吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

MPB

【Disc Review】“Amor e Música” (2018) Maria Rita

“Amor e Música” (2018) Maria Rita

Maria Rita (voice)
Rannieri Oliveira (piano) Fred Camacho (cavaco, banjo) Leanfro Pereira (guitar) Alberto Continentino (bass) Wallace Santos (drums) Jorge Quininho, Adilson Didao (percussion)
Diogo Gomes (flugelhorn, trumpet)

Amor E Musica
Maria Rita マリアヒタ
Universal
2018-02-09


 今やMPB界の大御所なのでしょう、Maria Ritaの最新作。
 スタジオ録音の作品は“Coração a Batucar” (2014)以来でしょうか?
 基本的にはそれと同様、期待と全くズレない安心安定の明るい系現代サンバ。
 電気系の楽器の登場場面は少なく、カバキーニョ、クイーカーなどの響きが強いナチュラルで伝統的なサンバっぽい作り。
 が、とても洗練されたいかにもポップでキャッチーで現代的なバンド。
 さりげなく音を重ねるトランペットが厚すぎず薄すぎないゴージャスさを醸し出す絶妙なパランス。
 そんな背景の中を自由に動く、ちょっとハスキーな声、サラリと流れていく自然な歌。
 シンプルでオーソドックスなようで、ちょっと聞いただけで彼女の音楽とわかる、さりげないようで強烈な個性。
 ここまでくると名人芸。
 母上のElis Reginaとは似てないんだろうなあ・・・といつも思うのですが、とにもかくにもいかにもMaria Ritaで完璧な現代サンバワールドが出来上がっています。
 なぜが本作では楽曲以外にはクレジットがない夫君?Davi Moraesのキャッチーな楽曲を中心として、全編にさりげない哀愁を漂わせながらもハイテンション、さりげなく陶酔を誘ういかにもサンバな楽曲揃い。
 キャッチーな楽曲に過不足なくスッキリとコンパクトにまとまった構成と完璧な演奏に完璧な歌。
 さすがの完成度のエンターテインメント。
 こりゃ気持ちいいや。


 

posted by H.A.



【Disc Review】“O Samba Em Mim: Ao Vivo Na Lapa” (2016) Rita Maria

“O Samba Em Mim: Ao Vivo Na Lapa” (2016) Rita Maria

Maria Rita (voice)
Davi Moraes (guitar) Rannieri Oliveira (keyboard) Marcelo Linhares (drums) Marcelinho Moreira, Andre Siqueira (percussion)

O Samba Em Mim: Ao Vivo Na Lapa
Rita Maria
Imports
2016-06-24


 現代MPBの女王Maria Ritaのライバルバム。
 直近のアルバム“Coração a Batucar” (2014)からの楽曲を中心として、ここまでのキャリアのベストな選曲なのでしょう。
 ピアノトリオに夫君のカバキーニョなカッティングのギターとパーカションの過不足のないシンプル編成。
 アコースティックサンバ、ソウルフル、あるいはポップなMPB、その他諸々、ノリノリの元気いっぱいサンバサウンド。
 スタジオ録音諸作では少し沈んだクールな感じがカッコいいのですが、ライブではノリノリのエンターテイナー。
 サンバのライブらしく最初から最後まで聴衆が一体となった大合唱。
 ポルトガル語が全くわからないのが悲しい限り。
 ま、踊るなんとかに見る何とか・・・・は、古今東西、共通なのでしょう。
 このカッコよさを満喫するには、CDよりもDVD、それよりもライブ会場に行くべきなのでしょうねえ・・・




posted by H.A.


【Disc Review】“Segundo” (2005) Maria Rita

“Segundo” (2005) Maria Rita

Maria Rita (Vocals)
Tiago Costa (Piano) Sylvinho Mazzucca (Acoustic Bass) Cuca Teixeira, Marco da Costa (Drums) Da Lua (Percussion) Cuca Teixeira (Surdo)

Segundo
Maria Rita
Warner Music Latina
2005-10-03


 Maria Ritaの第二作。
 豪華でいろんな編成、いろんな色合いの楽曲が入り混じる前作“Maria Rita” ‎(2003)に対して、ピアノトリオを中心としたシンプルな編成での抑制された音。
 全体の空気感はコンテンポラリージャズ。
 しっとりとした音の流れのジャジーで静かなMPB。
 そんなサウンドの中をときに漂うように、時にソウルフルなブラジル定番、少しスモーキーで優しげな声。
 少し沈んだ感じがとてもクール。
 力が入りそうな音の流れの場面についても、するりと抜けていくような力まない歌。
 そんな場面や静かな場面はもちろん、シャウトな場面もなぜかうるさくない、暑苦しくない特別な歌。
 ファンクな今風のビートも織り交ぜつつ、ときおり登場するエレピの音がとてもカッコいい。
 楽曲も少々沈み気味、しっとり系のサウダージなカッコいいメロディ揃い。
 元気で明るいサウンドもいいのですが、彼女の声、歌にはこちらの少々ミステリアスなサウンドの方が似合っているようにも思います。
 名作です。
 さらに名作のアコースティックサンバ作品“Samba Meu” (2007)、現代的なブラジリアンポップス作品“Elo” (2011)へと続きます。 




posted by H.A.


【Disc Review】“Maria Rita” ‎(2003) Maria Rita

“Maria Rita” ‎(2003) Maria Rita

Maria Rita (Vocals)
Tiago Costa (Piano, Accordion, Electric Piano, Organ) Tom Capone (Banjo, Violin, Percussion) Fábio Sá (Bass) Marco da Costa (Drums, Percussion)
Marcus Teixeira, Eduardo Pereira, Jairo Diniz (Guitar) Léo Leobons, Da Lua (Percussion) Bocato (Trombone) and strings

MARIA RITA
MARIA RITA
WMI
2016-09-16


 アルゼンチンに続いてブラジル、南米系が続きます。
 現代MPBの女王Maria Ritaのデビューアルバム。
 さすがElis Reginaの娘さん、デビュー作から完璧なサウンドに完璧な歌。
 母上よりもスモーキーでしっとり系に振れた声。
 この時点で御歳おいくつだったのかは知りませんが、すでに完成されていて貫禄十分。
 上手さはもちろん、表現力も独特の雰囲気も、後々の作品と全く変わらないようにも思います。
 バックバンドの方がElis Reginaサウンドを意識していたようにも思える、それらしいソウル~ジャズ~サンバが入り混じるポップな音。
 なんとなくノスタルジックにも聞こえます。
 母上の音楽と同様にドカーンときそうな場面もそこかしこにあるのですが、娘さんの方はなぜかサラリと流れていきます。
 やっぱり似てないなあ・・・
 かどうかはさておき、そのサラリとした感じ、少しスモーキーな感じがクールな感じでカッコいい。
 とにもかくにも、満を持したゴージャスでいろんな色合いのサウンドにキャッチーな楽曲。
 それをさり気なくかわしてしまうような、サラリとした歌。
 母上とは質感は違えど、さすが天才スーパースターのDNAというか、なんというか・・・
 ブラジルの女性ボーカリスト、凄い人がたくさんいるのですが、ライブでの立ち振る舞いのカッコよさ、カリスマ性含めて、やはり21世紀のElis Reginaはこの人なのでしょうねえ。




posted by H.A.


【Disc Review】“Macaxeira Fields” (2012) Alexandre Andres

“Macaxeira Fields” (2012) Alexandre Andres
Alexandre Andres (flute, piccolo, guitar, viola, voice)
André Mehmari (piano, Rhose, accordion, electronics, percussion, voice) Rafael Martini, Regina Amaral (piano) Pedro Santana (bass) Gustavo Amaral (bass, voice) Adriano Goyatá (drums, marimba) Antonio Loureiro (drums) Paulo Santos, Decio Ramos (percussion) Tarcisio Braga (vibraphone)
Artur Andrés (flute, percussion) Joana Queiroz (clarinet, clarone) Jonas Vitor (sax) Anor Luciano (trumpet) Alaecio Martins (Trombone)
Ayran Nicodemo, Ravel Lanza (violin) Gerry Varona (viola) Felipe Jose (cello, triangle)
Ilessi, Rafael Martini, Gustavo Amaral, Tatiana Parra, Rafael Martini, Monica Salmaso, Leonora Weissmann, Juan Quintero, Bernardo Maranhao (voice)

マカシェイラ・フィールズ
アレシャンドリ・アンドレス
SPACE SHOWER MUSIC
2013-05-29


 ブラジル、ミナスのシンガーソングライター~フルーティスト~マルチインスツルメンタリストのMPB。
 名作ブラジリアンジャズフュージョン“Macieiras” (2017)に先立つ作品ですが、インスツルメンタル主体のそちらに対して、こちらは全曲にボーカルが入り、ミナス的、あるいはフォルクローレの色が濃いポップス。
 但し、徹底的に凝りまくったポップス。
 André Mehmariがディレクションを務め、彼を筆頭に豪華なゲスト陣を迎えて、凝りに凝ったアンサンブル。
 ストリングス、木管楽器、ホーン陣などが入れ代わり立ち代わりにフィーチャーされながら、要所で前面に出るフルートのアンサンブルとAndré Mehmariのピアノ。
 クラシカルな室内楽風だったり、Beatles風なオーケストラを絡めたり、フォルクローレ風だったり、その他諸々いろんなテイスト、てんこもり。
 そんな動きまくり、変わりまくるサウンドを背景にしつつ、中心となるのはリーダーを中心としたボーカル。
 少々細めの若々しい声はEgberto Gismontiっぽくて趣があるのですが、これまた豪華なゲスト陣が入れ代わり立ち代わり。
 Tatiana Parra, Monica Salmaso, Leonora Weissmann, Juan Quinteroといったスタイリストたちが、キッチリ一曲ずつ前面に立つ構成。
 いろんな演奏、いろんな声が入り混じり、次々と周囲の風景が変わっていくような音ながらも一貫性があるのは、リーダーが作った複雑ながら優しい表情のブラジリアンメロディと、アレンジ~プロデュースの妙ゆえでしょうか。
 ミナスサウンドのMPBと片づけてしてしまうには、あまりにも多彩で豪華で高尚な一作。




posted by H.A.


【Disc Review】“Menino de Barro” (2014) Renato Matha

“Menino de Barro” (2014) Renato Matha
Renato Motha (vocal, guitars, vibraphone, etc.)
Patricia Lobato (vocal, ganzás) Edson Fernando (vibraphone, percussion)

 ブラジルMinasの男女Duo、Renato Motha, Patricia Lobatoの男性の方、Renato Mothaのソロ名義アルバム。
 Duoでのイニシアティブは彼がとっていたのだろうし、全曲彼のオリジナル曲、Patricia Lobatoも何曲かで参加し、Duoと基本的には同じ空気感。
 但し、もっともっと静かで穏やか。
 冒頭からせせらぎ、鳥、虫の音を載せた、いかにもなオーガニックサウンド。
 ゆったりとした静かなギターと柔らかなボイス。
 もともと静かでゆったりとしたDuoでの作品から、さらに音量を落として、テンポとビートをさらに緩くして、さらに優しく、フォルクローレに寄せた感じのミナスサウンド。
 ギターの弾き語り中心の薄くて静かな音なのですが、さり気なくストリングスが鳴っていたり、曲の最後のわずかな時間だけ木管楽器が聞こえたり、細部まで徹底的に凝った音作り。
 今にも止まりそうなスローテンポな演奏が何曲も。
 ときおりインドっぽい楽器が薄く聞こえたりして、“Shabds” (2007)以来の瞑想ミュージックな感じも少しだけ。
 全編とても静かで穏やか、凝っているのだろうけども、それを感じさせないさり気ない雰囲気。
 セルフカバーを含めて、メロディは相変わらずキャッチーだし、何曲かではPatricia Lobatoの天使の声が聞こえるし、パラダイスのような音。
 効果音に影響されているわけではなく、ホントに水辺にトリップ出来そうな音の流れ。
 私的にはマントラのリフレインの瞑想ミュージックよりも、こちらの方が自然体でトリップ出来そうな音だなあ・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Suspiracoes” (2011) Patricia Lobato

“Suspiracoes” (2011) Patricia Lobato
Patricia Lobato (voice)
Tiago Costa (piano, keyboards) Sylvinho Mazzucca (bass) André Queiroz Limão (drums)
Renato Motha (guitar, voice, voice trumpet) Serginho Silva (Tamborim, Ganzas)

Suspiracoes
Patricia Lobato
Independent
2014-06-24


 ブラジルMinasの男女Duo、Renato Motha, Patricia Lobatoの女性ボーカリストの方、Patricia Lobatoのソロアルバム。
 おそらく2017年時点で唯一のアルバム。
 ピアノトリオ+ギターを従えたジャジーなMPB作品。
 プロデューサーはRenato Motha、楽曲は彼の作品が中心、Duoでの作品"Rosas para João" (2008)とピアノもベースも同じメンバー、基本的にはDuo作品と同じ色合い。
 が、サンバ~ボッサは一部のみで、素直な4ビートが多い感じでしょう。
 ギターは多くの楽曲で鳴っていますが、ピアノが前面に出る場面が多いこともあって、よりジャズな感じ。
 もちろん前面に出るのが全てPatricia Lobatoの楽園ボイス。
 あのRenato Motha, Patricia Lobatoの楽園サウンドをジャズに寄せて、全編であのシルクのような超美声が聞けるアルバム。
 1940年代のジャズのようなノスタルジックな雰囲気も醸し出しつつの優雅でリラックスした音。
 この人たちのいつもの色合いとはイメージが違うジャケットも、そんな古いジャズの線を狙ったのかな?
 珍しいRenato Mothaのエレキギターも何曲か。
 もし楽曲がジャズスタンダードだったらどうだったのかわかりませが、いつも通りにスタンダードのようにキャッチーでナチュラルなRenato Mothaのメロディ。
 どうアレンジしてもカッコよくなりそうな楽曲に、つつましやかながら手練れたジャズの演奏、極上の美声。
 そんな感じのとても素敵な「ジャズボーカル」アルバム。




posted by H.A.


【Disc Review】"Rosas para João" (2008) Renato Motha, Patricia Lobato

"Rosas para João" (2008) Renato Motha, Patricia Lobato
Renato Motha (guitar, vocal, glockenspiel, samplers, SE) Patricia Lobato (vocal, percussion)
Tiago Costa, Felipe Moreira (piano) Sylvinho Mazzucca (bass) Esdra Ferreira (drums) Serginho Silva (percussion) Mauro Rodrigues (flutes) and more

Rosas para João
Renato Motha E Patrícia Lobato [dist. Tratore]
2013-05-03


 ブラジルMinasの男女Duo、同郷のブラジルの文学作家João Guimarães Rosaへのトリビュート作品集。
 “Dois Em Pessoa” (2003)はポルトガルの詩人の作品、“Shabds” (2007)はマントラがテーマでしたが、言葉からインスパイアされて曲を作るタイプなのでしょうかね?
 どんな作家は情報をもっていないのですが、このDuoのいつもながらに優しく穏やかな音、さらにポップ。
 このDuoの作品、ギターの弾き語り+パーカッションのイメージが強いのですが、ギターのみではなく、“Dois Em Pessoa” (2003)と同様にピアノ、ベース、パーカッション、木管楽器が入ったオーソドックスなボサノバ編成であることも大きいのでしょう。
 こちらの方が普通なのだけども、このDuoの音としては新鮮に聞こえます。
 ボサノバ、ワルツ、フォルクローレ風、フォーク風、ポップス風、その他諸々、楽曲はいつものRenato Mothaを中心としたオリジナル曲。
 この人の曲はどれも巨匠のブラジリアンスタンダード曲のような優雅さ、さらに現代的でキャッチーなメロディ。
 さらにとてもナチュラル。
 いい曲が揃っています。
 中心となるのはRenato Mothaの優し気でほんの少しだけ渋め、ベルベットのような声。
 それに寄り添い、半数ぐらいでは前面に出るPatricia さんの天使の声は言わずもがなの美しさ、シルクのようにサラサラとしていて、上品な艶。
 まあ、何と申しましょうか、凄いボーカルコンビ。
 “Antigas Cantigas” (1999)などの弾き語り中心の音数が絞られた作品の方が、浮遊感、楽園ムードが強いのかもしれないけども、繊細で躍動感もあるバンドサウンドは、それとはまた別種の心地よさ。
 極上のポップス。
 もし時代が1960年代であれば、このアルバム、収録曲もブラジリアンスタンダードになったのかもね。
 今の時代でもまだ間に合うのかな?
 そんな感じの特別な良質感。
 柔らかな陽だまりのようなブラジリアンミュージック。




posted by H.A.


【Disc Review】“Shabds” (2007) Renato Motha, Patricia Lobato

“Shabds” (2007) Renato Motha, Patricia Lobato
Renato Motha (guitar, voice trumpet, Synthesizer, conga, tabla) Patricia Lobato (voice, percussion, tabla)
Ronaldo Gino (Programing, Synthesizer)

サウンズ:平和のための揺らぎ
ヘナート・モタ&パトリシア・ロバート
SPACE SHOWER MUSIC
2007-03-21


 ブラジルMinasの男女Duoの瞑想ミュージック。
 “In Mantra” (2009)、“Sunni-E” (2012)に先立つマントラシリーズの第一弾なのだと思います。
 Mantra(≒真言、讃歌、祭詞、呪文、祈祷の言葉?)にメロディを付けた楽曲集。
 メロディ自体は、一部の厳かなものを除けばRenato Motha, Patricia Lobatoのブラジリアンなそれ。
 サウンドもこのDuoの静かで穏やか音なのですが、とても不思議な言葉の響き。
 その短いフレーズの徹底的な繰り返しが、瞑想あるいは陶酔に誘う音の流れ。
 薄目のSEを背景として、ギターと声とパーカッションのみ。
 とても静かでとても穏やか、メロディアスな優しい音。
 アバンギャルドでもなく、哀しげでも沈痛でもない、かといって楽しげでもなく、強く刺激されるわけではない、フワフワとした時間がひたすら続きます。
 悟ったような穏やかさとクールネス。
 “Antigas Cantigas” (1999)あたり、その他のブラジル音楽作品も十二分にトリップできる音でしたが、ここまで来たか・・・というか、ここまでやるか・・・というか、然るべき帰着というか・・・
 誰の企画なのか、誰の志向なのかはわかりませんが、このブラジルDuo元来の美しくて穏やかな音にフィットした音作りなのは確かでしょう。
 マニアックさは少々のみ、過度ではない非日常感も、現実とは大きくは乖離しない程度のちょうどいいバランスのように思います。
 その意味では日常の気分転換、気持ちの清涼剤、あるいは瞑想への入り口にはピッタリなのでしょうねえ。
 ありそうでなかった(?)、ヒーリング&トリップミュージック。
 ヨガ教室のBGMの定番?とのことですが、確かにそんな音です。




posted by H.A.


【Disc Review】 “Terras” (2016) Duo Taufic, Barbara Casini

“Terras” (2016) Duo Taufic, Barbara Casini
Barbara Casini (Voice) Roberto Taufic (Guitar) Eduardo Taufic (Piano)

Terras
Duo Taufic
Via Veneto Jazz
2016-04-01


 イタリア在住のブラジリアンボーカリストBarbara Casini、ブラジルの兄弟Duoとのトリオ作品。
 Barbara Casini、同じくトリオでのハードなサンバ”Outro Lado” (1990)、あるいは 大御所Enrico Rava との“Vento” (1999)ではしっとり系のボサノバ。
 本作はその中間ぐらい、硬軟織り交ぜつつも抑制されたボサノバ~サンバ~ブラジリアンミュージック。 
 Taufic 兄弟はベテラン?の実力派なのでしょう、Robertoさんがイタリア在住のようですね。
 Edu Lobo, Dori Caymmiなどのブラジルの名曲が中心。
 キラキラと静かに煌めくようなピアノと静かなギターを背景に、美しくてほんの少しスモーキー、いかにもブラジリアンな優しい声でサラリと歌うBarbara Casini。
 躍動感は強いのですが、ドラム、ベース、パーカッションがいない分だけ、静かで穏やかな音の流れ。
 繊細で三者の出す音の細部が見えるような音作り。
 Andre Mehmariを穏やかに抑制的にしたようなピアノ。
 というか、クラシック寄りのブラジリアンピアノの典型的な音使いなのかもしれません。
 激しく動きまくり跳ねまくりますが、クラシックの色合いも混ざる上品な音の流れ、スローテンポではたっぷりのタメを効かせ、時に突っ走る、タダモノではない感が漂う音使い。
 ギターはジャズ畑、ポップス畑でももまれたのであろう、ソツのない洗練された音。
 派手な動きはピアノに譲って、静かで穏やかな土台を作るような演奏。
 そんな音を背景にして、硬軟、緩急、激穏、さまざまな表情、貫禄十分の歌。
 聞き慣れてしまった有名曲ではなく、どこかで聞いたことがあるのだけども曲名も作者も思い出せない、そんなさり気なくて上質なメロディを奏でる上品な演奏。
 現代的ながらもなぜか懐かし気な音の流れ。
 イタリアン&ブラジリアンな一作。




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ