吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Jan_Lundgren

【Disc Review】“Mare Nostrum III” (2016) Paolo Fresu, Richard Galliano, Jan Lundgren

“Mare Nostrum III” (2016) Paolo Fresu, Richard Galliano, Jan Lundgren

Paolo Fresu (trumpet, fluegelhorn) Richard Galliano (accordion, bandoneon, accordina) Jan Lundgren (piano)

MARE NOSTRUM III
FRESU/GALLIANO/LUNDG
ACT
2019-01-19


 ヨーロッパのスタイリストたちのトリオ、三作目、2016年録音。
 メンバーそれぞれの母国で録音する趣旨だったらしく、イタリア“Mare Nostrum” (2007)、フランス“Mare Nostrum II” (2014)ときて、本作はスウェーデン録音。
 場所は違えど、三作とも穏やかで上品、スタイリッシュな音。
 ゆったりとテンポ。
 ドラム、ベースレスゆえの緩やかな浮遊感。
 美しいピアノ、洒落たムードと哀愁を醸し出すアコーディオン、クールなトランペット。
 過剰ではない、控えめでもない、絶妙なバランスのアンサンブル。
 オリジナル曲を中心としつつも、間に挟まれたMichel Legrandやイタリアの哀愁曲が中に溶け込んでしまう、美しい哀愁メロディの連続。
 ECMレコード的な毒気はなく、ひたすら美しくほのかに哀しい、そしてわかりやすい音。
 ベタかなあ・・・とか思ってもいても、はからずとも気持ちが穏やかになる、そんな音の流れ。
 ミュートされたトランペットやときおりのアコーディオンの疾走にジャズだなあ・・・と思いつつも、埃っぽさや汗臭さ、気難しさなしの徹底された洗練。
 さりげないのだけども、これでもかこれでもかと続くほのかな哀愁サウンド。
 紛れもなくスタイリッシュなのに、暖かで懐かしい感じがするのは、このバンドの色合いなのでしょう。
 三作、どれをとってもどこを切り取っても金太郎飴、穏やかで上品、優しくて暖かな音。
 冬が終わった暖かな日の昼下がりあたりにどうぞ・・・
 ・・・って、何年か前の三月にも同じようなこと書いてましたね
 この時候になると思い出す、そんな音のようです。


 

posted by H.A.



【Disc Review】“Mare Nostrum II” (2014) Richard Galliano, Paolo Fresu, Jan Lundgren

“Mare Nostrum II” (2014) Richard Galliano, Paolo Fresu, Jan Lundgren
Paolo Fresu (trumpet, fluegelhorn) Richard Galliano (accordion, bandoneon, accordina) Jan Lundgren (piano)

Mare Nostrum Ii
Fresu/galliano/lundg
Act
2016-02-26
リシャール ガリアーノ 
ヤン ラングレン 
パオロ フレス


 ヨーロピアンによるトリオ、“Mare Nostrum” (2007)の続編。
 静かで穏やかなバラード集。
 各メンバーのオリジナル曲が等分+α。
 三者三様の楽曲、演奏なのですが、全曲、全員穏やかで優しい音。
 Paolo Fresuがちょっとクール、Jan Lundgrenがちょっとセンチメンタル、Richard Gallianoがちょっと華やか、ってな感じでしょうか。
 いずれも端正で淡い色合い。
 前作からさらにマイルド、優しくなった印象。
 スタイリッシュさはそのままに、少しテンションを落とした感じ。
 メロディも淡いイメージのものが多いかな。
 ちょっと懐かしい感じもする、ブラジル系とはちょっと違う郷愁感。
 最近のPaolo Fresuが作る音楽はそんな感じの音が多いでしょうかね。 同時期の録音のECM作“In maggiore” (2014)にも近い感じ。
 そちらはダークブルーあるいはモノクローム、夜。
 本作はパステル、昼下がり。
 暖かさは同様。
 ちらほらと、ゆったりと、花が舞い落ちるような浮遊感。
 うららかな春、あるいは昼下がりの音。
 といった感じで、これからの季節にピッタリの音。




posted by H.A.

【Disc Review】 “Mare Nostrum” (2007) Paolo Fresu、Richard Galliano、Jan Lundgren

“Mare Nostrum” (2007) Paolo Fresu、Richard Galliano、Jan Lundgren
Paolo Fresu(tp.flh.)Richard Galliano(accordion,bandneon)Jan Lundgren(p.)

リシャール ガリアーノ
ヤン ラングレン
パオロ フレス


 トランペット、アコーディオン、ピアノの編成でのトリオ。
 さしづめヨーロピアンオールスターといったメンバー。
 メンバーの出自と違わず、イタリアのようなフランスのような北欧のような、オシャレで優しい音。
 Paolo Fresuのトラペット、フリューゲルホーンはいつになくマイルド。
 Richard Gallianoのアコーディオンはタンゴ系を演る時の激しさとは異なり、フランス映画のサントラのよう。
 とてもお洒落。
 それらを美しいピアノがつつましやかに上品にサポートします。
 ゆったりとしたテンポ。
 JobimやらシャンソンI wish you loveやらを交えつつの美しく哀愁漂うメロディ揃い。
 ジャズらしく各人のインプロビゼーションもふんだんに盛り込まれていますが、美しい曲の中に溶け込みうるさくありません。
 ジャケットはクールですが、音楽のムードは暖か。
 穏やかで優しい流れ。
 都会の喧騒やデジタルな21世紀であることを忘れそうなノスタルジー。
 そんな音。



posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ