吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

John_McLaughlin

【Disc Review】“Emergency!” (May.26,28.1969) The Tony Williams Lifetime

“Emergency!” (May.26,28.1969) The Tony Williams Lifetime
Tony Williams (drums, voice?) John McLaughlin (guitar) Larry Young (organ)

エマージェンシー!
トニー・ウィリアムス・ライフタイム
ユニバーサル ミュージック クラシック
2003-05-21


 Tony Williams Lifetimeのデビュー作、超ハイテンションハードロックジャズ。
 “Saudades" (2004) Trio Byondを聞いて久々に引っ張り出してきたアルバム。
 “In a Silent Way”(Feb.1969)の三か月後、Tony Williams は参加していませんが、他の二名が参加したあの“Bitches Brew”(Aug.19-21,1969)の三カ月前の録音。
 ジャズとロックが融合していく結節的な時期、Milesの諸作と同様、結節点的な作品。
 冒頭のタイトル曲からガンガンのロックなハードな音。
 が、怒涛のような激しい音でテーマを決めると、いきなり4ビート。
 これがオルガントリオならではの、スムースでカッコいいグルーヴ。
 もちろん歪んだギターがうなる超ハイテンションでハードな演奏ですが、4ビートから脱却しようとしていた上記のMiles Davis作品とはちょっとイメージが異なります。
 激しくロックな演奏の合間にそんな場面がしばしば登場し、そこは“1969Miles”(Jul.25,1969)などに近い感じのエネルギー放出型ジャズ。
 また、“Saudades" (2004)のJack DeJohnetteのゴツゴツしたドラムに対して、あるいはグニョグニョしたJohn Scofieldに対して、本作のお二人はスムース。
 8ビートにしろ、4ビートにしろ、激しく叩きまくっているようでヘビーでは無くて、軽快・・・ってなのも変ですが、不思議にサラリと聞けてしまいます。
 音量が落ちた4ビートの場面などは、シンシンとしたシンバルが静かに響く、紛うことなきあのジャズのTony Williams。
 John McLaughlinも同様。
 ディストーション掛けてチョーキングしまくりのようで、実際にそうなのですが、綺麗に音符が並んでいるように思います。
 っても、激しいことには変わりはなく、要所で入る妖し気なボイスを含めて、端正なジャズでも、アーティスティックなフリージャズでもなく、4ビートも混ざるロック、あるいはハードなプログレッシブロックジャズ。
 それも超弩級に激しい系。
 とてもトリオの演奏には聞こえません。
 途中の混沌な場面はフリージャズな“Super Nova” (Aug.Sep.1969) Wayne Shorter、ファンクな場面では“Jack Johnson" (Feb.18,Apl.7,1970) Miles Davisを想い起こすのですが、それも同時代。
 以下の様に近作を並べてみると、ロックロックしているのは本作と“Jack Johnson" ぐらいで、ジャズへのロックの伝道者の張本人は、Miles Davisというよりも、Tony Williams, John McLaughlinだったのでしょうかね?

 “In a Silent Way” (Feb.1969) Miles Davis
 “Is”, “Sundance” (May.11-13.1969) Chick Corea
 “Emergency” (May.26,28.1969) The Tony Williams Lifetime
 “1969Miles” (Jul.25,1969) Miles Davis
 “Bitches Brew” (Aug.19-21,1969) Miles Davis
 “Super Nova” (Aug.Sep.1969) Wayne Shorter
 “Infinite Search” (Nov.1969) Miroslav Vitous
 “Jack Johnson" (Feb.18,Apl.7,1970) Miles Davis
 “The Song of Singing” (Apl.17,18.1970) Chick Corea
 “Zawinul” (Aug.6-12.1970) Joe Zawinul 
 ‎”Afric Pepperbird” (Sep.1970) Jan Garbarek Quartet
 “Mwandishi” (Dec.1970) Herbie Hancock
 “Weather Report” (Feb-Mar.1971) 

 ジャズ、フリージャズ、ロックがグチャグチャに入り混じりながら、次のモノが生まれる途上の激しい音。
 ここまで激しければ、スカッと爽快・・・に聞くためには体調を整え、心して・・・


 

 posted by H.A.


【Disc Review】“Love Devotion Surrender” (Oct.1972,Mar.1973) Carlos Santana/John McLaughlin

“Love Devotion Surrender” (Oct.1972,Mar.1973) Carlos Santana/John McLaughlin
Mahavishnu John McLaughlin (guitar, piano) Carlos Santana (guitar)
Mahalakshmi Eve McLaughlin (piano)
Larry Young (piano, organ) Jan Hammer (Hammond organ, drums, percussion)
Doug Rauch (bass) Billy Cobham, Don Alias, Mike Shrieve (drums, percussion) Mingo Lewis (percussion) Armando Peraza (congas, percussion, vocals)
 
Love Devotion Surrender
Carlos Santana & John Mclaughlin
Mobile Fidelity
サンタナ ジョン・マクラフリン


 Santana、ジャジーな作品が続く中でのJohn McLaughlinとの双頭リーダー作、John Conltraneトリビュート。
 もしJohn Coltraneが長生きしていたらこの二人との共演はあったのだろうし、エレクトリックMilesバンドにSantanaが入ったら、とか想像してしまう作品、メンバーですが、そんな音とはちょっと違うように思います。
 素直にMahavishnu Orchestraとこの期のSantanaを合わせたような音。
 John Coltraneのカバー二曲に他三曲。
 ギターはロックな感じのハードな演奏中心ですが、オルガンの響き、激しいドラム、ファンクなベースを含めてジャジーなムード。
 後に“Afro Blue” (Jun.1993) The Lonnie Smith Trio、John Abercrombieといったアルバムがあり、同様に激しいのですが、そちらよりは落ち着いたムードかもしれません。そうでもないか・・・?
 それにしても凄まじい二人のギター。
 ファットな音で泣きのフレーズ、やたらに長い音、フィードバックも多用するSantanaに対して、カミソリのように鋭く神経質、サディスティックなJohn McLaughlin。
 ジャケットの二人は穏やかに寄り添っていますが、ギターソロはお互いにこれでもかこれでもかの激しい演奏の連続。
 ルバートでのバラードなど、瞑想的な雰囲気はあるのですが、激しく饒舌なギターの音を聞いているとそんな気分にはなりません・・・よね?。
 LPレコードB面に移って激しいパーカッション、強烈な疾走感の長尺ラテンフュージョンから、最後はギターとピアノの穏やかな”Meditation”で締め。
 いやはやなんとも凄いギターアルバムです。

 


posted by H.A.  


【Disc Review】“Making Music” (Dec.1986) Zakir Hussain

“Making Music” (Dec.1986) Zakir Hussain
Zakir Hussain (tabla, percussion, voice)
Hariprasad Chaurasia (flutes) Jan Garbarek (tenor, soprano sax) John McLaughlin (acoustic guitar)

Making Music
Zakir Hussain
Ecm Import
ザキール フセイン


 インドのタブラ奏者のECM作品。
 John McLaughlin率いるワールドフュージョンバンドShaktiのメンバー二名と管楽器二名の共演。
 リーダーは違いますが、“Song for Everyone” (Sep.1984) L. Shankarの続編、ってな感じでしょうか。
 激しいShaktiと違って、静かで落ち着いた穏やかな音楽。
 御大John McLaughlinも参加、意外にも落ち着いたギター。
 タブラ~ビートの加減とフルートがいい感じで全体を落ち着いたムードに抑えている感じでしょうか。
 このフルート奏者、情報は持っていないのですが、只者ではない感が端々から滲み出ています。
 とても穏やかに聞こえるのですが、抑揚感、表現力、ビート感が素晴らしく、とても奥が深そうな音使い。
 それにつられてか、サックスもギター同様、穏やかに聞こえます。
 後の作品の流れなど考えると、この作品あたりのインド系の人との共演が、民族音楽系かつ優しいサックスへの転機だったりして。
 楽曲はリーダーのオリジナル中心。
 どの曲も穏やかでメロディアス。
 もちろん民族音楽、インドっぽいのですが、アコースティックギター、フルートなど、南米フォルクローレあたりのムードも漂っています。
 一見とても怖そうなメンバーですが、難解さも、激しさも、厳しさもありません。
 逆にビックリするぐらい優しくて、爽やかさすら感じる音。
 もちろんジャズではありません。
 Jan Garbarek、John McLaughlinといったビッグネームのイメージとは全く異なる音楽。
 とても穏やかで優しい、しかも洗練されたワールドミュージック。
 素晴らしいアルバムです。




posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ