吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Mark_Turner

【Disc Review】“Hearts Wide Open” (2010) Gilad Hekselman

“Hearts Wide Open” (2010) Gilad Hekselman
Gilad Hekselman (Guitar)
Joe Martin (Bass) Marcus Gilmore (Drums) Mark Turner (Saxophone)

Hearts Wide Open
Gilad Hekselman
Le Chant Du Monde Fr
ギラッド ヘクセルマン



 ニューヨーク系コンテンポラリージャズギタリストGilad Hekselmanの第三作。
 現代の若手のエース陣を揃えたクールなコンテンポラリージャズ。
 ビートが複雑になり、いかにも現代的な感じになってきました。
 前二作のオーソドックスな色合いが薄くなり、いかにも最新型なコンテンポラリージャズの怒涛のような演奏。
 ドラムはまさに怒涛のような叩きっぷりですが、ギターは怒涛と呼ぶには違和感のある優しい音。
 押し寄せてくるというよりは、次々と湧きだしてくような・・・、といった表現が妥当なような穏やかな音使い。
 最新作“Homes” (2015)まで続く、激しい系の最新鋭ドラマーMarcus Gilmoreとのコンビネーション、激しさと穏やかさの対比は絶好の組み合わせ。
 数曲で参加するサックスのMark Turnerはギターと同じくクールで不思議系、強い浮遊感の音使い。
 これまたいい組み合わせでしょう。
 本作ではジャズスタンダートはなし、全てオリジナル曲、不思議系。
 いろいろな楽曲が混在していた前作“Words unspoken” (2008)のいろいろな要素が、混ぜ合わさったような統一感。
 さらにドラマチックな編曲、構成が本作から。
 アルバムの先頭と最後に短い“Prologue”、”Epilogue”を配し、後半に向けて徐々に高揚していくするアルバム作り。
 思わせぶりに始まり、紆余曲折を経て、終盤はドカーンと盛り上がる構成。
 アルバム一枚で何かのドラマをイメージした構成なのでしょう。
 最後はフリーに叩きまくる激しいドラムを背景に、ギターが穏やかに淡々と紡ぐバラードで締め。
 アナログ時代育ちの人間としては、アルバム全体のストーリーに想像力を掻き立てられる流れ。
 MP3時代には希少なのかな?
 その他諸々、結果的にはモダンジャズのムードがなくなり、いかにもコンテンポラリージャズ、ニューヨーク系。
 ギターも次から次へと湧きだしてくるような、あるいは、天から降り注いでくるようなイメージはそのままに、あちらこちらに飛んでいく予測不能なフレージングが強くなってきました。
 浮遊感が強くて、不思議で、激しいようで穏やかな複雑な質感。 しかもドラマチックでスリリング。
 さらにクール。
 この質感そのままに、メンバーも同じ次作“This Just In” (Dec.2011,Jan.2012)へと続きます。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Remedy: Live at the Village Vanguard“ (2006) Kurt Rosenwinkel

“The Remedy: Live at the Village Vanguard" (2006) Kurt Rosenwinkel 
Kurt Rosenwinkel (Guitar)
Mark Turner (Tenor Saxophone) Aaron Goldberg (Piano) Joe Martin (Bass) Eric Harland (Drums)

Remedy-Live at Village Vanguard
Kurt Rosenwinkel
Imports
カート ローゼンウィンケル


 

 2014年現在、現代のトップジャズギタリストと呼んで差支えないのでしょう、Kurt Rosenwinkelのそれまでの集大成ともいえるライブ盤。
 とにかく凄まじい。
 音圧、グルーブ感、スピード感、その他諸々。
 各人のインプロビゼーションも凄いが、バンドとしてのノリが凄まじい。
 複雑な構成の曲、激しいビートに乗せて、ディストーションを掛けた音色のギターが文字通り唸りまくります。
 さらに人気のMark Turnerのサックスもいつものクールさだけではなく、バンドの音に引っ張られるように激しいインプロ、ピアノのAaron Goldbergもガンガンゴンゴン。
 特に凄まじいのはEric Harlandのドラム。
 最近の若手の代表格の一人でいろんなアルバムで聞いていて、新しい感覚のいいドラマーだなあ、と思っていましたが、ここまでバコバコ叩く人だったとは。
 全般煽りまくりの凄まじいドラミング。
 心地よいことこの上なし。
 アップテンポの曲ではバンド自体が疾走しまくりで、ギターソロなど聞いていると、超音速の戦闘機か何かで何処か遠い所に連れて行かれているような感覚。
 音圧も凄いのですが、ロックっぽいかと言えばそうではなく、バンドは明らかにジャズのノリ。
 ギターのフレーズも変わった感じで変態チックなのだけどもジャズっぽい。
 ロックでもフュージョンでもなくあくまでジャズ。
 必ずしも愛想があるとは言えない楽曲や、何拍子なのかわからない、4ビートとは明らかに違う質感、これでもかこれでもかと畳み掛ける構成は、モダンジャズファンからは敬遠されるのかもしれませんが、新しいタイプのジャズの完成形の一つなのだと思います。
 Pat MethenyのUnity Bandってこれに影響されていたりして、と思うのは私だけ?
 ヘビー級の現代的ジャズ。
 近年のジャズの特徴は「軽さ」だと思っていましたが、このアルバムなど聞くとそうでもないようです。
 もともと歪んだギターや音圧が高過ぎる音楽は好きではないのだけれど、これは別格。
 じっくり聞くとスカッとします。
 体調のいい時に限りますが。

(※本投稿は、2014/07/25投稿分から転載しました。)

※メンバーは違いますが。

posted by H.A.

【Disc Review】“Heartcore” (2001-2003)Kurt Rosenwinkel

“Heartcore” (2001-2003)Kurt Rosenwinkel
Kurt Rosenwinkel (Guitar, Keyboards, Drums, Programming)
Mark Turner (Tenor Sax, Bass Clarinet) Ben Street (Bass) Jeff Ballard (Drums) Ethan Iverson (Piano, Keyboard) Andrew D'Angelo (Bass clarinet) Mariano Gil (Flute)

Heartcore
Kurt Rosenwinkel
Verve
カート・ローゼンウィンケル


 Kurt Rosenwinkel、前作“The Next Step” (2001)に続く、同じメンバー+αでの作品。
 前作でスタイルが出来たのかと思いきや、間髪入れずに次の展開。
 ジャズのムードがなくなり、フログレシッブロック的というか、フュージョン的というか・・・
 なんとも形容しがたい質感。
 これまでにも増して不思議系、そして激烈系です。
 ここまでと比べるとシンプルで少々重めのビート。
 デジタル臭、アバンギャルド臭、さらには民族音楽臭も少々。
 この前後の作品よりも、後の“Star of Jupiter” (2012)にムードは似ているのかもしれませんが、もっと変わっています。
 複雑に上下を繰り返すメカニカルなメロディ。
 淡い感じもあったメロディラインの輪郭がハッキリしていて、これまでにもあった、ある種のしつこさが強くなっているかもしれません。
 ドラマチックといった方が適当なのかもしれません。
 そんな音を背景にしてキレイなディストーションが強めに掛かった攻撃的なギター。
 主力のギターをここで変えたのかもしれません。
 その他のエフェクティングもたっぷり。
 こちらも複雑に上下を繰り返す、どこまでも続いていくようなインプロビゼーション。
 スムースというか、ねっとりとまとわりつくようなというか、なんというか・・・
 激しさ全開、凄まじいギターソロが続きます。
 しつこいと言われればそうかもしれないなあ・・・
 そんなインプロビゼーションが映えるように作曲、編曲しているのかもしれません・・・
 かどうかは分かりませんが、サックスのソロを含めてそう思わせるような不思議な一体感。
 ここまで来ると普通のジャズからはかなり距離が出来てしまった感もありますが、だから新しいのでしょう。
 次作“Deep Song” (2005)では“The Next Step” (2001)に近い感じに戻った感もありますが、傑作ライブ“The Remedy (2006)では本作を含めた三作を突っ込んだような感じ。
 ファットでキレイなディストーションのギターの音色は本作で決まったのでしょうし、諸々含めて少しずつ進化しているのでしょう。
 本作も突然変異ではなく、その流れの中の一作ととらえれば自然かな?
 それにしても変わってるなあ・・・
 これも凄い作品、クリエイティブな人です。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Next Step” (2001) Kurt Rosenwinkel

“The Next Step” (2001) Kurt Rosenwinkel
Kurt Rosenwinkel (guitar, piano)
Mark Turner (sax) Ben Street (bass) Jeff Ballard (drums)

Next Step
Kurt Rosenwinkel
Polygram Records
カート・ローゼンウィンケル


 Kurt Rosenwinkel、“The Enemies of Energy” (Nov.1996)からピアニストが抜けたカルテット。
 これがこの時点でのKurt Rosenwinkelサウンドの完成形なのでしょう。
 ピアノが抜けた分さらにシャープになった音。
 変拍子に、一風変わったメカニカルなメロディラインに、どこまでも続いていきそうなハードなハイテンションサウンド。
 サックス以外のメンバーは変わっていきますが、傑作ライブ“The Remedy” (2006)にそのままつながっていくようなサウンド。
 相変わらず変わっていて愛想も乏しいのですが、全体の整理がついてスッキリしたようにも感じます。
 圧倒的なギターソロ。
 これでもかこれでもかと続く怒涛のような音の流れ。
 その高揚に合わせて音量を上げ、煽りまくるドラム。
 さらにそれに続くこれまたどこまでも続いていきそうなサックスソロ。
 どこに向かって飛んで行っているのかわからないような不思議感、ハイテンションで汗が飛び散るようなサウンドながら、どことなくクールな質感。
 そんな演奏が最初から最後まで。
 次から次へと目まぐるしく変わっていく展開。
 ちょっとねっとりしている感もあり、爽やかなサウンドではありませんが、痛快です。
 これで楽曲に少しでも愛想があれば・・・と思ってしまいますが、そうするとクールさ新しさ、妖しさがなくなるのでしょうかね。
 こわもて、といったほどではないし、フリージャズとかのムードも一切ないのですが、終始漂う不思議感。
 それでも痛快なまでの高揚感。
 “The Enemies of Energy” (Nov.1996)で概ねの形ができた今に至る21世紀型ニューヨーク系コンテンポラリージャズの完成形、その一つ・・・だと思います。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Enemies of Energy” (Nov.1996) Kurt Rosenwinkel

“The Enemies of Energy” (Nov.1996) Kurt Rosenwinkel
Kurt Rosenwinkel (Electric, Acoustic Guitar)
Mark Turner (Tenor Saxophone) Scott Kinsey (Piano, Keyboards) Ben Street (Bass) Jeff Ballard (Drums)

Enemies of Energy
Kurt Rosenwinkel
Polygram Records
カート・ローゼンウィンケル


 Kurt Rosenwinkelの初期の作品。
 発表は前後するようですが、リーダーでの録音としては第二作目になるのでしょう。
 後のスタイルが確立したようなアルバム。
 変拍子にメカニカルなメロディライン、圧倒的な演奏力。
 いかにもニューヨーク系コンテンポラリージャズな音。
 ギタートリオ+サックスの流行りの編成もこのアルバムあたりが端緒なのでしょう。
 もう20年が経つようですが、今の耳で聞いても新しいサウンド。
 ジャズに加えてロックも混ざり、フュージョンを通過し、諸々の要素を吸収し、試行錯誤しながらできてのであろう独特の音。
 結果としての音は、複雑で不思議系。
 ロックっぽくもあるし、なんだかんだでジャズっぽくもあるし。
 すべてオリジナル曲、すべて不思議系、メカニカル系なメロディ。
 複雑なようでスルッと入ってきてしまう不思議な音。
 ビートの作り方の影響が大きいのだと思うのだけども、独特の浮遊感。
 そんな音を背景にして、ナチュラルなディストーションギターのソロが始まると止まりません。
 どこまで続くのかわからないような凄まじいソロ。
 ピアノもサックスも同じ。
 このどこまでも続いていく感じは、演奏力もさることながら、背景のサウンドとの関係も大きいのでしょう。
 その意味でも新しいサウンドが出来た、と思うアルバム。
 確かに聞き慣れないし、先も読みづらいし、寛げる音ではないのでしょう。
 が、決して難しくも気色悪くもないし、何がどうなっているのか考えてしまう頭の体操になりそうな音でもあります。
 ここからさらにたたき上げたのが、よりシンプルで音の洪水のような “The Remedy” (2006) あたりなのでしょう。
 同時期、Pat Methenyは“We Live Here” (1995)、“Quartet” (1996)あたり。
 まだまだ普通のジャズ、フュージョンをやっている時期。
 それらとは全く違う流れ、21世紀型コンテンポラリージャズのその典型の一つ。
 その端緒のような作品。




posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ