吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

John_Abercrombie

【Disc Review】“Live at Sweet Basil” (1988) Paul Bley

“Live at Sweet Basil” (1988) Paul Bley

Paul Bley (piano)
John Abercrombie (guitar) Red Mitchell (bass) Barry Altschul (drums)

Live at Sweet Basil
Paul Bley
Soul Note Records
1993-09-11


 Paul Bley のハイテンションなモダンジャズ、ライブ録音。
 イタリアのSoul Noteから。
 Paul Bley、いろんな色合いの作品がありますが、静謐系耽美系ではなく、凶悪フリージャズでも、Steeplechaseの上品なモダンジャズでもない、エキサイティング系のモダンジャズ。
 ま、フュージョンではない当時のジャズに一番多い色合いなのかもしれませんが、それらいろんな違う質感の作品が並行して制作されているのが面白いところ。
 本作の目玉はJohn Abercrombieとの共演。
 ECMで共演していていてもおかしくないのですが、共演はこれだけでしょうか?
 ぶっ飛び系コンテンポラリージャズを期待したいところなのですが、演奏されるのはジャズスタンダード中心。
 John Scofieldとの共演“Hot” (1985)よりもさらにオーソドックス寄り。
 Barry Altschulも、録音の具合も手伝ってそちらよりもおとなしく叩いている感じのバランス。
 ま、ベースがRed Mitchell だし、アバクロさんも“John Abercrombie/Marc Johnson/Peter Erskine” (1988)時期なので、そんな時代だったのでしょう。
 ともあれ、ハイテンションで上質なジャズ。
 ファットな音でウネウネとどこまでも続いていきそうなフレーズを紡ぐギター。
 普通ではないはずなのにジャズを弾くと普通に聞こえてしまうPaul Bleyのピアノもこれまた不思議。
 っても”Lover Man”の前奏がオリジナル曲に聞こえたり、Paul Bley的なクールなカッコよさがそこかしこに。
 本作も“Hot” (1985)と同様にギタリストの色合いに合うようにジャズを演奏しました、ってな感じに聞こえてしまうのは私だけ?
 それにしてもJohn Abercrombieのスタンダード演奏はカッコいいなあ・・・




 posted by H.A.

【Disc Review】“Up and Coming” (2016) John Abercrombie

“Up and Coming” (2016) John Abercrombie
John Abercrombie (guitar)
Marc Copland (piano) Drew Gress (bass) Joey Baron (drums)

Up and Coming
John Abercrombie
Ecm Records
2017-01-13


 John Abercrombie、オーソドックスな編成でのギターカルテット作品。
 “39 Steps” (2013)と同じメンバー、同じくオーソドックスな色合いの強いジャズ作品ではありますが、さらに幽玄な感じが増した感じでしょう。
 シャキッとしたジャズバンドに、どこか遠い所から聞こえてくるような、空間に漂い、気がつけば消え入りそうになるようなギター。
 1970年代からのグニョグニョウネウネした過激な演奏は“The Third Quartet”(Jun.2006)あたりが最後でしょうか?
 以降、フリーな演奏は多々あれど、枯れた味わいも含めて穏やかなムード。
 過激なMark Feldmanとの最後の共演作“Wait Till You See Her”(2008)も過激さが薄らぎ、淡くて穏やかな音。
 さらに近作はオーソドックスな雰囲気のジャズ中心、本作もそんな一作。
 ソリッドギター?の固めで細めの音、エフェクティングもほとんど使っていない感じでしょう。
 1970-80年代もジャズスタンダードを演奏することはありましたが、音作り、フレージング含めて殺気立った雰囲気がありましたが、この期はとても静かで穏やか。
 Marc Coplandと楽曲を分け合い、淡々としたジャズが続きます。
 他の人とちょっと違うのが、ギターが前面に出る場面の沈んだ空気感。
 奇をてらったところがあるわけではないのに、なんだか不思議です。
 ギターが引いてピアノトリオになると、急に空気が軽く明るくなるのも不思議なバランス。
 ピリピリしていたかつての殺気が別の何かに変わったものの、あの緊張感は残っている、ってな感じでしょうか。
 冒頭のルバートでのスローバラードを含めて、“39 Steps” (2013)に比べると、漂うような音の流れの場面が多く、現在のとても静かなJohn Abercrombieの音が映える演奏が続きます。
 終盤に納められたあの“Nardis”も、幽玄で枯れたムードの不思議な味わい。
 ここでのギターも沈んでいます。
 かつての音とは全く印象は異なりますが、やはり御歳おいくつになっても不思議感たっぷり、普通には収まらない御大の特別な音、でしょう。





(Mar, 1974) “Timeless”  
(Mar, 1975) “Gateway” 
(Mar, 1975) “Cloud Dance” Collin Walcott 
(Jun, 1975) “The Pilgrim and the Stars” Enrico Rava 
(Feb, 1976) “Untitled” “Pictures” Jack DeJohnette 
(May, 1976) “Sargasso Sea” with Ralph Towner 
(Aug, 1976) ”The Plot” Enrico Rava 
(Feb, 1977) “Grazing Dreams” Collin Walcott 
(May, 1977) “New Rags” Jack DeJohnette 
(July, 1977) “Gateway 2” 
(July, 1977) “Deer Wan”  
(Nov, 1977) “Characters”  
(Jun, 1978) “New Directions” Jack DeJohnette 
(Dec, 1978) “Arcade” 
(Jun, 1979) “New Directions in Europe” Jack DeJohnette 
(Nov, 1979) “John Abercrombie Quartet” 
(Nov, 1980) “M” 
(Dec, 1980) “Eventyr” Jan Garbarek 
(1981)    “Five Years Later” with Ralph Towner
     :
(1984)    “Night” 
(1985)    “Current Events” 
(1987)    “Getting There” 
(1988)    “John Abercrombie / Marc Johnson / Peter Erskine
(1989)    “Animato” 
     :
(1990)   “Music For Large & Small Ensembles” Kenny Wheeler" 
(Feb.1990) “The Widow In The Window” Kenny Wheeler
     :
(Jun.1992) “While We're Young” 
(Nov.1992) “November” 
(Apl.1993) “Farewell” 
(Jun.1993) “Afro Blue” The Lonnie Smith Trio 
(Jul.1993)  “Speak of the Devil” 
(Mar.1994) ”Purple Haze”、”Foxy Lady” The Lonnie Smith Trio
(Dec.1994) “Homecoming” Gateway 
(Dec.1995) “In The Moment” Gateway 
(1996)   “Tactics” 
(Sep.1998) “Open Land” 
(May.1998) “Voice in the Night” Charles Lloyd 
(Oct.1998) “The Hudson Project” John Abercrombie/ Peter Erskine/ Bob Mintzer/ John Patitucci ‎
(Dec.1999) “The Water is Wide”, “Hyperion With Higgins” Charles Lloyd 
(Dec.2000) “Cat 'N' Mouse” 
(2002)   “Lift Every Voice” Charles Lloyd 
(2003)   “Class Trip” 
(Mar.2006) “Structures” 
(Jun.2006) “The Third Quartet” 
(Sep.2007) “Brewster's Rooster” John Surman 
(2008)   “Wait Till You See Her” 
(2011)   “Within a Song” 
(2013)   “39 Steps
(2016)   “Up and Coming”  


 posted by H.A.

【Disc Review】“39 Steps” (2013) John Abercrombie

“39 Steps” (2013) John Abercrombie
John Abercrombie (Guitar)
Marc Copland (piano) Drew Gress (bass) Joey Baron (drums)

39 Steps
John Quartet Abercrombie
Ecm Records
2013-09-30
ジョン アバクロンビー

 John Abercrombie、目下のところ最新作。
 前作“Within a Song” (2011)のテナーがピアノに交代。
 こちらもオーソドックスなジャズ、但し、オリジナル曲中心。
 かつての鬼気迫るようなテンション、強烈なインプロビゼーションはありません。
 しっとりとした質感ながら、優しく前向きなイメージの音。
 ギター自体は前作同様に少し沈んだ抑制された音ですが、暗くはありません。
 枯れたといった表現が適当かどうかはわかりませんが、そんなイメージの静かな音。
 Marc Coplandのピアノが作る音のイメージも大きいのでしょう。
 スウィングする推進力のある4ビート。
 静かに淡々と進む音楽。
 ECM作品でこんなに穏やかでお行儀のいいAbercrombieには面喰ってしまいますが、それはかつての過激さを知っているものの悲しさ。
 ジャズギターカルテットとして、クールな質感の佳作。





 1970年代のハードでサイケな音、1980年代のアメリカンフュージョン色を経て、1990年代のJohn Abercrombieはハードな演奏が目立ちます。
 ギターの音が刃物のように鋭くなり、ディストーションの使用も多め、ハイテンション。
 が、1990年終盤には何故か一転して静かなイメージ、Mark Feldmanとの共演作中心に抽象度の高い音楽も。
 さらに2000年代終盤から静謐な音使い、ECMでもオーソドックスなジャズに戻って今に至る・・・ってな感じでしょうか。
 以前から ECM以外のレーベルではそんな作品も多かったので、自然な姿に戻ったのかも・・・さて・・・?

(Mar, 1974) “Timeless”  
(Mar, 1975) “Gateway” 
(Mar, 1975) “Cloud Dance” Collin Walcott 
(Jun, 1975) “The Pilgrim and the Stars” Enrico Rava 
(Feb, 1976) “Untitled” “Pictures” Jack DeJohnette 
(May, 1976) “Sargasso Sea” with Ralph Towner 
(Aug, 1976) ”The Plot” Enrico Rava 
(Feb, 1977) “Grazing Dreams” Collin Walcott 
(May, 1977) “New Rags” Jack DeJohnette 
(July, 1977) “Gateway 2” 
(July, 1977) “Deer Wan”  
(Nov, 1977) “Characters”  
(Jun, 1978) “New Directions” Jack DeJohnette 
(Dec, 1978) “Arcade” 
(Jun, 1979) “New Directions in Europe” Jack DeJohnette 
(Nov, 1979) “John Abercrombie Quartet” 
(Nov, 1980) “M” 
(Dec, 1980) “Eventyr” Jan Garbarek 
(1981)    “Five Years Later” with Ralph Towner
     :
(1984)    “Night” 
(1985)    “Current Events” 
(1987)    “Getting There” 
(1988)    “John Abercrombie / Marc Johnson / Peter Erskine
(1989)    “Animato” 
     :
(1990)   “Music For Large & Small Ensembles” Kenny Wheeler" 
(Feb.1990) “The Widow In The Window” Kenny Wheeler
     :
(Jun.1992) “While We're Young
(Nov.1992) “November
(Apl.1993) “Farewell
(Jun.1993) “Afro Blue” The Lonnie Smith Trio
(Jul.1993)  “Speak of the Devil
(Mar.1994) ”Purple Haze”、”Foxy Lady” The Lonnie Smith Trio
(Dec.1994) “Homecoming” Gateway 
(Dec.1995) “In The Moment” Gateway 
(1996)   “Tactics
(Sep.1998) “Open Land
(May.1998) “Voice in the Night” Charles Lloyd
(Oct.1998) “The Hudson Project” John Abercrombie/ Peter Erskine/ Bob Mintzer/ John Patitucci ‎
(Dec.1999) “The Water is Wide”, “Hyperion With Higgins” Charles Lloyd
(Dec.2000) “Cat 'N' Mouse
(2002)   “Lift Every Voice” Charles Lloyd
(2003)   “Class Trip
(Mar.2006) “Structures
(Jun.2006) “The Third Quartet
(Sep.2007) “Brewster's Rooster” John Surman
(2008)   “Wait Till You See Her
(2011)   “Within a Song
(2013)   “39 Steps

posted by H.A.

【Disc Review】“Within a Song” (2011) John Abercrombie

“Within a Song” (2011) John Abercrombie
John Abercrombie (Guitar)
Joe Lovano (tenor sax) Drew Gress (bass) Joey Baron (ds)

Within a Song
John Quartet Abercrombie
Ecm Records
ジョン アバクロンビー 


 John Abercrombie、“Wait Till You See Her” (2008)がMark Feldmanとの最終作、3年開けての次作品。
 本作はJoe Lovanoとのコラボレーション。
 不思議なぐらいに落ち着いた静謐でオーソドックスなジャズ。
 楽曲もECMでは珍しくスタンダード、ジャズメンオリジナル中心。
 先の共演作“Open Land” (Sep.1998)のような尖ったムードはありません。
 このメンバー、しかもECMでJohn Coltraneの”Wise One”が聞けるとは・・・
 ギターは極めて抑制された音。
 エフェクターはほとんど使っていないかもしれません。ほぼ全編素直なクリーントーン。
 元々沈んだ雰囲気での演奏が持ち味だったと思いますが、さらに後ろに下がった感じで淡々とフレーズを紡いでいくイメージ。
 前作でもその雰囲気はありましたが、内容がオーソドックスなジャズなだけに不思議なムード。
 もちろんフレーズはAbercrombie節、スペーシーな独特の音。
 Joe Lovanomoは少し枯れたイメージですが、かなり音数多く吹いています。
 ECMのJohn Abercrombie作品では一番落ち着いたアルバムかもしれません。
 オーソドックスなジャズ、でも静謐で不思議なジャズ。

※メンバーは違いますが・・・

posted by H.A.

【Disc Review】“Wait Till You See Her” (2008) John Abercrombie

“Wait Till You See Her” (2008) John Abercrombie
John Abercrombie (Guitar)
Mark Feldman (Violin) Thomas Morgan (Double Bass) Joey Baron (Drums)

Wait Till You See Her (Ocrd)
John Abercrombie
Ecm Records
ジョン アバクロンビー 
マーク フェルドマン 


 John Abercrombie / Mark Feldman Quartet最終作。
 前作“The Third Quartet” (2006)までから少しテンションが落ち、静謐で穏やかな印象のカルテット。
 Mark Feldmanの色合いが薄くなっているようにも感じます。
 そうではなくて音楽が穏やかになっただけなのかもしれません。
 John Abercrombieも終始抑制された演奏、強烈な弾き方はしていません。
 違和感、非日常感が小さい自然な音。
 スタンダード一曲にいつもの抽象度の高い印象のオリジナル曲を題材に、静かに流れていく弦の音。
 落ち着いた演奏が多い分、このバンドでは一番取っつきやすいアルバムかもしれません。
 この人たちらしくないのかもしれませんが、大人な雰囲気。
 穏やかなエピローグ。

 “Class Trip” (2003)から5年、“Open Land” (1998)から10年。
 このコラボレーションが何をやりたかったのか、何を残したのか・・・
 さまざまな要素はあるにせよ、稀代のバイオリン奏者Mark Feldmanがジャズをやるとどうなるのか、それをジャズの王道から離れたことができる、高テンションかつ幽玄な音を作れるJohn Abercrombieを土台にやってみる。
 絶好調の1990年代前半に比べて2000年前後からテンションが落ち気味だったJohn Abercrombieにも刺激になるだろう・・・
 ってな感じと勝手に推察しました。
 ECM総帥Manfred Eicherではなく、Abercrombieが考えたことなのかもしれません。
 さて真相は?
 また、その結果はいかに?・・・。




posted by H.A.

【Disc Review】“Brewster's Rooster” (Sep.2007) John Surman

“Brewster's Rooster” (Sep.2007) John Surman
John Surman (soprano saxophone, baritone saxophone)
John Abercrombie (guitar) Drew Gress (double bass) Jack DeJohnette (drums)

Brewsters Rooster (Ocrd)
John Surman
Ecm Records
ジョン サーマン


 John Surman、John Abercrombieのトリオを迎えた作品。
 かつて“November” (Nov.1992)での強烈でハイテンションな共演がありますが、本作は静かなジャズ。
 ここにはあの地の底から這い出てくるような恐ろしいサックスはありません。
 クールで淡々とした色合いの穏やかなサックス。
 John Abercrombieは少し攻撃的ですが、それでも抑えたイメージ。
 1990年代の触ると切れてしまいそうな激烈さ、緊張感はありません。
 そういった中でJack DeJohnetteは相変わらずの推進力。
 一部で昔ながらの激烈なインタープレーもありますが、それでも全体としてみれば穏やかなムード。
 クールで淡々とした色合いの穏やかなジャズ。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Third Quartet” (Jun.2006) John Abercrombie

“The Third Quartet” (Jun.2006) John Abercrombie
John Abercrombie (Guitar)
Mark Feldman (Violin) Marc Johnson (Double Bass) Joey Baron (Drums)

Third Quartet (Slip)
John Abercrombie
Ecm Records
ジョン アバクロンビー 
マーク フェルドマン 


 少し間を空けたJohn Abercrombie / Mark Feldman Quartet第三作。
 激しさと穏やかさが交錯するQuartet。
 激烈な冒頭曲から一転、二曲目からは漂うようなバラードからオーソドックス寄りの演奏まで、バリエーションに富んだ内容。
 ロマンチックまでとはいかずともそんな曲もちらほら。
 Mark Feldmanもいつになくジャズっぽい演奏。
 テーマ提示では自身の分担をこなし、自身のソロをキチンとまとめて、他のメンバーに渡す・・・
 おまけにスイングする定常な4ビート、さらにはBill Evansのバラードまで。
 うーん、ジャズっぽいなあ。
 でも無理してるようなむず痒さ・・・
 冒頭のこのバンドで最も激烈な演奏はその照れ隠しかな?
 ・・・なんて邪推してしまう、ジャズにもっとも近づいたJohn Abercrombie / Mark Feldman Quartet。




posted by H.A.

【Disc Review】“Structures” (Mar.2006) John Abercrombie , Eddie Gómez

“Structures” (Mar.2006) John Abercrombie, Eddie Gómez
John Abercrombie (Guitar) Eddie Gomez (Bass)
Gene Jackson (Drums)

Structures
John Abercrombie
Chesky Records
ジョン アバクロンビー 


 少しリーダー作が途絶えた後、ECMとは別レーベルでのオーソドックスな質感のギタートリオ作品。
 近くの録音で知っているのは”It Takes Two!” (Jul.2005) Kenny Wheelerのセッションぐらい。
 ギターもオーソドックスな演奏ながら1990年代からの尖った音はそのまま。
 ECMの作品と並べてしまうと違和感はありますが、普通にジャズギタートリオ作品として聞けばいい感じの音楽。
 Eddie Gomez のベースは昔ながらにハイテンション、気鋭の若手Gene Jackson の手数の多いビシバシドラム。
 強烈なサポートに対して、かつてのハイテンションなギターではなく、まずまずゆったり系のJohn Abercrombie。





posted by H.A.

【Disc Review】“Class Trip” (2003) John Abercrombie

“Class Trip” (2003) John Abercrombie
John Abercrombie (Guitar)
Mark Feldman (Violin) Marc Johnson (Double Bass) Joey Baron (Drums)

Class Trip
John Abercrombie
Ecm Records
ジョン アバクロンビー 
マーク フェルドマン 


 John Abercrombie / Mark Feldman Quartet第二作。
 静謐なジャズ、抽象度が少々。
 心なしかバンドがまとまり、方向感が一致してきてスッキリした印象。
 予測不可能さも少し薄らぎ、“Cat 'N' Mouse” (2000)よりも抽象度、フリージャズ度は低め。
 あさっての方に向かって展開されていたようにも感じられたインプロビゼーションもまとまった感じで安心して聞ける展開。
 曲の流れから大きくは踏み出さないJohn Abercrombieの出す音のイメージを汲みながら音を出すMark Feldman、さらにそれに応えるJohn Abercrombie・・・。
 安定的な音場を作るMarc Johnsonのベースがものすごく効いてるなあ。
 しっかりしたジャズのリズム隊の上で展開される自在な、だけども不可解な方向にはいかないインタープレー。
 もちろん強烈な浮遊感、緊張感はそのまま。
 アーティスティックなムードもそのまま。
 強烈に疾走するインタープレーあり、バラードあり。
 但し、前作に引き続き本作でも、強烈なリズムの上でゴリゴリ弾きまくるJohn Abercrombieの場面はわずか。
 あくまで静かな音が中心。
 このバンドではこのアルバムが最もお気に入り。




posted by H.A.

【Disc Review】“Cat 'N' Mouse” (Dec.2000) John Abercrombie

“Cat 'N' Mouse” (Dec.2000) John Abercrombie
John Abercrombie (Guitar)
Mark Feldman (Violin) Marc Johnson (Double Bass) Joey Baron (Drums)

Cat 'n' Mouse
John Abercrombie
Ecm Import
ジョン アバクロンビー 
マーク フェルドマン 


 John Abercrombie / Mark Feldman Quartet初作。
 ECMでの初コラボレーション“Open Land” (1998)から、リズム隊が変わり、ホーンが抜けたカルテット。
 John Abercrombieとしては、少し枯れたムードの“That's For Sure” (Oct.2000) Marc Coplandのセッションの二か月後の録音。
 幽玄な音空間。
 ホーンが抜けた分ジャズ色が薄まり、クールなムード、フリージャズ度が増長。
 リズム隊が推進力の強いジャズの人たちなのですが、場を支配するのは神経質なまでに研ぎ澄まされた印象の静かなギターと、予測不可能なバイオリンの美しい音。
 ギターがメロディを奏で、あるいは音楽の土台を作り、落ち着いたと思いきや、バイオリンが別の方向へ導き、音楽が漂う。
 バラバラになりそうで、ならなくて、最後はまとまっていく。そんなイメージ。
 定常なリズムながら複雑で抽象度の高い不思議な音空間。
 強烈なリズムの上でゴリゴリ弾きまくるJohn Abercrombieの場面はわずか。
 音色も楽器なのかエフェクターの使い方の影響なのかはわかりませんが、これまでよりも線が細く鋭い音。
 もしギタートリオだけならば、単に、抽象度が高く静かで浮遊感のある音楽・・・になっていたのかもしれません。
 そこから一歩踏み出すためのバイオリンの導入、それに合わせた楽曲作りだったとすれば、その目論見は成功。
 静謐あり、激烈あり、フリージャズあり、予測不可能。
 アーティスティックな音空間。



posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ