吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Joni_Mitchell

【Disc Review】“Mingus” (1978-1979) Joni Mitchell

“Mingus” (1978-1979) Joni Mitchell
Joni Mitchell (guitar, vocals)
Jaco Pastorius (bass) Wayne Shorter (soprano saxophone) Herbie Hancock (electric piano) Peter Erskine (drums) Don Alias (congas) Emil Richards (percussion)
 
ミンガス
ジョニ・ミッチェル
ワーナーミュージック・ジャパン
2013-07-24

 Joni Mitchell、大名作”Don Juan's Reckless Daughter” (1977)に続く、スーパーフュージョンミュージシャンを従えたCharles Mingusトリビュートアルバム。
 バンドの軸はもちろん Jaco Pastoriusですが、キーボードがJoe Zawinulに変わるとWeather Reportになってしまう凄いメンバー。
 “Mr. Gone” (May.1978)、“8:30” (Nov.1978-1979) Weather Reportと同時期ですので、ちょうどJaco、Weather Reportともに絶頂期。
 と、興味は尽きないのですが、もちろん内容はWeather Report的ではないJoni Mitchellの世界、ジャズ寄りの音。
 ”Don Juan's Reckless Daughte”と比べると、淡い色合いで、少しビート感が弱い感じもします。
 しっとりとした曲、ジャズ寄りの曲が中心で、あの恐ろしくカッコいいJoni MitchellのギターのカッティングとJaco Pastoriusのベースとの絡みの場面が短いから、さらにミキシングの違いなのかもしれません。
 その分、最高のジャズ、フュージョンバンドの最高の演奏がたっぷり聞けるので贅沢は言えません。
 Jaco Pastoriusはもちろん、Herbie HancockもWayne Shorterも説明無用のカッコいい演奏。 
 ちょっと普通の人とは違う音と存在感。 
 Mingus53歳の誕生祝いの音源から始まり、途中Mingusの肉声をはさみながら、Mingusの曲に歌詞を付けた演奏を中心にオリジナル曲を数曲、”Goodbye Pork Pie Hat” で締める泣かせる構成。
 発表以来概ね40年、フュージョン系のボーカルアルバムの最高峰は、いまだに”Don Juan's Reckless Daughte”と本作だと思っています。
 他に何かいいのがあったかなあ・・・と考えながら行きつくのはいつもこのシリーズ。
 早く新しい何かに出てきてほしいのだけど・・・
 この一連の作品、さらにPat Metheny、Lyle Mays、Michael Breckerまで迎えたライブ作品”Shadows and Light” (Sep.1979)へと続きます。




 
 posted by H.A.

【Disc Review】“Shadows and Light” (Sep.1979) Joni Mitchell

“Shadows and Light” (Sep.1979) Joni Mitchell
Joni Mitchell (electric guitar, vocals)
Pat Metheny (guitar) Jaco Pastorius (fretless bass) Don Alias (drums, percussion) Lyle Mays (electric piano, synthesizer) Michael Brecker (saxophones)

Shadows & Light
Joni Mitchell
Rhino/Wea UK
ジョニ ミッチェル


 ポップス界のスーパースターJoni Michell、ジャズ・フュージョン界のスーパースターを従えたライブアルバム。
 Jaco Pastorius が全面的にサポートした“Don Juan's Reckless Daughter” (1977)、“Mingus” (1979) Joni Mitchellといった名作のリリースコンサートだったのでしょう。
 スタジオ録音にPat Metheny、Lyle Maysは参加していませんし、Jaco、Patの共演した音源は“Bright Size Life” (1975) Pat Metheny以来、後にはないと思いますので、その意味でも貴重な作品。  
 上記の二作からの選曲が中心ですが、音楽のイメージは異なります。 少々ラフな印象。
 ライブゆえ、スタジオ録音作品の神がかった音の加工が十分にはできません。
 また、楽器のバランスも微妙なので、その辺りは割り引いて聞きましょう。
 やはりバンド全体を支配するのはJoni Michell に加えて、Jaco Pastoriusのベース。
 この人がベースを弾くと、ポップスであれ、ジャズであれ、ファンクであれ、ビート感が特別なものに変わってきます。
 後ろから押されるような強烈な推進力、グルーヴ。
 楽曲によってMichael Breckerがフィーチャーされたり、Pat Methenyがフィーチャーされたり。
 Pat Methenyは明るくアメリカンな“American Garage” (Jun.1979)の録音直後、また、フォーキーな音楽がルーツのひとつなのでしょうから、はまり役ではあるのでしょう。
 Lyle Mays含めて時折Pat Metheny Groupのフレーズを入れてくるのもご愛嬌。
 もちろん全編Joni Michellの音楽なので、もしJacoがPat Metheny Groupにいたら・・・、なんて想像できる場面はあまりないのは仕方ないところ。
 ここは素直にJoni Michellの音楽として聞くのが吉。




posted by H.A.

【Disc Review】“Don Juan's Reckless Daughter” (1977) Joni Mitchell

“Don Juan's Reckless Daughter” (1977) Joni Mitchell
Joni Mitchell (Vocals, Guitar, Piano, Keyboards)
Jaco Pastorius (Bass, Bongos, Cowbells) John Guerin (Drums) Larry Carlton (Guitar) Michel Colombier (Piano) Wayne Shorter (sax) Larry Carlton (guitar) Don Alias, Manolo Badrena, Alex Acuna, Airto Moreira (Percussion )  and others

Don Juan's Reckless Daughter
Joni Mitchell
Rhino/Wea UK

ジョニ ミッチェル

 Jaco Pastorius繋がりで、彼の最高の演奏が収められているアルバム。
 正直、Joni Mitchellについては詳しくありません。
 それでもこのアルバムは、私の知る限りの全ジャンルの音源の中でも最もお気に入りアルバムのひとつ。
 ジャンル分けするとすれば、ボーカル入りジャズ・フュージョンか、ジャジーなフォーク、ポップといったところなのでしょうが、それではピンときません。他に類が無いような独特の音作り。
 Joni Mitchellのアルバムでも近いのは”Mingus”(1979)ぐらい。
 近いメンバー、曲のライブ”Shadows And Light” (1979)ですら雰囲気が違うし、近い時期の他のアルバムは全く別の質感の音。
 何か似たような音源あったかなあ、と考えても思いつかない。
 そのくらい特別なワン&オンリーな音。
 私にとっての主役はJoni Mitchellのギターと、Jaco Pastoriusのベース。
 この2つの楽器の絡み方が唯一無二、このアルバムでしか聞けないカッコよさ。
 適当な形容詞を探せばスペーシー。
 ギターのコードカッティングの音が空間に広がり、その上を丸っこいベースの音が、大小さまざま、色とりどりのゴムまりのように飛び跳ねる、そんな感じ。
 リバーブが強い録音の影響が大きいのでしょうかね、とにかく心地よい音空間。
 さらに上品ながら強烈なグルーブ。
 Jacoのリズム感、音符の置き方のカッコよさは言わずもがな。
 彼が音のイメージを決めているのは間違いないのでしょうが、ギターももの凄くいい感じ。
 コードストロークだけでここまでカッコいいと思わせるギターは滅多にありません。
 もちろん本来の主役の歌もメロディも申し分ありません。
 フォークっぽい素朴な音の作りだと平板な感じがしてしまうのかもしれませんし、加工しすぎるといやらしくなるのでしょうが、いい感じで自然な感じのエフェクティング。
 特にコーラス、そしてリバーブの使い方がもの凄くいい感じ。
 ということで、この二人の存在感が圧倒的であることは間違いないのですが、Jacoが入っていない曲を含めて全ての曲が素晴らしい。
 豪華なオーケストラが入った長尺曲や、パーカションが乱打されるエスニック系やら、弾き語りやら。
 ここまで多彩だと散漫になってしまいそうですが、そんな印象は全くなし。
 それぞれにカッコいいし、統一感もあるし、曲の配置も完璧。
 元々アナログ二枚仕様ではありますが、CD一枚で通してスルッと聞けてしまいます。
 まさに芸術品。
 これ、40年近く前の音源なんだなあ・・・改めて驚き。

 




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ