吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Kevin_Eubanks

【Disc Review】“Turning Point” (1992) Kevin Eubanks

“Turning Point” (1992) Kevin Eubanks
Kevin Eubanks (Guitar)
Charnett Moffett, Dave Holland (Bass) Mark Mondesir, Marvin "Smitty" Smith (Drums) Kent Jordan (Flute)

Turning Point
Kevin Eubanks
Blue Note
ケビン ユーバンクス


 前掲“Spirit Talk” (1993) “Spirit Talk2” (1994)と三部作のような位置づけ、このアルバムが端緒なのでしょう。
 同様にカッコいいジャズ・フュージョン。
 この人のギターはカミソリのようにシャープ。
 ジャズとロックが混ざり合うフレージング、変幻自在の表現力と強烈な疾走感。
 それでいて繊細で上品。
 攻撃的なベース、ドラムが作る強烈なグルーヴ。
 メンバーの名前から想像される音そのままに激しいビート。
 でも、うるさくはなくて、ヒタヒタと迫ってくる系。
 複雑な構成の楽曲。
 その上で展開される攻撃的なインプロビゼーション。
 強烈な演奏ながらも、なぜか上品、爽やかな印象にまとめてしまう、アンサンブル、アルトフルート、アコースティックギター。
 激しく複雑なのになぜか爽やかで聞きやすい。
 徹底的に洗練された、キレイでとてもクールな音。
 クリエイティブだけど聞きやすい、カッコいいコンテンポラリージャズ。
 最近のコンテンポラリージャズの主流は不思議系でしょうかね?
 この種の攻撃ながらスッキリしていて分かり易い音楽、今はなかなかありません。
 流行らないのかなあ。
 二十年以上前の作品だけど、今の耳で聞いて名アルバムだと思うのだけど。




posted by H.A.

【Disc Review】“World Trio” (1995) Mino Cinelu, Dave Holland,Kevin Eubanks

“World Trio” (1995) Mino Cinelu, Kevin Eubanks, Dave Holland  
Mino Cinelu (percussion) Kevin Eubanks (guitar) Dave Holland (bass)
 
World Trio
Mino Cinelu
Intuition
ミノ シネル
ケビンユーバンクス
デイブ ホランド

 玄人好みのメンバーが集まったハイテンションなアコースティック・ギタートリオ。
 こちらはストレートなコンテンポラリージャズ。
 贅肉を完全にそぎ落としたような、全く無駄のない音。
 これにピアノが入ると全く違う質感の音楽になってしまうのでしょう。
 Dave Hollandがベースを弾くと音に動きが出てグングン前に進む。
 空間に彩りをつけるパーカッション。
 瑞々しいアコースティックギターの繊細で美しい音。
 ヒタヒタと静かに迫ってくるようなビート感から徐々にテンポを上げ、強烈な加速感、疾走感で突っ走るバンド。
 痛快。




posted by H.A.

【Disc Review】“Spirit Talk” (1993) “Spirit Talk2” (1994) Kevin Eubanks

“Spirit Talk” (1993) “Spirit Talk2” (1994) Kevin Eubanks
Kevin Eubanks (guitar)
Robin Eubanks (trombone) Kent Jordan (alto flute) Dave Holland (bass) Marvin "Smitty" Smith (drums) Gene Jackson (drums)

Spirit Talk
Blue Note Records
2009-02-02
ケビン ユーバンクス
Spirit Talk 2: Revelations
Kevin Eubanks
Blue Note Records
1995-02-07


 中堅というよりベテランになるのでしょう、Kevin Eubanks。
 全体のサウンド自体はシャレていてノーブル、でもちょっとだけひねくれたイメージ。
 一方、本人のギターは、基本クリーントーンながらもやたら攻撃的で、その対比がいい感じ。
 ジャズというよりロック~ソウルの色合いが強いのかな?弾きしだすとJohn McLaughlinのイメージが強い?それともGeorge Benson?・・・
 でも似ているといった感じでもない個性的なギター。
 さて、この二枚のアルバム、ほぼ同じメンバーで録音されたコンテンポラリージャズ。
 もう20年前もになるんですか、が、今でも古くない、カッコいい音。
 柔らかな管楽器と攻撃的なギター、ドラムの絶妙な組み合わせ。
 上品なようでアグレッシブ。
 ギターよりも管が目立つアンサンブル、ギターもアコースティックが中心。
 低音系の管とアコースティックギターの優しい感じのアンサンブルが続くのかな・・・と思いきや、思い出したように攻撃的なギターのインプロビゼーション、気が付くと激しいドラムが煽りまくるアグレッシブな演奏・・・
 そんな感じ。
 Herbie Hancockの”Speak Like A Child”に近い?とも思いつつも、もちろん現代的だし攻撃的、さらによりポップでもあるような。
 ちょっと凝った楽曲、編曲が多いのですが、決してマニアックで難解な感じでは無く、あくまで爽やか。
 リズムは変拍子、8ビート、16ビートなど複雑系中心、それらが現代的でいいんだけども、時折り思い出したように出てくる4ビートが心地よくて、これまたいい感じ。
 上品で爽やか、しかもアグレッシブなカッコいい音楽。




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ