吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Maria_Rita

【Disc Review】“Amor e Música” (2018) Maria Rita

“Amor e Música” (2018) Maria Rita

Maria Rita (voice)
Rannieri Oliveira (piano) Fred Camacho (cavaco, banjo) Leanfro Pereira (guitar) Alberto Continentino (bass) Wallace Santos (drums) Jorge Quininho, Adilson Didao (percussion)
Diogo Gomes (flugelhorn, trumpet)

Amor E Musica
Maria Rita マリアヒタ
Universal
2018-02-09


 今やMPB界の大御所なのでしょう、Maria Ritaの最新作。
 スタジオ録音の作品は“Coração a Batucar” (2014)以来でしょうか?
 基本的にはそれと同様、期待と全くズレない安心安定の明るい系現代サンバ。
 電気系の楽器の登場場面は少なく、カバキーニョ、クイーカーなどの響きが強いナチュラルで伝統的なサンバっぽい作り。
 が、とても洗練されたいかにもポップでキャッチーで現代的なバンド。
 さりげなく音を重ねるトランペットが厚すぎず薄すぎないゴージャスさを醸し出す絶妙なパランス。
 そんな背景の中を自由に動く、ちょっとハスキーな声、サラリと流れていく自然な歌。
 シンプルでオーソドックスなようで、ちょっと聞いただけで彼女の音楽とわかる、さりげないようで強烈な個性。
 ここまでくると名人芸。
 母上のElis Reginaとは似てないんだろうなあ・・・といつも思うのですが、とにもかくにもいかにもMaria Ritaで完璧な現代サンバワールドが出来上がっています。
 なぜが本作では楽曲以外にはクレジットがない夫君?Davi Moraesのキャッチーな楽曲を中心として、全編にさりげない哀愁を漂わせながらもハイテンション、さりげなく陶酔を誘ういかにもサンバな楽曲揃い。
 キャッチーな楽曲に過不足なくスッキリとコンパクトにまとまった構成と完璧な演奏に完璧な歌。
 さすがの完成度のエンターテインメント。
 こりゃ気持ちいいや。


 

posted by H.A.



【Disc Review】“O Samba Em Mim: Ao Vivo Na Lapa” (2016) Rita Maria

“O Samba Em Mim: Ao Vivo Na Lapa” (2016) Rita Maria

Maria Rita (voice)
Davi Moraes (guitar) Rannieri Oliveira (keyboard) Marcelo Linhares (drums) Marcelinho Moreira, Andre Siqueira (percussion)

O Samba Em Mim: Ao Vivo Na Lapa
Rita Maria
Imports
2016-06-24


 現代MPBの女王Maria Ritaのライバルバム。
 直近のアルバム“Coração a Batucar” (2014)からの楽曲を中心として、ここまでのキャリアのベストな選曲なのでしょう。
 ピアノトリオに夫君のカバキーニョなカッティングのギターとパーカションの過不足のないシンプル編成。
 アコースティックサンバ、ソウルフル、あるいはポップなMPB、その他諸々、ノリノリの元気いっぱいサンバサウンド。
 スタジオ録音諸作では少し沈んだクールな感じがカッコいいのですが、ライブではノリノリのエンターテイナー。
 サンバのライブらしく最初から最後まで聴衆が一体となった大合唱。
 ポルトガル語が全くわからないのが悲しい限り。
 ま、踊るなんとかに見る何とか・・・・は、古今東西、共通なのでしょう。
 このカッコよさを満喫するには、CDよりもDVD、それよりもライブ会場に行くべきなのでしょうねえ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Segundo” (2005) Maria Rita

“Segundo” (2005) Maria Rita

Maria Rita (Vocals)
Tiago Costa (Piano) Sylvinho Mazzucca (Acoustic Bass) Cuca Teixeira, Marco da Costa (Drums) Da Lua (Percussion) Cuca Teixeira (Surdo)

Segundo
Maria Rita
Warner Music Latina
2005-10-03


 Maria Ritaの第二作。
 豪華でいろんな編成、いろんな色合いの楽曲が入り混じる前作“Maria Rita” ‎(2003)に対して、ピアノトリオを中心としたシンプルな編成での抑制された音。
 全体の空気感はコンテンポラリージャズ。
 しっとりとした音の流れのジャジーで静かなMPB。
 そんなサウンドの中をときに漂うように、時にソウルフルなブラジル定番、少しスモーキーで優しげな声。
 少し沈んだ感じがとてもクール。
 力が入りそうな音の流れの場面についても、するりと抜けていくような力まない歌。
 そんな場面や静かな場面はもちろん、シャウトな場面もなぜかうるさくない、暑苦しくない特別な歌。
 ファンクな今風のビートも織り交ぜつつ、ときおり登場するエレピの音がとてもカッコいい。
 楽曲も少々沈み気味、しっとり系のサウダージなカッコいいメロディ揃い。
 元気で明るいサウンドもいいのですが、彼女の声、歌にはこちらの少々ミステリアスなサウンドの方が似合っているようにも思います。
 名作です。
 さらに名作のアコースティックサンバ作品“Samba Meu” (2007)、現代的なブラジリアンポップス作品“Elo” (2011)へと続きます。 




posted by H.A.


【Disc Review】“Maria Rita” ‎(2003) Maria Rita

“Maria Rita” ‎(2003) Maria Rita

Maria Rita (Vocals)
Tiago Costa (Piano, Accordion, Electric Piano, Organ) Tom Capone (Banjo, Violin, Percussion) Fábio Sá (Bass) Marco da Costa (Drums, Percussion)
Marcus Teixeira, Eduardo Pereira, Jairo Diniz (Guitar) Léo Leobons, Da Lua (Percussion) Bocato (Trombone) and strings

MARIA RITA
MARIA RITA
WMI
2016-09-16


 アルゼンチンに続いてブラジル、南米系が続きます。
 現代MPBの女王Maria Ritaのデビューアルバム。
 さすがElis Reginaの娘さん、デビュー作から完璧なサウンドに完璧な歌。
 母上よりもスモーキーでしっとり系に振れた声。
 この時点で御歳おいくつだったのかは知りませんが、すでに完成されていて貫禄十分。
 上手さはもちろん、表現力も独特の雰囲気も、後々の作品と全く変わらないようにも思います。
 バックバンドの方がElis Reginaサウンドを意識していたようにも思える、それらしいソウル~ジャズ~サンバが入り混じるポップな音。
 なんとなくノスタルジックにも聞こえます。
 母上の音楽と同様にドカーンときそうな場面もそこかしこにあるのですが、娘さんの方はなぜかサラリと流れていきます。
 やっぱり似てないなあ・・・
 かどうかはさておき、そのサラリとした感じ、少しスモーキーな感じがクールな感じでカッコいい。
 とにもかくにも、満を持したゴージャスでいろんな色合いのサウンドにキャッチーな楽曲。
 それをさり気なくかわしてしまうような、サラリとした歌。
 母上とは質感は違えど、さすが天才スーパースターのDNAというか、なんというか・・・
 ブラジルの女性ボーカリスト、凄い人がたくさんいるのですが、ライブでの立ち振る舞いのカッコよさ、カリスマ性含めて、やはり21世紀のElis Reginaはこの人なのでしょうねえ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Coração a Batucar” (2014) Maria Rita

“Coração a Batucar” (2014) Maria Rita
Maria Rita (vocal)
Davi Moraes(gutar)Rannieri Oliveira (keyboards) Wallace Santos (drums)Alberto Continentino (bass)Marcelinho Moreira (percussion) and others

Coracao a Batucar
Maria Rita
Imports
2014-04-15
マリア ヒタ

 Maria Rita、スタジオ録音での最近作、現代サンバ〜MPB。
 MPBの“Elo” (2011) 、サンバの”Samba Meu” (2007)の中間、”Samba Meu” (2007)寄りってな感じでしょうか。
 素朴なサンバの質感を残しながらも、現代的なスッキリした音作り。
 ”Samba Meu”から、パーカションを少し薄めにして、カヴァキーニョなど普段聞き慣れない音を減らし、ギター、ピアノが前面に出る背景作り。
 ポップスとしても違和感ないように仕上げたのでしょうかね。それでも自然で心地よいバランス。
 それにしても佳曲揃い、どの曲もキャッチー、捨て曲なし。
 いわゆる名曲がたくさん入っているのでしょう。曲の出自はわかりませんが、オリジナル含めて、ポップスに寄り過ぎず、素朴になり過ぎず。
 いかにもブラジル、しなやかなリズム、明るく前向きながら哀愁が漂うメロディ、そして昂揚感。
 ブラジル系の曲について書くと、いつも同じような表現になってしまうのだけども、いつも同じようにいい感じなので仕方ありません。
 これまたいつもと同じのクールなボイス。
 とても素敵なブラジリアンポップス、サンバ寄り。




posted by H.A.

【Disc Review】“Samba Meu” (2007) Maria Rita

“Samba Meu” (2007) Maria Rita
Maria Rita (Vocals)
Alceu Maia, Márcio Hulk (Cavaquinho) Layse Sapucahy (Congas) Ovídio Brito (Cuica) Sylvinho Mazzucca (Double Bass) Camilo Mariano, Cuca Teixeira (Drums) Leandro Sapucahy (Ganzá) Marcos Arcanjo (Guitar) Leandro Sapucahy (Pandeiro) Tiago Costa (Piano) Nenê Brown (Repinique) Gordinho, Nenê Brown (Surdo) Layse Sapucahy, Nenê Brown (Tamborim)

マリア ヒタ

 Maria Rita、こちらは雑味なし、アコースティックな現代サンバ。
 素朴なCavaquinhoの音。
 大人数でも決してうるさくないパーカッション。
 哀愁が漂いながらも明るく前向きなメロディ。
 陶酔感を呼び起こすサビのリフレイン。
 そして、どこか醒めた、クールに感じる歌声。
 カッコいいなあ。




posted by H.A.

【Disc Review】“Elo” (2011) Maria Rita

“Elo” (2011) Maria Rita
Maria Rita (Vocals)
Tiago Costa (Accordion) Sylvinho Mazzucca (Double Bass) Cuca Teixeira (Drums) Tiago Costa (Piano, Keyboards) Cuca Teixeira (Tambourine)

Elo
WM Brazil
2011-10-19
マリア ヒタ

 ブラジルのボーカリストMaria Rita。とてもカッコいいMPB(ブラジリアンポップス)。
 あのElis Reginaの娘さんとのことですが、雰囲気は似ていないかな?どうでしょう?
 少なくとも音源では少し違った印象。こちらの声はいかにもブラジル的なスモーキー&ハスキー系、力を入れないタイプ。でも似てるのかなあ・・・顔は似てると思うけど・・・。
 私的にはクールに感じる声、歌に、母とは違う凄みを感じます。
 サウンドは現代的なブラジリアンポップス。
 ピアノ、エレピを中心とした、まずまずシンプルな音作りですが、ビートは少々強め。
 一部、ロックっぽい8ビート等々含めていかにも今風な音作りですが、サンバを混ぜつつのしなやかなムードは、やはりブラジリアンのポップス。
 強い音、優しい音・・・、背景がどうあれ、ボーカルはクール。力まないブラジリアンスタイル。
 本アルバムの白眉は夫君?のオリジナル?サンバ” Coração a Batucar”。
 ほのかな哀感と前向きさが交錯するメロディ、演奏、歌。
 ライブの最終曲とかにピッタリ。
 漂う哀愁、徐々に盛り上がる高揚感、そしてサビのリフレインが引き起こす陶酔感。
 心ならずとも体が揺れるブラジリアングルーヴ。
 憂さ晴らしにサイコー。

※ステージではノリノリ、貫禄のカッコいいお姉さん。

 

posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ