吉祥寺JazzSyndicate

 吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。  コンテンポラリーJazzを中心に、音楽、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

Jaco_Pastorius

【Disc Review】“Mingus” (1978-1979) Joni Mitchell

“Mingus” (1978-1979) Joni Mitchell
Joni Mitchell (guitar, vocals)
Jaco Pastorius (bass) Wayne Shorter (soprano saxophone) Herbie Hancock (electric piano) Peter Erskine (drums) Don Alias (congas) Emil Richards (percussion)
 
ミンガス
ジョニ・ミッチェル
ワーナーミュージック・ジャパン
2013-07-24

 Joni Mitchell、大名作”Don Juan's Reckless Daughter” (1977)に続く、スーパーフュージョンミュージシャンを従えたCharles Mingusトリビュートアルバム。
 バンドの軸はもちろん Jaco Pastoriusですが、キーボードがJoe Zawinulに変わるとWeather Reportになってしまう凄いメンバー。
 “Mr. Gone” (May.1978)、“8:30” (Nov.1978-1979) Weather Reportと同時期ですので、ちょうどJaco、Weather Reportともに絶頂期。
 と、興味は尽きないのですが、もちろん内容はWeather Report的ではないJoni Mitchellの世界、ジャズ寄りの音。
 ”Don Juan's Reckless Daughte”と比べると、淡い色合いで、少しビート感が弱い感じもします。
 しっとりとした曲、ジャズ寄りの曲が中心で、あの恐ろしくカッコいいJoni MitchellのギターのカッティングとJaco Pastoriusのベースとの絡みの場面が短いから、さらにミキシングの違いなのかもしれません。
 その分、最高のジャズ、フュージョンバンドの最高の演奏がたっぷり聞けるので贅沢は言えません。
 Jaco Pastoriusはもちろん、Herbie HancockもWayne Shorterも説明無用のカッコいい演奏。 
 ちょっと普通の人とは違う音と存在感。 
 Mingus53歳の誕生祝いの音源から始まり、途中Mingusの肉声をはさみながら、Mingusの曲に歌詞を付けた演奏を中心にオリジナル曲を数曲、”Goodbye Pork Pie Hat” で締める泣かせる構成。
 発表以来概ね40年、フュージョン系のボーカルアルバムの最高峰は、いまだに”Don Juan's Reckless Daughte”と本作だと思っています。
 他に何かいいのがあったかなあ・・・と考えながら行きつくのはいつもこのシリーズ。
 早く新しい何かに出てきてほしいのだけど・・・
 この一連の作品、さらにPat Metheny、Lyle Mays、Michael Breckerまで迎えたライブ作品”Shadows and Light” (Sep.1979)へと続きます。




 
 posted by H.A.

【Disc Review】“Shadows and Light” (Sep.1979) Joni Mitchell

“Shadows and Light” (Sep.1979) Joni Mitchell
Joni Mitchell (electric guitar, vocals)
Pat Metheny (guitar) Jaco Pastorius (fretless bass) Don Alias (drums, percussion) Lyle Mays (electric piano, synthesizer) Michael Brecker (saxophones)

Shadows & Light
Joni Mitchell
Rhino/Wea UK
ジョニ ミッチェル


 ポップス界のスーパースターJoni Michell、ジャズ・フュージョン界のスーパースターを従えたライブアルバム。
 Jaco Pastorius が全面的にサポートした“Don Juan's Reckless Daughter” (1977)、“Mingus” (1979) Joni Mitchellといった名作のリリースコンサートだったのでしょう。
 スタジオ録音にPat Metheny、Lyle Maysは参加していませんし、Jaco、Patの共演した音源は“Bright Size Life” (1975) Pat Metheny以来、後にはないと思いますので、その意味でも貴重な作品。  
 上記の二作からの選曲が中心ですが、音楽のイメージは異なります。 少々ラフな印象。
 ライブゆえ、スタジオ録音作品の神がかった音の加工が十分にはできません。
 また、楽器のバランスも微妙なので、その辺りは割り引いて聞きましょう。
 やはりバンド全体を支配するのはJoni Michell に加えて、Jaco Pastoriusのベース。
 この人がベースを弾くと、ポップスであれ、ジャズであれ、ファンクであれ、ビート感が特別なものに変わってきます。
 後ろから押されるような強烈な推進力、グルーヴ。
 楽曲によってMichael Breckerがフィーチャーされたり、Pat Methenyがフィーチャーされたり。
 Pat Methenyは明るくアメリカンな“American Garage” (Jun.1979)の録音直後、また、フォーキーな音楽がルーツのひとつなのでしょうから、はまり役ではあるのでしょう。
 Lyle Mays含めて時折Pat Metheny Groupのフレーズを入れてくるのもご愛嬌。
 もちろん全編Joni Michellの音楽なので、もしJacoがPat Metheny Groupにいたら・・・、なんて想像できる場面はあまりないのは仕方ないところ。
 ここは素直にJoni Michellの音楽として聞くのが吉。




posted by H.A.

【Disc Review】“8:30” (1979) Weather Rport

“8:30” (1979) Weather Report
Joe Zawinul (Keyboards) Wayne Shorter (Saxophone) Jaco Pastorius (Bass) Peter Erskine (Drums)

8:30
ウェザー・リポート
SMJ


 さてWeather Reportの最高傑作大本命の本アルバム。全く異論はありません。
 前掲の未発表集”Live and Unreleased” (1975-1983) も素晴らしいのだけども、完成度からすると圧倒的にこれ。
 ライブ録音ならではの高揚感、ドライブ感を維持しつつ、あちこちを磨き上げ完璧な作品として仕上げました、って感、十分。
 “The Legendary Live Tapes 1978-1981”を聞くとなおさらその感。
 最高の演奏、ベストな選曲、スッキリとまとめられた音の組み立て。
 キャッチーな楽曲、凄いグルーヴ、疾走感、おまけに上品な質感。
 アナログD面のスタジオ録音ももちろんカッコいい。
 カッコいい曲、カッコいい演奏揃いなんだけども、前掲の二作品にある過激さとか、ブチ切れそうな熱気は薄くて、スッキリしすぎているのかなあ・・・と思ってしまうのは、ファンだけの悲しさかもしれません。
 最高のフュージョン・ミュージックに間違いなし。




posted by H.A.

【Disc Review】”Live and Unreleased” (1975-1983) Weather Rport

”Live and Unreleased” (1975-1983) Weather Report
Josef Zawinul (keyboards, Synthesizer, Piano) Wayne Shorter (saxophones) Jaco Pastorius, Alphonso Johnson, Victor Bailey (Bass) Chester Thompson, Omar Hakim, Peter Erskine (drums) Alex Acuña, Manolo Badrena, Jose Rossy, Bobby Thomas, Jr (percussion)

Live & Unreleased
Weather Report
Imports
2015-10-02
ウェザーリポート

 Weather Report、2002年に世に出た未発表ライブ音源。
 プロデュースは大将Joe Zawinul。
 さすがにバンドとともに生きたリーダーだけあって、質感の異なる初期を除く時代を網羅しつつ、アルバムとしての一貫性も十分。オムニバスではなく、新作アルバムとして見ても違和感なし。音質も良好です。
 ミキシングで大幅に調整しているのかもしれませんが、全編通じて大きくはJacoの時代のイメージに寄せていってるように感じるのは気のせいかな?
 マニアックにはドラムとベースの変遷とそれによる変化を探る、ってな聞き方が面白いのかもしれないけども、それは他の人にお任せ。
 もちろんそれぞれ違うんだけども、私的には意外にもどの時代も近かったんだなあ、といった感想。
 丸くて柔らかいJacoの音が好みではあるのですが、どの時代も凄まじい推進力とグルーヴ。
 ポップすぎて、あるいはデジタル臭が強くて避けていた終盤Victor Baileyの時代もライブだと自然でカッコいいし、Alphonso Johnson時代の演奏を聞くとJacoは彼の出す音に近づこうとしていたのかも、と思ってみたり。
 「Jacoの時代ばかりがもてはやされているけど、Weatherは俺のバンドだし、いつもこうだよ・・・」
なんて大将の主張かもしれません。
 “8:30” (1979)に並ぶアルバム、と私は思っています。




posted by H.A.

【Disc Review】“The Legendary Live Tapes 1978-1981” (1978-1981) Weather Report

“The Legendary Live Tapes 1978-1981” (1978-1981) Weather Report
Josef Zawinul (keyboards, Synthesizer, Piano) Wayne Shorter (saxophones) Jaco Pastorius (Bass) Peter Erskine (drums) Bobby Thomas, Jr (percussion)

The Legendary Live Tapes 1978
Weather Report
Sony Legacy
2015-11-20
ウェザーリポート

 Weather Report、いわゆる黄金期、Jaco Pastorius、Peter Erskineのリズム隊期の未発表ライブ集、CD4枚組。
 未発表音源はMiles Davisの一時期以外は聞いていないのだけども、まあこの時期のWeather Reportの音源なら、と思い聞いてみました。
 Milesの音源を聞いていると、Wayne ShorterはWeather Reportでもライブでは凄かったに違いない・・・なんてことも思いながら。
 さて本アルバム、さすがに公式版、単に記録では無く、作品としての工夫は諸々。
 長尺ながら同じ曲は二回出てこないし、曲順も考えながらコンパイルした跡はうかがえます。
 ”8:30”で始まり、Jacoの入った”Directions”で終わるなんてね。
 4時間のステージとみて聞けないことはない。ま、通して聞ける人は少ないと思いますが。
 音質はまあまあ。ベースとドラムはしっかり出ています。
 パソコンで小音量で流している分にはいいのですが、ピュアオーディオで聞くとバランスは微妙かも。特にサックスがねえ・・・あと、拍手とか歓声の扱い・・・その他諸々・・・悪い音ではないのでよしとしましょう。
 また、結局、MilesのライブのようなWayneの姿を見つけることはできませんでした。ま、時代も違うしね・・・。
 んなことはさておいて、それにしてもこのバンドは凄い。
 4ビートだろうが8ビートだろうがなんだろうが、グングン前に進む。
 これだけマニアックなようで、わかりやすくて、強烈に疾走し続けるバンドって他にあったかなあ・・・?
 思いつきません。
 ということで思うところは諸々ありますが、これだけ長時間、Weather Report黄金期を聞けるのは、幸せなことでしょう。 




posted by H.A.

【Disc Review】“Don Juan's Reckless Daughter” (1977) Joni Mitchell

“Don Juan's Reckless Daughter” (1977) Joni Mitchell
Joni Mitchell (Vocals, Guitar, Piano, Keyboards)
Jaco Pastorius (Bass, Bongos, Cowbells) John Guerin (Drums) Larry Carlton (Guitar) Michel Colombier (Piano) Wayne Shorter (sax) Larry Carlton (guitar) Don Alias, Manolo Badrena, Alex Acuna, Airto Moreira (Percussion )  and others

Don Juan's Reckless Daughter
Joni Mitchell
Rhino/Wea UK

ジョニ ミッチェル

 Jaco Pastorius繋がりで、彼の最高の演奏が収められているアルバム。
 正直、Joni Mitchellについては詳しくありません。
 それでもこのアルバムは、私の知る限りの全ジャンルの音源の中でも最もお気に入りアルバムのひとつ。
 ジャンル分けするとすれば、ボーカル入りジャズ・フュージョンか、ジャジーなフォーク、ポップといったところなのでしょうが、それではピンときません。他に類が無いような独特の音作り。
 Joni Mitchellのアルバムでも近いのは”Mingus”(1979)ぐらい。
 近いメンバー、曲のライブ”Shadows And Light” (1979)ですら雰囲気が違うし、近い時期の他のアルバムは全く別の質感の音。
 何か似たような音源あったかなあ、と考えても思いつかない。
 そのくらい特別なワン&オンリーな音。
 私にとっての主役はJoni Mitchellのギターと、Jaco Pastoriusのベース。
 この2つの楽器の絡み方が唯一無二、このアルバムでしか聞けないカッコよさ。
 適当な形容詞を探せばスペーシー。
 ギターのコードカッティングの音が空間に広がり、その上を丸っこいベースの音が、大小さまざま、色とりどりのゴムまりのように飛び跳ねる、そんな感じ。
 リバーブが強い録音の影響が大きいのでしょうかね、とにかく心地よい音空間。
 さらに上品ながら強烈なグルーブ。
 Jacoのリズム感、音符の置き方のカッコよさは言わずもがな。
 彼が音のイメージを決めているのは間違いないのでしょうが、ギターももの凄くいい感じ。
 コードストロークだけでここまでカッコいいと思わせるギターは滅多にありません。
 もちろん本来の主役の歌もメロディも申し分ありません。
 フォークっぽい素朴な音の作りだと平板な感じがしてしまうのかもしれませんし、加工しすぎるといやらしくなるのでしょうが、いい感じで自然な感じのエフェクティング。
 特にコーラス、そしてリバーブの使い方がもの凄くいい感じ。
 ということで、この二人の存在感が圧倒的であることは間違いないのですが、Jacoが入っていない曲を含めて全ての曲が素晴らしい。
 豪華なオーケストラが入った長尺曲や、パーカションが乱打されるエスニック系やら、弾き語りやら。
 ここまで多彩だと散漫になってしまいそうですが、そんな印象は全くなし。
 それぞれにカッコいいし、統一感もあるし、曲の配置も完璧。
 元々アナログ二枚仕様ではありますが、CD一枚で通してスルッと聞けてしまいます。
 まさに芸術品。
 これ、40年近く前の音源なんだなあ・・・改めて驚き。

 




posted by H.A.

【Disc Review】“Forecast: Tomorrow” (1971-1985) Weather Report

“Forecast: Tomorrow” (1971-1985) Weather Report
Joe Zawinul (Keyboards) Wayne Shorter (Saxophone) and more

Forecast: Tomorrow (Bookset)
Weather Report
Legacy Recordings
2014-09-16
ウェザー リポート




 Weather Reportのベスト盤。まあ、なんとも凄い4枚組。
 ジャズ、フュージョンの入門盤とはならないのだろうけども、1970年代から1980年代の空気感がびっしり詰まったアルバム。
 あまりベスト盤、オムニバス盤は好んで聞きません。
 たぶん曲ごとに雰囲気が変わることがスッキリしないから。
 でもこのバンド、この構成であれば文句はありません。
 一枚ごとに時代的に分れており、メンバー編成は多様ながら、それなりに統一感があるから。
 一枚目から順次に聞いていくと、バンドの進化、変化の過程が面白い。
 また、時代感の変化が面白いし懐かしい。
 1960年代ジャズの香りを残しつつ、混沌、アバンギャルド、新たなものを求めてごちゃごちゃしながら、強烈にエネルギーを放出する1970年代前半。
 妖しさとポップさを混ぜ合わせたような時代を経て、整理され、計算しつくされたような1970年代後半から、さらにはその色が強くなり、よきアナログ時代からデジタル時代への移行期、そして、カチッとまとまってしまった1980年代。
 そんな時代感が一枚ずつ、ぎっしり詰まっています。
 選曲は好みが分かれるのでしょうが、オリジナルアルバムでは結構入っていた実験的な演奏が省かれている感じなので、聞き易くていい感じ。そうでもない?
 それなりに濃いなあ・・・
 エレクトリック・マイルスの発展型、ちょっと難解さ、気難しさが残る一枚目がカッコよく思えれば、過激系、フリージャズ系にも入っていけるかな?
 ある意味、マニアへの登竜門かも。
 二枚目はちょっとこだわりの最高にカッコいいジャズ・フュージョン。
 三枚目はさらにポップ寄りになった、終盤はデジタル臭も出てくるフュージョン・ミュージック。
 好みはさまざまでしょうが、その日の気分でチョイスできる便利なセット。
 全部通して聞けば(とてもしんどくてできませんが・・・)一気に時代を駆け抜けるタイムスリップ、そんな感じ。
 それにしてもこのバンドのベースとドラムはどの時代も凄いなあ。
 どのメンツも強烈なノリ。
 初期のMiroslav Vitous, Alphonse Mouzon, Airto Moreiraの組み合わせは強烈にエネルギーを発散する爆発的なリズム、言わずもがなの黄金コンビJaco Pastorius, Peter Erskineは軽快でありながら凄まじいグルーブ、推進力。
 どれが好みか?やっぱりJacoの時代かなあ・・・アルバムではライブを除けば”Night Passage" (1980)。
 ファースト・アルバムや直後の東京のライブ盤も大好きなんですがね。
 なお、一枚はDVD、Jacoのいる絶頂期のライブ映像。こりゃスゲーや。
 当たり前だけど“8:30” (1979)と同等、ドラムの音の抜けがいいので、音源としてはこちらの方がいいかな?
 もし生で見ていたら生涯最高のライブだったかもしれんね。 



posted by H.A.
Profile

jazzsyndicate

【吉祥寺JazzSyndicate】
吉祥寺ジャズシンジケートは、東京、吉祥寺の某Barに集まるJazzファンのゆるーいコミュニティです。
コンテンポラリー ジャズを中心に、音楽、映画、アート、アニメ、カフェ、バー、面白グッズ、などなど、わがままに、気まぐれに、無責任に発信します。

記事検索
タグ絞り込み検索
最新記事
  • ライブドアブログ