吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Keith_Jarrett

【Disc Review】“At the Blue Note” (Jun.1994) Keith Jarrett

“At the Blue Note” (Jun.1994) Keith Jarrett

Keith Jarrett (piano)
Gary Peacock (bass) Jack DeJohnette (drums)

At the Blue Note: The Complete Recordings
Keith Jarrett / Jack DeJohnette / Gary Peacock
Ecm Records
2000-09-12


 Keith Jarrett Standars、1994年、ライブハウスのステージ。
 三夜、全六セットの記録。
 ここまで物量で攻められてしまうと、もうごちそうさまというか、参りましたというか、何と申しましょうか。
 ところどころに毒気も散りばめられていますが、“At the Deer Head Inn” (Sep.1992)の流れを引き継いだようなモダンジャズに寄ったステージ。
 三日間、重複する楽曲は数曲のみ、どのセットも素晴らしいジャズ。
 集大成を作ろうとしていたのか、全てを記録することで、いつ訪れるかわからない次年の激烈な名演“La Scala” (Feb.1995)のような、神が降りてくる時間をとらえようとしたのか、ま、両方なのでしょう。
 さておき、概ねいつものStandarsなのですが、お約束?の楽曲変化(へんげ)を取り上げてみると以下の様な感じ。

Disc1.Fri.1set:”In Your Own Sweet Way”
Disc2.Fri.2set:なし
Disc3.Sat.1set:”Autumn Leaves”, “You Don't Know What Love Is/Muezzi”
Disc4.Sat.2set:“I Fall in Love Too Easily/The Fire Within”
Disc5.Sun.1set:”On Green Dolphin Street/Joy Ride”
Disc6.Sun.2set:なし

 なるほど、Disc3のみが単独リリースされたのは納得至極。
 かといって金曜、日曜のセカンドセットがハズレだったわけではなく、イントロ、アウトロが少々長尺で派手だったり、その他諸々、全セットともにドキドキ感がある時間。
 さらに、日曜セカンドに演奏された重々しく沈痛な”Desert Sun”が、次年の“La Scala” (Feb.1995)に繋がっていそうで何とも興味深い・・・なんてのはマニアックな見方なのでしょうねえ。
 ともあれ、平和なジャズあり、疾走と浮遊の心地よさあり、強烈な高揚感あり、そして謎ありの演奏集。
 さて神は舞い降りたのか?
 それは個々にご判断を。

※別のステージから。
 

posted by H.A.



【Disc Review】“At the Deer Head Inn” (Sep.1992) Keith Jarrett

“At the Deer Head Inn” (Sep.1992) Keith Jarrett

Keith Jarrett (piano)
Gary Peacock (bass) Jack DeJohnette (drums)

At the Deer Head Inn
Keith Trio Jarrett
Ecm Records
2000-04-11


 Keith Jarrett、1992年、ライブハウスでのステージ。
 ドラムにPaul Motianを迎えたトリオ。
 ついアメリカンカルテットの空気感や楽曲、あるいは当時のPaul Motianトリオな感じも期待してしまうのですが、Standardsと同様、キッチリとしたジャズスタンダードの演奏集。
 変幻自在、不思議感たっぷりのはずのPaul Motian、このバンドでは予想外のアクセントも、パタパタとしたスネアも、バシャーンなシンバルも、明後日の方向への動きも抑制し、なぜか上品なジャズドラム。
 心なしかベースも抑制気味かもしれません。
 もちろん、ピアノはいつもと変わらず切れ味抜群。
 が、丸かったピアノの音が鋭くなったように、ベースの音も同じくシャープな感じがするのは、デジタル録音への移行期の所以でしょうか?
 さておき、ジャケットの写真のように暗く妖しげな感じではなくて、明るく洒脱なムード。
 軽快に進むジャズの中、“You don’t know what love is?”のアウトロでお約束の楽曲変化(へんげ)、あのファンクビートとゴスペルチックな展開も。
 全部合わせて、ニューヨークの高級ジャズクラブから聞こえてきそうな、オーソドックスながら極上のピアノトリオジャズ。
 普通のモダンジャズファンの人からすると、膨大なKeith Jarrett諸作の中でも一番とっつき易いアルバムだったりして。
 さてどうでしょう?

※別のステージから。


posted by H.A.


【Disc Review】“Bye Bye Blackbird” (Oct.1991) Keith Jarrett

“Bye Bye Blackbird” (Oct.1991) Keith Jarrett

Keith Jarrett (piano)
Gary Peacock (bass) Jack DeJohnette (drums)



 Keith Jarrett Standars、1991年、逝去したMiles Davis追悼アルバム。
 Keith Jarrett, Jack DeJohnette, Miles Davisとくれば、“Miles Davis At Fillmore” (Jun.1970), “Live Evil” (Feb.Jun.1970)あたりのド激しい系フリー混じりジャズファンクなども期待してしまうのですが、なかなかそうはいきません。
 “Tribute”(Oct.15.1989)あたり以降の明るく軽快にスイングするジャズピアノトリオ。
 バラード演奏ではタップリのタメを効かせつつ哀しみに浸る追悼ムードが漂い、ゴスペルチックな展開もあります。
 哀しみからほのかな高揚感へと変化していく“You won’t forget me”はさりげない名演。
 長尺なフリーインプロビゼーションも、お祭りムードに移行していく展開ではなく、終始ダーク。
 が、沈痛に陥るわけではなく、むしろ淡々と流れていく演奏。
 クールだった大親分の元子分としてのクールな演奏。
 どうせやるならもっと新しいこと、凄いやつをやれ、なんて大親分の声が天国から聞こえてきそうな軽快なジャズが中心。
 が、涙ちょちょ切れな感じよりも、こんな感じの追悼の方がMiles大親分、そしてこのお三方には似合っているのかも。
 軽さ含めてクールでハードボイルドなBye Bye Blackbird、Bye Bye。




posted by H.A.


【Disc Review】“The Cure” (Apl.1990) Keith Jarrett

“The Cure” (Apl.1990) Keith Jarrett

Keith Jarrett (piano)
Gary Peacock (bass) Jack DeJohnette (drums)

ボディ・アンド・ソウル
キース・ジャレット・トリオ
ユニバーサル ミュージック クラシック
2012-03-21



 Keith Jarrett Standars、1990年、ニューヨークでのステージ。
 “Tribute” (Oct.15.1989)あたりで後々まで続く作風が決まったように思いますが、それに続く本作も同様。
 明るくカラッとしたKeith Jarrett Standars。
 沈み込むように始まっても、テーマが奏でられ、ビートが入ると軽快にスイングするジャズ、あるいは強烈にグルーヴするファンク。
 Monkナンバーがとてもカッコいいファンクに、高速Be-Bopは繊細に、ブルースは少々の粘りを持たせつつも上品に様変わりし、バラードは後ろ髪を引かれることなく淡々と流れていきます。
 かつての内省、耽美、深刻な色合いは、”Body And Soul”の導入、三分を超えるピアノの独奏で少々。
 そして終盤に収められたタイトル曲は、お得意あるいはお約束、エンヤットットなビートのファンクで盛り上がるあのパターン。
 ソロ作品では“Vienna Concert” (Sep.1991)のように重厚でクラシカルな面持ちに変わってきた時期ですが、トリオでは軽快にスイングするジャズとファンク。
 作風、固まりました、そんなKeith Jarrett Standars。

※別のステージから。


posted by H.A.


【Disc Review】“Tribute” (Oct.15.1989) Keith Jarrett

“Tribute”(Oct.15.1989) Keith Jarrett 

Keith Jarrett (piano)
Gary Peacock (bass) Jack DeJohnette (drums)

Tribute
Keith Jarrett
Ecm Records
2000-04-11


 Keith Jarrett Standars、1989年、ケルンでのステージ。
 “Standards in Norway” (Oct.7.1989)の八日後の演奏。
 ジャズジャイアンツたちに捧げた演奏集。
 といっても先人たちの演奏に寄せるのではなく、Keith Jarrett Standarsのジャズスタンダード演奏そのもの。
 ECMレコードならではの美しい録音も含めて繊細な音ですが、もうあの“Standards, Vol.1” (Jan.1983)の冷たく深刻な空気感はありません。
 “Standards in Norway” (Oct.7.1989)では感じられた湿り気もなくなり、カラッと明るく元気いっぱい、軽快にスイングするStandars。
 そのあたりで好みは分かれてくるのかもしれません。
 もちろん切れ味は抜群。
 居並ぶ名曲がStandars流ハイテンションジャズに様変わり。
 そしてCD一枚目、二枚目ともに、締めはオリジナル曲のお祭りファンク、あるいはゴスペルチックにドカーンと盛り上がって幕。
 スタンダード曲が変化しつつ展開する形ではありませんが、この後お約束になっていくあのムード。
 あの“Standards, Vol.1”も8ビートでドカーンと盛り上がって締めていたし、さらに遡って “Death and the Flower” (Oct.1974), “Nude Ants” (May,1979)、はたまたあの“The Köln Concert” (Jan.1975)にもそんな場面がありましたか。
 なんだかんだでやっぱりKeith Jarrett。

※別のステージから。

posted by H.A.


【Disc Review】“Standards in Norway” (Oct.7.1989) Keith Jarrett

“Standards in Norway” (Oct.7.1989) Keith Jarrett

Keith Jarrett (piano)
Gary Peacock (bass) Jack DeJohnette (drums)

Standards in Norway
Keith Jarrett
Ecm Records
2000-01-25


 Keith Jarrett Standars、1989年、ノルウェーでのステージ、発表は少し間を空けた1995年。
 トリオでは凄まじい"Still Live" (Jul.1986)、インプロビゼーション集 “Changeless”(Oct.1987)、ソロではクラシカルな色合いが強くなった”Paris Concert” (Oct.1988)を経た時期。
 ステージは平和な感じの“All Of You”から始まります。
 もちろん切れ味抜群の素晴らしい演奏。
 が、 “Standards, Vol. 1” (Jan.1983)の冷たい緊迫感、沈んだ空気感が徐々に薄くなってきたようにも感じます。
 あるいは、タメた上で突っ走る”官能的”なロングフレーズの場面が少なくなり、断続的にジャズなフレーズが続いていく感じ。
 その分ジャズ的な躍動感が強くなり、オーソドックスなジャズピアノトリオに近くなっているのかもしれません。
 意図的に変えようとしていたのかもしれませんし、年月を経たバンドが成熟し洗練された結果なのかもしれません。
 もちろん数秒だけでそれとわかる特別な音、普通のモダンジャズにはない繊細さはそのまま、本作ぐらいまでは湿度も少し高めでしょう。
 温度と明度が上がった分、とっつき易くなったと言えばその通り。
 それにしてもいい感じのリバーブの掛かった丸い音、そして透明度の高い音が美しい。
 ECM制作でなかったら、また違ったイメージになっていたのでしょうねえ。

※別のステージから。


posted by H.A.


【Disc Review】"Still Live" (Jul.1986) Keith Jarrett

"Still Live" (Jul.1986) Keith Jarrett

Keith Jarrett (piano)
Gary Peacock (bass) Jack DeJohnette (drums)

Still Live
Keith Jarrett
Ecm Records
2000-06-06


 Keith Jarrett Standars、1986年、"Standards Live" (Jul.1985)に続くライブ録音二作目、ECMレコードのお膝元ミュンヘンでのステージ。
 ”ど”スタンダードな楽曲が並んでいますが、言わずもがなの特別なジャズ。
 冒頭“My Funny Valentine”、沈んだムードの強い緊張感、何が始まるか予想できないピアノのソロ演奏二分強、ようやく立ち上がってくるメロディと音を重ねるベースとドラム。
 そこから始まるめくるめくインプロビゼーション。
 ちりばめられた強烈なスピードで上昇下降するロングフレーズ。
 美しい粒立ちで強烈に加速しながら綺麗に並べてられていくたっぷりの音符。
 汲めども尽きぬ魔法のなんとか・・・
 それでいて決してうるさくはならない絶妙なバランスとテンション、そして全編に流れる不思議な揺らぎ。
 聞き飽きたはずのスタンダード曲が別のモノのように聞こえてきます。
 後々まで続くお約束のドラマチックな楽曲変化(へんげ)も”The Song Is You”、“You And The Night And The Music / Extension”でたっぷり。
 "Standards Live" (Jul.1985)を凌ぐ、テンション、キレ、アグレッシブさ。
 さらに丸くて柔らかい、このステージのピアノの音・・・
 全曲、凄まじいまでの名演。
 が、“Standards, Vol. 1” (Jan.1983)のセッションと比べると明度と温度感が上がり、耽美、内省といった感じは薄くなってきたようにも思います。
 ここまで、あるいは“Changeless” (Oct.1987)ぐらいまでは、モダンジャズっぽくない特別なStandards、が私見。
 激しくて、それでいて繊細な特別なジャズ。

※別のステージから。


posted by H.A.

【Disc Review】“No End” (1986) Keith Jarrett

“No End” (1986) Keith Jarrett

Keith Jarrett (Electris Guitar, Fender Bass, Drums, Tabla, Voice, Percussion, Recoeder, Piano)

No End by Keith Jarrett (2013-12-04)
Keith Jarrett
Universal Japan


 Keith Jarrettの不思議な多重録音、ソロ作品。
 1986年の録音、2013年発表。
 ピアノの登場する場面はわずか、いつものKeith Jarrettの音楽ではありません。
 自身が弾くギターを中心としたサイケ色たっぷり、不思議な無国籍ジャズロック、全20編。
 一時期のエレクリックMilesのようにインド的なエスニック色とフニャフニャグニャグニャしたエレキギター、ファンクなビートが交錯する、穏やかながらディープな音。
 “In a Silent Way” (Feb.1969), “Big Fun” (Nov.1969-Jun.1972)の一部あたりのあの雰囲気。
 1970年代ならいざ知らず、時代は1980年代。
 公式作品ではクラシック色の強いソロ演奏と、ジャズジャズしたStandardsを展開していた時期。
 頭の中ではこんな音も鳴っていたのか・・・と想像すると、意外というか、感心しきりというか、何と申しましょうか。
 もしこれをあのMilesバンドのメンツとまで言わずとも、あの頃ECMレコードにいたメンバーあたりでやっていたら、大名作と崇め奉られていたかもしれませんね。
 いや、ホントに。
 それにしてもこの期(2013年)に世に出した意味合いやいかに?

※全く無関係ですが、古い演奏でも。もちろん全く違うテイスト。


posted by H.A.


【Disc Review】“El Juicio (The Judgement)" (Jul.1971) Keith Jarrett

“El Juicio (The Judgement)" (Jul.1971) Keith Jarrett

Keith Jarrett (Piano, Flute, Percussion, Soprano Saxophone)
Charlie Haden (Double Bass, Percussion) Paul Motian (Drums)
Dewey Redman (Tenor Saxophone, Percussion)

El Juicio (the Judgement)
Keith Jarrett
Imports
2012-05-29


 Keith Jarrett、アメリカンカルテット初期のセッション。
 “The Mourning of a Star" (Jul.Aug.1971), “Birth" (Jul.1971) と同セッションの録音、リリースは “Treasure Island” (Feb.1974)の後の1975年のようです。
 ジャケットからしてぶっ飛んでいますが、中身もぶっ飛び気味。
 ジャズロックから始まり、ピアノレス、ツインサックスでのOrnette Coleman的ジャズ、ラグタイム、パーカッションの連打へと・・・
 もー何がなんだかなLPレコードA面ですが、B面は長尺でハードな演奏二編+α。
 凄まじいまでのOrnette Coleman的ジャズと、これまたOrnetteの名前を冠したかっ飛びジャズ。
 突っ走るピアノ、重々しいベース、バシャバシャドラム、さらにはサックス二本の凄まじいバトル。
 妖しく激しい、いかにもアメリカンカルテットなぶっ飛んだ演奏。
 このバンドのハードでハイテンションな面が強調されたカッコいい音。
 同セッションと目される本作、“The Mourning of a Star" (Jul.Aug.1971)、“Birth" (Jul.1971)。
 いずれ劣らずぶっ飛んでいますが、それらからわかりやすい所、整理された演奏を選ぶと、名作が二作ほどできそうな気もするのだけども、それをしないことを含めて、不思議感、妖しさ満点のアメリカンカルテット。
 この後、いろんな要素がスッキリとまとまり、"Expectations" (Apl.1972), "Fort Yawuh" (Feb.1973), “Treasure Island” (Feb.1974)と続き、“Death and the Flower” (Oct.1974)へと繋がっていきます。




posted by H.A.

【Disc Review】“Birth" (Jul.1971) Keith Jarrett

“Birth" (Jul.1971) Keith Jarrett

Keith Jarrett (piano, soprano saxophone, recorder, banjo, steel drums, vocals)
Charlie Haden (double-bass, conga, steel drums, clapper) Paul Motian (drums, steel drums, bells, percussion)
Dewey Redman (tenor saxophone, Chinese musette, bells, percussion, vocals)



 Keith Jarrett、アメリカンカルテット事始め。
 “The Mourning of a Star” (Jul.Aug.1971)、“El Juicio (The Judgement)" (Jul.1971)と同時期のセッション、リリースは"Facing You" (Nov.1971)の後。
 少々ぶっ飛ぶび気味、でもカッコいい演奏集。
 冒頭は優しく穏やかな漂うようなバラード。
 ゆったりとしたビートの中、タメた上で突っ走る”官能的”ピアノ。
 ロマンチックなアメリカンカルテット。
 が、安心できるのは一曲目のみ、次は一転、サックス二本が前面に出て絡み合う、サイケで激しいジャズロック。
 さらに妖し気なリコーダーがクダを巻き、呪術的ヴォイスと絡み合うフリー混じりのエスニックな演奏にてLPレコードA面は幕。
 B面に移ると、サックスが主導する美しいイントロダクションに導かれ、ジャズロックとフリージャズが入り混じる“Treasure Island” (Feb.1974)的な世界へ。
 そして締めは妖しさ120%、深刻な表情を見せる長尺なフリー混じりのハイテンションジャズ。
 全編にデビュー作“Life Between the Exit Signs" (May.1967)から続く、あの何かがズレたような雰囲気が流れています。
 Ornette ColemanBill Evansが混ざり合うような雰囲気、ハイテンションな深刻さとフォーキーな長閑さ、あるいはすっとぼけた感じ、エスニックな感じ、さらにサイケな色合いが交錯する、この期のこのバンドの不思議な質感。
 美しさと妖しさ、そして狂気と混沌が入り混じる、いかにもKeith Jarrettアメリカンカルテットな音。
 それらさまざまな要素がスッキリと整理されつつ、後の“Death and the Flower” (Oct.1974)へと繋がっていく、その端緒。




posted by H.A.


Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ