吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Kendrick_Scott

【Disc Review】“A Wall Becomes A Bridge” (2018) Kendrick Scott Oracle

“A Wall Becomes A Bridge” (2018) Kendrick Scott Oracle

Kendrick Scott (Drums)
Michael Moreno (Guitar) Taylor Eigsti (Rhodes) Joe Sanders (Bass)
John Ellis (Tenor Saxophone) Jahi Lake (Turntabalist)

A Wall Becomes A Bridge
Kendrick Scott Oracle
Blue Note
2019-04-05


 Kendrick Scottのアメリカンコンテンポラリージャズ。
 前々作“Conviction” (2013), 前作“We Are The Drum” (2015)とコアのメンバーは変わらないバンドOracleでのアルバム。
 ここまでのアルバムと同じ線ですが、少しジャズな感じ、ポップさが抑えられ、不思議感が増した感じ、より未来的になった感じ。
 複雑に動きながらも柔らかなビート、飛び交う電子音、ループ。
 派手な先端ドラム、美しいギター、浮遊から疾走まで何でも来いのピアノ。
 未来的フュージョン、ジャズ、ロック、ソウル、ヒップホップ、ミニマル、その他諸々が混ざり合う音は、いかにも今の音。
 洗練された現代ジャズ~フュージョン。
 複雑に積み上げられ、徹底的に練り上げられた感じながら、作り物っぽさのない自然さは、独特の柔らかさゆえでしょうか。
 今風でクール感じのサックスを中心に各人のインプロビゼーションのスペースはたっぷり、それらが全体のアンサンブルの中に溶け込み、これまたさりげない感じながら手練れた演奏。
 不思議感たっぷりのメロディはここまでと同様、Wayne Shorterな感じ、さらに、複雑でドラマチックな構成は、実験的、先端的な要素も相当に組み込まれつつも、気難しさはなく、十分にポップです。
 ドラムは派手ですが、終始フワフワした心地よさも加えて、BGMとしてもとてもいい感じ。
 21世紀、2010年代終りの粋。
 もし今Milesさんがご存命であればこんな感じの音楽をやっているのかな?
 さて?




posted by H.A.


【Disc Review】“We Are The Drum” (2015) Kendrick Scott Oracle

“We Are The Drum” (2015) Kendrick Scott Oracle
Kendrick Scott (drums)
Taylor Eigsti (piano, Rhodes) Michael Moreno (guitar) John Ellis (saxophones) Joe Sanders (bass) Lizz Wright (vocals)

We Are the Drum
Kendrick -Oracle- Scott
Blue Note Records
2015-09-25
ケンドリック スコット オラクル



 人気ドラマーKendrick Scottのレギューラーバンド、2015年作。
 ボーカリストGretchen Parlatoや、ギタリストMike Moreno、さらには山中千尋まで、いろんなバンドでよく叩いている人。
 Herbie Hancock系、Robert Glasper系人脈の人なのでしょう?
 いかにもなニューヨーク系コンテンポラリージャズ。
 全体の雰囲気はジャズだけど、ポップ風味、クラブ風味などなどを自然に取り入れた、いかにも今の音。
 なにやら複雑なビート感。
 といっても難解さはなくサラッと気持ち良く聞けるのですが、何拍子かよくかわらん・・・
 また、テーマやって、交代でアドリブ・・・ってな感じの伝統的なスタイルでは無く、アンサンブル中心・・・
 かと思いきや、気が付くと誰かがカッコいいインプロビゼーションが始まっている・・・
 そんな新しい感覚のバンド。
 ふわっとした曲調、何やら複雑な構成から始まり、シンプルなリフを繰り返す展開に移行、その上で各人がインプロビゼーションを展開しつつ、全体のテンション、音量が上がり、最後は大盛り上がり・・・ってな感じの曲が多い。
 実験的?な音作りやら、ミニマル色をやりつつ、ポップ風味、ソフトヴォーカルのソウルなども組み込みつつ、しかし、昔ながらのインプロビゼーションのカッコよさも残しつつ、とにかく盛り上げる・・・ってな、感じ。
 ある意味サービス精神の塊。
 21世紀型、あるいは2015年型ジャズ、その代表選手、そんな一作。




posted by H.A.

【Disc Review】“Conviction” (2013) Kendrick Scott 's Oracle

“Conviction”(2013)Kendrick Scott's Oracle
Kendrick Scott (drum)
Taylor Eigsti (piano) Mike Moreno (guitar) Joe Sanders (bass)
John Ellis (sax) Alan Hampton (vocal)

Conviction
Kendrick -Oracle- Scott
Concord Records
2013-03-26
ケンドリック スコット オラクル

 Kendrick Scottの2013年作。
 モダンからコンテンポラリー系まで引っ張りだこのドラマーですが、リーダー作は近年のニューヨーク系コンテンポラリージャズの香りが満載の先端ジャズ。
 浮遊感系、クール系。
 Robert Glasper辺りのあの質感。
 ロック、ソウル、ポップの香りを漂わせながらも、全体の雰囲気はジャズ。
 リーダーのドラムが大きくフィーチャーされるわけでもメンバーの強烈なインプロビゼーションがあるわけではなく、あくまでアンサンブル中心。
 Mike Morenoのギターが入ると全体が上品に華やぎます。
 ド派手に弾きまくるわけではありませんが、彼特有のロック色が強いようなそうでもないような、不思議な質感。
 あくまで綺麗な音色、スペーシーな音色で、浮遊感の塊のような音使い。
 サックスも今流行りの浮遊感系。音数多いタイプですが、なぜか質感はクール。
 Taylor Eigstiはキッチリ弾くタイプ。
 この人もサポートメンバーで聞く機会が多いのですが、いつも只者では無い感が漂っています。
 いずれにしてもいいバンド、数曲のポップテイストの強いボーカル曲を含めて、ノリが良くて、浮遊感があって、重々しくなくて、明るい、いかにも現代的都会的なジャズアルバム。
 2010年代型ジャズ、その代表的な音。




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ