吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Latin_Jazz

【Disc Review】“Traces” (2015) Camila Meza

“Traces” (2015) Camila Meza

Camila Meza (voice, electric & acoustic guitar)

Shai Maestro (piano, rhodes, wurlitzer, mellotron, pump organ, ampli-celeste) Matt Penman (bass) Kendrick Scott (drums) 

Bashiri Johnson (percussion) Jody Redhage (cello) Sachal Vasandani (voice)
 

Traces
Camila Meza
Sunnyside
2016-02-26


 チリのボーカル&ギタリストのジャジーポップス?、コンテンポラリージャズボーカル?。

 おそらくジャズ畑の人だと思うのですが、このアルバムはSSW(シンガー・ソング・ライター)なんて呼び方が今風でピッタリとくるのかもしれません。

 ガットギターで弾き語る女性はたくさんいるのでしょうが、この人の主力はエレキギター。

 それもクリーントーンのジャジーなギター。

 さらに柔らかいビート感と浮遊感のあるサウンドは、典型的なカッコいいブラジリアンフュージョンな音。

 ま、南米フュージョンの方が適当な形容なのでしょう。

 基本的にはピアノトリオとギターのカルテットに自身のボーカルが乗ってくる形なのですが、このピアノトリオが凄い。

 今をときめくニューヨークコンテンポラリージャズのファーストコールの面々。

 さりげなく軽やかなビートのようで、縦横無尽にスネアがパシパシ入るKendrick Scottのドラム、ちょっとした音がタダモノではない感十分のShai Maestroのピアノ。

 穏やかで上品、柔らかなグルーヴ。

 そんな音を背景にしたボーカルは透明度が高い可憐系。

 ジャズボーカルというよりもポップス然としてはいますが、ナチュラルな感じは多くの人に受けるタイプでしょう。

 ボーカルvsギターの配分は7:3ってところでしょうか。

 そんなバランスで忘れたころに登場する?エレキギターがカッコいい。

 艶のあるクリーントーンですが、Pat MethenyでもToninho Hortaでもなく、もっとジャズ寄り。

 が、ブルージー成分は少なくて、考え抜かれたと思われるメロディアスなフレージング。

 巧拙が気にならない個性的なギター。

 さらに、あのGeorge Benson風スキャットが並走します。

 これはカッコいい。

 楽曲はオリジナルに加えて、チリのスタンダード?にDjavanなどなど。

 これもポップス然としていますが、コンテンポラリージャズな感じがするのはバンドの演奏力ゆえでしょう。

 柔らかくて爽やかでノリがよくてポップなうえに、ハイレベルにジャジー。

 とにもかくにも気持ちいい音。

 今の季節にピッタリ。





 posted by H.A.

【Disc Review】“Infinite Love” (1993) Gil Goldstein / Romero Lubambo

“Infinite Love” (1993) Gil Goldstein / Romero Lubambo
Gil Goldstein (piano, accordion) Romero Lubambo (guitar)
Toninho Horta (rythum guitar, voice) Armando Marcal (percussion) Maucha Adnet (voice)
 

 
 ジャズ、フュージョン?のピアニストGil Goldstein、ブラジルのギタリストRomero Lubamboとの双頭ユニットでのブラジル音楽集。
 まるでゲスト参加したToninho Hortaの作品のよう、と書くと他の人から怒られそうですが、 そんな楽園ムードが漂うフラジリアンフュージョン。
 全曲に参加しているわけではないし、全体を眺めれば全く違うのですが、合間々で彼が声を出してしまうと、それだけでそれらしくなってしまうのですね。
 “My Foolish Heart”なんて聞き飽きたはずのメロディがフワフワと浮遊感が強い音に変わり、とても新鮮に響きます。
 さすがにリーダーがジャズ系アメリカ人なので、純ブラジル系のユニットと比べると、少々音の流れが硬い感じもするのですが、その分クールで洗練されている感じ。
 とても涼し気でさわやかな音。
 ジャズ的なインプロビゼーションの場面もたっぷり。
 Romero Lubamboのギターはスムース、何曲かでフィーチャーされるアコーディオンノスタルジックなムードでいい感じ。
 冒頭の“My Foolish Heart”、最後に収められたDori Caymmiナンバー”Amazon River”の流麗でセンチメンタルなピアノソロなんて最高。
 その他、オリジナル曲、Toninho Horta三曲など。
 アコースティックなブラジリアンフュージョン作品はあまたあれど、ジャズサイドから近づいたアルバムとしては最もいい感じの一作に入るかな?
 他にもっといいのあったかなあ?
 思い出しません、今は。




posted by H.A.


【Disc Review】“Latino / Aqui Se Puede” (1984) Airto Moreira

“Latino / Aqui Se Puede” (1984) Airto Moreira

Airto Moreira (Vocals, Percussion, Drums, Other)
Jorge Dalto (Electric Piano) Kei Akagi (Synthesizer, Keyboards) Oscar Castro Neves (Electric Piano, Guitar) Larry Nass (Guitar) Alphonso Johnson, Keith Jones (Bass) Tony Moreno (Drums)
Cachete Maldonado, Donald Alias, Frank Colon, Giovanni, Laudir De Oliveira (Percussion)
Joe Farrell (Flute) Raul De Souza (Trombone) Jeff Elliot (Trumpet, Flugelhorn)
Geni Da Silva (Lead Vocals) Rafael José, Tite Curet Alonzo (Backing Vocals) Flora Purim (Vocals)
 
Aqui Se Puede-Latino
Airto Moreira
Montuno
アイアート・モレイラ


 Airto Moreira、サイケなMPB全盛期、フュージョン全盛期を経て、落ち着いたラテンミュージックな一作。
 エレピ、歪んだギターの音はありますが、1970年代の熱は落ち、強烈なファンクも、サイケも、デジタルっぽさもなくなり、落ち着いた大人のムード。
 ブラジリアンビートにアメリカンテイスト混じり、洗練された色合いですが、AORってな感じでもなく、アコースティックな質感、ナチュラルなMPB~フュージョン。
 終始、肩に力が入らないゆったりとした音。
 ブラジルネイティブな音、ポップな音、穏やかなフュージョン、例によって幅のあるテイスト、いろんな音楽が交錯する構成。
 などなど、それぞれいい演奏が揃っているのですが、やはりブラジルナショナルサッカーチームの応援歌“Tombo”の再演に耳が行ってしまいます。
 “Fingers” (Apl.1973)でサイケなギター、エレピ、ワイルドな歌、少々ロックなバージョン、“I'm Fine. How Are You?” (1977)では洗練されたフュージョンなバージョンもありましたが、本作ではあくまでナチュラルなブラジリアンテイスト。
 パーカッション、アコースティック楽器中心に素直なサンバテイスト。
 クィーカーの音とともにゆったりとしたテンポ、いきなりサビのメロディからスタート。
 そのメロディもそこそこに、いきなりこれこそサンバな怒涛のパーカッションと奇声の饗宴開始。
 続くこと数分間。
 クラクラしてきたところで、最後に例の陶酔感を誘うサビのリフレイン。
 やはりブラジル音楽はこんな感じでないとね。
 ・・・などなど含めて、洗練とナチュラルさ、熱狂とクールネス、諸々の要素が混ざり合い、いい感じのバランス。
 これ、素晴らしいアルバムです。
 
 


posted by H.A.  

【Disc Review】“I'm Fine. How Are You?” (1977) Airto

“I'm Fine. How Are You?” (1977) Airto

Airto (Percussion, Vocals)
Hugo Fattoruso (Keyboards) Charles Johnson, Oscar Castro-Neves (Guitar)
Abraham Laboriel, Byron Miller, Jaco Pastorius (Bass)
Airto Moreira, Laudir de Oliveira, Manolo Badrena (Percussion)
Tom Scott (Flute, Sax) Raul de Souza (Trombone)
Flora Purim, Ruben Rada, Hugo Fattoruso (Vocals)
 
アイム・ファイン、ハウ・アー・ユー?
アイアート・モレイラ
ダブリューイーエー・ジャパン



 Airto Moreira、アメリカン&ブラジリアンなMPB作品。
 Flora Purimの“Nothing Will Be as It Was... Tomorrow” (1977)、“Everyday Everynight” (1978)に近い時期、それらにも近い音。
 この人のいつものいろんな色合いが混在するアルバム。
 もちろんパーカションが強め、サンバな曲もいくつか。
 ブラジリアン色も強いのですが、Tom Scottの印象も強く、ファンク混ざりの健全なフュージョンに、Alphonso Johnson 時代のWeather Report色も混ざったようなボーカル入り中心のアルバム、ってな感じ。
 チョッパーベースが唸り、楽し気な歌声とメローなサックスが絡み合う、元気いっぱいな曲からスタートし、ビリンボウとエレピが主導するAOR風の曲、都会的なサンバ、Flora Purimのサイケなスキャットが炸裂するメローな曲?などなど。
 ここでもブラジルナショナルサッカーチームの応援歌“Tombo”が“Celebration Suite”としてカバーされていて、パーカッションと嬌声の饗宴ですが、素直で都会的なスッキリしたサンバの“Tombo”。
 オリジナル?“Fingers” (Apl.1973)バージョンのざらざらしたような質感が無くなり、磨き上げられたような音作り。
 洗練されています。
 最後に収められたJaco Pastorius参加曲はフリーインプロビゼーションでしょう。
 幻想的なスローテンポでスタートし、妖し気なバーカッション、嬌声との共演。
 徐々にビートを上げますが、リズムに乗るのはわずかな時間。
 スペーシーで幻想的なベースの音で締め。
 1970年代初頭のような粗削りな雰囲気、妖しげなムードは無くなりましたが、いつもながらブラジル音楽のいろんな要素てんこ盛り。
 なんだかんだでいかにもなこの人の洗練されたフュージョン系MPB作品。




posted by H.A.  


【Disc Review】“Fingers” (Apl.1973) Airto

“Fingers” (Apl.1973) Airto

Airto (Drums, Percussion, Vocals)
David Amaro (Guitars) Hugo Fattoruso (Harmonica, Keyboards, Vocals)
Ringo Thielmann (Bass, Vocals) Jorge Fattoruso (Drums, Vocals)
Flora Purim (Vocals)

Fingers (Cti Records 40th Anniversary Edition)
Airto
Masterworks
アイアート・モレイラ


 Airto Moreira、CTI作品第二弾。
 レギュラーメンバーなのかどうかはわかりませんが、ブラジリアンを集めたバンド。
 ちょっと派手目のブラジリアンMPB~フュージョン。
 これが当時の彼の自然体の音なのかもしれません。
 エレクトリックMilesのライブでよく響いていたクィーカーの音に導かれるちょっと重めのロック~ポップスから始まりますが、続くサンバ混じり、スキャットも交えたジャズフュージョンがカッコいいグルーヴ、疾走感。
 やはりサンバが似合います。
 その他、エレピが主導する穏やかなフュージョン、ビリンボウ?が響くエスニックな音、アメリカとブラジル混ざったようなメロディ、などなど、例によっていろんな要素、てんこ盛り。
 とかなんとかありますが、本作は何はともあれ、ブラジルナショナルサッカーチームの応援歌”Tombo in 7/4”。
 作者はもちろんAirto。
 カバーもたくさんあるし、本人の別バージョンもありますが、これが一番イケイケでそれっぽくて、よろしいのでは。
 ちょっとサイケなギターと荒っぽい歌、懐かしい感じのオルガン、美しいエレピの響き・・・
 ま、そのあたりは付け足しで、やはりこの曲は鳴り響くパーカッションと、サビのコーラスで決まりでしょう。
 明るいようで哀愁が漂うブラジリアンメロディとサンバのビート、陶酔感を誘うサビのリフレイン。
 心ならずも揺れ動く体。
 ブラジル音楽はこれでないとね。




posted by H.A.  


Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ