吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Kenny_Wheeler

【Disc Review】“Gnu High” (Jun.1975) Kenny Wheeler

“Gnu High” (Jun.1975) Kenny Wheeler
Kenny Wheeler (Flugelhorn)
Dave Holland (Bass) Jack DeJohnette (Drums) Keith Jarrett (Piano)

ヌー・ハイ
ECM
ケニー ホイーラー



 Kenny Wheeler、Keith Jarrettが客演した人気アルバム。
 メンバーをみるとエレクトリックMilesバンドができてしまいそうなのですが、全く違います。当たり前か。
 本アルバムはあくまでKenny Wheelerの端正なジャズ。
 “The Köln Concert” (Jan.1975)の半年後、何をやっても凄い時期に入ったKeith Jarrett、さらには何でもできてしまう超絶リズムの二人を迎えても、Kenny Wheelerは全く動じるところなし。
 ピアノトリオ、さらにはソロピアノのスペースまでたっぷりあります。そこはKeithの世界。絶好調期だけに最高のインプロビゼーション。
 が、全体を眺めると、意外なほどにKenny Wheelerの端正なジャズの世界。
 Kenny WheelerはECMの初作なのでしょうが、堂々とした吹きっぷりと支配力。 
 ゆったりとした曲を、長尺ながら様々な変化をつけながら、ドラマチックな演奏。
 リズム隊は言わずもがなの超高レベル。
 超絶リズムの二人もあまり煽りは入れず、これまた端正なサポート。
 スウィンギーなジャズで律儀なコンピングをするKeithに違和感をもってしまうのは、Keithファンならではの悲しさなのでしょう。
 普通にヨーロピアン・ジャズとして聞けば、最高レベルのアルバムであることは間違いありません。 




posted by H.A.

【Disc Review】“That's For Sure” (2000) Marc Copland

“That's For Sure” (2000) Marc Copland
Marc Copland (piano)
John Abercrombie (guitar) Kenny Wheeler (flugelhorn)
 
That's for Sure
Copland
Challenge
2002-03-05
マーク コープランド

 前のアルバムと少しメンバーが違うこれまた室内楽的ジャズ。
 ピアノが入るとどんな感じになるのかな?思いながら取り出した一枚。
 ま、プレーヤー、音の組み立て方に拠るのでしょうが、結果はあまり変わありませんね。
 これも静かで上品、センチメンタルなジャズ。
 これはリーダーがMarc Coplandなのでしょうね。でも、これ見よがしな派手なことはせず、あくまでしっとりとした演奏。前掲の作品のギターがピアノに変わるときらびやかになるかなと思いきや、そうでもありません。他の二名の演奏を上品に支える演奏に徹しているようにも思えます。
 John Abercrombieのギターは少々寂しげ、寂寥感が溢れるいい味わい。この人難しい音楽を始めると難解になるし、元気が良すぎると妙にロック色、フュージョン色が強くなるのだけども、この手のメロディアスな音楽だと、オーソドックス、でもほどよい妖しさが出ていていい感じ。
 Kenny Wheelerはいつものテンションを押さえて、しっとりとメロディを置いていく感じ。
 結果、興奮するような音楽ではないし、ECMのような冷たさや緊張感、アバンギャルドさも薄いのだけども、その分安心して聞けるし、BGMとしてもピッタリ。さりげないんだけも、甘くて寂寥感のある各人のオリジナル曲が際立つ演奏。
 さらりとして、ほどほどにセンチメンタルな素敵な音楽。
 気持ち、周囲の空気が淀んできたときの清涼剤になる、かな?






posted by H.A.

【Disc Review】”It Takes Two!” (2005) Kenny Wheeler

”It Takes Two!” (2005) Kenny Wheeler
Kenny Wheeler (flugelhorn)
John Abercrombie (guitar) John Parricelli (guitar) Anders Jormin (bass)
 
It Takes Two
Kenny Wheeler
Sunny Side
2006-06-27
ケニー ホイーラー

 Kenny Wheelerがギター2本とベースを従えた静的なジャズ。
 フリーな曲も少しだけありますが、基本的にはメロディアスでキレイなバラード曲を静かに演奏するスタイル。
 ドラムレスなのはわかるとして、ギター2名にした理由は何だろう?ピアノだときらびやかになり過ぎるからかな?であれば、淡々とした味わいが出ていて大成功。寂寥感溢れる有名曲Love Theme from "Spartacus"がピッタリの音使い。他にもそんな感じのセンチメンタルな美曲がいくつか。
 基本、静かでしっとりとしている音楽ですが、それにピッタリのAnders Jorminのベース。この人が入ると静かな音楽にも何故か上品なグルーブが出ます。深いというか、揺れるというか、前に進むというか。音の置き方、強弱のつけ方に何か秘訣があるんだろうなあ。
 さらに抑え目の二人のギター。いずれも名手なのですがそれほど派手に前には出てきません。アコースティックギター中心で爽やかながら寂寥感が漂う味付け。アバクロさんの変態的な節回しも少なめ。拍子抜けと言えばそうかもしれないけども、さりげなく妖しさ、緊張感を加えるといった感じで悪くはありません。
 さて最後にリーダーのフリューゲルホーン。
 時折りの強烈なビヒャヒャーはいつも通りですが、このアルバムでは全体的に抑え気味。ちょっとふらつき気味だったり、枯れてきた感もあるのかもしれませんが、それはそれでいい味わい。
 といったことで、静かで淡々とした地味な室内楽的ジャズですが、極めて上質。
 秋の夜長、静かな時間帯にビッタリの落ち着いた音。
 深いなあ・・・




posted by H.A.

【Disc Review】“Deer Wan” (Jul.1977) Kenny Wheeler

“Deer Wan” (Jul.1977) Kenny Wheeler
Kenny Wheeler (trumpet, fluegelhorn)
Jan Garbarek (saxophones) John Abercrombie (electric guitar, electric mandolin) Dave Holland (bass) Jack DeJohnette (drums) Ralph Towner (12-string guitar)

Deer Wan
Kenny Wheeler
Ecm Import
2000-01-25
ケニー ホイーラー



 最近亡くなったヨーロッパを代表するトランぺッターKenny Wheeler。
 ECMから一枚選ぶとするとこのアルバムを挙げるかな?と思わせる名盤。
 本当にそうするかどうかはさておき、ECMオールスターでのハイテンション、ハイレベルな演奏。
 リズム隊がDave Holland、Jack DeJohnette、あのMilesのBitche’s Brewのメンバー。
 私的には史上最強だと思う、激しく強烈なグルーヴ。
 例によってドコドコ、バコバコ。
 ピアニストはいませんが、この二人であればまあいなくてもいいでしょう。
 かわりにJohn Abercrombieのギターが妖しげな音を連発しているのもいい感じ。
 さらに一部で大御所Ralph Townerも加わり変化に富んだ音作り。
 リーダー含めたホーンのお二人も絶好調。
 黒っぽくない、ある意味ジャズっぽくない音使いであるものの、気合の入った緊張感の塊のような音を展開。
 どちらも激しい音を使う人なので、一人づつのワンホーンだとキツ過ぎて疲れてしまうこと無きにしも非ず、ですが、不思議なもので二人が揃うと何故か中和されるようで?・・・
 たぶん気のせいでしょうが・・・何故かいい感じ。
 特別な美曲があるわけではありませんが、どの曲も緊張感あふれる名演奏。
 フリーでは無い激しい系のインプロビゼーションを楽しむためにはちょうどいい感じのシンプルさ。
 バラードらしいバラードが入っていないので、このレーベルの特徴の静音ジャズ的な趣や、全編ルバート的な浮遊感の塊のような演奏はわずか、あくまでカチっとした音作りですが、まあそれはよしとしましょう。
 元気が良くて上品な音を聞きたくなった時に取り出す一枚。
 何度聞いても、今聞いてもカッコいい、1970年代後半のヨーロッパ系ジャズ、激しい系の代表作の一枚、と私的には思っています。



posted by H.A.

【Disc Review】“Freigeweht” (1980) Rainer Brüninghaus

“Freigeweht” (1980) Rainer Brüninghaus
Rainer Brüninghaus (piano, synthesizer)
Kenny Wheeler (flugelhorn) Jon Christensen (drums) Brynjar Hoff (oboe, English horn)
 
Freigeweht
Rainer Bruninghaus
ECM Records
2000-04-04





 ベーシストEberhard WeberやサックスJan Garbarekの諸作品でカッコいいピアノを弾いていた人。
 ベースレス、ホーン入りの変則トリオ。
 近未来の香りとクラシックの香りが混在する、クールな質感のコンテンポラリージャズ。
 シンセサイザーが作る未来的、宇宙的空気の中を、ピアノ、ドラム、ホーンが泳ぐ。
 なるほど、ベースレスならではの浮遊感。
 あの凄いピアノを派手に弾く場面は少なく、ホーン、ドラムと均等なバランス。
 でも、やはりこの人のピアノは只者では無い。
 低速時のタメと、高速時の加速感のバランスがいいのでしょうか。
 クラシックの香りも併せて、上品かつ疾走感、情緒感のある演奏。
 サラリとしていて、ベタつかない美しさ。
 緊張感は低くないけども、厳しくはなく、あくまで優しいピアノ。
 サポートメンバーの好演奏も手伝って、終始、上品なグルーブ感、昂揚感がある音楽。
 スペースシャトル、もう一回地球を周回しましょうか、ってな感じの、静かで美しく平穏、だけども昂揚感、微妙な緊張感がある音。
 心地いいピアノ、心地いい音楽。


※ピアノだけでもカッコいい・・・

posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ