吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Luis_Barbiero

【Disc Review】“Vals de Papel” (2017) Luis Barbiero

“Vals de Papel” (2017) Luis Barbiero


Luis Barbiero (voice)

Sebastián Macchi (piano, keyboard) Carlos Auirre (piano, accordion, bass) Martin Sued (accordion) Mauricio Guastavino, Juan Pabla Perez, Cacho Hussein, Silvia Lopez (guitar) Damián Ortiz (mandolin) Joe Troop (violin, banjo) Fernando Silva (bass) Gonzalo Díaz (drums, percussion) Pedro Guastavino (pandeiro) Mauricio Bernal (marimba) Horacio Lopez, Nahuel Ramayo (percussion)

Eugenio Zappa (claninet) Ruben Carughi (trombone) Juan de Dios Puerta Bernabe (tuba) Cintia Bertolino (voice) and strings

Vals de Papel
Elefante en la Habitación!
2017-11-28


 アルゼンチンのフルート奏者Luis Barbieroのボーカル作品。

 前作にあたるのであろう“Música Argentina de Cámara” (2015)からはクラシックな人だと思っていましたが、本作はいろんな要素が入り混じるアルゼンチンポップス。

 リーダーのボイスは艶やかで優しげ、伸びやか。

 少しノスタルジックな香りも漂う南米テイスト。

 冒頭、ボッサ風ビートのギターで始まりますが、エレピとマリンバ、ピアノが絡み合う不思議な音から始まります。

 続くはいかにも現代フォルクローレ、美しいピアノとCarlos Aguirre的なギターのアンサンブルを背景として、女性とデュエットする歌うスローなワルツ。

 さらにはパーカッシブでキューバっぽいラテンポップス、ピアノのみを背景にした濃密系のバラード、アコーディオンに先導されるセンチメンタルなワルツ、巻き舌のスペイン語がマシンガンのように発せられるアップテンポ・・・

 などなど、これでもかこれでもかといろんな南米的な空気感がてんこもり。

 目くるめくように変わっていくようで、なぜか雰囲気は同じ。

 とても穏やかで少々ノスタルジック。

 さりげないようで楽曲、演奏ともに極めて上品で上質。

 楽曲ごとに変わる少人数の編成、アンサンブルを含めて、徹底的に練り上げられているのであろうことがうかがえる音作り。

 前作と編成が全く異なるため、印象のギャップが大きいのですが、実は音の流れ自体は同じなのかもしれません。

 現代フォルクローレとは片付けてしまえない、いろんな南米が詰まったような一作。

 ひょっとしたら大名作なのかもしれません。





posted by H.A.


【Disc Review】“Música Argentina de Cámara” (2015) Luis Barbiero

“Música Argentina de Cámara” (2015) Luis Barbiero


Luis Barbiero (flute) 
Ramiro Gallo, Emilia Brumnich (violín) Nicolás Rossi, Gabriela Peirano (cello) Celina Federik (piano) Mauricio Bernal (marimba) Matías Marcipar (clarinet) Víctor Malvicino (soprano sax)
Ensamble de cuerdas:
Sebastián Orlando, Martín Larraburu, Alejandro Rodrigo, Sergio Sanagustín; Soledad Rodríguez (Violins) Lucrecia Morisse, Marcelo Barolín (Violas) Virginia Núñez, Enrique Catena (cellos) Contrabajo: Fernando Silva (Contrabass)



 アルゼンチンのフルート奏者Luis Barbieroのクラシック室内楽的現代フォルクローレ。
 Carlos AguirreのレーベルShagrada Medraから。
 自身のフルートが前面に出る場面はあまりなく、ストリングスのアンサンブルを中心とし、楽曲によってさまざまな編成に変えていく構成。
 いかにもフォルクローレなワルツ系奇数拍子が印象に残るフワフワと漂うな優雅な音の流れ。
 基本的には穏やかで優し気な表情なのですが、少しテンションが高い曲はEgberto Gismonti的な感じの雰囲気の楽曲もあります。
 クラシックな色合いが強いからなのかもしれませんが、やはり南米、お国、地方は違っても、どこかでつながっているのかもしれません。
 その他、ストリングスアンサンブルとピアノによるとても美しいバラードやら、マリンバと穏やかな管との絡み合いやら、チェロを背景にしてジャズっぽいソプラノサックスやら・・・
 いろんな編成、いろんなテイストが交錯しますが、基本的には明るい色合い。
 穏やかで、優し気で、前向きで、懐かし気で、ちょっととぼけたようで、実は複雑に入り組んでいて、マニアックで・・・
 きっとアルゼンチンの景色、空気感の描写なのでしょう。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ