吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Kurt_Rosenwinkel

【Disc Review】“Caipi” (2017) Kurt Rosenwinkel

“Caipi” (2017) Kurt Rosenwinkel
Kurt Rosenwinkel (acoustic & electric guitars, electric bass, piano, drums, percussion, synth, Casio, voice)
Ben street (bass) Andi Haberl (drums) Pedro Martins (voice, drums, keyboards, percussion) Eric Clapton (guitar) Alex Kozmidi (baritone guitar) Mark Turner (tenor saxophone) Chris Komer (french horn) Frederika Krier (violin) Kyra Garéy, Antonio Loureiro, Zola Mennenoh, Amanda Brecker (voice)
 
Caipi
Kurt Rosenwinkel
Razdaz
2017-02-10
カート・ローゼンウィンケル

 もう若手ではないのでしょう、コンテンポラリージャズギターの第一人者Kurt Rosenwinkelの最新作。 
 前作 “Star of Jupiter” (2012) はシンプルなギターカルテットでのロック色も強い作品でしたが、本作のイメージは少々異なります。
 いつものハードコアでハイテンションな質感、これでもかこれでもかと押し込んでくる感じはありません。
 またバンドでの演奏ではなく、ピアノ、ドラム、ベースも自身での演奏が中心、楽曲ごとにゲストを加える形。
 いきなりボサノバビートのタイトル曲。
 他にもブラジリアンな感じの曲が多く、フォークロック、現代的ロックな曲も何曲か。
 多くの曲でボイス、ボーカルがフィーチャーされます。
 メロディ自体は彼らしいウネウネ、ネトネトとしたねちっこいラインですが、全編ポップで明るいムード。
 柔らかいビート感と柔らかなボイスは“Still Life (Talking)” (1987)あたりのPat Methenyっぽい感じもありますが、それよりもちょっとハードで、もっとポップス寄り。
 前作“Star of Jupiter” (2012)ではプログレッシブロック色が強い感じでしたので意外な展開ではあるのですが、それをマイルドにして、ボサノバの色合いを加えて、ポップさを強調した感じ、といえばそうかもしれません。
 素直に考えば、前作は宇宙がテーマ、本作はブラジルがテーマってな感じでしょうかね?
 いずれにしても、バンドで現代ジャズを汗が噴き出すような演奏でドカーンと盛り上がって・・・ってな感じではなく、ボイスが前面に出た柔らかな楽曲中心。
 ジャズからの距離はさらに大きくなっているようにも思います。
 アコースティックギターも多用されていますが、もちろんエレキギターはいつものファットな音。
 ウネウネとどこまで続いていきそうなソロは随所にフィーチャーされ、それは他の人では聞けないハイテンションな音。
 一部で本人よる凄まじいピアノソロがあったり、盟友Mark Turnerのサックスもいい感じでバンドサウンドに溶け込んでいて、インプロビゼーションはたっぷり。 
 一曲に参加したEric Claptonは顔見せ程度ですかね。
 ボーカルはKurt Rosenwinkel本人が中心。
 ま、うまいわけではなさそうですが、いつものギターとのユニゾンのコーラスと同様にフワフワとした感じ。
 何曲かにフィーチャーされるPedro Martin、Eliane Elias の娘さんAmanda Breckerを含めたゲスト陣のさり気ないスキャットも幻想的でとてもいい感じ。
 ポップでコンパクトな演奏が揃っているのですが、その寄せ集めといった感じではなく、トータルアルバムとしてもキッチリまとまった感じの構成。
 最後は穏やかなバラード風ながらじわじわと盛り上がってドラマチックに、華やかに幕。
 最初に聞いた感じはアレレ?でしたが、何度か聞いていると、やはりKurt Rosenwinkelでなければできそうにない独特の色合い。
 とても聞きやすい感じなのですが、ほどほどにひねりが効いていて、やはりクリエイティブ。
 凄い作品のように思えてきました。
 ハイテンションでごっつい音楽の印象が強い人なのですが、こんなソフトな感じも気楽に聞けていいのかも。
 さて、次はどこに行くのでしょう?
 

 

posted by H.A.



【Disc Review】“Star of Jupiter” (2012) Kurt Rosenwinkel

“Star of Jupiter” (2012) Kurt Rosenwinkel
Kurt Rosenwinkel (Guitars)
Aaron Parks (Piano) Eric Revis (Bass) Justin Faulkner (Drums)

Star of Jupiter
Kurt Rosenwinkel
Imports
カート・ローゼンウィンケル


 コンテンポラリージャズギターのドン?Kurt Rosenwinkel、2016年の時点ではまだこれが最新作なのでしょう。
 ビッグバンドとの共演“Our Secret World” (2009)以来のアルバム。たぶん。
 本作はピアノトリオを従えたギターカルテット編成での二枚組、コンテンポラリージャズ作品。
 編成は普通ですが、やはり普通のギターカルテットとは違う音、ロック寄りの質感でしょう。
 ここまでと異なるのが、スッキリと整った音作りになっていること。
 それでも整ったジャズ、ロック、フュージョンではなく、新しい質感の音。
 いつもながらに複雑だけども、スッキリした印象のビート。
 少々重めのビート、軽快で突っ走るビートをメリハリをつけて使い分けている感じもあります。
 メロディも不思議系が薄らいで、素直な感じ、しかもドラマチックな構成。
 シンプルではなくて十分に複雑ですが、ある種のルーズさがなくなりタイトな印象。
 結果として、ジャズのムードも薄くなっているようにも思います。
 もちろん一線を越えた圧倒的な演奏力。
 強烈な加速感と疾走感、ノリは凄いしインプロビゼーションはキレまくり。
 ギターはいつものディストーションが掛かったファットな音、さらにはエフェクティングも多用して変幻自在。
 ギターシンセサイザー的な音作りも何曲かあります。
 いつものこれでもかこれでもか、うねうねねちょねちょ、グリグリゴリゴリ、どこまでも続いていくような怒涛のギター。
 フレージング含めて、スムースなディストーションサウンド。
 これはいつも通りかもしれませんが、ここまでくるとジャズギターのイメージはなくて、かといってロックとも距離がある彼独特の音。
 サポートメンバーも個々はジャズな演奏なんだけども、全体の音はジャズジャズしていません。
 たまに挿入されるジャズの流儀のバース交換がなんだか微笑ましい。
 名手Aaron Parksも強烈に弾く場面は少なく、他のメンバーも含めてリーダーが暴れる背景作りに徹している印象。
 宇宙がテーマ、確かに宇宙船に乗って突っ走る、そんなイメージの音でしょう。
 ドラマチックでもあります。
 ここまでくるとジャズではないんだろうなあ・・・少なくとも普通のジャズではありません。
 であればいつもそうか・・・
 本作も激烈、痛快です。
 おなか一杯、ごちそうさまでした。




posted by H.A.

【Disc Review】“Our Secret World” (Sep.2009) Kurt Rosenwinkel

“Our Secret World” (2009) Kurt Rosenwinkel
Kurt Rosenwinkel (Guitar)
Abe Rabade (Piano) Carlos Azevedo (Piano) Demian Cabaud (Bass) Marcos Cavaleiro (Drums) and horns

Our Secret World
Kurt Rosenwinkel
Imports
2015-01-06
カート ローゼンウィンケル




 前掲のJonathan Kreisbergで思い出して久々に。
 いまや大御所Kurt Rosenwinkelのビッグバンドアルバム。
 ゴージャス&ドラマチック。
 気合入ってます系のコンテンポラリージャズ。
 前掲のJonathan Kreisbergの作品も近いといえばそうなのですが、これと比べると抑制気味、こちらは情け容赦一切なし。
 聞いていて汗が吹き出してくるような、サウナの中で全力疾走しているような?、そんな音。
 リズム隊、ホーン共に強烈ですが、ピアノ、ホーン陣などメンバーのソロはほとんどなく、あくまでアンサンブル。
 その分厚い音、強烈なグルーブの上でギターを文字通り弾きまくり、全編長尺なインプロビゼーション。
その全てがドラマチック。
 次から次へと新しいフレーズ、展開がこれでもかこれでもかと、あるいは汲めども尽きぬ泉のように続く、そんな演奏ばかり。
 全編、緊張感、昂揚感の塊。
 こりゃ凄まじい。
 ここまで続くとマンネリになってしまいそうな感もあるのですが、決してそんなことはありません。
 ピークに向けての展開が明確というか、極めて自然というか。
 構成は複雑なのだけども、リズムと個々のフレーズが明快なのと、徐々に自然に盛り上がりながら音量が上がり、突っ走っていくといった起承転結が見える流れだからかなあ。
 手に汗握るような展開が延々と続き、終わるとホッとするようなそんな展開。
 全てのインプロビゼーションがそうなのだから凄い音楽です。
 ギターの音、このアルバムではディストーションを掛けたファットな音が中心。
 ディストーションはあまり好きではないのですが、この人はなぜかOK。
 触れるとはじけてしまいそうな張り詰めた音。
 一音一音がキレイ。
 不思議系のフレージングとピッタリなのでしょう。
 この人のギターはロック的なのかジャズ的なのか?
 うーん?よくわからん。
 いずれにしても、若手ジャズ系の人の中でもカッコよさ、緊張感はピカイチ、ロック好きとして聞いてもこれだけカッコいいのは少ないのでは。
 曲は不思議系、複雑系。
 愛想は無いし、リラックスできる感じも無いのですが、逆に男臭い緊張感、切迫感がカッコいい。
 ギター、楽曲等々極めて今風ではありますが、アルバム全体ではあくまでジャズの雰囲気。
 強烈なリズムとホーン。
 複雑な構成の中、思い出したように出てくるシンプルな4ビートが気持ちいい。
 コンボでのライブ盤”The Remedy”(2006)も凄まじいアルバムでしたが、勝るとも劣らず。
 エキサイティング系、昂揚感系ジャズ、体育会系ジャズ、筆頭の一つ。

(※本投稿は、2015/9/3投稿分から転載しました。)


posted by H.A.

【Disc Review】“Reflections” (Jun.2009) Kurt Rosenwinkel Standards Trio

“Reflections” (Jun.2009) Kurt Rosenwinkel Standards Trio
Kurt Rosenwinkel (guitar) Eric Revis (bass) Eric Harland (drums)

Reflections-Standards Trio
Kurt Rosenwinkel
Imports
カート・ローゼンウィンケル


 Kurt Rosenwinkel、激烈なライブ“The Remedy” (2006)に次いでは、トリオでのジャズバラードアルバム。
 びっくりするような平和なモダンジャズ。
 あれれ・・・ってなぐらいの変わりようですが、“Intuit” (1998)といったアルバムもありましたので、これがルーツ、好きな世界なのでしょう。
 聞く方は気持ちを切り替えないと面食らってしまいますが・・・
 全曲ジャズスタンダード。
 Thelonious Monk、Wayne Shorterから二曲ずつというのがいかにも不思議系の彼らしいチョイス。
 フレージングはいつも通りなのかもしれませんが、トリオゆえのコードワークを挟みつつの演奏が、いつもの激烈突っ走りのイメージを抑えているのかもしれません。
 ギターは強いディストーションは使っていないものの、いつもファットな音。
 純クリーントーンではなく、ナチュラルなオーバードライブが掛かった感じ。
 もちろんほとんどすべての場面でギターが前面に出るのですが、まろやかなトーンも手伝って、穏やかな印象。
 スローテンポだとちょっとねっとりとした感じでしょうかね?
 少しビートが上がってシングルトーンのソロが始まるとワクワクするような疾走感。
 やはりこの人ならではの個性的な音使い。
 デビュー作“East Coast Love Affair” (Jul.1996)のタイトル曲の再演がありますが、あまり変わった感じはしません。
 革新的クリエーターな印象、確かに全体のサウンドは革新的で常に変わってきていますが、ギター演奏の骨格自体はデビュー時から変わっていないのでしょうね。
 なんだかんだで穏やかながらも不思議系。
 なお、デビュー作から続くギターとユニゾンのボイスがなぜか本作では入っていません。
 “Intuit” (1998)でも入っていなかったと思うので、スタンダード演奏ではやらないことにしたのかな?
 カッコいいのにね。
 ・・・などなど、一休みするのはつかの間、次は本作の三か月後のセッション、またまた激烈な“Our Secret World” (Sep.2009)へと続きます。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Remedy: Live at the Village Vanguard“ (2006) Kurt Rosenwinkel

“The Remedy: Live at the Village Vanguard" (2006) Kurt Rosenwinkel 
Kurt Rosenwinkel (Guitar)
Mark Turner (Tenor Saxophone) Aaron Goldberg (Piano) Joe Martin (Bass) Eric Harland (Drums)

Remedy-Live at Village Vanguard
Kurt Rosenwinkel
Imports
カート ローゼンウィンケル


 

 2014年現在、現代のトップジャズギタリストと呼んで差支えないのでしょう、Kurt Rosenwinkelのそれまでの集大成ともいえるライブ盤。
 とにかく凄まじい。
 音圧、グルーブ感、スピード感、その他諸々。
 各人のインプロビゼーションも凄いが、バンドとしてのノリが凄まじい。
 複雑な構成の曲、激しいビートに乗せて、ディストーションを掛けた音色のギターが文字通り唸りまくります。
 さらに人気のMark Turnerのサックスもいつものクールさだけではなく、バンドの音に引っ張られるように激しいインプロ、ピアノのAaron Goldbergもガンガンゴンゴン。
 特に凄まじいのはEric Harlandのドラム。
 最近の若手の代表格の一人でいろんなアルバムで聞いていて、新しい感覚のいいドラマーだなあ、と思っていましたが、ここまでバコバコ叩く人だったとは。
 全般煽りまくりの凄まじいドラミング。
 心地よいことこの上なし。
 アップテンポの曲ではバンド自体が疾走しまくりで、ギターソロなど聞いていると、超音速の戦闘機か何かで何処か遠い所に連れて行かれているような感覚。
 音圧も凄いのですが、ロックっぽいかと言えばそうではなく、バンドは明らかにジャズのノリ。
 ギターのフレーズも変わった感じで変態チックなのだけどもジャズっぽい。
 ロックでもフュージョンでもなくあくまでジャズ。
 必ずしも愛想があるとは言えない楽曲や、何拍子なのかわからない、4ビートとは明らかに違う質感、これでもかこれでもかと畳み掛ける構成は、モダンジャズファンからは敬遠されるのかもしれませんが、新しいタイプのジャズの完成形の一つなのだと思います。
 Pat MethenyのUnity Bandってこれに影響されていたりして、と思うのは私だけ?
 ヘビー級の現代的ジャズ。
 近年のジャズの特徴は「軽さ」だと思っていましたが、このアルバムなど聞くとそうでもないようです。
 もともと歪んだギターや音圧が高過ぎる音楽は好きではないのだけれど、これは別格。
 じっくり聞くとスカッとします。
 体調のいい時に限りますが。

(※本投稿は、2014/07/25投稿分から転載しました。)

※メンバーは違いますが。

posted by H.A.
Profile
記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ