が締め付けられるような音。
 いい曲、いい演奏がたくさん揃った素晴らしいアルバムです。

 21世紀のECMはこのタイプの淡い音が多いように思います。
 この人はもちろん、前掲のJacob Young諸作然り、Manu Katché諸作然り、”Spark of Life” (2014) Marcin Wasilewski然り、“This Is the Day” (2014) Giovanni Guidi然り。
 レーベルの色なのか、集まってくるアーティストの色なのか、世の中そのものなのか、何かが変わったんでしょうね。





posted by H.A.

【Disc Review】“Evening Falls” (2002) Jacob Young

“Evening Falls” (2002) Jacob Young 
Jacob Young (guitar) 
Mathias Eick (trumpet) Vidar Johansen (bass clarinet) Mats Eilertsen (double-bass) Jon Christensen (drums) 
 
Evening Falls
Jacob Young
Ecm Import
2004-08-31
ジェイコブ ヤング

 寂寥感。
 少し肌寒くてコートの襟を立てる。
 ちょうど今の季節。
 でも切迫感はなく、気持ちは穏やか。
 そんな感じの音。 


(※この投稿は2014/12/26から移動しました。)


posted by H.A.

【Disc Review】“Tarantella” (2009) Lars Danielsson

“Tarantella” (2009) Lars Danielsson
Lars Danielsson (bass)
Leszek Mozdzer (piano) Mathias Eick (trumpet) John Parricelli (guitar) Eric Harland (drum)
 
Tarantella (Dig)
Lars Danielsson
Act Music + Vision
2009-04-14
ラーシュ ダニエルソン

 Mathias Eick繋がりで、北欧系ジャズ、近年の親分?Lars Danielssonの2009年作。
 この人、どのアルバムも独特の寂寥感が漂うカッコよく美しい北欧ジャズ。
 発表当時どのくらい話題になったのかは知りませんが、改めてメンバーをみると今をときめく凄い人ばかり。
 現代のマイルス、とまではいかないにしても、この人のアルバムに参加する人は只者では無い人ばかり。
 本アルバムの目玉はポーランドの若手ピアニストのLeszek Mozdzerかな。
 前作?のピアニストはデンマークのCarsten Dahl、最近ではアルメニアのTigran Hamasyan。
 その時その時でヨーロッパ系で一番凄い人を連れてきているんでしょうかね。
 常にピアノが前面にフィーチャーされるわけではありませんが、どのアルバムも一聴してこのピアノはスゲーや、と思わせる人たち。
 このアルバムでは、ピアノが前面に出る場面になると急に視界が開け、音楽が加速するような不思議な感覚。
 さらにサブトーンが強い悲しげなトランペットやら、流麗なギターやら。
 聞いた当時は気が付いていませんでしたが、今やファーストコールドラマーEric Harlandが何故か地味にサポート。
 さて本作、上記のような手練れが入れ代わり立ち代わり。多くはないメンバーですが曲ごとに編成が変わる変化に富んだ構成。
 さらに曲が美しい。
 Larsさんの書く曲はどれも美しく、激甘な美曲、それも日本的な雰囲気が漂う曲がちらほら。
 意外にスウエーデンと日本の土着的音楽のルーツは近いのかな?
 日本でもっと人気が出てもよさそうだけど・・・
 全体の印象はジャズ的ではあるものの、バップ色はありません。
 基本的にはメロディ重視、アンサンブル重視でビートも抑え気味。
 さらにインプロビゼーションも少々短め、抑え目。
 結果、ポップインスツルメンタルのようでもあるし、ワールドミュージック的でもあるし、クラシックのようでもあるし。
 ジャンル分けは難しいのだけども、慣れない違和感や難解さはありません。
 あくまでわかりやすい楽曲、構成。
 寂寥感の強い、美しいインスツルメンタルミュージック。
 今風の。
 但し、安っぽさはなし。
 何故か深い・・・逆に気難しく聞こえてしまうのかな?
 近年のECMでも似たような質感のアルバムが少なくないのですが、このLarsさんあたりが元祖、元締めなのかもしれませんね。



posted by H.A.

【Disc Review】“Skala” (2010) Mathias Eick

“Skala” (2010) Mathias Eick
Mathias Eick (trumpet)
Andreas Ulvo (piano) Audun Erlien (bass) Torstein Lofthus (drums) Gard Nilssen (drums) Morten Qvenild (keyboards) Tore Brunborg (saxophone) Sidsel Walstad (harp)

Skala
Matthias Eick
Ecm Records
2011-04-19
マティアス アイク




 前掲“Midwest” (2014)のMathias Eick 2010年作。
 最新作"Midwest” (2014)と基本的には同質なのだけども、こちらの方がよりジャズっぽいか感じ。
 さらに曲がこちらの方がキャッチー。
 哀愁感が漂う美しい曲たち。
 リズムは8ビート中心。
 奇をてらったリズムや変拍子を使わずあくまでシンプルなビート、しなやかな抑揚。
 ポップさやプログレッシブロックっぽいムードの曲もあるのだけども、あくまで全体の雰囲気はジャズ。
 穏やかで流れるような、前向きな音。
 かつてのECMの色合い、沈痛深刻な空気感、強烈な音、激しいインプロビゼーションを求める向きにはピンと来ないかもしれないのかもしれないけども、今の若手の演奏を聞いていると、どうもそういう時代でもないような気もします。
 穏やかな質感と、ジャンルに縛られない、あるいはロック、ポップス、民族音楽、その他諸々が混ざり合う音、アンサンブルを中心としたさり気ない楽器の絡み合い・・・
 そんな感じが21世紀型なのでしょうねえ・・・ 




posted by H.A.

【Disc Review】“Midwest” (2014) Mathias Eick

“Midwest” (2014) Mathias Eick
Mathias Eick (trumpet)
Gjermund Larsen (violin) Jon Balke (piano) Mats Eilertsen (bass) Helge Norbakken (percussion)

Midwest
Mathias Eick
Ecm Records
2015-05-18
マティアス アイク

 ノルウェーの哀愁のトランぺッター、久々の新譜。
 いかにも今風の北欧的コンテンポラリージャズ。
 ECMで北欧と言えば寒そうだったり、暗そうだったりのイメージだけども、明るいのが今風。
 もちろん元気いっぱいでドカーンとやるわけではなく、北欧ジャズらしく全編に上品な寂寥感が漂っているのだけど、なぜか全体の印象は明るく軽快。
 秋でも冬でもなく、春っぽい感じ。
 同郷のギタリストJacob Young の“Evening Falls”(2002)あたりも似たような感じ。
 近年のノルウェーの雰囲気がこんな感じなのかな?
 何作かあるリーダー作はどれもいいアルバムですが、今作はヨーロッパ系妖しい系の大御所Jon Balkeのピアノ、さらにバイオリンを加えたバンド。
 さて、どんな妖しい音になるのやら、と思いきや、意外にも健全な感じ。
 バラード中心だけど明るめの曲、雰囲気は今まで通り。
 バイオリンがクラシックぽっくなく、また、毒気もあまりない素直な感じ。
 また、Jon Balkeもあまり強く主張することなく控えめなサポート。
 何曲かで弾くソロが流石に只者では無い感が漂うだけに少々もったいない感じ。
 さておき、リーダーは相変わらずの淡々とした流麗な吹きっぷり。
 甘すぎず難解すぎない少々妖し目のオリジナル曲。
 結果、リーダーの色合いが強い、いつも通りの冷たすぎず、熱すぎない音楽。
 見えてくるのはのどかで平和だけど少し寂しげな感じの景色。
 前作までに比べるとジャズ色がさらに薄らぎ、メロディ、演奏がよりわかりやすくなり、よりフォーキーな感じが強い。
 ノルウェーの伝統音楽の色が強いのでしょう?
 いずれにしても演奏している人たちはジャズとかロックとかカテゴリなど意識せずに自然体でやっているのでしょう。
 21世紀型ECMサウンド、その典型のひとつ。



posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ