”Rendezvous Suite” (2009) David Murray, Jamaaladeen Tacuma
David Murray (Tenor Saxophone, Bass Clarinet) Jamaaladeen Tacuma (Bass Guitar)
Ranzell Merrit (Drums) Mingus Murray (Guitar) Paul Urbanek (Keyboards)
 
Rendezvous Suite
Jamaaladeen Tacuma
C Major
2013-01-29
デヴィッド・マレイ
ジャマアラディーン・タクマ


 真っ黒けな音の過激なサックスDavid MurrayとヘビーなファンクのJamaaladeen Tacumaの共演作。
 名前だけで鬼も逃げ出しそうな恐ろしいコンビですが、その通りのいかつい音。
 似たタイプの共演で名作“Layin' in the Cut” (2000) James Carterがあり、近いムードですが、本作の方が少しだけジャズに寄っているかもしれません。
 楽曲はJamaaladeen Tacuma作のファンク。
 例によってヘビーなベース。
 ちょっと前の時代のような、ベンベンってな感じの音が強烈な存在感。
 決して音数が多いわけでもフレージングが派手なわけでもないのにさすがの凄み。
 黒光りしているようなベースですが、さらに黒光りするようなテナーサックス。
 “Layin' in the Cut” (2000) James Carterも十二分に怖いですが、さらに親分登場・・・ってな感じ。
 あちらが激走超大型タンクローリーのような音だとすれば、こちらは黒塗りの大型セダン。
 ゆったりと前に進むようなグルーヴに、決して激しく叫ぶわけではないドスの効いた真っ黒けのサックス。
 なんだか余裕があって「相対的には」上品に聞こえたりもします。
 不良な大人の音。
 一番やんちゃなのは何曲かで大きくフィーチャーされるギター。
 Jimi Hendrixを離散型にした感じのズルズルグチョグチョな音。
 全編?8ビート、ミディアムテンポのファンク。
 ベースはもちろん、シンセサイザー的な音も所々に入って、表面上は全くジャズっぽくありません。
 それでもどことなくジャズな香りがします。
 なんだかんだでDavid Murrayのサックスがジャズっぽいからでしょうかね?
 ファンク、ラテン、アフリカなんでもこいの人ですが、やっぱりジャズの人。
 そんな微妙なバランスがなんとも不思議なジャズファンク、あるいはファンクジャズ。
 真っ黒けの過激な音。

※こちらはJamaaladeen Tacuma在籍中のOrnette Colemanのバンドから。
 近いかな?違うなあ・・・?


posted by H.A.